【影郎デザインワークス】PORNOⅤ登場

新作の展示会から戻ってきて間もなく
影郎デザインワークスの新作が到着しました。
早速【徹底解剖】してみたいと思います。

PORNOⅤ(ファイブ)

IMG_7112

今回入荷したモデルは、シンプルながら影郎イズムを感じる
使い勝手はいいけど決して普通過ぎないデザインで
プラスチックフレームの初代

「PORNO」

のメタルバージョンとして誕生した一本です。
カラー展開はパーソナルカラーに沿った4色と
アンティークなカラーであるスチームパンクカラーの全5色展開になっています。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SPR ¥40,000-(税抜)

IMG_7059

PORNOのメタルバージョンというコンセプトですので
フロントデザインはPORNOのイメージそのままで使うことが出来ます。
左右非対称になっているデザインも、そのまま引き継ぎで作られています。
しかし、初代PORNOをただ単純にメタルバージョンにしただけではありません!

IMG_7122

上のフレームは、プラバージョンPORNOですが
プラバージョンのPORNOは、特徴的な柄の部分をドリルで切削して
そのままドリル痕を残している仕様でした。

今回のPORNOVも、同じように柄の部分はドリルで切削しています。
ただ、Vの場合はそのドリル痕をとある手法で埋めています。

IMG_7068

《七宝》

をドリルで切削した部分に流し込み、プラバージョンではあえて残してあった
切削痕を埋めています。

<切削痕が残る少し無骨なプラバージョン>

<七宝を埋め込んで綺麗に仕上げてあるメタルバージョン>

といった使い分けが出来そうです。

IMG_7064

フロントが特徴的なメガネなので、
テンプル周りはシンプル目にまとめています。

IMG_7067

七宝部分はこんな感じのツヤ感
ぷっくりとして可愛いです

IMG_7115

パーソナルカラーを取り入れたカラー展開なので
前に貰った、カラーチャートに乗せてみました。
春のカラーチャートに馴染むフレームカラーになっています。

このSPRカラーは、<キュート>がテーマです。
元気で可愛らしく小粋なイメージで作られています

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SUM ¥40,000-(税抜)

IMG_7070

 こちらはサマーカラー
今回のカラー展開の中でもキレイなカラーリングです。

SUMのテーマは<エレガント>
デリケートな優しい雰囲気のイメージで作られています

IMG_7072

ネイビーカラーにピンクの七宝を合わせた
可愛いイメージで使えます

IMG_7075

ネイビーとピンクのコントラストがはっきり出ています。

IMG_7118

サマーのカラーチャートに乗せるとこんな感じです。

ブルーベースでマット系な方にはこのカラーが最適です

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,AUT ¥40,000-(税抜)

IMG_7076

オータムカラーはグリーン系です。

AUTカラーのテーマは<ゴージャス>
大人っぽく豪華で優雅なムードを演出してくれるイメージです

IMG_7078

落ち着きもありつつ、優雅さも感じるカラーです。
グリーンの七宝のさりげなさと、主張する感じが絶妙です。
目立ちすぎないけど、ちょっと個性的な感じが良いです

IMG_7082

 キラキラした、ストーンや七宝をしている訳ではないけど
どこか品の良い感じのオーラを出してくれるカラーではないでしょうか?

IMG_7119

カラーチャートはこんな感じ。
イエローベース肌でマット系な方にはまってくれるカラーです。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, WIN¥40,000-(税抜)

IMG_7085

濃いネイビーと、アイボリー系の七宝がキレイなカラー

こちらのテーマは<クール>
ブルーベースでコントラスト高めの人にピッタリです。

IMG_7087

カッコよさとクールさを感じるフロントカラー

IMG_7091

クールとは言っても、冷たい印象ではなく
七宝のツヤも相まって、どこか優しさも感じます。

IMG_7120

カラーチャートに乗せるとこんなイメージ

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, スチームパンク¥40,000-(税抜)

IMG_7094

パーソナルカラーの4色とは違い
七宝も使わない無骨なスチームパンクカラーもリリースしています。

アンティークなイメージで
真鍮の様な質感を持つカラーです。

IMG_7098

アンティークショップから出てきたような
お宝感あふれるカラーになっています。

IMG_7101

七宝バージョンだと隠れるドリルの切削痕をあえて残す
プラバージョンのPORNOの様なフレーム。

ある意味、このスチームパンクカラーが
PORNOのチタンバージョンの真の姿かもしれません。

IMG_7102

カッコよさと渋さ、それでいてシンプルさも持っている
そんなカラーの一本です

ちなみに今回納入分から

IMG_7107

newケースになっていました。
今までの丸みのあるケースから、細長い四角ケースになりました。
ブランドロゴ周りも少し変わっています

IMG_7109

以上が今回入荷してきたPORNOVになります。
使いやすいデザインの中に、キチンと影郎感を感じるデザインになっています。
是非実際に掛けてみて、カラーの綺麗さを感じてみてくださいませ。

<2019年新作展示会>報告!

