カテゴリー別アーカイブ: NEWS

大人顔負け!【キッズメガネ】オールブランド編

最近は、大人顔負けのデザインも多い

【キッズメガネ】

メガネ業界はまさにクラシックブーム真っ只中。
このクラシックブームは大人だけではなく、キッズメガネにも来ています。
素材やデザインもこだわっていて、
思わず掛けたくなるようなデザインも多いです。

「子どもだし、すぐ壊すから、安いのでいいや」

といった声もあるでしょうが、
本人が気に入ったものを使うと、大切に使ってくれるものです!
様々なデザインや素材があるキッズメガネ
そんなキッズメガネを【徹底解剖】していきたいと思います。

まずは、KAMUROから出ているキッズメガネ

skirt スカート

IMG_9776
テンプルが個性的なシリーズのキッズ版です。

IMG_9779

テンプルがウネウネして不思議な形状です。

IMG_9780

特殊な形状のテンプルは、バネ性があり壊れにくいです。

IMG_9781

小さなお子様の鼻にキチンと乗るように、
【かなり高めのパッド】が付いています。
可愛さだけでは無く、掛具合もしっかり調整できるようになっています。
まるで、オモチャの様な可愛いデザインです。

2ddd19bd6646076679b4c8e52a0f19a0_1479392452-480x270

お次はBCPCのキッズメガネ

BK-019

IMG_9762

ブーム真っ只中の、クラシックフレーム。
キッズサイズでも抜かりなく、キチンと仕上げています。
ブロータイプの王道の様なデザイン。

IMG_9763

ブリッジ部分も、クラシック感満載。
この、ちょっとしたデザインがいい味を出してくれます。

IMG_9764

正面から見ても、サイドから見てもしっかりクラシックですが、

IMG_9765

裏側はピンクの生地が合わせてあるので、
さりげなく可愛さをアピールできます。
鼻パッドは調整の出来るようになっています。
その鼻パッドは【コーンパッド】という、
とうもろこしから作られた、肌に優しいパッドを使用しています。
細かい部分にも気を配っています。

次はLESS THAN HUMANから出ているキッズメガネ

LESS BY Kodomo Tarte

IMG_9770

攻撃的なデザインが人気のレスザンヒューマン。
そんなレスザンヒューマンがデザインするキッズメガネも
落ち着いたクラシックデザイン。

IMG_9771

ブリッジ部分のチタンが良い風合いを出しています。
クラシックなデザインではありますが、
生地の色がクラシック感を和らげていますので、
使いやすい色合いに仕上がっています。

IMG_9774

落ち着いたデザインですが、
レスザンヒューマンスピリットはきちんと継承しています。
パッドのデザインが【有刺鉄線】になっています。
らしさ満載で良いですね。

IMG_9795

普通っぽいデザインですが・・・

IMG_9796

これこそがレスザンヒューマン!
キリン柄の生地を使ったモデル

最後はドイツの機能フレーム、ic!berlinです。

ic!berlin Clara

IMG_9782

このまごうことなき、ic!berlin感。

IMG_9783

ネジを使わないフレームなので、ネジゆるみが起きません!

ステンレススチールの軽量でバネ性のある素材。
初めてメガネを掛ける方でも、圧迫感なく気にならない軽さと柔らかさです。

IMG_9784

レンズを留める金具の色を変えるという、ちょっとした遊び心もあります。

色々紹介しましたが、普通っぽいメガネはないの?
という方もご安心を。形状記憶系のシンプルなメガネも用意しています。

IMG_9757

お店が大きくなりましたので、キッズコーナーを常設しています。今までは

「こども用のメガネってありますか?」

と言われないとお店に出ることは無かったですが、今はもう違います!
お店に入った、正面にすぐあります。

IMG_9759

キッズコーナーには、スポーツゴーグルも置いてあります。

IMG_9789

サッカー

野球

テニス

バスケットボール

バレー

などなど

スポーツ全般をカバーできる万能ゴーグルです。
カーブフレームになっていますので、サイドの視野が広く
思っている以上にフレームの圧迫感がありません。

IMG_9791

メガネのようなテンプル付きのゴーグルもありますが、

AZでは、バンドタイプがよく売れています。

バンドで抱え込みますので、接触するスポーツでもズレにくく、
メットを被る野球などでも邪魔になりにくいなどの良さがあります。
テンプルタイプは、メガネの様に使えますのでそのまま学校に掛けていく
なんて使い方も出来ます。

IMG_9794

パッド部分は高く作られていますので、キチンと鼻に乗ります!

各ブランド、様々なアプローチでリリースしてくるキッズメガネ。
機能性やデザインにこだわったモデルまで色々あります。
少し前までは、探すのも一苦労?する位でしたが
今では探せば好みのモデルが見つかります!と言えるほどになってきました。
数あるデザインから選ぶ楽しさを体験しにいらしてくださいませ!

