【歩 036】ロングセラーモデル到着

マコト眼鏡オリジナルブランド

【歩】

セルロイドのメガネをリリースしています
セルロイドに精通したブランドの
長く愛されているロングセラーモデルが3色入荷しています
入荷してきましたので【徹底解剖】していこうと思います。

AYUMI 036 col.5122W (アユミブルー/ホワイトライン)

IMG_2997

歩のレギュラーシリーズに属している
スクウェアで横長デザインの立体的なフレームです

歩の中でも立体的で、シャープなデザイン

歩のイメージが
Lシリーズ(薄いセルロイドのシリーズ)
の方には新鮮に見えるかもしれません

IMG_3000

フロントのセル生地の厚みと立体感は
歴代の歩フレームの中でもトップクラス
そういった部分がロングセラーに繋がっているのではないでしょうか?

IMG_3002

さて、そんなロングセラーモデルである 036 ですが

最大の特徴は白いライン

歩の白いラインモデル

白い生地自体が貴重なので
歩の中のカラーリングでもレアカラーになります

IMG_3011

白いセルロイド生地は、メガネ用のセルロイドとしては
生産されておらず

ギターのピック用として製造したものを
特別に入手して使用しています

ギターのピック用に作られたセルロイドなので
厚みが薄く、1.5㎜の厚みとかなり薄い生地になっています

IMG_3020

そんなギターピック用の生地を挟み込み
独特のラインを生み出しているカラー

生地を張り合わせる技術や、ヤスリ掛け、磨きなど
職人の技が詰め込まれています

フロントの側面とテンプルには、独特のカットが施されています
そのカットを際立たせるように
ツヤを出す部分とマット部分を使い分けて
光が当たった時により立体的に見えるようにしています

IMG_3012

角度や光の当たり方によって、表情を変えてくれます
アユミブルーと呼ばれる青色
この036は、生地が厚めなので青色の出方も濃く出ます。

同じアユミブルーでもLシリーズのように薄い生地のフレームだと
光が抜けた際の、色の出方が明るいので

IMG_8948-1024x683

同じアユミブルーですが発色が明るく見えます
発色が明るいアユミブルーもキレイです

IMG_3014

白い生地を使っているのはテンプル側だけではありません
パッド部にも白い生地を使っています
正面から見たときにチラッとさりげなく白いラインが見えます
このさりげなさがニクイです!

アユミブルーと呼ばれるカラーは

歩オリジナルカラー

歩の為に生み出されたオリジナルのカラーになります
この絶妙なブルーカラーはAZでも非常に評判が良いです

AYUMI 036 col.0674W (アユミパープル/ホワイトライン)

IMG_3059

こちらはアユミパープルと呼ばれる
エンジ系のパープルカラー

アユミパープルも歩のオリジナルカラーになっています

今回入荷したカラーの中でも
顔なじみが良く、重い印象にならず使える万能カラー

IMG_3063

濃いパープルカラーは男性・女性どちらも
カッコよく、程よく優しいイメージを出す事の出来るカラーです

IMG_3067

<光と影>

をモチーフにしたと言われる 036

ツヤがある光の部分と、マット部分の影部分が
コントラストを生んで、立体感を生んでくれます

IMG_3075
ツヤが非常にキレイなのも歩らしい部分です

セルロイド生地の磨きは、アセテート生地にかかる磨きの労力よりも
時間と手間がかかりますが、その時間と手間が
非常に高級感のあるツヤを生み出してくれます

少し柔らかい・優しい印象で使いたいなら
こちらのアユミパープルがオススメです

AYUMI 036 col.0907W( アユミブラック/ホワイトライン)

IMG_3030

ラストはブラックカラー、歩のリリースするメガネは
すべてのモデルに黒色である

col.0907 アユミブラック

を採用しています。

セルロイドのメガネで、黒という色は
磨き方ひとつで印象が大きく変わる最も難しい色です
このアユミブラックが、いつもと同じ艶やかさであることを基準に
職人たちは日々メガネを作っています

IMG_3034

そんな職人の技が詰まった
シンプルながら奥深いカラーです

IMG_3037

白いセル生地のラインがとても映えます

ブラック×ホワイト

のカラーの組み合わせは王道のカッコよさです

IMG_3042

マット部分とツヤ部分の違いは
今回入荷してきたカラーの中でも、一番ハッキリ出ます

ほんの少しのカラーの違い、ツヤの違いで
全体的な印象も変わってきます

IMG_3050マット部分をわかりやすいように囲ってみました。
歩のマットは一度すべて磨きをかけた後、マット加工をします
そのため、マット部分の質感が非常に滑らかなマットになります

マット部分を触っていただくと
ザラザラした質感ではなく、サラサラした
何とも言えないシットリした触り心地です

IMG_3056

再生産にあたり、一年以上時間がかかってしまったという
歩036

職人の技の見せ所が要所要所にあり
各工程で不具合が出てしまうと、その時点で検品で弾かれてしまいます
最終的に完成品になるものはかなり少なくなってしまうという
とても難易度の高いフレームになっています

そんな背景があり、再作に時間がかかってしまったという036
職人の技をぜひ感じてくださいませ

【TAYLOR WITH RESPECT】新カラー登場!

