カテゴリー別アーカイブ: theo

【KAMURO&theo】ボストン・オーバル

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回は二つのブランドのリリースする

ボストン型&オーバル型

をピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

両ブランドとも、ブランドらしい
ボストン型とオーバル型をリリースしています
是非“らしさ”を感じて頂けたらと思います

KAMURO rizo col,31000

IMG_4914

まずは、カムロのボストン型からご紹介

rizo リソ

一見するとシンプルなボストン型ですが
カムロらしい部分もしっかり盛り込まれたフレームになっています

IMG_4921

カムロのフレームらしく

<七宝加工を施してあるフロント目尻部分>

にはアイメイク効果がありますので
目元をパッチリ見せることが出来ます

シンプルなボストン型にカムロらしい七宝が入ることで
少し可愛さが加わりますので
クラシックっぽくなりすぎず使う事が出来ます

七宝のカラーが
レモンイエローカラーというのもPOPで可愛いです

IMG_4928フレームの造りとしては

チタンパーツに
樹脂パーツがはめ込まれている構造になっています

樹脂パーツを外すと
七宝塗装が良くご覧いただけます

フロントのチタンはブリッジを含め、<一体成型>になっていますので
強度は勿論のこと、スリムなチタンなので
バネ性もしっかりある優れものです

IMG_4920

フレーム名である

『リソ』とは
スペイン語でさざ波の意味です

さざ波を表現する様に
以前リリースされていたカムロのフレーム

【peplum】ペプラム

で使用されていた

チタンウェーブテンプル

を使用しています

IMG_4925
うねうねした特徴的なテンプルが
<さざ波>のイメージにあっています

同じパーツでも、デザインの組み合わせによって
ずいぶんと印象が変わってきます
軽くて可愛らしいカムロ流のボストンここにあり

次はtheoのボストンをご案内いたします

theo move  ムーブ350

IMG_4950

theoがリリースするボストンは
theoらしさをしっかり感じられるデザインになっています

パッと見た所あまり変わった所がない様に見えますが
よく見てみると

フレームの半分が
左右にスライドしたようなデザイン

の変形ボストン型フレームになっています

IMG_4951こうして近づいてみると
ズレているのが良く分かります
ズレた事で生まれた

鼻側の隙間とテンプル側の隙間

がtheoらしさを出してくれます

IMG_4954

ラベンダーの様なパープルカラー

マットな質感で、細かいラメが散りばめられた様な
綺麗な表面処理で仕上げられています

IMG_4957

テンプルもスリムで落ち着いています
ですが、そこで終わらないのがtheoです

moveの先セルはフロントと同じく

スライドしてズレています

さり気ないけど、こういった部分に
ニヤッとしてしまう方も多いと思います

こうした遊び心をしっかり入れてくる所がいいです

IMG_4960

ズレてます

IMG_4965

theoの中のフレームでは
意外と抵抗なく掛けられるモデルになっています

性別年齢関係なく、皆様が楽しんでいただける
そんなボストン型です

ブランドを感じられるボストン型
王道のボストンもカッコよくクールですが
ブランドの特色をしっかり出した
個性を感じるボストンもいいものです

estrella col,16B

IMG_4931

カムロはオーバルのデザインが多いですが
その中でも特にカムロらしい一本をチョイスしてみました

estrella エストレラ

フレーム名のエストレラとは
スペイン語で『星』を意味します

ラインストーンを散りばめて、星空をイメージしているフロントです

IMG_4933

耳側のリムは少し太目のリムになっています

オーバルの優しいイメージと、太いリムで引き締まった感じ
優しさと、キリッとした印象のバランスの取れた形状です

リムにインパクトがありますので、レンズが厚くなってしまう方でも
レンズの厚さを隠してくれる効果もあります

IMG_4937

フロントのリムやテンプルに
沢山散りばめられたラインストーンはまるで星空の様です
ラインストーンのカラーは
色とりどりのラインストーンを使用しています

星の輝きを
ラインストーンの多彩なカラーで表現しています

IMG_4938

テンプルデザインは
サークル状のデザインを組み合わせたデザイン