では今回はこれくらいで締めくくりたいと思います。

新ブランド【repri】徹底解剖!

今回は、新ブランドのご紹介です。
その新ブランドとは

img_hero (1)

【repri prisma】レプリプリズマ

レプリプリズマは、業界大手

『シャルマン』

が手掛けるブランドです。

“まるでアクセサリーのようなメガネフレーム”
がコンセプトの大人可愛いデザイン

目もとにアクセサリーをつける感覚で掛けて、
お顔を明るく若々しい印象に演出する

「大人可愛いメガネフレーム」

レプリ プリズマは、女性の新しい「大人スタイル」を提案するブランドです。

今回は、そんなレプリプリズマを【徹底解剖】していきます。

『デザイン ポイント』

レプリプリズマは、女性のお顔が若々しく元気な表情になるように
フロントの形やカラーリングにこだわっています。

“軽快で掛け心地がよくなるように”

フレームに使う素材は、
極力薄く細くデザインしています。

IMG_9733

テンプルのパーツはチタンを削り出し、直線的でモード感を演出。
サイドのパーツの中にバネを収納したので、掛け外しも楽です。

IMG_9734

1st Collection のデザインポイント

『キャンディーストーン』

カラフルで見ているだけで気持ちが明るくなる、

『大人可愛い』

アセチ生地を使用しました。
掛けている時にチラリと見えるテンプルが、お顔を明るい印象にします。

 img_01

どのフレームも、色味が可愛いです。
カラフルですが、品の良いカラーリングになっています。
では、実際のフレームを写真と共に載せていきます。

RP22401

IMG_9739

ツートンカラーのフロント
知的でクールな印象を出すことが出来ます。

IMG_9741

フレームの上部にブルーの塗装が乗っています。
七宝風の塗装になっていますので、ぷっくりして可愛いです。
レプリプリズマの中でも、カッコいい寄りのフレームです。
可愛いの中にも、かっこ良さがあるフレームになっています。

RP22404

IMG_9746

小さめのラウンドシェイプ(丸型)のサイドにプラスチックパーツを合わせ
ラウンド型ですが、カジュアル感を出しています。
可愛いアクセサリーを付けている風合いを出せます。

IMG_9750

ラウンド型は敷居が高い、難しい、など言われがちですが
このラウンドは気負わず、さりげない感じで使えますよ!

RP22405

IMG_9751

もはや定番になってきているボストンシェイプ。
ボストン型でも、女性らしく細目に作っているので
どんな服装などにも合わせる事が出来ますよ。

IMG_9756

コーナー展開するとこんな感じです。
トレンドは追いつつ、普通に使えるブランドです。
ありそうで、意外と無かったラインでしたので、新鮮な感じです。

造りはしっかりしているけど、そこそこ手に取りやすい値段になっています。
遠近両用レンズでもいけるサイズなので、
幅広い世代の方におススメ出来ます。

といった所で、【repri】編は締めくくりたいと思います。
AZ新ブランドを是非見にいらしてくださいませ。

メガネ徹底解剖 帰ってきた?【Masaki Matsushima】!

今回は、ギラっとした印象と立体感でファンの多いブランド

siteid

<マサキマツシマ>

久々に入荷してきました!

「これぞ、マサキマツシマ」

という風合いのマサキマツシマです。
シャープで、ギラっとしたシルバーカラーや立体感。
早速、写真と共にご紹介しようと思います。

では早速、ブランド紹介からしていこうかと思います。

マサキ・マツシマは、1992年(平成4年)

デザイナーの『松島正樹氏』によって設立されたブランド

メガネの印象が強いですが、
婦人・紳士服、革製の小物や香水なども展開していました。
メガネを展開するマサキ・マツシマのブランド名が

Masaki Matsushima Eyes
(マサキ・マツシマ・アイズ)

マサキ・マツシマのコンセプトは、

「二次元的にしか見られないファッションを内面的にもスタイリッシュに表現する」

「オリジナリティを追求したアーティスティックなデザイン」

「クールさを漂わせるソリッドデザイン」

「さらには機能性に主眼を置いた未来的なデザイン」

独特の風合いで、ギラッとした印象を出せますので
映画やドラマなどで、アウトローなキャラクターが掛けていることが多いです。
ギラッとしつつも、カッコいい、普段用といった感じでも使えます。

img62005457

写真の様な立体感と、知的な感じを出せます。
AZには久々に入荷してきたマサキマツシマの新作を【徹底解剖】していきます!

マサキマツシマ 1215

IMG_9683
シャープさと立体感が、これこそマサキマツシマ!な一本。
シルバーカラーがクールさを前面に押し出してくれます。

IMG_9684

流線形がキレイなフロント。
テンプルは、バネ性を持たせた機構』になっています。

IMG_9686

まるで日本刀の様なシャープさです。

images

切っ先の鋭さとシャープさが良いです!

