カテゴリー別アーカイブ: TAYLOR

『メガネの流行ってどんなの?』ボストン編

しばらくぶりですが、前回の【丸メガネ編】に引き続き
今現在、最も流行していると言っても過言ではない

<ボストン型>

【徹底解剖】していきたいと思います。

そんなボストンシェイプは

オシャレっぽい

そんなイメージを簡単に出すことが出来ます。
ジャンルとしてはクラシック系ですが、
同じクラシック系の丸メガネよりも、抵抗感なく掛けられると思います。
結構クセはある風に見えて、万能なメガネなのです。

ですが、選び方を間違えると似合わなくなってしまいます。
全てのメガネに言えることではありますが、
ポイントを抑えたメガネ選びをしてあげることで、キチンと似合うメガネになります。

そんなボストンの選び方を今回はお教えします。
ボストンを掛けこなすポイントの前に、ボストンメガネについて
【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_0058

ボストン型は、丸い逆三角形で、おむすびを逆さまにした様な形です。

『ボストン』

という名前の由来は1950年代、
アメリカの都市ボストンで流行したことからこの名前が付けられました。

boston_harvard_square_11 (1)

(1950年代のアメリカのイメージ画像)

ボストンのデザインは、レトロ感もありつつ知的で、
ビジネスシーンでも使われる事もあるフレームです
丸みのある独特なレンズ形状は、メガネを掛ける人の印象を
柔らかく親しみのある感じにしてくれます。
レンズの上下幅も十分にあり視野もしっかり確保できます
顔の輪郭を選ばず、万人受けするフレームでもあります。

最近では、オールプラで作られているものはもちろん、

※ブリッジだけ金属にしているデザイン

※オールチタンで作られている、シャープな印象のモデル

など、様々な素材で遊んだ造りのボストンがリリースされています。
ボストンを似合う様に選ぶポイントは、前回の

【丸メガネ編】

でも解説しました

“レンズに対しての目の位置”

を抑えるといいです。
レンズの中心よりも、少し内側に黒目が来るように選んでください
そうするとクールにカッコよくボストンを掛けこなせます。

更にボストンを掛けこなす為に気にしていただきたいポイントは

カラーと素材感

ごくごく当たり前みたいな話ですが、他のフレームデザインと比べても
フレームカラーと素材感のインパクトが強く出るデザインです
(スタッフWの主観)

フレーム素材のバリエーションがかなり増えてきていますので
シチュエーションにあったモデルを探していきましょう。
素材感やカラーの特徴を少しまとめて紹介していきます。

これぞ『ボストンメガネ』というデザインと素材感の

歩 1021 col,0907

IMG_1467

オールプラスチックで、カラーも無骨に単色の黒】でまとめてあります。
これぞボストン!な要素をふんだんに盛り込んだ一本になっています。
単色の黒ですので、デザインと色が際立ってくれます。
お顔に乗せた時のメガネの印象もしっかり主張してくれます。

20111225111517590

歩 1021 は現在主流のプラスチック素材である

“アセテート”ではなく
“セルロイド”生地を使っています。

プラスチック素材の生地の説明については

【コチラ】

をご覧くださいませ。

IMG_1469

セルロイドフレームの『ツヤ感』と色の出方がとてもキレイです。

ボストン型の、レトロの感を出すのであれば

【デミカラー】

と呼ばれる、べっ甲系のカラーがいいです

TURNING Step TP-321 col.02 デミ

IMG_0553
ブリッジを金属パーツにしたタイプのボストンになります。
テンプルも金属のタイプでいわゆる

コンビネーションフレーム

と呼ばれるタイプのフレームです。
コンビネーションは、プラ素材と金属の素材の違いでメリハリが効きます。
この素材の違いが『味』になってきます。
ブラウンデミのカラーの出方も主張しすぎることがないので
使いやすいカラーリングといえます。

素材の違いや、ブリッジの印象から難しそうに見えますが
意外と普通っぽく使えてしまいます。

最近では、こういったコンビネーションのフレームが
ボストンデザインの定番として、多く見かける気がします。

お次は、ここ最近メガネ業界で多くなってきた

オールチタンのフレーム
IMG_0557

そのオールチタンのボストンバージョン。
チタンを使用していますので、プラスチックのフレームよりも主張しすぎず
洗練されたイメージのボストンとして使うことが出来ます。
ボストンを仕事で使いたいといった場合
このようなオールチタンのボストンを選ぶといいかもしれません。

IMG_0558

サイドから見た時も、スッキリします。
リム(フレーム)が細いので、のメリハリが効くカラーでも
キツイ、怖い印象にならずに使うことが出来ます。

コンビネーションのいかにもボストン!