サークル状のデザインが全体的にゴージャス感?漂うフレームに
少し遊んだ雰囲気をプラスしてくれます

すこし可愛い感じと
ゴージャスなイメージがミックスされたテンプル
IMG_4943

サークル状になっているデザインに
寄り添うようにつけられているストーンは
アクセサリーの様にテンプルを飾ってくれます

少しゴージャスなイメージのオーバル
普段使いにも使いやすく、ドレスコードなどで使っても
とても映えるメガネです

obligation オブリゲーション 407

IMG_4968

最後を飾るのはtheoのオーバル型です

柔らかく滑らかでありながら
強弱のあるシルエットです

オーバル型で優しいイメージにtheoらしいデザインを加えた

オーバルだけど、普通のオーバルにはならない

そんなデザインです

IMG_4970

レンズのデザインはキレイなこれぞオーバル
といった具合のレンズ
そこにtheoらしい、楽しいアートの様な要素を加えています

オーバルシェイプの柔らかいデザインですが
目尻の部分が最後、キュッと上がっているのが特徴です

この絶妙なメリハリがオーバルなのに
ちょっと個性的な雰囲気を出せます

IMG_4972

moveと同じく、ラメの感じが綺麗なフレーム
オーバルのレンズとフレームのスリットがいい感じですIMG_4976

裏側のカラーはフロントカラーと変えています
ブルーのカラーを引き立てる様に

明るいベージュ系のカラーを合わせています

IMG_4974

フロントと裏側のカラーを変える事で
フレームにメリハリが生まれます

個性的なブランドのtheoの中では
掛けやすいデザインです

カムロ流・theo流の
ボストン・オーバルはいかがでしたでしょうか?
ブランドカラーをしっかり感じられるデザインです

流行のボストンか
定番のオーバルか

是非かけ比べてみてくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ピカピカの限定コレクション

【theo】

AZにあるtheoの中でも
珍しいメガネを今回はピックアップします

IMG_4525

ゴールドシルバー
の主張が激しい
レアなコレクション

人気のmilleシリーズなどtheoの人気フレームを

ゴールドシルバー

でまとめたコレクションです

今回はコチラのトレイの中から
一本ピックアップしていきたいと思います

mille+24 パラジウム

IMG_4495

シルバーカラーは

<パラジウム>

がコーティングされています

パラジウムとは
採掘量がかなり少ないレアメタル

パラジウムのアクセサリーなども人気で
その特性はプラチナより軽く、耐久性もしっかりあることから
アクセサリーなどで使用されることも多い金属です

IMG_4499

mille+24は

これぞ、丸メガネといったデザインの
ラウンドタイプ

ラウンドの上部はヘアライン加工で
下部はピカピカのパラジウム仕様になっています

この辺のバランス感覚がtheoらしいです

IMG_4505

とにかく目立つカラーですので
メガネを楽しんで使って頂けます
顔に馴染ませる、日常使いしやすい
といった使い方とは全く違う

メガネをとにかく個性的に
目立たせる使い方が出来るカラーリング

デザインになっています
そこに加え、パラジウムの高級感が加わってくる感じ
theoファンならずともたまらないです

IMG_4510

フレームの裏側は凹凸のある
ドット仕様になっています

掛けている人は分かるけど、相手からはかなり見えにくい
けど、もしかしたら斜め後ろから見えると
ひょっとしたら見えるかも?
という絶妙なドットです

mille+24 ゴールド

IMG_4473

さてお次は同じくmille+24
こちらはゴールドカラーになっています

こちらのゴールドは、

24Kの金を厚くメッキしているという
かなりの豪華仕様になっています

24Kの鮮やかなゴールドカラーは奥行きがあり
上品なゴールドです

IMG_4480

パラジウムカラーと同じく
フレームの上下で
ヘアライン加工とツヤありとツートン仕様になっています

IMG_4483

24Kの上質な輝きと
ラウンドのクラシカルなフォルム

個性的なイメージ&独特な高級感を持っているので
theoらしさとクラシカルさを兼ね備えている逸品です

IMG_4487

ゴールドバージョンのフレーム裏も
凹凸のドットになっています

IMG_4519

似合う、似合わない
というよりも、好きだから掛けるといった部分が大きい
そんなフレームだと思います

一度ハマったら抜け出せなくなる
