カテゴリー別アーカイブ: RayBan

【Ray-Ban】CLUBMASTER 王道のブロー再入荷!

Ray-Ban から
人気モデル「CLUBMASTER クラブマスター」が再入荷しております。
その人気の高さから、入荷してもすぐに売れてしまう逸品です。

IMG_4095

CLUBMASTER RB-3016
col,990/9J
size 51-21-145
MADE IN ITALY

「サーモントタイプ」「ブロータイプ」とも呼ばれる
ブロー(眉)を太くした特徴的なデザインです。

1986年に誕生して30年以上経った今でも
人気の高さは変わらず、時代が変わっても愛され続ける名作サングラス。

IMG_4100

眉毛のような個性的なブロー部はレッドハバナと呼ばれる
赤茶系のべっ甲カラー。
メタル部分のゴールドとの組み合わせは高級感を感じさせます。

IMG_4104

割とハッキリした発色のゴールドカラーは
フレームをしっかり主張してくれます。
ハッキリしていますが派手な感じにはならない、絶妙なバランスのカラーです。

IMG_4109

テンプルは細くスッキリしています。
ワンポイントでゴールドの飾りを付けています。

IMG_4118

クラシックなテイストに合わせてパッドカラーを
乳白色のレトロなパッドを採用しています。
さり気ないですが、こういった細かい部分にこだわっているのは嬉しいですね。

IMG_4112

Ray-Banサングラスには
右レンズに白い「Ray-Ban」のロゴ

IMG_4135
左レンズ耳側に「RB」の刻印がございます。
レイバンサングラスという証です。
ここもレイバンサングラスのこだわっている部分ですね。

IMG_4088

IMG_4090

ブローの個性を生かしつつ、楽しんで使って頂ける
時代を越えて愛され続けるクラブマスター。
王道のブローサングラスとは何か?を教えてくれる一本ですよ。

【RayBan】トップガンで登場したサングラス

スタッフW、ようやく『トップガン マーヴェリック』を見ました。
これぞアメリカ映画!エンターテインメント!という様な映画でした。
ちょっとベタだけど、それがまた良かったです。
配信サイトなどでレンタルも開始されていますので
是非ご覧下さいませ。

映画では、様々なキャラクター達が登場し
それぞれレイバンのサングラスを使用しています。
今回は、劇中で登場したRayBanサングラスをピックアップします。

Aviator (アビエーター)は1986年に公開された、『トップガン』の作中で
トムクルーズが使用していた事で、爆発的に人気の高まったモデルです。

IMG_1803

IMG_1784

RB3025 AVIATOR
col,001/33
size:58□14-135
made in ITALY

米国空軍のパイロット用として誕生したサングラス。
機能性とデザインが高く評価され、今なお人気の
レイバンサングラスの原点ともいえるモデルです。

IMG_1786

映画でトムクルーズが着用した後、多くの俳優やセレブに広まり
レイバンの不朽の名作として幅広い層から支持されています。
※劇中で掛けていたカラーとは違います。ご注意くださいませ※

前作の『トップガン』最新作の『トップガンマーヴェリック』
どちらでも使用されており、若い頃のヤンチャっぽい感じで掛けている様も
最新作の渋さを感じる様もどちらもカッコいいです。

IMG_1795

RB2132F New Wayfarer
col,901L
size:55□18-140
made in ITALY

優秀だけど生意気なマーヴェリックの生徒
“ハングマン”が使用していたモデル

IMG_1796
レイバンの人気サングラス
「ウェイファーラー」の新たなデザインとして登場したニューウェイファーラー。

IMG_1799
大きめで少しクラシカルなウェイファーラーに比べ
シャープな印象になっていますので、少しスポーティな雰囲気が出てくれます。
凄く使い勝手の良いデザインです。