といったフレームもいいですが、細目のチタンで作られたボストンもいいです。
さらに細いチタンのボストンもあります。

IMG_1475

AZの中にあるボストンの中でも小ぶりなサイズ感です。
ボストンをかなりシンプルに仕上げた一本になっています。
小さめなので、ボストンの感じが出すぎないので

初めてボストンに挑戦してみたい!

といった方にもおすすめなのが、小さめサイズ
カラーも落ち着いたシルバーやゴールド系がいいです。

IMG_1476

オールチタンの洗練されたデザインがいいです。
一見するとボストンっぽくないデザインもいいのかもしれません。

<顔に対して、フレームがどのくらいの割合を占めるのか?>

そこがかなり重要になってきます。
ただし、このサイズ感は非常に難しく、大きくても似合っちゃう場合もあれば
小さめでも似合っちゃう場合もあります。
これはフレームとお顔のバランス、眉や、目幅の状況によって変わってきます。
どういったメガネが似合うのか。
いわゆるセオリーみたいなものは存在しますが
やっぱり顔に乗せなければ分かりません。

なぜ似合うのか?

こうしたらもっと似合う様になる

というお手伝いをさせていただけますので
お気軽にご相談くださいませ。

【AZ DINOSAUR CAMPAIGN】スタート!!3大キャンペーン紹介編 part,1

AZが東刈谷店と合体し、

新店舗に移ってから【1周年】
AZが誕生してからは【17周年】

という事で、今年もやります!夏の周年祭!
足を運んでみようかな。と思っていただけるような企画を開催します。

今年の周年祭は【コンセプト】があります。
17周年のコンセプトは

【恐竜】

恐竜-600x430

Instagramを見ていただいている方は、ここでなるほど!
と思っていただけたかと思います。
ちょこちょこ登場していた『恐竜グッズはこの周年祭の為のものでした

7月7日から本格的に始まるキャンペーン

以上、前回ブログから引用

今回は17周年キャンペーンの内容を掘り下げていきたいと思います。
今回の周年祭は

『AZ DINOSAUR CAMPAIGN』
AZダイナソーキャンペーン

というキャンペーン名になりました。
店内もダイナソーキャンペーン仕様に変わっています。

IMG_2565

恐竜が至る所に散りばめられたAZ

IMG_2561

テーブルレイアウトも変わり
真ん中にはティラノサウルスの巨大バルーンが堂々浮いています。

IMG_2564

入口からすぐの場所にありますので、迫力は中々です。

さて、今回のキャンペーンは大きく分けて

<3つのイベント>

で皆様をお迎えします。

まずは7/7(土)からスタートしている

①『クラシック特集』

とAZの周年祭と言ったらこのイベント!である

②『大抽選会』

そして少し時期をずらして8/4(土)からスタートする

③『KIDS特集』

以上のイベントを開催します。

最近流行のクラシックフレームを、メーカーさんのフレームもお借りして
通常の在庫よりも

100本多く展示!

logo_JFR-4

J.F.REYからは、J.F.REYのクラシックシリーズである
1985シリーズを含め、かなりの数を借りています。

IMG_2583

IMG_2581

IMG_2587

テーブルの半分が J.F.REYで埋まっています。
AZには入荷してこなかったモデル・カラーなどなど盛りだくさんです。

IMG_2597

かなりモードな印象の“ハイブリッジフレーム”
も観ることが出来ます。ここまでの数の“1985シリーズ”を見る機会は
我々スタッフでも、展示会以外ではありません。

BCPC-トップブランド一覧

BCPCのクラシックも、しっかり借りています。

IMG_2588

BCPCのクラシックは“少し可愛いクラシック”として使うことが出来ます。

IMG_2594

コーナーとして出しているのはこれだけですが、
出し切れていないフレームもまだまだあります。
お声がけいただければ、仕舞ってあるフレームもお出ししますので
お気軽にお問い合わせください。

IMG_2576

丸眼鏡展も同時開催中!

