カテゴリー別アーカイブ: 新商品のご案内

【増永眼鏡 G.M.S】新作来たる

1905年、福井県に【増永眼鏡】を創立した

【増永五左衛門】

gozaemon

増永眼鏡にはリリースしているいくつかのブランドがあります。
今回は創立者である増永五左衛門の頭文字をブランド名にした

【G.M.S】

【徹底解剖】していきたいと思います

G=五左衛門
M=増永
S=スペクタクルズ

G.M.Sはもともと1933年に福井県の眼鏡産業の祖「増永眼鏡」により

昭和天皇献上用として生まれた眼鏡が始まりと言われ
「増永眼鏡」のシンボルともなっております。

GMS103+#115 G/Red

IMG_2379

GMSの中でも、かなり細めのラウンド型(丸)メガネ。
シンプルな丸メガネで、あまりアンティークさを感じさせないデザインです。
細めのデザインなので、意外と日常使いでも自然に使えます。
とはいいつつ、丸メガネなのである程度個性は出てきますが・・・

IMG_2380

かなりバネ性のある
βチタンのテンプルになっています

掛けやすさと軽さはかなりのものです。
軽さを求めていらっしゃる方に自信を持っておススメ出来る軽さです

IMG_2381

クラシック系のメガネには珍しい色の先セルになっています。

<鮮やかな赤の先セルが特徴的な一本>

正面から見るとクラシックなイメージですが
サイドから見るとカラーがしっかり出る一本になっています。
細目ですが、この赤の色がしっかり出てくれますので
色の主張がしっかりしてくれるフレームです。

GMS103+ #448 MAT TITAN/Green

IMG_2371

ミニマムなメタルフレームは、素顔の魅力を最大限に引き出し
どんな服装にも自然と馴染んでくれます。

特にコチラのカラーはマットチタンになっていますので
落ち着いた印象のカラーとして使用する事ができます。

IMG_2373

ブリッジのロー付け、とても綺麗な付け方です。
ここまで近くで撮影しても、ロー付け部分が綺麗なのが分かります。

IMG_2374

フレームを極力細くするため
レンズ留めの部分もかなりシェイプアップしています。
『いわゆる丸メガネ』を探している方におススメしたい一本。

GMS-819 #13 DEMI

IMG_2356

セルとメタルのコンビフレームのボストンデザインです。
細身でしなやかなサイズ感に仕上がっています。

IMG_2357
ブリッジには彫金が施されています。
細いですが、しっかり彫金の模様は主張してくれます。

IMG_2359

フロントからチラッと見えるチタンパッド

1、耐久性が高い

2、アレルギーの心配が少ない。

3、汚れが目立ちにくい。

などなど、良いこと尽くし。

デザイン的にカッコいいのは言うまでもありません

IMG_2366
細身のテンプルの芯にも彫金が施されています。
そのデザインが見えるように、
外側にクリアな生地を張り合わせて、デザインが見えるようにしています。

IMG_2369

カシメで留められたヒンジパーツ
金属のパーツなので、幅の調整も細かくフィッティングする事が出来ます。
細身だけど、存在感はしっかり出すことが出来るフレーム。

『クラシック王道のデザイン』

初めてクラシックを掛けてみたい方や
もう何本か使っていただいている方まで
どんな方でもおススメできる

ボストンフレームです。
薄くサングラスにするのも、ミラーをしっかり入れるのも
どんな状況にしてもカッコよく使えると思います。

【G.M.S】 は流行に左右されないデザインが多いのも特徴です。
長く使っても飽きずに、その人の顔になってくれるメガネだと思います。

KAMUROの名作【supuma】の遺伝子を受け継ぐ新作到着!

KAMUROの新作
最後の便が到着しました!

新作は、KAMUROユーザー様にはピンと来るかもしれないデザインになっています。
新作の名前は

「ecume」(エキューム)

KAMUROの人気モデルspuma_14025B_3_front_P1210091-thumb-1600x1200-6344

「spuma」(スプーマ)

のオマージュです。スプーマと同じく
“抜け感”を意識したスッキリとしたデザイン
軽い掛け心地の一本です。モデル名はフランス語で

“泡”

Pair of champagne flutes

を意味する「ecume」(ェキューム)
スプーマはイタリア語で“泡”でしたが、エキュームはフランス語です。
人気モデルと同じ意味を持つエキューム。
そんなフレームを今回は【徹底解剖】してきたいと思います。

col.K60E シャイニーブラック

IMG_2422

細目なリムになっています。
線が細いので、黒でも重いイメージではなく
掛具合だけでなく、印象も軽く掛けることが出来ます。

IMG_2424

レンズシェイプは、

アーモンド形デザイン

almonds-700x466
レンズデザインがアーモンドなモデルは、中々珍しいのではないでしょうか?
ツンとしたイメージに思われがちなデザインですが、
そこまできつい印象になり過ぎないです。

フレームの細さが
キリッとしたレンズデザインを中和してくれます。
目をパッチリに魅せてくれる七宝も健在です。

IMG_2425

フロントとテンプル周りはこんな感じになっています。
スプーマと比べたら、少し抑えめになっているキラキラ感。

「キレイ目に使いたいけど、キラキラしすぎるのはちょっと・・・」

そんな方にピッタリな装飾の具合になっています。

IMG_2426

七宝のクリアさと、ラインストーンのシルバーのキラッとした感じ。
クールだけど、少しだけ可愛さが残ったデザインです。

col.14025B(シャイニーダークレッド)