映画を見たら、きっとサングラスが欲しくなるはず!
秋の行楽シーズンに是非レイバンをご活用してみてはいかがでしょうか。

【RayBan 純正度付きレンズ】

1200px-Ray-Ban_logo.svg

サングラスと言えば
【RayBan】

という位、世界中の人々に支持され
世代を問わず愛され続けているサングラスブランド

純正度付きレンズは出来ない
と思われている方も多いのですが
実はレイバンの純正度付きレンズ

2019年から
<純正度付き>に対応しております

今回はそんなRayBanの純正度付きサングラスについて
ご案内していきたいと思います

RB2140F WAYFARER

IMG_3175

WAYFARER
ウェイファーラー

を含めた人気モデルの多くが
<度付き対応>しております

純正度付きレンズ最大の特徴
と言っても過言ではないポイントが

1039626a3514e6caddb715f117848c9f

度付きレンズにしてもレンズに
RayBanのロゴが刻印される

という点

レイバンのサングラスを度付きにしようとなると
今までは社外レンズを使う事になるので

度付きにするとレンズに刻印されている
レイバンのロゴが消えてしいました

純正度付きレンズが登場したことで

ロゴ入りの度付きレンズが使って頂ける様になりました

IMG_3190

右レンズは

RayBan

のロゴが

IMG_3192

左レンズには

RB

がさり気なく刻印されます
このロゴこそが

<レイバンの純正である証>

そんな純正度付きレンズのカラーラインナップは
下の画像の中から選んでいただけます

reiban

レイバンカラーと言えばこのカラー!

と言っても過言ではないカラーである

IMG_3202

【G-15】

IMG_3219

【B-15】

などのカラーもしっかりラインナップされています
薄サングラス需要の高まりで人気のある

【LIGHT BLUE GREY】

などもお選び頂けます

純正レンズは

デジタル・サーフェシング・テクノロジー(DST)

という最先端技術を駆使したレンズを使用しています
ストレスのないクリアな視界を実現します

68f6f16421fea4ccadc8d13ef34f815d

サングラスのラインナップには
カーブサングラスの人気モデル

0RB3119M

IMG_8187

通称:オリンピアン

も純正度付き可能です

IMG_8197

これだけカーブしていても
しっかり度付き対応可能です

※カーブ仕様なので、度数対応範囲が限られてきます
ご自身の度数で製作可能かどうか?
気になる方は是非お気軽にお問い合わせください

IMG_8227

せっかく度付きのサングラスを作るのならば
とことんこだわってみましょう

IMG_8337

人気モデルの

【OVAL】

IMG_8382

【ROUND METAL】

も製作可能です

暖かくなってきて、日差しも強くなってきました
夏本番に向けてサングラスをご検討してみてはいかがでしょうか

『RayBan』RayBan1970 OVAL

冬は夏と比べ、日が低いので
夏以上に眩しさを感じる事もあります

1200px-Ray-Ban_logo.svg

今回はオールシーズン使えるRayBanのサングラスを
ご案内していきたいと思います

RayBan 1970 OVAL col,91493F

IMG_8306

大き目の
ラウンドサングラス

大き目ラウンドスタイルは
年代問わず使って頂けるデザイン

シルバーのフレームカラーと
ブルーのレンズが
<爽やかさ>を演出してくれます

IMG_8312

ゆったりしたサイズ感のラウンドは
<ファッショナブル>に使って頂けます

ライトブルーのグラデーションカラーは
濃くなり過ぎないカラーなので
日常使いしやすいです

IMG_8313

“ミル打ち”

