カテゴリー別アーカイブ: JAPONISM

これは本当に JAPONISM?スリムフレーム 【JN-648&JN-649】登場!

JAPONISMの新作

<JN-648&JN-649>

が到着しました。
タイトルにもある通り、このフレームはJAPONISMなのか?
と思う位細く、スリムなフレームになっています。
ですが、よくよく観察してみるとやっぱりJAPONISMなデザインと造り込み

そんな、歴代でも最もスリムであろうJAPONISMを【徹底解剖】していきます!

JN-648 col,02 Navy ¥40,000-(税抜)
IMG_5607

かなりスリムでスッキリしたフロントデザイン
フレーム上部の「リム部分」がほぼ見えないくらい細くなっています。

一見するとフチなしフレームに見えるほど

IMG_5609

角度を変えるとキチンとフレームがある事が分かります。
ナイロール糸の様な細いリムです。

ここまで細いリムはJAPONISMのフレームでは
“初”ではないでしょうか

IMG_5610

色付きのナイロン糸?

と、信じてしまいそうな位細いリムです

IMG_5611

かなりスリムなデザインですが、ブリッジには

《JAPONISM》らしさを残しています

細めのフレームになっても、ちゃんとJAPONISMしています。

極限までスリムなフレームは、ジャポニスムが新しく作り出したコンセプト

“バタフライフィット”

というコンセプトから生まれました。

軽やかに宙を舞い、優しく草木に止まり羽を休める
美しい蝶から着想を得ています。

不要なデザインとパーツを一切省くことで極限まで軽く、
負荷を感じにくいかけ心地を実現しています。
通常リムの約1/5の体積しかないβチタン製ワイヤーを用いたフロント
その厚み、実に

<0.7㎜>

ここまで薄くできるのか?という程薄くなっています。

IMG_5614

体積と形状を、緻密に計算されたテンプル
こちらも、かなりスリムに仕上げています。

IMG_5613

スリムに仕上げたテンプルは、バネ性と軽さは勿論
強度部分においても、しっかり造りこまれています。

細いフレームは過去にも↓の

IMG_5971

<JN-581>

などリリースされていましたが
今回の JN-648&JN-649 は、更にスリムで細くしてあります。

JN-648 col,03 Mat Black & Silver  ¥40,000-(税抜)

IMG_5598

こちらはマットブラックバージョン

IMG_5602

細いですが、マットの質感はちゃんと分かります。

IMG_5599

スリムなフォルムとマットな質感
ツヤがあってギラっとするのもいいですが、落ち着いたマットも
スリムなデザインにマッチします

JN-649 col,01 Star Gold  ¥40,000-(税抜)

IMG_5582

先ほどのJN-649 のレンズデザインが違うバージョン。

レンズデザインが大き目になっています

IMG_5593

レンズが大きめになっても、しっかりシャープでスリムなデザインは健在

IMG_5589

ツヤのあるゴールドカラーですが
スリムデザインのお陰か、きつい印象にならないゴールドとして使えます。

IMG_5592

<薄すぎるフレーム、やっぱりナイロール糸なんじゃないか?>

と思う程細いです

IMG_5593

スリムで、レンズデザインもゆったりなので
大人なイメージのフレームだと思います。

IMG_5621

JAPONISMの新しい風を感じる新作。
スリムなJAPONISMを是非体感しにいらしてくださいませ。

【JAPONISM】JAPONISM流ウェリントン到着!

JAPONISMの新作が入荷しています!
今回は新作と、少しレア?なJAPONISMも合わせて
【徹底解剖】していきたいと思います。

JAPONISM 650 col,2 ¥46,000- (税抜)

IMG_5336
シンプルですが、無骨な力強さと佇まいを感じるデザイン

JAPONISM流のウェリントンです

IMG_5340

フロント正面に施された段差加工が、
平面的な中にさりげなく主張する存在感や個性を出してくれます。

よく観察しないと分からない加工ですが
このさりげない加工があるかないかで、立体感や影の出方が変わります。

IMG_5342

最大8mm~最小4.5mm
のメリハリある厚み設計

ブリッジと一体のチタンパーツがフロントの強度と質感を同時に高めます。

IMG_5343

テンプルは幅広で存在感が抜群なチタンテンプル。

IMG_5345

幅広ですが、テンプルの厚さは薄いので重さは思っている以上に軽いです。

かけ心地を柔らかくする為の構造にもなっています。
一見すると堅そうなフレームですが、実際のかけ心地は軽く掛けやすいです。

IMG_5351

パッドはチタンパッドを使用しています。
クラシカルなフレームにチタンパッドを合わせると、
高級感や存在感がより増してくれます。

IMG_5356

プラスチックのカジュアルさと、チタンパーツが持つラグジュアリーさをプラス
落ち着いた印象だけど、どこかカッコいい
そんなフレームになっています。

JN-651 col,3 Dark Gray&ToramokuBlue  
IMG_5360

先ほどのJN-650の細目バージョンです。
浅めのレンズ天地幅は、ビジネスシーンでも使いやすいデザインです。

IMG_5363

こちらのフレームは、スクウェア系のレンズデザインになっています。
段加工もJN-650と同じく施してあります。

IMG_5365

フレームの下部には
JAPONISMのアセテート生地の中でも人気がある

ToramokuBlue (トラモクブルー)

を使用しています。
質感やカラーはかなり独特な風合いのアセテート生地です。

IMG_5366

ゴツさを抑えて、少し丸みのあるデザインにしてあります。

IMG_5367

テンプルの太さはJN-650 と変わらない、極太な仕様になっています。
細めのフロントに対して、しっかり太目のテンプルなので
JAPONISMらしいボリュームもしっかり感じられます。