他のカラーもキレイです。

IMG_9689

お得意の「ガンメタル」
さりげなくガンメタルの中に、「ブルー」が入っています。

IMG_9691

差し色の様にカラーが入るのが良いです。
このさりげなさが、ガンメタルの色味を引き立ててくれます!

マサキマツシマ1214

IMG_9697

アンダーリム(逆ナイロール)
マサキマツシマにかかればこういった感じになります。

IMG_9698

このフレームはフロントからサイドがカッコいいです!

IMG_9701

デザインのソリッド感がたまりません!
テンプルの赤いラインがいい味を出しています。

IMG_9706

ベーシックなガンメタルカラーもあります。
逆ナイロールフレームはあまり出ないので、気になる方はお早めに!

マサキマツシマ 1210

IMG_9707

今回紹介するマサキマツシマの中でも、ゴツイフレームです。

IMG_9708

ごつさが凄いです。
よく見ると、甲冑?

211db170f43ef903f77fd1f013987f05-350x525

バイクのエンジン

engine44

などをイメージさせます。
ゴツさの中にあるデザインが男心をくすぐります。

IMG_9712

これだけガッチリしていますが、
ヒンジ部分に細工をしてありますので、柔らかく軽いホールド感になっています。

マサキマツシマファンの方に自信を持ってオススメ出来る新作達です。
メガネ仕様でもいいですが、色を薄く入れて

『薄サングラス』

で使ったり、透明のレンズにミラーだけをいれて

『ミラー仕様』

にしてみたりもカッコいいですよ!

男らしい、ギラッとした攻撃的なメガネを探している方は
マサキマツシマを掛けにいらしてくださいませ。

といった感じで【マサキマツシマ】編は締めくくりたいと思います。

2017 新作展示会レポート part,1

メガネ業界は、春と秋に展示会があります。
秋の展示会は業界が最も盛り上がります。

国際展示場で行われる業界最大級の展示会

IOFT

海外ブランドなどを中心に展開している

SITE

など、様々な展示会が東京で行われています。
AZも新作展示会で仕入れをして参りました。
仕入れに夢中で、あまり写真は撮れていませんが
展示会レポートをしていこうと思います。

朝の9時から、表参道の展示会からスタートです!
表参道に9時なので、新幹線を6時台に乗らなければいけない早起きコース・・・
起きられるのか?というのは野暮な話。
テンションが上がって早起きもできちゃいます。

そんな早起きで向かったのは表参道の

「LIGHT BOX」

top_101

オシャレ感満載の展示会場

1508029628068

LIGHT BOXでの展示会は少数ですが、こだわりのブランドが出展しています。
色々なブランドもチラ見しつつ、目的である

【RIDOL】

の仕入れに向かいます。

実はアポを取っておらず、押しかける形になったのですが
朝一というタイミングが良かったのか、快く迎えていただけました。
新作は、トレンドである「ツーブリッジ」を中心に
RIDOLらしいモデルがラインナップされていました。

1508029605417

RIDOLらしい無骨でシンプルなデザインのツーブリッジ。
ブリッジ部分の色を変えているところがニクイです。

1508029599052

段落ちツートンカラーのモデルもありました。
女性に掛けていただきたい、可愛らしさも見えるスクウェアモデル。

RIDOLらしい、ブレないモデル。
トレンドは追いつつ、流行に媚びることない姿勢がいいです。
様々な裏話も聞けて、実入りのあるスタートをきれました。

RIDOLを後にし、「LIGHT BOX」の中の他のブランドを少し見せていただきました。
色々な特色がありますが、

トレンドはやはりクラシック系

といった感じでしょうか。
どこのブランドも『らしさ』を出したクラシック系が多かった様に思います。
非常に気になるブランドもありつつ、しっかり「LIGHT BOX」を堪能した後、
国際展示場で開催されている、業界最大の展示会

「IOFT」

に向かいます。

1507950847186

表参道からはそこそこの距離ですが、気合を入れて向かいます。
12時に予定が入っているのに、表参道を出たのは11時過ぎ。
かなりギリギリのスケジュールでしたが、どうにか到着!
IOFTのスタートは、

BOSTON CLUB

AZの中でもファンの多い、JAPONISMやBCPCを展開しているメーカーです。

今回は、JAPONISMらしいボリューミーなラインや
最近人気の細めのライン、久々のツーポイントなど様々でした。

1507950919833

JAPONISMらしい、立体感のあるチタンフレーム。
このモデル、

フロントのチタンにかなりの圧縮をかけているそうです。

圧縮を掛けることで目が詰まって堅くなるそうです。
質感もJAPONISMファンの方は納得していただけると思います。

1507950979361

最近のJAPONISMの中でも、人気な細身のシリーズ。シリーズ初の

ツーポイントが登場しました。

シャープさはありますが、きちんとJAPONISMらしさを落とし込んでいます。
これは写真で見るよりも、実際に手に取ってみていただきたいモデルです。
JAPONISMらしさはありつつ、新しいJAPONISMさも提案してくれました。

さて、BCPCの写真でも!と思ったらすみません・・・
写真を撮るのを忘れてしまいました。
BCPCはトレンドのクラシックをBCPCスタイルに落とし込んでいました。
キッズサイズも何型か出てきています。
到着次第、すぐに写真を載せるようにします!

