《KAMURO bec&show》

ブログに掲載したつもりでしたが、掲載されていなかった
KAMUROの新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

 SHOW ショウ  color No,14025B シャイニーレッド¥43,000-(税抜)

IMG_6884

デザインのイメージは

「夜空に輝いている星」

細めのリムに、ラインストーンが埋め込まれています。
ちなみにこのラインストーンは

左右非対称に
<星座をモチーフとしたアクセントが付いています>

右側には「カシオペア座」

IMG_6884 カシオペア

左側には「北斗七星」

IMG_6884

をあしらっています。
星座のイメージをフロントに落とし込んだフレームです。
ラインストーンを使っていますが、可愛すぎることもなく
そして地味にもならないバランスになっています。

IMG_6889

<流れ星をイメージしたテンプル>

天の川モチーフのボリュームのあるデザインになっています。

IMG_6894

掛けるだけで、ラグジュアリーなイメージをアップさせてくれます。

KAMURO SHOW  color No,K60E シャイニーブラック¥43,000-(税抜)

IMG_6896

 ブラックバージョンはシックなイメージで使えます。
大人なイメージをしっかり出すことが出来るカラーリング

IMG_6901

ショウの中のカラーでは一番、夜空のイメージ
ラインストーンが映えます。

IMG_6899

ラグジュアリーで
アクセサリー要素の強いフレームです

IMG_6909

どちらもカラー・デザインが際立っています。
普通っぽくなり過ぎず、キレイにお顔に乗ってくれるKAMUROになっています。

BEC color No,497P  ブラウン/レッド/グレー¥37,000-(税抜)

IMG_6910

デザインのインスピレーションは

“ヘビクイワシ”

という鳥の目元をデザインモチーフにしたみたいです。

IMG_6911

モデル名「bec」の由来は

《くちばしという意味》

ぱっと見のデザインはかなり個性的なデザインとカラー。

ですが、レンズシェイプは楕円形のオーバルデザインになっています。
オーバルのデザインは、目のつり上がりを抑え優しいイメージで使うことが出来ます

IMG_6912

優しいオーバルデザインのレンズシェイプですが
ブロー部分のカラーリングが
目尻のまつげが【くるっと】なるようにラインを上向きにして
アイメイクをしたような効果を出すことが出来ます。

IMG_6914

個性的なフロントに対して、テンプルは少しおとなしくしています。
とは言いつつ、普通にし過ぎないKAMUROらしさはあります。

IMG_6919

ブロウ部分の可愛いカラーは少し<ぷっくり>した質感になっています。

今日はメイクをしたくないなぁ・・
でもちょっとした用で外には行かなきゃいけないけど・・・

そんな時にアイメイクをした様な効果を出すことも出来るメガネです。
メイクをして使えば勿論綺麗に映えてくれます。

ちなみにコチラのベックは前にリリースされた

KAMURO FROW

IMG_6921

のバージョン違いです。

IMG_6922

レンズシェイプはベックと違い、細長いレンズになっています

IMG_6924

それ以外の部分の造りやデザインは同じ部分も多いです。

IMG_6926

優しいイメージの《ベック》
クールなイメージの《フロウ》

ご自身のイメージに合わせて使い合わせてくださいませ。

【G4 Old&New】AZに久々に新ブランド登場!

AZに久々に新ブランドが入ってきました!
<オプティカルフィールドシステム>
がリリースするオリジナルブランド

「G4 Old&New」

メイドインジャパン、メイドイン鯖江にこだわっているメガネです。
メガネを紹介する前に、G4のブランドについて少し触れておきます。
G4 Old & Newは

「GOOD DESIGN」

「GOOD QUALITY」

「GOOD PRICE」

「GOOD FEELING」

の4つの「GOOD」がコンセプト。
感動の掛け心地“メイドイン鯖江”が生む上質のメガネとは

<デザイン・品質・価格・掛け心地>

を兼ね備えたメガネの商品化を追求して、
鯖江市のメーカー、オプティカル フィールド システムが立ち上げたブランドです
世界に誇るメガネの生産地のイメージにフィットした
細やかな配慮がある作りとデザインに仕上げています。

個人の顔のかたちにフィットする設計、
なおかつトレンドを押さえた新しいデザインを、シンプルで機能的、
クラシカルで先鋭的に取り入れたブランド

製造工場から生まれたファクトリーブランド<G4>は、
クラシカルな雰囲気が漂う大人の男性向けメガネを得意とし、
メイドインジャパン、メイドイン鯖江にこだわっている。
では早速フレームの【徹底解剖】をしていきたいと思います。

G4 5651 col,PG/BR ¥58,000-(税抜)

IMG_6562

流行のラウンドである<丸メガネ>にはなりすぎない

柔らかいイメージの
オーバル=楕円形デザインのフロント
になっています。

フロントが落ち着きのあるデザインなので、色々な場面でご使用いただけます。

IMG_6567

フレームとフロントを繋ぐ”智元”のパーツに
G4の『技』が仕組まれています。

丁番のゆるみ防止のためのヒンジ飾りは、ドット彫りをほどこしています。
厚みと重厚感があり、精密に作られているのが特徴です。
少しゴツめなのですが、無骨な風合いになり過ぎないよう仕上げています。
この仕上げがあるので、男性は勿論ですが女性でも掛けられる風合いに仕上げています