トランクショー開催中

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT

全型・全色を見ることが出来る
かなり貴重な機会となっております

全色見比べることが出来るのは
もしかしたら最初で最後かも!?

新作の紹介はリンクを張っておきますので
よろしければご覧くださいませ

jux  mimic  dome

2020/SS にて既存モデルの新色が追加されましたので
今回は追加色をご案内させて頂きます

diadema(ディアデマ)06 / Damaged Grey Mat ¥38,000-(税抜)

IMG_3371

ダメージカラーの新色が追加されました
ダメージゴールド・ダメージシルバーに続く

ダメージグレイマット

が登場しました
ダメージカラーですが、今までのダメージカラーと比べ
ダメージ具合が、マットの質感で落ち着いた感じになっています

一見すると、マットカラーですがよくよく見てみると
ダメージ加工されていると分かる感じです

IMG_3376

デザインは

40〜50年代にかけフランスで人気があった
クラウンパント

クラシックブームもあり今現在
ラウンド・ボストンに次ぐ人気のデザイン

<王冠>をモチーフにしているデザインで
フレーム上部が王冠の様な冠デザインになっています

IMG_3374

ディアデマというフレーム名は
王冠の元になったという

<鉢巻>

からとられています
IMG_3389ダメージマットの質感のフレームに合わせるのは
マットな質感になっているテンプルです

全体的にマットなテイストで仕上げてありますので
一体感が素晴らしくキレイです

IMG_3388

すらりと伸びたテンプルの美しさ

IMG_3376

クラウンパントデザインとしては珍しい
大き目なゆったりしたサイズ感になっています

TAYLOR らしい仕立てたようなサイズ感と質感が
とてもカッコいい一本です

お顔の小さい方はサングラスするのもカッコいいです

dig(ディグ)05 / Mat Brown & Mat Gold Gradation ¥36,000-(税抜)

IMG_3415

digの新色は

マットブラウンからマットゴールドへ変わる
グラデーションカラー

マットグラデーションカラーは今回のコレクションである
2020/SS から登場しています

ツヤのグラデーションカラーと比べて
柔らかい優しい印象を出す事が出来ます

IMG_3416

肌馴染みも良く、使いやすいカラーです
新作の dome や mimic のように

少し小さめのサイズになっています

IMG_3417デザインは
少し丸みの強いボストン型

ブランドイニシャル『T』
をモチーフにしたヨロイも健在です

IMG_3422

digといえば、レコードの溝をモチーフにした
厚みのあるリムが特徴的です

リムの厚さがありますので

強度近視の方でも
レンズの厚みを隠すことが出来ます

IMG_3429

斜めや横から見ると
リムの厚みがしっかり主張してくれます

IMG_3435

フロントを正面から見ると、リムの厚さはそこまで主張しないです
見る角度によって表情を変えてくれますので
平面的にならないでカッコいいです

plural(プルーラル)08 / Damaged Grey Mat ¥38,000-(税抜)

IMG_3395

ハイブリッジが特徴のプルーラルの新色は
ディアデマの新色と同じく、

ダメージグレイマットカラーです

IMG_3397

新色が増え、今現在
TAYLOR WITH RESPECT の中のフレームで
最もカラー展開の多いプルーラル

ブランド発足時からのフレームで
今なお高い人気を誇るデザイン

IMG_3400

オリジナルのブリッジパーツが
程よく立体感を出してくれますので、日本人の平坦気味の顔に
アクセントをつけてくれます

IMG_3409

シンプルに仕上げられたボストン型

シンプルな中に、最新の技術・精度の高い技術などが
盛り込まれています

IMG_3411

サイズ感は少しゆったりしたサイズ感なので
サングラス仕様にしてもカッコいいです

union(ユニオン)06 / Clear Grey ¥38,000-(税抜)

