カテゴリー別アーカイブ: lafont

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショーは11/29(日)まで!

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーも

<明日11/29 () で終了です>

【lafont】

IMG_6958

lafontでは

<日本限定モデル・日本限定カラー>

などを含め、レアなモデルや懐かしいモデルを見て頂けます

【Labyrinth by 影郎デザインワークス】

IMG_7409

影郎デザインワークスでは

AZ未入荷だったモデルや、初上陸のカラーなど

いつもは見る事が出来ないモデルが沢山あります

最終日も盛り上げて参りますのでよろしくお願いいたします!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】lafont クラシック&スリム

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです

そんなlafont のメガネの中でも<lafont らしいメガネ>をピックアップして
【徹底解剖】していきたいと思います

FRANCOISE col,6098 ¥38,000-(税抜) レッド&フーシャ&ネイビー

IMG_7167

ラフォンらしいフォックスシェイプの

「FRANCOISE フランソワーズ」

フォックスのキリッとした感じと
キュートなカラーが融合したデザインになっています

IMG_7170

正面から見ると3色のカラーが際立ちます

ブロー部分は水色
フレーム上部は赤色
フレーム下部が紫

と、3段になっているカラーが印象的です

赤から紫の部分は段落ちになっています

IMG_7177

重ね合わせたアセテート生地の一層目を削って
下にある二層目の生地を見せることで表現されています

このフレームの場合、一層目の赤色の生地の下にある
二層目の紫色のカラーを削っています

フロントに段が付く事で、立体感が生まれ
奥行きを感じるフレームになってくれます

IMG_7178

フレームの下から覗いてみました
こうすると一層目が削られ、二層目のカラーが出ているのが
分かると思います

IMG_7175

ビビットなカラーで
お顔を明るくする効果があります

フォックスシェイプのセクシーな雰囲気と
POPで可愛いカラーのバランスが楽しいフレームです

EMMANUELLEcol,5150 ¥38,000-(税抜)

IMG_7182

ラウンドに近いボストンシェイプの

『EMMANUELLE イマニュエル』

ラウンドシェイプ程丸くなり過ぎないけど
ボストンの良さを残している
クラシックになりすぎないデザインです

IMG_7184

ちょっとだけゆったりしたサイズ感は
可愛さと渋さの両方を兼ね備えています

インナーセルは2色生地の張り合わせになっています

表側のアセテート生地はデミ柄
後ろのカラーは乳白色になっています

表側のデミ柄を大きく削って、裏側の乳白色を
正面から見た時に見えるように造られています

IMG_7188
斜めから見てみると、分かりやすいです
ちょっとしたデザインですが
先ほどのフランソワーズと同じく立体感や奥行きが出てくれます
さり気ないですが、しっかりlafontらしさを感じるデザインです

IMG_7189

テンプルを含め、全体的にシンプルなデザインです

IMG_7182

lafontの中でもシンプルな一本です

インストーンやエッチングではなく
こういったさり気ないデザインのlafontも良いです

レンズの上下幅もしっかりありますので
遠近両用や、中近レンズなどにするのもオススメです

RAPSODIE col,3043 ¥40,000-(税抜)

IMG_7196

スリムなフォックスシェイプの

『RAPSODIE ラプソディー』

ここまでスリムなレンズデザインは
最近では少し珍しいです

細くてシャープなフォックスはキリッとした印象で
クールな表情をしっかり出す事が出来ます

IMG_7197

「最近は細いデザインが無くて・・・」
といった、細いフレーム好きな方に是非オススメしたいデザインです

<目元を引き締めてくれる効果が非常に高いです>

IMG_7199

ヨーロピアン?なイメージの
時代に流されない独自のスタイルのフレームです

クラシックブームの今、あえてクラシックとは真逆?
の個性的な細いフレームもいいですよ

IMG_7200

ブロー部分は少し厚みのあるパーツです
パーツを斜めにカットする事で、細くてスリムなフレームに
立体感とボリュームを与える効果があります

IMG_7204

どれくらい細いのか、先ほどの
『EMMANUELLE イマニュエル』
と比較してみました

見て頂くと一目瞭然なサイズ感の違いです
カッコよく『出来る感じ』を出せるRAPSODIE
お仕事用にすると、すごく映えそうです

LADY col,555 ¥30,000-(税抜)

IMG_7206

細いフレームをもう一本ご紹介
RAPSODIE と同じく、細めのフォックスライン

リムのラインはフォックスですが
レンズシェイプは<スクウェア寄り>になっています

ブラウンとライトブルーカラーの組み合わせが
とても綺麗です
目元をキリッとさせるデザインは流石 lafontといった感じです

IMG_7209

フロントサイドのデザインは

「まつ毛」

をモチーフとしています
ブルー部分に施された溝が、まつ毛の様なデザインになっています
フェミニンな雰囲気を醸し出してくれます

IMG_7211

ラプソディーと同じく、掛けると
アイメイクをした様な効果を出す事が出来ます

レディと比べ、ブローパーツがありませんので
スッキリした印象も出す事も出来ます

IMG_7212

フロントがメタルで、テンプルがアセテートの
コンビフレームです
フロントがスリムなのに対して、テンプルは割と厚めなので
程よく主張をしてくれます

IMG_7215

フロントの溝部分にカラーを乗せていないのも
個人的には凄くポイントが高いです
さりげなくまつ毛を演出してくれます

といった所で今回のlafontは締めくくりたいと思います
クラシック寄りのフレームと、細めのフレームをご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?
どれもlafontらしい要素はありつつ
魅力的なフレームに仕上がっています

lafontの中でもイメージの違うものを掛け比べて
新しい発見をして頂きたいと思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】lafont クラシックメタルフレーム編

