カテゴリー別アーカイブ: JAPONISM

<JAPONISM sense> 新作揃いました!part,3

前回に引き続き

【senseシリーズ】

JS-138 Col.03 Navy / Antique Silver (税抜)

IMG_9863

スリムでシンプルなシルエットの

<ヘキサゴンフレーム>

よくあるヘキサゴンフレームよりも
縦幅(レンズ上下幅)
を深くしてあるヘキサゴンフレームになっています。
IMG_9867その効果によってヘキサゴンデザインですが

ウェリントン型に近い
独特なヘキサゴンデザインになっています

シンプルなフレームにこういった手を加えている事が
JAPONISMらしいデザインと感じる部分ではないでしょうか。

IMG_9877

フロントに前後2色の塗装を施すことで
細いリムに奥行きと立体感が出る様にしています

主張が強いと思われがちなヘキサゴン型を掛けやすいよう
シンプルで小ぶりに仕上げており、程よく個性を引き立てるフレームです。

IMG_9872

このフレームの

最大の特徴である智元部分

表から見たら分かりませんが、裏側から見ると分かります。

IMG_9879

このJS-138は、レンズを留めるネジ部分の構造が
JAPONISMのフレームの中でも珍しい、センスシリーズでは初の構造になっています。

ヨロイ留めとレンズ留めを
一体化させてスッキリさせています

多くのフレームは↓の写真の様にレンズを収めるネジ留め部分は
箱型のパーツにネジを締める構造になっています。

IMG_0129

多くのメガネフレームはこういった風にレンズを留めています
ネジを留めるパーツがある事がほとんどです。

IMG_9882
JS-138では裏側にレンズ留めの箱もなく、シンプルにスリムにしています
では、どの様にレンズを留めているのかをご説明します。

IMG_9883

レンズとヨロイパーツは

六角ナットで留めてあります

六角ナットを外すと・・・

IMG_9892

こんな感じになっています

フレーム側に開けられた二つの穴で
レンズとヨロイを固定します

IMG_9894

テンプル側にネジが付いています。
この二つのネジを先ほどのフロント側にはめ込んで留めます

IMG_9887

ネジ留め部のパーツがありませんので
表から見ても裏から見ても
フレームに出っ張りがなく、フレームがスリムに仕上がります。

IMG_9897

鼻パットには新開発の極薄・軽量なチタンパットを使用
肌にあたる面を増やしたことでズレにくくフィット感がアップしています。

IMG_9896

シンプルなフォルムに色々な技術が詰め込まれた
まさしくJAPONISMがリリースするクラシックスタイルです

IMG_9928

今回入荷してきたsense達
それぞれ個性があって面白いですよ

<JAPONISM sense> 新作揃いました!part,2

今回のセンスシリーズは、それほどまでに
新しい造りをフレームに落とし込んでいます

その造りを出来るだけ、皆様にお伝え出来れば!とおもいます
ではpart,2始めます

JS-139 Col.02 Brown & Silver ¥43,000-(税抜)

IMG_9899

こちらのJS-139

JAPONISMでは初の構造の造りになっています
(スタッフW調べ)

2mm厚のチタン製ブロウに
0.6mm厚のシートメタルをはめ込んだメタルフレーム

IMG_9903

デザインは少し丸みの強いボストンデザイン
柔らかく、優しい印象になります

とはいえそこは JAPONISM
優しいボストンになり過ぎないデザインを盛り込んでます。

ブロー部分はブラウンで印象を少し柔らかく
フロント下部は

<キーホールブリッジ>

にしてあります

IMG_9901
さり気ないキーホールブリッジになっています
このバランス感覚がJAPONISMらしい部分ではないでしょうか

IMG_9908

テンプルは、スリムなチタン製
パッドを含めほとんどチタンで作られたフレームなので
日頃のお手入れも簡単です

IMG_9903

さて、ここからがコチラのフレームの最大の特徴をご案内したいと思います
かなり薄くスリムに仕上げてあるフロント

先程も書きましたが
JAPONISM初の造りになっています

IMG_9912

レンズに溝を掘ってフレームに
挟み込む構造のメガネ

AZでいうと

IMG_8242

<ic!berlin>

でお馴染みのフレーム構造です。
その構造が遂に<JAPONISM>で初登場です

IMG_9915

デモレンズに溝が彫ってあるのが見えますか?
この彫ってある溝にフレームを挟むこむ構造になっています。

度数が強い方でも、フレームの中に納まってくれますので
厚みが目立ちにくくなるという利点もあります

JS-139 Col.04 Gray & Black ¥43,000-(税抜)