仕入れがひと段落して、時計を見ると13時。
次の予定はKAMUROに13時・・・

急いでKAMUROに向かいます。急いでいるのに若干迷子になる大人二人。
でしたが、無事にKAMUROブースに到着。
早速新作を見せていただく事に。

1507951043568

パールを使った新作がリリースされていたり

1507951079489

KAMURO初期のモデル『リセ』のリメイクモデルなど様々でした。

KAMUROの仕入れも終わり、ようやく一息付けました。
会場の様々なブランドを見て回っていました。
色々なブランドを見て回り、お次はSITEの会場へ向かいます。

その模様は次回へ続きます!

【プラスチックフレーム生地について】part,1

メガネに使用されるプラスチック素材は、大まかに2種類あります。
前回のブログで取り上げた

アセテート

セルロイド

市場に出回っているプラスチック素材のほとんどはこの素材です!

しかし、この二大巨頭だけではなく
現在では、様々なプラスチックのメガネが出てきています。

値段も、特性も様々ある現在のプラスチック素材
AZにあるものを中心に紹介していきたいと思います。

まずは定番のアセテート生地。
ですが、普通のアセテート生地を紹介しても面白くないので
少し変わったアセテート生地を紹介します。

lafont SAVEUR

IMG_9673

ボタニカルな花柄

なのですが、ただの花柄と思うなかれ!ですよ
この花柄には

秘密

があるんです。少し近づいてみましょう。

IMG_9677

その秘密とは!

花柄の部分に注目してください。
花柄の部分、質感がある素材に似ていませんか?
とても身近な素材ですが、メガネとはあまり関係のなさそうな素材です。

IMG_9681

テンプルにもそれは使用されています。
何かお判りでしょうか?答えは

fabric_main

コットン生地(布)でした。

このアセテート生地、コットン生地を挟み込んでいる特殊な技法で作られています。
布を特殊な技法でアセテートに挟み込む、質感と柄がキレイに出ています。
アセテートはこういった変わった物もできちゃいます。

布が挟み込めるなら何でもいけそうな気がします。
今後に期待しちゃいますね!

お次は

セルロイド

前回のマツケリ編でも少し触れましたが、商業用では初のプラスチック素材です。
何といっても、堅い!ということが特徴のプラスチック素材。
堅く、加工は難しいのですが、堅いが故に型崩れも少ないです。
丁寧に磨きをしてあげることで生まれる

艶 ツヤ

はセルロイドならではです。
しっとり濡れているかの様な独特の艶は、漆のような光沢があります。

IMG_9668

セルロイドならではのツヤ感がたまりません。

IMG_9669

堅い素材なので、細くしても形を保っていられます。
この細さ、型崩れしないのはセルロイドならではです。

IMG_9670

細かい部分なのですが、歩は造りが本当に丁寧です。
フロントとテンプルを繋ぐ

合口

この部分が、隙間なくピッタリ出来ているのは素晴らしいです。
ヤスリ掛けも、磨きもアセテートの何倍もの労力が必要なのですが
手間を惜しまず、丁寧に仕上げると応えてくれるのがセルロイドですよ。

さて、ここからが新勢力の登場です!

トロガミド

トロガミドは、ドイツのエボニック インダストリーズが世界的に供給を行っている
透明ナイロン樹脂です。
AZのフレームでは、JAPONISMで使用されています。

IMG_9661

弾力性がありながら熱に強く、変形の少ない素材で
メガネで使用される事は、まだ少ない素材でもあります。
素材の特性を生かした

アセテートでは中々表現できない

ソリッドな質感がポイントです。

IMG_9663

アセテートではあまり表現の出来ない、『エッジ』があります。
この『エッジ』感がいいです。
アセテート生地だと、艶を出す際に

ガラ入れ

DSC02278-thumbnail2

と呼ばれる工程で、最初の磨きをかけるのですが
その際にフレームのカドが取れてしまいます。
トロガミドはこの工程がないので(おそらく・・・)
エッジの効いたフレームを作ることが出来ます。

このトロガミド素材のフレーム、JAPONISMでは定期的にリリースされていますが
他のブランドからはあまり出ていません・・・
色々なブランドから出てくるともっと面白いのに。と思ってしまいます。