IMG_3437

新色紹介のラストを飾るのは

<ユニオン>

少し横長のデザインのウェリントン型
透明感も美しいクリアグレーです

IMG_3440

金色のブリッジが、クリアカラーとマッチして
高級感ある雰囲気になっています

IMG_3441

クリアグレーは程よくグレーも入っていますので
クリア生地特有の透明感・クリア感が
抑え気味で、普段使いしやすいカラーになっています

TAYLOR WITH RESPECTでは、今のところ
クリアカラーはこの、クリアグレーカラーのみです

爽やかで、クールな印象で使えますので
これからの季節にとてもいいカラーです

IMG_3444

クリア生地とヨロイ部分の接合部分
クリア生地なので、接合部分の造りがハッキリ分かります

IMG_3445

スリムなテンプルは、ブリッジと同じくゴールドカラー
ゴールドはツヤがあるゴールドカラー

ビカビカと主張しすぎることなく
落ち着きのある、高級感のあるゴールドを感じて頂けます

IMG_3454

以上が2020S/Sコレクションで追加された
新色です
新しいカラーがどういった技術で
どんな新色が出てくるのか毎回の楽しみです!

ぜひこの機会にTAYLOR WITH RESPECT デビューしてみませんか?

19周年祭開催中

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

詳細はコチラ

【OAKLEY トランクショー】メガネフレーム紹介 part,2

トランクショー第二弾

アーバン モノクローム

TAYLOR WITH RESPECT & OAKLEY

が開催中です。
今回のpart,2では前回よりも
ビジネス要素の強いオークリーフレームをピックアップしていきます

BLENDER 6B Pewter

IMG_3259

元々サングラスで発売された

BLENDER

というサングラスをメガネフレームに改良しています
スマートでスリムなメタルフレーム

IMG_3265フロントが細いフレームなので
ビジネスシーンでスマートにクールに使って頂けます

サングラスは8カーブ仕様になっていましたが
メガネフレームは、6カーブ仕様にしています
視野の広いメガネとして使って頂けます

フロント素材は
オークリーオリジナルのC-5合金という金属を使用しています
ヘビーユーズに耐えうる強度を持っている金属です
頑丈ですが、軽量なのも特徴です

IMG_3268

テンプルにある

<Oマーク>

も程よく主張してくれます

IMG_3270テンプルに使われているのはサングラスでもお馴染み
オークリーのオリジナル素材

<O-Matter オーマター>

軽さと柔軟性に優れた素材になっています
先端に滑り止め防止の、アンオブタニウムをつけていますので
ズレにくい様になっています

IMG_3275

サングラスフレームとしてデザインされたものを
メガネフレームにしていますので
スマートでカッコいいシルエットです

IMG_3276パッドも調整が出来るパッドになっていますので
かけ具合の調整もキチンと行えます

ワンタッチで交換できるパッドなので
衛生的にも安心して使って頂けます

IMG_3279

サングラスとして誕生して、メガネフレームになった経緯を持つ

BLENDER はビジネス・スポーツのどちらのユーザー様も
満足させてくれる一本になっています

COVER DRIVE OX3129-0951 Matte Black 

IMG_3282

オークリーのメガネフレームの中でも
極めてシンプルでスタンダートなデザイン

エントリーモデルとして位置づけされているので
使いやすいデザインになっています

IMG_3288

レンズの上下幅が浅く
最近のフレームには珍しい
かなり細くてシャープなデザインです

テンプルにあるメタルアイコンアクセントが目を惹きます

アイコンがあることで
スリムですがシンプルになりすぎない様になっています

IMG_3289

ブルーのアイコンとマットブラックの組み合わせは
お互いのを程よく目立たせてくれるので
細くスリムなフレームでも
地味なイメージにはならないです

IMG_3292

ソックのブルーが
全体を引き締めてくれます

IMG_3299

先ほどのBLENDER とサイズを比べてみると、かなりスリムです

上下のレンズサイズの細さは
歴代のオークリーフレームの中でも
トップクラスに細いです

レンズが細くてシャープなメガネを探している方には
かなりオススメできるフレームです


CROSS LINK 0.5 Satin Black

IMG_3300

part,2を締めくくるのは
クロスリンクシリーズ初のナイロールフレーム

クロスリンク0.5

クロスリンクシリーズ初の
ナイロールフレームとして誕生しました

スポーツ・ビジネスどちらにでもいける
クロスリンクのコンセプト通りのフレームです
IMG_3304

重厚感はありますが、ナイロールフレームで
フレームの半分が抜けていますので
重厚感はありながらも、スッキリしたイメージでも使って頂けます

IMG_3307

テンプルはストレートなテンプルです
クロスリンクピッチで使われているものです
サラッとした印象で
ノーマルのクロスリンクのテンプルとはまた違った良さがありますIMG_3309