IMG_9918

こちらはカラー違いのグレイ&ブラックバージョンです
先程のカラーよりもより渋い印象が強くなるカラーリングです

IMG_9921

ブローのカラーと全体のカラーが馴染むので
ブローが濃くなり過ぎず、自然なイメージで使う事が出来ます。
IMG_9922

サイドから見た感じもカッコいい!
シンプルなのにJAPONISMらしさを感じるのは流石です

IMG_9936

今回からチタンパッドの仕様が変わっています

ちなみに↓の画像が今までのパッドの仕様です

IMG_9931

 どうでしょうか?
お分かりになりますでしょうか?

IMG_9939

チタンパッドを並べてみると
この様な感じ

IMG_9942

ほぼ答えみたいな画像ですが、こんな感じです

新チタンパッドは今までのパッドと比べ
かなり薄型になっています。

薄く、軽くなったチタンパッドは薄くてもフィット感は抜群です。

クラシックデザインなのに、しっかりJAPONISMを感じる
そんなデザインに仕上がっています

<JAPONISM sense> 新作揃いました!part,1

JAPONISM sense

シリーズの新作が全て揃いましたので【徹底解剖】していきたいと思います
【徹底解剖】の前に少しだけ
JAPONISM sense(ジャポニスム センス)シリーズのご紹介をしておきます。

センスシリーズは、2014年の春に発表された
ジャポニスムニューラインです。
トレンド、時代の空気感を抑えながらも
肩の力を抜いて掛けられる事をコンセプトにしています。
雰囲気だけでなくジャポニスム特有のかけ心地も備わった
スタンダードモデルに仕上げています

凄く簡単に言ってしまうと

<JAPONISMが作るクラシックメガネ>

男性だけでなく女性も掛けていただけるサイズ感やデザインも多いです。

JS-137 Col.04 Khaki Demi ¥36,000- (税抜)

IMG_9824ウェリントン型のコンビネーションフレーム
フロントはアセテートではなく

<セルロイド>

を使用しています
カラーはカーキデミカラーで少し渋めな印象のカラーになっています。

IMG_9825

 ウェリントンデザインで“厚み”のあるフレーム

フレームの表と裏の<角>
を落としている造りになっていますので
優しい印象に仕上がっています

ぷっくりしているので、ゴツくなりすぎないけど
しっかりフレームのボリュームは出てくれます

IMG_9829

テンプルを繋ぐ、チタン製の智元部分は
智元の金具がキレイに収まるように

<彫り込んで収まるようにしています>

ピッタリはまっていますので、智元の金具が動くことがありません
手を加え

IMG_9834

フロントが厚みと丸みがありボリューム感がしっかりあります
ですので、テンプルはシンプルに仕上げています。
ですが、そこはJAPONISMなので普通にしすぎない様に

ワンポイントアクセントをつけています

IMG_9836

先セル(モダン)に金具を仕込んでいます。
ノーマルの先セルに比べ、フレームにメリハリが生まれ
高級感も増します

テンプルの素材はβチタンを使用したバネ性のあるテンプルなので
顔を包み込むようなフィット感と軽いかけ心地になります

IMG_9837

先セルは デミカラーでキレイな質感です

 JS-137 Col.02 Brown Sasa¥36,000- (税抜)IMG_9842

こちらはブラウンササカラー

今回入荷してきたカラーの中では
スタンダートに使いやすいカラーではないでしょうか
顔なじみも良く、どんな服装にも合わせてくれるカラーです。

IMG_9843

濃くなり過ぎないカラーなので使い勝手がいいので
性別問わず使っていただけると思います

少し大き目の女子サイズ

として使っていただくのもいいかもしれません

IMG_9846

鼻パッドはクリングスタイプなので
細かい調整も可能です

IMG_9845

ツヤ感と造りがいいんです
この辺りの質感は実際に見て欲しいのです!