IMG_2429

レッドと言っても、落ち着いた印象の
<濃い赤>
になっています。
トーンが落ち着いていますので、
顔に乗せた時の印象は思った以上に馴染んでくれます。

IMG_2432

七宝の使い方は、<ターコイズ><ホワイト>のカラーリング。
フレームカラーのバランスが、かなりメリハリが効くカラーになります。

IMG_2436

ちょっと変わった角度から撮ってみました。

この角度が、一番普段使いの色の印象に近いかもしれません。

col.001P(マットオフホワイト)

IMG_2385

エキュームの中でも

<かなり攻め込んだカラー>

白のフレームは目立つから・・・というイメージも多いと思います。
目立たないと言えば嘘になりますが、このマットオフホワイトは
意外と肌馴染みが良かったりします。
フレームの線が細いので、ホワイトがきつく出すぎる感じなく使えます。

IMG_2386

ホワイトだけだとメリハリがありませんので
七宝でブルー系のカラーを入れています

このさりげないカラーの使い方が

『KAMUROらしいなぁ』

と感じる部分です。

IMG_2392

あまり見ることのない裏からのショット。
ホワイトのメガネを掛けたことがない
そんな方に是非掛けていただきたい一本です。

col.015B(ブラウン)

IMG_2415

ブラウンというカラーですが
濃いめのレッドな風合いの一本です。
今までのKAMUROらしいカラー。
ツヤのあるキレイなブラウンレッドになっています。

IMG_2417

七宝カラーは

ベージュ系カラー
オレンジ系の七宝になっています

フレームカラーと同系の七宝になっていますので
七宝の色が目立ちすぎず、自然な感じのイメージで使えます。

IMG_2421

エキュームのカラーの中ですと、一番手に取りやすいカラーかもしれません。
こういった

【THE・KAMURO】

なカラーを出してくれるのは嬉しいです。

col.2756P(ネイビー)

IMG_2438

今までのKAMUROではあまりなかったカラーリングです。

新しいカムロのイメージが始まったかも!
と思わせてくれるカラーに仕上がっています

<ネイビーというと、ちょっと男性っぽいイメージ>

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
このネイビーは少しラメの感じの入ったカラーになっています。

このラメが少し可愛い感じを醸し出してくれます。

IMG_2448

<カッコいい>

<可愛い>

の相反するイメージを内包している
中々攻めたカラーになっています。

IMG_2442

col.669P(パープル)

IMG_2400

パープルも、少しラメ感のあるパープルになっています。

濃いめの印象なカラーですが、ラメ感がうまく作用するのか
あまり重い印象になることはありません。

IMG_2401

七宝のカラーは爽やかなラムネカラーになっています。
上品さの中に少しポップな可愛い感じを出してくれます。

IMG_2406KAMUROのメガネを初めて掛けるんだけど・・」

そんな方におススメしたいカラーです。

名作【supuma】のスピリットを受け継ぐエキューム
すぐにお嫁入りしてしまいそうな一本です。
気になる方はお急ぎくださいませ。

【AZ DINOSAUR CAMPAIGN】スタート!!3大キャンペーン紹介編 part,1

AZが東刈谷店と合体し、

新店舗に移ってから【1周年】
AZが誕生してからは【17周年】

という事で、今年もやります!夏の周年祭!
足を運んでみようかな。と思っていただけるような企画を開催します。

今年の周年祭は【コンセプト】があります。
17周年のコンセプトは

【恐竜】

恐竜-600x430

Instagramを見ていただいている方は、ここでなるほど!
と思っていただけたかと思います。
ちょこちょこ登場していた『恐竜グッズはこの周年祭の為のものでした

7月7日から本格的に始まるキャンペーン

以上、前回ブログから引用

今回は17周年キャンペーンの内容を掘り下げていきたいと思います。
今回の周年祭は

『AZ DINOSAUR CAMPAIGN』
AZダイナソーキャンペーン

というキャンペーン名になりました。
店内もダイナソーキャンペーン仕様に変わっています。

IMG_2565

恐竜が至る所に散りばめられたAZ

IMG_2561

テーブルレイアウトも変わり
真ん中にはティラノサウルスの巨大バルーンが堂々浮いています。

IMG_2564

入口からすぐの場所にありますので、迫力は中々です。

さて、今回のキャンペーンは大きく分けて

<3つのイベント>

で皆様をお迎えします。

まずは7/7(土)からスタートしている

①『クラシック特集』

とAZの周年祭と言ったらこのイベント!である

②『大抽選会』

そして少し時期をずらして8/4(土)からスタートする

③『KIDS特集』

以上のイベントを開催します。

最近流行のクラシックフレームを、メーカーさんのフレームもお借りして
通常の在庫よりも

100本多く展示!

logo_JFR-4

J.F.REYからは、J.F.REYのクラシックシリーズである
1985シリーズを含め、かなりの数を借りています。

IMG_2583

IMG_2581

IMG_2587

テーブルの半分が J.F.REYで埋まっています。
AZには入荷してこなかったモデル・カラーなどなど盛りだくさんです。

IMG_2597

かなりモードな印象の“ハイブリッジフレーム”
も観ることが出来ます。ここまでの数の“1985シリーズ”を見る機会は
我々スタッフでも、展示会以外ではありません。

BCPC-トップブランド一覧

BCPCのクラシックも、しっかり借りています。

IMG_2588

BCPCのクラシックは“少し可愛いクラシック”として使うことが出来ます。

IMG_2594

コーナーとして出しているのはこれだけですが、
出し切れていないフレームもまだまだあります。
お声がけいただければ、仕舞ってあるフレームもお出ししますので
お気軽にお問い合わせください。

IMG_2576

丸眼鏡展も同時開催中!

IMG_2579

スピルバーグ監督も愛用している丸メガネ。

クラシックメガネ好きな方
初めてクラシックメガネを掛けてみようかな?