IMG_2579

スピルバーグ監督も愛用している丸メガネ。

クラシックメガネ好きな方
初めてクラシックメガネを掛けてみようかな?

皆様のご期待に添えるようなラインナップになっていると思います。

part,1は以上になります。
part,2は【KIDS】【大抽選会】の紹介したいと思います。
お楽しみに!

【遂に登場!】新ブランド“TAYLOR”編 PART,2

他ブランドの新作などの紹介で、
すっかりpart,2の投稿が遅れてしまった

slider-bg_tl

前回では、ブランドの説明やブランドのこだわりや
フラッグシップモデルを紹介しましたが、今回は残りの

ではpart,2の【徹底解剖】始めて行きたいと思います。

UNION
ユニオン

03. Green Sasa

IMG_0068

アセテートリムを、オリジナルチタンブリッジで連結した
コンビネーション枠

強度を保てる厚みにまで、

『ギリギリまで薄く仕上げたフロント』

絶妙なバランスと形状のウェリントンフレームで
どの様なシチュエーションでも使えるデザインになっています。

大きめのサイズのイメージが強いウェリントンですが
このユニオンは天地(縦幅の大きさ)も細めなので、
クラシック感が出がちな『ウェリントンシェイプ』もスッキリ
ビジネス仕様でいけちゃいます。

このカラーはユニオンの中でも、少し変わった色味になっています。

グリーンカラーをベースにしたササ柄
(ササ柄とは業界用語で、べっ甲風なカラーをさすことが多いです)

IMG_0069

ブリッジ部分はネジ留めしてあります。

IMG_0070

細かい部分まで丁寧に仕上げてあります。

IMG_0071

『T』のヨロイ部分

前回紹介した、【SOLE】【PLURAL】

チタンフロントの
『T』部分を掘ってはめ込んでいました。

このUNIONは、

アセテート生地をT型に掘っています。

テンプルカラーは、マット加工にしてあるテンプルです。
フロントのグリーンが映えるカラーになっています。

04. Brown Demi

IMG_0072

ブラデミはオーソドックスで、王道なカラーになっています。
細めのフロントですが、デミカラーの色がいい具合に出てくれます。

IMG_0073

テンプルはヘアライン加工の
ゴールドカラーになっていますので、ゴールドでも
きつくなり過ぎずに使うことが出来ます。

01. Black

IMG_0074

ブラックは、説明する必要もないくらい【王道】に仕上げています。
細めの黒なので印象も重くならず、ブリッジとのカラーのバランスが
とても綺麗に仕上がっています。

迷ったら、このカラーにすれば間違いなしです。

02. Blue Sasa Half

IMG_0075

フレームの上部だけ、ブルーササカラーになっています。
下の部分はクリアグレー系のカラーを合わせています。
さりげないハーフカラーが、掛けた時に主張してくれます。

IMG_0076

主張はしてくれますが、ハッキリとツートン!
という感じになりすぎないので肌馴染みもいいです。

テイラーの中でも、服や髪形に左右されにくい
使いやすいフレームが【UNION ユニオン】ではないでしょうか。

DIF
ディフ

01. Black

IMG_0058

アセテートフロントにチタン製ヨロイテンプルの軽量コンビネーション枠。
丸みを帯びたフロントのデザインが掛けた時の優しい雰囲気を演出してくれます。
王道なボストンシェイプ、をテイラー風にアレンジしています
ボストンシェイプといえば、