IMG_5374

こうして並べてみると、フレームデザインの違いも分かります。

幅広で、ゆったりしたJN-650

細目で少しシャープなJN-651

似ているようで、やっぱり違う兄弟品番です。

新作として入荷してきたのは以上のフレームになります。
これだけでは少し寂しいので

<少しレアなJAPONISM>

を今回はピックアップしていきたいと思います。

JN-554 col,05 redbrown sasa

IMG_5377

 圧倒的なインパクトを放つJN-554

“油圧プレス”

で製造したフロントは“圧倒的存在感”のあるオールプラスチックフレーム。
油圧技法でしか表現出来ないダイナミックなフォルム

「ダブルループ」

は、今までの眼鏡の固定観念を大きくかけ離れ、
今後のデザインの更なる可能性を感じさせます。
テンプル部分は、もちろん掛け心地の良いβチタンの板バネを内蔵。
独特な世界観を構築しているジャポニスムらしいモデルです。

IMG_5378

造り方を知っていたとしても、どうやって作るのか分からないです。

IMG_5379

一枚のアセテート生地が、こんな風になるなんて圧巻です。

57987335a8212820146df31e_DSC_2983

ではここで、

「油圧プレス」

についてご紹介します。本来「油圧プレス」とは、
メガネ生産だけに使われている技工名ではなく、
一般的な加工技法のことなのですが、ジャポニスムではこの技巧によるフレームを、

「油圧」や「油圧プレス」

などと呼び、2002年頃から発表しています。この技法は、

アセテート生地を機械にセットした金型にはさみ

何トンもの圧をかけながら材料を押しだす事で、金型と同じ形状を作り出す

時間と力加減をコントロールすることにより、
独特の造形を形成することが可能であります。
油圧プレスの特徴は、メリハリのある立体的なデザインを

<一枚のアセテート生地から作り出せること>

通常は2~3枚のアセテート生地を張り合わせ、
余分なところは削って形成していきますが、この油圧プレスを使えば、

つなぎ目のない一つの素材から形成できます
アセテート生地の柄をそのまま活かしたデザインが可能になります。

油圧プレスができる工場は鯖江にいくつかありますが、
ここまでの立体感を表現できるのは

《日本でたった一つの工場だけ》

ジャポニスムの歴代の油圧フレームは、この貴重な技術を使い作られています。
しかし門外不出の技術のため、デザイナーも現場には立ち会った事がないらしいです。
そういった非常に難しい技術を使い、製作される「油圧プレス」のフレーム

IMG_5383

こんな立体感を作ることが出来るのも「油圧プレス」ならでは

IMG_5388

JAPONISMらしい一本です。
少し前のフレームですが、今見ても色あせない素晴らしいデザインだと思います。
ラスト一本になっていますので、気になる方はお早めに!

JAPONISM久々の逆ナイロール【JN-645】登場!

JAPONISMの新作であるJN-645が入荷しました。
この645は久々に登場する

【逆ナイロールフレーム】
逆ナイロール=アンダーリム

とも呼ばれる、

フレームの上部が抜けたデザインのフレームです。

あまり多くリリースされるデザインではありませんが
独特のデザインなので意外と探している方も多いデザインです。

そんな逆ナイロールのJAPONISM版

カッコいいに決まっています。
という事で、今回のブログはJN-645一本でいきたいと思います。

では早速【徹底解剖】!と行きたいところですが、
せっかくなのでJAPONISMからリリースされていた
逆ナイロールフレームを振り返りたいと思います。

「早く新作を紹介しろ!!」

という方は下にスクロールしてください・・・。
やっぱり飛ばさないで見てほしいです・・・

JAPONISMの逆ナイロールフレーム第一号が先ほども書きました。

【JN-432】

jn_432_main (1)

販売から既に10年以上経っていますが、未だにあせないデザインです。
今でも現役で使っている方も多く、JAPONISM初の逆ナイロールですが

最初の逆ナイロールデザインですでに完成されたデザインだと思います。

当時流行していた立幅が短い、かなりシャープなデザインも特徴です。

『JAPONISMが逆ナイロール作ったらこうなる』

とユーザーのイメージをそのまま形にしてくれた。
そんなイメージの一本だと思います。
人気作でしたので、リピートや追加カラーが発表されたり
JAPONISMの中でも長くカタログに載っていました。

ちょっと変わり種?の逆ナイロールもリリースされました。

【JN-499】

ダウンロード

一見するとJAPONISMらしくない?デザインです。
テンプルは中空構造の為、非常に軽量でフィット感に優れています。
SNPナイロンという素材を利用したサドルパッドは、通常のパッドとは違い
「面」でホールドする構造で、鼻への負担をより軽減します。
JAPONISMですが、サラッとしたデザインのフレームです。
素材感にこだわった一本。

【JN-506】

ダウンロード (1)

JAPONISM初の逆ナイロールプラスチック。
内厚12mmのボリューム感が凄いフレームデザインになっています。
サイドにカッティングを施し、ボリュームアップをさせています。
サイドからのボリューム感の凄さが印象的な一本です。

【JN-525】

 jn525_col04s

JN-432以来のメタルアンダーリムタイプ。
フロント強度を持たせる為にチタン製カットリムを使用しています。
レンズを入れることで一体感のあるデザインに仕上がります。

JN-432よりもレンズサイズが大きめなので、少しゆったりしたデザインになっています

さて、いよいよ新作である

【JN-645】
col,01  Mat Silver/Navy

IMG_1448

横長でシャープなデザインになっています。
JN-525よりも、最初に逆ナイロールとしてリリースされた
JN-432のデザインに近いです。

IMG_1449

流麗で立体的なデザインのアンダーリムフレーム

剛性が必要なブリッジと
レンズを固定するアンダーリム中央部分にはチタン

バネ性が不可欠なアンダーリムのサイド部分と
テンプルにはβチタンを使用。

素材を厳選し使い分け
一つのパーツの中で組み合わせることで、その機能性を最大限に引き出しています。

IMG_1451

フロントとテンプルのカラーが変えてありますので、
サイドから見るとツートンカラーになっています。
フロントからの流れでツヤなしのシルバー
テンプルは少しシャーリング仕様になっているネイビーカラー。
フロントのマットシルバーは印象的にクールな印象になるので
テンプルのネイビーでクールさを少し中和しています。