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです

今回もそんな lafont のメガネの中を【徹底解剖】していきたいと思います

TAMARA col,500 ¥38,000-(税抜)

IMG_7092

スクウェアウェリントンデザイン
少し横長のウェリントンデザインになっていますので
あまりクラシカルになり過ぎず使って頂けます

フロントはブロー部分に段をつけており

『ダブルカラー』

になっています
このダブルカラーはハンドメイドで塗装しており
一時間に数本しか作ることが出来ないほど
かなり手の込んだ造りになっています

ブラウンカラーに合わせたオレンジブローのカラーが
とても印象的に映えるカラーです

IMG_7088

少し段の付いたブロー部分は、カラーが変わっている事で

<リフトアップ効果>

が生まれてくれます

目元を明るくする効果と、目尻を上げる効果
両方を得られちゃいます

IMG_7162

裏側はブローと同じオレンジのカラーになっています

裏側が明るいカラーなのでメガネを掛けた時に
お顔が明るくなってくれます

IMG_7093

ラフォンといえば欠かす事の出来ない柄である

<レオパ柄>

いわゆるヒョウ柄ですね
ラフォンのモデルには、このレオパード柄が多数採用されています
品のある雰囲気を出しながら使って頂ける組み合わせです

IMG_7081

ラフォンらしいカラーの使い方と
少しだけクラシックな雰囲気を楽しんでいただけるフレームです

FENOUIL col,4500 ¥35,000-(税抜)

IMG_7114

レンズデザインはオーバルとスクウェアの中間の様なデザイン

スクウェアの中に丸みがあり
優しく柔らかいイメージで使って頂けます

IMG_7116

レンズデザインはスクウェアで丸みがあるのに対して
リムデザインは、ややエッジがありますので
クールな印象も出す事が出来ます

レンズデザインの柔らかさと
リムのクールな印象がうまくマッチしています

両サイドのカットが
お顔をキリッと引き締める効果を出してくれます

 

IMG_7120

原点回帰を意識したフレーム<FENOUIL>は
ラフォンが得意とするバイカラーに仕上げています

シンプルなメタルフレームにはない
さりげなくオシャレな使い方が出来ます

IMG_7123

フレーム名になった

<FENOUIL>はフヌイユと読みます

フヌイユは、ヨーロッパではポピュラーな野菜で
ヨーロッパでは馴染みの野菜らしいです

こちらは

<日本限定モデル>

になっており
各色50本限定生産の貴重なフレームです

日本人に合わせやすいカラーリングなので
是非お試しくださいませ

DELICE col,3088 ¥38,000-(税抜) ブルーブロー

IMG_7125

ブローが細目でスリムなサーモントタイプ

ブローのパーツがスリムで
女性らしい上品なスタイルに仕上がっています

知的でエレガンスなフレームです

IMG_7155

「大喜び」

という意味を持つデリス
このデリスは

80年代後半にデザインされた
フレームを基にデザインされています

IMG_7157

ブローと同じ青い大理石の様な生地を使った先セル
テンプルは細目でスリムにまとめています

かなりスリムでシンプルなラフォンです
エッチングやラインストーンを使ったラフォンも良いですが
デリスの様な少し渋めのラフォンもオススメです

<普通のサーモントだと渋くなりすぎてしまう>

けど、サーモントフレームは挑戦してみたい
という方にオススメしたいです

IMG_7159

ちょっと渋いけど、何となく可愛さを感じる
そんなサーモントフレーム

BRIGITTE col,380 ¥38,000-(税抜)

IMG_7281キツイ印象になり過ぎないフォックスデザイン
吊り上がりすぎず、目元をキリッとしてくれます

ブラックとレオパード柄がセクシーです

中々勇気のいるカラーだとは思いますが

好きな方や、似合う方には
ドンピシャに似合うカラー・柄だと思います

IMG_7138

メタルフレームにプラスチックのリムを組み込んだ

「ソフト枠」

と言われる
80年代に流行したクラシカルなデザインをベースに造られています

クラシックなメガネが流行している現在
この「ソフト枠」のメガネは珍しくなくなってきました

IMG_7140

メタルフレームのブローバーを
プラスチックパーツで挟み込みこんだ
何とも絶妙なデザインです

「ソフト枠」は
クラシカルなテイストが強めに出てしまう事が多いですが

「BRIGITTE」はクラシカルさとフェミニンな
ラフォンらしさを融合させたフレームになっています

IMG_7148

表のレオパード柄

ブローのブラック

裏のキハク

と、段になっている部分のカラーが変わっているので
奥行きも感じる事の出来るソフト枠です

カラーも形も、ラフォンらしさを感じる
セクシーなフレームです

いかがでしたでしょうか?
今回はメタルフレームをピックアップしてみました
世界的にもクラシックのブームはまだ続いています
ラフォンにもその流れを感じるデザインが多くリリースされています

今までクラシック系を掛けた事のない方や
ラフォンユーザー様もよろしければ
この機会にラフォンのクラシックを掛けてみてくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】lafont アセテートフレーム編

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です!

