『John Lennon』ジョンレノンが愛した丸メガネ part,1

1960年代に活躍し、世界的人気を得たロックバンド

「ザ・ビートルズ」

そのバンドリーダーでもある

<ジョン・レノン>

が愛用した丸眼鏡をベースにデザインしたブランド

John Lennon

丸メガネを掛けている有名人の中でも
イメージの強いジョンレノン

そんな彼が愛用した
「丸めがね」をベースにデザインされたブランドです

そんな【John Lennon】を今回は
【徹底解剖】していきたいと思います

【徹底解剖】に入る前にちょっとだけ【John Lennon】
というブランドについて解説していきたいと思います

【John Lennon】は
ジョンレノン本人が実際に使用していたブランドではありません
彼の愛用していた丸メガネのデザインや雰囲気を
独自に再現してリリースしています
コチラのブランドは彼の妻であった

【オノ・ヨーコ】公認

ブランドです
後で出てきますが、オノ・ヨーコ氏がデザインした
ジョンの似顔絵アイコンも特徴的なブランドです

John Lennon 1086 col,04 

IMG_2420

これぞシンプルな丸メガネ
といった佇まいです

チタンを使った軽量でスリムなフレーム

IMG_2423

何も足さず、何も引かない
<ミニマリズム>を感じる丸メガネです

ヘアライン仕上げのチタンカラーは
落ち着いた雰囲気で肌馴染みも良く使って頂けます

IMG_2425

クセのないデザインなので

丸メガネを初めて使ってみたいと思って頂いている方に
オススメしやすいデザイン&カラーです

IMG_2427
細目のシルエットが映えるように
スリムな丁番になっています

IMG_2428

テンプルもひたすらシンプル
先セルのカラーをブルーにしている事が
ちょっと攻めている位でしょうか

IMG_2434

先セルの内側には

<ジョンレノンのアイコン>

が刻印されています

アイコンの隣には
ジョンレノンのサインが添えられています

IMG_2436

シンプルを極めたデザインは
鼻パッドもシンプルです

【一山】

と呼ばれる鼻パッドの形状になっています
一山の特徴は

パッドの変形が極めて少ない
すっきりしたフォルム

鼻にピタッと乗ってくれますので
掛け具合はとても心地いいものになります

IMG_2442

ジョンレノンの雰囲気をしっかり感じる
定番でありながら王道のラウンドです

John Lennon 1087 col,02

IMG_2475

ちょっぴり攻めた

<10角形=decagon デカゴン>

ヘキサゴン=六角形やオクタゴン=八角形
はメガネのデザインとして良くリリースされていますが

10角形のデザインは中々珍しいです

IMG_2477

10角形ともなると

ラウンドに近いデザインになってきます

角張ったラウンドデザイン
みたいですね

IMG_2479

アンティークゴールドの渋めなカラー

真鍮色の様な
渋さを感じるカラーです

IMG_2483

パッドは調整可能なクリングスタイプです

IMG_2487

ラウンドみたいなメガネが良いけど
普通ではないラウンドがいいなぁ

といったメガネをお探しの方にオススメしたい一本です

John Lennon 1089 col,02 

IMG_2463

クラウンパントデザインの一本
クラウンパントの名前の由来は

【クラウン=王冠】+【パント(フランス語でボストン型)】

でクラウンパントというネーミングになっています

リムの上部を一直線にカットしたデザインが
王冠のように見えることから
「クラウンパント」と呼ばれています

IMG_2465

洗練されたデザインで
ラウンドやボストンとも違った感じで使って頂けます

王冠部分はヘキサゴンシェイプの様で
下部分はボストンシェイプになっています

IMG_2467

ラウンドフレームはちょっとまだ難しそう
という方は、クラウンパントデザインを使ってみるのもオススメです

IMG_2469

表側の先セルにジョンレノンの
アイコンが刻印されています

IMG_2471

アイコンは片方の先セルだけ刻印されています

IMG_2470

パッドにもアイコンが刻印されています
ジョンレノンを存分に堪能して頂ける仕様です
IMG_2473

クラシックフレームデザインの中で