IMG_1452

サイドから見たテンプル周りの流れるようなデザイン。
カッコいいです。

IMG_1454

テンプルエンドや先セルなどと呼ばれる部分のカラーにもこだわっています。
col,1に使われている先セルは、グレイ系のササ柄。
耳にかかる部分ではありますが、チラッと見える部分でもあります。
見えない部分もこだわるのがJAPONISMです。

col,2 Metallic Gray

IMG_1456

フロントはメタリックグレイ。
JAPONISMらしい、落ち着いたガンメタル系のカラーになっています。
よくよく見ると、少しだけローズがかっているのですが、
肉眼で見ると何となくそう見える感じなのです。
その細かいニュアンスは是非手に取って確認してみてくださいませ。

IMG_1458

こうしてみると、ちょっとローズがかってみえますね。
テンプルはマットブラック?マットグレイ?
JN-645のカラーラインナップのなかだと落ち着いたイメージで使うことが出来ます。

IMG_1462

ツートンカラーなのですが、カラーが同系統のカラーなので
シンプルな使い方が出来ます。

IMG_1463

先セルは、赤みのつよいパープル
光を当てると赤っぽくなりますが、肌に乗せるといい具合に馴染んでくれます。

col,05 Mat Black

IMG_1428

JAPONISMのマットブラックは、マットと言っても
ザラザラな感じのマットではなく、シルキーなマットブラックです。

IMG_1432

テンプルはマットシルバーになっています。
JN-645のカラーバリエーションの中ではかなりインパクトのある色の使い方です

IMG_1435

先セルには最近復活した

『トラモクブルー』

と呼ばれる生地を使っています。木の模様である

『杢 もく』

をイメージした、アセテート生地になります。
独特の風合いが逆ナイロールフレームを引き立ててくれます。

全部で5色あるのですが、入荷した当日2本旅立ってしまいました。
JAPONISMの中でも珍しい逆ナイロールなので
気になる方はお早めに!

【春の展示会】に行ってきました!

先日の火曜日と水曜日に

春の新作を仕入れに、東京まで行ってきました!

初日は店長チーム、二日目は若者??チームで仕入れをしてきました。

秋の展示会は国際展示場、またはその周りで行われますが

春展は渋谷周辺で展示会が行われています。

我らの班は、渋谷ヒカリエで行われている展示会

come2018-webban

【come カム】

での仕入れを任されました。

japonism_ponmegane

img_brand_bcpc_logo@2x

AZでも人気のブランドの仕入れなので、自ずとテンションもあがります。

朝一番の仕入れなので、自ずと気合も入ります!
まずは記念撮影!スタッフMにお願いして撮っちゃいました。

20180411_100619

記念撮影も終わり、
早速、JAPONISM&BCPCを仕入れに行きます。

まずはJAPONISMから行きます。
きっと待ち望んでいた方も多いであろう、

『逆ナイロールフレーム』

アンダーリムと呼ばれるデザインの久々の新作です!

JN-645

20180411_101826

JAPONISMらしい、横長のシャープなデザインです。
昔、JN-432という逆ナイロールフレームがありました。

jn_432_main
このJN-645は、JN-432の後継版と言ってもいいでしょう。

20180411_101846

テンプルは少し形状を変え、プラスチックからチタンテンプルになっています。
JN-432と比べて全体的に、シャープな印象が強くなっています。

次は

JAPONISM初
『跳ね上げメガネ』

20180411_101336

跳ね上げメガネは、手元を見るときなどにメガネを外さないで
近くを見ることが出来る構造のメガネです。
しかしこの『跳ね上げメガネ』はカッコいいものが少なかったです。
このJN-643は洗練された上質さと機能性を両立させた、クールなフレームです。

JAPONISMは他にも新作はありますが、入荷してからのお楽しみという事で。

BCPCの紹介に移ります。

20180411_102752

今回のBCPCは、

今まで以上にクラシカルな雰囲気の新作が多かったです。

新作は、ほぼクラシック系と言ってもいい位でした。
BCPCらしい、少しだけ可愛さを出したクラシック。
“らしい”デザインがリリースされます。

20180411_102826

フレーム上部を段にして、そこに七宝を焼き付けている
ちょっとだけ可愛い一本です。

JAPONISMもBCPCも仕入れに夢中で、あまり写真は撮れていません・・・
新作が届きましたら、しっかりブログに上げますので今しばらくお待ちください。

そんな、JAPONISM&BCPCの仕入れが終わり、
COMEの会場の他のブランドを見つつ別会場に向かいます。

次に向かうのは、表参道と渋谷の間位にある

オークリーの展示会場

20180411_114850

会場の写真は【NG】でしたので、会場前にあった新作の写真です。
新作は視野が広く、風の抜け道を作って曇りにくくした
大きめのスポーツサングラスです。
上下幅もかなりありますので、現在の

レーシングジャケット・ジョウブレイカー

などのサングラスと同じように、
ランニングや自転車などで使う方におススメできる一本です。

オークリーの情報も仕入れた時点で時間はまだ、お昼の13時過ぎ。
時間もありますので、表参道ヒルズで行われている

slit

SLITへ行くことに。
オークリーの展示会場から、歩いていける距離でしたので
アポイントを取っているわけではありませんが、チラッと新作をみれたらな。
という感じで

表参道ヒルズへGO!

SLITはヨーロッパブランドを中心とした展示会です。
AZのブランドだとJ.F.REYやBOZ、theoなどが出展しています。

その両ブランドも、丁度空きがあったので見ることが出来ました。
急遽お邪魔しましたので、仕入れはしていませんが
近々AZに来てくれるそうなので、そこで仕入れの風景など撮れたらいいな
なんて思っています。

そんなこんなで、様々な新作や情報を仕入れた展示会。
最後は恒例?になっている

俺のイタリアン

を食べて帰ります。疲れもたまっていたので、
がっつり

Tボーンステーキ

を頼んでみました!