IMG_9849

無骨さと可愛さがミックスされたカラーです

 JS-137 Col.03 Clear Gray¥36,000- (税抜)

IMG_9852

一見普通っぽく見えるけど、掛けてみると結構個性的なカラー

【クリアグレー】

落ち着きはありつつ、独特な風合いを持つカラーです

IMG_9854
高級感と品の良さが漂う
大人なカラーに仕上がっています。

IMG_9855

全体のシルエットも落ち着きのある高貴な印象です
テンプル周りをシルバーにしています

IMG_9857クラシックな印象は残しつつ

スーツやジャケットに合わせて使う
ビジネススタイルでもいいのではないでしょうか?

IMG_9859

といいながらも、レンズに少しだけカラーを入れて
淡いサングラス仕様にしても良さそうです。
色々な可能性を感じるフレームです。

JAPONISM全てのシリーズに通じる事ですが
クリアやクリアグレー系のフレームがリリースされる事は多くありません。
クリア系のフレームのJAPONISMが欲しい!という方は今がそのチャンスです!

IMG_9861

皆様はどのフレームがお好みでしょうか?

秋っぽい?カラーのメガネ

暦の上では冬ですが、今回はタイトルにある通り

秋っぽいカラー

のメガネをピックアップしていきたいと思います。

LABYLINTH by 影郎デザインワークス PHEROMONE col,112  日暮れ¥25,000-(税抜) IMG_9377

スリムでセクシーな印象のフレームです。
この細さの、シャープデザインのメガネは最近では珍しいです。

<日暮れ>

と名付けられた暖色系の秋っぽいカラーです

IMG_9380

発色のキレイな、イタリア製の有名アセテート生地メーカーである

【マツケリ社】

の生地を使っています。
ワンロットだけの生産になっていた筈なので、数も少ないレアものです。

IMG_9382

秋の紅葉の様なイメージです。
ブラウンとオレンジのバランスが良い感じ
どちらかといえば、オレンジが強い感じですね

IMG_9385

AZにあるラストのフェロモンになります。
気になる方はお早めに!

lafont GAUFRETTE col,550 ¥45,000-(税抜)

IMG_9403

こちらはラフォンのゴーフレット
ラフォンらしい、フェミニンでセクシーなフロント
フロントの下部には栗?みたいな柄のアセテートを合わせています。

IMG_9406

お得意のエッチング加工を施してあるフロントとテンプル

何となく感じるパリの雰囲気

がいいです。
エッフェル塔の様なイメージを感じます。

IMG_9410

派手過ぎないけど、主張をしてくれるテンプルデザイン

IMG_9412

大人のかっこ良さを引き立ててくれるデザインに仕上げてあります。

KAMURO orgel オルヘル col,71701 ¥40,000-(税抜)

IMG_9413

カムロからはコチラのオルヘル

フロントデザインは王道のオーバル型

柔らかい優しいイメージで使えるフレームになっています。

IMG_9414

泡をモチーフにしたカムロが得意とする

<七宝&ラインストーン>

の組み合わせです。

IMG_9416

 ゴージャスすぎず、カジュアルになり過ぎない
大人なメガネです

IMG_9418

溝を彫ってあるアセテート生地に
チタンフレームを挟み込むという技法で作られているオルヘル

軽さは勿論ですが、かけ心地もすごくいいです。

JAPONIASM 554 col,005 ¥40,000-(税抜)

IMG_9422

JAPONISMの秋を感じる一本はコチラ
紅葉を感じる、オレンジブラウンのフレームカラーです。

IMG_9426

JN-554 の特徴は、何といっても立体感とボリューム

【油圧プレス】

の技法で作られていて、その姿はまるでゴーグルを彷彿させます

IMG_9427

ここまでの立体感のあるメガネも中々ありません。
このフレームが

一枚の生地から仕上がっているとは思えないほどの立体感

IMG_9431

見れば見るほど、どうやって作ったんだろう?
と疑問に思う程立体的に仕上がっています。

IMG_9433

 存在感抜群のフレームなので
好きな方はとことん好きなデザインではないでしょうか

TURNING T-180 ¥32,000-(税抜)

IMG_9388

谷口眼鏡のターニングからは

スクウェアで少しウェリントン

こちらのT-180です。

IMG_9390

ブリッジデザインもシンプルな形状です
目立ちすぎる事無く使えるデザインになっています

IMG_9392

ウェリントン系のクラシック感はありつつ
スクウェアのシンプルさもある、服装や場所を選ばないフレームです

IMG_9395

とはいいながら、明るめの生地ではありますので
没個性になりすぎない主張をしてくれます

IMG_9402

谷口眼鏡といえば!という日本地図

も刻印されています。

以上が秋っぽい?カラーのメガネです。
皆様それぞれの秋らしさを感じていただければと思います。

【トランクショー第2弾 JAPONISM&ic!berlin】ボストンクラブ編 プラ枠編

トランクショー第2弾

japonism_ponmegane

20150727_1495345

開催中です!

