カテゴリー別アーカイブ: 新商品のご案内

【ベルギーからやって来た】part,2

part,1に引き続き、テオの【徹底解剖】です

eton mess col,375IMG_9679
イギリスのデザート

“Eton Mess”イートンメス

イートンメスとは
ストロベリー、メレンゲ、クリームを
混ぜて作られるイングランドの伝統的なデザート

画像を検索してみるとパフェの様な可愛いデザートでした。
そんな甘く、可愛いフレーム名のイートンメス

IMG_9682

フレーム名に恥じない甘いカラーリング
濃い紫蛍光ピンクを合わせています。

今回入荷してきたテオのフレームで
最も派手ではないでしょうか

IMG_9684

フロントの造りは、part,1でもご紹介した
チェリーチョコレートと同じく

インナー風塗装

に仕上げています。

ブリッジも同じくツーブリッジ仕様になっています。
渋くなりがちなツーブリッジもテオにかかれば
可愛く?個性的なツーブリッジとして使う事が出来ます。

IMG_9685

テンプルもチェリーチョコレートと同様

丸いモダン&シンプルなテンプル

の合わせ方になっています。
IMG_9687

超が付くほど個性的なフレーム
この個性的なフレームを掛けこなし、使っていただく方募集中です(笑)

lemon curd col,434

IMG_9688

こちらもスイーツをモチーフにしているコレクション

<レモンカード>

というスイーツをモチーフにしています

「レモンカード」は、レモンを使ったイギリス生まれのスプレッド
レモンや砂糖のほか、バターと卵を加えて作るので、
ジャムとは違い、濃厚でリッチな味わいが特徴のスイーツ

らしいです。私は初めて聞くスイーツでした。

IMG_9690

甘目のスイーツの名前が付いていますが、
デザインとしては少し無骨なスクウェアデザインになっています。
ユニセックスなデザインが多いテオですが
レモンカードはどちらかというと

男性向け?

なデザインではないでしょうか

IMG_9692
インナー風塗装で
濃いグリーンの中にグレーを合わせています。

何だかカラーだけ見て見ると、

宇治金時?

のような渋さを感じます。

IMG_9693

シリーズの共通デザイン?
であるツーブリッジ

独特な雰囲気になるツーブリッジも
テオにかかれば

<アートチック>

な印象に変わってくれます。

IMG_9696

渋めだけど、アートなメガネっぽくもなる
テオイズムを感じる一本です

lemon curd col,374

IMG_9698

こちらは、ブルーカラーバージョン
濃いネイビー鮮やかなブルーを合わせたカラーリング

IMG_9701

先程のグリーンは少し落ち着き?のあるカラーでしたが
こちらのブルーはかなりカラーとしてのインパクトはしっかり出ます。

ハッキリ言ってかなり目立ちます

IMG_9702

ですが、このテオを掛けてみたい!という方は

せっかく掛けるなら、目立ってくれないと面白くない

そう思っていただける方だと思います
そういった思いにしっかり答えてくれるフレームです

IMG_9705

二つを並べてみると同じフレームなのに、印象が随分と違います。
どちらもテオらしい使い方が出来るフレームです。

以上が、今回入荷してきたテオになります。
面白いメガネではありますが
遊びすぎている・ふざけている
という風には取られないアートなメガネ

是非ベルギーのメガネの奥深さを体感してみて欲しいです。

【ベルギーからやって来たスイーツメガネ】part,1

ベルギーブランドである

79a3d83b488eea0984c6a42b849ce3ba

AZの取り扱いブランドの中でも個性的なブランドであるテオ
メガネを楽しくPOPに使えるデザインカラーが人気なブランドです。

そんなテオから、これまた個性的なフレームが到着しましたので
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

theo shape col,449

IMG_9627

何も言わずとも、変わっているメガネ

というオーラが漂うデザイン

IMG_9628

「アウトライン」

というテオのシリーズからリリースされている
レンズの周りのリムとシルエットが際立ったデザイン

IMG_9630

まるで、二つのフレームが重なり合ったようなデザイン

やりたい放題なデザインに見えますが
何故だか成立してしまっているという不思議なフレームです。
恐らく並んでいるだけ時には、中々ご自身では手には取らないであろうデザインです。

IMG_9632

なのですが、そこは流石テオ
不思議と掛けてみると、違和感がなく掛けることが出来てしまいます。

個性的で、目立つのに何だか馴染むという絶妙なハーモニー

IMG_9636

フロントのデザインはかなり特徴的ですが
テンプルは至ってシンプルにしあげています。
その辺りのデザインバランスがテオらしいです。

IMG_9638

こうしてブログを書いていても、やっぱり個性的だなと感じます。
万人受けするわけではありませんが
こういった攻めたメガネも良いものです。

theo shape col,410

IMG_9643

 カラー違いの

ブラック×ゴールド

の組み合わせです。ブラックとゴールドの組み合わせは
強い、少しイカツイ様な印象になりがちですが
そこは流石テオという感じです。
強くなりがちなカラーを上手くテオ流に落とし込んでいます。

IMG_9645

先程のカラーと比べると、意外と手を出しやすい?
カラーになっているのではないでしょうか?