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

<テキスタイルデザイナー>
だったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです今回はそんなlafontの中の

<アセテートモデル>
(プラスチックフレーム)

をいくつかピックアップして
【徹底解剖】していきたいと思います

lafont AMAZON col,100C  ¥35,000-(税抜)

IMG_6981

ラウンド(丸)型のレンズシェイプに
フォックスのテイストをミックス

柔らかさとキリッとした表情を同時に出す事の出来る
ラフォンらしい、ヨーロピアンなデザインです

IMG_6984

レンズデザインは確かにラウンドなのに
全体のバランスを見てみると
フォックスを感じる絶妙なバランス感

クラシックだけどフェミニンという
ラフォンならではの表情になってくれます

日本のブランドでは中々見かけないデザイン
こういったデザインにお国柄が出てくるのが
色々なブランドを比べてみて楽しい所ですね

IMG_6986
フロント上部は

<ドリルでカッティングが施されています>

こちらのカラーは特別バージョンでカッティングを施した部分に
<革>を張っています
(恐らく合皮だと思われます)

アセテートとの組み合わせは非常にクール
質感の違う素材がコラボしています

IMG_6993
クリスチャンルブタンの様な
妖艶な雰囲気を感じる

ブラック×レッド

のカラー

カッコ良さとセクシーさ、その中にラウンドの可愛さもある一本です

EDIFICE col,7018  ¥34,000-(税抜)

IMG_7001

『アール・デコ』

をモチーフとした
直線と曲線の優美なラインが特徴の一本で

デザインは
ウェリントンとフォックスを合わせたようなデザイン

パープルカラーと乳白色のカラーは
良い感じにお顔を彩ってくれます

私、あまり美術用語に明るくないので
『アール・デコ』って何?
となりましたので、少しアールデコについて調べてみました

アールデコとは簡単にまとめると

直線的で合理的なデザインで
装飾を排除した機能的・実用的なフォルム
大量生産なども考慮して造られたデザイン

らしいです
1925年のパリ万博あたりから急速に発展した美術様式で
建築やファッションなど幅広いデザインに取り入れられています

IMG_7005

そんなアールデコを取り入れたEDIFICE
シンプルなデザインの中に力強さを感じます
そんなシンプルなデザインのEDIFICEの最大の特徴が
フロー部分にドリルで

一層目のパープルの生地を切削し
二層目の乳白色のカラーを出す

という技法です

一層目を削って、少しだけ段になっていますので
フレームに程よい立体感が出てくれるのも特徴です

IMG_7008

横から見てみると
薄い一層目のカラーを削り出しているのが良く分かります

IMG_7009

フロントに対してテンプルは割と落ち着きがあり
シンプルにまとめています

IMG_7007

lafontの中のフレームの中でも
ユニセックスな、男性でも掛けられるシンプル目なフレーム

アールデコ調をメガネに落とし込んだ
少しだけ個性的な一本です

 EXQUISE col,675 ¥36,000-(税抜)

IMG_7019

フォックス型にオーバルタイプの要素を盛り込んだデザイン
ソフトフォックスは目元をキリッとさせる効果や
リフトアップ効果もあります

「EXQUISE (エクスキーズ)」

フェミニンな個性を感じさせつつも
柔らかさと洗練された印象を併せ持った絶妙なデザインです

IMG_7022
フロントサイドの

<ポルカドット柄>

が印象的です
この可愛らしいドット柄は

ドットパーツとその他のプラスチックパーツを
パズルのように組み合わせて作られています

※ポルカ・ドットとは
中程度の大きさの水玉を等間隔で配した柄

このポルカドット柄はlafontの中でも歴史が古く
40年余りlafontで使用されている
lafontを語る上では欠かせない柄です

IMG_7026
均等にドットが並ぶデザインは
可愛さとクールさの両方を醸し出してくれます

IMG_7029

フレームサイズは
少しだけ大き目のミドルサイズです

メガネとしては勿論の事
サングラス仕様にしてお使い頂くのもいいです

IMG_7036

ドットデザインなのでPOPな雰囲気が強くなるかと思えば
そうでもなく、lafontらしさはしっかり残している
大人の可愛さを演出できる一本です

FANTASIE col,4047 ¥36,000-(税抜)

IMG_7037

「40ANS DE LAFONT 40ANS DE COULEURS」

ブランドが確立されてから40年を迎えたことにちなみ
原点回帰を意識した Lafont / ( ラフォン )
2020 SPRING and SUMMER 新作コレクションから

