カテゴリー別アーカイブ: Y concept

【Y concept 】新作&再入荷分が到着!

y-concept-logo

今回はY conceptの再入荷分や新作を【徹底解剖】したいと思います。
新作は小さめのY conceptのなかでも小さめなレンズです。

YC-14

022 Forest

IMG_0527

『レンズサイズ43㎜』

というかなり小さめサイズ。

強度近視の方は勿論ですが、
小顔の方や小さいお子様でも使っていただけます。

カラー展開は、中々ビビットなカラーが多いです。
『グリーン系のカラーで、ラメ感のあるグリーン』
色の出方がキレイです。
細めのフレームなので、ここまでカラーが出ても目立ちすぎることなく使えます。

IMG_0528

ネジを使わない

『ディスクヒンジ』

を使用しています。
ネジを使わないので緩むことのないパーツになっています。
このパーツの色を変えるだけでも、フレームの印象が変わってきます。
ディスクヒンジのカラーは黒を使っています。
緑のフレームに黒を入れますので、緑のカラーも引き締まって見えます。

IMG_0529

フロントとレンズ部分の二つのパーツからなる

<YCシリーズ>

レンズを留めている部分と、掛けるときに動く部分が分かれていますので
レンズにかかる負担が少ないのも特徴です。

016 Navy

IMG_0530

コチラのカラーは、落ち着いた
ネイビーカラー”
ぱっと見だと黒系の印象ですが、よく見るとちゃんと青の入っている
落ち着きの中にも、カラーがきちんと出てくれる大人なカラーです。

IMG_0531

仕事用は勿論ですが、カジュアル使いでもいけます。

濃いカラーでも、細めのフレームにすることで
色々な場面で使えるようにしています。

IMG_0532

近づくと分かる、ネイビー
塗装も少しラメっぽい感じなので、カラーがベタっとすることなく
綺麗に顔に乗ってくれます。

020 Tomato

IMG_0522説明する必要があるのか分からない程の

【赤】

カラー名である『トマト』感がでているカラーです。
最近ではここまでの赤は珍しい、どこからどう見ても『赤』のフレーム

IMG_0523

目が覚めるような、鮮やかなカラー

ディスクヒンジは黒。フレームとのカラーバランスが
お互いの色を引き立てあっています。

IMG_0526

どこから、どの角度から見ても

『真っ赤』

なフレームです。
細いフレームですが、これだけのインパクトを出せます。
探しても中々見当たらない赤なので
好きな人はピンポイントなカラーではないでしょうか?
真っ赤なフレームを探している方は是非手に取って見ていただきたいです。

T-403

011 Blue Ink

IMG_0533

T Series(Tシリーズ)

と呼ばれる
トレンドを意識した、フロントアセテートとテンプルベータチタンの
コンビネーションのシリーズになっています。
フロントのシェイプはシンプルで、場所を選ばないデザイン。
Yコンセプト流に、トレンドを落とし込んだフレームデザイン

IMG_0534

フロントはしっかりしていますが、テンプルにかけてのラインは
細目でYコンセプトらしいデザインになっています。
デザインとしては

<細めのウェリントン>

クラシック感がそこまで出ませんので、
クラシック初心者の方にも使っていただきやすいデザインです。

IMG_0538

テンプルは、少し太めのβチタンテンプルを使用しています。
フロントとのバランスもばっちりです。

IMG_0539

ノーズパッドは、調整が出来るノーズパッドになっています。

「アセテートフレームだと鼻が乗らないの・・・」

そういった悩みもなく掛けられます。

IMG_0540

ブリッジデザインもシンプルに仕上げています。
あくまでスッキリした、使いやすいウェリントンフレーム。
シンプルイズベストをカタチにしたようなメガネです。

T-405

010 Stone

IMG_0542

T-403のフロントデザインをウェリントンから
ボストンシェイプにしたフレームです。
ボストンですが、フレームの下部がウェリントンデザインっぽく仕上げています。
最近流行の、ボストンとウェリントンの合わせたようなデザイン

『ボスリントン』

などとも呼ばれる、フレームデザインです。

<ウェリントンよりも柔らかく>

<ボストンよりもクラシカルになりすぎない>

絶妙なフレームデザインになっています。

IMG_0543

クラシカル感をアップしてくれる

『キーホールブリッジ』

を採用しています。

IMG_0545

フロントの生地の色がツートンになっています。
ボスリントンの形を強調してくれるツートンカラー。
抜けのある、クリア系のカラーになっていますので
お顔に乗せてもフレームが出すぎることはありません。

Yコンセプトの入荷分は以上となります。
βチタンを使った柔らかいテンプルで、シンプルなブランド。
軽さと柔らかさの中に、普段使いで使いやすいデザインです。
触って分かる軽さを体験しに来てみてくださいませ!