IMG_9646

とはいいつつ、個性的なフレームという事に変わりはないです。

IMG_9648

眼の錯覚か?

と思うようなデザインが可愛いです

IMG_9650

テンプルエンドのモダン形状も変わっています

IMG_9652

穴の開いたモダンと

IMG_9653

穴の開いていないモダン
左右非対称になっている遊び心がいいです

IMG_9651

cherry chocolate col,378

IMG_9655

チェリーチョコレートという可愛いネーミング

ボストンシェイプのデザインですが
かなりテオ流にアレンジされています

layer cakes レイヤーケーキ

というシリーズに属しています。
シリーズ名になっているレイヤーケーキとは

英国英語ではサンドイッチとも呼ばれるレイヤーケーキ
複数の積み重ねられたケーキのシートで構成されたケーキを指すみたいです

そんな甘いシリーズはかなり個性的です

IMG_9657

フレームの中に枠が入っている様なデザイン
外側のブラックフレーム蛍光イエローを施してあるカラーリングです

このカラーの使い方こそがテオ!!
という配色を実際のメガネとして採用して

テオらしい

と思わせるのが本当に上手いです

IMG_9659

 フレームの中に更に枠が入っているような

インナー枠デザイン?

の様なデザインですが、実際にインナー枠が有る訳ではありません。

インナー枠に見える部分は蛍光イエローの

<塗装>

になっています
塗装だというのは、裏側を見ていただくと分かります。

IMG_9663

 裏側から見ていただくとこんな感じです。

IMG_9665

テンプルはシンプルな感じ
モダンは丸く可愛いモダンが付いています

 cherry chocolate col,365

IMG_9670

先程のカラーとはまた雰囲気の違うカラーリングです。

青のベース黒のインナー風塗装がされています。
青いフレームという、かなり攻めたカラー

好きな方はとことん好きなカラーです

IMG_9672

メインカラーの青の中に映える黒のライン
馴染みつつ、しっかり主張はしてくれるカラーリングです

IMG_9676

これぞ青

という程、鮮やかな青色になっています。

IMG_9677

今回入荷してきたカラーを並べてみました
特徴的なカラーの二つが良い感じです。

好きな方にはとことん刺さるテオ
お次のpart,2でも個性的なモデルが登場します。
お楽しみに!!

【TAYLOR WITH RESPECT】 Diadema

年末年始を挟んで、久々の底解剖】です
新年一発目はテイラーウィズリスペクトからです。

先に届いていたヒューズに続き、テイラーの新作が入荷してきました。
テイラーの新作はこれで出揃いました。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

Diadema col,01. Black & Gold ¥38,000-(税抜)

IMG_9711

Titanium / β Titanium
49□20-144

40年代から50年代にかけ、フランスで人気があったといわれる

王冠をモチーフにしている
クラウンパントのデザイン

IMG_9713

フロント上部の直線的なラインがディアデマの個性です

クラウンパントデザインのフレームは
小さめのフレームが割と多いですが、このディアデマは
ゆったりしたサイズ感になっています。

IMG_9714

フレーム名のDiademaとは、王冠のもとになった
鉢巻(はちまき)のことを指しています。

IMG_9715

テンプルはヘアライン仕上げのゴールドテンプル
このテンプルもテイラーらしいテンプルです

IMG_9717

デザイナーの遊び心が光るブリッジの裏側

チタン製のフロントは、プレスで抜いていますので
ロー付けなどをしていませんがあえて裏側に

ロー付けした風なデザインを施しています

IMG_9720

フロントのブラックゴールドカラーの切り替え部分
メリハリはありつつ、肌馴染みがいい色遣いになっています

テイラーとしては、クラウンパントデザインは2型目になります

Trim

col06_05

テイラーの中では比較的小さめサイズの
クラウンパントとしてリリースされた

トリム

コチラと比較すると少々大きめで、男性の方もゆったりかけられます
サングラス仕様にしてもカッコいいと思います。

Deadema col,02. Black & Silver Gradation

IMG_9722

ブラックからシルバーに変化するグラデーション

このグラデーションカラーこそが
テイラーの神髄と言っても過言ではないと思います。

IMG_9723

このキレイなグラデーションカラーは、機械ではなく

職人が手作業で
色の染まり具合を確認しながら染めていくという

アナログな方法を使って染めています。

IMG_9724

手作業で行われていますが、染まり方は均一にキレイに染まっています。
ですが、厳密にいうとそれぞれのロットで色の染まり方が違いますので
そういった手作業ならではの味があるのも特徴です。

col,03. Navy & Gold Gradation

IMG_9731

こちらはネイビーカラーゴールドカラーのグラデーション
ネイビーカラーの出方がとても品が良く
大人なイメージで使うことが出来そうです。

IMG_9734

角度によって随分印象の変わるカラーとも言えます。
同じような条件下で撮った写真でも

IMG_9724

こんな感じにブラウンっぽいイメージにもなります。
そこまで派手ではないけれど、今回のディアデマの中では
個性的なカラーリングだと感じます。


col,04. Bordeaux & Gold Gradation

IMG_9739

暖色カラーであるボルドーのグラデーション
ボルドーカラーからゴールドカラーに変わっていきます。

IMG_9740

こうして写真を撮ってみると赤みが強い印象ですが
実際のカラーのイメージは明るいブラウン寄りのカラーです。

IMG_9741

顔なじみの良いカラーではありますが
色自体は決して地味なカラーではないので、キチンとカラーの主張はしてくれます。

IMG_9746

光を当てつつ、明るい場所でのグラデーションはこんな感じになります。


col,05. Black Gradtion

IMG_9750

グラデーションカラーですが、一見グラデーションに見えない
ちょっと変わり種のグラデーション

どの部分がグラデーションになっているか?
分かりますでしょうか

IMG_9752

近づいてみましたが、分かりますか?