キーホールブリッジ

キーホールブリッジとは、文字通り鍵穴型のブリッジのことで、
眼鏡の右レンズと左レンズをつなぐブリッジ部分のデザインが

鍵穴型

になっているものの事です。このキーホールブリッジのデザイン
さりげないデザインなのに、何となく目立ってくれます。
なぜそのような効果が出るのかというと

1280-300x300

昔の鍵穴はのぞくと、向こう側が見えるものでした。

覗いてはいけない先を見たいという人間心理を利用して

キーホールブリッジは視線を集める為といわれています。

IMG_0059

細めのフロントで、テンプルも細いのでボストン初心者でも手を出しやすいです。
中でもブラックは、クラシックのイメージが付きすぎませんので
非常に使い勝手のいいカラーだと思います。

IMG_0060

パットは、鼻のあたりが滑らかな形状になっています。
パッド形状が高めに作られていますので、鼻へ負担が少なくかけ心地が非常にいいです

04. Brown Sasa Half

IMG_0052

少し変わったカラー。
ボーダーの様なササ柄と、クリアイエロー系の生地を合わせたツートン。
テイラーのモデルの中でも、カラーの主張が激しいです。
定番のボストンでも、少しカラーを遊びたい時におススメ。

IMG_0055

ヨロイ部分もいい色です。

03. Green Sasa

IMG_0062
グリーンササの色が前面にしっかり出てくれます。
フロントが全てアセテート生地のプルーラルは、生地の色がしっかり出てくれます。

IMG_0063

テンプルカラーは、ヘアライン加工を施したゴールド。
フロントのカラーとのメリハリがしっかりします。

02. Blue Demi

IMG_0065

プルーラルには色の綺麗なモデルが多いです。
こちらはブルーデミカラー青系のべっ甲カラーと思っていただければいいかもです
奇抜なカラーと思いますが、かけてみると案外普通なのです。
よくよく見て見ると

「あれ?青?」

といった具合にいい具合に顔に馴染んでくれるカラーになっています。

IMG_0066

近くだと、クリアブルーがはっきりわかります。

IMG_0067

ブリッジ周りもいい色。

クラシックブームが長く続いて、
割と飽和状態だったと思われたボストンシェイプ。ですが、

<まだまだ新しいボストンの可能性があったんだ!>

と思わせてくれるプルーラル。
ボストン初心者も、そうでない方にも使ってほしいデザインです。

さてお次が、テイラーのメガネのラストになります。
最後はオールプラスチックモデル

ROOTS
ルーツ

02. Blue Sasa Grey Half

IMG_0182

柔らかな雰囲気を醸し出すフロントのオールアセテートです。
鯖江眼鏡産業の礎を築いた人物の直系が携わる工場によるもの。
S字ラインテンプルには、耐久性とフィッティングのしやすさなどを考慮して

<ステンレス芯を採用しています>

適度なバネ性と耐腐食性、調整のしやすい素材は、
長年眼鏡に携わってきた職人の経験を元にして生み出されています。

昨今では逆に珍しい、非常にシンプルなアセテートフレーム。
シンプルなデザインを丁寧に仕上げた逸品です。

IMG_0183

カドを落とし、丸みのある造りになっています。
テンプルの肌に当たる部分も、丸くなっていますので
かけ心地が非常に滑らかで肌触りがいいです。

IMG_0185

シンプルなフレームデザインなので、このカラーはカラーで遊んでいます。
ブルーササとグレイ系のツートンです。
カジュアルな感じですが、ビジネスでもいけちゃう感じに仕上がっています。

