カテゴリー別アーカイブ: TAYLOR WITH RESPECT

『メガネの流行ってどんなの?』ボストン編

しばらくぶりですが、前回の【丸メガネ編】に引き続き
今現在、最も流行していると言っても過言ではない

<ボストン型>

【徹底解剖】していきたいと思います。

そんなボストンシェイプは

オシャレっぽい

そんなイメージを簡単に出すことが出来ます。
ジャンルとしてはクラシック系ですが、
同じクラシック系の丸メガネよりも、抵抗感なく掛けられると思います。
結構クセはある風に見えて、万能なメガネなのです。

ですが、選び方を間違えると似合わなくなってしまいます。
全てのメガネに言えることではありますが、
ポイントを抑えたメガネ選びをしてあげることで、キチンと似合うメガネになります。

そんなボストンの選び方を今回はお教えします。
ボストンを掛けこなすポイントの前に、ボストンメガネについて
【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_0058

ボストン型は、丸い逆三角形で、おむすびを逆さまにした様な形です。

『ボストン』

という名前の由来は1950年代、
アメリカの都市ボストンで流行したことからこの名前が付けられました。

boston_harvard_square_11 (1)

(1950年代のアメリカのイメージ画像)

ボストンのデザインは、レトロ感もありつつ知的で、
ビジネスシーンでも使われる事もあるフレームです
丸みのある独特なレンズ形状は、メガネを掛ける人の印象を
柔らかく親しみのある感じにしてくれます。
レンズの上下幅も十分にあり視野もしっかり確保できます
顔の輪郭を選ばず、万人受けするフレームでもあります。

最近では、オールプラで作られているものはもちろん、

※ブリッジだけ金属にしているデザイン

※オールチタンで作られている、シャープな印象のモデル

など、様々な素材で遊んだ造りのボストンがリリースされています。
ボストンを似合う様に選ぶポイントは、前回の

【丸メガネ編】

でも解説しました

“レンズに対しての目の位置”

を抑えるといいです。
レンズの中心よりも、少し内側に黒目が来るように選んでください
そうするとクールにカッコよくボストンを掛けこなせます。

更にボストンを掛けこなす為に気にしていただきたいポイントは

カラーと素材感

ごくごく当たり前みたいな話ですが、他のフレームデザインと比べても
フレームカラーと素材感のインパクトが強く出るデザインです
(スタッフWの主観)

フレーム素材のバリエーションがかなり増えてきていますので
シチュエーションにあったモデルを探していきましょう。
素材感やカラーの特徴を少しまとめて紹介していきます。

これぞ『ボストンメガネ』というデザインと素材感の

歩 1021 col,0907

IMG_1467

オールプラスチックで、カラーも無骨に単色の黒】でまとめてあります。
これぞボストン!な要素をふんだんに盛り込んだ一本になっています。
単色の黒ですので、デザインと色が際立ってくれます。
お顔に乗せた時のメガネの印象もしっかり主張してくれます。

20111225111517590

歩 1021 は現在主流のプラスチック素材である

“アセテート”ではなく
“セルロイド”生地を使っています。

プラスチック素材の生地の説明については

【コチラ】

をご覧くださいませ。

IMG_1469

セルロイドフレームの『ツヤ感』と色の出方がとてもキレイです。

ボストン型の、レトロの感を出すのであれば

【デミカラー】

と呼ばれる、べっ甲系のカラーがいいです

TURNING Step TP-321 col.02 デミ

IMG_0553
ブリッジを金属パーツにしたタイプのボストンになります。
テンプルも金属のタイプでいわゆる

コンビネーションフレーム

と呼ばれるタイプのフレームです。
コンビネーションは、プラ素材と金属の素材の違いでメリハリが効きます。
この素材の違いが『味』になってきます。
ブラウンデミのカラーの出方も主張しすぎることがないので
使いやすいカラーリングといえます。

素材の違いや、ブリッジの印象から難しそうに見えますが
意外と普通っぽく使えてしまいます。

最近では、こういったコンビネーションのフレームが
ボストンデザインの定番として、多く見かける気がします。

お次は、ここ最近メガネ業界で多くなってきた

オールチタンのフレーム
IMG_0557

そのオールチタンのボストンバージョン。
チタンを使用していますので、プラスチックのフレームよりも主張しすぎず
洗練されたイメージのボストンとして使うことが出来ます。
ボストンを仕事で使いたいといった場合
このようなオールチタンのボストンを選ぶといいかもしれません。

IMG_0558

サイドから見た時も、スッキリします。
リム(フレーム)が細いので、のメリハリが効くカラーでも
キツイ、怖い印象にならずに使うことが出来ます。

コンビネーションのいかにもボストン!