「FANTAISIE」

スクエアウェリントンシェイプデザイン

こちらも先ほどのEXQUISEと同じく

<ポルカドット柄>

を使用しています

優しい雰囲気のグリーンカラーです

IMG_7039

優しい雰囲気のグリーン合わせたポルカドットは

淡いサーモンピンクの様なカラー

お互いを引き立てあってくれるカラーです

ウェリントンデザインですが
ドットのデザインや、少しツンと上がったフロントは
あまりウェリントン感が出すぎずに使って頂けます

IMG_7044

ちょっと可愛いウェリントンデザインは

男性の方が掛けて頂くのもオススメです
POPな雰囲気で可愛く個性的に使えます

IMG_7048

メガネのデザインとドットを最大限に楽しんでもらいたい
そんなフレームです

PIVOINE col,914 ¥38,000-(税抜)

IMG_7049

細目のスクウェアデザイン
上下幅のゆったりしたモデルにはない

キリッとしたシャープさを出す事が出来ます

細いデザインのメガネが好きな方には
まさにもってこいのデザインとサイズ感になっています

IMG_7053

かなりキリッとした印象になりますので
柔らかい雰囲気や、優しいイメージではなく

セクシーにカッコよく使って頂ける
そんなデザインになっています

IMG_7056何と言ってもこちらのフレームの最大の魅力は

<ステンドグラスのような花柄のテンプル>

かなり太目のテンプルは花柄のテンプルデザイン
透明感のある七宝で花柄を表現しています

IMG_7058
テンプルの素材も厚めで、がっちりした
力強いテンプルになっています

ここまでしっかり太いテンプルのlafontも珍しいです

IMG_7062

可愛さと、力強さがミックスされた
カッコいいテイストのデザインです
細いフロントを探している方
セクシーでカッコいい雰囲気を探している方
そんな方に掛けて頂きたい一本

IMG_7063

今回はlafontのアセテート生地で出来たフレーム
をピックアップしました
(最後のPIVOINEはコンビネーションですが・・・笑)

しっかりlafont感を感じて頂けるデザインやカラーのモデルです
流行に左右されず、長く使って頂くが出来ます
ちょっと派手かな?
と思う方こそ、是非掛けて頂きたいです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】lafont 日本限定モデル

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

<テキスタイルデザイナー>
だったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです今回はそんなlafontの中で

<日本人に似合うモデル>をいくつかピックアップして
【徹底解剖】していきたいと思います

EAU DE ROSE col,675J 

IMG_6781

『EAU DE ROSE 』
フランス語で「薔薇のしずく」の意味である
オゥドローズ

オーバル型の優しい雰囲気ですが
少しだけキリッとしたソフトフォックスの要素もあるレンズシェイプです

フロントからも分かるバラデザインと
ラインストーンが優雅なフレームです

IMG_6786

智元からテンプルにかけて
ラフォンの代表的な技法

<ケミカルエッチング>

で模様がつけられています

レースのようにバラのモチーフとラインストーンが施され
とても優雅な印象となっています

ジュエリー感もあるエレガントなスタイルで
お洒落を楽しんでいただけます

IMG_6789

『EAU DE ROSE』は

<日本限定モデル>

で生産数も限られております

日本人の顔に合わせやすく
オーバルで優しい雰囲気のデザインです

IMG_6874

智元・テンプルに飾られたライトストーンは
目元を彩ってくれ、表情を明るくしてくれます

IMG_6878

ラインストーンも、華美になり過ぎない雰囲気なので
カジュアルでも気軽に掛けられるフレームです

COQUELOCOT col.3500

IMG_6802

ラフォンらしいソフトフォックスデザイン

ラフォン日本上陸20周年アニバーサリーモデル
としてリリースされた

<日本限定モデル>

フロントはアイラインのように重なった
2色の色合いが目元をパッチリさせ、綺麗に見せてくれる効果があります

IMG_6808

ソフトフォックスデザインは
きつくなり過ぎず、目元を上げる効果があり

目元だけでなく
お顔全体の<リフトアップ効果>もあります

IMG_6810

フレーム名にもなった“コクリコ”も
テンプルにはエッチング技法が施されています

コクリコは、野原や田園咲く赤い花で
和名は「ヒナゲシ」と呼ばれる花です
このコクリコはフランス人には非常になじみ深い花らしいです

フランス国旗を花で表現した時の赤色がコクリコだったり
(青部分は矢車草・白部分はマーガレットだそうです)

フランスのシンボルともいえる<雄鶏>の赤いトサカが
コクリコの様だとも言われたり

フランス人にとって非常に親しみのある花が
コクリコなのです

IMG_6813

そんなコクリコの花をモチーフにしたテンプル

繊細で美しく、コクリコ柄になっており
掛けた時に上品で華やかにお顔を彩ってくれます

IMG_6819

ラインストーンを使わず、エッチング技法で

さり気ないけど
華やかに表現されているコクリコの花柄

ソフトフォックスの少しキリッとしたデザインが
セクシーなフレーム

SAVEUR col,7046

IMG_6822

ソフトフォックス系のデザインなのですが
サイドが少し特徴的なデザインになっています

この特徴的なデザインのモチーフは

【蓮の花】

フレームデザインが

蓮の花が開いたようなデザインになっています

こちらは日本限定モデルという訳ではないですが
日本人に似合うデザインになっていますので
ピックアップしてみました

IMG_6826

フレーム下部は

【花柄になっています】

お花の柄ですがこちらの柄、プリントでも
アセテート生地の柄でもありません

実はこちらの花柄・・・IMG_6831

【花柄の布】

をプラスチックフレーム生地に挟み込んでいます

ラフォントランクショー開催ブログでも少し触れましたが
ラフォンのデザインは<テキスタイル>を取り入れているものも多く
そのスタイルがラフォンらしいという方も多いです