話題に上がる事の多いクラウンパントは
クラシックフレームの【新定番】になってきています

part,1は以上でございます
ジョンレノンが使用していた丸眼鏡をベースにデザインした
アンティークなブランド

クリアレンズをいれて使って頂くのもいいですし
薄くカラーをいれて使って頂くのもカッコいいです
様々な使い方が楽しめる丸メガネコレクションになっています

【メガネフレーム】の種類について

クラシックなフレームが流行していますが

流行という一過性のものではなく
一般的なデザインとして定着しつつあります

流行のデザインや定番デザインなど
色々な造りのメガネがあります
今回は改めて

<メガネフレームの種類・構造>

について少し掘り下げていきたいと思います

【ツーポイント】

JAPONISM JN-638ⅠR

IMG_3666

レンズに直接穴をあけ、ネジで固定するメガネ

ブリッジとテンプルの二点でレンズを固定しているので

<ツーポイント>

と呼ばれています

メガネを掛けた印象があまり出ませんので
素顔に近いイメージで使えます

参考画像で載せているJAPONISMを含め

最近では、ツーポイントフレームですが
あえてブリッジやヨロイ部分を
立体的に、目立つように作られているフレームも増えてきました

【ワンポイント】

JAPONISM JN-594 

IMG_7042

ワンポイントは、ツーポイントと同じく
レンズに直接穴をあけて固定するメガネです

ツーポイントとは違い、穴をあける点は一か所なので

<ワンポイント>

と呼ばれています

レンズを止めている部分が直接テンプルに繋がっていないので
かけ外しの際に緩むことが極めて少ないです

ツーポイントと同じ様な、すっきりしたデザインから
写真のJAPONISMの様な立体的で
ハードなデザインのものまで多岐にわたります

【ツーブリッジ】

ic!berlin thien n.  col, bronze

IMG_7047

ブリッジが二本あるデザイン

鼻のブリッジ部分の上にもう一本ブリッジを渡してある
個性的なデザインになっています

誕生のきっかけは、溶接技術が未熟だった50年代頃
フレームに強度を持たせるために作られたとされています

一本ブリッジが増えただけですが
メガネとしてのインパクトはかなり増します

クラシックブームの次の流行として業界でも評判で
実際、ハリウッド俳優が使用していたり
アーティストが掛けて話題になったりしている
今アツいフレーム

【インナーセル】

KameManNen 73 08 col,GD

IMG_7573-1024x683

フレームとレンズの間に

プラスティックの
ワッパを挟み込んであるフレーム

クラシックなフレームによく使われることが多く
特にラウンド(丸メガネ)との相性は抜群の造りです

樹脂のワッパがほとんどでしたが
最近はチタンのワッパ挟み込んでいるものもあります

TAYLOR WITH RESPECT Skoll 

IMG_4389-1024x683

樹脂ワッパと違い

<チタンにチタンのワッパの組み合わせ>

同素材なので馴染みがいいです
プラスチックのワッパとは違った魅力があります

【七宝(しっぽう)】

G4 Old&New 1671 col,G/BO

IMG_3668

七宝というとガラスの七宝を思い浮かべる方も多いと思いますが
メガネの業界でいう七宝とは
主に合成樹脂で作られた七宝

【疑似七宝】

と呼ばれるものです

画像のフレームは
メタルフレームのリムの周りを七宝でコーティングしたもの

塗装したフレームやカラーとは違い
七宝独特の質感やカラーは柔らかい印象を出す事が出来ます

【ブロー/サーモント】

JAPONISM JS-141 col,4 Demi & Black

IMG_2980

眉毛のようなデザインのため
ブロー(眉毛)と呼ばれています

 

画像の様なプラスチックを組み合わせたモデルも多いですが
最近では、眉部分のパーツがチタンで作られる
メタルブローも多くリリースされています

サーモントとも呼ばれることもあるデザイン
サーモントという名前の由来は
アメリカ軍のモント将校という方が、眉が薄い事をコンプレックスに感じており
凛々しい眉を演出できるようなメガネをデザインを
依頼した事が由来とされています

