<カーボンメガネ>登場!

突然ですがカーボンと聞いて、皆様は何を思い浮かべますか?
聞いたことはあるけど、あまりピンとこない方もいらっしゃると思います。
カーボンは

航空機
宇宙開発の分野
レーシングカー
スキーの板
自転車のフレーム
ゴルフのシャフト
釣竿

などに用いられている事があり、意外と身近な所でお世話になっている事もあります。
そんなカーボンの特徴は、

とにかく軽くて高強度、高剛性で熱にも強いこと

そんな様々な分野に使われているカーボン
そんな万能素材は、メガネにも使われています。

 現在在庫はありませんが、AZにもカーボンフレームがありました。

詳細はコチラ

AZからカーボンフレームが無くなってしまい、暫くたちましたが
久々にAZにカーボンフレームが帰ってきました!!
今回入荷してきたのは前回入荷していたJAPONISMのカーボンではなく
三光光学がリリースするブランド

“dun ドゥアン”

のカーボンフレームです。

DUN-LC-012

IMG_6391

ドゥアンの中でも、
ラグジュアリーコレクションというシリーズに属する特別な一本
テンプルにコンポジットカーボンを使い、カーボン独特の質感を出しつつ
ドゥアンらしい、軽いかけ心地を実現しています。

IMG_6393

フロント形状は、ドゥアンらしく厚みのあるチタン製
フロントの前面だけカラーを変えているのがニクイです

IMG_6398

シンプルで力強い印象の立体的なブロウになっています。
スッキリしているのに、ちょっとしたゴツさも残しています。
どんな状況にも合わせやすいデザイン

IMG_6412

このフレームの最大のポイントである

“カーボンテンプル”

これぞカーボン!的な柄がカッコいいです

IMG_6401

チタンにカーボンを貼っているのではなく
カーボンを重ね合わせて厚みをだした

<正真正銘のカーボンテンプル>

この厚みになるまでカーボンを何層も重ねて作り上げられる
見た目にも、強度的にも申し分ないテンプルです。

IMG_6404

カーボン刻印!

IMG_6410

 dunらしく、シンプルさの中に立体感のあるフレームに
特別な一本です。
ちなみにコチラのフレーム

第22回メガネ大賞
メンズ部門グランプリ受賞メガネ

になっています。
毎年秋に開催される、メガネ業界最大の展示会<IOFT>にて行われる
メガネ大賞は、国内外より今秋冬発表の新フレーム・サングラス
の中からデザイン・機能が最も優れている製品に贈られる
業界屈指のデザインアワード。
審査・選考は、日本メガネ大賞審査委員によって行われます

業界の人間なら誰でも注目する賞のグランプリを獲った
特別なフレームになります。

IMG_6407

デザイン・機能全てを兼ね備えた男心をくすぐるメガネです!
気になる方は是非、実物を見に来てくださいませ

影郎デザインワークス・カラーチャート編

今回のブログは普段とは少し違った観点からメガネをご紹介します。
似合う色は人それぞれ違い、生まれ持った肌・瞳・髪の色によって決まります。
それらをまとめたものが、

「あなたに似合う色」
パーソナルカラー

パーソナルカラーを身に着けると、美肌に見えたり、あか抜けて見え
イメージアップします。
また、ファッションやメイクの色選びの幅が広がるなど、
嬉しい効果が期待できるのがパーソナルカラーです
パーソナルカラーを身に着けると

・肌に透明感が出て美肌に見える

・若々しく健康に見える

・フェイスラインがすっきりして小顔に見える

・上品であか抜けた印象に見える

などの効果があります

そんなパーソナルカラーは大きく

「2つのベースタイプ」

に分かれます。
※青みがかった色が似合う

《ブルーベースタイプ》

※黄みを含んだ色が似合う

《イエローベースタイプ》

この「2つのベースタイプ」を更に「色の明るさ」に分類し
4種類に分類分け出来ます。これらは四季に例えられ

<スプリング>
<サマー>
<オータム>
<ウィンター>

と呼ばれています。
ご自身のパーソナルカラーが、どの季節に属するかを知るだけでも
メガネ選びにおいていい判断材料になります。

今回パーソナルカラーのブログを書くきっかけになったのが、

【影郎デザインワークス】

から、カラーチャートが送られてこられた事がきっかけです

IMG_6360

ご自身のパーソナルカラーが、どのベースなのかを確認できる
簡易チャートも付属してきました。

IMG_6362

送られてきた、パーソナルカラーチャートがコチラ
今回は、このカラーチャート表をフルに活用してみたいと思います。

 スプリング(イエローベース)