仕様になっているブリッジ

ミル打ちが施されているだけで
フレームが引き締まって見えます

IMG_8319

スリムなフレームは
軽く掛け心地も良いです

ガラスレンズが入っていますが
バランスがいいので、前が重くなる事もなく
キチンとフィッティングも出来ますIMG_8316

ラウンドデザインの個性は出しながら
年齢性別関係なく、どなたでも掛けて頂けると思います

丸いメガネ・サングラスはどうなんだろう?
と思っている方も

掛けてみると、新しい発見があるかもしれません

RayBan 1970 OVAL col,919631 G-15

IMG_8335

ゴールドカラーG-15レンズを合わせた
<鉄板の組み合わせ>

やっぱりカッコいいです

IMG_8339

G-15のグリーンカラーと
フレームのゴールドカラーはお互いを引き立てています

その効果でリム自体は細いのですが
しっかり主張してくれます

渋さも感じるクールさがいい味を出してくれます

IMG_8343

渋めテイストのカラーは
ラウンドデザインを渋く魅せてくれます

一本目にご紹介したシルバーと比べて
フレームカラーとレンズカラーの組み合わせが変わるだけで
随分印象が変わることが分かって頂けると思います

IMG_8346
ブリッジだけでなくフロントリムも
“リム打ち”仕様です

ブリッジもリム打ちなので
フロント部はその殆どが“ミル打ち”仕様になっています
スリムでも存在感を感じて頂けます

IMG_8363

車の運転から、ファッションにも
色々な場面で使って頂きたいカラーです
冬のファッションアイテムの一つとしても
活躍してくれそうです

【RayBan 3447 ラウンドメタル】

今回はクラシックな雰囲気で人気の
ファッショナブルに使えるレイバンサングラスをピックアップして
お届けしたいと思います

RayBan RB-3447

IMG_8373

ラウンドメタルは
ボストン寄りのラウンドデザイン

細目で主張しすぎない中にも
アンティークさを押し出した上品なスタイルです

60年代のレトロカルチャーから影響をうけてデザインされている
サングラスで世代を超えて愛されています

IMG_8376

細身なリムを、シンプルになり過ぎない様に

“ミル打ち”

と呼ばれる加工を施しています
指輪などで使われる技法の一つです

IMG_8653

分かりやすい様にアップにしてみました
“ミル打ち”を施す事で

ガンメタルカラーのフレームカラーが
引き締まって見える効果があります

IMG_8654

ブリッジだけでなく
リム周りにも“リム打ち”を施しています
さり気ないですが、しっかり主張してくれます

IMG_8378

スリムでシンプルなデザインなので
どんなシーンにも合わせやすいです

ファッションサングラスとしてもカッコいいです
軽くて弾力性のあるテンプルがすんなりと顔にフィットします

IMG_8381

テンプルも、細目ですっきりとした印象です
軽い作りで長時間の着用にもオススメです
テンプルエンドもフレームカラーに合わせています

IMG_8377
薄めのグレーカラーのレンズは
調光レンズを進化させた、レイバンオリジナルの

EVOLVE
(エヴォルヴ)

と呼ばれる調光レンズ

※調光レンズとは紫外線量で
薄い色から濃い色に変化していくレンズです

普通の調光とはちょっと違う点があります
下の画像でご案内していきます

IMG_8650

調光していない状態では
薄いライトグリーン系のカラー

IMG_8649

紫外線を受け、レンズカラーが変わると

ダークグレー系のレンズカラー

に変わります

カラーの変化が分かりやすい様に
片方を調光させてみました

IMG_8385

向かって左側が調光していないレンズ
向かって右側が調光したレンズ

レンズカラーが

<ライトグリーンのカラー>

<グレー>

に変わる珍しい調光レンズ

レンズカラー変化後も、凄く濃くならないので
急に暗くなったり、建物に入っても暗く感じにくいです 

IMG_8384

使える場面の多い
クセのないサングラスは一つ持っておくと便利ですよ!