04. Black Grey Demi

IMG_0186

こちらも少し変わったカラーになっています。
一見ブラウンっぽいカラーですが、グレイ系デミカラーになっています。

不思議なカラーで、グレイでもあるしブラウンでもあるし
ブルーっぽくもあるけど、やっぱりブラウンっぽい・・・

とても趣のあるカラーです

IMG_0187

光を抑えて写真を撮ってみると、色の出方が落ち着いています。
実際のイメージはコチラが近いかもしれません。

これがテイラーのメガネ達です。
トレンドに合わせつつ、日本人に似合うメガネをまさに

『仕立て』

の様に仕上げてくれるブランドです!
是非、テイラーのメガネを仕立てにいらしてくださいませ。

といった所で、今回は締めくくりたいと思います。

【遂に登場!】新ブランド“TAYLOR”編 PART,1

TwitterやInstagramではさらっと紹介しましたが、
遂にブログでも新ブランドである

【TAYLOR WITH RESPECT テイラー ウィズ リスペクト】

【徹底解剖】していきたいと思います。
新ブランドですので何partかに分けて【徹底解剖】していきたいと思います。

秋の展示会で出会ったTAYLOR。

 slider-bg_tl

TAYLOR WITH RESPECT
テイラー ウィズ リスペクト

こちらのブランド、長期間にわたりアイウェアブランド
“JAPONISM ジャポニスム”のデザインを手掛けてきた

“脇聡”が2017年AWに発表する
オリジナルアイウェアブランド

ブランド名TAYLOR WITH RESPECTは語源に

【仕立て屋(tailor)】

という意味を持つ言葉を元にしています。
仕立てという行為が、使う方に合わせ丁寧に洋服を仕上げていくように、
頭部によりフィットし、掛け心地がよくデザイン性の高いメガネ作りをテーマにした
オールメイドインジャパンのフレームです。

フレームを紹介する前に、TAYLOR WITH RESPECT(後述テイラー)
こだわりのオリジナルパーツを【徹底解剖】していきたいと思います。

『Sライン』

IMG_0021

テイラーは

Sラインテンプル

という、しなやかなカーブを描くSラインのテンプルを採用しています。

細い顔つきの欧米人に比べ、幅が広めの方が多い東洋人の顔は、
メガネのテンプルがこめかみに当たり食い込んでしまう事があります。
この問題を解決する為に、多くのブランドは

“顔を大きく巻き込むようなデザインを採用することが多いです”

しかし、それではどうしても左右のテンプルと顔の間に
『大きな隙間』が空いてしまうため、フレームをかけた時の
デザイン性が損なわれてしまいます。
テイラーのSラインテンプルは、

しなやかなカーブを描き、内側に湾曲するので

顔とフレームの距離を開けず、かけた時にスッキリとしたデザインが可能になります
チタンテンプルになっていますので、
強度の面においても破損しにくい設計としています。

IMG_0020

軽量でしなやかなテンプルはかけ心地抜群。
“掛けやすさ”はやはりメガネにおいて重要な部分だという事を改めて感じる造りです

『ヨロイパーツ』

IMG_0019

眼鏡のフロントとテンプルがつながる“ヨロイ部分”は、上下左右に負荷がかかる箇
その問題に対して、

ブランドイニシャルの
Tをモチーフとしたヨロイをデザイン

負荷を分散する配慮を行なっています。
またテンプルからの力がかかる支点を少し内側にずらす事により、
負荷を同じところにかけないよう配慮しています。

IMG_0172

T字ヨロイを外すと・・・

IMG_0171

こんな感じになっています。

ヨロイがしっかり固定されるように
パーツの部分を削り込んでいます

デザインと機能性を両方兼ね備えたパーツになっています。
このT字のパーツをもう少し掘り下げてみたいと思います。

『ネジ止めパイプ』

IMG_0133

T字ヨロイの裏側の、ネジ止め用のパイプとヨロイとを

一体プレスとして製造!