どちらのブランドもかなりの本数を借りていますが、
今回紹介するのはJAPONISMでもic!berlinでもありません。
今回紹介するのは、JAPONISMを展開している

bostonclub2

ボストンクラブがリリースするもう一つのブランド

bostonclub-re-1710

ボストンクラブを紹介していきたいと思います。
AZでボストンクラブのトランクショーをするのは久々です。
少しだけボストンクラブのブランド紹介でも。

ボストンクラブは1984年、創立時に製造していた社名をブランド名にしています。
セル巻きや、彫金模様のフレーム、メタルとプラのコンビ枠など
少しルーズでクラシカルなスタイルを、今のデザインの中に落とし込んだブランド
独特な風合いなのに、意外と手にしやすい価格など
JAPONISMと差別化しているブランドです。

今回はそんなボストンクラブの

<プラスチックフレーム>

をさらっと紹介していきたいと思います。

BOSTON CLUB HULL ハル col,4 blue

IMG_8112

王道なウェリントン、スタンダードで掛けやすいデザインのHULL(ハル)

“ワッパ”というスタイルを
プラスチック枠で表現しています

ワッパのスタイルはメタルフレームに多いですが
プラ枠でワッパのフレームはかなり珍しいです。

IMG_8113

ワッパのカラーはフレームカラーを目立たせるように
メリハリの効いたカラーリングになっています。

IMG_8116

全体の印象を、ワッパが引き締めてくれます。

普通のウェリントンにはなり過ぎず
かと言って個性的になり過ぎる事もない
絶妙なラインを攻めているデザインです。

普通のウェリントンでは物足りない方にはおススメな一本です。

IMG_8125

裏側

IMG_8126

ボストンクラブのフレーム先セルに施されている事の多い

<切り込み>

理由は定かではありませんが、滑り止めではないでしょうか。
グリップ感が増している気がします。

BOSTON CLUB HULL ハル col,1 black

IMG_8127

ここからはカラー違いです。
ブラックのフレームに、ブラウンデミのワッパを組み合わせた
落ち着いたカラーリングです。
骨太な印象の濃いめフレームなので、無骨な印象を与えることが出来ます。

IMG_8129

ワッパのカラーがフレームカラーにいい具合に溶け込んでいますので
ワッパの主張が出すぎず、他の人とは被らないフレームとして使えます。

IMG_8132

テンプルも極めてシンプルなラインになっています。
ハルの中では落ち着きのある使い方が出来そうです。

BOSTON CLUB HULL ハル col,2 Demi

IMG_8133

先ほどのcol,1black と逆のカラーリングになっています。
デミカラーベースの中の黒ワッパがしっかり主張してくれます。

IMG_8135

非常にキレイなデミカラーです。
クラシックの王道カラーをボストンクラブ流にアレンジしています。

IMG_8137

BOSTON CLUB HULL ハル col,3 Clear Gray

IMG_8139

クリアグレーのワッパが目立つ組み合わせ
フレームが濃いめの他カラーと違って、抜け間のあるクリアグレーです。

IMG_8142

クリアカラーのワッパも角度によって馴染んだり

IMG_8141

かなり主張してくれたりと、様々な表情を出してくれます。

IMG_8146

ハルを並べてみました。

個性的な印象も出しつつ
定番のウェリントン感も出てくれます。

BOSTON CLUB ANDY  アンディ col,2 Demi

IMG_8147

肉厚でポッテリとしたフォルム
ツヤ感もキレイなフロント

フレームが肉厚なのですが、無骨さはあまり感じない
可愛さ?も少し感じるフォルムになっています。

IMG_8150

ウェリントンのアンディのぷっくりした印象は

レイバンの超人気サングラス
【WAYFARER】

を彷彿させるイメージです
無骨なのに丸みもある、サングラスにしてもカッコいいデザインになっています。

IMG_8157テンプルは最近ではあまり見ない

<極太なテンプル>

極太ですが厚みが有る訳ではありませんので
意外と印象としては軽いです。

IMG_8158

ここまで太いテンプルのメガネは探しても中々ないのでは?
という程最近は少なくなってしまいました。
太いテンプルのフレームを探していらっしゃる方は是非!!