春のお花畑を思わせる、明るくクリアな色がお似合いになります。
スプリングタイプの方は、可愛らしい雰囲気で、
実年齢より若く見える人が多いのが特徴です。

IMG_6365スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《VANILLA》

SPRING系のパーソナルカラーの方に合わせて
馴染みつつ、キレイに色が出てくれます。

サマータイプ(ブルーベース)

初夏を思わせる、淡いブルーが入った明るい色や、
グレイッシュな色がお似合いになります。
サマータイプの方は、爽やかな中にも、
上品でエレガントな印象をお持ちの方が多いのが特徴です。

IMG_6382

スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《POISON》

影郎デザインワークスのイメージを具現化したような?
ブランドを代表するフレームです。
名前は毒々しい名前ですが、実際に顔に乗せるとそうでもないデザイン
そんなポイズンもパーソナルカラーに合わせて使ってあげると
馴染みつつ、デザインを目立たせることが出来ます。

オータム(イエローベース)

秋の紅葉をイメージさせる、深みのあるこっくりした色や
スモーキーな色が似合います。
オータムタイプの方は、知的で、
大人っぽい雰囲気をもたれている人が多いのが特徴です。

IMG_6383

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

フレーム名の通り、蟹をモチーフにしたデザインです。
AUTUMの落ち着いたベースに少し明るいカラーを合わせています。
フレームカラーは結構明るめに見えますが
カラーチャートに乗せても違和感がないのはさすがです。

ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の澄んだ空気に映える、はっきりした色や暗い色がお似合いになります。
ウィンタータイプの方は、クールでシャープな雰囲気で、
独特の存在感を持つ人が多いのが特徴です

IMG_6414

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

落ち着いた濃いカラーですが、WINTERのチャートに乗せても
フレームのカラーが重いとか、そんな印象もなく自然な色合いになっています。

カラーチャートにそれぞれ同じ系統のカラーを乗せたものが以上になります。
やはりフレームがベースカラーを考慮したカラーになっていますので
カラーチャートに乗せてもかなり馴染みます。

IMG_6416

WINTERのチャートに、バニラのSPRINGカラーと
KANIのWINTERカラーを乗せました。

 上のフレームがバニラで、下のフレームがKANI
SPRINGカラーのバニラは少し色味が浮いている様にみえます。
チャートに合わせたKANIのWINTERカラーは、色味が馴染んでいます。

色の合わせ方で、相手に与える印象はグッと変わります。
ご自身のカラーが、どの系統のベースなのかを知ることで
どんなカラーがご自身に似合うのか?一つの判断材料になると思います。

チャートはお店に置いてありますので
簡易的にご自身のパーソナルカラーチェックはしていただけます。
気になる方は是非お試しくださいませ

【BOSTON CLUB 】ボストンクラブについて掘り下げます part,2

前回から引き続き、ボストンクラブを掘り下げていきます。
今回は、女性ユーザー様向けのブランドである

【BCPC】

「 モードで楽しむ 」

JAPONISMから遅れる事2年
1998年にBCPCはスタートします。

ブランドネームのままに、面白いと感じたアイディアを形にしています。
味気のない視力矯正の道具としてのデザインではなく、

ファッションのスパイスになるように、また、あるだけで生活が
「こころよい」「楽しく」なるように、「着替える」「楽しむこと」
をコンセプトとしたフレームです。

日本人に似合うカラー(色目)の選出・創造を心がけ
シェイプは基本的に主張しすぎないものとし、睫毛が当たらないオリジナルパッドなどパーツ・構造に配慮し、メイドインジャパンの気持ちの良い掛け心地を実現しました。

