カテゴリー別アーカイブ: BOZ

【BOZ 新作入荷速報】LALY &LOUISON

J.F.REYの姉妹ブランド

<BOZ>

を今回はピックアップしていきます
入荷してきたBOZはしっかりBOZらしく

自然やお花モチーフの可愛らしく
セクシーなフレームになっています

LALY col,4575(khaki/plum/gold)

IMG_9266

アジアンフィッティングモデル
<各色40本限定>

きつい印象になり過ぎない
スクウェアとオーバルを合わせた様なデザインです

日本人の顔に合わせやすいカラーと
奇抜になり過ぎないデザインです

IMG_9273

先セルにはセクシーなリップがあしらわれています

IMG_9269

BOZらしいセクシーさと
可愛さを兼ね備えたモデルです

LOUISON col,9060(brown/copper/pink)

IMG_9221

オーバルの柔らかい雰囲気の中に
BOZの要素を合わせた、これまたセクシーなデザインです

IMG_9229

目元をかなりパッチリさせるフォルムです

IMG_9231

こちらのモデルにもリップが付いています

BOZ LOU

IMG_9175

BOZといえば、BOZフラワーとも呼ばれる
花をモチーフにしたデザイン

IMG_9181

お花の主張がしっかり出てくれます

IMG_9199

BOZ流のラウンドメガネは
セクシーで可愛らしい雰囲気になってくれます

以上、入荷速報でした

【アニマル柄&白黒】メガネをピックアップ

2021年の干支

<牛>

202101-1牛といえば白と黒の牛柄です
という事で

白と黒のコントラストが綺麗なメガネ

アニマル柄

のメガネをピックアップして今回はお届けしたいと思います

 LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNO col,90

IMG_9291

白と黒のコントラストがハッキリした
影郎デザインワークスのPORNO

オーバルデザインの使いやすいデザインになっています

影郎デザインワークスの中でもすぐに完売してしまう
今や影郎デザインワークスを代表するフレーム
といっても過言ではないデザインです

IMG_9296

ブラックのアセテート生地に
薄くホワイトのアセテート生地を重ねています

薄く張った生地を切削して
ブラックの生地を出しています

PORNOのカラーの中でも
かなりハッキリしたカラーになっています
ホワイトがしっかり出ますので、馴染ませて使う
というよりも、しっかり主張してカラーを楽しんで使って頂きたいです