なんだか長くなりそうなので、他のプラスチック素材は次回に回したいと思います。

AZ、ラジオ出演したってよ。

タイトル通り、ラジオ出演しました!
地元のFMラジオ局の

a6c997d942b875e4038328028cefdf8f_f1851ac8a4f8a751d8e44c9cbad92cde

Pitch HAPPY市場のコーナー『まちかどリポート』

で取り上げていただきました。
Pitch FM(ピッチエフエム)は
碧南・刈谷・安城・知立・高浜のコミュニティFMです。

この番組実は、東刈谷時代にも取り上げて貰ったことのある番組なのです。
今回は、新店がオープンしたと言うことで出演させていただきました。

IMG_9640

放送30分前、リポーターの方が到着。【PitchFM仕様】の車での来店です。
このPitchカー、なんと

ナンバーが周波数になっているのです!

IMG_9638

派手なラッピングに目が行きますが
ナンバーも特別だったのですね。

さて、リポーターさんの登場で緊張の色の隠せない、スタッフT
カンニングペーパーの復習に余念がありません

IMG_9647

だんだん中継が近づいていきます。様々な準備が整っていきます。
しかし、ラジオの中継ってこんな小さい機械で出来ちゃうんですね。

IMG_9644

もっと機械機械したものが出てくるものかと思いましたが、
変換器みたいなものだけでラジオ中継できちゃうのですね。

そんなこんなで、

ラジオ本番!

本番寸前のリラックスしようとしているスタッフTと、リポーターさんの但木みくさん

IMG_9649

この写真を撮ったあと、いよいよ本番が始まります。

IMG_9653

本番スタートです!

IMG_9654

さっきまで緊張していたのは何だったの?

という程、リポーターさんとやりとりをしています。

さすが、二回目のラジオ出演ともなると違いますね!!
といった感じで、本番は無事終了です。

ラジオ聞いたよ!といった方がいらっしゃいましたら
感想などを教えていただけると嬉しいです。

プラスチック生地について 【MAZZUCCHELLI】編

突然ですが、メガネのプラスチックの事ってご存知でしょうか?

今回は

意外と知らない

プラスチックの生地のつくり方などについてご紹介したいと思います。

おもなプラスチックは

「石油系プラスチック」
「植物原料のプラスチック」

の2種類に分けられます。
そして、メガネに使用されるプラスチックは
「植物性のプラスチック」になっています。

現在では石油系のプラスチックが多いですが、

樹脂の元祖は植物から作られました。

約200年前から始まった合成樹脂の製造。
綿を原料とし、これが世界初の樹脂と言われたものとなりました。
それは

【セルロイド】

と言われ、世界初の本格的に商業化された樹脂となりました。

そもそも樹脂を発明するきっかけとなったのが

象牙に代わるビリヤードの玉を作ろうとした

LACK-9

所から始まります。ビリヤードの玉は、象牙で作られてたのですが、
値段が高い象牙にかわる材料を発明しようとした事がきっかけと言われています。

上記のセルロイドから時代を経て、様々なプラスチックが出てきています。
それが現在、メガネづくりでも主に使われている

【アセテート】

アセテートは

『軽量』

『加工がしやすい』

『燃えにくい』

などの性質を持っています。
更にアセテートは様々な柄や、模様を作ることが出来ます。
メガネのプラスチックの柄や色がどのように作られているのか?
その製造工程をお教えしましょう!

img-page-about-acetate02

図の手順でアセテート生地が出来上がっていきます。
途中の工程が動画になっているものを見つけましたので載せておきます。

アセテート生地を作っているのは、業界最大のアセテート生地メーカー

【MAZZUCCHELLI マツケリ】

logo_mazzucchelli

アセテート生地といえば『マツケリ』と呼ばれるほど有名なメーカーです。
歴史も古く、マツケリー社が創業したのは、

1849年

日本はまだ江戸時代、坂本竜馬が江戸へ修行に出る幕末のころに創業しています。

160年前から、プラスティック素材をつくってきた
マツケリー社のアセテートシートは、イタリア人職人の手作りの色彩感覚と、
透き通るほどの発色の鮮やかさで知られる世界のトップブランド。
世界的なファッションブランドが発表するセルフレームの眼鏡の半数以上は、
マツケリー社のアセテートシートを使っており、
マツケリのアセテートデザインは

セルフレーム眼鏡の流行を左右する、といわれるほです。

Mazzucchelli1849-Factory-text_1024x1024

マツケリー社の製造は4つの工場で行われています。

2つはイタリアにあり、欧米・日本等の顧客からの

特別なオリジナル生地製造

鮮やかで繊細な模様柄を持つ湿式ブロック生地の製造

をおこなっております。
ほかにも押し出し、貼り合わせ、乾式ブロックも作っています。

3つ目に中国の深センにあるファーイープラスチックプロダクツは
大量生産の中国市場向けに早期にコストダウンを図る為に製造開始しました。
主に押し出し生地を製造しています。