20180411_173320

二人でシェアしても十分満足できる量でした。
一日の疲れも忘れさせてくれる、良い締めくくりとなりました。
皆様も東京に行った際には『俺の』レストランに行ってみてください。

展示会で仕入れしたモデルは順々に入荷予定です。
入荷してきた順にブログでは上げたいと思いますが、
ブログよりも、Facebookやtwitterの方での更新の方が速攻性があると思います。

よろしければ、ブログ以外のSNSもご覧いただけたらと思います!

【JAPONISM 新作 JN-639&JAPONISMケース】

JAPONISMの新作が入荷してきました。
これで新作はほとんど揃ったことになります。
新作のJN-639は

JAPONISM黎明期を彷彿

させるようなデザインになっています。
では早速【徹底解剖】してきたいと思います。

JN-639 Black Red & Gun

IMG_0620

流線的なラインが美しいモデルです。
フロントバーにはβチタンを使い、バネを効かせた装用感を実現しています。
ヨロイからテンプルにかけ、途切れることなく続く曲線的な面構成は、
シャープさだけでなく、独特の雰囲気を生み出します。
テンプルを上下に分けたカラーリングもポイントです。

IMG_0621

ブリッジの立体感やテンプルの感じ。

JAPONISMといったら、これ!

と思われる方も多いデザインになっています。
フロントやテンプルのボリュームをすっきりさせて
今の流行に合わせてきたデザインに仕上げてきています。

IMG_0623

フロントとテンプル周りの造りがたまらないです。
流線的なデザインで、立体的なテンプル。
このラインがJAPONISMらしいです。

IMG_0626

しっかり立体感はあるけど、シャープさとスリムな感じ。
昔からのJAPONISMファンも納得のデザインです。

Col.04 Dark Navy & Gun

IMG_0628

落ち着いたブルー系のネイビーカラーです。
ネイビー系のカラーは初期のJAPONISMには無かったカラー。
落ち着いた印象で、ブルーが強く出ないので
仕事などでも、派手に色が出すぎずに使うことが出来ます。

IMG_0631

色の入り方が綺麗です。
ギラっとした感じとブルーの落ち着きのあるバランス。
JAPONISMならではのカラーリングです。

IMG_0634

サイドから見た立体感。
テンプル先の先セルも『トラモクブルー』を使用
青系のカラーでまとめ上げているクールな一本

ビジネスでかっこよく使っていただきたいJN-639
薄く色を入れて薄サングラスとしてもカッコいいですよ。

さて、今回はもう一つご紹介したいJAPONISM。
JAPONISMの影の立役者

JAPONISMケース

年代や、シリーズによって種類のあるケースをご紹介します。
ケースもJAPONISMらしさが満載です!

IMG_0638

現行のメインケース。
合皮のクールなケースになっています。
JAPOMISMは立体感がありますので、その立体感のあるフレームも
ゆったり入る大き目サイズになっています。

IMG_0642

中も柔らかい素材になっていますので、
そのままメガネを入れてもキズが付きにくいです。
JAPONISMのロゴも刻印されています。

お次は、ちりめん生地を使った

tm-49

ちょっと・・・いや、かなりレアなケース

IMG_0645

ちりめん生地を使った、ボタンタイプのケースになります。
JAPONISMの初期型ケースで、AZにも1つしか残っていません。

IMG_0653

小さく見えますが、JAPONISMのケースなのでしっかり深さもあります。

IMG_0652

がっぽり開きますので、出し入れも容易に行えます!
気になる方がいらっしゃれば、一言お声がけください。

お次もちりめん生地を使ったケース

IMG_0656

JAPONISMではおそらくこれだけ?
であろう、ボタンタイプのケースです。

IMG_0673

他のケースと比べても、少し小さめですが深さと形も相まって
しっかりとケース内にメガネが収まります。

IMG_0674

しまるのか?と思いますが。

IMG_0669

ちゃんと圧迫感もなくしまえちゃいます。
このケースも初期の頃のケースですが、まだ少量ですが在庫がございます。
こちらも気になる方はお声がけください。

お次はJAPONISMケースの中でもかなり大きめのケースです。

IMG_0677

半月型の、大き目ケース。
おそらく、JAPONISMのメガネで入らないものは無いのではないか?
というほどの、ゆったり大き目サイズになっております。

IMG_0683

JAPONISMの中ではシンプルなデザインのケース。

IMG_0684

圧迫感とは無縁のサイズ感。
大きめのサングラスでもいけちゃいます。

通常シリーズのケースはこんな感じになっています。
他のシリーズのケースもありますが、それはまた後日ご紹介します!

新作【JAPONISM 】到着!JN-635 JN-636 JN-637

JAPONISM秋の新作が入荷して参りました!
今回、入ってきたのは

<JN-635>

<JN-636>

<JN-637>

JN-635はシンプルなセルフレーム

JN-636とJN-637は兄弟品番で、
フルリムタイプとナイロールタイプのツーバージョンです。

JN-636 col,05

IMG_0111

フロントは、強度を高めるためにあえて薄く圧延し

【密度を高めたチタンにしてあります】

フロントのカット面の仕上げは、職人が手作業で仕上げたもので
機械だけでは作り出せない表面に仕上げています。

IMG_0112

フロントデザインがベーシックなデザインなので
ビジネスシーンでは勿論、カジュアルに使っても浮かないです。

IMG_0107

テンプルの色使いが今までのJAPONISMにはない、
少し変わった色合いになっています。それもそのはず

このフレームの特徴は

「Float Spring(フロートスプリング)」

を採用した独特なフォルムのテンプル
フロートスプリングとは

変則的な形状の【βチタン芯】
アセテート生地で
【上下に貼り合わせ挟み込む技法】

ヨロイは、フィッティング調整がしやすく、変形が少ない設計です。
JN-636とJN-637 のテンプルは上下の色の変化はなく、
横方向にグラデーションになっています。

落ち着いたJAPONISMらしさはありつつ
新しい技法を取り入れた、意欲的な品番です。

他のカラーは以下の感じになります。

JN-636 col,01 Titanium

IMG_0108

テンプルは

IMG_0110

クリアグレーのテンプルからブラックに変化しています。
チタンカラーにブラック系のテンプルなので
落ち着きのあるシックな使い方が出来ます!