クロスリンクとしては初の
クリングス付きのパッド

クロスリンクシリーズで
唯一パッドの調整が出来るフレーム

 IMG_3310

テンプル交換ができる仕様になっています
状況に応じてテンプルを変えていただけます

 IMG_3311クロスリンクのコンセプトは抑えつつ
新しいクロスリンクとしての側面を持つクロスリンク0.5

オークリーといえばサングラスのイメージですが
メガネのフレームも色々なバリエーションをリリースしています

オークリーらしいスポーツ特化したメガネ

ビジネス兼用でも行けるようなメガネ


ビジネスで映えるようなメガネなど

オークリーらしさを出しつつ
様々なニーズに答えられるようなラインナップになっています

 TAYLOR WITH RESPECTトランクショー
同時開催中

19周年祭も絶賛開催中です!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

詳細はコチラ

<TAYLOR WITH RESPECT> 『ZOOMイベント』 明日7/25(土) 開催!

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT

ZOOMイベントが遂に明日
7/25(土)開催されます!

EdBfv84U4AA0zu_イベントは

13:30~18:00

というスケジュールになっています
当日のタイムスケジュールは、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom1

以上が当日のタイムテーブルとなります
注意事項や予約方法は、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom2

トークタイム・クエスチョンタイムでは
店頭にお越し頂き、イベントに参加して頂く事も可能ですし
ご自宅など、お好きな場所でZOOMイベントに参加頂く事が可能です
※完全予約制になっていますのでご注意くださいませ

セレクションタイムに関しましては、ご来店いただいたお客様のみの
イベントになっています。ご了承くださいませ

イベントでは、現状リリースされているモデル
全てのカラーとメガネをご覧いただけます

全国どこからでも、どなたでも参加できるイベントになっていますので
TEYLOR WITH RESPECT が気になっている方
デザイナー脇氏の裏話が聞きたい・質問してみたい
という方は是非このZOOMにご参加くださいませ!

19周年のイベント

AZ19thバナー

トランクショー以外のイベントも同時開催しております
詳細は

コチラ

をご覧くださいませ

【OAKLEY トランクショー】メガネフレーム紹介 part,1

トランクショー第二弾

アーバン モノクローム

TAYLOR WITH RESPECT & OAKLEY

が開催中です。
トランクショー中は
一つのテーブルを
全てオークリーのコーナーとして展開しています

IMG_3182

今回はオークリーのメガネフレームでも
スポーツ寄りのフレームをピックアップして
お届けしていきたいと思います

OAKLEY CROSS LINK Satin Black

IMG_3183

2012年の発売以来、オークリーのメガネフレームの中でも
トップクラスに人気のあるメガネフレーム

『クロスリンク』

後に様々なバリエーションが登場する事になる
クロスリンクフレームの元祖です
フレーム素材は、オークリーのサングラスでも使用されてる

OAKLEY特許素材
「O-Matter(オーマター)」でつくられています

IMG_3185

 O-Matter(オーマター)は非常に軽量で
温度の変化にも強い、オークリーオリジナル樹脂です

デザインはスタンダートな横長のスクウェア
スポーツでもカジュアルでもどちらでもいけるデザイン

IMG_3187

テンプルにはサングラスに採用されている
グリップ力の高い、滑りにくい素材である

UNOBTANIUM(アンオブタニウム)

