カテゴリー別アーカイブ: TAYLOR WITH RESPECT

『ピンクカラーメガネ特集』

もう少し経つと、ひな祭りですね
ひな祭り=桃の節句という事で
今回は明るいカラーのフレーム

【ピンクカラーフレーム】

をいくつかピックアップしてみました

VioRou Keizo-CB col,4069Light clear pink  ¥39,000-(税抜)

IMG_0685

<keizo>

という、VioRouのモデルに
アセテートワッパを組み合わせたモデルです
Keizo-CBのCBは

ComBination
コンビネーション

コンビネーションの
<CとB>から取られています

IMG_0688

イタリアのアセテート老舗生地メーカー

MAZZUCCHELLI マツケリ
のピンクカラーの生地を使っています

ライトクリアピンクという柔らかい雰囲気の
ツートンカラーになっています
クリアの入っているツートンカラーなので肌馴染みも良いです

IMG_0691

全体的にしっかりピンクカラーですが
甘い雰囲気になり過ぎず使って頂けます

リムカラーはマットな質感のピンクゴールド
ゴールドカラーですが、柔らかい印象で使える
アセテート生地とマッチしているリムカラーです

IMG_0695

Keizo-CBのフロントには
ニットチタンリムが使用されています

ニットチタンリムは
<細いチタンを三つ編み>にして作られる
バネ性のある柔らかいリムです

IMG_0703

アセテート生地越しにも分かる
三つ編みのニットチタンリムが程良い可愛さを演出します

アセテートパーツが内側に入る事により
Keizoと比べ1サイズ小さくなり
レンズの厚みが軽減されますので
<強度近視の方>にもオススメしやすいデザインです

LABYRINTY by 影郎デザインワークス PORNO col,130 ¥25,000-(税抜)

IMG_0732

影郎デザインワークスからは

<PORNO>

少しツンとしたイメージですが
レンズシェイプは柔らかいオーバルデザインなので

目元はキリッと魅せながら
優しい雰囲気にもなってくれる一本です

こちらのPORNOがリリースされたのは<2012年>
リリースされてから9年程経っていますが
未だに人気の<超ロングヒット>の作品です

IMG_0734

ピンクのアセテートの上に
薄い黒のアセテートを貼りあわせ、ドリルで掘削
下のピンクの生地を見せるという技法を用いたフロント

ちょっと濃いめのピンクのカラーは
肌馴染みは良く、お顔を明るくする効果があります
一見奇抜に見えますが、実際に掛けてみると
不思議と溶け込んでくれるデザインとカラーです

様々な派生版を生み出した作品でもあり

・左右非対称を逆にしたデザイン「裏ポルノ」
・削り出しのデザインを変えた「ニューポルノ」
・削り出しをせずに生地を楽しんでもらう為に作られた「ポルノDX」

などなど様々なバージョンがリリースされています

IMG_0738

ドリルの切削痕が残っているのがお分かりでしょうか?

一本一本、職人さんが手作業で作っていく工程を考えると
職人さんって凄いんだなと改めて感じます

IMG_0739

黒い生地が
前面に薄く張られているのが良く分かります

IMG_0741

セクシーなニュアンスのピンクカラー

黒の生地との組み合わせがカッコよさを醸し出してくれます
ちょっとだけトゲのあるピンクです

KameManNen 139 col,SP/RG ¥43,000-(税抜)

IMG_0762カメマンネンのピンクカラー
カメマンネンらしく、落ち着いています

レンズシェイプはボストンタイプ
ラウンドシェイプまで個性的になり過ぎない
使い勝手の良いデザインになっています

IMG_0764

ピンクゴールドカラーに組み合わせられている
インナーのアセテート生地は

乳白色のアセテートカラーに
フレームのピンクゴールドのカラーが映り込んで
優しい雰囲気に仕上がっています

アンティークなカラーの多いカメマンネンでは
珍しいカラーリングになっています

IMG_0766

カメマンネンと言えば、ブランドロゴにもなっている
甲羅マークをフレームに刻印しています
※全てのフレームに甲羅マークがある訳ではございません

甲羅マークは
フロントリムに刻印されています

IMG_0774

テンプルのピンクゴールドも凄く大人の雰囲気です

全体的に優しい雰囲気のカラーなので
女性の方も手に取っていただきやすいクラシックフレームです

テンプルエンドにも甲羅マークがあります

IMG_0777

柔らかいピンク系なので
一番初めにご案内したVioRouのKeizo-CB
と雰囲気が似ていますが、こちらのフレームの方が
アンティークな雰囲気を強く出せます

TAYLOR WITH RESPECT pulural col,05 ¥38,000-(税抜)

IMG_0711

ピンクフレーム最後のご案内となるフレームは
TAYLOR WITH RESPECTのプルーラル

厳密にいえばワインカラーですが
ピックアップしてしまいました・・・

IMG_0715

TAYLOR WITH RESPECTならではの
グラデーションカラーが光るクールなカラー

ゴールドカラーのフレームにワインレッドのグラデーションは
煌びやかな雰囲気を出してくれます
プルーラルのカラーラインナップの中でも
柔らかい印象で使えるカラーになっています

IMG_0721

ボストンシェイプの
使い勝手のいいデザインです

オールチタンで出来たシンプルなフレームは
洗練されたオーラを纏っています

装飾や、華美なデザインにしないで
ここまでキレイにまとめ上げてくるのが
【TAYLOR WITH RESPECT】です

IMG_0722

フロントと同様、テンプルも極めてシンプルです

日本人の顔の形にフィットするように計算された
細しなやかなカーブを描くSラインのテンプルです

IMG_0730

数あるTAYLOR WITH RESPECTのフレームカラーの中でも
明るく、可愛さを感じるカラーになっています

以上、ピンクカラーのメガネ特集でした
元気になる明るいカラーで、これから暖かくなるシーズンに
まさにピッタリなカラーです

【TAYLOR WITH RESPECT】新作 both

《トランクショー第六弾》

プレゼンテーション10

JAPONISM

J.F.REY

開催中です!