JN-636 col,03 Khaki Gun

IMG_0104

テンプルは

IMG_0107

クリアブルー系のカラーから、グリーンブラウン系のカラーに
グラデーションしていきます。
ガンメタル系ですが、カーキ系のフロントになっていますので
ギラつきも少なく、クールに掛けることが出来ます。

フルリムバージョンのJN-636はこんな感じです。
ではお次はJN-637を紹介です。

JN-637 col,04 Light Black

IMG_0091

JN-636のナイロールバージョンになります。
ナイロールフレームなので、スッキリ目のJN-636が
更にスッキリした感じで使えます。

IMG_0092

フロントのカットも同様に行われていますので、
スッキリはしつつ、ボリュームあるフロントです。

IMG_0094

テンプルもJN-636同様【フロートスプリングテンプル】になっています。
クリアピンクから、ブラックスパイダーのグラデーション。
今までのJAPONISMでは、あまり無いピンク系の生地を使っています。

JN-637 col.02 Grayish Blue

IMG_0100

フロントは【ガンメタルカラー】で落ち着いた印象です。

IMG_0101

クリアグレイ系のテンプルから、クリアブルーのテンプルに
グラデーションしていきます。

IMG_0103

生地の色の、切り替わりが非常にキレイに仕上がっています。
グレーブルーの組み合わせなので、今回入荷してきたフレームの中でも
かなりクールな印象で使えます。

少しメガネの印象を出したい場合はフルリムの

【JN-636】

メガネの印象は出しつつ、ビジネスシーンでクールな感じを出したい場合は

【JN-637】

といったイメージで選ぶといいかも?しれません。

JN-635 col,05 Mat Black & Red Wedge

IMG_0080

最近ではめっきり珍しくなった?
JAPONISMのセルフレーム。
シンプルな中にもJAPONISM感がしっかり入っていますので
そこを掘り下げていきたいと思います。

JN-635はより顔にフィットさせることを目指しデザインしたモデルです。
テンプル芯は、前述した

「Float Spring(フロートスプリング)」

IMG_0085
さりげなく計算されたテンプルは、頭を包み込むフレーム形状を実現するため、
ヨロイを約45°(半曲智)曲げています。

テンプルのカラーが
上と下で分割されたカラーになっているのが特徴的です。

IMG_0086

表はマットカラーですが

IMG_0087

テンプルの内側はツヤになっています。
さりげない色の遊び方がいいです。

JN-635 col.03 Blue Sasa

IMG_0088

こちらのカラーは一見【黒】ですが。

IMG_0089

実は濃いクリアブルー系のカラーになっています。
【ブルーササ】と呼ばれるカラー。
「ササ柄」のササは笹竹のササから取ったものだそうですが、眼鏡
業界の専門用語とのことで、他では通じないようです。
よくよく見ると、笹の様な柄な気がしませんか?

IMG_0090

フロートスプリングテンプルも健在です。

IMG_0116

特殊な形状のフロートスプリングテンプルは
フィット感はさることながら
長年の使用で生地が縮まっても、抜けにくいなどの利点もあります。

今回届いたJAPONISMの新作は以上になります。
まだ入荷していないモデルもありますが、
それらは入荷次第すぐ

Twitter

Instagram

などでお知らせします。では、今回はこのあたりで!

【JAPONISM】ツーポイント特集。

AZでも人気のブランド

japonism_ponmegane

立体的なメガネを作るのが得意なブランドです。

<メタルフレーム>

<セルフレーム>

<竹フレーム>

<べっこうフレーム>

<木のフレーム>

<18金>

などなど、様々なメガネを作っています。

その中でも今回は意外とレアもの?
JAPONISMの

ツーポイントフレームを特集したいと思います。

JAPONISMはこれまで色々なメガネをリリースしていきました。
その歴史の中でも、ツーポイントフレームは

かなり数が少ないのです。

というのも、結構な数のメガネがJAPONISMから出ていますが、
今までJAPONISMのツーポイントフレームは

<6型しか出ていません>

6型しか出ていませんが、それら全てが【非常に人気が高いモデル】です。
もう廃盤になってしまったモデルも含めて紹介していきたいと思います。

そして今回新たに、JAPONISMツーポイントの仲間入りのフレームが登場しました。
新しいツーポイントも一緒に、歴代のツーポイントも紹介していきたいと思います。

まずは

【JAPONISMのツーポイントと言えばこの形】

と言っても過言ではない、JAPONISMのツーポイント

JN-419

jn_419_col3f

“ツーポイントといえばフチなしでスッキリ”
といったイメージを覆した一本です。横長でシャープな印象のレンズシェイプ。
智元(ヨロイ)と呼ばれるパーツの、ごつさと立体感が男心をくすぐるメガネです。
廃盤になった今でも、問い合わせのある人気のツーポイントです。
このJN-419は、歴代のツーポイントの中でも最もカラーが出たモデルです。
それだけ人気の高いモデルだという事が分かりますね。

JN-465

IMG_9833

JN-419の後にリリースされた、
シャープなツーポイントです。

IMG_9835

JN-419よりもヨロイ部分の立体感とボリュームがアップしています。
このJN-465は
レンズシェイプのバリエーションが多く

<ゆったりしたJN-465(Ⅱ)>

<シャープにしたJN-465(RⅠ)>

<(RⅠ)をよりゆったりさせた(RⅡ)>

とJN-465はレンズバリエーションが
<JAPONISMツーポイントの中でも最も多いです>
こちらも廃盤フレームになってしまっています。
ですが、AZでは2本だけ在庫がありますので気になる方はぜひお早めに!