IMG_9300

どちらかといえば、女性ユーザー様の多いPORNOですが
こちらのカラーは男性ユーザー様もカッコよく
クールに使って頂けると思います

JAPONISM JN-572 col,005

IMG_9308

JAPONISMらしい横長のスクエアシェイプ
シャープな雰囲気で使って頂けます

IMG_9311エッジの効いた
【チタン製】のブローです

ブローは眉が濃くなり過ぎない様に
絶妙な濃さと太さになっています

知的な雰囲気になりますので
ビジネスでクールに使って頂けます

IMG_9319

フロントからテンプルにかけ
頭を優しく包み込むジャポニスム独自の

<ブロー可動構造>

を採用しています

フロントのブロー部分から可動しますので
柔らかく、フワッとした掛け心地になってくれます

IMG_9332ブリッジの立体感に
JAPONISMらしさを感じます

ブリッジがパールホワイトというのがニクイです
凄く高級感のあるカラーに仕上がっています

KAMURO コキーユ col,000/888H

IMG_9335

KAMUROのコキーユ
スクウェアデザインのシンプルなカムロです

少しキリッとしたデザインは
リフトアップ効果もあります

IMG_9338

フロントはブラックでテンプルがホワイト
ブラック×ホワイトの組み合わせ

セクシーでクールなカムロデザインです

IMG_9339

コキーユというフレーム名は

<フランス語で貝殻の意味>

テンプルの独特な形状は
二枚貝を彷彿させるデザインです
テンプルについているパールは
まるでアコヤガイの中に入っている真珠のようです

見る角度によって、真珠が見えたり
隠れたり色々な表情を見せてくれます

IMG_9341

ハッキリしたカラーなのに
そこまで主張しすぎないです
普段使いでもしっかり対応できます

ここまでは牛イメージ?のブラック×ホワイトのフレームでしたが
お次はアニマル柄をモチーフにしたフレームをご案内します

J.F.REY 2611 col,4913

IMG_9354

J.F.REYのアンダーリムフレーム

ステンレスの表面をレーザーで加工し
動物の皮膚の様に独特な雰囲気に仕上げてあります

サラッとした印象のデザインですが
この独特な質感がフレームを引き締めてくれます

IMG_9357

フロントからの流れはとても綺麗で
一般的なアンダーリムフレームと比べても
テンプルの出方がググっと下から伸びています

IMG_9358

曲線を描いた
特徴的なテンプルになっています

IMG_9360

表面処理されたテンプルの柄は
トカゲの様な、爬虫類を彷彿させる柄になっています

エメラルドグリーンのカラーと相まって
凄くトカゲ感があります

IMG_9363

内側のカラーは
シルバーカラーになっています

内側のカラーなんて見えないんじゃない?
と思われるかもしれませんが
掛けていると、実はチラッと見えます
このチラ見せのシルバーがとても綺麗なのです

IMG_9367

そこまで奇抜なデザインでは無いですが
ちゃんとJ.F.REYを感じるフレームです

BOZ ZOO col,7072

IMG_9369

BOZからはZOOという
かなりワイルドな雰囲気のフレームをご案内します
フレーム名もZOOと
動物園の名前がついています

フォックスシェイプのキリッとした
セクシーさを感じるデザインです

IMG_9370

パープルのフレームカラーに合わせてある

<ヒョウ柄>

がとても目を惹きます

IMG_9375

セクシーでクールなカッコよさを表現できる
インパクトのあるフレームです

ヨロイ部分の太さも印象的ですね
レンズサイズは少し大きめなので
サングラスにしてもカッコいいです

IMG_9376

テンプルはヨロイからの流れで
太いテンプルになっています

装飾やデザインをしていない
シンプルなテンプルです

 IMG_9385

BOZ専用ケースにはヒョウ柄のケースがあります
ヒョウ柄ケースを選んでいただければ
メガネもケースもヒョウ柄でそろえる事が出来ます

今回は、ブラック×ホワイトのフレームと
アニマル柄のメガネをピックアップしてみました
普段中々チャレンジ出来ない
個性的なカラーや柄にチャレンジしてみませんか?

【トランクショー第六弾 JAPONISM& J.F.REY】懐かしのBOZ編

プレゼンテーション10

JAPONISM

J.F.REY

開催中です!

残す所一週間になりました
トランクショー第六弾

今回はJ.F.REYではなく姉妹ブランドの

<BOZ ボズ>

についてです

BOZのメインデザイナーはREY氏の妻である

ジョエル氏

メンズラインを意識しているJ.F.REYとは違い
BOZ(ボズ)は主に
レディースラインを意識したブランド
エキゾチック でフェミニンな印象のコレクションです。

≪花や雲などの自然をモチーフ≫

として、芸術的な1つの作品のようなフレームを提案しているブランドです。
女性らしく上品で、カラフルなメガネは、他のブランドにはない印象があります。

ブランドのご厚意で
実はJ.F.REYと一緒に、BOZもフレームを借りています

IMG_8763

IMG_8764

そんなBOZは現在

<壁面二つを使って展示されています>

その中でBOZファンには嬉しいフレームが入っていましたので
ここでご紹介したいと思います

KANEL col,2412(turquoise/ivory)

IMG_8777

BOZのフレームの中でも人気が高く
非常に評判の良いKANEL

2007年発表のコレクションで、長く人気を誇ったモデルですが
人気絶頂の中惜しくも廃盤になったモデル

そんなKANELが
まさかの凱旋帰国です!

少し細目のフロントはキリッとした表情で
クールですが、柔らかい印象も出せる
女性ユーザー様のお顔を彩ってくれるデザイン
IMG_8780

KANEL最大の特徴は
レースの様な模様

フロントサイドから続いていくレースは
ゴージャスさもありながら、カジュアルな服装でも
使えるデザインになっています

IMG_8781

カラーはターコイズで
ヨーロッパらしい元気で明るいカラーを採用しています

ティファニーブルーを彷彿させる様な
ターコイズグリーン

IMG_8785

フレームの裏側はアイボリーカラーになっています
斜めから見るとチラッと見えるアイボリーは
ターコイズカラーと相性抜群です

IMG_8784

お顔に乗せても、アイボリーはチラッと見えます

このチラ魅せがたまらないですね

IMG_8783

完全に廃盤になっていたと思っていましたが
ここに来てまさかの再登場です

奇跡的にフランスの在庫が見つかった
というレベルのモノなので、気になる方は是非!
BOZのロゴも旧ロゴバージョンのレアモノです

nectar col,2242(Turquoise/Anise)

IMG_8786

こちらも長く愛されているBOZのフレーム
nectar ネクター

人気フレームで、AZでもファンの多いデザインです
フロントを正面から見てみると
そこまで主張するデザインでは無く
キリッとしたBOZらしいデザインです

ネクターの神髄は
フロントサイドにあります

IMG_8789
フロントサイドの特徴的なデザイン

これこそがネクター最大の特徴です
フロントサイドから伸びている
グリーンの細いラインがデザインにメリハリをつけてくれます

IMG_8790
植物の蔦の様な
ボタニカルなデザインになっています

フロントの下部からテンプルが繋がっていく事によって
リフトアップ効果が生まれます

フロントの左側はこんなデザインですが
チラッと見えている右側のデザインを見て頂きましょう

IMG_8796

フロントサイドデザインは
アシンメトリーになっており
コチラデザインの方が大きくなっています

このアシンメトリーのデザインも
ネクターのデザインの魅力です
IMG_8793

先セルに
<花柄>の様な柄を入れています

見えない所にもBOZらしい遊び心を入れています

IMG_8797

ターコイズカラーアニスカラー
トーンが明るめのグリーンフレームです

割とハッキリしたカラーですが
日本人の顔にも馴染みが良く、色々な場面で使いやすいです

左右のデザインの違いを楽しんで頂きながら
普段使いでカッコよく、オシャレに使えるフレームです

mitsoo col,6000(Gold)

IMG_8812

かなりインパクトのあるコチラのフレーム
mitsoo ミットソー

BOZらしさを爆発させた
アート性を感じるデザインです

左右のフロントサイドがチラッと見えていますが
ミットソー、先ほどのネクターと同じく

左右アシンメトリーのデザインになっています

カラーはツヤのあるゴールドカラー
ゴージャスな雰囲気を感じます
IMG_8816

ネクターよりも更にパワーアップした
ボタニカルな柄

蔦の様なデザインが更に増えました
ゴールドカラーのフレームに
ブラックのラインが入っています

ゴールドカラーブラックのラインが入る事で
フレームが引き締まってみえます

IMG_8821

反対側はこんな感じで
かなりパワーアップしたデザインになっています
曲線と蔦のみたいなデザインは

<ペーズリー柄>

の様な雰囲気も感じます

IMG_8819

長モダン(テンプルのプラスチック部分)
の柄がキリン柄?