このサヴァーはテキスタイルを取り入れた
というよりも、布をそのまま使用したという
<中々攻めた意欲作になっています>

IMG_6834

テンプルにも布が挟まれています
クリアのアセテートに布を挟み込んでいますので
花柄がそのまましっかり出てくれます

IMG_6838

近づいて見てみると、<布の質感>がしっかり分かります

布を挟んでみよう!

と思いついて、実際にそれを形にしてしまうのが素晴らしいです

IMG_6886

大胆なフレームですが
キリッとし過ぎないソフトフォックスは
日本人の顔に馴染んでくれます

花柄も含めて楽しんでいただきたいです

今回は日本人に似合うラフォンをテーマにしましたが
いかがでしたでしょうか?

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショー開催!

トランクショー第四弾も終わり
次なるトランクショーは

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーが始まります
早いもので、第五弾のトランクショーとラストの第六弾
残す所二つになってきました
まだまだ盛り上げていきますのでよろしくお願いいたします

第五弾のスケジュールは

10/31()~11/29()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて簡単に解説していきたいと思います

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです

テキスタイルとは、服飾・インテリアにおける織物のデザインです
柄のデザインだけでなく、素材や加工方法、配色
見た目から機能など全てを行っているのが
テキスタイルデザイナーです

ここで一本、lafontらしいフレームをご紹介します

IMPERIALE col,331

IMG_0757-1024x683

lafontには、可愛いスタイルやカッコいいスタイルなど
様々なフレームがあります

こちらのIMPERIALEは
繊細なデザインと多彩な色使いによる
エレガントなスタイルです

IMG_0761-1024x683

アクセサリー感覚のフェミニンなディテールなどが特長で
メガネを掛けた姿がカッコいいイメージや
セクシーなイメージになってくれます

ラフォンのフレームで多いのが
レース模様や幾何学模様が施されたフレームです
ラフォンでよく使用されるレース模様は、

「エッチング」

と呼ばれるヨーロッパで昔から使われている
古典的な装飾技術を眼鏡に応用したものだそうです。
最近では数多くの眼鏡メーカーがこの技術を使用しています。

※エッチングとは
化学薬品などの腐食作用を利用した塑形ないし表面加工の技法です

そんなエッチング技法などで仕上げられる
ラフォンワールドは世界中のメガネ好きを虜にしています

カッコよくて少しセクシーな雰囲気の
パリを感じる?ブランドです
日本人に合うカラーやデザインも多いです
パリの風を感じに来てくださいませ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

IMG_7109-1024x683

影郎のメガネはパッと見た感じ

奇抜で、不思議な見た目に見えるメガネが多いです

IMG_7122-1024x683

デザインも左右非対称のモデルも多く
メガネという視力矯正の道具でありながら
芸術作品の様でもあります

「筆を持つのも芸術、楽器を持つのも芸術、手段は違っても目指すものが変わらないのが芸術」

という影郎氏の想いがメガネに芸術性を持たせています。
影郎氏はメガネを商品と呼ばずに【作品】と呼んでいます。

手掛けるデザインには4つの共通項があります

①【小顔に見える事】

②【顔に立体感が生まれる事】

③【目を大きく魅せること】

④【掛けた人がオーラを纏う事】

この4つの共通項で影郎のメガネはデザインされています

デザイナーの影郎氏いわく

私のメガネを掛けた人が
人生というドラマの主役のオーラを放っていただければ私の目的は達成します

とも語っています

IMG_8016

ブランドイメージを形にした什器も手作りで作っています。
こういった什器もデザイナーである影郎氏が作っています

独特の世界観を自らが表現しています

20201011_2422087

その独特なデザインの世界観に惚れられて
影郎のメガネしか買わない!

という方もいるとか・・・

AZに初上陸のモデルや
このモデルまだあったの!?

といったレアなメガネまで
皆様にご満足頂けるラインナップです

かなりの数を送ってきて頂きましたので
圧巻の品ぞろえで恐らくトランクショー開催中は

<日本一影郎作品が並んでいる店>

になるのではないでしょうか?