JN-510

jn_510_col03

JAPONISMツーポイントの中でも、

最もボリューム感と立体感のある一本。

一見するとフチなしには見えない程、ヨロイ部分がゴツイです。
ツーポイントらしくない所が良いフレームです。
こちらはまだメーカー在庫がございますので
気になるカラーがございましたら、お問い合わせくださいませ。
ちなみに今AZには在庫はございません・・・

JN-588

IMG_9840

JN-419のデザインを引き継いだ?JAPONISMらしいデザインです。
シャープさは残しつつ、綺麗に仕上げています。

IMG_9843
フチなしだけどメガネはしっかりインパクトを残せます。
419のスタンダートさを残しつつ、ボリュームもある
今後のジャポニスムツーポイントを引っ張っていくフレームではないでしょうか?

JP-011

jp011c01

ネジを使わないシリーズである

“プロジェクションシリーズ”

そのプロジェクションからは極めてシンプルなツーポイントが出ています。
ビジネスシーンを意識しているモデルで、テンプルも細目です。
JAPONISMのフレームの中でもシンプルな一本です。

AZには特別バージョンである

<カーボンテンプルのJP-001>

が在庫しています。ツーポイントではありませんが、
JP-011に似たカーボンシートを
20数枚重ねて作られている特別なテンプルになっています。
ラスト一本で、もちろんメーカー在庫もありません。
気になる方はお早めに!

JP-012

JP_012Col_103

こちらも“プロジェクションシリーズ”
このツーポイントは、中々変わったデザインになっています。
JAPONISMらしくない?ゆったりしたクラシカルなデザインです。
大人な雰囲気が出せるフレームだと思います。

そして遂に登場!最新のツーポイント

JN-638

オールチタンシリーズから初のツーポイントが登場です。
かなり細めのフレームになっています。
前述のJP-011よりも更にシンプルに、
色々なものをそぎ落としたデザインになっています。

IMG_9845

レンズシェイプもスタンダートでキリッとしています。

IMG_9847

ブリッジ部分も極力シンプルに仕上げています。

IMG_9849

テンプルは極細仕様です。
ここまでシンプルで細いのですが、顔に乗せると不思議と目立ってくれます。
品良くカッコいい感じで使えます。

IMG_9853

もはや定番になりつつある

【メタルパッド】

も標準装備しています。クールで知的なJAPONISMです!
この638を筆頭に、オールチタンシリーズは
JAPONIMを初めてかける方におススメなシリーズです。

JAPONISMのツーポイントを紹介してきましたが、
気になるツーポイントは見つかりましたでしょうか?
ツーポイントと一言で言っても様々なデザインがあります。
店頭にいらして頂き、違いを感じていただけたらと思います。

では次回のブログでお会いしましょう。

遂に到着!JAPONISM High Stage 1005

【Facebook】

【Twitter】

ではお知らせしましたが、ようやく・・・

img20160210191923403521 (1)

JAPONISM High Stage 1005

が到着しました!

IMG_9477

予定デリバリーでは6月後半とのことでしたが、やはりそこはハイステージでした。
一筋縄ではいきませんでした。
2ヶ月を経て

ついに入荷してまいりました!

全4色展開ですが、今回入ってきたのは

IMG_9506

Col,01 Silver

IMG_9479

Col,02 Gray

の2色が入荷しています!

という訳で今回は、1005を隅から隅まで徹底的に解剖します。
早速行ってみます!

メガネはデザインが仕上がったメガネを量産する前に、必ずサンプルを作ります。
そのサンプルを作る人を

“モデラー”

といいます。モデラーとは、デザイナーの描いたスケッチをもとに立体モデルを作り、

それをどの様な行程で制作していくのか
現場を指揮していく重要なポジションです

数々のサンプルを作り続けてきた腕利きの職人も

「これは無理でしょ・・・」

と言ったらしいです。
その工程の難しさや、デザインを形にすることの難しさを対談で語っています。
中々面白いので

コチラ

に載せておきます。
1005の製作が、いかに難しいというのがわかるインタビューになっています。
要約しきれないので是非、ご覧くださいませ。

では実際に、1005の写真とともに【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_9479

1005の特徴といえば、

【立体感】

ハイステージシリーズは、通常のシリーズよりも立体感やボリューム感があります。
その中でも、ハイステージの1003はかなりの立体感でした。
今回の1005は、

“1003の立体感を超える!”

立体感を実現しています。
接写した写真と共に、1005を見てくださいませ。
IMG_9481

まずはブリッジ部分!

ブリッジ部分は、ジャポニスムらしく
立体成形で飛び出たデザインです!
前に飛び出したブリッジデザインこそ
“JAPONISM”らしさと感じられる方も多いと思います。

IMG_9484

フロントからテンプル周りです。
近くで見ると凄いボリュームと凹凸です。

IMG_9507

流れるような曲線、キレイに仕上がっています。

IMG_9483

横から見ても分かる立体感、これぞハイステージです。
フロントのプレスが凄いので、

蝶番の位置が、他のメガネと比べて後ろについています。

IMG_9511

1005はがっちり、ゴツイデザインですが
バネ性を持たせている構造になっていて、かけ心地もいいです。

硬すぎず、柔らかすぎないヒンジになっています。

IMG_9491

上からみると、フロントの形状がよりわかります。

IMG_9492

下から見ても分かるハイステージ

立体感的なシルエットでボリュームがありますが、

不思議ですが、掛けてみると重さを感じません。

チタン製のフレームということももちろんありますが、かけた時のバランスが
分散しますので、実際のかけ心地はとても軽いです。

IMG_9493

畳んだ時のボリュームもかなりあります。
ですので、ケースも既存のケースには入りません。
ですので、この1005は

“1005専用ケースが存在します”

ハイステージには専用ケースがありますが、今までのハイステージ用のケースには
この1005は入りきりません。
ですので、このモデル専用のケースを作っています。

IMG_9494

【筒形ケース】

ジャポニスムファンの方はお分かりかもしれませんが、この筒形ケースは
ハイステージ1003で使われたケース
形は同じなのですが、ケースの大きさはかなり大きめになっています。

IMG_9497

立てるとこんな感じ。

IMG_9502

『JAPONISM』
の金箔押しが高級感を出してくれます。

IMG_9504

かなりボリュームのある1005でもしっかり入ります。
専用ケースなのでピッタリ入ります!

