カテゴリー別アーカイブ: RayBan

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』メガネフレーム編

サングラスのイメージが強いRayBanですが、メガネのフレームも出しています。
サングラスもそうですが、遊びすぎずない

“RayBan”らしい

デザインのフレームが多いです。
プラスチックフレームやコンビネーションフレーム、チタンフレームなど
お仕事から、カジュアルに使えるモデルまで様々です。
今回はそんなレイバンのフレームを【徹底解剖】していきたいと思います。

RB5154

IMG_9294

このモデルどこかで見たことありませんか?
前々回のレイバン【徹底解剖】で出てきた超定番モデル

CLUBMASTER クラブマスター

に似ていませんか?
それもそのはず、この【RB5154】はクラブマスターのフレームバージョンなのです!

サングラスは下の写真です。

IMG_9231

サングラスと比べると
少し上下の幅がスッキリしたデザインになっています。

メガネとしてスッキリ使えるように、少しデザインを見直した

フレームバージョンの“クラブマスター”

IMG_9295

フロントとテンプルを繋ぐ丁番も“カシメ留め”されています。
クラシカルな雰囲気がクラブマスターに合っています。

IMG_9297

クラシカルな雰囲気は鼻パッドにも施されています。
鼻パッドの留め方が少し変わっています。
大体はネジでパッドを留めるのですが、このクラブマスターは

“ダキ足”

と呼ばれるパッドを使っています。
ダキ足とは、2本の足で抱え込んで留める珍しいパッドです。
風合いが独特なので、クラシカルなフレームに使われることもあります。

このクラブマスターのメガネは、芸能人でも愛用者が多くその中でも

0

俳優の“井浦新”さん

がこよなく愛しているみたいです。
プライベート愛用しているみたいで、とても綺麗にかけこなしています。
クラシックなフレームですが、スーツなどに合わせてもカッコいいですよ!

 お次のフレームは

RB5228

IMG_9302

『THE TIMELESS』

太目のプラスチックフレームで存在感が抜群な一本です。
レイバンのフレームの中でも人気作でカラーも豊富です。
AZには定番のブラックとブラウンがあります。

IMG_9303

先ほどのクラブマスターはクラシカルな雰囲気
こちらのTIMELESSは少し上下幅はありますが
オーソドックスなプラスチックフレームです。
男性はピッタリサイズで使っていただき
女性は少し大き目に使っていただけるといいかもです!

IMG_9304

ビジネスで使っていただきやすい、ナイロールチタンフレームもあります。
上の2本と比べてもスッキリしたデザインでクセもないデザインです。

IMG_9305

掛具合がいいようにテンプルに

バネ性

をもたせています。

IMG_9311

これが

IMG_9310

こうなります
かけた時の負担や、こめかみにかかる負担が軽減して柔かいかけ心地になります

同じチタンフレームでも少しメリハリが欲しい方にはこんなものもあります

IMG_9313

フレームが太目なチタンフレーム
ボリュームはありますが、ゴツさはないのでこちらもビジネスシーンでいけます

IMG_9314

レイバンらしさがしっかりあるプラスチックフレーム

レイバンらしさは残しつつ細目でスッキリなチタンフレーム

様々な顔を持つレイバンフレームを是非見にいらしてくださいませ!

次回のブログはなるべく早めに上げたいと思います~

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』レンズ編

レイバンのサングラスはまだまだありますが、今回は少しサングラスから離れ

レンズ

について【徹底解剖】してみたいと思います。

レイバンを知っている方はご存知かもしれませんが、レイバンのレンズは

ガラス製レンズ

が使用されているモデルが多くあります。
そのレンズカラーが非常に人気が高く

レイバンのサングラス=ガラスレンズ

というイメージにしたほどです。
しかし、RayBanには、ガラスレンズ以外にも様々なレンズがあります。
最近では、ガラス以外にも機能的なレンズが登場してきています。

今回はそんなレンズを【徹底解剖】したいと思います。

 まずはレイバンのレンズと言ったらコレ!というほどのレンズ

G-15

IMG_9222

IMG_9275

IMG_9231

定番サングラスにも使用されている、 このG-15は

グリーンのレンズカラーはレイバンのレンズ

というイメージを作ったといっても過言ではない、レイバンのレンズカラーでも
一番人気と言ってもいいレンズカラーです。

G-15のGは

GREEN LENS(グリーンレンズ)

のGで、15というのは可視光線透過率が15%なので15という数字を表記しています。

可視光線透過率は、0%から100%で表されて
レンズがどれだけ光を通すのかを表しています。
この数字が高ければそれだけ明るく、数字が低ければ暗くなります。

G-15は85%の可視光線を吸収し、ほぼすべてのブルーライトを遮断することで、
クリアな視界とカラーコントラストを実現し、「ナチュラルな視界」を提供します。

レイバンのガラスレンズには、高純度光学ガラスを使用しています。
精巧なメガネレンズと同じ精度で研削・研磨をほどこすため
視力に影響するような濁りやレンズ内の不純物がなく
長時間の使用でも不快感や疲労感を感じることがありません。
ガラスレンズではありますが