BOSTON CLUB ANDY アンディ col,6 Clear

IMG_8159

カラー違いのクリア
説明の必要はあるのか?という程、潔い透明なカラーです。

IMG_8160

どこからどう見ても、まごうことなきクリア・・・
クリアカラーのフレームは中々無いのが現状。

太いテンプルのフレーム・クリアフレーム

という組み合わせのこのカラーは、かなりレアなのでは?

IMG_8165

好きな方はとことん好きであろうデザインとカラーです。

無難なメガネは面白くない!
という方におススメします

IMG_8167

カラーが違うだけで随分印象が変わってきます。

王道っぽいカラーだけど、普通過ぎないデミ
色々普通じゃないクリア

サングラスとしてカラーを入れても面白いかもしれません。

という訳で、ボストンクラブのプラ枠編でした。
まだまだ入荷していますので
ブログを待ちきれない方は実物を見にいらしてくださいませ!

【JAPONISM 2019 SPRING/SUMMER COLLECTION】 sense編

JAPONISMの提案するクラシックなシリーズ

<JAPONISM sense>

今回はコチラの、センスシリーズを【徹底解剖】していきたいと思います。

JS-133 Col.01 Navy & Silver ¥39,000-(税抜)

IMG_7861

緻密なバランスで設計したボストンシェイプのメタルフレーム

スリムな印象で“強く出すぎない”ボストン

になっています。
細めのフレームですが、キーホールブリッジデザインになっています。
キーホールブリッジとは、ブリッジ部分が鍵穴の様なデザインを指します。
鍵穴の様な形状が、お顔に乗せた時にメリハリを出す効果があります。

IMG_7865

ヨロイ部分にカシメっぽく模様が彫り込んであります。
このポイントがあるだけでも結構フロントの印象が変わってきます。

IMG_7867

こちらのcol,01 はフロントが縁取りされているカラーになります
フロントとリムのカラーが変わっていますので、エッジの効いた印象になります

IMG_7872

βチタンを使用した、バネが利いたテンプルなので
かけ心地が柔らかく、軽いです。
このバネ性と掛けやすさは、流石JAPONISMといった所です。

IMG_7873
アクセントとなる飾りのついたモダン

全体的にスッキリしたデザインが
引き締まっていいポイントになってくれます。

IMG_7883

センスシリーズでのみ使用される

<JAPONISM>

の刻印入りの鼻パッド。
JAPONISMファンの方もあまりご覧いただいた事がないのではないでしょうか

IMG_7884

アクセントはありますが、全体的にシンプルなクラシック系のフレームなので

「クラシック系のメガネを使ってみたい・掛けてみたい」

という方におススメしやすい一本になっています。

JS-133 Col.04 Gun ¥39,000-(税抜)

IMG_7886

ここからはカラー違いです。
JAPONISMの王道と言っても過言ではない【ガンメタル】を使っています。

IMG_7888

カラーも相まって
かなりシンプルなイメージ

IMG_7889

テンプル周り・サイドからはこんな感じ。
落ち着きのあるカラーなので、ビジネスでも使っていただけそうです。

JS-133 Col.03 Mat Brown ¥39,000-(税抜)

IMG_7890

JS-133の中でもアンティークなイメージを出す事の出来る

マットブラウン

IMG_7896

マットもザラザラしている感じではなく、シルキーな
サラサラしたようなマット感なので、大人な風合いです。

JS-133 Col.02 Black & Gold Mat Brown ¥39,000-(税抜)