一か月間AZを盛り上げてくれます

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【lafont フラワーモチーフフレーム】

前回、KAMUROのフラワーモチーフメガネ
をご紹介しましたが、今回はブランドを変えて

<lafont>

からリリースされているフラワーモチーフメガネをピックアップしていきます
KAMUROは日本のブランドでしたが
lafont はフランスブランドです
お国柄の違いも感じて頂けたらと思います。

SAVEUR col,7046

IMG_0700

フレーム名はサヴァー、こちらのフレームは

【蓮】
をモチーフにしたデザイン

フロントデザインが
蓮の花みたいな雰囲気になっています。

IMG_0702

蓮の花のモチーフですが、こちらのカラーは
更にフラワーモチーフを入れています。

下半分のフレームがフラワー柄になっています
色々な花が合わさって作られた可愛らしい柄ですIMG_0704

花柄のアセテート生地という事ではなく
とある製法で作られた、変わり種のアセテート生地です

アセテートの柄ではなく、プリントでもない技法
何だかお分かりになりますか?

IMG_0716

お花柄の正体は・・・

花柄のファブリック(布)を挟み込んでいます

初めて見た時にはびっくりしました

ボタニカルな印象の
花柄ファブリックをアセテート生地でサンドイッチしています

プリントなどでは表現できない、布地の風合いが出て
その布の風合いがフレームにインパクトを与えてくれます

IMG_0718

フロントとテンプルの両方に、ファブリックを挟み込んでいます。
挟み込んだファブリック柄が見える様に、クリア生地を使用しています

IMG_0709

テンプルもしっかり主張してくれる柄になります。
こういった柄や、カラー使いは流石ラフォンといった感じです

IMG_0712

パッド部分は、金属のクリングスが付いています
海外モノのメガネはパッド部分が低くて使えない・・・
という悩みも解消できます

IMG_0707

デザインはクールなイメージだけど、ボタニカルな可愛い
嫌味になり過ぎないバランスに仕上がっています。

EAU DE ROSE col,5150J

IMG_0739

少しキリッとしたオーバル系のデザインになっています
レンズフォルムは優しいですが、少し釣り上ったような形状なので

優しさの中にも凛とした印象が強くなります。

EAU DE ROSE(オ・ドゥ・ローズ)は

”バラのしずく”

という意味

ラフォンお得意の

「エッチング」

という技法で、メタルテンプルにレースの様な柄を施しています。

IMG_0747

バラのつぼみをラインストーンで表現しています
バラのデザインがしっかり出てくれます

かっこいいイメージで使えるけど
何とも言えない可愛さがあるのも

ラフォンのフレームらしいです

かっこ良さと可愛さのバランス感がラフォンらしいです

IMG_0745

フロントとテンプルの組み合わせもラフォンらしく
エレガントなイメージになっています

IMG_0744

正面から見ても、エッチング加工が見えます

キリッとした印象と、ラグジュアリーな印象
いいとこどりのデザインになっています

IMG_0753

バラモチーフですが、バラの感じを押し出し過ぎない
そんなイメージのフレームデザインです

IMPERIALE col,331

IMG_0757

少しだけ、ほんの少し大き目なスクウェアタイプのフロント
サングラスの様に色を入れていただくのも良いです

フレーム名である

<IMPERIALE インペリアル>

意味は、威厳がある・最上級などとという意味になります

コチラのフレームのフラワーモチーフは

<月桂樹の花>

をモチーフとし、ラインストーンをあしらった素敵なフレームです

IMG_0759

フロントのアセテートは
葉脈の様な印象を感じるアセテート生地の柄です

IMG_0761

ラフォンらしいエッチング技法で作られたテンプル
月桂樹の花がデザインしてあり、ラインストーンが使用されています

ブルーのテンプルカラーがとてもクールです

IMG_0766

智元には大き目のラインストーンを散りばめています
良い感じに目立ってくれます

IMG_0769

ハッキリしたフレームですが、きつくなり過ぎる事もなく
カッコよく使っていただけます

IMG_0773

パッド部分は一体型のパッド

日本人でもしっかり掛けられるようにパッドは高さのあるモノになっています

 今回はラフォンのフラワーモチーフのメガネをピックアップしました
こうしてピックアップしてみると
お花をデザインモチーフにしているメガネが多いことに気づきます
ブランド毎に様々な違いがあります

その違いなどを見比べてみるのも面白いですよ

【フランスの風 lafont】

lafont

今回のラフォンは、AZに初入荷してきたモデルをご紹介します

BRIGITTE ブリジット col,5097 ¥38,000-(税抜)

IMG_9945

ラウンドフォックスシェイプ

のフロントデザイン

きつい印象にならない、ゆったりしたサイズ感のフォックスなので
柔らかい印象と、クールな印象の両方のイメージの二つの側面を持ちます

IMG_9951

メタルフレームにプラスチックのリムを組み込んだ

「ソフト枠」

と言われる、
80年代に流行した、クラシカルなデザインになっています

IMG_9947

メタルを挟み込むことでアセテートにサンドされた部分が
さり気ないアクセントになります。

スリムで厚みはある訳ではないのですが、
この層になっている部分が、立体感や奥行きを出してくれます。

IMG_9956ぱっと見では気づきにくいですが、フロントのアセテート生地は
少し変わった模様になっています。

ブラウンデミカラー
+
パンサー柄

という、角度によって見えたり見えなかったりする、絶妙な柄の出方になります
このパンサー柄は

ブラウンデミの生地の上に
ラメでパンサー柄を入れている

という中々変わった方法で柄をいれています
ラメなので、角度や光の具合で色が変化した風に見えるのもクールです
メタル部分のカラーに合わせて
ブルーのパンサー柄にしてあるのがニクイです。