JAPONISM&J.F.REY
トランクショー真っただ中

タイトル通り【TAYLOR WITH RESPECT】の新作が入荷してきました
今回の新作もかなり気合の入った
TAYLORらしいデザインになっています

新作は3型で、既存のモデルに新色も追加されています
早速【徹底解剖】していきたいと思います

 both col04 Green ¥43,000-(税抜)

IMG_8486

丸みとボリューム感のある
ウェリントンデザイン

丸みがあり、デザインも柔らかいウェリントンなので
性別や年齢関係なくかけて頂ける
優しいウェリントンに仕上がっています

IMG_8497

クリア系のグリーン生地は珍しいカラーです

顔なじみはいいけど
カラーの主張はちゃんと出てくれます

ブラックやブラウンなどのカラーが多いウェリントンで
こういったグリーンのカラーは新鮮に見えます

IMG_8502

bothのテンプルは、新たに開発した

【ダブルSライン】

を採用しています

IMG_8503

ダブルSラインは

デザインの流れを保つために生まれた二つのラインです
今までのパーツよりも厚みを持たせる事で、強度を上げています

ダブルSラインは、新作から登場した

<半長モダン>

のテンプルに採用されています

半長モダンは今までのテンプルと比べ、頭部の接地面が広く
安定した掛け心地になっています
肌触りも良く、掛けている事を忘れてしまう程のストレスの少なさです

IMG_8507

アセテートフロントですが
パッドは金属タイプのパッドになっています

掛具合の調整をより細かく出来るようになっています
オリジナルチタンパッドである

【クラウドパッド】

は軽い感触と滑らかなデザインで肌へのストレスも抑えられます
全てチタンで作られていますので
破損にも強い構造になっています

IMG_8509

綺麗なウェリントンデザイン
掛け心地の良さなど

初めてのウェリントンデビューに
オススメしたいフレームです

IMG_8513

bothには

【専用フリップアップサングラス】
(別売り)

が用意されています

跳ね上げる事の出来るフリップアップサングラス

レンズは<偏光レンズ>が入っていますので
見え方は抜群に良いです

IMG_8522

専用金具は
<TAYLOR WITH RESPECT>
の刻印入りです

IMG_8524

レンズの裏側が反射しない様に

<裏面マルチコート>

仕様になっています
裏面マルチになる事で、後方からの光が映り込まず
快適にご使用出来ます
IMG_8526

bothと組み合わせてみました
金具も、完全にboth専用にカスタマイズされていますので
ピッタリ綺麗に収まります

IMG_8536

急に暗くなったりした際には
跳ね上げてしまいましょう

IMG_8537

完全に跳ね上げてみると

IMG_8538

ここまで上がります

状況に応じて使い分けて頂く事の出来る
フリップアップサングラス

フリップアップサングラスの金額は
¥13,000-(税抜)となっています

是非bothをお買い求めの際には
フリップアップサングラスもご一緒にご検討くださいませ
快適な視生活をお約束できます!

ここからはカラー違いです

 both col01 Black ¥43,000-(税抜)

IMG_8655

スタンダートで王道なブラックカラー
ヨロイ部分のパーツもブラックで統一されています

IMG_8658

定番であり王道のカラーです

IMG_8659

 both col02 Demi Brown ¥43,000-(税抜)

IMG_8660

ウェリントン系のフレームには欠かせない
デミブラウン

ぷっくりしたフレームに合う
こちらも王道のカラーです

IMG_8666

ダメージ加工のヨロイとテンプル
デミカラーとのバランスがいいですね

IMG_8667

both col03 Blue Sasa Half ¥43,000-(税抜)

IMG_8650

bothのカラーの中で唯一ハーフカラーの
ブルーササハーフ
濃いネイビーカラーから薄く変化していく
ツートンカラーです

IMG_8653

ヨロイとテンプルはツヤのあるゴールドカラー
ツヤのあるゴールドカラーに高級感を感じる色使いです

IMG_8654

both col05 Clear ¥43,000-(税抜)

IMG_8669

直球にクリアカラー
ここまでクリアの生地は中々珍しいのではないでしょうか?
キナリのクリアやほんのりピンクのクリアではなく
綺麗なクリアカラー

IMG_8674

ぜひ、クリアカラーの抜け感を楽しんでください

IMG_8675

bothのカラーは以上です
5色展開しており、それら全てに物語性を感じるカラーです
是非かけ比べてみて頂き
ご自身に合ったカラーを見つけてくださいませ

sole col,08Damaged Navy Mat ¥38,000(税抜)

IMG_8549

TAYLOR WITH RESPECTの中でも人気のsole
新色が追加され、遂に8色目になりました!