皆様のご期待に添えるようなラインナップになっていると思います。

part,1は以上になります。
part,2は【KIDS】【大抽選会】の紹介したいと思います。
お楽しみに!

“113年前からの贈り物” MASUNAGA since 1905

【増永眼鏡】のリリースするシリーズの中で
最もハイエンドなシリーズがこの

【since 1905】

今までリリースされたモデルは、基本的にオールチタンフレーム。
(一部例外アリ)
オールチタンフレームとは
メガネを構成するパーツを全てチタンで作られているモデルです。

新作&リピートが入荷してきましたので
【徹底解剖】していきたいと思います。

 BASIE #11 ATG/ATS

IMG_2317

アンティークゴールドアンティークシルバーでまとめた
シックなカラーリングのメガネです。
アンティークゴールドは、他のメーカーでは
真鍮色の様な仕上げにして来る事が多いですが

61GwojQQ65L._UX522_

(こんな感じ)

ベイシーは少し薄目のブラウン系アンティークゴールドにしてあります。
この色味の使い方がニクイです。
主張しすぎるカラーではなく、落ち着いた感じで使うことが出来ます。

ちなみにこのベイシーというフレーム名は

“スウィングの王様”と呼ばれたジャズアーティストの
『カウント・ベイシ―』
が由来になっています。

ucco-7013_Dew_extralarge

フレームは、全てチタン素材。
大きさは、大き目サイズになっています。
レンズデザインは、定番のスクウェアウェリントンデザインになっています。

IMG_2320ベイシーの【デザインの肝】であるフレームの上部

“ブローパーツ”

このブローパーツには“職人技”が施してあります。その技は、

エッジ部分のみ、面取り加工を行ってるという技

903c07e3-s

非常に高い技術で仕上げています。

IMG_2322

カドのエッジを落としつつ、丸みが出すぎない様に仕上げています。
言われてみなければ気が付かない部分ですが、
このカットをしているか、いないかでブローの印象が変わってきます。

ちなみに、ブローパーツは上から被せるのではなく
下から挟み込む形で留めてあります。

IMG_2328

このブローパーツ。
精度が非常に高く作られていますので、ピッタリ隙間なく嵌ります。

IMG_2330

中々渋く、アダルティな一本です。
表現としておかしいですが

『色気とエロチシズム』

を感じます。『エロチシズム』ってなんだよ!と思われるかもしれませんが
実際のモノを見ると何とも言えない“色気”があるのです。

IMG_2331

何だか言われてみると“色気”を感じませんか?
クラシックメガネは性別関係なく使えるイメージですが

ベイシーは男性に、ダンディに掛けこなして頂きたいです。

NY LIFE #63 BROWN/GRY

IMG_2336

シンプルで掛けやすいデザインと、ハイクオリティな品質と技術を融合した一本です。
一般的なサーモントフレームでは
セルロイドやアセテートの素材で作られる部分もチタンで造形しています。
オールチタンのサーモントフレーム。

少し細目なスクエアシェイプのNYLIFE。
先ほどのベイシーよりもスッキリシンプルに掛けられるデザインです。

IMG_2337

今回入荷してきたカラーは、AZでは初登場のカラーです。
ブローパーツはブラウン、綺麗な銅色です。
新しい10円硬貨を彷彿させるようなキレイな色です。

10JPY2

細目のデザインですが、色の使い方もありメガネのインパクトは中々のモノです。
シルバー系やアンティーク系のカラーもいいですが

<こういった銅系のカラーも良いものです>

IMG_2339
リムのカラーが落ち着いていますので、ブローパーツのカラーが映えます。
ブローパーツも濃いカラーにし過ぎていませんので
眉が目立ちすぎるという事もなく使えます。

IMG_2343

フレームの裏側はこんな感じです。

IMG_2347

テンプルはフロントからの流れで、半分はブラウン
半分から先は、アンティークゴールドカラーになっています。
このさりげなさが良い感じです。

IMG_2354

渋いんだけど、何となくシャープ。
ビジネスでもいけるし、カジュアルな装いでもカッコいい。
使い勝手の良い、ネオクラシックフレームです。

MIES #15 DBL/GRY

IMG_2298

スクエアシェイプのナイロールフレーム。
シンプルで直線的なデザインに、ヨロイやブリッジ、
テンプルエンドに立体的な造形を施すことで上品な質感を演出しています

IMG_2302

ナイロールタイプにする事で、より洗練されたスマートなスタイルに仕上げています。
ビジネスからフォーマルまでどんなシーンともマッチします。
そして、現在

since 1905 のフレームの中では
唯一のナイロールフレーム

パット見た感じ、普通のスクウェアナイロールのイメージですが

「手に取ってみると、本当に良いものだな」

と感じていただける一本になっています。
さり気ないデザインなので、物足りないと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このさり気なさがいいのです!

IMG_2303

テンプルはスッキリシンプルに。
シンプルなデザインですが、そのシンプルの中に実はかなりの

“情報”や“技”

が入っているのです!

