【BOZ】HOYA 貝?レンズメーカー?

前回に引き続き

<BOZ>

のフレームを紹介していきます

BOZ HOYA col,3005 red/shiny / ruthenium¥44,000-(税抜)

IMG_1786

このフレームの特徴は何と言っても

フロントリム部分がねじられているようなデザイン
三つ編みしたような不思議なデザインのリム

そのリムのフロント正面だけに、ツヤのあるカラーで塗装して
反射により違う色に見える様なカラーリングになっています。

IMG_1788

オーバルの様な、クラウンパントの様なレンズデザイン
どちらかというとオーバルの要素が強いです

このHOYAは、独特なリム以外は、割とシンプルな造りになっていますので
奇抜になり過ぎず、顔に馴染んでくれます

シンプルな風合いですが
カラーはBOZらしく、ハッキリした明るいカラーなので
遊び心はしっかり出てくれます

IMG_1790

テンプルはフロントの下からググっと伸びています
逆ナイロールのフレームに多く用いられますが
フロントの下からテンプルが出る事で

【リフトアップ効果】

が生まれます

IMG_1792

少し波打った曲線がキレイなテンプルです
シンプルですが、味気ないわけではないというバランス

IMG_1795

シンプルですが、曲線美が凄くいいです

IMG_1798

三つ編みリムは

<表面だけツヤのある塗装になっています>

こうして少し上から見て見ると、表だけ別の塗装が塗られている事が分かります

表面のカラー以外は、全て同じ赤色になっています
表のリムだけ色を変えているだけで
立体感や奥行きが出てくれます

これぞBOZのカラーマジックです

IMG_1800

日本のブランドではあまり見かけない、鮮やかな赤
目の覚めるほどキレイな赤は一見の価値ありです

派手ではありますが、奇抜な風にはなりませんので
意外と普段掛けでもいけちゃう?かもしれません

IMG_1799

先セルも同系のカラーを使ってまとめています

IMG_1803

シンプルですが、そこまで普通過ぎない
その代わり、カラーの使い方はとことん明るくしたHOYA

次のカラーはもっと攻めたカラーになっています

BOZ HOYA col,2045 sky blue  / shiny green¥44,000-(税抜)

IMG_1807

先程の赤いカラーのインパクトを更に超えてくる

スカイブルーカラー

これぞ海外ブランドのカラー
と主張するかのような、派手なカラーリングです

顔に馴染ませるだとか、そういう事は一切考えていないであろう
振り切ったカラーの使い方
とてもBOZらしくて好きです

IMG_1809

正面に使われているカラーは

シャイニーグリーン

スカイブルーとの組み合わせがとても綺麗です

まるでチョコミントの様な美味しそうなカラー
爽やかな、これから暑くなっていく季節にもってこいです

IMG_1810
カラーがはっきりしている分派手に見えますが
スリムなフレームなので、掛けてみると案外スッキリするかも?
いや・・・やっぱり派手ですね

IMG_1812

 先セルのカラーもキレイな色です
同系色のスカイブルー系統でまとめ上げています

IMG_1814
かなりハッキリしたカラーですが
掛けてて楽しくなるメガネです。

日常使いでも、ドレスコード合わせでも
どんな使い方をするのかは皆様次第なカラーリング

掛けるのが難しそう
使える場所がなさそう

と思ってしまいがちですが

一回お試しに掛けてみませんか?
何か新しい発見があるかもしれません

そんな体験をBOZはお約束してくれます

【BOZ】フランスの陽気なフレーム JOLY

クラシックフレームが続いていましたので

今回はフランスブランドである

<BOZ>

ヨーロッパらしいデザインとカラーで個性的ですが
ちゃんと日本人に似合ってくれる
そんなフレームを今回は【徹底解剖】していきたいと思います

 BOZ JOLY col,7030 ¥42,000-(税抜)