新色はTAYLOR WITH RESPECTらしい

ダメージカラー
ネイビーカラーのマットです
IMG_8550

デニムの様な風合いの深いネイビーです

IMG_8558

ダメージゴールドとの組み合わせは
お互いのカラーを引き立てあってくれます

IMG_8559

実にいい質感です
クラシックでアンティークな雰囲気がクールです

skoll col,06 Damaged Pink Grey Mat

IMG_8569

お次はskollの新色です
こちらもダメージカラーですが、コチラのカラーはなんと

≪ダメージピンクグレーマット≫

というピンク系のダメージカラーです
ピンクと名前はついていますが

淡いピンクで
一目ではピンクとは分からない位です

IMG_8571

ですが、よくよく見てみると
ほんのりピンク色を感じるカラーになっています

IMG_8576

skollのダメージカラーの中でも
優しい印象が強くなってくれます

新作bothとsoleとskollの新色をご案内しましたが
いかがでしたか?
ここには書ききれませんでしたが
さり気なくアップデートしている部分もありますので
是非手に取って見て頂きたいです

 6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第二弾】今週末までです!

《トランクショー第二弾》

 

アーバン モノクローム

TAYLOR WITH RESPECT

OAKLEY

残す所、一週間を切りました

初のイベントであるZOOMイベント
シーズン真っただ中のサングラスなど

2ブランド、盛り上がりを見せている
トランクショー開催中です

今週末 23日までの開催になっておりますので
興味のある方は是非ご来店いただき
実際に手に取ってみてくださいませ

ここで改めて、二つのブランドについて
触れてみたいと思います

以前のブログを少し加筆・修正しました
よろしければご覧ください

header_logo

TEYLOR WITH RESPECTのブランドコンセプトは

<仕立てというコンセプト>

main

長期間にわたり、数々の有名アイウェアブランドのデザインを手掛けてきた

脇聡氏が2017年AWに発表した
オリジナルアイウェアブランドです

ブランド名であるTAYLOR WITH RESPECTは

仕立て屋(tailor)

という言葉を元に名づけられています
仕立てた服のように、ユーザーにしっかりとフィットする
機能とデザインにこだわったオールメイドインジャパンのブランドです

シンプルながら上品で
かけ心地や細部の造りまで、徹底的にこだわって作られています

シンプルで質のいいデザインは
性別・世代を問わず使って頂けます
IMG_2489

フレームを構成するパーツも

オリジナルパーツを使用

IMG_2451

オリジナルパーツについては
以前ブログで取り上げたことがありますので、よろしければ

コチラ

をご覧くださいませ

ブランド名にも入っている

【テイラー= 仕立てる】

という言葉が本当にしっくりくるブランドです
トランクショー中はなんと

TAYLOR WITH RESPECT
全てのメガネ・カラーを見ることが出来ます

もう一度言います

全型・全色が見られる機会は
このトランクショー期間中しかありません!

TAYLOR WITH RESPECT
が誕生して3年

現在リリースされているフレームが全部で17型

これからどんどん新作・新色が増えていくと考えると
今後、全型・全色をご覧いただける機会があるのか分かりません
リリースされているフレーム
全てをご覧いただけるとても貴重な機会になっています
是非ご活用くださいませ

次は、世界中のアスリートに支持されているブランド

オークリー

7fad1da1078bf12292e5f00a2d588c86

1975年に設立された
スポーツ&ライフスタイルブランド

「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」

を第一に考えて技術開発を行ってきたスポーツブランド

IMG_0944-1024x683

スポーツサングラスといえばオークリー
と思い浮かべる方も多いと思います

それほどスポーツの世界ではメジャーなサングラスです

プロのアスリートが試合や大会などで使用する機会も多く
露出が多いというのも

スポーツサングラス=オークリー

というイメージに繋がっているのではないでしょうか

ゴルフ・野球・陸上競技・自転車

などなど、様々なジャンルのスポーツで使用されて
トップアスリートに支持されています

スポーツサングラスのイメージが強いオークリーですが
メガネフレームも人気です

オークリーらしく、スポーティなフレームや
ビジネスでも使える細身の金属フレームなどもあります

IMG_3159

ビジネスとスポーツの融合をテーマにしたフレーム
などもあります

AZは
<オークリー正規取扱店>
です

<純正の度付きサングラス>をご用意する事が出来ます
オークリー純正のレンズは
カーブレンズ特有の歪みもかなり少なく
快適な視野で使用して頂く事が出来ます

プルトナイトレンズ
という非常に硬い素材で作られたレンズは
小さい銃弾なら受けても割れないという程の頑丈さです

銃弾を受けても割れないほどの頑丈さなので
ゴルフボールや野球の球、飛び石などからも
眼を守ってくれます

オークリーレンズはカラーがプルトナイト生地に

<練りこみ>

で色を出しています
一般的なカラーレンズの様に

表面層をコーティングするカラーレンズではありません
なので、劣化したり色褪せも非常に少ないレンズになっています

経年変化が少ないカラーレンズというのも
オークリーのカラーレンズの特徴です

お盆が過ぎてもまだまだ日差しは強いです
このトランクショーで、気になるサングラスを見つけてみませんか?

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【TAYLOR WITH RESPECT】バージョンアップを続けるフレーム

トランクショー開催中

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT

全型・全色を見ることが出来る
かなり貴重な機会となっております

全型・全色見比べることが出来るのは
もしかしたら最初で最後かも!?