【RayBan OLYMPIAN Ⅰ DELUXE】

今回はレイバンサングラスの中で
永く愛され、人気のカーブサングラス

≪OLYMPIAN オリンピアン≫

をピックアップしていきたいと思います
入荷すると、すぐに無くなってしまう人気モデルが
再入荷しました

RayBan  RB 3119-M OLYMPIAN Ⅰ DELUXE 001/31

IMG_8179

オリンピアンの誕生は約50年以上前になる

<1965年>

誕生から半世紀たった今でも人気の
長きにわたって愛されるサングラスです

流行のクラシックなデザインとは違い
スリムでスタイリッシュなデザインです
時代に流されないカッコよさを前面に出しています

IMG_8184

フレームカラーはツヤのある綺麗な
<ゴールドカラー>

ブリッジはツーブリッジ仕様になっています

ブロー部分が太く、そのままテンプルへと
流れていくデザインです

スリムでシャープなツーブリッジなので
ツーブリッジ特有の渋さ、レトロ感が抑えられます
パッと見た感じだとツーブリッジっぽく見えないのもポイントです

IMG_8187

オリンピアンⅠデラックスは

映画
【イージーライダー】

で着用されていた事でも話題になりました
劇中では主人公であるワイアットを演じる
ピーター・フォンダがオリンピアンを掛けていました

この映画を見てオリンピアンを買った
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

IMG_8189

テンプルは、ストレートテンプルになっています

ストレートテンプルはヘルメットなどを着用していても干渉しずらく
バイカーの方に支持されています

ブローラインからそのまま繋がったストレートテンプル
凄くカッコいいです

IMG_8198

8カーブのフレームなので
お顔を包みこむ様に掛ける事が出来視野も広いです

しっかりお顔に沿うように掛けられるので

風の巻き込みに強く
目を保護する事も出来ます

IMG_8206

パッドはダキ足パッドを使用しています

ネジを使わないダキ足パッドは
金属パーツで抱え込んでいます
ネジゆるみが無いのでパッドが取れるリスクが少ないのも特徴です

IMG_8207

001/31 カラーで使われているパッドは
乳白色のパッドになっています
ゴールドカラーと組み合わせがカッコいいです

IMG_8204

RB 3119-Mという品番と

OLYMPIAN Ⅰ DELUXE

の刻印も入っています

レイバンのサングラスの中でも名前が付いているサングラスは
人気モデル・歴史が古いモデルが多いです

IMG_8215

レイバンの代名詞とも言えるレンズ

G-15

G-15のGは

<GREEN LENS(グリーンレンズ)>

のGで、15というのは可視光線透過率が15%の意味を表しています

G-15は85%の可視光線を吸収し、ブルーライトを遮断することで、

クリアな視界とカラーコントラストを実現し
「ナチュラルな視界」

をもたらしてくれます

レンズには

<RayBanのロゴが刻印されています>

このロゴは両レンズに施してあり

右レンズにはレンズ上部に
目立つように刻印されています

IMG_8217

左レンズの刻印はさりげなく

“RB”

の刻印があります

IMG_8227

RayBanの専用ケース
IMG_8238

カーブフレームのオリンピアンがすっぽり収まるサイズ感
圧迫することなく、すっかり収納できます

IMG_8236

ケースにつけられている凹凸に
鼻パッドが収まります

気持ちよくケースにしまう事が出来ます

IMG_8229

カーブ対応レンズで
<度付き>にすることも可能です

度付きレンズで作られたい方は、是非ご相談くださいませ
ご自身の度数が、製作可能範囲なのかどうか気になる方は
お気軽にお問い合わせくださいませ

RayBan  RB 3119-M OLYMPIAN Ⅰ DELUXE 003/31

IMG_8239

シルバーカラーも入荷しております
ゴールドカラーとはまた違った良さが出てくれます

レンズはゴールドカラーと同じG-15を使っていますが
フレームカラーが変わるだけで随分印象が変わります

IMG_8245

シルバーカラーの方が
シャープさが際立ってくれます

デザインは同じ、レンズカラーも同じなのに
ここまでイメージが変わってくれます

IMG_8247

シルバーカラーのストレートテンプル
カッコいいです

IMG_8252

鼻パッドは
<クリアタイプのパッド>

シルバーカラーのフレームとの相性が良いです

IMG_8256

 ウェイファーラーやクラブマスターと同じく
レイバンサングラスのアイコン的なサングラスだと思います

IMG_8266

誕生から50年以上たった今でも
ファンを魅了し続けるサングラスです!