IMG_1819

ソフトフォックススタイルのフレーム

ハッキリした表情にはなりますが
きついイメージになり過ぎない程度にキリッとしてくれる

そんなデザインになっています

フレーム名のJOLY (ジョリー)は
陽気・愉しい

などの意味があるみたいです

IMG_1820

様々な要素を詰め込んだ欲張りなフロントです
肌馴染みの良い、濃いパープルカラーをベースにしています

智元はレーザーか、エッチング加工か
どちらかの手法だと思いますが、柄をつけています
目尻にインパクトが出るのと同時に、目元を引き締めてくれる効果もあります

IMG_1822

そして一番目を惹くブロー部分
ツヤのある塗装(おそらく七宝系の塗装だと思います)
を施すことによってフロントがパッと輝いてくれます

アイメイクをした効果も出せますし
何といってもセクシーなイメージになってくれます

ぷっくり盛られているので
リップの様なセクシーなイメージを感じます

IMG_1825

ブローの質感だけ、ツヤがありますので
離れてもその部分はしっかり主張してくれます

個人的なイメージとして

BOZのフレームはカラーや雰囲気が元気いっぱいの
おてんば系(褒めています)

というフレームが多めな印象でしたが
このJOLYはカッコいい、セクシーな

大人なイメージで
パリジェンヌ感を感じるフレーム

と思います。
同じフランスブランドである

Lafont のテイストに少し近い気がします

IMG_1830

フロントが派手めなのでテンプルはシンプルに
という風にならないのがBOZ

テンプルもしっかり個性的に仕上げています
フロントと同じ技法で仕上げてあるテンプルに
これまたカラーがキレイな先セルを合わせています

IMG_1821

セクシーな印象の強いフロント
掛けてみると、肌馴染みの良いカラー
個性はあるけど、意外とどんな場面でも使用していただけます

個性的ですが、ちゃんと普段使いも出来る仕上げになっているのは
流石の一言です

IMG_1834

掛けて楽しい、見て楽しい

そんなフレームです。
次はカラー違いです

BOZ JOLY col,5900 ¥42,000-(税抜)

IMG_1835

先程のカラーと比べると、落ち着きのあるカラーになっています

パッと見た感じでは、同じフレームなのかな?
と思う程、印象が変わります

フロントカラーはアンティークブラウン
クラシックなソフトフォックスという雰囲気が強いカラーリングです

IMG_1836
ブロー部分の塗装はツヤありのブラック
同系色にまとまっており
派手になり過ぎない様にしてあります

IMG_1838

ある意味、BOZらしくないカラーリングにはなっていますが
こういったBOZもとても新鮮に感じます

クラシックフレームを試してみたいけど
やっぱりキリッとしたフレームが好きだな

という方にはピッタリなカラー・デザインではないでしょうか

IMG_1840

テンプルも落ち着いたカラーになっています
先セルだけ、少し遊んだ生地の色を使ってはいますが
その生地もやはり同系色系のブラウンオレンジをベースにした生地です

IMG_1837

BOZ流のアンティークカラー

といった感じです
目元をパッチリさせる効果や、BOZらしいキレイなイメージをいれつつ
クラシカルな要素も盛り込んだフレームです

IMG_1844

以上が今回【徹底解剖】したJOLYです
皆様はどちらのカラーがお好きでしょうか?

「G4 old&new」流・王道クラシカルメガネ

引き続き、G4 old&new です
限定モデルを交えつつ、
今回は定番の売れ筋モデルを【徹底解剖】していきたいと思います

G4 old&new SCA 1669 col,BML ¥43,000-(税抜)