IMG_2305

パッドもチタンで出来ています。
チタンパッドは、この時期ヒンヤリして気持ちいいです。

IMG_2307

フロントカラーはシルキーな質感の、濃いネイビーカラー
何だか不思議な質感のネイビーです。
真面目なイメージは出しつつ、
よく見ると、凄く洒落ているメガネとして使うことが出来ます。

#49 Black/Gold

IMG_2308

コチラのカラーはゴールドブラック
一見目立つカラーリングですが、ヘアライン加工になっていますので
ビカビカすることなく、

<品よくゴールドとブラックが出てくれます>

IMG_2309

先ほどの #15 DBL/GRY のカラーは落ち着きのあるカラーでしたが
こちらはメガネのカラーが出てくれます。

細目ではありますが
しっかりインパクトを出すことが出来ます。

IMG_2312

品のある、落ち着いたブラック。
若い方が掛けていただいてもカッコいい色の使い方です。
少しだけレンズに色を入れて
薄いサングラスとして使って頂くのもありかもしれません

IMG_2313

ゴールドのチタンパッドは、掛けているときに

“チラッと”見えます

最近、業界で多くなってきているチタンパッド。
このさりげないパーツ一つでもメガネの印象は変わってきます。

以上が入荷してきた since 1905 になります。福井にメガネ産業を生み出した

“老舗の技”

ぜひ実際に手に取って感じ取っていただきたいです。
次回は増永眼鏡の【GMS】【徹底解剖】していきたいと思います。
お楽しみにして下さいませ。

1970年からのタイムカプセル【光輝】新作到着!

1905年、福井に眼鏡産業の礎を築いた

masunaga logo

そんな増永眼鏡から、新作やリピートが入荷してきました!
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

光輝068 col #44 GRY

IMG_2270

光輝(こうき)は、プラスチックフレームのコレクションです
(今のところ)
コレクション名「光輝」は、増永眼鏡が明治から昭和初期にかけて使用していたもの。
同社の歴史と、このブランドにかける意気込みが込められています。

そんな光輝の新作

『光輝068』

1970年に大阪万博のタイムカプセルに収納され歴史に名を刻んだ

『CUSTOM72』

の後継モデルです。

IMG_2271

さり気なく、主張する

“リベット”

がフレームの印象を引き締めてくれます。

IMG_2273

さり気ないけど、色々な技術が詰め込まれている“智元周り”
その一つ一つを紐解いていきましょう。
まずは合口からいってみます!

IMG_2274

合口は、増永眼鏡が創業されてた『1905年』が施された飾りが付けてあります。
飾りは掛けている時には分かりませんが、畳むときにチラッと見えます。
このさりげなさが渋いです。
合口の隙間もなく、ピッタリ合います。
さすがの技術力です。

IMG_2275
テンプルの芯をプレスして模様を出しています。
クリア生地にしてあるからこそ映える部分です

さり気なく見えつつ、主張し過ぎない

キレイ目なテンプルに仕上げています。

IMG_2279

フロントとテンプルを繋ぐ『丁番』

<5枚丁番とよばれる堅牢な丁番を使用しています>

緩みにくく、壊れにくい丁番です。
ちなみに、通常の丁番は3枚丁番を使用することが多いです。
光輝はこの5枚丁番の他にも、7枚丁番という
しっかりボリュームのある丁番もあります。

IMG_2278

全体像はこんな感じです。
スクウェアウェリントンシェイプなのですが、丸みも少しありますので
日本人に合わせやすい形になっています。
男性・女性どちらでも似合うデザインです。

#23 LBR

IMG_2281

少し珍しい、クリア系生地のメガネになっています。

探そうと思っても中々ないであろうカラーになっています。
かなり個性的な色の出方をしますので
馴染ませて使うのではなく、目立つように使って頂きたい一本です。

IMG_2282

リベットや、丁番の埋め込み部分もクリア系ですのでハッキリ見えます。
クリアになって、こういった部分が見えても粗さのない造りです。

さすが増永眼鏡!

IMG_2284

クリア生地ですので、テンプルの模様もしっかり見えます。
さり気ないけど、やっぱり模様は見える。良い塩梅です!

IMG_2287裏側の埋め込み部分の仕上げがとても綺麗です。
表側は勿論の事なのですが、裏側まで徹底的にキレイに仕上げています。
見えない部分も徹底的にこだわったメガネです。

光輝 067 #13 DEMI

IMG_2289

先ほどの 光輝066 よりも少し小ぶりなサイズ。
少しだけ横長のスクウェアなデザイン。
クラシカルなフレームが多い光輝の中では、

良い意味で“普通っぽい”

フレームデザインになっています。

IMG_2291

普通っぽいですが、細かい部分の造りは健在
フロントもテンプルも少し丸みを残した削り方をしています。

カラーはデミカラー
いわゆる“べっ甲カラー”

しっかりカラーが出てくれますので、フレームのデザインが普通でも大丈夫です。

IMG_2292

光を当てて撮ると、べっ甲感が綺麗に出てくれます。

IMG_2293

光輝067の丁番は

“7枚丁番”

のボリュームある丁番を使っています。
7枚丁番は強度が強く、緩みにくいです。ボリュームもありますので
デザインとしてもカッコいいです。

IMG_2297

鼻パッドもキチンと高めの仕様になっております。
こういった細かい部分も日本人が使いやすいようにしてあります。

 光輝は以上が新作になります。
次回は増永眼鏡の中の、ハイエンドシリーズの新作を紹介したいと思います。

男のメガネ【マサキマツシマ】入荷!後編

前編に引き続き、マサキマツシマの後編です。
後編では2本のマサキマツシマを【徹底解剖】していきます。早速いきましょう!

MF-1220 col,ホワイトゴールド/ホワイトゴールド・ブラウンデミ

IMG_2040

新作の中では落ち着いたデザインです。
(マサキマツシマの中では)

エッジが効きすぎない、使いやすいレンズデザインです。

使いやすいとはいえ、そこはマサキマツシマ。
落ち着きの中に“らしさ”をしっかり出しています。

IMG_2041

そこまで尖った感じもしない、サイドからのショット。
ではどこにマサキマツシマらしさがあるのか?