先日、東京の渋谷周辺にて<2019年春・新作展示会>が行われました。
今回も日をずらして、店長班とその他班の2班で新作の仕入れを行ってきました。
報告を兼ねて、さらっと新作をご紹介したいと思います。

我々は

<KAMURO>

<TAYLOR WITH RESPECT>

の仕入れを担当
まずはKAMUROからご案内します。

春の展示会は、ほとんど渋谷・青山辺りで行われます。
表参道駅からKAMUROに向かいます。

20190410_115957

KAMUROの展示会場は、KAMUROの青山店です。
展示会の数日間、一般営業をお休みして我々を出迎えてくれます。
青山店にお邪魔するのは、実は初めてなスタッフ。
オシャレな商店街通りに、これまたオシャレな感じにお店があります。
この時ふと、「駐車場無いんだ・・・」
と思っているのは私が東京人ではないからでしょう。

早速お店に入り、仕入れスタートです。
KAMUROファンの方には「ピン」とくるかもしれないフレームです。

20190410_110255

そう、この形はKAMUROのフレームの中でも長年愛されているモデル

《セルタ》

のレンズサイズを大きくしたモデルになります。
遠近両用はもちろん、中近レンズを入れても余裕なサイズ感になっています。
カラーも合わせやすいカラーで展開しています。
トレンドに合わせて少し大き目のサイズになったセルタです。
カラーレンズを入れて小ぶりなサングラスとして使うのもいいかもしれません。

20190410_110429

こちらのフレームも今までのフレームのバージョン違いになります。

《ディスコ》

と呼ばれる煌びやかなフレームの縦幅を大きくしたボリュームアップデザイン
こちらも中近サイズに適したゆったりサイズです。

20190410_110700

こちらも新色追加ものです。
コンビネーションフレームが可愛い

《フォリア》

の新色です。クリアで明るめな新色が追加しています。

20190410_111051

AZでも非常に評判の良かったモデル

《ヴァシニウム》

こちらはまだ製作途中でサンプル状態でしたが、
レンズデザインと、レンズサイズを変えてのリリースです。
元のヴァシニウムはレンズサイズが小さく、遠近にはあまり向かないサイズでしたが
今回の新ヴァシニウムは、その問題をクリアしています。
メガネの形としてのサンプルは見ることが出来ませんでしたが
可愛い事間違いなしの一本です。

20190410_110209

新サングラスもリリースされています。
KAMUROとしては大き目なサイズのサングラス
眉まで隠れますが、決して大きすぎるサイズでもない
絶妙なサイズ感です。

さて・・・ここで問題が・・・
最重要である新作のフレームを撮影していない・・・

新作は是非入荷するまで楽しみにしていてくださいませ!

さて、お次は会場を変えテイラーの仕入れに向かいます。

20190410_122519

《ユニオン》

と呼ばれるモデルの新色
実はこのユニオンというモデル
<ブリッジを繋ぐパーツが、使っているうちにグラグラになってしまう>
という現象が起きていましたが、今回はその問題点を改良しました。
その辺りの細かい説明は、入荷時に徹底解剖しようと思います。

新色はちょっと変わったマット仕様
フレーム上部はマット、グラデーションで下にいくにつれて
ツヤありになっていく手の凝っているマットカラーです。

《walpole(ウォルポール)》

20190410_123008

スクエア感を少し強めたウェリントンのモデル
テイラーの中でもかなり渋めなデザインじゃないでしょうか。
シンプルなフレームの中に様々な工夫が凝らしてあります。

《dig(ディグ)》

20190410_130902

テイラーの中で、一番小ぶりなサイズ
女性でも使えるサイズ感になっているモデルです。
強度近視の方に向けて工夫されているのですが、その細かい部分は入荷してから
細かく書きたいと思います。

20190410_123117

ちょっとだけチラ見せ

といった感じで仕入れは終了。
そして仕入れ終わりの疲れた体に・・・

20190410_181533

BEER

こいつで締めくくり、春の仕入れは終了です。
AZで取り扱っているブランドや、そうでないブランドも含め
まだまだクラシックのメガネのブームは続きそうです。
各ブランド、“らしい”クラシックをリリースしていました。

新作は入荷次第【徹底解剖】していきたいと思います。

<メガネのパーツや部位の名前>少しマニアック編

前回よりも更に、パーツや部位を細かく掘り下げていきたいと思います。

【蝶(ちょう)】

IMG_7037

アセテートなどのプラフレームに使用されている鼻部分
溶剤を用いて<蝶>をフロントに貼っていきます。
角度や高さなど左右のバランス調整が難しく、
条件が悪いとパッドが外れる原因となります。
製作工程において、熟練した職人の技術が反映される部分です。

【一山(いちやま)】

IMG_7038
ブリッジがそのまま鼻に掛かるような形状で
クリングスやパッドなどは付いていないです
昔のメガネで多く採用されていた作り。
最近のクラシックブームで再燃し、復刻してきたタイプの鼻あてです。

【ツーブリッジ】

IMG_9221
名の通りブリッジが二本ある仕様です。
溶接技術が未熟だったフレームに強度を持たせるために作られたといわれるデザイン。強度は勿論の事、独特の風合いが出てくれますので
根強いファンのいる造りのメガネです。

【インナーセル 内わっぱ】

IMG_7049
メタルフレームのリムとレンズの間にプラスティックの輪を入れているフレーム
メタルフレームの中に“イン”しています。
細めのチタンフレームと、インナーの目立ち具合が
上手いこと融合しています。

【七宝(しっぽう)】

IMG_6570
メタルフレームのリムの周りを七宝でコーティングしたもの
先ほどのインナーセルと似た感じですが、
《七宝》はインナーセルよりもボリュームが出すぎず個性を出すことが出来ます。

【カシメ】

IMG_7051

丁番の留め方で、ピンを打ち込んでカシメて留めているもの。
クラシカルな伝統的な仕様で、デザイン性も高い造りです。
比較的クラシカルなデザインのフレームに採用される事が多いです。

IMG_7053

表側はこんな感じになっています。

【埋め込み丁番】

IMG_7055 カシメタイプの丁番に比べるとあっさりしていますので
シンプルなフレームなどに合わせる事が多いです。

少しマニアックなパーツや部分を今回はご紹介しました。
まだまだ細かい造りやこだわりが各社あるのですが、
ざっくり解説すると今回のブログの感じです。

皆様がお使いのメガネの細かい部分の造りを
観察してみるのも面白いかもしれません。