IMG_1713

優しい印象と、流行に左右されにくい、柔らかいオーバルタイプのデザイン
と、言いたいところですがそれはデザインだけ見た場合の話

かなりイケイケなカラーになっています
リム周りのカラーは職人が手作業で仕上げています

白とブラウンの不思議なデミカラー?
かなり個性の強いカラーリングです

IMG_1715

派手派手!という感じまではいきませんが
クラシックフレームとしてはかなり

異端なカラー使いではないでしょうか

海外ブランドはカラーの使い方が独特ですが

このカラーは奇抜に見えながらも
やはり日本らしいカラーに仕上がっている

と、私スタッフWは感じます。

IMG_1717厚みと頑丈さを感じる、智元パーツもG4らしいです
リム周りのカラーは特徴的ですが、それ以外の部分は

堅実な造りになっています

質の良さを感じて頂ける造りになっています。

IMG_1725

分厚い智元とリムカラー
ゴツさと、リムカラーの遊んだ感じのバランスが可愛いです

IMG_1727

このフレーム最大のポイントが

【一山】

と呼ばれるパッドを採用しています
通常だとパッドは左右についている事がほとんどですが
一山タイプのパッドは名の通り山になっています
一山の特徴はいくつかあります

① 鼻あてが変形しない

鼻パッドが広がってしまったり、変形してしまう、
ということが一山ブリッジではありません

② スッキリしたデザイン

鼻パッドをささえるクリングスという金属パーツがありませんので
非常にすっきりした印象になります

IMG_1741

一山は金属パーツだけで作られることも多いですが
こちらの一山は

鼻の高さを出すためにプラスチックのパーツをはめ込み
鼻のフィット感を上げてくれます

初めて一山を掛けてみると

何だか不思議なかけ心地ですが
慣れてしまうと
一山じゃないとダメ

という方もいらっしゃる方もいるほど、かけ心地は気持ちいいです

IMG_1732

ゴールドのテンプルに乳白色の先セルの組み合わせは
なんだかとても爽やかな印象を与えてくれます
こちらのフレームも勿論ウェイトバランスはとてもいいです

IMG_1719

クラシックの形なのにカラーは遊んで
クラシカルなタイプの一山タイプのパッドを使用している
色々な要素てんこ盛りのフレームになっています

G4 old&new SCA 1653 col,W/BKD ¥35,000-(税抜)

IMG_1743

八角形のデザインのデミ塗装
最近は多角形のクラシックフレームが人気でよく売れている印象です
そんな多角形でもヘキサゴン(六角形)ではなく

<オクタゴン(八角形)のデザイン>

オクタゴンですが、丸みのあるデザインなので
オーバルに近い雰囲気で使う事が出来ます

IMG_1748

リム周りのカラーは

濃いグレイ系のデミカラー

になっています
柔らかいオクタゴンシェイプを引き締めてくれるカラーリングです

IMG_1749

オクタゴンシェイプはクセの強いフレームが多いですが
コチラのフレームはさりげなくオクタゴン感を出して使えます

ブリッジと智元カラーがシルバーなので
お仕事で、キリッとした表情として使えそうなシェイプとカラーです

IMG_1753
この 1653 のブリッジは、シンプルにラインが入っているだけです
シンプルにスッキリ仕上げてあるブリッジもカッコいいです

IMG_1755

リム周りに塗装をしてありますが、実はよく観察してみると

ミル打ち加工になっています

塗装部分がプチプチっとなっているのが分かりますでしょうか?

リム打ちをしたフレームの上から
デミ塗装をしてあるのでこの様な質感になってきます

気づきにくいけど、確かにこだわりを感じる造りになっています

IMG_1757

塗装しちゃうとミル打ちの良さが消えちゃうじゃない
と思ってしまいますが、意外と塗装の上からでもミル打ちの風合いは出ます

言われてみれば確かに気づく

という何とも絶妙なラインの加工がニクイです

IMG_1761

デミ塗装は、正面と上部だけに施してあります
裏側から見るとカラーが違うのがお分かりになると思います

裏側まで塗装をしないことで表と裏のメリハリが生まれ
ちょっとした立体感が生まれてくれます

IMG_1762

G4ならではのウェイトバランスを考えてあるテンプルも健在
このテンプルの太さと厚さがいいんですよね

IMG_1763

個性が前面に出がちのオクタゴンシェイプを
ナチュラルなイメージで仕上げています
シンプルな中にG4のクラフトイズムを詰め込んだ逸品だと感じます

G4 old&new SCA 1675 col,G/BO ¥35,000-(税抜)