という言葉がまさにしっくりくるようなデザイン・カラーの
特別シリーズになっています

さていかがだったでしょうか?
ゴールド&シルバーの豪華仕様のフレーム
今回ピックアップしたmille24以外にも

ウェリントンモデルの
mille+23

ちょっと変わったクラウンパント?の
anthem

も豪華仕様になっております

theoらしさが爆発した芸術品になっています

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo 】milleシリーズ

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です

今回はmile

【mille】シリーズ

について少し解説していきたいと思います。

ミルと読みますが、このミルシリーズは
クラシカルなデザインをメインにしているシリーズです
テオ流のクラシックシリーズという位置づけかもしれません

このシリーズのフレームは

【mille+】

というフレーム名の後に数字が入ります

ちなみにミルというシリーズは
ミレニアム世代を意識したシリーズらしいです。
※ミレニアム世代は、1970年代後半から1990年代前半生まれの世代らしいです

では早速そんなミルシリーズを今回は【徹底解剖】していきたいと思います。

mille+12 col,031

IMG_2021

ウェリントンとフォックスを合わせた様な
クラシックな風合いとカッコいいセクシーなイメージが合体したデザイン

フォックス系のフレームはどことなくヨーロッパな雰囲気です

IMG_2022

カラーはブラック
表面は、ヘアライン加工で仕上げてあるので
マットな独特な質感になっています

IMG_2026

表面処理のヘアライン加工は
正面とテンプル部分だけに施してあります
フレームの上部やサイド部分は
ベースである、ブラックのツヤありカラーになっています。

全体にヘアラインをするのではなく

場所によってツヤありの部分と、そうでない部分をつくって
見る角度などによって表情を変える様に作られています。

IMG_2029

こうして見ると、ハッキリ境目が分かります
光が当たるとかなり表情が変わってくれます

の様な質感がたまらないです

IMG_2035

ヘアライン加工をアップで撮ってみました
近づいて見て見ると

<木の様な質感>

高級感を感じる質感です
マット加工とはまた違った質感になっています

IMG_2038

テンプルも同じく、ヘアライン加工でしあげてあります

先セルには、違うカラーの生地を入れて
その部分だけ色を変えています
テオのちょっとした遊び心です

IMG_2041

フレームの厚さはしっかり主張してくれる太さ
太さがありますので、メガネの主張はしっかり出ます

智元の一番厚い部分で
<10㎜の厚み>
があります

ボリューム感、ヘアライン加工とツヤの出方がカッコいい一本です

 mille+22 col,394

IMG_2082

少しだけ細目のシンプルなウェリントンシェイプ

フロントカラーはマットブラウン
メタルウェリントンのクセのないフレーム

IMG_2085

上下幅が深すぎないメタルウェリントンは
使いやすく、クセがありません
服装や場所も気にしないで、どんな使い方をしても大丈夫です

そんな使いやすいフレームですが
キチンとテオらしい部分はしっかり表現しています

IMG_2087

チラッと見えていましたが、フレームのエッジ部分に
蛍光のイエローカラーを付けています

1㎜の厚さしかないメタルパーツの側面を着色するだけで、急に

普通のウェリントンではなく
テオのウェリントン

になってくれます

フロントとテンプルの上部分がイエローで引き締めてくれます
シンプルなウエリントンフレームですが

ちょっとしたカラーの差し色でテオらしい
面白いフレームになってくれます。

IMG_2089

先セルが少し厚めではありますが
シンプルなテンプルです

IMG_2091

実は隠された遊び心が裏側に施してあります

裏側は凹みのあるドット仕様

表面からは全く見えないので
掛けている人にしか分からない遊び心になっています

mille+

theoの中でも人気のシリーズであるmilleシリーズ
今回ピックアップした2本は、theoの中ではそこまで奇抜なデザインではないので
theoデビューするにはうってつけのフレームです

ここからtheoマジックにはまってしまうかも!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ベルギーブランドのアートなメガネ part,2