【RayBan RB3447&RB3946 】Round Metal CLUB MASTER OVAL レトロでクールなサングラス

お盆を過ぎても、夏が猛威を振るっています
そんな中、皆様の眼をお守りすることの出来る

RayBan

を今回もご案内していきます

 RB3447 Round Metal 004/T1

IMG_4094レトロな雰囲気漂う、ラウンド(丸型)のサングラス
様々なアーティスト・ミュージシャンなどにも愛用されており

60’sのカウンターカルチャーから
インスパイアされ作られたサングラス

少しボストン型よりのラウンドなので
ラウンド特有の個性的な感じは出すぎず使って頂けます

IMG_4095

ブリッジには<ミル打ち加工>がされています
スリムなフレームですが、こうした少しの加工をしてあげるだけで
重厚さと高級感が出ます

スリムなフレームなので、デザイン性を持たせている
という部分もあると思います

IMG_4100

ブリッジだけでなく、リムにも<ミル打ち>されています
横から光が当たったり、角度が変わると
ミル打ちされているのが分かるという
絶妙な仕上がりになっています

IMG_4101

レンズを留めておくパーツと丁番が
一体になっていますので、非常にスリムな丁番に仕上がっています
この細さも「ラウンドメタル」の特徴です

IMG_4103

角度を変えて、見てみましょう
デザインを損なわず、丈夫さも兼ね備えたパーツです

IMG_4108

先セルも限りなくスリムです

IMG_4109

レトロな印象を出せる
クラシックな

『ダキ足パッド』

を採用しています
細くスリムなサングラスにぴったりのパッドです

パッド足も調整の出来るものになっていますので
目までの距離や鼻幅に合わせてしっかり合わせることが出来ます

IMG_4115

RayBan “Round Metal”
(ラウンドメタル)

年代性別問わず人気のサングラスですが
最近では、あるドラマで使用されていた事で人気が再燃しています

警護人を主人公にしたドラマで
あのトップアイドルが使用しており
人気が再燃したサングラスです

そのトップアイドルが
<天才料理人役>
として出ていたドラマで、これまた話題になった

IMG_0988

RB2140F Wayfarer

レイバンのアイコン的なサングラスです
王道のカッコよさです

ラウンドメタルに戻ります

IMG_4096

EVOLVE (エヴォルヴ)

と呼ばれる、調光レンズを使用しています
※調光レンズとは、紫外線を浴びると
レンズカラーが変化するレンズです

調光すると、どの様にレンズカラーが変化するのか
実験してみます。

分かりやすい様に、片方のレンズだけを調光させてみました。

IMG_4196

向かって左側のレンズが調光し
レンズカラーが変わったカラー

向かって右側が調光していない
そのままのレンズカラー

変わっていないじゃない・・・
と思われるかもしれませんが、ちゃんと色は変化しています
そこまで濃くならないので、変化は気が付きにくいですが
元々のレンズカラーであるグリーン系のレンズから
グレーカラーに変化しています

元のレンズも、調光しても
目元が見えるくらいのカラーなので
濃くなりすぎず、最近のトレンドでもある薄サングラスとして
使って頂けるレンズカラーになっています

 RB3447 Round Metal 019/30

IMG_4118

マットシルバーのリムカラーがクールなカラー
フレームのカラーよりも、レンズのカラーがかなり際立っています
こちらのレンズカラーは

<シルバーフラッシュ>

と呼ばれるレイバンの中で、新しいミラーになっています

多層のミラーコーティングが施された
高級な光沢感が特徴のミラーです

ミラーコートと名の付く通り
鏡の様に映り込むくらい表面はギラギラしています
撮影する私も映り込んでいる程です

IMG_4121

ブリッジやリムのミル打ちは、先ほどのカラーと同じ仕様です
さり気ないけど、しっかり主張してくれます

IMG_4123

フロントを撮影しようとすると映り込みます・・・
カメラやメガネ拭きの色までしっかり映り込んでいます

しっかりミラーが入っていますので
サングラスを掛けた際、相手から目は見えません

調光しても目元が見える、先ほどのカラーと比べ
ミラーがしっかり入っていますので
同じサングラスでもここまで雰囲気が変わるのか?
という程印象が変わります

IMG_4125

ミラーのギラギラしたカッコよさと
スリムで主張しすぎないフレームのバランスがとてもカッコいいです

IMG_4129

レンズの表側は、ギラギラしたミラーですが
レンズのベースは

グリーンベースのカラーです

グリーンカラーはコントラストを下げすぎず
裸眼の視界に近い自然な見え方です

眩しさも抑え、暗すぎないカラーなので
オールマイティに使えるレンズです

IMG_4132

スリムで、ファッションに合わせてもカッコいいラウンドメタル
皆様はどちらのラウンドメタルがお好きですか?