IMG_1766

G4のラウンドメガネ(丸メガネ)ここにあり!
という程、王道に作られたG4のラウンド

シンプルにする部分とボリュームを出す部分はしっかり出すという
〝らしい〟ラウンドに仕上がっています

IMG_1768

例によって、リム周りは塗装をしています

ベースのゴールドフレームに
ワインレッドカラーを合わせています

マットなワインカラーなので、落ち着きがでますので
高級感と高貴な印象が出てくれます

IMG_1767

ブリッジ上部に彫り込んであるデザイン
さり気なくデザインしてありますが
チラッと見える感じがいいです

IMG_1771

G4の技術を詰め込んだ王道ラウンド
といったラウンドに仕上がっています

太めの智元
リム周りの塗装
ウェイトバランス

それら全てを兼ね備えたG4らしさを存分に体感いただける
丸メガネになっています

IMG_1772

デザインやカラーリングをやり過ぎず
キレイにまとめ上げていますので
老若男女どの世代の方でも使っていただけます

IMG_1774

スリムな丸メガネもいいですが
G4の様なチタンの厚みやセルロイドのボリューム感を感じて頂ける
少しゴツ目な丸メガネもおススメです

IMG_1775

ケースもこだわっています。最近では割と珍しいタイプで
縦型のケースになっています
サイズ感も絶妙で、ピッタリG4のメガネが収納できます

IMG_1778

ボタンを開け

IMG_1779

ピッタリ収納できます
大きさがちょうどいいので、中で動く事もありません
持ち運びの時にも便利なサイズ感になっています

いかがでしたでしょうか?
少しだけボリューム感のある G4 old&new
丸メガネの質感や、ツヤの感じがとても綺麗なクラシックフレームです

「G4 old&new」スクウェア型クラシック

クラシックブーム真っ只中
ブームとは言わせない程、定番化しつつあるクラシックなメガネ
いまや、どのブランドも
ブランドらしさを出したクラシックフレームリリースしています

今回【徹底解剖】するのは鯖江の

<オプティカルフィールドシステム>

がリリースするブランド

「G4 old&new」

無骨さはあるけど、どこか可愛い部分もある
性別に関係なく使えるブランドです
G4というブランド名の由来は

「GOOD DESIGN」グッドデザイン

「GOOD QUALITY」グッドクオリティ


「GOOD PRICE」グッドプライス


「GOOD FEELING」グッドフィーリング

の4つのGOODがコンセプトになっています
職人の技が詰まった質実剛健さを感じるメガネです
では早速【徹底解剖】していきたいと思います

G4 old&new 3660 COL,G/BR ¥36,000-(税抜)

IMG_1661
フロントは、スクウェア型の中でも

正方形に近いシェイプ

クラシックフレームは、丸型やボストン型が多いイメージですが
そういった定番のデザインではなく
オリジナリティがあるデザインになっています

IMG_1669

スクウェア型のリムにはブラウンの塗装が施してあります

リム周りだけカラーを変えることによって
ブリッジとの質感の違いが生まれ
フロントのメリハリが出てくれます

G4 old&new のフレームでは多く用いられている技法です

IMG_1663

ブリッジ部分は、<ミル打ち>と<模様>が彫り込まれています
さり気なく見えて、フロント全体を引き締めてくれます

離れていても柄が彫られている事が分かります
ちょっとした加工で雰囲気が変わるのが
クラシックフレームの面白さです

IMG_1664

大人な雰囲気のスクウェア型は、どちらかと言えば男性向けなイメージです
渋いダンディなイメージを出したい方にはおススメです

IMG_1672

テンプルには、セルロイド生地を使用しています
セルロイド生地特有のしっとりしたツヤと長いモダンです
このテンプルの造りが G4old&new の特徴です

テンプルに厚めのセルロイド生地を使う事により
テンプルが丁度いい重さがかかるので
掛けた時のウェイトバランスが非常に良くなります

レンズを入れるとフロント側が重くなるので
テンプルエンドの重量を重くして、全体の重さのバランスを均等にし
重さを感じにくくしている工夫をしています

IMG_1665

メガネ自体も軽いのですが、軽いだけでなく

「掛けた時に軽い」

フレームとして機能します

IMG_1685

テンプルの先に行くにつれて太くなっていくのも
ウェイトバランスを良くする工夫です

IMG_1679

クラシックブームですが、このデザインは中々探しても
無いのではないでしょうか?
丸型やボストンでは少し物足りなくなってきた方に
是非トライしていただきたいフレームです

IMG_1682

こちらのフレームは『限定モデル』になっております
少し珍しい形であり、更に限定モデル

琴線をくすぐってきます

 G4 old&new 3659 COL,W/BO ¥36,000-(税抜)

IMG_1688

変形型ボストン?
変形型クラウンパント?