今回ピックアップするのは
リリースされた後、改良を加え。進化を遂げたフレームです

Roots 04. Black Grey Demi ¥30,000-(税抜)

IMG_3359

TAYLOR WITH RESPECTからリリースされているメガネで

<唯一のオールアセテートフレーム>

このアセテートフレームを作っているのは
AZでも取り扱いのある、鯖江の某工場のもの
鯖江のメガネ産業の礎を気づいた人物と関わりのある
プラスチックフレームの加工が非常に丁寧な工場です

柔らかい雰囲気の、少し細目のウェリントンデザインです
上下幅が深くないので、あまり個性的になりすぎず
サラッと掛けこなしていただけます

IMG_3360

チョイスしたグレーデミカラーは
ブルーグレー系のカラーのべっ甲柄で
光を当てると、柄が分かるようになっています
IMG_3364

柄の出方もそこまで主張しすぎないので
カジュアルに使うのも、お仕事で使うのも両方いけちゃいます

金属フレームより柔らかいイメージで使えますので
優しいイメージで使って頂くにはピッタリなフレームです

IMG_3366

テンプルには、高度なロウ付け技術が必要とする

<ステンレス芯を採用しています>

ステンレス芯は
適度なバネ性と耐腐食性があり、調整のしやすい素材です

さて、ここからがタイトルにもあった通り
バージョンアップをした部分を【徹底解剖】したいと思います。

Rootsはリリースされた時は

パッド部分が一体型のパッドになっていましたIMG_0187バージョンアップし

IMG_3367

Type C
Rootsのパットアームタイプ(クリングス)タイプ

をリリースしています
変化した部分は

一体型だったパッドが
鼻の調整が出来るパッドに変わりました

樹脂フレームはパッドが一体型だから候補に挙がらなかった
という方も安心して使って頂ける仕様になっています

パッドも交換できますので
衛生面的にも安心してお使い頂けます

IMG_3369

TAYLOR WITH RESPECT では珍しい
プラスチックのパッドが付いています

チタンパッドに交換する事も出来ますので
よろしければご相談くださいませ

お次のバージョンアップしたフレームは
前回新色紹介でもピックアップしたフレーム

Union 04. Brown Demi ¥38,000-(税抜)

IMG_3634

TAYLOR WITH RESPECTの中でも
年齢性別関係なく愛されるフレームユニオン
細めのウェリントンで、絶妙なサイズ感になっています

髪型や服装、どんな条件にも合わせてくれるので
掛けるだけでオシャレ度がアップしてくれます

IMG_3639

リムが細いので、ブラウンデミカラーも
そこまでクラシックな印象になりすぎずに使って頂けます

バージョンアップした部分について
【徹底解剖】していきたいと思います

バージョンアップ前のユニオン
同色フレームは

IMG_0072-1024x683

こんな感じです

どこが変化したかお分かりになりますか?
IMG_3636

バージョンアップした点は

ブリッジを止めるネジが
2箇所から4箇所に増えました

合計4本、ネジを使ってねじ止めしますので
ぐらつきのリスクがかなり軽減します

IMG_3330

新しいブリッジパーツは
完全オリジナルで作られています

新しいブリッジパーツは
上の画像のフレーム

ウォルポールをデザインしているときに
ブリッジパーツの改良を思いついたらしく
ウォルポールで使ったブリッジパーツをそのまま
ユニオンに流用しています

IMG_3465

少し分解してみました
通常ではロウ付けされるネジ留め用パイプですが

TAYLOR WITH RESPECTは
ブリッジと一体のパーツとして削り出しています

IMG_3470

精度も非常に高く、フレームとネジをはめ込むと
キレイにピタッと留まってくれます
引っ掛かりもなく、とてもスムーズに留められます

がたつきやグラつきも出にくいので
そもそも、ここのネジを外すという事自体
あまりないです

ではユニオンのフレームに戻ります

IMG_3640

更に進化、パワーアップしていっているユニオン

IMG_3642

一体型パーツの頑丈さと精密さを
メガネのパーツとしてだけでなく
デザインとして組み込んでいます

メガネのデザインを損なうことなく
むしろパーツを含めてのデザインとして完成させてしまうのが
このTAYLOR WITH RESPECTの凄さと感じます

IMG_3645
新作・新色
新パーツなどにも期待したいです

トランクショー第二弾開催中

詳細はコチラ

19周年祭も開催中です!

プレゼンテーション1

【TAYLOR WITH RESPECT】新カラー登場!

トランクショー開催中

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT

全型・全色を見ることが出来る
かなり貴重な機会となっております

全色見比べることが出来るのは
もしかしたら最初で最後かも!?

新作の紹介はリンクを張っておきますので
よろしければご覧くださいませ

jux  mimic  dome

2020/SS にて既存モデルの新色が追加されましたので
今回は追加色をご案内させて頂きます

diadema(ディアデマ)06 / Damaged Grey Mat ¥38,000-(税抜)

IMG_3371

ダメージカラーの新色が追加されました
ダメージゴールド・ダメージシルバーに続く

ダメージグレイマット

が登場しました
ダメージカラーですが、今までのダメージカラーと比べ
ダメージ具合が、マットの質感で落ち着いた感じになっています

一見すると、マットカラーですがよくよく見てみると
ダメージ加工されていると分かる感じです

IMG_3376

デザインは

40〜50年代にかけフランスで人気があった
クラウンパント

クラシックブームもあり今現在
ラウンド・ボストンに次ぐ人気のデザイン

<王冠>をモチーフにしているデザインで
フレーム上部が王冠の様な冠デザインになっています

IMG_3374

ディアデマというフレーム名は
王冠の元になったという

<鉢巻>

からとられています
IMG_3389ダメージマットの質感のフレームに合わせるのは
マットな質感になっているテンプルです

全体的にマットなテイストで仕上げてありますので
一体感が素晴らしくキレイです

IMG_3388

すらりと伸びたテンプルの美しさ

IMG_3376

クラウンパントデザインとしては珍しい
大き目なゆったりしたサイズ感になっています

TAYLOR らしい仕立てたようなサイズ感と質感が
とてもカッコいい一本です

お顔の小さい方はサングラスするのもカッコいいです

dig(ディグ)05 / Mat Brown & Mat Gold Gradation ¥36,000-(税抜)