色々書きたいことはありますが、百聞は一見に如かずです。
実際の1005を見に来てくださいませ。
写真以上に圧倒されるはずです!

¥84,000-(税抜き)
と、値段はかなり・・・しますが、
絶対にそれ以上のかっこ良さを感じていただけます!

ハイステージらしく、気が付けば全て売れていた・・・
というのも早そうです。
気になる方!今ならまだありますよ!!

では、今回はこのあたりで。

≪JAPONISM≫ センスシリーズ新作 JS-122

早速、JAPONISMの新作が入荷してきました。
JAPONISM新作の先陣を務めたのは、センスシリーズから

JS-122

このJS-122は

日本の色をテーマとしたシリーズ

日本の色をイメージした生地は、日本にひとつしかないアセテート生地製造メーカー

タキロン社にて製造しています。

様々な日本の美しい色の瞬間を切り取りその中へ閉じ込め、

という5つのカラーバリエーションを造りだし、
色彩豊かな世界との調和を表現しています。

それぞれの色にイメージがあり、こだわりを感じる色になっています。
それぞれの色のストーリーと共に紹介していきます。

人気のない静寂に支配された夜。
陰影だけが強調され、そこにモノクロームな世界が生まれる。

IMG_8961

フロントはツヤを落としたシルバーフロントです。

IMG_8964

そして≪黒≫のアセテート生地。
艶感が非常にキレイに出ています。
フロント、テンプルともにJAPONISMが得意としている
王道なカラーリングなのでクラシックな風合いは苦手・・・
ってな方にもお勧めしやすいカラーになっています。

散り積もる落ち葉が緑を染めていく。朽ち果てるまでの僅かな贅沢な時間。

IMG_8973

フロントはツヤのある黒。JAPONISMでは少し珍しいカラーリングです。

IMG_8974

そして≪朱≫
茶というよりは、赤系。赤という程赤くもないので
まさに朱色という表現がぴったりな色です。
肌に乗せてもぼやけず、しっかり色を出してくれます。

水面に浮かぶ景色が重なりあい深い色を成す。
写り込む全てが一つの世界の中に溶け込みあう。

IMG_8978

フロントも藍色系。
ここ数年、JAPONISMで使われているブルー系のカラーリング。
グレイ系のブルーなので、肌に乗せても変に主張しすぎずに使える色になっています。

IMG_8980

湖の様な、いろいろなものが合わさりあって出来ている
少し透明感のある《藍》
落ち着きのあるカラーなのに少し変わってる、そういう風合いがたまりません。

裏庭に人知れず佇む深淵の色。
緩やかに動き続ける様々な緑が重なるランドスケープ。

すみません・・・
苔はまだ入荷して来ていませんので、入荷次第写真を載せます。

古びた板間を照らす一筋の光。
辺りが夕闇に包まれる時、ノスタルジックな風情が立ち上がる。

IMG_9001

クラシックの王道、アンティークゴールドなフロント
艶アリのアンティークゴールドなので色はかなり前面に出てきます。
このモデルで一番色の主張が激しい一本です。

IMG_9002

テンプルは王道ここに極まれり!な≪茶≫
フロントとの色バランスが素晴らしいです。

色だけでなく他のパーツにも、JAPONISMらしい部分があります

ヨロイと

IMG_8963

テンプルエンド裏に

IMG_8977

三つの組手亀甲
(組子という、障子や欄間などに使われている木工技術)

1469684936-644534_2

の柄を取り入れています。
柔らかい風合いの生地に、主張しすぎないシンプルな直線的な幾何学模様を施すことで眼鏡全体の調和を取っています。
こういった創意工夫にJAPONISMらしさ、センスを感じます。
センスシリーズだけに・・・

テンプルもJAPOINISMらしくバネ構造になっています。

IMG_8972

JAPONISM独自の板バネ構造を採用しました。
このバネがあるお陰で、掛け外しの負担の軽減はもちろん
フィット感もアップします。JAPONISMといえば!という構造です。

センスシリーズも、すっかりAZになくてはならないシリーズになってきました。
クラシックフレームは使ってみたいんだけど、ザ・クラシックはちょっと・・・
と思われている方!

このJS-122はクラシックデビューにもってこいですよ!
今なら苔以外・・・全色揃っています!
全色掛けられる。今がチャンス!ですよ~

メガネ徹底解剖!【JAPONISM】編 part,5 High Stage

メガネ徹底解剖のお時間がやって参りました!
JAPONISM Part,5のはじまりです!
Part,5はいよいよか!という感じで気合の入る

【JAPONISM High Stage】

【解剖】していきたいと思います。

2008年に誕生した
全ての制約を無くし、突き詰めた『美しさ』『普遍性』

更なる高みへと目指し
誕生したのが【High Stage】です

シンプルで無駄を削ぎ落としたデザインのもの、そして見た目だけではない、
誰にも真似の出来ない”雰囲気”を持つフレームを作り上げたいという所から始まります

ですが、このシンプルさを追い求めるには、むしろ新たな工程が増えてしまったり、
かえって予算や手間が増えてしまうリスクを伴っていました。
しかし、今までであれば諦めてしまっていたかもしれない追求に対しても挑み、
様々な制限を乗り越えて製作されています。

