カテゴリー別アーカイブ: TIFFANY

【新ブランド】徹底解剖!『TIFFANY』編

今回も新ブランドを【徹底解剖】していきたいと思います。
今回紹介するブランドは、

1837年9月18日にアメリカで創業された宝飾品ブランド

9dc0fa3aaad8a089bf8d3e89b97c7d76-2

日本では

オープンハートのペンダント

tiffany-006-00

が人気ですが
実は、メガネもリリースしています。
世界的に有名なカラー

“ティファニーブルー”

を使用したメガネも多数あります。

このティファニーブルーと呼ばれるカラー。
このカラーにはブランドの様々な思いがつまっています。
この独特なカラーの由来は、小鳥

「こまどり」

の卵からきています。

20150910161932991

ヴィクトリア朝のイギリスでは、土地や資産を記録する重要な台帳の表紙に
こまどりの卵の青がよく使われていたといいます。
古くから

青は、真実や高潔さのシンボルでもありました。

そんなブランドのシンボルカラーをメガネにするとどうなるのか。
今回はその辺りを【徹底解剖】していきたいと思います。

ティファニーのメガネは『大人可愛い』イメージのメガネが多いです。

IMG_9527

落ち着いたフロントですが、チラッと見えませんか?
ティファニーブルー!

IMG_9536

実はフロントは2層になっていて、表はブラウン
裏にティファニーブルーが張り合わせてある生地を使っています。
裏に張り合わせる事で

さりげないけど何となく見える

という状態になります。
この絶妙な色使いが、品の良いイメージになってくれます。

IMG_9530

テンプルにはさりげなく

【TIFFANY&CO.】

目立ちすぎない刻印が良いですね。

メタルフレームはもう少し落ち着いた印象を出せます。

IMG_9542

落ち着いたフロント

IMG_9543

蝶番には煌びやかな装飾を施しています。
過度ではなく、あくまでさりげなく派手になりすぎない程度に抑えています
この具合がとてもいいです。

ティファニーはイタリア製が多いのですが、このモデルは

IMG_9546

made in Japan

細かい部分の造りはやっぱりいいです。
触ったときに

「これは日本製かな?」

と思う程、日本製は作りこまれています。
誇るべき日本の職人技!といった感じです。

IMG_9547

こちらも落ち着いたチタンフレーム

IMG_9548

テンプルはバネ性もかねているデザインテンプル
色も、落ち着いたカラーなので使う場所を選びません。

IMG_9552
外箱のティファニーブルーの中に

IMG_9553

ケースが入っています。
ケースも鮮やかなティファニーブルーです。

IMG_9555

ケースの中にはギャランティカードや、巾着袋が入っています。
それら全てがティファニーブルー!

これでもか!というほど。
ティファニーが大切にしているカラーという事が分かります!

さりげないけど、大人なティファニーのメガネ。
普段掛けのメガネを少し可愛く使ってみませんか?

そんな感じでティファニー解剖を締めくくりたいと思います!