を使用していますので、スポーツサングラスと同じく
滑りにくい快適なフィット感を生み出します

クロスリンク最大の特徴は
『テンプルを交換する事が出来る』

という点
交換もとても簡単な手順で出来ます
IMG_3195

テンプルの内側にあるスイッチを

IMG_3197

押していただくとロックが外れます

そのままテンプルを畳むようにすると、テンプルが外れますIMG_3201

交換用テンプルがあれば
違うカラーのテンプルを付ける事が可能です
付け方は先ほどの工程と
反対の作業をしていただければ簡単に交換できます

IMG_3190

交換可能なのはテンプルだけではなく
ノーズパッドも交換可能です

IMG_3189
イヤーソックだけ交換する事も可能です
パーツの全てを交換する事が出来るフレームです

販売から8年程経ちますが、いまだAZでは現役バリバリで売れている
超ロングセラーなメガネフレームです

CROSS LINK ZERO Matte Black

IMG_3216

クロスリンクシリーズの中でも大き目のサイズになっており
スポーツ特化したようなデザインです

メガネとして使って頂く事も多いですが
カラーを入れてサングラスにされる方も多いフレームです

IMG_3231ノーマルのクロスリンクとサイズ感を比べてみると
これだけ大きさが違います

横の長さ、上下のサイズ感も
クロスリンクゼロが一回り以上大きいです

IMG_3220

テンプル周りはシンプルに仕上げています
クロスリンクシリーズでは珍しく、クロスリンクゼロは
テンプルの交換が出来ません

テンプルを交換する機能はありませんが
その事でより軽く
スポーツに特化したメガネとして使う事が出来ます

IMG_3223
シンプルで壊れにくい機構になっています
ネジを使っているヒンジではありませんので
使用中にネジが取れる、テンプルが外れるという心配もありません

IMG_3228

フレームカーブが6カーブ設計になっていますので
顔のカーブに沿って掛けられます

目を守るゴーグルの様な効果や、視野の広さなど
カーブサングラスに近い使い方が出来ます

METALINK Matte Denim

IMG_3238

クロスリンクシリーズを次世代へと導く

METALINK(メタリンク)

フロントは強度と耐久性を備えた

<ナノマターという素材>

クロスリンクに使用されているオーマターよりも
薄く軽くなっており、スポーツはもちろんですが
ビジネスなどでも使いやすくなっていますIMG_3243
フロントのナノマターの薄い素材と
軽量で高弾性のステンレス素材を組み合わせた
コンビネーションフレーム

スポーティな印象とメタルのクールな組み合わせは
まさしくスポーツでもビジネスでも使える様になっています

IMG_3245

軽量な高弾性のステンレステンプルに
長めのアンオブタニウムソックを挟み込んでいます

アンオブタニウムを使っている範囲が広いので
グリップ力が強く、軽い運動程度では落ちることはないですIMG_3249

内側には細工が施してあります
アンオブタニウムが

ハニカム構造

になっています。ハニカム構造にすることで
アンオブタニウムの効果を更にアップしています

IMG_3251

ノーズパットはスポーツサングラスで使用されている
左右が繋がったノーズパッドです

セパレートタイプのパッドと比べて、
よりグリップ力の上がるノーズパッドになっています

IMG_3255

マットデニムカラーはその名の通り
艶消しのデニムの様な藍色系のカラーです

フレームカラーがキレイなので、メガネだけでなく
サングラス使用にしても映えそうです

今回はクロスリンクシリーズをピックアップしました
次回part,2では
少しビジネス向けのメガネフレームを紹介していきたいと思います

【AZ 19th Anniversary】トランクショー第二弾・TAYLOR WITH RESPECT & OAKLEY

AZ19周年祭スタートから早や一か月
トランクショー第一弾は昨日で終了し
今日からは

《トランクショー第二弾》

アーバン モノクローム

TAYLOR WITH RESPECT

OAKLEY

のトランクショーが始まります

第二弾のスケジュールは
7/20(月)~8/23()
これから一か月間、AZを盛り上げてくれます

今回は、この二つのブランドについて
触れてみたいと思います

header_logo

まずはTEYLOR WITH RESPECT

TEYLOR WITH RESPECTのブランドコンセプトは

<仕立てというコンセプト>

main

長期間にわたり、数々の有名アイウェアブランドのデザインを手掛けてきた

脇聡氏が2017年AWに発表した
オリジナルアイウェアブランドです

ブランド名であるTAYLOR WITH RESPECTは

仕立て屋(tailor)

という言葉を元に名づけられています
仕立てた服のように、ユーザーにしっかりとフィットする
機能とデザインにこだわったオールメイドインジャパンのブランドです

シンプルながら上品で
かけ心地や細部の造りまで、徹底的にこだわって作られています

シンプルで質のいいデザインは
性別・世代を問わず使って頂けます
IMG_2489

フレームを構成するパーツも

オリジナルパーツを使用

IMG_2451

オリジナルパーツについては
以前ブログで取り上げたことがありますので、よろしければ

コチラ

をご覧くださいませ

ブランド名にも入っている

【テイラー= 仕立てる】

という言葉が本当にしっくりくるブランドです
トランクショー中はなんと

TAYLOR WITH RESPECT
全てのメガネ・カラーを見ることが出来ます

全型・全色が見られる機会は
このトランクショー期間中しかありません!