RB3946 CLUB MASTER OVAL

IMG_4155

クラブマスターオーバル

こちらのサングラスは、人気サングラスである

IMG_1203-1024x683

CLUB MASTER

クラブマスターのバージョン違いになっています

IMG_4157

CLUB MASTERの雰囲気を残し
レンズの玉型を

オーバルタイプ(楕円)

で仕上げています。
クラブマスターはレンズがスクウェア系のレンズですが
こちらは、丸みの強いオーバルタイプになっています

IMG_4161

ブロー部分は同じなのに
レンズのシェイプが違うだけでここまで印象が変わってきます

オーバルは柔らかく、優しい印象が強いですが
クラブマスターオーバルは、ブローがしっかり目立ちますので
クールで渋い、雰囲気あるオーバルとして使って頂けます

IMG_4168

渋さもありますが、オーバルシェイプの優しい雰囲気もあるので

サングラス特有の
掛けたら人相が怖くなってしまう
という事もありません

IMG_4171

フロントとテンプルにある金属は
ただの飾りではありません

IMG_4170

表の金属を、裏側でカシメて留めています
シンプルな構造と、デザイン性が合わさっています

IMG_4172

クラブマスターと比べると、柔らかいイメージになります
優しい感じでサングラスを使いたい
という方にはオススメのデザインです

RB3946 CLUB MASTER OVAL

IMG_4177

カラー違いはブローがデミブラウンバージョン

デミカラーなので、ブラックカラーよりも
顔なじみが良く使って頂く事が出来ます

IMG_4179

ブリッジとリムカラーである
ゴールドカラーとのバランスもいい感じです

IMG_4184

G-15レンズとの相性もいいです

街中で使用するのも、アクティブに使うのも
どちらでも使える万能さがいいですね

IMG_4186クラブマスターだけど、クラブマスターとは
また違った雰囲気を出す事が出来るクラブマスターオーバル

どちらも良さがありますので
どちらがお好きなのか、かけ比べて頂くのもオススメです!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【RayBan OLYMPIAN DELUXE】

RayBan には数多くの名作サングラスがあります
今回【徹底解剖】するサングラスは
以前ブログでも取り上げたことのある

『RayBan OLYNPIAN Ⅰ』

オリンピアン1というモデルのバージョン違いのサングラスです
では早速いきたいと思います

RayBan OLYMPIAN DELUXE col,003/3F SHINY SILVERIMG_3896

オリンピアンが最初にリリースされたのは50年以上前になる

<1965年>

長きにわたって愛されるサングラスです

スリムでスタイリッシュなデザイン
一時、販売がされなかった時期もありますが
復刻をしたレイバンの中でも人気のサングラスです

レンズカラーは

グラデーションブルー

シルバーカラーにブルーカラーは
爽やかな印象とギラっとした印象
どちらも高めてくれる効果があります

IMG_3900

映画
【イージーライダー】

で着用されていた事でも話題になりました
映画を見てオリンピアンを買ったという方も多いのでは?