IMG_3415

digの新色は

マットブラウンからマットゴールドへ変わる
グラデーションカラー

マットグラデーションカラーは今回のコレクションである
2020/SS から登場しています

ツヤのグラデーションカラーと比べて
柔らかい優しい印象を出す事が出来ます

IMG_3416

肌馴染みも良く、使いやすいカラーです
新作の dome や mimic のように

少し小さめのサイズになっています

IMG_3417デザインは
少し丸みの強いボストン型

ブランドイニシャル『T』
をモチーフにしたヨロイも健在です

IMG_3422

digといえば、レコードの溝をモチーフにした
厚みのあるリムが特徴的です

リムの厚さがありますので

強度近視の方でも
レンズの厚みを隠すことが出来ます

IMG_3429

斜めや横から見ると
リムの厚みがしっかり主張してくれます

IMG_3435

フロントを正面から見ると、リムの厚さはそこまで主張しないです
見る角度によって表情を変えてくれますので
平面的にならないでカッコいいです

plural(プルーラル)08 / Damaged Grey Mat ¥38,000-(税抜)

IMG_3395

ハイブリッジが特徴のプルーラルの新色は
ディアデマの新色と同じく、

ダメージグレイマットカラーです

IMG_3397

新色が増え、今現在
TAYLOR WITH RESPECT の中のフレームで
最もカラー展開の多いプルーラル

ブランド発足時からのフレームで
今なお高い人気を誇るデザイン

IMG_3400

オリジナルのブリッジパーツが
程よく立体感を出してくれますので、日本人の平坦気味の顔に
アクセントをつけてくれます

IMG_3409

シンプルに仕上げられたボストン型

シンプルな中に、最新の技術・精度の高い技術などが
盛り込まれています

IMG_3411

サイズ感は少しゆったりしたサイズ感なので
サングラス仕様にしてもカッコいいです

union(ユニオン)06 / Clear Grey ¥38,000-(税抜)

IMG_3437

新色紹介のラストを飾るのは

<ユニオン>

少し横長のデザインのウェリントン型
透明感も美しいクリアグレーです

IMG_3440

金色のブリッジが、クリアカラーとマッチして
高級感ある雰囲気になっています

IMG_3441

クリアグレーは程よくグレーも入っていますので
クリア生地特有の透明感・クリア感が
抑え気味で、普段使いしやすいカラーになっています

TAYLOR WITH RESPECTでは、今のところ
クリアカラーはこの、クリアグレーカラーのみです

爽やかで、クールな印象で使えますので
これからの季節にとてもいいカラーです

IMG_3444

クリア生地とヨロイ部分の接合部分
クリア生地なので、接合部分の造りがハッキリ分かります

IMG_3445

スリムなテンプルは、ブリッジと同じくゴールドカラー
ゴールドはツヤがあるゴールドカラー

ビカビカと主張しすぎることなく
落ち着きのある、高級感のあるゴールドを感じて頂けます

IMG_3454

以上が2020S/Sコレクションで追加された
新色です
新しいカラーがどういった技術で
どんな新色が出てくるのか毎回の楽しみです!

ぜひこの機会にTAYLOR WITH RESPECT デビューしてみませんか?

19周年祭開催中

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

詳細はコチラ

【AZ 19th Anniversary】トランクショー第二弾・TAYLOR WITH RESPECT & OAKLEY

AZ19周年祭スタートから早や一か月
トランクショー第一弾は昨日で終了し
今日からは

《トランクショー第二弾》

アーバン モノクローム

TAYLOR WITH RESPECT

OAKLEY

のトランクショーが始まります

第二弾のスケジュールは
7/20(月)~8/23()
これから一か月間、AZを盛り上げてくれます

今回は、この二つのブランドについて
触れてみたいと思います

header_logo

まずはTEYLOR WITH RESPECT

TEYLOR WITH RESPECTのブランドコンセプトは

<仕立てというコンセプト>

main

長期間にわたり、数々の有名アイウェアブランドのデザインを手掛けてきた

脇聡氏が2017年AWに発表した
オリジナルアイウェアブランドです

ブランド名であるTAYLOR WITH RESPECTは

仕立て屋(tailor)

という言葉を元に名づけられています
仕立てた服のように、ユーザーにしっかりとフィットする
機能とデザインにこだわったオールメイドインジャパンのブランドです

シンプルながら上品で
かけ心地や細部の造りまで、徹底的にこだわって作られています

シンプルで質のいいデザインは
性別・世代を問わず使って頂けます
IMG_2489

フレームを構成するパーツも

オリジナルパーツを使用

IMG_2451

オリジナルパーツについては
以前ブログで取り上げたことがありますので、よろしければ

コチラ

をご覧くださいませ

ブランド名にも入っている

【テイラー= 仕立てる】

という言葉が本当にしっくりくるブランドです
トランクショー中はなんと

TAYLOR WITH RESPECT
全てのメガネ・カラーを見ることが出来ます

全型・全色が見られる機会は
このトランクショー期間中しかありません!