IMG_9753

もう少し近づいてみましたが、どうでしょうか?
難しいかもしれませんので、答えをお教えしちゃいます。

答えは・・・

IMG_9758

マットなブラックから
ツヤのあるグラデーションに変わる

でした。
写真でお伝えするのが難しいのでかなり難問だったかもしれません・・・

単色の様に見えて、実は普通の単色カラーではない
隠されたポイントが<ニクイ>カラーです。

今回の新作から、フレームからレンズへの負担を軽減するため
今までの金属プレス加工を見直し、より最適な設計へと進化させています。
以下、TAYLOR HPからの転載になります。

aeaa5fce-2966-4293-982f-eaf62d1e70e1

写真は、2019 AWの新型として発表するディアデマの3次元フロント金型。
一般的には、平らな型を使い、後からフレームにプレスをかける
後曲げという工法が多いのですが、このように3次元的な工法を用いることで、
最初からレンズカーブに沿った溝をフレームに設計することが可能です。
写真ではお伝えしにくい部分かもしれませんが、
見えない部分にも手を加え仕立てていくという
ブランドコンセプトを体現している作業です。

以上転載

実際には見えない部分にこだわって、造りを追求していく
テイラーのモノづくりは留まるところを知りません。

IMG_9767

これにてテイラーの新作が全て出揃いました。

AZでも飛ぶ鳥を落とす勢いのテイラー
リピート品を含め、入荷するとかなりの速さでお嫁に行ってしまうブランド

IMG_9777

かけ心地や、雰囲気を感じていただくと
ブログなどで見ていただく以上に
テイラーの良さを知っていただけると思います。

気になる方はお早めに!!

<BOZ> 唇?木星?

フランスブランドである

toplogo-boz

ボズの新作が入荷してきましたので
早速【徹底解剖】していきたいと思います。今回の新作も中々個性的なフレームです

BOZ JOIE col,0030 ¥42,000-(税抜)

IMG_9545

柔らかいオーバルデザインですが
普通のオーバルになり過ぎない様に、

<ブローラインに細工を施してあるデザイン>

眉上から眉尻にかけて、さりげなく?
七宝加工がされています。

IMG_9547

ブラックルージュレッドと、ハッキリした色遣いですが
ブロー部分、全てが覆われているわけではないので

見た目に反して顔なじみの良い色

になっています。

IMG_9549

ぷっくりした唇の様なセクシーな造り

光を当てながら撮影するとぷっくりセクシーになってくれます。
普段掛けしている時には、さりげないツヤで顔に馴染みます。

IMG_9553

テンプルは葉っぱを連ねたようなデザインです
落ち着いているのに、さりげなくデザインが入っているというのが良いです。

IMG_9562

パッドは調整のしやすいクリングスを使用しています。
掛具合をキチンと調整出来る様になっています。

IMG_9564

BOZというブランドという枠から見ると落ち着きのあるデザインですが
メガネとしてとらえると、しっかりインパクトのあるメガネです。

BOZ入門フレームとしてはもってこいなフレーム!

JUZA col,3405 ¥42,000-(税抜)

IMG_9567

ソフトフォックス系デザイン

きつくなり過ぎない印象で掛けていただけるレンズデザインです。
マットで落ち着きのあるレッドとカーキを合わせたような
肌馴染みの良いカラーです。

IMG_9569

レンズ上部のブロー部分は

<レイヤード風>

になっています。
フロントとブローの色が変えてありますので
<アイメイクをしたような効果>も得る事が出来ます。

IMG_9572

ボリュームも出すぎない様に、工夫してあります。
裏のフロントにブローパーツを張り付けています。

IMG_9574

ブローでソフトフォックスと、個性的な要素をふんだんに盛り込んでいますが
フロントからテンプルに掛けて、柄を彫り込んでいます。

IMG_9575

何柄?かは分かりませんが、何となくフランスを感じます。
エッフェル塔のような感じ?

JUZA col,7040 ¥42,000-(税抜)

IMG_9584

先程のカラーとは変わってかなり個性的なカラーリング
パープルライムグリーン?を合わせています。

IMG_9586

カラーが強い!という訳ではありませんが
目立つカラーリングにはなっています。

IMG_9587

グリーンがキレイです。
かなり目元が明るくなります。

IMG_9588

テンプルの柄はこんな感じ

IMG_9589

宇治金時?