来る7/25(土)は

デザイナーである、脇氏が
ZOOMにてトランクショー参加が決定しています

脇氏によるブランド秘話などのトークタイム、質問の出来るクエスチョンタイム
デザイナー自ら、似合うメガネを選んでくれるセレクションタイムなど
7/25はTATLOR WITH RESPECT がアツいイベントになっています

トークタイム・クエスチョンタイムは
完全予約制になっています
詳しくは

コチラ

をご覧くださいませ

世界中のアスリートに支持されているブランド

オークリー

7fad1da1078bf12292e5f00a2d588c86

1975年に設立された
スポーツ&ライフスタイルブランド

「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」

を第一に考えて技術開発を行ってきたスポーツブランド

IMG_0944-1024x683

スポーツサングラスといえばオークリー
と思い浮かべる方も多いと思います

それほどスポーツの世界ではメジャーなサングラスです

プロのアスリートが試合や大会などで使用する機会も多く
露出が多いというのも

スポーツサングラス=オークリー

というイメージに繋がっているのではないでしょうか

ゴルフ・野球・陸上競技・自転車

などなど、様々なジャンルのスポーツで使用されて
トップアスリートに支持されています

スポーツサングラスのイメージが強いオークリーですが
メガネフレームも人気です

オークリーらしく、スポーティなフレームや
ビジネスでも使える細身の金属フレームなどもあります

IMG_3159

ビジネスとスポーツの融合をテーマにしたフレーム
などもあります

そろそろ夏本番
サングラス需要も高まってくる季節です
是非この機会に、サングラスを選んでみましょう!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【ZOOM イベント告知】TAYLOR WITH RESPECT デザイナー 脇氏 7/25(土)Zoomにて参加決定

<トランクショー第二弾>

header_logo

TAYLOR WITH RESPECT&OAKLEY

トランクショーが

7/20(月)~8//23(日)

まで、一か月間開催されます

TAYLOR WITH RESPECTというブランドは

<仕立てというコンセプト>

を掲げ、2017年AWに発表したオリジナルアイウェアブランドです
ブランド名である、TAYLOR WITH RESPECTは

『仕立て屋(tailor)』

という意味を持つ言葉を元にブランド名としています
仕立てた洋服のように、ユーザーにしっかりとフィットする
機能とデザインにこだわった
オールメイドインジャパンのメガネフレームをリリースしています
AZでも、世代や性別を問わず人気の高いブランドです

そんなTAYLOR WITH RESPECT のトランクショー中

7/25(土)
デザイナー・脇氏のZOOM
参加が決定いたしました!

EdBfv84U4AA0zu_

イベントは7/25(土)の

13:30~18:00

というスケジュールになっています
当日のタイムスケジュールは、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom1

以上が当日のタイムテーブルとなります
注意事項や予約方法は、以下の画像の通りになります

TAYLOR-zoom2

トークタイム・クエスチョンタイムでは
店頭にお越し頂き、イベントに参加して頂く事も可能ですし
ご自宅など、お好きな場所でZOOMイベントに参加頂く事が可能です
※完全予約制になっていますのでご注意くださいませ

セレクションタイムに関しましては、ご来店いただいたお客様のみの
イベントになっています。ご了承くださいませ

イベントでは、現状リリースされているモデル
全てのカラーとメガネをご覧いただけます

全国どこからでも、どなたでも参加できるイベントになっていますので
TEYLOR WITH RESPECT が気になっている方
デザイナー脇氏の裏話が聞きたい・質問してみたい
という方は是非このZOOMにご参加くださいませ!

19周年のイベント

AZ19thバナー

トランクショー以外のイベントも同時開催しております
詳細は

コチラ

をご覧くださいませ

【JAPONISM sense JS-141】スリムブロー

JAPONISM sense シリーズの新作が入荷してきました
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

JAPONISM sense JS-141 col,002 Navy Sasa & Gun ¥42,000-(税抜)