4つ目の中国上海にあるSDSは湿式ブロック製造工場でイタリア本社と
同じ設備、材料、技術者を使って中国の安い労働力でコストダウンを実施しています。

作り続けて160年。

約160年もの蓄積された色柄は2万色を超えるほど。
特に湿式ブロックの洗練されたデザイン、技術力は他の樹脂の追随を許しません。

そんなアセテート生地には様々な特徴があります。

色や柄の組み合わせは無限大

『ちりばめる』

『寄木のように立体的に組み立てる』

などで作られる製造工程なので
色の組み合わせ、形状の組み合わせにより無限大の表現が可能になっています。

Mazzucchelli1849-OurWunderkammer_1024x1024

アセテート生地には様々な特徴があります。

透きとおるような透明度

透明度が非常に高いので、綺麗に色をつけることができます。
ナイロンやポリエステル、ペットボトルの素材などは濁りがあり綺麗な色が出にくい。
それら石油系の樹脂に比べると非常に透明度が高いため、
鮮やかな色を表現することができます。

20080531_487198

さまざまな形に加工しやすい

植物性なので、木のように切削が簡単です。
また、60°の熱で変形をし始めるので曲げたりねじったりも比較的簡単にできます。
この特性を生かして、アクセサリーなどを作っているブランドもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柔らかく靭やか

樹脂の中でも比較的に柔らかく靭やかなため、曲げても割れにくいです。
ご自身の顔に合わせたフィッティングが容易に行うことができます。

若干の吸湿性がある

植物性の自然素材から作られているので、水分を微量に吸う性質があります。
梅雨の時期、乾燥した冬の時期に合わせて職人も微妙に加工方法を変えます。

熱に弱く、変形しやすい

自然由来の素材なので熱に弱く、耐久性も他のプラスチックに比べ劣り
自然変形もしてしまいます。
そのデメリットを活かしてメガネはカーブを付けられています。
レンズは矯正するだけでなく変形を抑える役目もしています。
テンプルには強度をもたすため金属製の芯が埋め込まれています。

マツケリ生地を、オリジナルで作っているブランドもあります。
AZでも人気のブランド

JAPONISM

JAPONISMで使用されているスパイダー生地と呼ばれる生地。
このスパイダー生地はJAPONISM専売の生地になっています。
蜘蛛の巣のような、ステンドグラスの様な
不思議な風合いと色合いになっています。

57c93c4192543a167b372e95_blackspider

スパイダー生地の中でも人気のある

ブラックスパイダー

およそ3種類の生地を3回重ねて作り上げるこのスパイダー生地
その3回重ねられる生地も、複数の生地を何度か重ねて作られているため、
完成までには数か月という時間がかかります。

どうだったでしょうか?
普段何気なく掛けている、選んでいるプラスチックにこんな特徴があったのです。
プラスチックだけでもこれだけ特徴があります。
次回は、今回取り上げた『アセテート』『セルロイド』
以外のプラスチックなどをご紹介できたらと思います。

メガネ徹底解剖!【Pturi】編

新ブランドの紹介が続いてきましたが、
通常の【徹底解剖】を久々にやっていきたいと思います。

今回は、AZでは割と新ブランドな女性向けカジュアルブランド

ダウンロード

【プトゥリ】

今回もいつも通り、ブランドの紹介から始めていきたいと思います。

プトゥリは、植物や生物などをデザインモチーフとした
POPで遊び心あふれるブランドです。
コンセプトは

『女性らしさ』

『かわいらしさ』

の象徴として

自然界に存在する植物や生物などをデザインモチーフ

1

としています。
女性を輝かせるためのデザインが施されており
目もとのシワや黒ずみ を目立ちにくくフレームデザインや

まつ毛が当たりにくい鼻パッド

目元のキラリと光るアクセント

など「年齢を問わず美しく有りたい」という女性の願いを叶える
技術とトレンドが両立した安心の

【メイドインジャパン】

シンプルながら、目立たせる部分はしっかり目立たせる
落ち着きはありますが、特徴的なカラーリングが得意なブランドです。
では早速プトゥリのメガネの【徹底解剖】を始めていきたいと思います。

EP-126

IMG_9601

シンプルイズベスト!なデザインのアセテートフレームです。
デザインはシンプルでも、アセテートの生地にこだわっています。
アセテートで有名なイタリアの

マツケリー社製の生地

logo_mazzucchelli

を使用しています。
マツケリについては、また特集を組めたらと思います。
このマツケリ社の生地は、見る角度によって色が変わりさまざまな表情を見せます。

IMG_9602

光を当てると綺麗に発色してくれます。

ビー玉顕微鏡

何だかビー玉みたいな色ですね。
この絶妙な色が、顔に載せた時に良い色の出方をしてくれます。
クセのない、シンプルなデザインのプラスチックフレームです。
どんな場面でも使える、

万能なデザインです!