IMG_7898

ブラック×ゴールド

という、メリハリの利くカラーリング
カッコ良さが前面にでる、男らしい配色です。

IMG_7900

col,1のネイビーシルバーと同じく、縁取りされているカラーリング
ゴールド部分がピカピカな仕様になっていますので
しっかり目立ってくれます。

IMG_7903

エッジが際立つ配色なので
細めのフレームでも少し立体感が出てくれます。

IMG_7906

スリムなデザインですが、存在感があるカラーです。
どんな状況でもカッコよく使えるのではないでしょうか

IMG_7910

全部並べてみるとこんな感じです。

JS-134 Col.01 Gray & Gun¥38,000-(税抜)

IMG_7911

JAPONISMではかなり珍しい

『ヘキサゴン(6角形)シェイプ』

のコンビネーションフレーム
幾何学的でシャープなイメージのヘキサゴンシェイプを
単色の透明生地と繊細なメタルを組み合わせています。
それが独特な風合いを出してくれます。

IMG_7912

アセテート生地を被せ、シンプルになりすぎないデザインになっています。

IMG_7915

歴代のセンスシリーズの中でも個性的だと感じます。
センスらしいスリムなフレームですが、アセテート生地を被せた部分の
独特な風合いが、今までのセンスシリーズには無い
力強いイメージを演出してくれます。

以上が今回入荷してきた

JAPONISM sense

の新作になります。王道のボストンタイプや変わり種のヘキサゴンと
見どころのある新作になっていると思います。

【JAPONISM 2019 SPRING/SUMMER COLLECTION】

春の展示会でリリースされた新作が“ほぼ”入荷してきました。
ここ数年JAPONISMは

ネジを使わないシリーズである

<JAPONISM PROJECTION>

JAPONISMの提案するクラシックなシリーズ

<JAPONISM sense>

従来のシリーズである

<JAPONISM>

の3つのシリーズをリリースしています。
入荷してきたモデルを、シリーズ別に【徹底解剖】していきたいと思います。

 JN-655  col,1 Black¥32,000 (税抜)IMG_7919

ここまでスタンダートなスクエアフロントモデルは久々?

という位王道なスクエアデザイン
普通っぽく見せて、普通にはしないのがJAPONISM

IMG_7923

お気づきの方も多いかと思いますが

フレームのヨロイ部分が貫通しています

金属製スクエアパイプを使ってフレームを抜いています
日本のモダニズム建築からインスパイアされたデザイン。

IMG_7925

程よいアクセントで、主張しすぎることは無い
絶妙なバランスで作られたパーツだと思います。

IMG_7929
2002年に業界初の機構として板バネテンプルを発表以来
進化を重ねてきた構造にさらなる改良を加え

テンプルの上下と内外の調整を可能にしました。

IMG_7931

バネ性が柔らかすぎず、堅すぎずな丁度いいバランスなので
かけ心地はすこぶるいいです。

IMG_7927

クリングスはクッション性のあるβチタンを使用。
ノーズパットはチタンパットを採用し高級感を演出しています。

JN-655 col,2 Navy Sasa¥32,000 (税抜)

IMG_7935

 ブルー系のカラーもカッコいいです。
濃すぎず、クリアな部分もある生地なので、実際に掛けてみると
印象は意外と軽めな感じで掛ける事が出来ます

IMG_7939

最近のJAPONISMがお気に入り?なキレイなブルーです。

IMG_7942

JN-655 Col.04 DarkGray Sasa ¥32,000 (税抜)

IMG_7945

先ほどのブルーササのグレーバージョン

IMG_7947

光に透かすと凄くキレイに色が抜けてくれます。

IMG_7949

裏側からも撮影してみました。

IMG_7951

王道だけど、一目でJAPONISMとわかる部分をデザインに組み込んでくるのが
中々ニクイフレームです。

今回は、ノーマルシリーズのJAPOJNISMで締めます。
他のシリーズはまた次回【徹底解剖】したいと思います!