になっており、柄・カラーがしっかり主張しますIMG_8820

裏のカラーはブラックになっています
フロントのゴールドを引き締めてくれます

ゴールドとブラックの組み合わせは
やはりカッコいいです
IMG_8824

かなりインパクトがあり
遠くから見ても、凄いメガネを掛けている
という事が分かるゴージャスさです

派手ですが、いやらしい派手さではありません
メガネをとことん楽しんで頂きたいデザインです

BOZファンには懐かしさを感じて頂き
初めて見る、という方には新鮮さを感じて頂ける
BOZらしい3本をご案内しました

どのモデルも、発表されてから暫く経ちますが
未だに人気で、デザインも色褪せません
楽しいメガネをお探しの方はBOZをオススメします

【BOZ】HOYA 貝?レンズメーカー?

前回に引き続き

<BOZ>

のフレームを紹介していきます

BOZ HOYA col,3005 red/shiny / ruthenium¥44,000-(税抜)

IMG_1786

このフレームの特徴は何と言っても

フロントリム部分がねじられているようなデザイン
三つ編みしたような不思議なデザインのリム

そのリムのフロント正面だけに、ツヤのあるカラーで塗装して
反射により違う色に見える様なカラーリングになっています。

IMG_1788

オーバルの様な、クラウンパントの様なレンズデザイン
どちらかというとオーバルの要素が強いです

このHOYAは、独特なリム以外は、割とシンプルな造りになっていますので
奇抜になり過ぎず、顔に馴染んでくれます

シンプルな風合いですが
カラーはBOZらしく、ハッキリした明るいカラーなので
遊び心はしっかり出てくれます

IMG_1790

テンプルはフロントの下からググっと伸びています
逆ナイロールのフレームに多く用いられますが
フロントの下からテンプルが出る事で

【リフトアップ効果】

が生まれます

IMG_1792

少し波打った曲線がキレイなテンプルです
シンプルですが、味気ないわけではないというバランス

IMG_1795

シンプルですが、曲線美が凄くいいです

IMG_1798

三つ編みリムは

<表面だけツヤのある塗装になっています>

こうして少し上から見て見ると、表だけ別の塗装が塗られている事が分かります

表面のカラー以外は、全て同じ赤色になっています
表のリムだけ色を変えているだけで
立体感や奥行きが出てくれます

これぞBOZのカラーマジックです

IMG_1800

日本のブランドではあまり見かけない、鮮やかな赤
目の覚めるほどキレイな赤は一見の価値ありです

派手ではありますが、奇抜な風にはなりませんので
意外と普段掛けでもいけちゃう?かもしれません

IMG_1799

先セルも同系のカラーを使ってまとめています

IMG_1803

シンプルですが、そこまで普通過ぎない
その代わり、カラーの使い方はとことん明るくしたHOYA

次のカラーはもっと攻めたカラーになっています

BOZ HOYA col,2045 sky blue  / shiny green¥44,000-(税抜)

IMG_1807

先程の赤いカラーのインパクトを更に超えてくる

スカイブルーカラー

これぞ海外ブランドのカラー
と主張するかのような、派手なカラーリングです

顔に馴染ませるだとか、そういう事は一切考えていないであろう
振り切ったカラーの使い方
とてもBOZらしくて好きです

IMG_1809

正面に使われているカラーは

シャイニーグリーン

スカイブルーとの組み合わせがとても綺麗です

まるでチョコミントの様な美味しそうなカラー
爽やかな、これから暑くなっていく季節にもってこいです

IMG_1810
カラーがはっきりしている分派手に見えますが
スリムなフレームなので、掛けてみると案外スッキリするかも?
いや・・・やっぱり派手ですね

IMG_1812

 先セルのカラーもキレイな色です
同系色のスカイブルー系統でまとめ上げています

IMG_1814
かなりハッキリしたカラーですが
掛けてて楽しくなるメガネです。

日常使いでも、ドレスコード合わせでも
どんな使い方をするのかは皆様次第なカラーリング

掛けるのが難しそう
使える場所がなさそう

と思ってしまいがちですが

一回お試しに掛けてみませんか?
何か新しい発見があるかもしれません

そんな体験をBOZはお約束してくれます

【BOZ】フランスの陽気なフレーム JOLY

クラシックフレームが続いていましたので

今回はフランスブランドである

<BOZ>

ヨーロッパらしいデザインとカラーで個性的ですが
ちゃんと日本人に似合ってくれる
そんなフレームを今回は【徹底解剖】していきたいと思います

 BOZ JOLY col,7030 ¥42,000-(税抜)