IMG_9598

カラーがもっとシンプルなものもあります。

IMG_9599

でも、よくよく近づいてみると少し変わった生地の柄なのがいいです。
よくよく見ると『格子柄』になっています。

ブランドの説明の部分でも書いてありますが、
鼻パッドにもキチンと気を付けて作られています。

IMG_9600

まつ毛の当たりにくい、
『高めのパッド』が付いています。
丸く、優しく鼻に当たってくれます。

少々なら鼻の調整もできちゃうパッドでもあります。
プラスチックフレームは、鼻パッドの調整が出来ないから候補にならない。
そんな方にもおススメできるのがプトゥリのフレームです。

IMG_9603

釣り目なデザインのメガネもあります。

IMG_9605

少し敷居の高い様に思われる

『フォックス型』

ですが、意外とかけてしまうと・・・

いや、やっぱり個性はありますね・・・

個性を出せるフォックスですが、デザイン的にはシンプルなフォックスなので
カッコよく掛けていただけますよ。

プトゥリには、プラスチックフレームだけでなく
メタルフレームもラインナップしています。

IMG_9616

テンプルが、レンズの少し下の部分からせり出ていますので
お顔のリフトアップ効果も抜群です。

IMG_9618

シンプルなフロントになっていますので、
服装や髪形にも左右されにくいデザインになっています。

IMG_9620

テンプルもやりすぎない程度に抑えています。

少しシンプルすぎるなぁ・・・という方にはもう少し

IMG_9625

こんな感じのメガネもあります。
色の使い方や、デザインはブランドのなかでも可愛らしさ満点です。

IMG_9624

とはいえフロントはシンプルなので
少しだけ冒険したい時におススメしたいメガネです。

意外と問い合わせはあるのに、探すと少ない

逆ナイロールフレーム=アンダーリム

のフレームもあります。

IMG_9630

最近では少し珍しい、細めのレンズデザインになっています。
逆ナイロールフレームの独特の味はありつつ、
細目でシャープなデザインなので、目立ちすぎることもなく使えます。

IMG_9632

フロントからテンプルにかけてのデザインも一体感があっていいです。

さりげなさが可愛いプトゥリのメガネ。

お値段的にも手の出しやすい金額になっています。

二本目のメガネや、初めてのメガネでもいけるブランドになっています!

「メガネは一本だけあればいいや」

「レンズ入れると高くなっちゃうし」

そんな方にもおススメしたいブランドになっています。
お値段は据え置きなのですが、品質は間違いないです。

メインの一本でも、二本目のイメージを変えたいメガネでも
色々な使い方をご自身で探して頂きたいブランドです!
といった所で、プトゥリ編を締めくくりたいと思います。

メガネアクセサリー『DIFFUSER』

今回は、メガネではなくメガネ小物をご紹介しようと思います。
メガネアクセサリーのほとんどを

『革』

で作っているブランド

d_logo

ディフューザーの紹介です。
今回も、ディフューザーのブランドについてから始めていこうと思います。

ファッションアイテムとして近年、成長著しいアイウエア。
『DIFFUSER』は2012年の秋に立ち上げた新機軸のアイウエアアクセサリーブランド
今までのマーケットには存在しなかった

メンズファッションを切り口とするブランド

IMG_9185

『DIFFUSER』は現代人のライフスタイルに合った

機能性

ファッションアイテムとして男性を魅了するデザイン

良質な素材から感じる高級感

を融合させ、商品を通して新しい価値を提案し続けています。

革で作られたアクセサリーが多いので、エイジングも楽しめます。
男性だけでなく、女性も使っていただける
クールなアクセサリーです。
では早速、ディフューザーを紹介していこうと思います。

メガネのアクセサリーとして、まず代表的なものがメガネケース

ディフューザー流ケースはこうなります

IMG_9560

革製のケース。

SHRINK LEATHER SOFT EYEWEAR CASE ¥8,400(税抜き)

イタリア製のレザーを使用した、財布のようなデザインケースです。
少し柔らかい革が、とても気持ちいの良い触り心地なのです!

IMG_9564

大きさも、メガネフレームだったらほとんど収まるサイズ感です。
このケース、内側に少し工夫がありまして・・・

IMG_9565

芯材の入った仕切りがあります。

この芯材が、正面の圧力からメガネを守る構造になっています。
ハードケースではないケースの、ウィークポイントもしっかり対処しています。

 IMG_9566

プレゼントにも、自分で使用するにもおススメなレザーケースです。
さりげなくカバンから取り出すとカッコいいですよ!

そんなレザーケースをしまう事の出来るアイテムがあります。
バッグインバッグでも使用できる

IMG_9567

VERSATILE CANVAS POUCH ¥6,300(税抜き)

撥水性のある、

国産の帆布生地を使ったポーチです。

バッグインバッグに使っても、クラッチバッグの様に使っても良しです!