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です

今回もベルギーブランド
theoをピックアップしていきたいと思います

vulcano 376

IMG_4256

ヴォルカーノは
イタリアの<ティレニワ海に浮かぶ島>が由来の
ユニークなフレームです

IMG_4258

ラウンド型のレンズシェイプの下部分を
真っすぐパツンと切り落とした様な
独特なレンズシェイプになっています

かまぼこの様な、かまくらの様な

なんとも可愛いフォルムです

丸メガネの様だけど、実際に掛けてみると
丸メガネとは違った個性的な雰囲気になります

ナイロールフレームなので
全部枠があるフルリムフレームと比べ
顔に馴染みやすいというのも特徴です

IMG_4260

ブリッジデザインはかなりインパクトがあります
海外ブランドとしては珍しい

立体的に前面に出ているブリッジ

ブリッジが立体的になることで
メガネを掛けた際、お顔に立体感が出てくれます

IMG_4262

サイドから見てみると、ブリッジの立体感は一目瞭然

ブリッジ部分がかなりせり出ています

この凹凸が平坦気味の日本人の顔を
掘り深い顔の印象にしてくれます

IMG_4263

カクっと折れ曲がったヨロイ部分

テンプルの上部をブラウンカラーにして
フロント部分をネオンオレンジにしている
バイカラー仕様にしています

このバイカラーがtheoらしいカラーとも言えます

IMG_4267

コロンとした可愛いフォルムと
theoらしい、明るく元気なカラーが組み合わさった
年齢や性別関係なく使って頂きたい一本です

puree 323

IMG_4270

二本のフレームが
重なったようなデザイン

シンプルなようで、少し個性的な
個性的だけど、そこまで強すぎない
ちょっと変わったボストン型のフレームです

IMG_4273

独特な立体感がクールです
正面から見るとスッキリしていますが

角度を変えて覗いてみると
面白いデザインになっていますIMG_4274カクっと曲がった
変わった構造のヨロイ部分

色の使い方も相まって、POPな印象も出ています

IMG_4277

丁番はバネ丁番を使用しています
デザインとしてのバネと、機能的なバネと
両方の側面を持っています

かけ外しの時のメガネの開閉をスムーズにしてくれたり
フロントにかかる負荷も逃がしてくれます

IMG_4284

機能性とデザインを両立させた
theoでは珍しい、バネ丁番

IMG_4286

ブラックのリム部分は
レッドのリムの部分にロー付けされています

なので、レンズを留めているナイロール部分は
開閉の時に力が直接加わることはありませんので
レンズが緩んだりするリスクが非常に低いです

IMG_4294

普通のボストン型よりも、もう少し面白いデザインを探している方に
このpureeをオススメしたいです

shape 449

IMG_4295

落ち着いたtheo が続きましたので
この辺で、

しっかりtheoらしいPOPで遊んだ雰囲気のフレームを
ピックアップしていきます

<アウトライン>

というtheoの新しいシリーズからリリースされた

shape

アウトラインシリーズのコンセプトは
レンズデザインを最初にデザインして
そこからフレームのアウトラインをデザインする

という
少し変わったフレームデザイン方法になっています

IMG_4297

カラーの異なるリムが
組み合わさったPOPな楽しいフレーム

まずこのレンズデザインから作ったというのが
theo らしいです

メガネデザインのセオリーがあるのか?どうかは分かりませんが
自由な発想で楽しくメガネをデザインしていると感じます

IMG_4298

ブリッジのデザインや、重なり合ったような
独特なデザインもPOPで遊び心があります

カラーやデザインは、万人受けするものではありませんが
こういったPOPで楽しいメガネは
掛けているだけで、気分も上がります

IMG_4300

顔に馴染ませる、自然な雰囲気で使う
ではなく、とことんメガネを主張して、目立たせてしまいましょう
そうすると、最初は派手で個性的だったメガネが
不思議とその人のキャラクターにあったメガネになってくれるはずです

IMG_4301

見れば見るほど
POPで個性的なフレームです

 IMG_4416

theoトランクショーではきっと
皆様にぴったりのtheoが見つかるはずです!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ベルギーのアートなメガネ part,1

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です。これから1か月を盛り上げるのは
カムロとテオです

今回はテオのフレームを
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

テオのブランドについては

コチラ

をご覧いただけると嬉しいです

mille+22  199

IMG_4200

theoのメガネにはシリーズがいくつか存在します
theoのシリーズの中でも人気が高く
数も多くリリースされている

mille+シリーズ

少しクラシカルな雰囲気のメガネが多く
テオのクラシカルシリーズに位置づけされていると思います

フレーム名も非常にシンプルで【mille+】
というフレーム名の後に数字が入ります

今現在、mille+の最新メガネは+84までリリースされています
mille+シリーズだけでも84モデルも出ている事になります
これだけで人気の高さが伺えます

mille+シリーズでピックアップしたのは
mille+22

IMG_4203
細めのウェリントン型で
クラシックになりすぎないデザインです

IMG_4204

少し横長のウェリントンは使い勝手も良く
フォーマルでもカジュアルでもどちらでも使えてしまう

そんな仕上がりになっています
theoの中でこういったシンプルなフレームは
珍しいかもしれません

theoを初めて使ってみようかな?
と思われる方にオススメできる一本になっています

IMG_4206

全体的にスリムでシンプルなデザインですが

ちゃんとtheoらしい部分が存在します

IMG_4208

mille+22の裏側は、

<ドットになっています>

このドットは柄ではなく
凹凸のあるドットです

掛けてしまうと見えない部分ですが
theo らしく面白く・楽しいメガネとして
使って頂けます

IMG_4209

斜め後ろから見ると、もしかしたらメガネを掛けていても
中のドットが見えるかも・・

こういった遊び心がtheoらしくていいです

eyewitness VD 391

IMG_4215

さて、どんどん行きます!
こちらは

<eyewitness アイウィットネス>

というシリーズ

左右非対称のモデルがリリースされるシリーズ
かなり個性が強く、theoらしさがしっかりつまっています

IMG_4216

左右非対称どころか、フレームがずれている様なデザイン

<だまし絵の様なアートなデザイン>

ズレているフレームのカラーを変えているのがまたいい感じです

IMG_4219
フレームは段が付いており、グリーンカラーになっている
リム部分が前に少し出ています

このさりげない段差が奥行きや立体感を生み出してくれます

IMG_4221
ズルッとズレた様なデザインを思いついて
実際に形にしてしまうというところがtheoらしいです

IMG_4222

フロントデザインにインパクトがありますので
テンプルはあっさりしています
とはいえ、ツートンカラーの色がしっかり主張してくれますので
地味という事はまったくありません