IMG_9959

すっきり気味のテンプル

IMG_9958

パッドは調整が出来るクリングスタイプになります。
海外ブランドでキチンと調整が出来るというのは大きな強みです。

IMG_9963

裏側から見るとこんな感じです
枠が半分だけかぶさっている様子が良く分かります。

IMG_9965

一見個性的に見えますが、普通過ぎず個性は出てくれて
顔に馴染んでくれるフレームに仕上がっています

EAU DE ROSE オドゥローズ ¥48,000-(税抜)

IMG_9967

日本限定モデルとしてリリースされた

「EU DE ROSE (オドゥローズ)」
フレーム名である「EU DE ROSE」は、

<バラのしずく>

を意味しています。

IMG_9968

ラフォンらしい、アセテートとメタルのコンビネーションフレーム
カラーは勿論ですが、ラフォンらしさを感じる

大人な雰囲気の落ち着きのあるフレームになっています。

IMG_9970
フロントサイドからテンプルにかけての繊細なデザインが特徴です。

このエッチング加工が実にラフォンらしい

と思うのは私だけでしょうか?

IMG_9972

テンプルのモチーフは

バラの花

をイメージしています
ここでフレーム名にもなったバラが登場してきます。

さり気なく散りばめられている
ラインストーンがアクセントになります

IMG_9973

近くで見るとバラだという事がちゃんと分かります

言われてみると分かるけど、
言われなくても何となくバラっぽく見える

絶妙に計算されたデザインになっています。

IMG_9975

こちらも鼻パッド部分はクリングスタイプになっています

IMG_9978

フロントのアセテート生地は三層になっています

【ブラウンデミ】
+
【ターコイズブルー】
+
【クリア】

カラーが多層になっていますので、奥行きのある
深みを感じるフロントカラーになっています

IMG_9981

智元のパーツと合わせると
これぞラフォン!という雰囲気になります

IMG_9986

ケースも含め、全体的にクールなフレームが多いです
カッコよくクールに使いこなしてくださいませ

秋っぽい?カラーのメガネ

暦の上では冬ですが、今回はタイトルにある通り

秋っぽいカラー

のメガネをピックアップしていきたいと思います。

LABYLINTH by 影郎デザインワークス PHEROMONE col,112  日暮れ¥25,000-(税抜) IMG_9377

スリムでセクシーな印象のフレームです。
この細さの、シャープデザインのメガネは最近では珍しいです。

<日暮れ>

と名付けられた暖色系の秋っぽいカラーです

IMG_9380

発色のキレイな、イタリア製の有名アセテート生地メーカーである

【マツケリ社】

の生地を使っています。
ワンロットだけの生産になっていた筈なので、数も少ないレアものです。

IMG_9382

秋の紅葉の様なイメージです。
ブラウンとオレンジのバランスが良い感じ
どちらかといえば、オレンジが強い感じですね

IMG_9385

AZにあるラストのフェロモンになります。
気になる方はお早めに!

lafont GAUFRETTE col,550 ¥45,000-(税抜)

IMG_9403

こちらはラフォンのゴーフレット
ラフォンらしい、フェミニンでセクシーなフロント
フロントの下部には栗?みたいな柄のアセテートを合わせています。

IMG_9406

お得意のエッチング加工を施してあるフロントとテンプル

何となく感じるパリの雰囲気

がいいです。
エッフェル塔の様なイメージを感じます。

IMG_9410

派手過ぎないけど、主張をしてくれるテンプルデザイン

IMG_9412

大人のかっこ良さを引き立ててくれるデザインに仕上げてあります。

KAMURO orgel オルヘル col,71701 ¥40,000-(税抜)

IMG_9413

カムロからはコチラのオルヘル

フロントデザインは王道のオーバル型

柔らかい優しいイメージで使えるフレームになっています。

IMG_9414

泡をモチーフにしたカムロが得意とする

<七宝&ラインストーン>

の組み合わせです。

IMG_9416

 ゴージャスすぎず、カジュアルになり過ぎない
大人なメガネです

IMG_9418

溝を彫ってあるアセテート生地に
チタンフレームを挟み込むという技法で作られているオルヘル

軽さは勿論ですが、かけ心地もすごくいいです。

JAPONIASM 554 col,005 ¥40,000-(税抜)

IMG_9422

JAPONISMの秋を感じる一本はコチラ
紅葉を感じる、オレンジブラウンのフレームカラーです。

IMG_9426

JN-554 の特徴は、何といっても立体感とボリューム

【油圧プレス】

の技法で作られていて、その姿はまるでゴーグルを彷彿させます

IMG_9427

ここまでの立体感のあるメガネも中々ありません。
このフレームが

一枚の生地から仕上がっているとは思えないほどの立体感

IMG_9431

見れば見るほど、どうやって作ったんだろう?
と疑問に思う程立体的に仕上がっています。

IMG_9433

 存在感抜群のフレームなので
好きな方はとことん好きなデザインではないでしょうか

TURNING T-180 ¥32,000-(税抜)