<ブランドディスプレイ>

前回のブログでディスプレイの話が出ましたので
今回は各社のオリジナルディスプレイをご紹介したいと思います。
POPやディスプレイも、各社様々な種類をだしています。
変わり種から正統派まで、AZにあるものの中からいくつかピックアップしていきます。

【KAMURO】

「美・観・楽・遊」というコンセプトのブランド
アクセサリーの様なメガネを出すブランドのディスプレイは
世界観を表現するように、
落ち着きはありつつ、可愛さも表現できるディスプレイになっています

タペストリーや金属製のPOP立てもKAMURO感満載です。

IMG_6934

シンプルなバージョンと
テンプルを埋め込んだ?ちょっと変わり種のディスプレイです。

IMG_6930

KAMUROらしく、ロゴを七宝のカラーで埋めています。
花や葉っぱモチーフの柄になっています。
ブランドイメージがディスプレイに集約されています。

IMG_7391

春の展示会でお目見えした新作ディスプレイ
メガネのテンプルにPOPを挟み込むこともできる
<機能性も持たせてあるディスプレイです>

【LABYLINTH BY 影郎デザインワークス】

影郎デザインワークス
のディスプレイは
《一癖も二癖もあります》

IMG_7395

デザイナー完全手作りの

《謎のディスプレイ》

モチーフが何かとか、謎の多いディスプレイですが
ブランドイメージと完全にマッチしています

IMG_7397

一筋縄ではいかない、個性的なフレームが多い影郎コーナー
そんなコーナーの雰囲気を更にアップさせてくれるディスプレイになっています。

【JAPONISM】

JAPONISMのディスプレイはブランドイメージを具現化したような
クールな印象のディスプレイです。IMG_7404

ドライバーセットをディスプレイにするあたりが
何だかJAPONISMらしいです。
ドライバーはJAPONISMのロゴ入りで、持ち手まで金属で仕上げています。

IMG_7402

3本セットではない、1本バージョンも存在します。

《10th ANNIVERSARY》

と刻印のある通り、
10周年の際に作られたディスプレイです。

《20周年記念》
オリジナルロゴメガネ拭き

IMG_9828

がリリースされたのが3年前の2016年
ドライバーはもう10年以上前のディスプレイ
という事になります。
こうして振り返ってみると歴史を感じますね。

【ic!berlin】 IMG_7406

(何か写り込んでいますが、気にしないでくださいませ・・・)
ic!berlinのディスプレイは、ブランドのアイデンティティ

《ネジを使わない》

構造を取り入れたデザインになっています。
実際にメガネに使われている素材をそのまま使っています。
素材だけでなく、製造方法も同じです。
違うのはメガネの形ではないという事のみ。

IMG_7411

といいつつ、実はメガネ型もあったりします。
これだけでブランドに興味を持ってもらえるような
インパクトのあるディスプレイです。

 【G4 OLD&NEW 】

IMG_6634

G4はメガネの分解図をディスプレイにしています。
意外とメガネに使われているパーツって多いんだな、と思います。
クラシカルなG4らしい、渋いディスプレイです。

 ディスプレイはブランドのイメージを伝えるのに最適なアイテムです
メガネを見るついでに、少し気にして見て見るのも面白いですよ

【JAPONISM PROJECTION】揃っています。

JAPONISMの新作

<PROJECTIONシリーズ>

の新作が入荷しています。
新作のプロジェクションは3型あったのですが
ブログでは紹介していませんでしたので、新作が入荷してきたこのタイミングで
まとめて【徹底解剖】していきたいと思います。

JP-030 Col.03 Gun ¥49,000-(税抜)

IMG_7010プロジェクションシリーズでも人気のツーポイントモデルの新作
長時間の装用でもストレスを最小限に抑えるよう、細部まで拘った設計
プロジェクションシリーズらしさ満載の一本です。

IMG_7012

ツーポイントフレームの弱点であった、

<ネジ部分の緩みやすさ>

その緩みやすさを改善するためにJAPONISMのツーポイントフレームは
四角頭のネジを採用しています。
四角頭のネジを使用することで、ネジ全体が空回りせず緩みにくい様になっています。

IMG_7013

全体のフォルムはかなりスッキリした印象
ビジネスで使う際、カッコよく渋く使えるデザインです。

IMG_7014

可動域の広いオリジナルアームにチタン製ノーズパッドを採用しています。
鼻への当たりだけでなくフレームのフィット感も高めます

JP-031 Col.01 Navy ¥49,000-(税抜)

IMG_7018

レンズサイズがゆったりサイズになったバージョン
JP-030 ではシャープになりすぎる・・・
そう感じられる方にはこちらのJP-031がおススメです。

IMG_7020

カラーはネイビーカラー
JAPONISMらしい落ち着きのあるカラーリングです。

IMG_7021

ちなみに、JP-030とJP-031は、レンズの入れ替えが可能です

JP-032 Col.03 Moss Green  ¥49,000-(税抜)