IMG_1819

ソフトフォックススタイルのフレーム

ハッキリした表情にはなりますが
きついイメージになり過ぎない程度にキリッとしてくれる

そんなデザインになっています

フレーム名のJOLY (ジョリー)は
陽気・愉しい

などの意味があるみたいです

IMG_1820

様々な要素を詰め込んだ欲張りなフロントです
肌馴染みの良い、濃いパープルカラーをベースにしています

智元はレーザーか、エッチング加工か
どちらかの手法だと思いますが、柄をつけています
目尻にインパクトが出るのと同時に、目元を引き締めてくれる効果もあります

IMG_1822

そして一番目を惹くブロー部分
ツヤのある塗装(おそらく七宝系の塗装だと思います)
を施すことによってフロントがパッと輝いてくれます

アイメイクをした効果も出せますし
何といってもセクシーなイメージになってくれます

ぷっくり盛られているので
リップの様なセクシーなイメージを感じます

IMG_1825

ブローの質感だけ、ツヤがありますので
離れてもその部分はしっかり主張してくれます

個人的なイメージとして

BOZのフレームはカラーや雰囲気が元気いっぱいの
おてんば系(褒めています)

というフレームが多めな印象でしたが
このJOLYはカッコいい、セクシーな

大人なイメージで
パリジェンヌ感を感じるフレーム

と思います。
同じフランスブランドである

Lafont のテイストに少し近い気がします

IMG_1830

フロントが派手めなのでテンプルはシンプルに
という風にならないのがBOZ

テンプルもしっかり個性的に仕上げています
フロントと同じ技法で仕上げてあるテンプルに
これまたカラーがキレイな先セルを合わせています

IMG_1821

セクシーな印象の強いフロント
掛けてみると、肌馴染みの良いカラー
個性はあるけど、意外とどんな場面でも使用していただけます

個性的ですが、ちゃんと普段使いも出来る仕上げになっているのは
流石の一言です

IMG_1834

掛けて楽しい、見て楽しい

そんなフレームです。
次はカラー違いです

BOZ JOLY col,5900 ¥42,000-(税抜)

IMG_1835

先程のカラーと比べると、落ち着きのあるカラーになっています

パッと見た感じでは、同じフレームなのかな?
と思う程、印象が変わります

フロントカラーはアンティークブラウン
クラシックなソフトフォックスという雰囲気が強いカラーリングです

IMG_1836
ブロー部分の塗装はツヤありのブラック
同系色にまとまっており
派手になり過ぎない様にしてあります

IMG_1838

ある意味、BOZらしくないカラーリングにはなっていますが
こういったBOZもとても新鮮に感じます

クラシックフレームを試してみたいけど
やっぱりキリッとしたフレームが好きだな

という方にはピッタリなカラー・デザインではないでしょうか

IMG_1840

テンプルも落ち着いたカラーになっています
先セルだけ、少し遊んだ生地の色を使ってはいますが
その生地もやはり同系色系のブラウンオレンジをベースにした生地です

IMG_1837

BOZ流のアンティークカラー

といった感じです
目元をパッチリさせる効果や、BOZらしいキレイなイメージをいれつつ
クラシカルな要素も盛り込んだフレームです

IMG_1844

以上が今回【徹底解剖】したJOLYです
皆様はどちらのカラーがお好きでしょうか?

<BOZ> 唇?木星?

フランスブランドである

toplogo-boz

ボズの新作が入荷してきましたので
早速【徹底解剖】していきたいと思います。今回の新作も中々個性的なフレームです

BOZ JOIE col,0030 ¥42,000-(税抜)

IMG_9545

柔らかいオーバルデザインですが
普通のオーバルになり過ぎない様に、

<ブローラインに細工を施してあるデザイン>

眉上から眉尻にかけて、さりげなく?
七宝加工がされています。

IMG_9547

ブラックルージュレッドと、ハッキリした色遣いですが
ブロー部分、全てが覆われているわけではないので

見た目に反して顔なじみの良い色

になっています。

IMG_9549

ぷっくりした唇の様なセクシーな造り

光を当てながら撮影するとぷっくりセクシーになってくれます。
普段掛けしている時には、さりげないツヤで顔に馴染みます。

IMG_9553

テンプルは葉っぱを連ねたようなデザインです
落ち着いているのに、さりげなくデザインが入っているというのが良いです。

IMG_9562

パッドは調整のしやすいクリングスを使用しています。
掛具合をキチンと調整出来る様になっています。

IMG_9564

BOZというブランドという枠から見ると落ち着きのあるデザインですが
メガネとしてとらえると、しっかりインパクトのあるメガネです。

BOZ入門フレームとしてはもってこいなフレーム!

JUZA col,3405 ¥42,000-(税抜)

IMG_9567

ソフトフォックス系デザイン

きつくなり過ぎない印象で掛けていただけるレンズデザインです。
マットで落ち着きのあるレッドとカーキを合わせたような
肌馴染みの良いカラーです。

IMG_9569

レンズ上部のブロー部分は

<レイヤード風>

になっています。
フロントとブローの色が変えてありますので
<アイメイクをしたような効果>も得る事が出来ます。

IMG_9572

ボリュームも出すぎない様に、工夫してあります。
裏のフロントにブローパーツを張り付けています。

IMG_9574

ブローでソフトフォックスと、個性的な要素をふんだんに盛り込んでいますが
フロントからテンプルに掛けて、柄を彫り込んでいます。

IMG_9575

何柄?かは分かりませんが、何となくフランスを感じます。
エッフェル塔のような感じ?

JUZA col,7040 ¥42,000-(税抜)

IMG_9584

先程のカラーとは変わってかなり個性的なカラーリング
パープルライムグリーン?を合わせています。

IMG_9586

カラーが強い!という訳ではありませんが
目立つカラーリングにはなっています。

IMG_9587

グリーンがキレイです。
かなり目元が明るくなります。

IMG_9588

テンプルの柄はこんな感じ

IMG_9589

宇治金時?