IMG_4226
裏側はこんな感じです

IMG_4233

重ねたフレームをズラしている訳ではなく
初めからずらした様なデザインにしてあり

フロントのカラーを変える事で
ズレた感じをより強調しています

初めて見たときにはフレームが二重構造になっているのかな?
と思いましたが、実際は一枚の金属から作られています
フレームを重ねている訳ではないので、強度もちゃんとあります

他の人が使っていないような
個性的なメガネを探しているのなら、theoの中でも
このeyewitnessシリーズがいいかもしれません

obligation 284

IMG_4238

フレームデザインが少し独特なオブリゲーション
目尻はゆるやかに下がり
最後はキュッと上がったシェイプ

柔らかいイメージと、キリッとする部分はキリッとさせる
強弱のあるシルエットです

IMG_4240

レンズデザインはオーバル型で
優しい・柔らかいイメージで使える
女性人気の高いフレーム

カラーはブラウン系のパープルカラーです
落ち着きのあるカラーで日常使いしやすいカラー

IMG_4247

テンプルにはアクセントになる
スリットが入っています

ちょっとした遊び心です

IMG_4249

チラッと見えていましたが、オブリゲーションは
フロントと裏側のカラーを変えてある

<2色>
のカラーリングになっています

IMG_4253

斜めから見ると
裏のカラーがチラッと見えるのがニクイです!

IMG_4254

theoの中でも、奇抜になりすぎず
少し個性的な使い方が出来る、オブリゲーション

今現在AZにあるカラーは8カラー

IMG_4436

ピックアップしたパープルカラーを含めた
8カラーがトランクショーでご覧いただけます

攻めたカラーや、落ち着いたカラーなど

IMG_4442

様々なカラーが揃っています
並んでいると派手に見えるカラーでも、実際に顔に乗せてみると
似合ってしまう事も十分にありえます
新しい発見があるかもしれません

 part,1は以上になります
個性的なブランドではありますが
シンプルで使いやすいモデルも沢山あります
是非一度、ベルギーのアートなメガネをご堪能くださいませ

【AZ 19th Anniversary】トランクショー第二弾・KAMURO & theo

AZ19周年祭スタートから早や2か月
トランクショー第二弾も終わり
次なるトランクショーが新たに始まります

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

のトランクショーが始まります

第三弾のスケジュールは

8/24(月)~9/27()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて解説していきたいと思います

unnamed

まずはKAMUROからいきたいと思います

≪KAMURO≫

ショップオーナーである禿 大悟(カムロ タイゴ)

のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンした眼鏡店からスタートします

「個性のある眼鏡達を”スタンダード”にして行く方法とは・・」

という思いを具現化するため

“楽しい眼鏡”

をイメージし、日本人の肌の色に合う色やトーン
骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事を始めました

デザインはスタッフが全員で行い
デザインのテイストは自由。

ショップスタッフとして眼鏡ユーザーと日々接しているスタッフが描くデザインは
行きすぎることのない、しかし確実に他人とは違う個性を出せます
眼鏡への意識を変えるユーザーをさらに増やしていきました

こうしてKAMUROのショップオリジナルメガネ
が誕生しました
そして、KAMUROは

自分たちの周りだけではなく日本中にアピールしたい!

となり2005年秋、東京で開かれた眼鏡の国際展示会(IOFT)
その直後にパリで開かれた国際展示会(SILMO)に於いて
最初のアイウェアコレクションを発表し

アイウェアブランド
「KAMURO」

としてスタートしました

IMG_4423

そんなカムロのメガネがドン!
と並んでいます。AZ初入荷のカラーなども並んでいます

IMG_4427

入荷するとすぐに無くなってしまう
KAMUROサングラスも入荷しています

KAMUROのメガネは

ラインストーンや七宝を使ったモデルが
カムロの得意技でもあります

アクセサリーの様に使って頂けるメガネは
お顔を彩ってくれます

七宝のカラフルさと、ラインストーンの煌びやかなイメージが
大人なカッコよさと可愛さを出してくれます

メガネを掛けることで
アイメイク効果や、リフトアップ効果が得られます

これだけのKAMUROを一度に見る機会は中々ありません
AZ未入荷のカラーやデザインを見るレアな機会です
是非ご活用くださいませ

ef1ec76708d32a057933e02fb8db4677

theo テオは

Wim Somers(ウィム・ソーメルス)
Patrick Hoet(パトリック・フート)