の様にも見えてきます

IMG_9594

AZに入荷してきたJUZAを並べてみました。
意外と使いやすいカラーと、個性的なカラー
BOZらしいカラーラインナップに仕上げています。

BOZ JUPITER col,0010¥44,000-(税抜)

IMG_9595

ジュピターという、壮大なフレーム名

その名に負けぬほどのインパクトを感じさせるデザインです。
ブラック&ホワイトの、かなりメリハリのあるカラーです
IMG_9599

レンズデザインがかなり独特です。
ボストンのようでもあり、クラウンパントでもあります
花弁の様なデザインも可愛いです

IMG_9600

ブリッジはクラシック系のフレームに相性抜群の

【キーホールブリッジ】

を採用しています。

IMG_9602

レンズデザインがかなり独特ですが
トータルのデザインもかなり個性的なインパクトがあります。
レンズデザインが特殊な形ですが、パッと見た時の印象は

【丸メガネ】

のイメージになります。

IMG_9606

フロントのデザインに対して、テンプルはかなりシンプルにしています。
このデザインバランスがBOZらしいです

IMG_9607

アジアンフィッティングクリングス
キチンと調整が出来る様になっています。

BOZ JUPITER col,9080¥44,000-(税抜)

IMG_9614

 こちらはブラウンピンク系にまとめたカラー

 IMG_9616肌馴染みは良いカラーですが、しっかり花弁?
が目立つ感じです

 IMG_9621

テンプルのデザインはシンプルですが
使われている生地の柄が少し面白い柄になっています。

IMG_9618

BOZファンには間違いなく気に入っていただける

フラワーな雰囲気

IMG_9625

遊び心はありつつ、馴染む部分は馴染んでくれる
そんな楽しいメガネに仕上がっています。

以上が入荷してきたBOZの新作です!
フランスの風を是非感じてくださいませ。

【TAYLOR WITH RESPECT】 新作 Fuse ヒューズ

TAYLOR WITH RESPECT の新作が入荷しています。
早速【徹底解剖】していこうと思います

Fuse 02. Navy ¥38,000-(税抜)
IMG_9504

サイズ 50□20-144
レンズ 天地 42.4㎜

セルロイドとチタンのコンビネーションフレーム
丸みのある柔らかい印象のボストンシェイプになっています
ネイビーササ系が特徴的な、少し迷彩柄風?な生地

IMG_9509

セルロイドとチタンを組み合わせた

ブランドとしては<初>の試みです

セルロイドは硬く、アセテート生地と比べても

変形が少ないのが特長です

IMG_9506

ブリッジはオリジナルのチタン製パーツ

ネジ留部のパイプは一体で作られているため耐久性抜群!!

burizzi

セルロイド生地の留め部も、

2点で留める造りになっていますので
ガタつく事もなく使用することが出来ます。

IMG_9510

チタンとセルロイド生地の風合いも相まって
落ち着きながらも力強いデザインになっています。

IMG_9511

テイラーといえば!オリジナルチタンパッド
左右非対称の軽量なチタンパッド

IMG_9514

アセテート生地には無い、重厚なセルロイド生地
質感や風合いを写真でお伝えすることが難しいですが
実際に触っていただければわかっていただけると思います。

Fuse 01. Black ¥38,000-(税抜)

IMG_9527

ここからはカラー違いをご紹介していきます。
定番のブラックカラー
セルロイド生地のブラック生地は独特の奥深さ、ツヤがあると感じます
(スタッフWの主観です)

IMG_9529

ツヤの出方が奥深い?
表現が難しいですが、品の良いブラックのツヤなのです

IMG_9531

ブラックのフロントに合わせた、

テイラーならではの
ダメージ加工されたチタンテンプル

ツヤがあるフロントとの対比がいいです

Fuse 03. Khaki wine ¥38,000-(税抜)

IMG_9516

こちらはカーキワイン
col,2のネイビーカラーのバージョン違いみたいな位置づけでしょうか?

ワインベースのカモフラージュ風

な色合いに仕上がっています。

IMG_9518

ヒューズのカラー中でも目立つカラーになっています。
col,02 Navy のバージョン違い?のカラーです。

IMG_9520

カラーの主張はしつつ、全体的な雰囲気は落ち着きのある
テイラーらしくまとめあげています

Fuse 04. Brown sasa ¥38,000-(税抜)

IMG_9521

ブラウンササバージョン
濃いめのブラウンがササ柄になっています。

IMG_9522

渋めな印象をだせるカラーです

IMG_9524

 光を当てた時のフレームカラーがキレイです。
濃すぎずに柄が出てくれるブラウンカラーになります

Fuse 05. Clear ¥38,000-(税抜)

IMG_9533

クリアカラー

最近では珍しいクリアカラーです。
テイラーでは初のクリア生地になります。

IMG_9535

クリア生地は使い方を間違ってしまうと
オモチャの様になってしまう危険性があります。
このクリアはほんの少し

ピンクの入ったクリア

になっています。
この絶妙なクリアな感じが、安っぽくならず

高級感のあるクリア感を出してくれます

IMG_9537

クリア生地を探している方には是非掛けていただきたいカラーです。

IMG_9538

テンプルはツヤありのゴールドカラーです
個性的な印象が強いので、メガネを際立たせて使いたい方におススメです。

IMG_9539

メガネとして使うのは勿論ですが
サングラスにしても個性的なカラーではないでしょうか

 以上が今回入荷してきたテイラーの新作ヒューズです。
まだ入荷していませんがテイラーにはもう一本新作がありますので
こちらは入荷次第、お知らせいたします!