一言では言い表せない、ちょっと変わったデザイン

角ばったボストン型にも見えます

IMG_1690

不思議な形ですが、奇抜という感じにはなりません

普通の形にはし過ぎないで、個性的で
普段掛けしても奇抜になり過ぎない
不思議な魅力のデザインになっています

IMG_1695

3660 のブリッジは、正面に彫金加工をしてありましたが
こちらは正面から見ると、あっさりしたブリッジになっています

IMG_1699

ですが、上からのぞいて見て見るとブリッジに
ミル打ち加工が施してあります

レンズデザインが少し変わっているので
あえて、正面ではなくブリッジの上にミル打ちをしていると思います

IMG_1702

リムカラーは濃いワインレッドカラーです
肌馴染みも良く、可愛さも感じる色遣いです

このあたりのカラーリングが、性別関係なく使っていただける要素になっています

IMG_1705

智元周りはごつくなり過ぎない程度に
厚みを出しています
純チタン製のガッチリした智元です

IMG_1694

クラシカルなんだけれど何だか可愛い部分も感じる
そんなフレームに仕上がっています

IMG_1708

一瞬、個性的に見えてしまいますが
掛けてみると、そこまで奇抜になり過ぎない
流行に乗りつつ、流行に流されないフレームです

普通になり過ぎないクラシックを探している方
是非お試しくださいませ

【マコト眼鏡 歩】Lシリーズ L-1017 L-1028

歩のLシリーズを【徹底解剖】していきたいと思います

Lシリーズは
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ

プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く
品質を保ちながら薄くできるのが特長です
重さを感じさせない眼鏡に仕上がっています

ayumi L1017 col,0930 (クリアグレー) ¥32,500-(税抜)

IMG_1510

Lシリーズのみならず、歩の中でも定番の使いやすさを誇るモデルです
四角過ぎない、程よいスクウェアシェイプです

柔らかい印象のイメージや
お仕事用のキッチリしたようなイメージ

IMG_1511

クリアグレーのカラーは程よく落ち着き
抜けの色がキレイです

クリアになり過ぎてしまうとオモチャっぽくなってしまうのですが
クリアグレーの落ち着いた風合いが高級感のあるツヤを生んでくれます

IMG_1513

セルロイド生地特有のキレイなツヤ
高級感のある、品の良いツヤ感に仕上がっています

職人が丁寧に磨き上げています
さり気ないですが、匠の技が詰まっています

IMG_1515

テンプルに使用されている芯は<βチタン製>です
薄くてスリムな生地なので、βチタンの柔らかさがしっかり感じられます

包み込まれるようなかけ心地は、掛けて頂いて初めて分かります

※ちなみに歩はLシリーズ以外のシリーズでも
βチタン製のテンプルを使用しています
かけ心地へのこだわりです

IMG_1516

削り出しで作られているノーズ部分も、非常に滑らかな造りになっています
日本人の鼻にピッタリあうパッドは流石の一言です

指で触っていただいても段差のない
とても滑らかな仕上がりです

IMG_1518

サイズ・デザインは男性でも女性でも
カジュアルでもフォーマルでも、どんな条件でも合わせやすいメガネです

ayumi L1028 col,5339/9146 (マーブルレッド/マーブルブラック) ¥30,500-(税抜)

IMG_1527

このモデルは、シャープなイメージで仕上げています
歩ブランドの中でもトップクラスのスリムなデザインです

フロントカラーのマーブルレッドの色の抜けがキレイです

IMG_1532
小さめのサイズ感で
お顔の小さい方や学生さんにもおススメ出来るフレームです

IMG_1535

フロントのマーブルレッド(赤茶系)のカラーに合わせてあるのは
マーブルブラックというブラックカラー
ぱっと見は黒系の色ですが、

マーブルという名の通り
大理石のような風合いのブラックカラーです

IMG_1536大理石のような質感で重すぎないので
レッドとブラックとハッキリしたメリハリのカラーでも
印象が強くなり過ぎる事がありません

カッコいいイメージですが、カジュアル使いでもいけちゃいます

IMG_1538

テンプル側から見るとクールな印象

IMG_1539

細くシャープなフレームでも、パッド部分は削り出しの
高めのパッドになっています

IMG_1541少しフェミニンなイメージの
カッコよくキレイに使っていただける

そんな歩です

定番のLシリーズと、歩の中でも細いフレームを今回はご案内しました
一つのブランドでもコンセプトの違うシリーズによって
随分と印象が変わってきます
色々な歩を体感して頂きたいです

【マコト眼鏡 歩 Collection コレクション シリーズ】C-312

今回は、歩のコレクションの中でもレアなシリーズ

<Collection コレクション シリーズ>

Collection コレクションシリーズは
その時世に注目されているトレンドを取り入れながら
『歩』AYUMI らしさを表現したシリーズです

このシリーズの特徴は、

3年に1度しか発表しない!