【新ブランド】徹底解剖!『Y concept』編

今回【徹底解剖】するブランドは、AZにやって来た

新ブランド

Y concept ワイコンセプト

y-concept-logo

今回はY conceptについて【徹底解剖】したいと思います。
今回もブランドについてから始めたいと思います。

Y conceptは2013年

イタリアミラノの展示会MIDO展にてデビュー

ネジを使わず、フロント上部のバーとレンズが分離している構造の

超軽量フレーム

としてデビューしました。
このY conceptは、10年前から日本で販売されていたブランドである

CONCEPT 「Y」コンセプトワイ

をベースにしています。
コンセプトワイを海外に輸出することを、
2012年の夏、海外出展を決めたことがきっかけで始まったブランドです。

素材は軽量でバネ性のあるベータチタンを使用しています。

ロー離れのリスクを減らすべく
コンセプトワイと比べて、ブリッジのデザインを変更しています。

何といっても、このブランドは【強度近視】の方におススメです。
レンズは小さ目であり、一見奇抜のデザインに見えますが
細目のフレームで、実際掛けていただくと、とても馴染みます
そんなY conceptを【徹底解剖】していきたいと思います。

 YC01

IMG_9364こちらのモデルは、Y conceptの定番フレームです。
レンズデザインは少しスクウェア型の非常に使い勝手のいいデザインです。
男性も女性もクールに使える万能なレンズシェイプ。

レンズを留めている部分と、テンプルが直接つながっていないので
かけ外しの際、レンズに負担がかかりにくい構造になっています。

IMG_9366

ブロー部分も、細く柔軟性があります。

IMG_9369

ネジを使わない
特殊なディスクヒンジになっています

ディスクヒンジは樹脂製のパーツで

強い衝撃などを受けると外れるようになっています。

外れても簡単にはめることが出来るので安心です。

IMG_9373

取れそうな状態から・・・

IMG_9371

ポコッと取れた状態!

IMG_9372

外れてしまったら、ディスクの溝に合わせてフロントを嵌め込みます。
簡単な構造ですが、通常使用では

余程外れませんのでご安心を!

YC02

IMG_9375

Y conceptの中でも、強度近視の方におススメのモデルがこのYC02です。
このモデルはレンズサイズがかなり小さいです。
レンズが小さいだけだと、顔に載せた時におかしくなってしまうので、
ブリッジを工夫したり、ブロー部分を工夫してデザインしています。
そのお陰で、ちょうど良い位置に目が来ます。
デザイン的にも機能的にも申し分ない出来となっています。
細目なフレームですが、意外と存在感はあるモデルです。

IMG_9376

色々な工夫を凝らしているのがわかる一本です。

V302W

IMG_9377

V Series
ビンテージを意識したカラーリングやレンズシェイプのシリーズ。

インナーリムがメタルのフレームにソフトな印象を加え且つ個性を添えます。
アセテート生地に溝をつけて挟み込んでいる、レトロ感が強いシリーズになります。

IMG_9379

挟み込みの部分もキレイに仕上げてあります。
Y conceptの中では主張するタイプですね!

Y conceptは、デカテーブルのコーナーの一角にブランドを展開しています。

IMG_9383

新店になっての導入にも関わらず、非常に好評を頂いておりまして
中々の勢いでお嫁に行っております。
まだまだ揃っていますので、気になる方は是非お早目にお越しくださいませ。
持った感じ、かけた具合に驚いてもらえると思います!

簡潔ではありますが、Y conceptはこのあたりで締めくくりたいと思います!
では次回のブランドをお楽しみくださいませ。