【bcpc kids】久々登場!メタルフレーム

bcpc kids の新作が入荷しています。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

BK-025 col,4 Ao-iro ¥24,000-(税抜)

IMG_9465

43□16サイズの
ウェリントン型

男の子でも女の子でも
どちらでも使えるデザインになっています

メタルウェリントンでリム自体もそこまで太くありませんので
どんな服装などでも使える万能なデザインです

IMG_9466

ウェリントン型ベースで
丸みのあるデザインになっていますので、柔らかい印象で使えます。

IMG_9469

IMG_9474

ヨロイ部分とテンプルには、クラシックな柄が彫り込んであります。
さり気ないデザインですが
このデザインがフレームを引き締めてくれます

IMG_9471

マット系のネイビーカラーは
どんな服装などにも合わせやすいのではないでしょうか

BK-025 col,3 Cha-iro ¥24,000-(税抜)  IMG_9478

カラー違いである、茶色
実際にはマット系の赤茶色系統のカラーです

IMG_9480

大人なイメージで使えるカラーだと思います。

IMG_9482

フロントとテンプルのカラーはメリハリがあります。
フロントが濃いめで、テンプルは金色?系です

IMG_9483

全体的に落ち着きのある雰囲気で使えますIMG_9486

AZに入荷してきた2本
キッズとしてリリースされてはいますが

お顔の小さい方にもおススメできる
大人の方が掛けても全く問題ないデザインになっています。

IMG_9487

BK-026 col.04 Aka-iro ¥24,000-(税抜)

IMG_9489

ラウンド型
46□17サイズ

あえて大きめに掛けていただいても可愛い
サイズ感とデザイン

マットレッドな色が可愛い少し大き目サイズの丸メガネ

IMG_9490

可愛いけど、大人な雰囲気が漂うデザインです。

IMG_9493

テンプルデザインは、先ほどのBK-025と同じになっています。
フロントとテンプルのメリハリがキレイです。

IMG_9495

BK-025のウェリントン型と比べると
個性的な印象が強いデザインです。

BK-026 Col.03 Midori ¥24,000-(税抜)
IMG_9497

ミリタリーなイメージが新鮮な緑色
深いエメラルドグリーンの様な印象のカラーです

IMG_9499

男の子も使っていただきやすい丸メガネだと思います。

IMG_9500

IMG_9501

個性的だけど、遊びすぎる事は無いという
絶妙なバランスで仕上げられたデザインになっています。

IMG_9503

<写真で見るより、掛けてみると印象が違う>

というのはメガネ全般に言える事なのですが
クラシック系のメガネには特にその法則が当てはまります。

皆様のメガネデビューをお手伝いさせて頂きます。

時代に流されない潔さ【Masaki Matsushima】part,2

part,1から引き続き、マサキマツシマの【徹底解剖】していきます。
残った新作全てをご紹介しますので、少し長めのブログになってしまいましたが
お付き合いくださいませ。

MF-1237 (1) Metallic Gold

IMG_9165

流れるようなラインのフロントフォルム

マサキマツシマとしては珍しい感じの直線的なフロント
レンズサイズは59サイズと大き目になっています。

IMG_9167

エッジは利かせすぎず、ごつくなり過ぎないフォルムです。

IMG_9168

上から見ると、マサキマツシマとしては落ち着いた立体感だと分かります。

ハードなマサキマツシマではなく
ソフトなマサキマツシマといった感じでしょうか

IMG_9170

テンプルもゴツくなり過ぎないです。

MF-1237 (2) Silver, Nany

IMG_9173

ギラっとしたツヤありのシルバーを使ったら
マサキマツシマ感がしっかり出てくるのはなぜでしょう?

落ち着いた印象だったはずのデザインが

急にヤンチャな感じになってきます

IMG_9175

シルバー一色という訳ではなく

テンプルにネイビーを組み合わせたカラー

マサキファンならずともカッコいいと思ってしまう事間違いなしです。

ネイビーとシルバーの組み合わせは、最近ではマサキ以外でもよく見る
メンズフレームの鉄板カラーになっています。

IMG_9176

フロントとテンプルのカラー
切り替えがカッコいいです。

IMG_9177

ガッチリしたテンプルですが、掛具合を良くするために工夫されています。
柔らかすぎない、丁度いい硬さの掛具合になっています。

IMG_9182

MF-1237 を並べてみました。どちらがお好きですか?