その答えは上から見るとわかります。

IMG_2043

フロントから流れるように繋がった智元。そのパーツを曲げて作っています。
ゴツさと立体感は抑えめですが、しっかりボリュームは出てくれます。
ゴツ過ぎない、マサキマツシマといった感じでしょうか

IMG_2046

テンプル周りも結構あっさりしたデザインになっています。
デミカラーの組み合わせがキレイです。
シンプル系のマサキマツシマも中々いいです。

col,3 ガンメタル・シルバー/ガンメタル・シルバー・ブラックデミ

IMG_2047

フロントは落ち着きのある

ガンメタルカラー

IMG_2048

サイドもしっかりガンメタルです。
ガンメタルでまとめた渋いカラーリングになっています。

IMG_2051

先セルはマサキマツシマのガンメタルには珍しい系統の

ブラックデミカラーを合わせています。

べっ甲系の黒は少しクラシカルな印象を出してくれます。
マサキマツシマのエッジの効いたイメージにも不思議と合ってくれます。

col,4 ホワイトパール/ホワイトパール・ホワイト

IMG_2035

今回の新作は、ホワイトパール祭りなのか?

と思う位、ホワイトパールカラーがリリースされています。

IMG_2037

一昔前は、パールホワイト系のカラーは勿論のこと、
白系統のメガネ自体がかなり少なかったです。
その事を考えるとかなり増えたカラーリングのメガネです。

ホワイト系の爽やかさと
マサキマツシマの立体感

この二つが合わさるとこんなイメージのメガネが出来上がるのです。

IMG_2039

爽やかだけど、ゴツイ。
ゴツイんだけど、なんだか爽やかな感じ。

相反する感じのイメージがコラボしたカラーの一本です。

MF-1221 col,1 シルバー/クリア・ホワイトパール

IMG_2012

今回の新作で唯一のフルリムタイプのメガネ。
(フルリムとはレンズ周りに全てフレームがあるタイプのフレーム)
ボリュームのあるブリッジとヨロイが特徴のフルリムモデル

2色の生地を貼り合わせた
存在感のある樹脂テンプルがアクセントです。

IMG_2013

ナイロール系のフレームと比べて、メガネのラインが出てくれます。
メガネを掛けているという印象がしっかり出ます。

IMG_2015

テンプルはクリアとホワイトを合わせたテンプルになっています。

白い大理石をモチーフ?

にしたようなイメージです。
この目立つけど目立ちすぎない、丁度いい塩梅のテンプルになっています。

IMG_2017

テンプルも

<バネ性を持たせるような構造>

掛具合にもキチンと配慮しているのがマサキマツシマなのです!

MF-1221 col,2 グレー/ホワイト・ブルーパール

IMG_2026

フロントのグレーカラーが無骨です。
一切媚びのない男らしいフロントとカラーです。

IMG_2028

智元周りはこんな感じ。
テンプルカラーのホワイト・ブルーパールの色味がいいです。

IMG_2030

ブルーの色がテンプルのカラーを 引き締めてくれます。

白のメガネは難しいと言われがちですが
テンプルにさりげなく使う位だと、結構違和感なく使えてしまいます。

そんな白初心者にもおススメな一本になっています。

MF-1221 col,4 ガンメタル/クリア・ブラックデミ

IMG_2031

ガンメタルバージョン

IMG_2032

このカラーは

全体的にダークな印象です。

フロント周りがしっかり濃いめなので、渋くカッコよく使えます。

IMG_2034

テンプルは、クリアにブラックデミを合わせてたテンプル。
フロントの濃さを少し中和してくれます。

クリアのテンプルの爽やかな感じがいい具合にマッチしてくれます!

以上が今回のマサキマツシマの新作です。
ヨロイの様なゴツさと日本刀の様なシャープな感じ。マサキらしいです。

と、書いている間にもちょこちょこ売れて行っています。
気になる方はお早めに!

『Le papillon est venu de France』

フランスから蝶がやってきた。フランス流のタイトルにしてみました。
翻訳サイトで訳したので間違っている可能性があります。
フランス語が堪能な方で、間違いに気が付いたら教えてくださいませ(笑)

フランスブランド

『BOZ』

から蝶々をモチーフにした新作達が入荷してまいりました。
蝶々を含め、新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

BOZ GOLD col,8070

IMG_1775

BOZ流の
『逆ナイロールフレーム』

最近のBOZのフレームにしては、少し細目なデザインになっています。
こちらの「GOLD」は、アジアンフィッテイングモデルになっています。

【各色限定25本】

の超限定モノになっています。
この「GOLD」のモチーフは

silhouette_ageha001

テンプルに蝶々をあしらったアンダーリムモデル
(逆ナイロールとも呼ばれます)

蝶の可愛さと
大人のかっこ良さが共存しているフレームです。

IMG_1778

可愛い感じの蝶々です。

ダウンロード

見る人によって、リボンにも蝶にも見える可愛いパーツです。

IMG_1777

アジアンフィッティングになっていますので
日本人の顔にしっかり馴染むデザインになっています。
ローズ系のパープルは、カラーとしてはかなり目立つカラーですが、

<そこがBOZらしい部分でもあります>

しっかりカラーを前面に出して遊んでみてはいかがでしょう。

IMG_1779

一見派手に思えますが
デザイン自体は普通の逆ナイロールフレームです。

IMG_1772

先セルの生地の柄も
中々変わった生地になっています。

0001

ペルシャ絨毯?