IMG_6988

シンプルなスクエアシェイプのフロント

立体感は最小限に抑えつつも<JAPONISM>のメガネ
と分からせるデザインになっています。

IMG_6993
シャープなエッジの効いたヨロイとテンプルへ続く引き締まったライン。
余計な装飾を省くことで、丁寧で美しい作り込みが引き立ちます。

IMG_6990

プロジェクションシリーズ特有の、ヨロイをフロントに固定する方法を利用した
新しいレンズ留め構造は、機能とデザイン性を両立。
洗練された無機質さと上質さ兼ね備えます。

IMG_6995

プロジェクションシリーズの象徴とも言える
垂直尾翼からインスパイアされた

<10万回の開閉テスト>をパスした”ラダーヒンジ”

ネジを使用せず、すり減った場合は部品を交換してまた使用できます。

IMG_7009

“ほぼ”緩まないと言ってもいいヒンジになっています。

シンプルですが、JAPONISMらしさはしっかりあるシリーズ
長く愛用できる逸品です!

あの人が掛けているメガネって何?

有名人が使っている、服や小物などは何かと話題になることが多いです。
ドラマで使っていた服やアクセサリー、靴などがブームになったりします。
最近では、メガネやサングラスも注目されるようになってきました。
あんまり大っぴらに出来ない部分もありますので
イニシャルで表記していきます。

アーティストであり、俳優でもある、物理学者の役で人気な
<M.H>さんがビール飲料のCMで使用されていた

 ic!berlin Gilbert T. カラーblack/pearl ¥49,000-(税抜)

IMG_6805

クールで男らしいic!のメガネです。
シャープさを残しつつ、きつくなり過ぎない印象のデザインに仕上げています。

IMG_6806

キリッとした印象とハードな印象を出して使えます。
ビジネスは勿論、スポーティな感じとしても使えます。

IMG_6807

次は、俳優の<A.G>
外資系投資ファンドの取締役としてドラマ出演した際に使われていた

JAPONISM JN-644 ¥42,000-(税抜)

IMG_6778

無駄のないエレガントなフォルム
1つのパーツからプレスで作り出されたフロントに、
光によって表情を変えるカッティングラインが
全体的な細さの中に重厚感を出します。

IMG_6779

一見するとシンプルですが、リムのカットが斜めにカットされています。
スリムなフレームですが、細すぎるという事でもないです。
クールで知的な感じを出しながら、怖くならない
絶妙なバランスで成り立っているフレームデザイン。

IMG_6784

テンプルはシンプルにスリムな形状です。

次もJANONISMです。最近公開された人気作家《池井戸潤》原作の映画
にて、<S.H>が使用している

JAPONISM JN-578 ¥42,000-(税抜)

IMG_6788

掛け心地の良さをとことん追求したモデルです。
立体感は抑えめですが、JAPONISMらしいフレームデザイン

IMG_6791

エッジがあるようで、実は丸みがある
クールな感じと、柔らかいイメージの両方を兼ね備えています。

IMG_6793

かなり特徴的な、テンプルの付け方になっています
この構造がかけ心地に直結してくれます。

メガネが衣装として、ビジネス系のドラマには欠かせないアイテムになってきました。

そんなビジネス系ドラマメガネからもう一本

これまた池井戸潤原作で、会社野球部のドラマで俳優の<Y.E>
使用していることで、AZにも放送時、多数問い合わせのあったモデル

ic!berlin Gabriel ¥46,000-(税抜)

IMG_6798

ic!berlinではかなり細めのデザインになっています。
細目でシャープなので知的でクールな印象が強く出てくれます。

まさしくビジネスマン!のイメージなフレーム

IMG_6801

スクウェアデザインですが、丸みも残っています。
このさり気ない丸みが、印象をきつくし過ぎない役割をしてくれるのです。

IMG_6799

メガネは使い方次第で、人の印象を変えることの出来るアイテムです。
キリッとした印象は勿論ですが、遊び人風にするなど
メガネ一つでガラッと変身できます。

 ドラマや映画など、気にして見て見ると役柄に合わせて
メガネを合わせている事が多いです。
どんなメガネを使っているのか気にしながらドラマなどを見るのも面白いですよ!