来る7/25(土)は

デザイナーである、脇氏が
ZOOMにてトランクショー参加が決定しています

脇氏によるブランド秘話などのトークタイム、質問の出来るクエスチョンタイム
デザイナー自ら、似合うメガネを選んでくれるセレクションタイムなど
7/25はTATLOR WITH RESPECT がアツいイベントになっています

トークタイム・クエスチョンタイムは
完全予約制になっています
詳しくは

コチラ

をご覧くださいませ

世界中のアスリートに支持されているブランド

オークリー

7fad1da1078bf12292e5f00a2d588c86

1975年に設立された
スポーツ&ライフスタイルブランド

「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」

を第一に考えて技術開発を行ってきたスポーツブランド

IMG_0944-1024x683

スポーツサングラスといえばオークリー
と思い浮かべる方も多いと思います

それほどスポーツの世界ではメジャーなサングラスです

プロのアスリートが試合や大会などで使用する機会も多く
露出が多いというのも

スポーツサングラス=オークリー

というイメージに繋がっているのではないでしょうか

ゴルフ・野球・陸上競技・自転車

などなど、様々なジャンルのスポーツで使用されて
トップアスリートに支持されています

スポーツサングラスのイメージが強いオークリーですが
メガネフレームも人気です

オークリーらしく、スポーティなフレームや
ビジネスでも使える細身の金属フレームなどもあります

IMG_3159

ビジネスとスポーツの融合をテーマにしたフレーム
などもあります

そろそろ夏本番
サングラス需要も高まってくる季節です
是非この機会に、サングラスを選んでみましょう!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【ZOOM イベント告知】TAYLOR WITH RESPECT デザイナー 脇氏 7/25(土)Zoomにて参加決定

<トランクショー第二弾>

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT&OAKLEY

トランクショーが

7/20(月)~8//23(日)

まで、一か月間開催されます

TAYLOR WITH RESPECTというブランドは

<仕立てというコンセプト>

を掲げ、2017年AWに発表したオリジナルアイウェアブランドです
ブランド名である、TAYLOR WITH RESPECTは

『仕立て屋(tailor)』

という意味を持つ言葉を元にブランド名としています
仕立てた洋服のように、ユーザーにしっかりとフィットする
機能とデザインにこだわった
オールメイドインジャパンのメガネフレームをリリースしています
AZでも、世代や性別を問わず人気の高いブランドです

そんなTAYLOR WITH RESPECT のトランクショー中

7/25(土)
デザイナー・脇氏のZOOM
参加が決定いたしました!

EdBfv84U4AA0zu_

イベントは7/25(土)の

13:30~18:00

というスケジュールになっています
当日のタイムスケジュールは、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom1

以上が当日のタイムテーブルとなります
注意事項や予約方法は、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom2

トークタイム・クエスチョンタイムでは
店頭にお越し頂き、イベントに参加して頂く事も可能ですし
ご自宅など、お好きな場所でZOOMイベントに参加頂く事が可能です
※完全予約制になっていますのでご注意くださいませ

セレクションタイムに関しましては、ご来店いただいたお客様のみの
イベントになっています。ご了承くださいませ

イベントでは、現状リリースされているモデル
全てのカラーとメガネをご覧いただけます

全国どこからでも、どなたでも参加できるイベントになっていますので
TEYLOR WITH RESPECT が気になっている方
デザイナー脇氏の裏話が聞きたい・質問してみたい
という方は是非このZOOMにご参加くださいませ!

19周年のイベント

AZ19thバナー

トランクショー以外のイベントも同時開催しております
詳細は

コチラ

をご覧くださいませ

【TAYLOR WITH RESPECT 】オリジナルパーツ

header_logo

が続きましたので、今回はフレームの解説ではなく
テイラーのメガネに使われている
様々なオリジナルパーツなどを【徹底解剖】していきます

オリジナルチタンパッド
【クラウドパッド】

IMG_2457

左右のパッドを別々の金型から作っている
左右非対称のチタンパッドになっています

しかもこのチタンパッド、この小ささで

<ネジ穴とパッドを一体化しています>

IMG_2455

ネジ穴部分も含め、全て一つのチタンから仕上げていますので
耐久力や仕上がりの綺麗さは抜群です

ブランド発足時のチタンパッドをさらに改良した新パッド

ブランドロゴマークが鼻の接地面とは逆側に移動しています
接地面が更に滑らかになるのと同時に
表から見た時に、パッドのロゴマークが相手から見えるのもポイントです

このクラウドパッドは是非触っていただきたいです
凄く触り心地が良く、サラッとしています

※抗菌性に優れている

※プラスチックパッドと比べ変色しにくい

※耐用期間が長い

など様々なメリットがあります
冬は掛ける時に少しヒンヤリしますが、それも一瞬
すぐに人肌の温かさになってくれますので
付けている間ずっと冷たいという事はありません