【特殊強化処理されたガラスレンズ】

でハードな基準を大幅にクリアしています。G-15にもこの技術は採用されています。

見え方もグレイに近いグリーンなので、見え方のクセもなく
非常に使い勝手のいいカラーになっています。
コントラストは高まりますが、色調は変えないパフォーマンスの高いレンズです。

お次のレンズはG-15と人気を争うレンズ

B-15

IMG_9279

B-15は、G-15のブラウン版と思っていただければいいです。
ガラス製の、可視光線透過率15%のレンズになります。

G-15と同じく濃いめのレンズですが、コントラスト効果が非常に高く
可視光線透過率の割に、ご自身からの見え方は明るく見えます。
コントラスト効果が高まるので、道が見やすく
車の運転などにもってこいなレンズカラーです。
サングラスは使いたいけれど、暗くなりすぎるのもイヤだな・・・
そういった方はこのB-15をおススメします。

お次のレンズは、レイバンでも新しいレンズカラーである

【CRHOMANCE LENS クロマンスレンズ】

IMG_9256

最先端のレンズ技術を駆使した「クロマンス レンズ」は、
最先端の反射防止処理、偏光フィルターによる、独自構造が特徴の
特殊なレンズカラーになります。
コントラスト・カラー・形状をはっきりさせる効果に加え、まぶしさを軽減します
今までのレンズカラーよりも、本来の色彩を見ることができるカラーになります。

さらに、水をはじく特殊なコーティングと
カラーグラデーションのミラーレンズ加工により、レンズ性能を強化しています。

IMG_9257

偏光レンズの証明である

“P”

の文字もしっかり入っています。

IMG_9284

レンズのベースのカラーがグリーン系のカラーで、コントラストが高まります。
他社のレンズカラーになりますが、

【オークリーのプリズムレンズ】

に似たような効果があるレンズカラーです。
プリズムレンズと違うのは、偏光レンズが装備されていることです。

レンズカラーの効果をPC上で疑似体験の出来るサイトもレイバンにあります。

コチラ

で体験出来ますので、よろしければお試しくださいませ。

【クロマンスレンズ】には、ベーシックなグレイ系のレンズもあります。

IMG_9285

レンズのベースもグレイ系なので、色調変化も少ないです。

IMG_9287

グレイ系のレンズなのに、コントラストが高まる。
中々不思議なカラーになります。

 定番のレンズカラーである、【G-15】【B-15】
最新カラーである【クロマンスレンズ】など、様々なレンズカラーがあります。
ドライブ用から、日常使いまでレイバンのレンズカラーは使えます。

デザインだけではなくレンズもこだわってみませんか?

次回は、サングラスだけじゃない?
レイバンのメガネを【徹底解剖】したいと思います。

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』ウェイファーラー編

今回はレイバンの定番サングラスの中でも
特に人気のあるモデルを【徹底解剖】していきたいと思います。

そのモデルは、

『ウェイファーラー』

IMG_9250

1952年に誕生してからロックミュージシャンやアーティストが

”自由と個性のアイコン”

”ロックの象徴”

”反体制の象徴”

として多くの音楽ファンや映画ファン、に愛される伝説的なモデルです。

【ボブ・ディラン】

c53a1e7c5a65c5a7b947c69139d1c7b278fd3de8.69.2.9.2

ドラゴンアッシュの【KJ】

kj

サッカー選手の【デビット・ベッカム】

bekkamu

映画では「ブルース・ブラザース」

41XdDPycnVL-283x400
など、アーティストたちが選ぶサングラスとして絶大な人気です。
幅広い世代に愛される、レイバンでおそらく一番の知名度を誇る
ウェイファーラーを【徹底解剖】していきます!

実は、ウェイファーラーと一言で言っても様々な種類があるんです。
AZに入荷しているモデルでも、何種類かのウェイファーラーがあるので
写真と一緒に説明します。

IMG_9272

こちらが、定番のウェイファーラーになります。
AZにあるウェイファーラーは、日本人に合わせた

“アジア仕様”

アジアンフィッティング仕様は品番の末尾に

“F”

という文字が付いてきます。

IMG_9274

アジアンフィッティングは

658704f54b339c992c09e6bf60d86168画像のように、日本人の顔に合わせた形状になっています。
オークリーなどのブランドもそうですが、最近は海外ブランドでも
アジアンモデルが出てきていますので、

“頬に当たる・幅が狭い”

などのストレスも無く使っていただけます。
アジアンフィッティングでも、サイズやデザインは変わりませんので
ちゃんとウェイファーラーしてくれます

IMG_9273

蝶番もゴツめで、テンプルも太い。
荒々しい、しっかりしたボリュームがいいです!