という中々思い切ったコンセプトで更に
1度限りの製造という

<完全数量限定品>

になっています。
歩のシリーズの中でも、特にレア度の高いモノになっています。

では早速コレクションシリーズの【徹底解剖】を始めます

歩 C-312 col,0907 アユミブラック¥36,000-(税抜)  

IMG_1553

デザインはウェリントン型

シンプルなウェリントンデザインです

IMG_1554

智元の厚みがセルロイド生地のキレイなツヤを強調してくれます

普通のウェリントンの様に見えますが
色々な技がこのフレームには隠されています

IMG_1559

歩のメガネは丸みがあり、柔らかい印象で作られているフレームが多いですが
こちらのC-312は

<エッジの効いたカッティング>

として仕上げています。

IMG_1557

エッジが効いていても、キツイ印象になるほどのカッティングではない

この絶妙なバランス感が歩らしい所
アユミブラックの質感とツヤは、歩ファンも納得の出来です。

IMG_1564

装飾も、柄も何もないシンプルなブラックフレーム
潔さも感じるカラーです

シンプルなブラックですが、高級感を感じます

セルロイド生地ならではのツヤの出方がとても綺麗です。

IMG_1565

エッジの効いた部分もありますが、柔らかく丸くなっている部分もあります

ぷっくりした箇所エッジの効いた箇所

そのメリハリが特徴でもあります

歩 C-312 col,5122 アユミブルー¥36,000-(税抜)  

IMG_1569

こちらはアユミブルー
アユミブルーはカラー名にもなっていますが、歩のオリジナルカラー
当ブログでも何度か登場していますが、

歩ブランドの中でも人気カラーのアユミブルーです

IMG_1572

ブルー系のカラーですが、ぱっと見のカラーはかなり濃い青色です。

光を当てると青のカラーに見え
遠くから見るとパッと見た感じは黒?
と勘違いしてしまう程濃い青です

「ブラックだと重い印象に感じる」
という場合にはコチラのアユミブルーがおススメです

IMG_1575

光が当たると、青い事が分かりやすいです
とはいえ、青くなり過ぎる事はありませんので
基本的には黒に近い感覚で使っていただけます

IMG_1579

光の当たる具合などで表情を変えてくれますので
様々な発見があると思います

歩 C-312 col,5265 トートイス¥36,000-(税抜)  

IMG_1585

トートイスというブラウンデミ系のカラー
ウェリントン系のフレーム相性抜群なカラーです

IMG_1586

光を当てた時のカラーがとても綺麗です
トートイスはそこまで濃いカラーではないので
重い印象になる事もないです
肌馴染みもいいので色んな場面で使いやすいカラーです

IMG_1593

エッジはこんな感じ
ブラックやアユミブルーと比べても、あまりキツイ印象が無いと
個人的には感じます。

IMG_1595

光を当てると
【飴色】
の様なカラーにもなってくれます

IMG_1598

王道のカラーの良さを存分に体感して頂けるカラーだと思います

ウェリントンのガチっとしたインパクトと
トートイスの抜けのカラーのバランスが
心をくすぐってくれる逸品

歩 C-312 col,3024/5265 キハク/トートイス¥36,000-(税抜)  

IMG_1600

今回入荷してきたコレクションシリーズの中でも
個性的なカラーである

キハク/トートイス

キハクカラーは前回ご紹介させていただきました
クリア生地でイエローがかった生地の色です

クリア程遊び過ぎる事もなく、見た目以上に顔なじみの良いカラーになっています

IMG_1601

Lシリーズでご紹介したキハクと比べると
生地の厚さが違いますので、少しイエローが強めに感じます

IMG_1471

こちらがLシリーズのキハクカラーになっています
どうでしょうか?
Lシリーズのキハクカラーの方がイエローが薄い気がしませんか?

IMG_1604

 丁番の埋め込み部分も非常にキレイです

IMG_1607

先程までのカラーと比べると、結構個性が強いですが
好きな方には間違いなく刺さる、少し攻めたカラー

クリアレンズを入れてもいいですが、薄いサングラスしようにしても
カッコいいのではないでしょうか?