の二人が始めた

ベルギーのアイウェアブランドです

ブランドネーム 【theo テオ】というブランド名は
はパトリック・フートの

「Hoet」

を入れ替えたアナグラムをブランド名にしています

テオはレンズデザインを、小さくデザインする事も特徴の一つです
メガネは、顔を装飾するものとしてではなく
表情の一つとして使って頂くというのもテオの大事なコンセプト

©SiX_EWY-4b_theo

アートの様な、独特なフレームデザイン
ビビットなカラーの使い方など

一目で theo と分かるような
デザインが多いのも特徴です

IMG_4215

小ぶりなメガネデザインで
インパクトのあるデザインです

IMG_4402

theoのフレームも所狭しと並んでおります

IMG_4416

並んでいるとカラフルでかなり個性的なメガネですが
一度掛けてみると、その不思議な魔力に魅了されるはずです
試しに掛けてみるだけでもいいので
是非ベルギーのアートなメガネを体感してくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ブランドについて

トランクショー開催にあたり

【theo】

theo ブログを遡ってみても、メガネの紹介ブログはあっても
ブランド説明のブログを書いていなかった事が
今更ながら判明・・・

ですので、今回は遅ればせながら theo というブランドについて
少し解説していきたいと思います

ef1ec76708d32a057933e02fb8db4677

theo テオは

Wim Somers(ウィム・ソーメルス)
Patrick Hoet(パトリック・フート)

の二人が始めた

ベルギーのアイウェアブランドです

ブランドネーム 【theo テオ】というブランド名は
はパトリック・フートの

「Hoet」

を入れ替えたアナグラムをブランド名にしています

テオはレンズデザインを、小さくデザインする事も特徴の一つです
メガネは、顔を装飾するものとしてではなく
表情の一つとして使って頂くというのもテオの大事なコンセプト

©SiX_EWY-4b_theo

アートの様な、独特なフレームデザイン
ビビットなカラーの使い方など

一目で theo と分かるような
デザインが多いのも特徴です

theo loves you 2009

「Theo loves you」

をモットーに、人とは違うメガネを提案しています

立体感のあるデザイン

それではいくつかあるtheo のコレクションから
theoの中の人気コレクションを紹介します

【mille】

mille+12 col,031

IMG_2021

ミルシリーズは
クラシカルなデザインをメインにしているシリーズ

 

テオのフレームの中でクラシックな位置づけにしている
シリーズなのではないでしょうか?