IMG_6565

ブリッジ周りも非常にキレイに仕上げています。
金色とリムに纏わせてある、七宝のコントラストがグッときます。

IMG_6568

そして何と言っても、このフレームを語る上で欠かせないキーワード
それは・・・

<24金>

でも実際に24金で出来ているフレームではありません。
このフレームの24金は

GP(ゴールドプレーテッド、ゴールドメッキ、金メッキ)
金メッキになります。

金メッキは、金属の上に薄く金の膜を貼り、金色に光らせているのが特徴です
金色のメッキではなく、本物の金をメッキ加工しています

IMG_6569

テンプルには

<セルロイド生地>

を使用しています。
ツヤとセル生地独特の重厚感がカッコいいです。
24金とセルロイドの質感のコラボが良い感じです。

IMG_6586

カラー違いでこんな感じのカラーもあります。
一見すると落ち着いたカラーに見えますが、顔に乗せると結構主張します。

IMG_6587

七宝のカラーも柔らかい印象です
こうしてみると男性よりも、女性寄りのカラーリングなのかな?
と思います。

IMG_6589

テンプルは最近では少し珍しい、

<生成り系のクリアセルロイド>

クリアカラーなので、中のチタン芯のゴールドカラーがキレイに見えます。

IMG_6593

セルロイドが抜けにくいようなテンプル芯になっています。
こういった細かい部分の仕上げがキレイです

 G4 Old & New 1654 col.ATG ¥35,000-(税抜)

IMG_6611
先セルの素材はセルロイド。
掛けた時に 重量バランスが後ろにいくように太く設計で、掛けた時に軽く感じます
カラーもおしゃれなリムカラーも展開。
IMG_6613

《ミル打ち》

指輪などにも使われる
エッジやライン部分に小さな丸い粒を連続して打刻していく、
ヨーロッパで古くから伝わる装飾技法でつくられたリム部分
このさり気ないミル打ちがフレームにメリハリを出してくれます。

IMG_6616

細かい部分の仕上げがとても綺麗です。

IMG_6614

アンティークゴールドにべっ甲柄のセルロイドテンプルという定番のスタイル
アンティークスタイルの要素をしっかり盛り込んだフレームになっています。

IMG_6634

G4のメガネのパーツを分解した模型もあります。
クラシックメガネはブームですが、このG4はブームに乗って
クラシックを作るのではなく、堅実にクラシックフレームを作り続けています。
流行に媚びるのではなく、本当にいいものを作っているブランドです

そういった拘りの部分を、少しでもこのブログでわかっていただけると嬉しいです。

あの人が掛けているメガネって何?

有名人が使っている、服や小物などは何かと話題になることが多いです。
ドラマで使っていた服やアクセサリー、靴などがブームになったりします。
最近では、メガネやサングラスも注目されるようになってきました。
あんまり大っぴらに出来ない部分もありますので
イニシャルで表記していきます。

アーティストであり、俳優でもある、物理学者の役で人気な
<M.H>さんがビール飲料のCMで使用されていた

 ic!berlin Gilbert T. カラーblack/pearl ¥49,000-(税抜)

IMG_6805

クールで男らしいic!のメガネです。
シャープさを残しつつ、きつくなり過ぎない印象のデザインに仕上げています。

IMG_6806

キリッとした印象とハードな印象を出して使えます。
ビジネスは勿論、スポーティな感じとしても使えます。

IMG_6807

次は、俳優の<A.G>
外資系投資ファンドの取締役としてドラマ出演した際に使われていた

JAPONISM JN-644 ¥42,000-(税抜)

IMG_6778

無駄のないエレガントなフォルム
1つのパーツからプレスで作り出されたフロントに、
光によって表情を変えるカッティングラインが
全体的な細さの中に重厚感を出します。

IMG_6779

一見するとシンプルですが、リムのカットが斜めにカットされています。
スリムなフレームですが、細すぎるという事でもないです。
クールで知的な感じを出しながら、怖くならない
絶妙なバランスで成り立っているフレームデザイン。

IMG_6784

テンプルはシンプルにスリムな形状です。

次もJANONISMです。最近公開された人気作家《池井戸潤》原作の映画
にて、<S.H>が使用している

JAPONISM JN-578 ¥42,000-(税抜)

IMG_6788

掛け心地の良さをとことん追求したモデルです。
立体感は抑えめですが、JAPONISMらしいフレームデザイン

IMG_6791

エッジがあるようで、実は丸みがある
クールな感じと、柔らかいイメージの両方を兼ね備えています。

IMG_6793

かなり特徴的な、テンプルの付け方になっています
この構造がかけ心地に直結してくれます。

メガネが衣装として、ビジネス系のドラマには欠かせないアイテムになってきました。

そんなビジネス系ドラマメガネからもう一本

これまた池井戸潤原作で、会社野球部のドラマで俳優の<Y.E>
使用していることで、AZにも放送時、多数問い合わせのあったモデル

ic!berlin Gabriel ¥46,000-(税抜)

IMG_6798

ic!berlinではかなり細めのデザインになっています。
細目でシャープなので知的でクールな印象が強く出てくれます。

まさしくビジネスマン!のイメージなフレーム

IMG_6801

スクウェアデザインですが、丸みも残っています。
このさり気ない丸みが、印象をきつくし過ぎない役割をしてくれるのです。

IMG_6799

メガネは使い方次第で、人の印象を変えることの出来るアイテムです。
キリッとした印象は勿論ですが、遊び人風にするなど
メガネ一つでガラッと変身できます。

 ドラマや映画など、気にして見て見ると役柄に合わせて
メガネを合わせている事が多いです。
どんなメガネを使っているのか気にしながらドラマなどを見るのも面白いですよ!