お次のウェイファーラーは

IMG_9275

”ニューウェイファーラー”

ウェイファーラーシリーズの中で、

主張が強くない角がとれたようなデザイン

全体的にやや細いのが特徴です。
立幅も細めなので、小顔の男性もですが、女性でも使っていただけるモデルです。

IMG_9277

テンプルにもキチンと

“NEW”の刻印

通常のウェイファーラーよりも、日本人に合ったデザインではないでしょうか?
ちょっとしたデザインの違いで、イメージがかなり変わってきます。
実際に顔にかけた時の印象も

お次のウェイファーラーは

“ウェイファーラーフォールディング”

IMG_9237

変わらないじゃない!と思いますよね
でもこいつには凄いギミックが隠されています。

後ろに回り込んでみましょう。

IMG_9241

ブリッジ部分に謎のパーツが。

IMG_9242

テンプルの裏側にも謎の蝶番。
勘のいい方はもうピンと来ているかもしれません。

このパーツはなんと・・・

IMG_9243

こうなります。

IMG_9246

さらにこうなって。

IMG_9248

最終的にはここまでにもなります。

そうです!このウェイファーラーは

折り畳み式でした

一つのモデルでここまでの種類があるサングラスも珍しいのではないでしょうか?

様々な世代から愛されるフェイファーラー
今なら入荷したすべてのウェイファーラーが見られます。
レイバンの中でも人気の高いサングラス!

夏本番に向けて新調しちゃいましょう!

ウェイファーラー編はこのあたりで締めくくりたいと思います。
次もレイバン解剖をしていきたいと思います。
お楽しみに!

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』アビエイター&クラブマスター編

中々ブログが更新出来ずに申し訳ございません。
新ブランドも続々入荷し、旅立って行っています。
ブログを書く時間が、新作をようやく作れましたので今回は新ブランドを紹介!

タイトルにある通り、今回【徹底解剖】するブランドは

『RayBan』

サングラスブランドといえばRayBanと言われるほど
サングラスの知名度とかっこ良さは、他のブランドを寄せ付けないです!
まずは、そんなRayBanのブランドについて解剖していきます!

RayBanは、1937年にアメリカ空軍の委託でアメリカの
<ボシュロム社>が創立しました。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」

という基本コンセプトで、

「紫外線100%カット」

をはじめとする機能性重視のモデルが多いです。

1986年には、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会から

【The World’s Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)】

の称号を得ています。

世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつです。
そのRayBanには“超”が付くほど定番で、人気のモデルがいくつかあります。
そのモデルを写真とともに【徹底解剖】します!

『アビエイター』(Aviator)

IMG_9221

レイバンを代表する超がつくほどの定番モデル。
レイバン設立時からアメリカ空軍に採用された古参モデルです。
アビエイターの歴史は古く
米国空軍のパイロット用として採用され、1937年に誕生しました。
人間の目の動きと同じ広い範囲をカバーし、最大の視野を確保できるとされます。
このアビエイターは、1986年のアメリカ映画

『トップガン』

21709


【トム・クルーズ】
が着用し、映画の世界的ヒットでアビエイター人気が高まりました

他にも
【ダグラス・マッカーサー】
が厚木基地に上陸した際に着用していたモデルとして有名です。

マッカーサーのサングラス

といえば大体の人はピンとくるのではないでしょうか。

mig

また特撮ドラマ

「西部警察」【渡哲也】が着用したモデルとしても有名です。
いわゆる『大門サングラス』というやつです。
ずいぶん前のドラマですが、いまだにアビエイターのイメージで挙がる大門さん・・・
凄いカリスマ力です。

yjimageLYBP40W2

そんなこんなで、様々な世代や世界中で愛されるアビエイター
人気の秘密はやはり、不朽のデザインでしょう。
時代に適したカラーやトレンドを組み入れながら、ぶれる事がないデザイン性。
奇抜すぎず、シンプルすぎることがないデザインにあると思います。
時代、場所に捕らわれていないことが不朽のデザインとして
今なお人気のモデルになっていると思われます。

IMG_9222

細身のフレームですが、キチンと存在感を主張してくれます。

IMG_9226

レンズを繋ぐ『ブリッジ』が二つあり、橋の様に渡されているツーブリッジ仕様
デザインと機能性を持たせたアビエイターの肝部分です。

サングラスと聞いて、アビエイターの形を連想される方も多いのではないでしょうか
それほどまでに完成されたデザインのサングラスです。

さて、レイバンには他にも定番サングラスが存在します。
お次に【解剖】するのは、

『クラブマスター』CLUBMASTER

IMG_9231

50年代のブローラインデザインから、インスピレーションを受けたデザインです。
テンプルとブローバーはアセテート、フレームにはメタルを施したコンビネーション

映画「マルコムX」(1992)で、デンゼル・ワシントンが使用して人気のモデルです。

マルコムX

不朽のファッションや、成功としてのシ ンボルとして演出されています
50年代、60年代のスタイルから編み出したシンプルなデザインです。

IMG_9233

フロントからテンプルにかけてのラインもキレイです。

IMG_9236

フロントとテンプルは【カシメ留め】されています。
細かい部分のこだわりもたまりません!

このクラブマスターはアビエイターよりも、年齢や性別に関係なく使っていただける
サングラスになっています。
若い方から、デンゼル・ワシントンに憧れて使っていただいた世代の方まで
様々な方に使っていただけるデザインです。

まだまだ定番サングラスの種類はあるのですが、今回はこの2本にしておきます。
次回は、日本の芸能界でも人気のあのサングラスを【徹底解剖】してみようと思います
お楽しみに!