の様にも見えてきます

IMG_9594

AZに入荷してきたJUZAを並べてみました。
意外と使いやすいカラーと、個性的なカラー
BOZらしいカラーラインナップに仕上げています。

BOZ JUPITER col,0010¥44,000-(税抜)

IMG_9595

ジュピターという、壮大なフレーム名

その名に負けぬほどのインパクトを感じさせるデザインです。
ブラック&ホワイトの、かなりメリハリのあるカラーです
IMG_9599

レンズデザインがかなり独特です。
ボストンのようでもあり、クラウンパントでもあります
花弁の様なデザインも可愛いです

IMG_9600

ブリッジはクラシック系のフレームに相性抜群の

【キーホールブリッジ】

を採用しています。

IMG_9602

レンズデザインがかなり独特ですが
トータルのデザインもかなり個性的なインパクトがあります。
レンズデザインが特殊な形ですが、パッと見た時の印象は

【丸メガネ】

のイメージになります。

IMG_9606

フロントのデザインに対して、テンプルはかなりシンプルにしています。
このデザインバランスがBOZらしいです

IMG_9607

アジアンフィッティングクリングス
キチンと調整が出来る様になっています。

BOZ JUPITER col,9080¥44,000-(税抜)

IMG_9614

 こちらはブラウンピンク系にまとめたカラー

 IMG_9616肌馴染みは良いカラーですが、しっかり花弁?
が目立つ感じです

 IMG_9621

テンプルのデザインはシンプルですが
使われている生地の柄が少し面白い柄になっています。

IMG_9618

BOZファンには間違いなく気に入っていただける

フラワーな雰囲気

IMG_9625

遊び心はありつつ、馴染む部分は馴染んでくれる
そんな楽しいメガネに仕上がっています。

以上が入荷してきたBOZの新作です!
フランスの風を是非感じてくださいませ。

『Le papillon est venu de France』

フランスから蝶がやってきた。フランス流のタイトルにしてみました。
翻訳サイトで訳したので間違っている可能性があります。
フランス語が堪能な方で、間違いに気が付いたら教えてくださいませ(笑)

フランスブランド

『BOZ』

から蝶々をモチーフにした新作達が入荷してまいりました。
蝶々を含め、新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

BOZ GOLD col,8070

IMG_1775

BOZ流の
『逆ナイロールフレーム』

最近のBOZのフレームにしては、少し細目なデザインになっています。
こちらの「GOLD」は、アジアンフィッテイングモデルになっています。

【各色限定25本】

の超限定モノになっています。
この「GOLD」のモチーフは

silhouette_ageha001

テンプルに蝶々をあしらったアンダーリムモデル
(逆ナイロールとも呼ばれます)

蝶の可愛さと
大人のかっこ良さが共存しているフレームです。

IMG_1778

可愛い感じの蝶々です。

ダウンロード

見る人によって、リボンにも蝶にも見える可愛いパーツです。

IMG_1777

アジアンフィッティングになっていますので
日本人の顔にしっかり馴染むデザインになっています。
ローズ系のパープルは、カラーとしてはかなり目立つカラーですが、

<そこがBOZらしい部分でもあります>

しっかりカラーを前面に出して遊んでみてはいかがでしょう。

IMG_1779

一見派手に思えますが
デザイン自体は普通の逆ナイロールフレームです。

IMG_1772

先セルの生地の柄も
中々変わった生地になっています。

0001

ペルシャ絨毯?

のような、柄に柄を合わせたなんだか不思議な生地になっています。
渋いような可愛いような、なんとも言えない生地になっています。

BOZ GOLD col,4050

IMG_1784
カラーは、エメラルド寄りのグリーンです。
先ほどのローズパープルよりも、更にカラーの主張が強い一本になっています。

IMG_1786

蝶のカラーは『ゴールドカラー』になっています。
グリーン系ゴールドのカラーになりますので
メリハリもかなり効いて、しっかり目立ってくれます。

IMG_1788

サイドから見るとこんな感じになっています。
カラーの出方が独特です。

派手ではありますが、イヤらしい感じまではいかない
非常に計算されたデザインである「GOLD」

アジアンフィッティング用にカスタムされた
カラー&デザインになっています

一見派手に見えますが(派手なのですが)
意外とかけてみるといけちゃう?そう思わせてくれるメガネです。

IMG_1789

バナナっぽいテンプルエンド

banana-1504956_640

緑のカラーと相まって、南国感が凄いです。

02237002910

限定カラーだからこそ、遊んだカラーにしているのでしょう。
その感覚がBOZらしいです。

GLORY col,5070 turquoise/gold/plum

IMG_1756
メガネ展示会で好評だった
“らしい”モデル「GLORY」
ブローラインの装飾とテンプルの模様が特徴です。

brooch

ブローラインは葉っぱのイメージ?
さりげない感じがいいです。

<ややフォックス気味のレンズシェイプ>

フォックスデザインは
口角が上がって見えて、『リフトアップ効果』もありGOODです!