ブラウン系を入れてもいいですし
グリーン系で、少しレイバン風にしても面白いかもしれません

IMG_1608

以上が歩のコレクションシリーズです
3年に一回しかリリースされず、しかも生産も一回きりという

歩ファンの方は「マスト」チェック

であるC-312です
歩の技術が詰まった逸品です

【マコト眼鏡 歩】Lシリーズ L-1032

セルロイド眼鏡をリリースするブランド

<歩 (AYUMI)>

ブランドの中で、職人の手仕事による究極の薄さを追求したシリーズ

『Lシリーズ』

プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いるので
形状変化に強く、品質を保ちながら薄くできるのが特長です

今回は【歩】のLシリーズのいくつかをピックアップして
【徹底解剖】していきたいと思います

ayumi L1032 col,3024/0907 ¥35,000-(税抜)

IMG_1471

ぱっと見はクリアカラーですがコチラのカラーは

<キハク>

と言う、透明にやや黄色を合わせたクリアカラーです
クリアカラーに黄色が入るだけで
少し落ち着いた印象になってくれます

IMG_1472

パッド部分は生地が重なっていますので
表から見ると、少し濃いクリアイエローになります
何となくグラデーションの様なイメージになっています

IMG_1473
スクウェアという程、四角でもなく
オーバルまで丸すぎる事の無い、絶妙なレンズデザイン

掛ける方を優しく、柔らかい印象にしてくれます

IMG_1474

フロントがキハクで、テンプルはブラックテンプル
メリハリのある組み合わせです

メリハリのあるフレームカラーですが
フロントのキハクが全体の印象を柔らかくしてくれます

IMG_1476

クリア生地なので、丁番の埋め込み部分が見えます
造りが非常に丁寧なので、埋め込み部分の造りはとても綺麗に仕上がっています

IMG_1483

歩の鼻パッドは削り出しで作られていますので
段がなく、とても滑らかな肌触りになっています

IMG_1491変わり種という程ではありませんが
少しだけ個性的なカラーです。

ayumi L1032 col,1235 (ミルキーグリーン)¥35,000-(税抜)

IMG_1493
ミルキーグリーンと呼ばれる
ヒスイの様な風合いのカラーバージョン

先程のキハクと比べてみるとかなり印象が変わります

マコト眼鏡さんのブログの説明が載っていましたので
以下に転載しておきます

「翡翠(ひすい)のような色味」
自然が長年の月日をかけて作り出す宝石という傑作と、見間違えそうなほどのこの色。
そしてこの色の魅力を増している このなめらかさは職人の感覚だけで作られています。
5次元のマシンをも遥かに越える職人の手仕事です。

転載終了

IMG_1495

独特のミルキーさも相まって
大人の雰囲気を感じるカラーになっています。
Lシリーズならではの薄いフレームなので、光がうまい具合に抜けて
セルロイドのカラーがとても綺麗に発色してくれます。

IMG_1498

翡翠の様な生地を熟練の職人が削り出し
丁寧に磨き上げ仕上がる高級感のあるカラーです

IMG_1500

模様の出方が、バッファローホーンを彷彿させます
スリムで薄いフレームでもちゃんとカラーと模様が出てくれます

IMG_1504

これだけスリムなフレームなのに
高級感のあるツヤが出るのはやはりセルロイドならではです

IMG_1501

ノーズパッド部分の生地の合わせ方も流石です
柄が違和感なく途切れない様になっています

IMG_1509

こうして並べてみるとかなり印象が違います
キハクの様に、少し遊んだテイストにしてみるのも良いですし
ミルキーグリーンの様に落ち着いた雰囲気にしてみるのもいいと思います

今回は少し変わったカラーのL-1032を【徹底解剖】しました
次回も続いてLシリーズをピックアップしてみたいと思います。

【営業時間のご案内】5/16(土)より通常営業再開

お客様各位

平素よりメガネ工房AZをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
緊急事態宣言が発令されて以降
短縮営業・定休日を設けて営業しておりましたが

5/16(土)から

AM10:00~PM20:00

年中無休の通常営業に戻させていただきます

短縮営業期間中
お客様には大変ご不便おかけしました。

通常営業を再開するにあたって
現在も行わせていただいている感染拡大防止への取り組みとして

・従業員のマスク常時着用
・店舗の消毒の徹底
・業務スペースの消毒の徹底

 

は引き続き行っていきます
安心してご来店くださいませ

【レンズが曇るストレスを改善!】防曇レンズキャンペーン

マスクを使用している事で感じるストレス

【レンズが曇る】

普段あまりマスクをすることのない方も
このストレスを感じているのではないでしょうか?
そんな悩みに答えてくれるのが

<防曇レンズ>

くもり止めのコーティングがレンズに施されていますので
専用のスプレーや曇り止めのジェルなどを毎回塗布する必要がありません
塗布するだけなのですが、それが毎日の事となってくると