mille+12はウェリントンとフォックスを合わせた様な
クラシックな風合いとカッコいいセクシーなイメージが
合体したデザインです

milleのフレームは

【mille+】

というフレーム名の後に数字が入ります

ちなみにミルというシリーズは
ミレニアム世代を意識したシリーズ

※ミレニアム世代とは
1970年代後半から1990年代前半生まれの世代らしいです

幅広い世代の方に使って頂けるフレームが多いです

SILMO2018-A4-1-4_lHR

 mille+22 col,394

IMG_2082

少しだけ細目の
シンプルなウェリントンシェイプ

IMG_2087-1024x683

milleシリーズは現在
+84 までリリースされています
人気の高さが分かります

もう一つの人気シリーズが

【EYE WITNESS】

theoのモデルの中でも、ひと際個性的なシリーズである

<EYE WITNESSシリーズ>

theo_MIDO20_A4-EWyb

左右非対称のモデルになっており
非対称になっている部分はモデルによって様々です

左右のレンズシェイプの違い
左右モダン先のデザインの違いなど
微妙な違いの中にも統一感があるのがテオマジック

EYE WITNESS EW VD

IMG_4215

メガネのフレームをずらしたような
不思議なデザインになっています
theoらしいさが詰まったシリーズです

IMG_4219

フレームをずらした様なデザインにしたうえ
更にカラーを分けているので
アシンメトリーの感じがより強くなります

EYE WITNESSシリーズも、theoの中でリリースされている数が多いです
毎回新鮮なフレームデザインを提案してくれます

IMG_4312

今現在は

theo opens eyes

というテーマで色々なメガネをリリースしています

IMG_4316

一目でテオと分かるようなデザインと
掛けていて楽しくなるようなカラーリング
テオマジックに掛けられる方も多いです

是非一度、theoのメガネを体感してくださいませ

【ベルギーからやって来た】part,2

part,1に引き続き、テオの【徹底解剖】です

eton mess col,375IMG_9679
イギリスのデザート

“Eton Mess”イートンメス

イートンメスとは
ストロベリー、メレンゲ、クリームを
混ぜて作られるイングランドの伝統的なデザート

画像を検索してみるとパフェの様な可愛いデザートでした。
そんな甘く、可愛いフレーム名のイートンメス

IMG_9682

フレーム名に恥じない甘いカラーリング
濃い紫蛍光ピンクを合わせています。

今回入荷してきたテオのフレームで
最も派手ではないでしょうか

IMG_9684

フロントの造りは、part,1でもご紹介した
チェリーチョコレートと同じく

インナー風塗装

に仕上げています。

ブリッジも同じくツーブリッジ仕様になっています。
渋くなりがちなツーブリッジもテオにかかれば
可愛く?個性的なツーブリッジとして使う事が出来ます。

IMG_9685

テンプルもチェリーチョコレートと同様

丸いモダン&シンプルなテンプル

の合わせ方になっています。
IMG_9687

超が付くほど個性的なフレーム
この個性的なフレームを掛けこなし、使っていただく方募集中です(笑)

lemon curd col,434

IMG_9688

こちらもスイーツをモチーフにしているコレクション

<レモンカード>

というスイーツをモチーフにしています

「レモンカード」は、レモンを使ったイギリス生まれのスプレッド
レモンや砂糖のほか、バターと卵を加えて作るので、
ジャムとは違い、濃厚でリッチな味わいが特徴のスイーツ

らしいです。私は初めて聞くスイーツでした。

IMG_9690

甘目のスイーツの名前が付いていますが、
デザインとしては少し無骨なスクウェアデザインになっています。
ユニセックスなデザインが多いテオですが
レモンカードはどちらかというと

男性向け?

なデザインではないでしょうか

IMG_9692
インナー風塗装で
濃いグリーンの中にグレーを合わせています。

何だかカラーだけ見て見ると、

宇治金時?

のような渋さを感じます。

IMG_9693

シリーズの共通デザイン?
であるツーブリッジ

独特な雰囲気になるツーブリッジも
テオにかかれば

<アートチック>

な印象に変わってくれます。

IMG_9696

渋めだけど、アートなメガネっぽくもなる
テオイズムを感じる一本です

lemon curd col,374

IMG_9698

こちらは、ブルーカラーバージョン
濃いネイビー鮮やかなブルーを合わせたカラーリング

IMG_9701

先程のグリーンは少し落ち着き?のあるカラーでしたが
こちらのブルーはかなりカラーとしてのインパクトはしっかり出ます。

ハッキリ言ってかなり目立ちます

IMG_9702

ですが、このテオを掛けてみたい!という方は

せっかく掛けるなら、目立ってくれないと面白くない

そう思っていただける方だと思います
そういった思いにしっかり答えてくれるフレームです

IMG_9705

二つを並べてみると同じフレームなのに、印象が随分と違います。
どちらもテオらしい使い方が出来るフレームです。

以上が、今回入荷してきたテオになります。
面白いメガネではありますが
遊びすぎている・ふざけている
という風には取られないアートなメガネ

是非ベルギーのメガネの奥深さを体感してみて欲しいです。

【ベルギーからやって来たスイーツメガネ】part,1

ベルギーブランドである

79a3d83b488eea0984c6a42b849ce3ba

AZの取り扱いブランドの中でも個性的なブランドであるテオ
メガネを楽しくPOPに使えるデザインカラーが人気なブランドです。

そんなテオから、これまた個性的なフレームが到着しましたので
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

theo shape col,449

IMG_9627

何も言わずとも、変わっているメガネ

というオーラが漂うデザイン

IMG_9628

「アウトライン」

というテオのシリーズからリリースされている
レンズの周りのリムとシルエットが際立ったデザイン

IMG_9630

まるで、二つのフレームが重なり合ったようなデザイン

やりたい放題なデザインに見えますが
何故だか成立してしまっているという不思議なフレームです。
恐らく並んでいるだけ時には、中々ご自身では手には取らないであろうデザインです。

IMG_9632

なのですが、そこは流石テオ
不思議と掛けてみると、違和感がなく掛けることが出来てしまいます。

個性的で、目立つのに何だか馴染むという絶妙なハーモニー

IMG_9636

フロントのデザインはかなり特徴的ですが
テンプルは至ってシンプルにしあげています。
その辺りのデザインバランスがテオらしいです。

IMG_9638

こうしてブログを書いていても、やっぱり個性的だなと感じます。
万人受けするわけではありませんが
こういった攻めたメガネも良いものです。

theo shape col,410

IMG_9643

 カラー違いの

ブラック×ゴールド

の組み合わせです。ブラックとゴールドの組み合わせは
強い、少しイカツイ様な印象になりがちですが
そこは流石テオという感じです。
強くなりがちなカラーを上手くテオ流に落とし込んでいます。

IMG_9645

先程のカラーと比べると、意外と手を出しやすい?
カラーになっているのではないでしょうか?