IMG_2957

ウェリントン型のサーモントモデル

全体的にスリムに仕上げており、かけ心地と見た目
両方を軽い印象になるように仕上げています

ネイビーにガンメタルという組み合わせで
スリムでもフレームはしっかり主張してくれる
そんなカラーリングになっています

IMG_2958

ブリッジはさりげなく立体感のあるプレスをされていますので
さらっとした印象ですが、平坦なイメージにならず
JAPONISMらしい立体的なメガネになっています

IMG_2961

フレーム下部のチタン部分は

< 0.6mm厚のチタンリム>

になっています。

通常のメタルフレームとは違い
<レンズに溝を掘って固定するスタイル>
になっています

この構造は、AZでも取り扱いのある

【ic!berlin】

でも使われている構造です

IMG_2976

真横から見て頂くとこんな感じです
レンズの溝にチタンリムがはめ込まれています
※ちなみに、レギュラーのシリーズではまだ使われていない技法です

メタルフレームがスリムで繊細なデザイン

IMG_2967

フロントだけでなく、テンプルもスリムに仕上げています
スリムなフレームですが
華奢で、頼りないイメージにはならず

かけ心地は程よいホールド感と
デザインも目立つところはちゃんと目立ってくれます

要所要所にJAPONISMらしく、立体的なデザインにしていることが
細くてスリムでも、存在感のあるフレームになっていると思います

IMG_2973

スリムなテンプルにも仕掛けがしてあります
先セルのパーツの根本に仕掛けられたパーツは

筆の持ち手のパーツである
ダルマ軸

からインスピレーションを得たデザイン

先セルを抜けにくくする効果と
先セルのデザインを引き締めてくれる効果があります

IMG_2977

スリムでシンプルなサーモントフレーム
センスシリーズはビジネスでも使いやすい
クラシックなデザインになっています

クラシックメガネデビューをしてみたいんだけど
ちょっと勇気がいるなぁ

と思っている方にオススメしやすい形になっています

JAPONISM sense JS-141 col,04 Demi & Black ¥42,000-(税抜)IMG_2981

クラシックなフレームに外せないカラーは
デミカラー

先ほどのネイビーカラーと比べても
上下のカラーコントラストがはっきり出ています

IMG_2982

マットブラックのチタンリム
センスシリーズのクラシックな雰囲気は
レギュラーシリーズにはない新鮮さを感じます

IMG_2984

レギュラーシリーズのJAPONISMは持っているけど
クラシックなメガネやセンスシリーズは持っていない
という方にぜひ使って頂きたいサーモントフレーム

IMG_2985細いテンプルですが、

テンプルのマットブラック
シルバーのダルマ軸
デミカラーの先セル

とそれぞれが主張してくれます

IMG_2987

やりすぎない程度にプレスされたブリッジ

こういった細かい部分にも、JAPONISMな雰囲気を感じます
こういった部分の造りもフレーム全体の雰囲気を引き締めてくれます

IMG_2991

奇抜になりすぎず
ビジネスでも使えるフレームに仕上がっています
IMG_2994

JAPONISMユーザーの方も
クラシックデビューをしたい方も
是非手に取ってかけて頂きたい一本です

【J.F.REY 1483】八角形の可愛い子

フランスブランド

J.F.REY

から多角形の新作が届いています
早速【徹底解剖】していきたいと思います

J.F.REY JF1483 col,2555 DEMI BLUE/COPPER

IMG_2644

アセテート八角形(オクタゴン)モデル

八角形で、カラーの使い方がPOPな
独特なオクタゴンデザインです

多角形のフレームは
クラシックなイメージが強いですが
このフレームはJ.F.REYらしく

POPな雰囲気が強い仕上がりになっています

IMG_2645ブリッジの形状も面白く目を惹きます
アセテート生地のカラーもキレイなカラーです

デミブルーの青と、オレンジブラウンの様な柄が
爽やかなカラーリングになっています

こういったカラーの使い方は流石フランスブランドです
攻めたカラーやデザインを
うまくまとめて完成させています

IMG_2648

ブリッジ部分とヨロイ部分はステンレスになっていて
素材の質感が強調されます
ステンレス部分のカラーは明るいコパーカラーになっています

IMG_2650

テンプルはキレイなブルーデミカラーです
夏の様な爽やかなアセテート生地

IMG_2654

レンズをはめるフロント部分と
ブリッジからのびるフロントバーは
それぞれ独立しています

IMG_2658

ブリッジからバネが効く構造になっていますので
メガネを掛けたときの圧迫感が少なく
とても軽いかけ心地になってくれます

IMG_2656

裏側からねじ止めされています

片側2本、計4本使ってねじ止めしてありますので
ネジゆるみのリスクも減らせます

IMG_2663
ちょっと変わった多角形が欲しい方にオススメしたいフレームです

J.F.REY JF1483  col,4575 GREEN/BLACK

IMG_2667

 こちらはカラー違いのグリーンカラー

ジャングル?熱帯雨林?
の様な風合いです

IMG_2669

グリーンベースの中に
ブラウンパープルも入っているカラー

先ほどのデミブルーよりも、カラーが主張しすぎず使用できます
落ち着きはありながらも、キレイなカラーとして使えます

IMG_2676

金属パーツはブラックカラー
グリーンアセテートと相性がいいですIMG_2677

アセテート生地のキレイなテンプル

IMG_2690

さりげなくテンプルエンドに

<J.F.REYのロゴ>

が埋め込まれています
このさりげなさがいいですね

IMG_2684派手にはしたくないけど、人と一緒のメガネは嫌
そんなにオススメしたいフレームです

IMG_2686

J.F.REYがリリースする多角形フレーム
個性的にはなりますが、こういった少し攻めたクラシック
多角形のフレームにチャレンジしてみませんか?