のような、柄に柄を合わせたなんだか不思議な生地になっています。
渋いような可愛いような、なんとも言えない生地になっています。

BOZ GOLD col,4050

IMG_1784
カラーは、エメラルド寄りのグリーンです。
先ほどのローズパープルよりも、更にカラーの主張が強い一本になっています。

IMG_1786

蝶のカラーは『ゴールドカラー』になっています。
グリーン系ゴールドのカラーになりますので
メリハリもかなり効いて、しっかり目立ってくれます。

IMG_1788

サイドから見るとこんな感じになっています。
カラーの出方が独特です。

派手ではありますが、イヤらしい感じまではいかない
非常に計算されたデザインである「GOLD」

アジアンフィッティング用にカスタムされた
カラー&デザインになっています

一見派手に見えますが(派手なのですが)
意外とかけてみるといけちゃう?そう思わせてくれるメガネです。

IMG_1789

バナナっぽいテンプルエンド

banana-1504956_640

緑のカラーと相まって、南国感が凄いです。

02237002910

限定カラーだからこそ、遊んだカラーにしているのでしょう。
その感覚がBOZらしいです。

GLORY col,5070 turquoise/gold/plum

IMG_1756
メガネ展示会で好評だった
“らしい”モデル「GLORY」
ブローラインの装飾とテンプルの模様が特徴です。

brooch

ブローラインは葉っぱのイメージ?
さりげない感じがいいです。

<ややフォックス気味のレンズシェイプ>

フォックスデザインは
口角が上がって見えて、『リフトアップ効果』もありGOODです!

IMG_1757

フロントは3色仕様になっています。
単色ではない、奥行きのあるカラーリングです。

IMG_1761

テンプルのデザインが、葉っぱの組み合わせの様に見えてきます。

IMG_1762

うーん・・・

リーフパイにもみえます。

IMG_4669

とりあえず言えることは、可愛いテンプルには違いないという事です。

col,6020 copper/gold/blue

IMG_1742

こちらはブルーブラウンの組み合わせ。
ちょっと大人なカラーになります。

IMG_1745

リム部分にさりげなく使われている、ゴールドが中々いい味を出しています。
色の組み合わせが、少しメンズな表情になります。

IMG_1749

メンズっぽいカラーとは言え、やっぱり可愛らしい表情を出してくれます。
先ほどのカラーより、カラーの主張は抑えめになっています。

IMG_1752

フロント周りが落ち着いたカラーに対し、

かなりビビットなカラーの先セル

髪の短い方であればチラ見せ出来ます。
注意してみないと分からない部分ではありますが、その部分も可愛く仕上げてくる。
BOZらしさを感じます!

以上が、今回入荷してきたBOZの新作です。
BOZらしさ満載のフレームばかりです。

掛けて見なければ、似合うかどうかはわからない

苦手意識や、派手かも・・・
と思うより前に掛けてしましょう!
案外行けてしまうものですよ。

男のメガネ【マサキマツシマ】入荷!前編

ゴツさと立体感、ギラギラ感がたまらない、まさしく

男のメガネ
【マサキマツシマ】

立体感とボリュームが人気の、男らしい無骨なブランド。

「ちょっと悪そう」感が特徴です。

0550114070493221

車やバイクが好きな方だったら、きっと好きなメガネではないでしょうか?
そんなマサキマツシマの最新モデルが大量に入荷してきました。
数も多いので、前後編として紹介していきたいと思います。
前編では3本【徹底解剖】していきます。

MF-1217 col,4 ブラック・グレー

IMG_1999
フロントは、滑らかなブローラインの多角形シェイプになっています。
多角形のキリッとしたクールなレンズデザインです。

IMG_2000
智元と呼ばれる、サイドの部分のデザインは
立体的な空間デザインを意識したフォルムになっています。
立体的なデザインですが、ボリュームがありすぎる事もなく
フロントからの繋がりも綺麗に仕上げています。

20180104-00000002-wordleaf-03ac95ea167e2e05e81b50ea19357743c

色とデザインが何となくですが、エンジンっぽさをだしていますね
(あくまで個人的なイメージです)

IMG_2002
テンプルは、面カットを施したフォルムです。
窪んでいる部分がテンプルに立体感を与えてくれます。

IMG_2003

普通っぽいけど、立体感とゴツさを兼ね備えてた一本になっています。
ブラックグレーを合わせたカラー。
それぞれを引き立てるカラーの組み合わせなので
メガネのメリハリもしっかり出てくれます。