Tモチーフのヨロイ

IMG_2462

ブランドイニシャルである

【T】

をモチーフにしたヨロイデザイン
フロントとテンプルがつながるヨロイ部分は、
メガネを掛ける中で、最も負荷がかかる箇所と言ってもいいでしょう。

そのヨロイ部分のデザインを
ブランドイニシャルのTをモチーフにしたデザインにし
負荷を分散する構造にしています

Tの頭が少しだけ

『上』

に出ているにも実は理由があります

支点を少し内側にずらす事により
負荷を同じところにかけないよう工夫しています

IMG_2448

さて、そんなヨロイパーツを外して
もう少し詳しく見てみましょう

IMG_2451

<一体型プレスによるネジ止めパイプ>

クラウドパッドと同じくフロントと接合する
ネジ止めパイプとヨロイパーツを一体化しています

一体型にすることによって、強度を保つことができ更に
パーツ交換への対応もスムーズに行えます

IMG_2450

これだけ小さなパーツを一体成型できるのは
鯖江の技術があるからこそ
シンプルなデザインの中に様々な技が仕込まれています。

オリジナルスパルタ丁番

IMG_2494丁番と呼ばれるフロントとテンプルを繋ぐパーツ
その丁番のパーツもオリジナルのパーツとして作られています

スパルタ丁番は、元の金属素材を削り出しているため
切削するときにも狂いが少なく精度が高いのです

これだけ書くと何だか分かりにくいので
一般的な丁番との違いがどういったものかご説明します

IMG_2493

通常の丁番は、丁番の部品として別に作られたものが多いです
その丁番パーツを、テンプルやヨロイにロー付けしています

IMG_2496

それではもう一度、テイラーのスパルタ丁番をご覧ください

丁番パーツが無く、ヨロイとテンプルがそのまま丁番になっています
パーツが一つの三次元データから削り出されるため
丁番の狂いも少なく、精度が非常に高いです

 長い間使い続けることのできるメガネを追求し
日々アップデートしており
2020SSコレクションから、丁番ネジを今までのネジよりも
さらに緩みにくいネジへ改善しています

テンプルのフレーム名やサイズ感などの表記を
レーザーへ変えて、表記が消えないようにするなど
様々なアップデートをしています

 デザインだけではなく、かけ心地や使いやすさ
壊れにくさをすべて計算して作れられています
細かい部分にこそ、そのブランドの真骨頂が隠されています
そんなテイラーイズムをぜひ体感してくださいませ

【TAYLOR WITH RESPECT 】mimic

header_logo

TAYLOR WITH RESPECTの新作
こちらのフレームが新作ラストの紹介となります
では早速いきましょう

mimic col,01 / Black & Gold ¥38,000-(税抜)

IMG_2511

生物学における
「擬態」

がフレーム名になっています

フレームはスクウェアブロータイプ
「擬態」というテーマなので

ブロー部分の素材を変えたような風合いにしています

IMG_2515

一般的にブロータイプのフレームはブロー部分が
アセテート生地を使う事が多いです

そんな中ミミックは、チタンフロントの
形状と表面処理によってブロー部分を表現しています
質感や風合いをフレームの上下で変えています

IMG_2517

チタンフロント上部の質感を変えているだけなので
厚みが出やすいブロータイプのデザインがスッキリします

上部のブロー部分のカラーは染色で
職人が一本一本手塗で色を乗せています
この染色方法もテイラーではお馴染みになってきました

IMG_2513

上部のブロー部分が主張しすぎませんので
初めてブロータイプを掛けてみたいという方におススメ出来ます

ブロー部分が一つのチタンで作られていますので
強度の面においても壊れにくいという優れた特徴を備えています
IMG_2519
デザイナーが

<あまりゴツっとしたブローじゃないものを掛けてみたい>

という経緯から誕生した
スッキリしたブロータイプのミミック

IMG_2520
一見すると王道のブローっぽいですが
テイラーらしさを存分に入れ込んだ一本です

mimic col,02 / Navy & Silver¥38,000-(税抜)

IMG_2498

ネイビーシルバーカラーバージョン

ネイビーシルバーカラーはテイラーの中でも個人的に
とても好きな色です

ブルーという程、青が強い訳ではなく
グレーほど落ち着き過ぎるわけでもない

とても品のある大人なカラーです
IMG_2500先ほどの、ブラック/ゴールドは少しクラシックな要素が強めでしたが
こちらのネイビーブルーは
ビジネスで使っていただきたいクールな雰囲気です
掛けると知的な表情になってくれます

落ち着きはありますが、地味ではないので
ジャケットやスーツに合わせてもカッコいいと思います

IMG_2503

フレーム下部とテンプルの
シルバーカラーは<ヘアライン加工>になっていますので
ピカピカ光りすぎる事無く、ヤンチャな感じにならず使えます

IMG_2506

新しいチタンパッドは正面からブランドロゴである

【Tマーク】

が見えます
このさり気ない主張がいいです

mimic col,03 / BrownDemi & Gold ¥38,000-(税抜)

IMG_2522

こちらはブラウンベースのカラー
ブロー部分は<ブラウンデミカラー>になっております
ミミックの中でも柔らかい色合いです

デミカラーがクラシックな雰囲気も出してくれますので
男女問わず、色んな服装にあってくれます

IMG_2523

ブロー部分のブラウンデミは

【転写】

という技法で作られた柄になっています

※メガネにおける転写とは
印刷されたシートを製品に押し当てて熱をかけて
模様を付ける手法です
デミ柄のシートをチタンに柄として焼き付けるイメージです

IMG_2525

近くで見るとデミ柄はしっかり感じられて
少し離れてみるとリムが細いので、デミ柄は落ち着いた感じになります

IMG_2528

フレームの下部は、ヘアライン加工で仕上げています
デミ柄のブローが少しツヤがありますので

ヘアライン加工のマットな質感と合わせて
ツートンがとても映えるカラーのではないでしょうか?