MF-1238 (1) Silver

IMG_9183

シャープさを前面に押し出したフォルムが印象的なモデル

フロントは、ぱっと見た時はスリムに見えるようになっています。

IMG_9187
智元部分はフロントから見た時には
そこまで主張しすぎる事はないのですが

IMG_9186

サイドから見るとしっかり主張してくれます。
フロントから見た時のスリムな印象と
サイドのボリュームのコントラストが対照的なのが醍醐味なフレーム

IMG_9189

テンプルは少し太目ではありますが、シンプルなデザインです

IMG_9192

畳むとこんな感じで

IMG_9191

掛ける時にはこんな感じ

スリムさとボリューム感を上手くデザインにまとめたフレームです

MF-1238 (3) Navy, Silver

IMG_9194

ネイビーとシルバーの組み合わせ

単色カラーではないので、色のメリハリがしっかり分かります。
立体的なメリハリと、色のメリハリが加わりますので
しっかり主張してくれます。

IMG_9196

ヨロイ部分以外は、意外とスッキリしているフロント

IMG_9197

そこから続いていくテンプルは、しっかり主張してくれます。
ネイビーとシルバーのカラーのメリハリがデザインを引き立てます。

IMG_9200

同じフレームですが、カラーが違うだけで随分印象が変わります。
どちらがお好みですか?

MF-1239 (1) Silver

IMG_9201

細身でシャープなブローラインはマサキマツシマらしい
ギラっとしたイメージを強く感じます。
立体感は抑えていますが、ここまでシャープな印象を出せるのは流石です。IMG_9203

フロントからの流れもキレイに仕上がっています。
立体感としては、今回のマサキマツシマの中では少し大人しいですが
それを上回るほどのエッジの効いたレンズデザインなので
しっかりマサキマツシマの雰囲気は出ています。

大人しいと言っても、それはあくまでマサキマツシマの中で比べた場合なので
一般的には結構ヤンチャなイメージ?かもしれませんIMG_9206
ループ状のバネ構造になっており、この部分がしなってくれますので
掛具合は柔らかく感じます。

IMG_9207

シンプルなデザインのテンプル
全体的にシンプルな仕上がりになっています。

MF-1239 (2) Metallic Red

IMG_9209

シンプル系のフレームなので、このMF-1239 は結構攻めたカラーも出しています。
マサキマツシマとしては珍しい

メタリックレッドを採用しています

IMG_9212

メタリックレッドが強く出てくれますので、しっかり目立ちます。

メガネは目立ってこそメガネだ!

といわんばかりの色の出方です。

IMG_9214

テンプルは赤を引き立ててくれるブラックカラー

IMG_9211

メタリックレッドとブラックテンプルという
男心をくすぐるカラーになっています

MF-1240 (1) White Gold/Black, Brown-demi

IMG_9219

立体的でインパクトのあるブリッジ
エッジの効いたボリュームがあるフレームです

IMG_9221
サイドのパーツデザインが特徴的です

角?の様な飛び出たパーツがカッコいいです

IMG_9222
多角形のレンズシェイプがクールなイメージを出してくれます。
クールなイメージですが、怖い、キツイなどの印象にはならない
絶妙なラインです。

IMG_9224

フロントとの相性抜群なテンプル

IMG_9225

掛具合のいいバネ構造になっています。

MF-1240 (4) White/Crystal, White

IMG_9229

説明の必要のない程、ホワイト感を感じるカラー

IMG_9231

どの角度から見ても、とにかくホワイト!

IMG_9232

爽やかさを感じるカラーリングです

IMG_9238

以上がマサキマツシマの新作です

これぞマサキマツシマ!なモデルから
使いやすい、手に取りやすいモデルまで揃っています。
今ならしっかり揃っていますよ~

時代に流されない潔さ【Masaki Matsushima】新作到着!part,1

流行の丸メガネだったり、クラシックな系統のメガネ
柔らかいイメージのメガネが最近では多くリリースされています。
そんな流行には一切関係なく、ブレずに

<ゴツイ・イカツイ>

そんなイメージのメガネをリリースするブランド

brand14

マサキマツシマ
そんなマサキマツシマの新作が入荷してきました

MF-1235 col,(1) シルバー・ゴールド 

IMG_9124

マサキらしいエッジの効いたナイロールフレーム

MF-1235 はフロントだけ見ればそこまでゴツイ感じは出すぎないですが
全体的なフォルムはやっぱりマサキマツシマを感じるデザインになっています。

IMG_9125

とは言えそこはマサキマツシマ

凹凸を出すところは出す
ゴツくする部分はゴツくする

というメリハリのあるデザインになっています。

IMG_9127

フロントから流れる様にデザインされたヨロイパーツ
流れを妨げる事無く、マサキらしいエッジの効いたデザインにしています。

IMG_9129

あまり見ない角度である、下から撮ってみました。

IMG_9133

今回の新作の中では

スタンダートなマサキマツシマといったデザイン

なので、ファンの方も、初めてマサキマツシマを使ってみようかな?
と思う方もどちらも満足していただけるデザインではないでしょうか

IMG_9135

厚みのあるテンプルですが、かけ心地をよくする為
バネが効く構造になっています。
ある程度の硬さは残しつつ、柔らかく掛けられるようになっています。

IMG_9137

ブロー部分の上面に施した凹凸のあるデザイン
普通になり過ぎないディティールが良いです。
<掛けているだけでは分からず、実は凝ったデザインが彫ってある>
というのがニクイです