サー(Sir)・モント

クラシックブームという事もあり
今もなお人気のデザインです

【跳ね上げ】

RIDOL R-180 col,Mat Dark Blue

IMG_3669

フリップアップとも呼ばれる
レンズ部分が跳ね上げ可能なフレーム

IMG_3672

跳ね上げメガネはメガネを外さなくても
レンズ部分を跳ね上げるだけなので
かけ外しなしで近くを見ることが出来ます

最近では、デザイン性を高めた跳ね上げメガネもリリースされています
クラシックな跳ね上げも出ていたりと
デザインも豊富になってきました

簡単ではありますが、メガネの種類・構造をご紹介しました
メガネと一言で言っても様々な種類や構造があります
メガネ選びの参考にしていただければ幸いです

『Less than human』がリリースするキッズコレクション 【Less By Kodomo】

斬新で個性的なデザインで
世界的人気を誇る日本のメガネブランド

「less than human」
レスザンヒューマン

そんなレスザンヒューマンがキッズ向けに作ったブランド

「LESS BY Kodomo (レスバイコドモ)」

キッズの皆様に掛けて頂きやすい
デザインですが、レスザンヒューマンらしい
遊び心とはしっかりと入れ込んでいます

今回はそんなレスバイコドモの新作を中心に
【徹底解剖】していきたいと思います

Crape col,2101 ¥20,900-(税込)

IMG_1980

新作はメタルウェリントンの
シンプルなデザインです

ウェリントンのカッコよさを
キッズフレームに落とし込んでいます

フレーム名はお菓子をモチーフにしています
フレーム名はcrepe クレープ
甘く可愛らしいネーミングですね

IMG_1986
マットなアンティークレッドカラーは
キッズフレームとは思えない位、大人びた印象です

IMG_1998

シンプルなウェリントンの智元は

『ミル打ち』

を施した渋い仕様になっています
アンティークレッドとの組み合わせがクールです

IMG_1989

テンプルにはレトロな
彫金風の模様が入っています

目立つ柄ではないですが
しっかりフレームの印象を引き締めてくれる
さり気ないけど大切な部分です

IMG_1994

フロントとテンプルは落ち着いた雰囲気で
大人サイズ顔負けの雰囲気ですが

先セルの柄は
可愛くPOPな印象になっています
ブロックの様な柄はさりげない可愛さを出してくれます

IMG_2003

クールで大人びたシンプルなウェリントン
男の子も女の子も
どちらもカッコよく使って頂けるデザインです

Crape col,195 ¥20,900-(税込)

IMG_2014

カラー違いのブラックカラー
落ち着きのある、渋めなメタルウェリントンです

ツヤのあるブラックは
重い印象にならずご使用頂けます

IMG_2023

ブラックカラーは
クールな雰囲気がしっかり出てくれます

IMG_2020

先ほどのレッドカラーと同じく
先セルの柄はPOPさを感じる柄になっています

ホワイトとグレーを組み合わせた
レスザンヒューマンらしさを感じる柄です

IMG_2016

ブラックカラーに合わせてある

<ミル打ち&彫金>

レッドバージョンと比べて、目立ちすぎず
馴染んでいますが、さり気なく見える塩梅がとてもカッコいいです

IMG_2026

シンプルで王道なウェリントンを
キッズサイズにするとこうなる!

というお手本の様なキッズサイズウェリントンです

IMG_2028

カラーが違うだけで、同じフレームでも
随分と印象が変わってきます

IMG_2032

どちらがお似合いになるのか?
どちらがお好きか?は是非かけ比べて感じ取って下さいませ

Sugar col,8989 ¥16,500-(税込)

IMG_2082

横長でスリムなデザイン
シンプルなデザインですが、

ザラっとした質感のフロント
薄ラベンダー色が可愛いです

IMG_2083

フロントはメタルで
テンプルはアセテートのコンビネーションフレームです

フレーム名のsugarの様に
甘く可愛く仕上がっています

可愛い雰囲気ではありますが
性別関係なく使って頂けるデザインです

IMG_2085

キャンティの様な
甘い雰囲気のテンプル

IMG_2087

クラシックフレームが流行している中
周りの子がクラシックフレームが多いから
他の子と違ったフレームが欲しい!