IMG_9570

先ほどのレザーケースもすっぽり入るサイズ感になっています。
中に6つのポケットがありますので、小物もバラつかずに収納できます。

さて、お次はメガネのお手入れに必要不可欠!
でも意外と持っていない、

精密ドライバー

SCREW DRIVER WITH LEATHER CASE2 ¥6,000(税抜き)

この精密ドライバーもディフューザー流にアレンジすると

IMG_9578

こうなります。

専用の革ケースがいい味を出してくれます。

肝心のドライバーはこういった感じです。

IMG_9579

ちらっ

IMG_9580

ちらちらっ!

IMG_9581

ドン!
ディフューザーの精密ドライバーは

アルミ製

適度な重さと太さがあります。

IMG_9583

+と-を交換できる構造になっています

ほぼ全てのネジを締めることが出来ます。
持ち運びも出来ますので、常に携帯しておくのもいいかもしれません。

 ディフューザーのメイン?といっても過言ではない
グラスコード

TWO TONE SILKY GLASS CODE ¥7,000(税抜き)
IMG_9576シルクで出来たグラスコード。
肌触りの非常に良いグラスコードです。

IMG_9577

ファッションアイテムという側面も持ち合わせているので
メガネと組み合わせた時のかっこ良さは言うまでもありません。
最近ではファッション雑誌にグラスコードも掲載されています。

IMG_9587

ツーウェイの使い方の出来るグラスコードもあります。

IMG_9586

グラスコードとしての使い方
そして、もうひとつの使い方は

IMG_9588

このゴム管を外して

IMG_9589

端っこをくっつけてあげると

IMG_9590

革のブレスレットになります。
使わない時にはブレスレットにしちゃうという方法もカッコいいですね。

様々なメガネアクセサリーをリリースしているディフューザー。
メガネライフに少しアクセントを入れてみませんか?
といった所で、今回は締めくくりたいと思います。

【新ブランド】徹底解剖!『TIFFANY』編

今回も新ブランドを【徹底解剖】していきたいと思います。
今回紹介するブランドは、

1837年9月18日にアメリカで創業された宝飾品ブランド

9dc0fa3aaad8a089bf8d3e89b97c7d76-2

日本では

オープンハートのペンダント

tiffany-006-00

が人気ですが
実は、メガネもリリースしています。
世界的に有名なカラー

“ティファニーブルー”

を使用したメガネも多数あります。

このティファニーブルーと呼ばれるカラー。
このカラーにはブランドの様々な思いがつまっています。
この独特なカラーの由来は、小鳥

「こまどり」

の卵からきています。

20150910161932991

ヴィクトリア朝のイギリスでは、土地や資産を記録する重要な台帳の表紙に
こまどりの卵の青がよく使われていたといいます。
古くから

青は、真実や高潔さのシンボルでもありました。

そんなブランドのシンボルカラーをメガネにするとどうなるのか。
今回はその辺りを【徹底解剖】していきたいと思います。

ティファニーのメガネは『大人可愛い』イメージのメガネが多いです。

IMG_9527

落ち着いたフロントですが、チラッと見えませんか?
ティファニーブルー!

IMG_9536

実はフロントは2層になっていて、表はブラウン
裏にティファニーブルーが張り合わせてある生地を使っています。
裏に張り合わせる事で

さりげないけど何となく見える

という状態になります。
この絶妙な色使いが、品の良いイメージになってくれます。

IMG_9530

テンプルにはさりげなく

【TIFFANY&CO.】

目立ちすぎない刻印が良いですね。

メタルフレームはもう少し落ち着いた印象を出せます。

IMG_9542

落ち着いたフロント

IMG_9543

蝶番には煌びやかな装飾を施しています。
過度ではなく、あくまでさりげなく派手になりすぎない程度に抑えています
この具合がとてもいいです。

ティファニーはイタリア製が多いのですが、このモデルは

IMG_9546

made in Japan

細かい部分の造りはやっぱりいいです。
触ったときに

「これは日本製かな?」

と思う程、日本製は作りこまれています。
誇るべき日本の職人技!といった感じです。

IMG_9547

こちらも落ち着いたチタンフレーム

IMG_9548

テンプルはバネ性もかねているデザインテンプル
色も、落ち着いたカラーなので使う場所を選びません。

IMG_9552
外箱のティファニーブルーの中に

IMG_9553

ケースが入っています。
ケースも鮮やかなティファニーブルーです。

IMG_9555

ケースの中にはギャランティカードや、巾着袋が入っています。
それら全てがティファニーブルー!

これでもか!というほど。
ティファニーが大切にしているカラーという事が分かります!

さりげないけど、大人なティファニーのメガネ。
普段掛けのメガネを少し可愛く使ってみませんか?

そんな感じでティファニー解剖を締めくくりたいと思います!