IMG_9139

シルバーのベースゴールドの差し色が入ります。
やはりマサキマツシマといえばシルバーとゴールドの組み合わせです。
定番のかっこ良さ、カラーです

MF-1235 col,(2) グレー/IPブラック

IMG_9141

カラー違いはコチラ
 グレーにIPブラックを組み合わせた、大人なイメージを出せるカラー

IMG_9142

シルバーよりギラっとせず使えますので
キツイ印象になり過ぎないです。IMG_9143

フロント上部の凹凸もしっかり主張してくれます。

IMG_9146

IMG_9147

バネ性が効くので掛けやすさもバッチリです。

MF-1235 col,(3) ホワイト/シルバー

IMG_9150

ホワイトとシルバーの組み合わせ

爽やかさとクールなイメージが混在する目立ってくれるカラーです。

IMG_9151

フロントから見た時の印象はしっかり

“白”

というイメージです

IMG_9152

テンプルにはシルバーカラーを使用しています。
ホワイトを引き立ててくれるカッコいい組み合わせです。

IMG_9153

畳んだ時

IMG_9154

掛けた時の状態

流線形の流れるようなデザインと立体感がカッコいいです。

MF-1235 col,(4) ブラック/グレー

IMG_9157

ブラック系統でまとめたカラー

IMG_9158

一体感がある、まとまりのあるカラーです。

IMG_9160

カラーの関係で、少し印象として落ち着いた印象で使えます。
普通過ぎないけど、ちゃんとマサキマツシマといったフレームです。

IMG_9164

IMG_9162

全色並べてみました。
それぞれのイメージがまた違っていい具合です。
マサキマツシマらしい一本に仕上がっています。

他の入荷モデルは次回に持ち越します。
近々アップしますので、お楽しみくださいませ。

“KAMURO” 人気作の再来&新色登場

KAMUROの人気作

【rei レイ】&【soeur ソール】

の新色やリピート分が入荷しています。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

rei レイ col,14025B/PKG ¥42,000-(税抜)

IMG_9324

こちらの『レイ』は

“月”

をイメージしたフロントサイドのデザインがキレイな一本。
濃いめのルージュレッドはカムロが得意なカラーです

IMG_9328

三日月の様な、半月の様なデザインの中にラインストーンを埋め込んでいます。
上から二つ目のストーンは外れている訳ではなく
あえて嵌め込んでいないそうです

IMG_9329

三日月の部分は窪んでいるデザインの為
そこに穴をあけラインストーンを埋めるのは技術的にかなり難しいそうです。

IMG_9330

テンプル全体に

<30個>のスワロフスキー使用

宇宙の星屑のような、雰囲気をだしています。

IMG_9328

テンプルの先端に大きめな
スワロフスキーを付けています

三日月からちらりと覗く星をイメージし
暗がりでもスワロフスキー自身が発光するような
輝きを楽しめるところがこだわりです。

IMG_9332

ジュエリー感覚で使えるメガネ

IMG_9335

細部の造りもKAMUROイズム溢れる造りになっています。

ノーズパッドは、肌馴染みの良いようにオレンジがかっている
KAMUROオリジナルノーズパッドを使用しています。

パッドが目立ちにくい事は勿論ですがファンデーションなどが付きにくいよう
パッド自体がかなりツルツルな仕様になっています。
こうした細かい配慮がKAMUROらしいです。

rei レイ col,2756p/7528  ¥42,000-(税抜)

IMG_9339

華奢で主張しすぎない大人なデザイン
新色はマットな風合いのネイビーブルーカラーになっています。

上品でシンプルなニットやデニムと合わせる
とカッコいいかもしれません。

IMG_9340

ラインストーンを使っていますが、フロントは全体的に
ラグジュアリーなイメージよりは、カジュアルな印象が強いです。

IMG_9342

ラインストーンの配色もどちらかというと
少しPOPな印象になるようなカラーです。
ホワイトシルバーのカラーとの相性が全体的な印象を引き締めてくれます

IMG_9348

カラーが変わるだけで随分印象が変わります。
カッコよく使いたいのであれば、コチラのカラーがおススメです

IMG_9349

IMG_9353

三日月を比較してみました。
カムロといえばラグジュアリーなイメージ、という方も多いと思います。
そんなカムロが好きな方は満足いただけるデザインだと思います

soeur col,2756P/RE ¥46,000-(税抜)

IMG_9354

ソールは歴代カムロのフレームの中でも、人気の高かった

<supuma スプーマ>

の流れを継いだデザインになっています。

IMG_9356

スプーマのスクエアでかっこいいレンズシェイプから
丸みがある柔らかいシェイプにし、七宝の飾りを控えめにアレンジ
おしとやかにする事で

“大人カワイイ”

を強くしたデザインです。

IMG_9358

ソールというフレーム名は、フランス語で

“姉妹”

という意味らしいです。
スプーマの妹として誕生したソール。
スプーマのデザインのキモである

<泡>

をモチーフにした七宝とラインストーンを散りばめています。

IMG_9359

新色はラグジュアリーなイメージが出すぎない
ピンクの七宝を使っていますが
可愛くなり過ぎないバランスになっています

IMG_9360

テンプルのカラーもちょっと不思議なイメージ
ベージュのアセテートにちょっとした模様が入っています。

IMG_9361

大人なイメージと可愛いイメージがミックスされています。

soeur col,890H ¥46,000-(税抜)