IMG_9388

谷口眼鏡のターニングからは

スクウェアで少しウェリントン

こちらのT-180です。

IMG_9390

ブリッジデザインもシンプルな形状です
目立ちすぎる事無く使えるデザインになっています

IMG_9392

ウェリントン系のクラシック感はありつつ
スクウェアのシンプルさもある、服装や場所を選ばないフレームです

IMG_9395

とはいいながら、明るめの生地ではありますので
没個性になりすぎない主張をしてくれます

IMG_9402

谷口眼鏡といえば!という日本地図

も刻印されています。

以上が秋っぽい?カラーのメガネです。
皆様それぞれの秋らしさを感じていただければと思います。

【lafont トランクショー】サングラスが盛りだくさん

今回はlafontのサングラスをピックアップしていきます。
中々の数なので、ドバっとまとめてご紹介していきたいと思います。

lafont DANCING

IMG_8567

日本のブランドではあまりお目にかからない

<バタフライデザイン>

一見キツイ印象を受けるデザインですが
リフトアップ効果のある、フェイスラインを綺麗に魅せるデザインだったりします。

IMG_8571

大き目のドット柄が可愛いです。
このドットのつくり方は、かなり手間がかかっています

くり貫かれたドットの部分に
アセテート生地をパズルの様に組み合わせていきます

IMG_8569

ツンとしているデザインですが、ドット柄が可愛く
キュートな印象で使う事が出来ます。
一見キツイ印象になってしまいそうなデザインを
ちょっと中和してくれます。

IMG_8546

中々凄いカラーもあります。

タニカルなお花柄

IMG_8553

日本ではまず見る事は無いであろう柄です。
このお花柄、実はアセテート生地の柄ではありません。

IMG_8556

実は、アセテート生地の間に、

布を挟み込んで作られています

繊細なボタニカル柄は、布にプリントされた柄でした。

IMG_8560

ツンとしたデザインにピッタリあった柄ではないでしょうか。

こういった技術を試そう!だとか商品化しよう!
という感覚がいかにもラフォンらしいです。

 IMG_8576何とも言えないパリ感?がたまらなくカッコいいです
パリジェンヌ感といいましょうか?
lafontらしい凛としたかっこ良さがあります。

IMG_8577

何とも言えない少し太目なリムのフロントデザイン
可愛いのかカッコいいのか?
そのどちらも兼ね備えたフロント

IMG_8580

あえてカテゴライズをすると

【バレル型】

というデザインになります。
バレル型のメガネは、和訳の通り、樽型という意味
スクエア型とオーバル型の要素を合わせた形になります

IMG_8583
テンプルもかなり特徴のあるテンプルになっています
かなり太目なぷっくりしたテンプルです

IMG_8584

チキンレッグ(鳥の足)

と呼ばれているテンプルデザイン

IMG_8586ノーズ部分は日本人の鼻にしっかりフィットする仕様になっています
かけ心地にもキチンと配慮されています。

IMG_8591

王道のブラックカラーもあります。

IMG_8594

合わせた生地もキレイです。
グリーン系の生地を合わせてありますが、主張しすぎず
でもキチンと分かるような色の出方をしてくれます。

IMG_8596

テンプルにも同じ生地が合わせてあります。
縁取りをしたような、ラインを引いたような
メリハリの利くテンプルになっています。

IMG_8599

裏から見ると、玉虫色?の様な
何となくギャラクシー感あふれるキレイな色になっています。
表からは気づきにくい、遊び心溢れるカラーです。

IMG_8604

二つを並べてみました。
ここまで太いテンプルのサングラスも珍しいのではないでしょうか?

DARJEELING

IMG_8605

少しキャットアイ風に両サイドを上げてあるデザイン

キャットアイ風ですが、柔らかい印象なので使い勝手はかなり良いと思います。

IMG_8609

縦幅はそれなりにありますので、レジャーや普段使いで
しっかり日よけとしての活躍もしてくれそうです。

IMG_8611

シンプルなフロントに対して、テンプルは結構攻めています。
アセテート生地の柄が中々に個性的です。
こちらのサングラスにはイメージ元があり

「マティスの切り絵(= Matisse’s paper cuts)」

からインスピレーションを受けています。
マティスの切り絵ってなんだ?と思いましたので少し調べてみました。

フランス生まれのアンリ・マティスは、
自由な色彩による絵画表現を追求した油絵を発表してきました。
晩年、線と色彩の純化を図った結果切り絵に到達します。
あらかじめ絵の具で着色しておいた紙をハサミで自在にカットすることで、
キャンバスの油彩に負けないスケールの作品を生み出しました。

画像検索もしてみましたが、色彩感などが
このダージリンに生かされている気がします。

IMG_8616

何とも言えない生地の色が、たまらなくカッコいいです!!

ラフォンのサングラス、いかがでしたでしょうか?
今週末までトランクショーは行われていますので
秋のレジャー用などにサングラスはいかがでしょうか