IMG_1757

フロントは3色仕様になっています。
単色ではない、奥行きのあるカラーリングです。

IMG_1761

テンプルのデザインが、葉っぱの組み合わせの様に見えてきます。

IMG_1762

うーん・・・

リーフパイにもみえます。

IMG_4669

とりあえず言えることは、可愛いテンプルには違いないという事です。

col,6020 copper/gold/blue

IMG_1742

こちらはブルーブラウンの組み合わせ。
ちょっと大人なカラーになります。

IMG_1745

リム部分にさりげなく使われている、ゴールドが中々いい味を出しています。
色の組み合わせが、少しメンズな表情になります。

IMG_1749

メンズっぽいカラーとは言え、やっぱり可愛らしい表情を出してくれます。
先ほどのカラーより、カラーの主張は抑えめになっています。

IMG_1752

フロント周りが落ち着いたカラーに対し、

かなりビビットなカラーの先セル

髪の短い方であればチラ見せ出来ます。
注意してみないと分からない部分ではありますが、その部分も可愛く仕上げてくる。
BOZらしさを感じます!

以上が、今回入荷してきたBOZの新作です。
BOZらしさ満載のフレームばかりです。

掛けて見なければ、似合うかどうかはわからない

苦手意識や、派手かも・・・
と思うより前に掛けてしましょう!
案外行けてしまうものですよ。

【J.F.REY&BOZ】から新作到着!

少し遅れた、Xmasプレゼントというタイミングで入荷してきた新作を紹介します。

ダウンロード

まずはJ.F.REYからいきましょう。

J.F.REY2813

久々に登場!【ゴツイ系】のJ.F.REYです。
ゴツイ逆ナイロールを待っていた方も多いのではないでしょうか?
そんなユーザー様を唸らせる J.F.REY2813を【徹底解剖】していきます。

col,2595

IMG_0207

フロントはJ.F.REYらしい、スクウェアシェイプ。
J.F.REYのメガネは、派手に思われがちですがフロントを正面から見ると
意外と落ち着いた印象なのです。
正面は意外と普通でも、他の角度から見ると、
“らしさ”満載
なのが良いんです。

IMG_0209

このフレーム最大の特徴、

<ヨロイ部分のごつさ>

ヨロイもテンプルも、フロントのスッキリさとは対照的に
かなりボリュームがあります。

IMG_0210

テンプルを畳むと、ヨロイのごつさがより際立ちます。
ブルーですが、少しも混ざっている、いい青の色になっています。
青が強いと、顔に乗せた時に浮いてしまうことも多いですが、
紫が入ることで、

=青が強く出すぎず肌馴染みの良い青=

になっています。

IMG_0213

サイドから見るとこんな感じです。
テンプルのべっ系のカラー

青の色のバランスがメリハリ効いていいんです。

IMG_0214

こちらのモデルは、

<アジアンフィッテイングモデル>

になっています。
アジア系の顔に合わせて、掛具合が良いようにカスタムされています。
アジアンモデルだと、一目でわかる部分は

鼻パッドの部分

クリングス部分が、

『クネっと曲がっているのがアジアンフィット』

鼻の調整が細かく出来るようになっています。

【各色限定50本の特別仕様になっています】

他のカラーも紹介します。

col,9525

IMG_0226

フロントは落ち着きのあるブラウンですが・・・

IMG_0316

裏のカラーは、エメラルドブルーになっています。
ブラウンエメラルドブルーの組み合わせがさりげなく目立っていい感じです。

IMG_0229

テンプルの生地の色も、独特な生地になっています。

IMG_0230

アップで。
キリンっぽい?柄です。

col,0010

IMG_0220

こちらはシンプルにブラックカラーです。
裏側はというと

IMG_0225

ホワイト
黒と白のコントラストが、非常にくっきり出てくれるカラーリング。

IMG_0222

テンプルも黒/白なので、かなりメガネの印象は出てきます。
今回入荷したJ.F.REYは以上になります。

お次はBOZを紹介です。

EMY

col,2575

IMG_0231

フロントはアセテートで、テンプルはステンレスのコンビネーションモデル。
フロントにはさりげなく、【ラインストーン】が付いています。
BOZらしい、きりっとした中に柔らかさもあるデザインです。
ネイビー系の生地の上に、青のブローが目立ってきます。

IMG_0233

フロントのブローにあるステンレスが、

そのままテンプルにのびている

変わったデザインになっています。
そこからのテンプルが何と!

IMG_0238

180度ねじれているデザインになっています。

IMG_0239

サイドから見ると【不思議な形状】になっています。
変わった形状ですが、軽くバネ性もありますのでとても掛けやすいです。

col,9080

IMG_0241

ブラウンの生地にローズのブローになっています。
離れていても分かる、かなりインパクトのあるカラー!

IMG_0243

ブリッジ部分の仕上げも綺麗に仕上げています。

IMG_0247

もちろんテンプルは“ねじれて”います。
これだけハッキリした色ですが、不思議と馴染んでしまうのもBOZ
一度騙されたと思って掛けてみていただきたい一本です。

FRIDAY

col,0055 black/gold

IMG_0259フロントのステンレスが二重でバイカラー
BOZにしては結構シンプル目のデザインで、あっさりとしてかけやすいモデルです。
ですが、BOZらしさは健在です。