【KAMURO キューマ】セクシー&キュート

ご紹介が遅れてしまいましたが

『KAMURO』

の新作

<kyuma キューマ>

が入荷しています
とてもカムロらしいメガネに仕上がっていますので
【徹底解剖】していきたいと思います

KAMURO kyuma パープル  col,929J ¥44,000-(税抜)

IMG_2590

kyumaはギリシャ語で

『波』

を意味する言葉

自然のものをモチーフにすることの多いカムロですが
『波』をモチーフにしたデザインを作るとは驚きです

タイトルにもしましたが、セクシーさとキュートさの
両方を兼ね備えています

フロントはカムロの人気フレームの

『エキュム』

IMG_2422-1024x683

のコンセプトを受け継ぐフレームデザインです

IMG_2591

フロントはエキュムよりも縦幅が広くなり
柔らかく優しい雰囲気になっています

カムロお得意の七宝とラインストーンも使用されています

フロントの、七宝とラインストーンの使い方は
エキュムよりも落ち着いています
目立たない程度に、丁度よくカラフルに彩ってくれます
七宝のカラーの使い方も同系色にしてありますので
目立ちすぎず顔を彩ってくれます

IMG_2598

フレーム名にもなっている『波』
テンプルのデザインに『波』を取り入れています
『波』のデザインは実際の波ではなく

<浮世絵の波の表現>

からデザインしています

IMG_2604

テンプルのラインで『波』の様子をデザインしていて
七宝やラインストーンで
波しぶきや水が弾ける様子を表現しています

動きあるテンプルデザインで、キラキラして可愛いです

IMG_2600

掛けてみると、ぱっと顔色が明るくなる感じで
派手という程派手に華美になりすぎず
上品さを醸し出してくれるフレームです

IMG_2606

一年ごとに変わる、カムロの先セルデザイン
今回の先セルデザインは

<カムロブランドの誕生から15年>

という事で

【15th】

のロゴを入れています

IMG_2611流行のデザインや、ファッションにうまく対応して
カムロらしさを形にしているフレームです

波というコンセプトを
カムロ流にデザインするとこんな感じになるんだ

と思ったデザインです

シャイニーブラウン col,0303B ¥44,000-(税抜)

IMG_2614

シャイニーブラウン
濃すぎない艶のあるブラウンは、顔なじみが良く
程よい主張をしてくれるカラー

IMG_2615

七宝のカラーは、割とはっきりしたカラーの使い方です
ブラウンと七宝のカラーがお互いを引き立ててくれます

IMG_2618

七宝で使われているグリーンのカラーが
ワンポイント

アクセントになって、いい感じです

IMG_2621

<波のしぶき>

にも見えるテンプルデザイン

メガネを掛けたときに、実は一番目にすることの多い
斜めからのデザイン
カムロがフロントだけでなく、テンプルデザインにもこだわるのは
こういった背景があるからなのでしょう

IMG_2620

メガネですが、アクセサリーの様な効果もある
一石二鳥なフレームです

ネイビー col,2756P ¥44,000-(税抜)

IMG_2625

ネイビーカラーは少し
カッコいい感じの要素が強くなります
先ほどの2本はツヤのあるカラーでしたが

こちらのネイビーカラーは

<マットな質感>

になっています。そのマットな感じがまた
ツヤのあるカラーとは違った風合いでカッコいいです

IMG_2628

青ベースのカラーの中
七宝にピンク>を入れるところがニクイです

カッコよくしすぎず、少し甘い部分を出してくる所
カムロらしい色遣いだと感じます

IMG_2632

『波』
というデザインが生きるカラーです

IMG_2635

七宝はぷっくりと立体感をだしてあります

七宝のカラーも単色のカラーではなく
マーブル調になっています
こうする事で、七宝部分がのっぺりしないように工夫しています

IMG_2636

 馴染ませるカラーというよりは
しっかりカラーが出るカラーになっています

IMG_2638

以上がAZに入荷してきたキューマになります
それぞれ個性がありますので、実際にかけ比べて頂き
それぞれの違いを感じて頂きたいです

78692eb8438a92f7e11a516981ad7fad-1024x576

ラインアート&アイシーベルリン
トランクショーも開催中です