BCPC BP-3130

IMG_6027

BCPCのメガネのイメージと言えば
細長いオーバルシェイプのイメージの方も多いと思います。

BCPCの新作は
その時代のトレンドを意識したメガネをリリースすることが多いです。
スタッフWは、BCPCを知った時期が
オーバルの綺麗なアセテート生地のデザインを多く出していましたので
BCPCといえば、オーバルのイメージだったりします。

いつ頃BCPCを知ったかによって
ブランドのイメージも少しづつ違うかもしれません。
そういった意味でも面白いブランドです。

IMG_6028

フルーツをイメージしたフレームカラーで
オーバルシェイプの優しい表情を魅せてくれます。
デザインとしてはシンプルですが、カラーの出し方がBCPCらしいです。

IMG_6029

裏の生地を派手目にして、チラッと魅せて個性を出せるようにしています。
なんだか、学ランの裏刺繍みたいです。
シンプルなメガネだけど、普通過ぎないキレイなカラー
使いやすいけど個性的なイメージで使えます

BCPC BP-3243

IMG_6033

最近のトレンドを意識した

<BCPC STYLE>

スタイルシリーズは、大人の女性が肩の力を抜いて
スタンダート・ナチュラルをコンセプトに作られたシリーズです。

最近は、スタンダートのシリーズでもクラシカルなイメージの強いBCPCですが
このスタイルシリーズは、よりクラシカルな部分を前面にだしています。

IMG_6036

フロントにはチタンシートを使用し、断面に丸みが出るようなカットを施しました。
メタルでありながら、プラスチックフレームのような甲丸感と重厚感が特徴のモデル

IMG_6038

スタイルシリーズにはこのマークが刻印されています。
ナチュラル感を表す・・・木でしょうか?
気負わず、使いやすいクラシックなシリーズです。
ノーマルのシリーズよりも細めのフレームが多いのも
スタイルシリーズの特徴です。

BK-013

IMG_5990

「大人がかけているオシャレなめがねを
お子様でもかけたい かけさせてあげたい」

というコンセプトでスタートした、BCPCのキッズシリーズ
キッズフレームといえば、ピンクブルーといった
カラフルで可愛いデザインが多い状況です。
昨今、お子様のファッションも多様化し
大人と同じようにトレンドを取り入れたものも多いです。

トレンドに合わせてキッズのフレームも、
シンプルなデザインとカラーリングにすることで
お洋服に合わせるように、選択の幅をもっと広げたい
ファッショングラスとして大人っぽくかけたい、かけさせてあげたい
というお子様、親御様に向けて生まれました。

「ポジティブなイメージ」

フレームがチャームポイントとなり
魅力をさらに引き出してくれるような メガネをデザインすることで
多くの方がメガネに対して持ちがちな
「ネガティブなイメージ」
を変えていきたいと考えています。

IMG_6016

ブランドイメージも可愛い感じに仕上げています。
ブランドのイメージに双子のモデル

“りんな&あんな”

を起用しています。同年代のファッションリーダーとして人気のお二人。
彼女たちのお陰もあって、キッズフレームもクラシックブームが来ています。

IMG_5998

お子様のアクティブな動きにも耐えれるよう、デザインだけでなく
掛け心地や、壊れにくいパーツ・構造に配慮しつくられています。

IMG_6015

キッズフレームはオシャレじゃない!
というイメージを覆してくれるシリーズになっています

ボストンクラブがリリースするブランドは他にも

大人の女性をターゲットにした
《MUGET ミュウゲ》

約30年前の金型や図面を利用した復刻デザイン
《BOSTON CLUB ボストンクラブ》

などがありますが、AZでは扱っておりませんので割愛させていただきます。

キャプチャbosuton

ボストンクラブは、最近本社の隣のビルをリノベーションしています。
1Fは直営店
2Fには20周年を迎えたジャポニスムミュージアムとミーティングスペース
3Fにはメガネの新素材や機構を開発するラボ
4Fはイベント等も行えるフリースペース

今までは、東京銀座にある直営店しかありませんでしたが
遂に鯖江の本社近くに直営店が出来ました。
勢いを感じるボストンクラブの今後に益々期待します。