では、他のカラーもご紹介します。

col,2 ライトグレー

IMG_2004

マサキマツシマといえば、ギラっとしたカラーが特徴です。
ライトグレーというカラーですが、フロントはツヤありのシルバーです。

IMG_2005

テンプルはライトグレーになっています。
シルバーと同系のカラーになっていますので、
一体感のあるカラーリングになっています。

IMG_2006

一体感のあるカラーですので、立体感はありつつ落ち着いた印象を出せます。

マサキマツシマのシルバーはピンと張りつめた緊張感?
があって、さながら日本刀の様です。

jps01

刀らしい、凛としたイメージがあります。

col,1 シャンパン

IMG_2008

フロントはツヤありのゴールドになります。
ゴールド特有の、イカツイ感じがしっかり出てくれます。

IMG_2009

落ち着かせるつもりは全くない、潔さがいいです

クリアで使うのもいいですが、
少し色を入れて薄サングラス仕様にするのもいいです。

IMG_2010

サイド部分はライトグレーと同じく、同系のカラー。
ゴールドなのでしっかり目立ちます。

MF-1218 col,2 ブルーグレー・シルバー

IMG_1998

マサキマツシマ流カールトンタイプ

カールトンタイプとは
リムの上部とブリッジが一直線に繋がった形状のナイロールフレームの総称です。
IMG_1995
かなり特徴的なブローデザインです。

88d75ceb
ギザギザした感じが

『稲妻』

みたいです。

IMG_1997

最近では度のブランドでもあまり見かけない

<かなり攻撃的なデザインのメガネです>

IMG_1996

上から見ると凄いですが、サイドから見ると意外と落ち着いた印象になります。

ブルーグレーという
濃いネイビーのカラーになっています。

ブルーグレー自体は落ち着きのあるカラーですが、
シルバーが差し色の役目をしてくれますので、結構ヤンチャな感じのイメージです。

col,1  シルバー

IMG_1976

マサキマツシマでは定番の、ギラっとした単色のシルバー。

鏡面仕上げのようなピカピカなシルバーと
立体的なデザインが合わさって、これまた攻撃的な印象をだせます。

IMG_1977

好きな方にはたまらないギラギラ感。
これぞまさしくマサキマツシマ!という要素がふんだんに入っています。

col,4 ホワイトパール

IMG_1984

ホワイトですが、ラメっぽさのあるパール系のカラーになっています。
のっぺりしたホワイトではないので、意外と浮きすぎることなく使えます。
とはいえ、やっぱりホワイトなのでしっかり主張はします。

IMG_1985

メガネをしっかり主張して使うのであれば、このカラーがいいです。

IMG_1989

ハードな印象のフレームですが、バネ性を持たせたテンプルになっていますので
かけ心地は柔らかく掛けられます。

適度なバネ性なので、
「掛具合がゆるゆるする」なんて事もありません。

MF-1219 col,1 シャンパン

IMG_1970

エッジの効いたシャープなスクエアシェイプのナイロールモデル
フロントデザインは、意外と落ち着いた印象です。

IMG_1972

サイドはこういった感じです。
今回のデザインの中では、ごつすぎる感じもなくスッキリ目に掛けられます。

IMG_1974

このフレームの最大の特徴であるサイドのパーツは、

マサキマツシマの頭文字“M”

になっています。

言われてみないと気が付きにくいけど
言われてみるとそうにしか見えない、絶妙なデザインです。

IMG_1975

テンプルもよく見なければ分からない技を使っています。

テンプルは、2色メッキになっていて
真ん中と上下でメッキを変えています。

この2色メッキの陰影で、テンプルに深みを持たせています。

 col,4 ネイビー・グレーIMG_1966同系色だったシャンパンとは違い、
お互いを引き立てあう<2色使い>になっています。

IMG_1963

ネイビーとグレーのコントラストがしっかり効いています。
IMG_1960テンプルの色の出方もしっかり主張してくれます。
真ん中のグレイのラインの出方が非常に目を引きます。
ギラギラする感じは抑えめですが、カラーが特徴的です。

col,3 ガンメタル・シルバー

IMG_1966

メガネ業界で多く使われるカラー

『ガンメタル』

よく聞くけど実際はどんな色?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので
サラッとガンメタルについてお話しておきます。

Beretta-M92FS-R-s

ガンメタルとは、砲金(銅合金の一種)のことです。
ここからカラーで紫がかった暗い灰色の事を指すことが多いです。
ガンメタルで作られた、光沢のある暗い灰色の素材のことを言うこともあります。
拳銃などにも使われることも多く、ガンメタと略されることが多いカラーです。

IMG_1969

ネイビー・グレーのカラーと似ているようなイメージですが
ガンメタ・シルバーのカラーの方が濃く、ハッキリします。

前編はこんな感じです。今回の記事で度々、

『マサキマツシマらしい』

と書いていますが、後編でも引き続きそういった言い回しをすると思います。
人にもよって、マサキマツシマらしさは変わるとは思いますが
広義で言えば、「悪っぽさ」ではないでしょうか。
ちょっとヤンチャなイメージでカッコいい。
それがマサキマツシマなのではないでしょうか?

では後編もお楽しみに!

KAMUROの新作『hinmmel ヒンメル』

毎回テーマが決められている
KAMUROの新作、2018SSのメインテーマは

”two persons”

2person.jpg

掛ける人が変わると印象も変わります。
選ぶ色でも変わります。
一つのデザインで二通りのバリエーションが楽しめる今回のコレクション。
(↑KAMUROさんのブログから引用)

では早速今回入荷した 【himmelヒンメル】【徹底解剖】していこうと思います。

himmelヒンメル col.9017(グリーンツートン)

IMG_1725

グリーンツートンというカラーの通り、ツートンカラーになっています。
ですが、単純にツートンカラーではないのです。
フレームの上下のカラーがツートンでグラデーションになっています。

淡いクリアグリーン系のカラーから

クリアグレイ系に変わっていきます。

それだけではありません。
裏の生地にクリアピンクを合わせています。
この生地の合わせ方が、顔に乗せた時に良い色合いとして映えてきます。

ちなみに、ヒンメルというネーミングは

「天」

という意味。モビールの宙に浮かぶ意味を込めてつけたらしいです。
スタッフW、モビールを知らなかったので調べました。

Mobile_(sculpture)_in_the_style_of_Alexander_Calder

モビールは↑の画像らしいです。
オシャレなカフェにぶら下がっている奴ですね。

IMG_1720

言われてみると、サイドがモビール感があります。
どうです?モービル感ありませんか?