アイメイクをしたような、特徴的なブロウ部分が印象的です。

IMG_0260

/ですが、艶消しの落ち着いたカラーになっていますので
思っている以上に肌馴染みはいいです。

IMG_0262

テンプルはあっさりしています。
BOZらしいけど、そこまで派手でもない使いやすい一本になっています。

col,3048 red/jade

IMG_0253

こちらは先ほどのカラーとは違い、

かなり派手なカラーになっています。

レッドとスカイブルーの派手な色遣い。
まさにBOZカラーといった感じです。

IMG_0255

どこをとってもBOZらしい感じ。
ヨーロッパブランドならではの色遣いがたまりません。

IMG_0256

重ね着のようになっている部分も綺麗に仕上げています。

col,9013 brown/milky

IMG_0263

こちらのカラーは柔らかいミルキーなカラーになっています。
優しい雰囲気の出せるカラーなので、普段掛けにもってこいなカラーになっています。

IMG_0264

優しいカラーリングです。

IMG_0265

普通っぽい感じですが、普通っぽくないBOZ感満載のカラーです。

といった新作達が入荷しています。
これから、他のブランドも含めて、
新作ラッシュになってきますので楽しみにお待ちくださいませ。

2017 新作展示会レポート part,2

IOFTを後にして、

SITE

に乗り込みます!

SITEは秋の展示会の中でも、2番目に大きい展示会。
主に、海外ブランドなどが多く出展している展示会です。

AZのブランドでは

ic!berlin

J.F.REY

BOZ

などが出展しているので、その子たちの新作を見に行きます!

朝から何も食べていないですが、もうこのまま行ってしまおう!
ということで、そのまま強行してSITEに突入です。

shiodome_gaikan

ベルサール汐留で開催されているSITE
東京のビル群の中にそびえたっています。

2Flob_1(600_400)

展示会の写真はなかったので・・・
こんな場所でやっていました。

img_00056_03

こんな展示会場で、まず向かうのは

【J.F.REY&BOZ】

毎回、凄まじい数の新作を出してくるブランドです。
では早速新作を見ていきます!

 1507951177430

新作はJ.F.REYらしいような、らしくないような。
真っすぐにデザインされたブロー部分。

スタッフMが掛けるとこんな感じになります。

IMG_3154スタッフM、とても興味を示していました。
青のフレームが欲しい!と探していた中現れたフレームでしたので
テンションも挙がった様子。

1507951141817

クラシカルなシリーズ

“1985”

フランス流のクラシックが、いい味を出しています。
そんな1985シリーズ、サングラスもリリースされていました!

IMG_3163
ツーブリッジのフレームですが、可愛らしさもある不思議なデザインです。

1507951124315

横長シェイプの、AZでもファンの多いデザインや

1507951207885

テンプルにチタンを5枚重ねた“ミルフィーユ風”モデルなどなど
J.F.REYっぽさ全開の新作達でした。

今回は、珍しいシリーズが復活したらしいです。
数年前にシンプルなJ.F.REYとしてリリースされた

【SOHO】ソーホー

というシリーズ、前回は
アセテート(プラスチック)で作られていましたが
今回はステンレスで作られています。

名前の元になっているSOHOとは
【ニューヨーク市マンハッタン区ダウンタウンにある地域の名前です。】
かつては芸術家やデザイナーが多く住む町として知られていたが、
近年は高感度な高級ブティックやレストラン街となっています。

そんなSOHOの名前を付けたシリーズがコチラ

IMG_3147

シンプルなステンレスフレームです。

IMG_3148

シンプルなデザインなのですが、少し変わった色の使い方もしています。

IMG_3149

テンプルを捻って、チラッと魅せるカラーリング。
J.F.REYの中でもシンプルなシリーズですが、
【らしさ】は抑えてあるニクイフレームです。

J.F.REYを見終わり、一息つく間もなくBOZを見せていただきます。

BOZも相変わらずの多さです・・・
BOZらしい、カラフルなデザインが多かったです。

1507951244581

1507951282867

これだけでもBOZの新作のほんの一部。
半年毎に、よくこれだけのデザインを考え作ることが出来るな。
と思います。

新作のサングラスも中々個性的なデザインです。

1507951238173

掛けていたら注目間違いなしのデザインです。

22090086_1628876073831052_4033123178399160707_n

かけるとこんなイメージ。
やっぱり個性的です。

J.F.REY&BOZを見せていただき、お次に向かうのは

ic!berlin

なのですが、肝心な写真を撮っていない大失態再び・・・
新作は届いてから書きたいと思います。

SITEを色々巡り、気が付けばもう夕方。
朝から何も食べていないので流石にへとへとです。新幹線に乗る前に、

<食事&お酒>

ということで、愛知県には無い

 259668に行ってきました。一流レストランで活躍したシェフたちが、
高級料理をお手頃価格で提供する、立ち飲みレストランです。

一日の疲れを、お肉とお酒で吹き飛ばしました!

1507951303980

俺のイタリアン名物のお肉を頂き、愛知県に帰ってきました。

一日で様々なブースや会場を回り、メーカーさんともお話させてもらいましたが
やはり直接お話を聞くと勉強になります。
中々、現場の声を聞く機会もありませんから。

展示会のメガネは早くも入荷しているモデルもあります!
これから年末年始にかけてドンドン入ってきます。
入荷次第ブログを更新していきますのでお楽しみに!

メガネ徹底解剖!【BOZ】編 part,2

メガネ徹底解剖のお時間がやって参りました!

今回はBOZ Part.2です!

では早速いってみましょう!