少し煩わしいな・・・

と感じてしまう方もいらっしゃると思います
また、お仕事で曇り止めが手放せない
という方にも、この防曇レンズはおススメです
マスク需要が高まったこの状況で感じるストレスに効果的なコートです

今回は特別キャンペーンで

マスクのシーズンが終わったら
普通のコーティングに戻す事が出来る

というキャンペーンがございます

2020年内まででの限定期間で

他レンズに<差額だけ>で交換できるキャンペーン

を行っております

防曇レンズを一度使ってみたいという方には
かなりおススメのキャンペーンになっております
気になる方は是非スタッフまでお声がけくださいませ

【BCPC 3266】2020S/Sコレクション

2020S/S BCPC新作が入荷してきています
では早速【徹底解剖】していきたいと思います

BP-3266 Col.01 Berry Red / Gold ¥28,000-(税抜)

IMG_1325
小ぶりなボストン型のフロントで
厚みのある甲丸チタンリムを使っています
チタンフレームですが、ぷっくりした感じの柔らかい印象のフロントです

フロントカラーはワインマット
肌馴染みが良く、程よく主張してくれるカラーです

IMG_1327

スタイルシリーズでは

〝初〟
オールメタルテンプル

落ち着いたワインマットとゴールドの組み合わせで
高級感と上品さを合わせ持ったカラーです。

IMG_1326

ブリッジにはミル打ちの加工がされています
ブリッジの装飾が細めのフレームを引き締めます

少しアンティークな風合いになるのが
ミル打ち加工の醍醐味です

IMG_1329

小ぶりでぷっくり可愛いクラシックフレームは

THE・クラシック
になり過ぎない雰囲気で使えます

これからクラシックを掛けてみたいという方にもおススメですIMG_1331

<王冠>

をモチーフにした丁番
スリムなテンプルにぷっくり現れる可愛いパーツです

IMG_1333上から見て見ると

【独楽】

の様なギザギザしたパーツになっています

IMG_1332

テンプルはヘアライン加工になっています

ヘアライン加工とは、一定の方向に細かい傷をつけ、つや消しにする方法です
オールチタンフレームでもクラシックな雰囲気を出せる様にしてあります

IMG_1337

先セルのエンド部分は広がり

半月型?三日月形?
にミル打ちされています

隠れてしまいがちな部分ですが、こういった細かい部分にも
可愛さを仕込んでくれるのがbcpcらしいです

IMG_1335

テンプルの内側には

<styleシリーズのマーク>

を刻印しています

IMG_1340

スリムでシンプルなオールチタンフレームは
どんなファッションにも合わせてくれます

ここからはカラー違いです

Col.02 Velvet Brown / Gold

IMG_1341

ブラウン色にパールをプラスして
さらにマット加工を加えた新しい試みのカラーです。

ブラウンパールマット

マットなのにツヤ感が見え隠れする
重厚感あるカラー

IMG_1343

先程のワインマットよりも落ち着いた雰囲気のカラーです
色のコントラストがしっかりでてくれます

IMG_1345

ちょっと大人な雰囲気です

IMG_1355

薄くカラーを入れて、薄サングラスとして使っていただくのも
可愛さとカッコ良さを出せていいかもしれません

Col.04 Moss Green / Gold

IMG_1356今回入荷してきた中でも、個性的なカラーリング

カーキマット

カーキマットという名前ですが、少しグリーンが強いカーキです
カーキですが、明るい印象にもなってくれますので
ミリタリーになりがちなカーキが普段使いしやすいカラーになっています

IMG_1361

今までのbcpcらしさはありつつ、新しいbcpcの可能性も感じる
そんなカラーリングです

IMG_1363

マットカーキとヘアライン加工された
ゴールドテンプルの組み合わせもカッコいいです

IMG_1367

IMG_1364

個性的なカーキですが、意外とどんなシチュエーションにもマッチしてくれます

IMG_1370

以上が今回入荷してきたbcpcの新作です
オールチタンフレームの高級感を感じて頂ける一本です

平素よりメガネ工房AZをご利用いただきましてありがとうございます
お客様ならびに従業員の健康と安全確保のため
当面の間、下記の通り営業時間を変更させていただきます

AM10:00~PM18:00

定休日 木曜日

短縮営業に加え、当面の間【定休日】を設けさせて頂きます
お客様には大変ご不便をお掛け致しますが
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます

メガネ工房AZ

Just another サイト メガネ工房AZ 新着情報 site