ヒンメルは、サイズ感が特徴的なフレーム。
なんとこのヒンメル、

大人と子どもの兼用モデルという位置づけで作られています。

IMG_1723

大人の方は勿論、キッズサイズで使う事も出来ます。
サイズ感が絶妙で、大人が掛けても小さくなく
子どもが掛けても、大きすぎる事のないサイズになっています。

IMG_1717

レンズシェイプはオーソドックスなオーバル(楕円)シェイプ
オーソドックスなオーバルに、少しの

『KAMUROテイスト』

を加えています。さらにフレームデザインを少しアレンジしています。
フレームの上部のデザインを少しだけ『カクっと』させています。
このアレンジが日本人の眉に合うようになっています。

IMG_1722

『キッズサイズとして使う時にはテンプルの長さが長い』

そんな時はテンプルを

『カット』

出来ます。テンプルをカットしても、ちゃんと余裕がある構造になっています。
そこもキチンと考えられています。

着用イメージで久々にスタッフUに登場してもらいました。

IMG_1877

肌馴染みがいいけど、カラーはそこそこ目立ってくれます。
冒険しすぎない、いいカラーとデザインです。

col.9018パープルツートン

IMG_1708

パープルツートンのカラーも入荷しています。

コチラは乳白色系のパープルから

クリアグレイのカラーに変わっていきます。

裏の生地も変えており、クリアのパープルの生地を合わせています。
カラーの使い方は、淡いけど可愛いです。

「今までのKAMUROっぽくない」

と言われそうですが、ヒンメルは

KAMUROっぽくなさがとてもいいアクセント
味になっています。

IMG_1709

モビール感も健在。
パープルピンクのアクセントがしっかり効いています。

IMG_1711

サイドのテンプルはこんな感じです。
ぴょんとしたテンプルと色遣いがキレイです。

IMG_1715

フレームをのぞき込んでみました。
上から見ると、生地の境目が結構はっきり見えます。

IMG_1713

テンプルエンド(先セル)には今回のテーマである

”two persons”

が刻印されています。
このテンプルエンドの刻印の「遊び心」も歴史が重なってきました。

こちらのカラーの着用イメージも、スタッフUに頼んで掛けてもらいました。

IMG_1875

馴染むカラーですが、色の主張はそれなりにしっかりでます。
テンプル周りは結構メリハリが効きますので
さり気ないけどオシャレなメガネ、として使えます。

おまけピンナップ

IMG_1878

写真を撮っていたら、カウンター裏で
『決め顔』を披露していたスタッフMがいましたので
ついついシャッターをきってしまいました。

さて、今回のヒンメル。いかがでしたか?
いい意味で、今までのKAMUROらしくないフレームになっています。

【ラグジュアリーなイメージのKAMURO】

【POPなイメージのKAMURO】

とは違う

“新しいKAMUROを切り開いたフレーム!”

新作は、これで残り一作となりました。
ラグジュアリーシリーズが入荷したら、すぐにブログアップします!
そちらも是非楽しみにお待ちくださいませ!

『BCPC 3234』可愛い・キレイ・カッコいい

BCPCから新作の

【BCPC 3234】

が入荷してきました!
タイトルにある通り、新作は

可愛いキレイカッコいい

といった印象でございます。

「ニュアンスが全部違うじゃ無いか!」

と言われてしまいそうですが、
実際に見て、掛けてみると
可愛くもあり、カッコよくもあり、キレイなフレームです。

早速写真と共に【徹底解剖】していきたいと思います。

BCPC 3234

IMG_1694

細めの可愛いフレームです。
ぱっと見のデザインとしてはボストン型なのですが、
よくよく見て見ると実は違うのです。

実はこのデザイン

“クラウンパント”

019_star (1)

と呼ばれる、王冠をモチーフとした形になっています。

IMG_1694

どこの部分が王冠をモチーフにしているのか分かりやすいようにしてみます。

丸で囲った部分が少しカドっぽくなっています。
この形が王冠の様な形になっている、という事で
“クラウンパント”と呼ばれるようになっています。

IMG_1695

このBCPC 3234 はクラシカルな印象を出せる要素
これでもか!という程詰め込んでいます。
写真を見て、ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
クラシカルな印象を出せる

“キーホールブリッジ”

になっています。
鍵穴の様なデザインにする事で、ブリッジにメリハリが効いて
奥行きのあるイメージになります。

IMG_1696

フロントとブリッジを繋ぐ部分も、

“カシメ”

で留めてあります。

IMG_1699

“カシメ”はネジで留めるよりも、スッキリキレイなデザインになります。
裏から見てもキレイに仕上げてあります。

IMG_1700

サイドから見ると、フレーム上部の“クラウンパント感”が良く分かります。
フロントとテンプルを繋ぐチタンがいい味になってくれます。

色違いも入荷しています。
今回の新作は

『BCPC誕生20周年特別カラー』

という限定カラーを、リリースしています。
今回リリースされたモデル、全て違う色にしてある特別カラー
コンセプトがしっかり決めてあり

ナチュラルカラー

で統一されています。
このBCPC 3234 の特別カラーは
乳白クリアピンク系のカラーになります。

IMG_1682
最近ではあまり見かけない、フレームカラーです。
肌馴染みの良いカラーになっています。

IMG_1683

サイドからはこんな感じ。
光が当たると、生地の乳白色がキレイに出てくれます。

IMG_1685

智元と呼ばれるパーツのデザインもさり気ないです。
主張しすぎるわけでもなく、色とデザインが出てくれます。

IMG_1686

カシメ部分周り、仕上げ方が丁寧です。
ネジ締めタイプよりも、アンティーク感が出ます。

IMG_1689

よくよく観察してみると、単色ではなくすこしマーブルっぽくなっています。
さり気ないカラーの使い方がBCPCらしいです。

一見難しそうに思われるデザインである“クラシック系”のメガネ
世間のイメージですと

※オシャレっぽくなりすぎちゃう

※なんだか背伸びしている感じがして、自分には合わないかも・・・

というイメージが未だにあると思います。

ですが、似合う選び方、フレームを探してあげると
思っている以上に使えてしまいます。

そんな一本になってくれそうなメガネです。

IMG_1701

苦手意識がある方も、ちょっとかけてみようかな?
位の感覚で見に来てくださいませ。