【表面処理】

お兄ちゃんブランドのJ.F.REYもですが
BOZの【表面処理】は様々な技術で作られています

塗装以外にもレーザーや前回、チラッとお話にでたエッチングなどなど
色々な技法を使ってメガネを作っています。
そのうちのいくつかを【解剖】したいと思います。

J.F.REY、BOZの専売特許?と言ってもいい塗装
世界のメガネを探しても

J.F.REY、BOZしか出来ない塗装

【錆風塗装】

20160301213857

この塗装は

≪塗装を錆びた感じのイメージで表現する≫

他のメーカーはマネできない塗装
サビのザラザラした感じを出せているのが凄いのです!
アンティークっぽいけどそこまでアンティークでもない。
落ち着いているけど、よく見ると変わっている。
本当に素晴らしい塗装です

IMG_8494
シルバー錆びバージョンの他にも
茶錆びバージョンもあります
メガネにサビなんて、一番の敵ですがそれを逆手にとって

「面白いから塗装にしちゃおう!」

↑想像です

って発想が生まれるのが凄い。
それを実際に造ってしまうのも凄いです。

お次の表面処理は

【レーザー加工】

レーザー加工は昨今のメガネ業界でなくてはならない加工方法

<チタンをカットする>

<チタンの溶接をする>

<表面にレーザーで模様を彫る>

などなど、レーザー加工の技術進歩がデザインの幅を大幅に広げてくれます。
BOZのメガネもレーザー加工を施しデザインしているモデルがあります。

IMG_8505
幾何学模様?がレーザーで描かれています。
こんな細かい模様も寸分も狂わずデザイン出来てしまいます。

<ラーメンどんぶりの模様>

に見えるのは私だけでしょうか?

b357-15b

なんとなく似ていませんか?
エキゾチックな感じが!
色が似ているから余計にそう見えるのかも・・・

次のフレームは左右非対称にレーザー加工をしているモデルです。

「左右非対称のメガネって似合うの?」

という方も多いかもしれません。
しかし、元々人の顔は左右で違う顔になっているので
非対称のデザインにしても意外と違和感は少ないのです。
(極端に左右のデザインが違うと・・・ですが)

IMG_8572
左右非対称なデザインですが、玉型は左右対称になっているので
掛けた時にはそこまでインパクトが出るわけではないのがいいです。
右側だけレーザーで加工しているので、ちょっとしたアクセントになってくれます

IMG_8574

レーザーでしっかり彫られています。
黒の塗装が入れられてるのも引き締まっていいです。

IMG_8575

レーザーの無い方は、スッキリしていいです。

<全部レーザーで彫ったら主張が強くなる>

<レーザーで彫らなければあっさりしすぎる>

上手い具合にレーザー加工を施しています
左右非対称なデザインを使いやすく、かつ楽しくデザインするのは流石です!

お次の表面処理は

【プリント】

プリント?印刷?メガネで?そんな事できるの?

と思われる方も多いかもしれません。
日々、技術は進歩していますので、こういったプリント技術も可能なのです!

そんなプリント技術で作られたメガネが↓になります
BOZ ZOO

IMG_8577

プリント部分はフロントサイドの部分の模様です。
アップでどうぞ!

IMG_8579

もう、なんの柄か分かりますよね
フレーム名でもあるZOOにヒントが隠されています

2

【ヒョウ】

でした。ヒョウ柄はフランスなどでは割と定番カラーらしいです
日本でいうとブラウンなどに相当する位、ド定番らしいです。
とはいってもここはJAPAN。ヒョウ柄は少し冒険なカラー。
これこそ探していた柄だ!って方は是非ヒョウ柄に挑戦してみて下さい!

ここまで綺麗にプリントが出来るのは、昔からは考えられない技術だとおもいます
最新技術を上手く取り入れ、デザインを活かすのがとてもBOZらしいです。

さて、次の【解剖】に移りましょう。お次は

【ケース】

BOZのケースは本当に・・・本当に多彩。
オリジナルケースを出しているブランドは多くて6種類程
しかし、BOZの場合はケースだけで

10種類以上

何故こんなにも種類があるのかというと、納品の度にケースが変わるから
という事に他なりません。

年に2回展示会で新作が発表されるのですが
その納品の度にケースの柄が変わっています
その一部なのですがご紹介します

IMG_8551

これでも一部です・・・
本当に色々な柄があるのです。

IMG_8552
小さなハンドバッグ型みたいなものもあります。
メガネケースって何だろう?
と思う位にケース感がありません。
パッと見る限り、化粧品とか入ってそうな感じですが・・・

IMG_8557
ちゃんとメガネケースなのです。
大きめなので、サングラスでも余裕で入っちゃいます。

IMG_8559
バージョン違いはもっとキラキラしています。
持ち手もそうですが、表面の生地がオーラを放っています。

IMG_8566
コンパクトな方のケースも中々のインパクトです。

IMG_8569
毛むくじゃらなのもあります。

IMG_8570
流石にヒョウも、毛むくじゃらなムックみたいなケースはちょっと・・・
な方には可愛い横縞ケースもあります。

フレーム、ケース共にインパクトのあるBOZ
メガネを掛けることを楽しいと思ってもらえるようなデザインが多いです。
part,2に渡ってお送りしたBOZの【徹底解剖】いかがでしたか?

どのブランドにも言える事なのですが、実際に触って感じて頂く事で
質感やデザインを感じて頂けると思います。
【徹底解剖】シリーズはその参考にしていただけると嬉しいです。

では次回の【徹底解剖】でお会いしましょう!