IMG_2533

渋めなイメージですが、実際に掛けてみると
意外と明るい印象になってくれます。

mimic col,05 / Camouflage Titanium ¥38,000-(税抜)

IMG_2537

新作テイラーの中で
最も意欲的な一本

と言っても過言ではないものがコチラのフレームカラー

フレーム上部が

<カモフラジュ柄>

になっていますが、このカモフラ柄が

<業界初の表面処理技法>

で仕上げています

IMG_2539

テイラーとしては珍しく、ツヤのシルバーを前面に押し出し
ギラっとした印象を強くしたカラーになっています

ギラっとクールな感じなので
少しやんちゃな雰囲気にも感じます

IMG_2540

さて、ここからコチラのカラーの本質に迫ってみたいと思います
ブロー部分のカモフラージュカラーは

【スティプリング】

という技法で作られています
このスティプリングという技法は

レーザーによって素材の表面に模様を描く技法になっています
点描のように線ではなく
点の集合でカモフラの濃淡をつけています

IMG_2542

チタンに直接掘り込んでいますので、劣化に強いです
色合いが違う風に見えるのは

レーザーの出力を変えて
柄や色合いを変えた風にしています

見れば見るほど不思議な技法です

IMG_2543

近くで見ると点描の濃さが違って見えます

こうした技法を、いち早くメガネに落とし込んで製品化してしまう所に
テイラーイズムを感じます
IMG_2544

 革新的な技法で作られたフロントのカモフラージュ柄
造り込みの細かさや、表面処理の質の高さは実際に見ていただきたいです

IMG_2546

以上がミミックの【徹底解剖】になります
サイズや形、表面処理などテイラーイズムがしっかり落とし込まれています
カラーによってかなり表情が変わってくるフレームです

入荷後すぐに旅立ってしまうテイラーですので
気になる方はお早めにご来店くださいませ

【TAYLOR WITH RESPECT 】dome

header_logo

の新作を前回に引き続き【徹底解剖】していきたいと思います。

dome col,01 / Damaged Grey Mat ¥38,000-(税抜)

IMG_2427

Dome(ドーム)

ドーム型の指輪をモチーフとしたという
丸みがある柔らかく優しい雰囲気のボストンシェイプです

男性向けブランドという訳ではないのですが
どちらかと言えば、男性サイズが多かったテイラー

ドームはそんなテイラーの中でも
女性が掛けてもサイズ感が良い仕上がりになっています

IMG_2428
丸みを帯びているリムは
ふんわりとした柔らかい印象になります
この辺りが少しフェミニンなイメージに感じます

IMG_2430

さり気なくブリッジ部分が

<キーホールブリッジ>

になっています
すっかり主張するわけではないですが
ちゃんとキーホールというニクイデザイン

こちらのカラーは

ダメージグレーマットという
テイラーお得意のカラーリング

新品なのにダメージを受けたような風合いのカラーリング

IMG_2432

この独特な丸みは、様々な試行錯誤を経て出来ています
様々な工夫を重ね、従来のフレームとは異なる雰囲気に仕上げています

IMG_2433

ダメージカラーに
ゴールドマットのテンプル

ドームのカラーバリエーションは
全てマットカラーで仕上げています

落ち着きのある使い方が出来ます

IMG_2438

ブリッジはロー付けしたような造りになっていますが
この形状はデザイナーの遊び心です

ロー付けをしたような雰囲気なのに、実際のフロントは
全て一枚のチタンを抜いて作られています

IMG_2441

裏側から見て見るとこんな感じです

プレスでブリッジ部分の凹凸をつけています
さり気ないけど、デザイナー魂を感じる部分です

IMG_2437

落ち着きがあるカラーリングですが
クラシックで渋くなり過ぎる事の無い、いい感じのカラーに仕上がっています

dome col,02 /PinkBrown & Gold Mat Gradation¥38,000-(税抜)

IMG_2459

ブランド初の試みである

マットカラーによるグラデーション

優しく、柔らかい色味なので
肌馴染みも良く使えます

このピンクグラデーションはカラーの柔らかさを含め
女性にカッコ良さと可愛さを出して使って欲しいです

IMG_2460

マットの質感もザラザラした無骨な感じではなく
シルクの様な滑らかなマットの感じに仕上がっています

ヘアライン加工の様な無骨な感じも良いですが
品の良いイメージのコチラのマットもとても素敵です

IMG_2462

機械でグラデーションカラーにするのではなく
人の手でグラデーション液につけながら
色合いを確認しながら染めていきます

職人技の見せどころですね

IMG_2465

ドームの中でも優しいイメージで使えます
ピンクブラウンのカラーはツヤがあるとカラーが強く出てしまいますが
マットなので落ち着きつつ、主張はそれなりにしてくれます

IMG_2469

クラシック系のメガネを掛けてみたいけど
なかなか勇気が出ない方におススメしたいです

dome col,05 / Black Mat¥38,000-(税抜)

IMG_2473

黒マットカラー

やはりブラックカラーは外せません

黒ですが、重い印象はあまりなく使えます
マットの質感と、フレームの細さも相まって
ビジネスシーンでも使っていただきたい雰囲気に仕上がっています

IMG_2476

IMG_2479

フロントはマットブラックでハッキリしていますので
テンプルはトーンの落ち着いたグレーになっています IMG_2481男性ユーザー様にかっこよく掛けて頂きたい

そんなカラーの組み合わせです

IMG_2488

薄いサングラス仕様にしてもカッコいいかもしれません

IMG_2489

カラーが違うだけで印象が変わります
是非掛け比べてみて、お好きなカラーを探してみてくださいませ