といったフレームもいいですが、細目のチタンで作られたボストンもいいです。
さらに細いチタンのボストンもあります。

IMG_1475

AZの中にあるボストンの中でも小ぶりなサイズ感です。
ボストンをかなりシンプルに仕上げた一本になっています。
小さめなので、ボストンの感じが出すぎないので

初めてボストンに挑戦してみたい!

といった方にもおすすめなのが、小さめサイズ
カラーも落ち着いたシルバーやゴールド系がいいです。

IMG_1476

オールチタンの洗練されたデザインがいいです。
一見するとボストンっぽくないデザインもいいのかもしれません。

<顔に対して、フレームがどのくらいの割合を占めるのか?>

そこがかなり重要になってきます。
ただし、このサイズ感は非常に難しく、大きくても似合っちゃう場合もあれば
小さめでも似合っちゃう場合もあります。
これはフレームとお顔のバランス、眉や、目幅の状況によって変わってきます。
どういったメガネが似合うのか。
いわゆるセオリーみたいなものは存在しますが
やっぱり顔に乗せなければ分かりません。

なぜ似合うのか?

こうしたらもっと似合う様になる

というお手伝いをさせていただけますので
お気軽にご相談くださいませ。

【AZ DINOSAUR CAMPAIGN】スタート!!3大キャンペーン紹介編 part,1

AZが東刈谷店と合体し、

新店舗に移ってから【1周年】
AZが誕生してからは【17周年】

という事で、今年もやります!夏の周年祭!
足を運んでみようかな。と思っていただけるような企画を開催します。

今年の周年祭は【コンセプト】があります。
17周年のコンセプトは

【恐竜】

恐竜-600x430

Instagramを見ていただいている方は、ここでなるほど!
と思っていただけたかと思います。
ちょこちょこ登場していた『恐竜グッズはこの周年祭の為のものでした

7月7日から本格的に始まるキャンペーン

以上、前回ブログから引用

今回は17周年キャンペーンの内容を掘り下げていきたいと思います。
今回の周年祭は

『AZ DINOSAUR CAMPAIGN』
AZダイナソーキャンペーン

というキャンペーン名になりました。
店内もダイナソーキャンペーン仕様に変わっています。

IMG_2565

恐竜が至る所に散りばめられたAZ

IMG_2561

テーブルレイアウトも変わり
真ん中にはティラノサウルスの巨大バルーンが堂々浮いています。

IMG_2564

入口からすぐの場所にありますので、迫力は中々です。

さて、今回のキャンペーンは大きく分けて

<3つのイベント>

で皆様をお迎えします。

まずは7/7(土)からスタートしている

①『クラシック特集』

とAZの周年祭と言ったらこのイベント!である

②『大抽選会』

そして少し時期をずらして8/4(土)からスタートする

③『KIDS特集』

以上のイベントを開催します。

最近流行のクラシックフレームを、メーカーさんのフレームもお借りして
通常の在庫よりも

100本多く展示!

logo_JFR-4

J.F.REYからは、J.F.REYのクラシックシリーズである
1985シリーズを含め、かなりの数を借りています。

IMG_2583

IMG_2581

IMG_2587

テーブルの半分が J.F.REYで埋まっています。
AZには入荷してこなかったモデル・カラーなどなど盛りだくさんです。

IMG_2597

かなりモードな印象の“ハイブリッジフレーム”
も観ることが出来ます。ここまでの数の“1985シリーズ”を見る機会は
我々スタッフでも、展示会以外ではありません。

BCPC-トップブランド一覧

BCPCのクラシックも、しっかり借りています。

IMG_2588

BCPCのクラシックは“少し可愛いクラシック”として使うことが出来ます。

IMG_2594

コーナーとして出しているのはこれだけですが、
出し切れていないフレームもまだまだあります。
お声がけいただければ、仕舞ってあるフレームもお出ししますので
お気軽にお問い合わせください。

IMG_2576

丸眼鏡展も同時開催中!

IMG_2579

スピルバーグ監督も愛用している丸メガネ。

クラシックメガネ好きな方
初めてクラシックメガネを掛けてみようかな?

皆様のご期待に添えるようなラインナップになっていると思います。

part,1は以上になります。
part,2は【KIDS】【大抽選会】の紹介したいと思います。
お楽しみに!