という思いがある方にオススメしたい一本です

pudding ¥16,500-(税込)

IMG_2091

優しいオーバルのデザイン
柔らかく使って頂けるコンビネーションモデルです

IMG_2093

プティングという名前の通り
甘さをしっかり感じます

ピンクカラーなので
どちらかというと女の子向け?ですね

IMG_2094

フロントは細目で
テンプルは太目のアセテートテンプル

見る角度によってボリューム感が変わります

IMG_2095

ササ柄?の様なアセテート
フロントのピンクと比べ、ちょっと渋めなカラーを
テンプルに合わせています

IMG_2098

甘くなり過ぎず
ほんのちょっぴりボリュームを感じます

less by kodomo
には専用のケースが付いてきます
専用ケースは

<ちょっとした仕掛けがあります>

IMG_2045

専用ケースは使わない時

コンパクトに畳める仕組みになっています

IMG_2044

持ち運ぶ時や、ケースを使わない時など
スリム、かさばらない様にする事が出来ます

レスザンヒューマンらしさを入れ込んだ
キッズフレーム
他の人と被らない、個性をだして使って頂けるブランドです!

<入荷速報>VioRou トランクショーでも人気だったモデル

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

ダウンロード

VioRou
ヴィオルー

クラシックなデザインなのですが
可愛さと洗練された大人の雰囲気の両方を兼ね備えています

そんなVioRouの人気モデルが再入荷しましたので
ご案内していきたいと思います

Tomoyuki-2 col: 476P/PKG Brown/Pink gold

IMG_2378

元々Basicシリーズに属していたtomoyuki
今回フルモデルチェンジし
“スタンダートシリーズ”のモデルになりました

デザインは八角形のオクタゴンシェイプ

IMG_2381

横長のオクタゴンシェイプは
個性的ですが、掛けてみると
意外と顔なじみが良く使って頂く事が出来ます

IMG_2384

チタンを編んだ様に見える
ニット模様が刻まれたリム

フロントは編み込みチタンではなく
ニット模様にする事で、バネが効きすぎる事が無く

“芯”の残った
程よいかけ心地になってくれます

IMG_2387

フルモデルチェンジにあたりサイズを見直し
遠近両用メガネなどにも
対応しやすいサイズ感になっています

IMG_2388
性別や年齢関係なく
使って頂けるデザインになっています

taigo-2 col: 000/GS Black/Gold

IMG_2345

tomoyuki-2と同じくtaigo-2も

Basicシリーズからフルモデルチェンジをして
StandardシリーズのTaigo-2としてリリースされました

IMG_2347

絶妙なデザインのオーバル型

楕円というよりも少しスクウェアに近いオーバルです
優しいフォルムですが
少しだけキリッとした部分もあるデザイン

IMG_2350

レンズサイズが前作に比べ
少し大きくなりましたので様々な世代の方へ
オススメしやすくなりました

IMG_2356
編み込みテンプルは
掛け心地抜群です

IMG_2362

レンズサイズが小さいので

強度近視の方にオススメです

sachie-2 col: BD/GS Special edition Black diamond/Gold 

IMG_2364

VioRou流のスリムなボストン

sachie-2はVioRouの中の
“ベーシックシリーズ”に属します

IMG_2366

フロントには
新しくデザインされたリムである

“ハンマートーンリム”

を施しています

ハンマーで叩いたような風合いは
色々な角度からフロントを楽しんで頂けます

IMG_2373

ハンマートーンの荒々しい雰囲気
ベーシックシリーズで良く使われる
立体感のあるヨロイ部分とのバランスがカッコいいです

IMG_2377

クセのないボストンなので
ボストンフレームに挑戦してみたい
という方にオススメしたい一本です

akira-3 col: 7526P/7496P Light brown/Yellow green

IMG_2389

ラウンドフレーム
akiraのニューバージョン

akiraのラウンドの可愛さはそのまま
少しスリムな印象になったakira-3

IMG_2390

sachie-2でも使われている
“ハンマートーン”をこちらにも施しています

IMG_2394

グリーンとブラウンのカラーは

柔らかく暖かさを感じる
アースカラーです

IMG_2401

クラシックなラウンドはもう持っているから
違った雰囲気のラウンドを使ってみたい

という方は是非

去年のトランクショーでも評判の良かった
モデルが久しぶりにAZに帰ってきました
すっかり暖かくなってきた春に相応しいフレームですよ