IMG_3905

テンプルは、ストレートテンプルを採用しています

ストレートテンプルはヘルメットなどを
着用していても掛けやすいデザインになっています
バイカーの方もヘルメットへの干渉が少なく
快適に使って頂けます

表側の先セルカラーは
ミルキーなキャラメルカラー
IMG_3927

裏側の色はブルーカラー

表と裏で
先セルのカラーを変えています
ちょっとした遊び心を感じます

IMG_3911

カーブしているフレームなので
顔を包みこんで、視野も広いです

横の視野も広く、風の巻き込みや
目を保護する事も出来るようになっています

IMG_3913

パッドはクラシックな雰囲気漂う
ダキ足パッドを使用しています

ダキ足パッドは、金属パーツで抱え込んでいますので
目立ちにくいという点が特徴の一つです

IMG_3920

パッドに、レイバンのロゴが入っています
さり気ないアピールポイントです

IMG_3898

ブリッジはツーブリッジ仕様

スリムでシャープなツーブリッジなので
ツーブリッジ特有の渋さ、レトロ感が抑えられます

IMG_3926

ギラっとしているカラーとシャープなデザインなので
ハードな印象で使えます

バイカーに好まれているサングラスですが
ファッションに合わせる事もできます

サングラスといえばクールでカッコいいもの
というサングラスイメージをそのまま形にした様な
レイバンの中でも人気のデザインです

RayBan OLYMPIAN DELUXE col,9202/51 SHINY ROSE GOLD

IMG_3931

ローズゴールドと呼ばれる
少し赤色がかったゴールドカラーです

ギラっとしていますが
赤身のあるゴールドで高級感を感じさせるカラーです

レンズはグラデーションブラウンが入っています
コントラストが高まるレンズなので
道路や路面などのコントラストを上げる効果がありますIMG_3935

先セルは
濃いブラウンデミカラーを使用しています

フレームカラー・レンズカラー・先セル
ブラウン系の同系色でまとめています

IMG_3938

オリンピアンらしいギラっとした部分と
ブラウンの少し柔らかいイメージも相まって
男性だけではなく、女性も掛けやすいカラーになっています

IMG_3939

RayBan OLYMPIAN DELUXE col,004/32 SHINY GUNMETAL

IMG_3941

ギラギラのシルバーであるシャイニーシルバー
ゴールドカラーのローズゴールドに続くのは

ガンメタルカラー

 メガネでも人気のカラーです

シルバーほどギラギラした感じはなく
ブラックより重い印象のないカラーです

IMG_3943

ガンメタルに合わせたレンズは
グレーグラデーションカラーのレンズです

落ち着きのある
ガンメタルカラーとの相性がいいレンズカラー

IMG_3946

ストレートテンプルに合わせてあるのは
ブルーの先セル
ちょっとしたワンポイントになってくれます

IMG_3956

表側はブルーカラーですが
裏側のカラーは

IMG_3954

エンジ系のカラーです

表側のブルーと比べ落ち着きのあるカラーですが
このカラーのギャップがいい感じです

IMG_3959

初めてのオリンピアンデビュー
にオススメ出来るカラーです

オリンピアンはカーブしていますが

カーブ対応レンズで
<度付き>にすることも可能です

同じようなカラーにすることも出来ますし
違うレンズカラーにすることも出来ます

度付きレンズで作られたい方は、是非ご相談くださいませ
製作可能範囲なのかどうかは、すぐに分かりますので
お気軽にお問い合わせくださいませ

19周周年祭開催中!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4詳しくはコチラ 

【RB3857 FRANK】

今回もレイバンのサングラスです
ここ数回レイバンの中でも王道のサングラスを紹介してきました

やはりレイバンのサングラスっていいな

と改めて思います
では早速今回のサングラスの【徹底解剖】です

RB3857 FRANK

IMG_1431

品番以外に、FRANKという名前が付いているサングラス
細身ですが、様々な個性を入れ込んだサングラスになっています

レンズデザインは小ぶりのウェリントンシェイプ
ウェリントンといえば、プラスチックフレームで少しゴツい印象が強いですが
スリムなウェリントンになると随分とイメージが変わってきます

IMG_1436

上下の幅が深めなので、ウェリントン型ですが
ボストン型の様な印象にも感じる絶妙なレンズデザインに仕上がっています

サングラスとしては少し小ぶりなサイズ感

IMG_1438

フレームは、アビエイターと同じくかなりスリムなサングラスです

スリムで主張しすぎないデザインですので
ファッションアイテムとしても
どんな服装にでもあってくれます

IMG_1433

とはいえ、普通にスリムなサングラスになり過ぎないのが
このFRANK

ブリッジの位置を高い位置にデザインする事で
クラシックな雰囲気を演出しています

IMG_1440

細身なリム部分にも細工が施されています
指輪などにも施されている技法

<ミル打ち>

※ミル打ちとは、小さな丸い粒を連続して打刻していく
装飾技法のひとつ
クラシックな印象のフレームにピッタリな造りです

IMG_1441

スリムなフレームだからこそ、こういった技法が
フレームを引き締めてくれます。
フレームのスリムさは、前回【徹底解剖】した
アビエイターの細さと同じです

IMG_1442

テンプルの細さも同じくスリムなテンプルです
アビエイターだとサングラス感が強すぎると感じる方は
こちらのFRANKをおススメします

IMG_1444

特徴的なハイブリッジにも
ミル打ち加工がされています

ブリッジのミル打ちは、リム部分と比べて

より細かいミル打ちになっています

IMG_1445

わかっていただけるでしょうか?