一体型によるパーツ精度の高さによって強度を保ち、パーツ交換も可能にしています。
通常はネジ受けの部分を“ロウ付け”しますが、テイラーのT字ヨロイは

<完全に一つのチタンから削り出しています>

一体型なので、筒の部分が取れる心配がありません。
強度の面でも申し分ない出来に仕上がっています。

『オリジナルチタンパッド』

IMG_0024

左右非対称のチタンパッド

パッドに左右共通のものを使わず、左用右用を用意したオリジナルのチタンパッド
こちらのチタンパッドはT字ヨロイと同じく、一体型プレスになっています。

IMG_0160

ネジ穴をパッドと一体可してあるため、破損する心配が少ないです。

『テンプルエンド』

IMG_0168

ブランドロゴマークを入れたテンプルエンドは、
テンプルからの流れに対して自然な一体感に拘ったデザインです。

フロントとの重量バランスを考慮することで、
フレームの軽さを感じることができる設計となっています。

さらっとテイラーのオリジナルパーツを紹介しましたが、
お待たせいたしました!ようやくここからテイラーのフレームを
【徹底解剖】していきたいと思います。

 SOLE ソル col,1

IMG_0192

SOLE (単一の)という意味合いからネーミングされた一本。

単一というのはフロントの事です。

SOLEのフロントは
一枚のチタンから作られています。

デザイン的には、細めのチタンのウェリントンシェイプ
知的な雰囲気を演出できます。

クラシックに思われがちなウェリントンですが、チタンで細く軽い印象なので
ビジネスシーンでも活躍してくれること間違いなしです!

IMG_0193

ブリッジ部分は、溶接で付けているように見えますが、
実際は、別パーツで作られている“様に”作られたフロントです。

IMG_0026

テンプルは耐久性と軽さを考慮した

βチタン製

絶妙なフィット感と軽さは病みつきになってしまいます。

IMG_0019

T字ヨロイもいい味を出してくれます。

IMG_0022

テンプルエンドのTマークも健在。
こちらもいいアクセントになってくれます。

SOLEの他のカラーもご紹介します。

SOLE col,4

IMG_0028

ブルーグラデーションカラー

こちらはスタッフW一押しカラー。
メタルブルーからシルバーのグラデーションがとてもキレイ。

IMG_0030

グラデーションの入り方や色の感じがたまりません。
テイラーをご覧いただいたお客様にも、非常に評判のカラーリングです。

SOLE col,2

IMG_0031

定番のブラックカラー
重くなりがちなブラックですが、細めのチタンフレームなので
重くなり過ぎず、黒の引き締まった感じが出てくれます。

IMG_0032

テンプルのカラーはフロントのカラーを引き立てるような
ヘアライン加工を施したシルバーカラーになっています。
テイラーのフレームの

フラッグシップモデルと言っても過言ではない
『SOLE』

ウェリントンを初めて掛けてみたい、という方におススメなモデルです。

PLURAL プルーラル col,2

IMG_0037

PLURAL(複数の)という意味合いからネーミングされた一本。

SOLEとは違い、プレスされたリムパーツとオリジナルブリッジで構成された
オールチタンフレームです。
100分の1レベルでの寸法設計と加工技術からなる

“仕立ての良さ”

が感じられる。フレームです。

IMG_0178

オリジナルブリッジとリム部分の仕上げはかなり綺麗に仕上がっています。

ブラックのフロントに、金のヘアライン加工
仕上げてあるテンプルを合わせています。

IMG_0038

×の組み合わせは一見キツく見えてしまいますが
リムの細さや、テンプルの細さのバランスが綺麗なので
×でもカッコよく、スッキリ掛けることが出来ます。

〈シェイプ的にはボストンシェイプになっています〉

SOLEのウェリントンよりも更にクラシカルな印象を出せます。
ですが、リムも細めなのでボストンシェイプの中では
落ち着いた使い方が出来ます。

PLURAL プルーラル col,1

IMG_0035

シルバーでまとめ上げたカラーリング。
ボストンシェイプのメガネではあまりない、ギラっとしたカラーになっています

IMG_0036

シェイプはボストンシェイプなのに、何だかビジネス感もある
少し不思議な感じのするカラーです。
プルーラルのカラーの中で、一番カラーの印象が強いかもです。

PLURAL プルーラル col,3

IMG_0174

ガンメタル系のカラーからグラデーションになるカラー。
落ち着きのある感じが出せます。

IMG_0175

テンプルは、フロントと同系カラーになっていますので
フロントからテンプルにかけての色の流れが綺麗にまとまっています。

PLURAL プルーラル col,4

IMG_0179

ブラウングラデーションカラー。何とも絶妙なカラーリングが綺麗です。

IMG_0180

テンプルはヘアライン加工。
フロントとのカラー差がメリハリを感じていい感じです

テイラーパート1はこのくらいで締めたいと思います。
次回はコンビネーションモデルを【徹底解剖していきたいと思います。

お楽しみに