IMG_9363

フロントカラーはカムロらしいワインレッド系のカラー
七宝とラインストーンの組み合わせは爽やかな
ターコイズブルー系パープル
カムロが得意な配色ではないでしょうか

IMG_9364

POPだけど、ラグジュアリーな雰囲気も残っています。

IMG_9366

フロントに負けない程インパクトのあるテンプルカラー

カラフルなキャンディを散りばめた様な
POPなイメージの強いカラーです。

暖色でまとめ上げた、明るい・柔らかい表情にしてくれます。

soeur col,497P/RED ¥46,000-(税抜)

IMG_9368

落ち着いたトーンのブラウンフロントになります。
日本人の顔に馴染みやすいカラーに仕上げています。

IMG_9369

七宝のカラーも明るすぎないオレンジグリーン
遊びすぎない、品のいい七宝とラインストーンの使い方です。

IMG_9371

地味という訳ではなく、色が出る部分はしっかり色がでます。

IMG_9372

テンプルカラーはピンクが強い明るめのブラウンです。
フロントとテンプルカラーのバランスがキレイです。

全体的に同系のカラーでまとめてありますので
思っている以上にお顔に馴染んでくれます。

IMG_9374

まとめて撮影してみました。
こうして見ると、それぞれの主張がしっかりでています。

IMG_9375

POPなイメージで使うのか?
ちょっとゴージャスなイメージで使うのか?

実際に掛けてそのイメージの違いを体感していただければと思います。

<ミルフィーユ再び?>JF-2855

J.F.REYの中で、一時流行していた

“ミルフィーユ状のデザイン”

IMG_0587-1024x683

テンプルのデザインが
ミルフィーユ状になっているモデルです。

IMG_0589-1024x683

何とも言えないテンプル形状はJ.F.REYらしさ満載です。
そんなミルフィーユコレクション?の系譜の新作が登場しました

JF-2855 col.2090¥44,000-(税抜)

IMG_9243

往年のJ.F.REYを彷彿とさせるブロー部分の立体感。
スッキリとしたシェイプは様々なシーンで活躍してくれそうです!
3色で構成されたミルフィーユ状のブローラインが特徴のハーフリムです
リムカラーの配色は

でミルフィーユ状になっています。

青色のラインが真っすぐキレイにフロントを貫いて?います

IMG_9244

 ブリッジ周りはこんな具合になっています。

三本のラインが組み合わさった、キレイなブリッジです。
繊細なイメージですが、デザイン性もあるブリッジ

IMG_9245

三本の線は立体的に交わっています。
青のラインが真っすぐ、黒と茶の線に立体的にかぶさっています。

ただ三本の線を合わせただけでないのが
今回のミルフィーユです。

IMG_9247

智元も立体的なデザインになっています。
スリムなデザインですが、ちゃんとデザインが出てくれます。

IMG_9249

バネ丁番を採用しているので、かけ心地も良いです。
デザイン性も損なわないバネ丁番になっています。

IMG_9253

派手になり過ぎず、非常に上手くまとめ上げているフレームだと思います。

IMG_9258

J.F.REY 専用ケースと一緒に
外箱はアートチックで、実際のケースはスリムで割とシンプルな感じです

IMG_9259

J.F.REY のInstagramを案内するカードもついてきます。

 Col.020Q

IMG_9260

こちらの配色は

シルバー

の組み合わせになっています。

IMG_9262

コチラのカラーは赤が真っすぐラインとして伸びています。
赤・黒・シルバーと落ち着きつつも
ちゃんとカラーが主張してくれる組み合わせになっています。

IMG_9264

サイドから見るとこんな感じのイメージです。
パッと見た時の印象はそこまで派手ではありません。

IMG_9265

テンプルの外側だけヘアライン加工がされています。

あえて傷をつけたような質感になっており
その見た目は、

【木】

のようなウッド感があります。

触ってみると木のような
ザラっとした質感がとても気持ちいいです。

IMG_9270

パッド部分は調整のしやすいクリングスを採用しています。

IMG_9269

三本のラインは上から見るとこのように交わっています。
ブリッジ部分の立体的な交差部分の正体はこのようにして生まれています。

IMG_9273

落ち着きがあって、程良く赤のラインが際立ってくれるカラーです。
黒×赤のカラーの組み合わせは好きな方も多いのではないでしょうか。

 col.4905IMG_9274

ワイングレイ

落ち着いたカラーの配色です。

IMG_9275

日本人の顔に合ったカラーリングではないでしょうか。
普段使いは勿論ですが、お仕事用で使うのもいいのでは?

IMG_9277

テンプルカラーも相まって
落ち着いたイメージで使えます。

IMG_9276

といいつつ、やっぱりJFREYを感じる部分はしっかりありますので
普通になり過ぎず、他の人とは少し違うメガネとして使えます。

IMG_9281

遊びすぎないデザインで、それなりに個性もある一本です。

様々なデザインをリリースしてくるJFREY
そんなJFREYの中でも、普段掛けしやすいモデルであるJF-2855

今ならブログに載っている3色全て見ることが出来ます。

以上普通過ぎず、それなりに主張はするミルフィーユの新作でした。