結果的に既成概念に縛られることのない”もの作り”をしていこうという、
ブランドアイデンティティ自体を見つめ直すいい機会となり、
ジャポニスムにとって大きな転機になりました。

そんなハイステージ、2017年春の展示会で最新作である

【High Stage1005】

JN-1005

DSCF2236

が発表されました。
凄まじい程の立体感を持つHigh Stage1005は
到着してから【解剖】したいと思います。今回は

構想・企画~部品製作までに1年以上費やしたモデル

High Stage1003

【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_8666

実はHigh Stage1003は、【JN-490】というモデルとして企画を進めていました。
しかし、その製作過程において、製造の限界点に挑む姿勢は
まさにハイステージとしても遜色ないものであると考え

製作途中からHigh Stage へとランクアップしたモデルです。

成りあがりストーリーです。
この複雑なフロント形状は、チタンプレスでは前例のないデザインだったため
部品を発注してから仕上がるまで、デザイナーはほぼ毎日のように
プレス部品のメーカーさんに通い、このデザインを実現させるのは不可能に近いと嘆く担当者を説得しながら、一歩一歩その工程を進めていったそうです。

High Stage1003の特殊な形状のものは、工場内で一人の方しかプレスできず
さらに1ヶ月以上も掛けてようやく完成させた金型が
1回目のプレスでいきなり割れてしまったそうです。
12_01_11_1881
これが一発で割れるって・・・プレス担当やデザイナーはあまりの出来事に
泣き崩れる程だったそうです。

通常であれば大量生産が可能なものが、あまりの難易度の高さから、
製造可能なフロントが月に70〜100枚ほどに制限されました。
また、素材として使われるチタンも、質が悪いと不良率が高まるため、
特注のチタン材を使用します。

様々な制限を乗り越えながらも、デザイナーが本当に作りたかった形を追い求めた
フレームが、ジャポニスムの最高峰に位置するHigh Stage1003なのです。

【プレス加工】

High Stageシリーズというと
【チタンフロント一体成型】という
フロントパーツを“ロー付け”することなく作る事で
強固な仕上がりにする技法で全モデル統一しています
フロントの形を作っていくのには“プレス”製法を活用します。金型を

何百トン

もの力でプレスして眼鏡の曲線や造形を施してします。上記していますが、
今までにないデザインなので、製作過程で予想外なことが起きてしまいます。

20101209_42183717-300x225
このような失敗作もたくさん出るほど大変なことなんです。
一説には10本作って半分上がればいい位とも言われています・・・

1回のプレスで作られる眼鏡もあれば、10回ほどプレスを掛けるメガネもあります。
こちらのHigh Stage1003は

50回以上のプレスによって形成されます!

そのプレスで出来る曲線や凹凸が下の画像になります。

IMG_8670
こうなったり

IMG_8669

こんな感じにもなったり

IMG_8677

この形になるまでの工程を知ると、見る目も変わります。

IMG_8672

裏から見てもキレイです。正面から見るときとは違った立体感を感じます。

フロントのプレス部分を紹介する事が多いHigh Stage1003ですが
実はテンプルの造りもかなりこだわっています。

IMG_8671
フロントからの流れで、テンプルも丸く凹ませたテンプルになっています。
写真では分かりにくいのですが、手触りが最高にいいです。

IMG_8679

今店頭にあるHigh Stage1003は、特別仕様になっているので
テンプルエンドにJAPONISM20周年記念ロゴが印字されています。

JAPONISMのテンプルエンドは厚く、丸く削られていますので
耳のあたりがとってもソフトに、しっかりフィットしてくれます。

【 最終生産の数量限定の300セット】

High Stage1003の最終生産限定セットは豪華仕様になっております。
上でも少し触れましたが、ノーマルのHigh Stage1003にはない

特別仕様になっています

①豪華化粧箱

IMG_8824

IMG_8825

豪華な化粧箱が付いてきます!

②オリジナルケース

IMG_8827

テンプルを多少曲げてもケースに収まるように
最初から3Dデータで寸法とデザインを設計しています。

IMG_8829
メガネを収納した時に正面を向くようにもなっています。
奥行きのあるHigh Stageでもしっかり入る専用ケースになっています。

ちなみにノーマルのHigh Stageケースは

IMG_8843
こんなのです。ケースとしては珍しい巻物型になっています。

IMG_8839

箔押しの金が高級感を醸し出しております!

③チタンパッド

IMG_8675

特別仕様のHigh Stage1003はチタンパッドが使われています。
ノーマルバージョンはJAPONISMお得意のコーンパッドが使用されています。

ちなみに先日の展示会でも、様々なブランドが
チタンパッドを使ったメガネを沢山リリースしていました。
チタンパッドはこれからのトレンドになっていくのではないでしょうか?
High Stage1003みたいなシャープでクールなフレームに合わせると映えます!

④ドライバー

IMG_8832

ブランドロゴがレーザーで刻印された
ハイステージリミテッドエディション限定オリジナルドライバーが付属します。
なんとこのドライバー、棒状の素材から1本を削り出しています。
持ち手部分から先端にかけて自然な流線を描き、シンプルな造形美にしています
使用時に指が滑らないように

【アヤメローレット】

という加工を施し
機能性だけでなく無骨な印象になりがちな道具に繊細さをプラスしました。

JAPONISMユーザーの方はこういった【道具】はお好きなのではないでしょうか?

さて、長きにわたりお送りしてきたJAPONISMの【徹底解剖】
今回を持ってJAPONISM編は終了です。

どのブランドもそうなのですが、手に取って触ってみなければ分からないです。
デザインだけでなく、細かい部分のプレスや接合部分は触ってみるのが一番です。
かかり具合や、肌触りなどは写真では伝えきれませんので・・・

JAPONISMは多くを語らずとも掛ければ分かる数少ないブランドです。
ぜひそんなJAPONISMを見にいらしてください!