IMG_1447

ツヤありのゴールド金ピカカラー

金ピカですが、いやらしい印象にならないのは
フレームが細いのと、ミル打ち加工でピカピカしすぎない事です

【B-15】

のガラスレンズとのバランスもキレイな
世代や性別を超えて愛されるサングラスだと思います

ここからはカラー違いです
IMG_1449フレームカラーは先ほどのゴールドと同じですが
組み合わせてあるレンズが

ブルーレンズ

ブルーレンズというネーミングですが
実際の見え方は限りなくグレーのレンズです

IMG_1451

 ゴールドカラーのフレームとレンズがお互いを引き立ててくれます

先程のブラウンカラーは同系色でしたが
コチラはレンズとフレームのメリハリがしっかり出てくれます
IMG_1454

IMG_1456

渋めに使っていただくなら、こちらのカラーがおススメです

最後はコチラ

IMG_1457

ブラックカラーに

【G-15】

を組み合わせたカラー
フレームはシンプルなブラックカラー
細身のフレームと相まって、モードな雰囲気で使えます

IMG_1458

レンズのG-15の組み合わせも相まって
クールな感じです

IMG_1460

落ち着いたカラーなので
目立ちすぎず、さりげない使い方が出来そうです

IMG_1461

先セルも、ブラックでまとめてあります

IMG_1466

ちゃんとミル打ちも施してあります

IMG_1469

それぞれ個性があり面白いです
そのままサングラスとしても、クリアレンズを入れて
メガネ仕様にしてもいいです

シンプルだけどハイブリッジでモードな印象の

FRANK

お好みのパターンを探してみてくださいませ

『RayBan OLYNPIAN Ⅰ』

RayBanのサングラスには、前回もご紹介した

<ウェイファーラー>

<クラブマスター>

など品番とは別に、サングラスに名前が付いているモデルがいくつか存在します
レイバンの中でも歴史が古く、人気サングラスに名前が付いている傾向にあります

今回はそんなサングラスをご紹介していきたいと思います

<OLYMPIAN I>

誕生は1965年と、ウェイファーラーやクラブマスターに次ぐ
歴史のあるサングラスです
その独特なフォルムでファンも多いサングラスです

IMG_1247

オリンピアンには

オリンピアン

オリンピアンデラックス

と2種類パターンがあります
(今回紹介するオリンピアンはノーマルのオリンピアンになります)

IMG_1250

オリンピアンは

<プラスチックとメタルのコンビネーションフレーム>

スリムでありながら、しっかり主張してくれる
サングラスになっています
スリムなデザインですが、アセテートを合わせていますので
ボリュームとインパクトがあります

IMG_1258

サングラスが機能を優先するアイテムから
ファションアイテムとして使われる流れを作ったモデル

そう言っても過言ではない程、サングラスの流れを作ったモデルです
誕生から随分経ちますが、色あせず今なお人気のサングラスです

実はこのオリンピアン
一度販売を終了してしまったのですが、人気デザインだっだので
復活の声も多く、晴れて2019年に復活をした経緯があります。

IMG_1269

最初に組み合わせてあるレンズは
レイバンのサングラスの代名詞でもある

「G15レン ズ」

を使用しています

1952年に誕生した、対象物が自然の色調に見えるレンズです
このG-15じゃないとレイバンサングラスと言えない!
という方もいらっしゃる位

レイバン=G-15

というイメージが付いているレンズです

カーブフレームですが、度入りのレンズに交換していただく事も可能です

IMG_1264

細かい部分の造りもしっかり造りこまれています。

フレームがズレない様にアセテート生地に段を付け
フレームとアセテートに隙間が出来ない様、動かない様に作られています

裏もしっかりネジ留めされていますので
ピッタリ動かない造りに仕上げています

IMG_1260

ストレートなテンプル
フロントの流れから、そのままテンプルに繋がっていきます
流線的でカッコいいです

IMG_1261

8カーブあるフロントなので、顔をしっかり覆ってくれます
横からも、上下からの光もしっかりカットしてくれます

シャープな印象で、ここまでカーブしたサングラスは
最近では中々リリースされませんので
こういった印象のサングラスをお探しの方にはピッタリのデザインです
そういったオリジナリティが長く愛されている理由だと思います

 ウェイファーラーやクラブマスターと同じく
これからもレイバンサングラスのアイコン的なサングラスだと思います

プラスチックを使わないチタンフロントの
オリンピアンデラックスも入荷していましたが
あっという間にお嫁入りしてしまいました・・・
再度入荷してきたらご案内出来たらと思います