IMG_9646

とはいいつつ、個性的なフレームという事に変わりはないです。

IMG_9648

眼の錯覚か?

と思うようなデザインが可愛いです

IMG_9650

テンプルエンドのモダン形状も変わっています

IMG_9652

穴の開いたモダンと

IMG_9653

穴の開いていないモダン
左右非対称になっている遊び心がいいです

IMG_9651

cherry chocolate col,378

IMG_9655

チェリーチョコレートという可愛いネーミング

ボストンシェイプのデザインですが
かなりテオ流にアレンジされています

layer cakes レイヤーケーキ

というシリーズに属しています。
シリーズ名になっているレイヤーケーキとは

英国英語ではサンドイッチとも呼ばれるレイヤーケーキ
複数の積み重ねられたケーキのシートで構成されたケーキを指すみたいです

そんな甘いシリーズはかなり個性的です

IMG_9657

フレームの中に枠が入っている様なデザイン
外側のブラックフレーム蛍光イエローを施してあるカラーリングです

このカラーの使い方こそがテオ!!
という配色を実際のメガネとして採用して

テオらしい

と思わせるのが本当に上手いです

IMG_9659

 フレームの中に更に枠が入っているような

インナー枠デザイン?

の様なデザインですが、実際にインナー枠が有る訳ではありません。

インナー枠に見える部分は蛍光イエローの

<塗装>

になっています
塗装だというのは、裏側を見ていただくと分かります。

IMG_9663

 裏側から見ていただくとこんな感じです。

IMG_9665

テンプルはシンプルな感じ
モダンは丸く可愛いモダンが付いています

 cherry chocolate col,365

IMG_9670

先程のカラーとはまた雰囲気の違うカラーリングです。

青のベース黒のインナー風塗装がされています。
青いフレームという、かなり攻めたカラー

好きな方はとことん好きなカラーです

IMG_9672

メインカラーの青の中に映える黒のライン
馴染みつつ、しっかり主張はしてくれるカラーリングです

IMG_9676

これぞ青

という程、鮮やかな青色になっています。

IMG_9677

今回入荷してきたカラーを並べてみました
特徴的なカラーの二つが良い感じです。

好きな方にはとことん刺さるテオ
お次のpart,2でも個性的なモデルが登場します。
お楽しみに!!

【メガネの収納にお困りの方へ】

メガネが増えていくと出てくる悩み

『メガネ収納問題』

ケースに一つ一つ入れるのもいいですが
場所も取ったり、ちょっと面倒など収納に関するお悩みを聞きます。

そんな時はメガネをまとめて収納できる、メガネBOXがおススメです。
サイズ・収納量など様々ありますが、今回は

ブランドオリジナル収納ボックス

をピックアップしていきます。

 まずはベルギーブランドである
<theo>

IMG_8854

 ブランドロゴが書かれている渋めなケースです。

IMG_8856

8本収納のケース
家族で共有してもいい位の本数が入ります。

IMG_8861

全て theo で埋め尽くしてみるとこんな感じ
何だか凄い事になっています。

8本全て theo で埋める事が出来る方はかなりの theo ファンです

 お次のケースは

<Masaki Matushima>
IMG_8864

 ブランドのイメージも相まって、中々ヤンチャなイメージのボックス
エナメル質のワニ柄?といった雰囲気です。

IMG_8868

縦にガバっと開き、収納本数は3本

収納するというよりも
ディスプレイして置くことを目的にしているのでは?

という造りになっています。

IMG_8871

3本収納するとこんな感じ
マサキらしい、ギラっとした印象が映えるケースになります。

IMG_8872

次のケースは
<KAMURO>

IMG_8874

ロゴ入りの少し大き目のケース
サイズ感が分かりづらくて申し訳ないです・・・

IMG_8876

今回紹介するケースの中で
最も大き目のサイズになっています。

IMG_8878

深さがある5本収納ケース
同系色でまとめがちなケースですが、中の仕切りの色を変えている
なんともKAMUROらしい色の使い方になっています。

IMG_8880

サングラスも余裕で入るサイズ感です。

次はフランスブランドである
<J.F.REY>

IMG_8885

ロゴが渋くカッコよくプレスされています。

IMG_8887

結構重量はありますので、持ち運びにはあまり向かないかもしれません。
ですが、ここまで重厚感と存在感のあるケースは少ないと思います。

IMG_8888

ケースの蓋はセパレート式になっています。

完全に蓋の仕様です。
IMG_8896こちらは6本入りのケースになっています。
高さのあるケースなので、大き目のサングラスでも余裕で入ってしまいます。

IMG_8894

以上がブランド収納ケースです。
店頭には出ていないので、気になる方は是非お尋ねくださいませ