装いも新たに《丸眼鏡》KameManNen 到着 part,1

クラシックなメガネを得意とする

《KameManNen》カメマンネン

logo1
実はこの度カメマンネンのロゴが変わりました。

元々の筆記体の様なロゴは↓

rogo

亀の甲羅のマークも、アルファベットも少しポップな印象になりました。
そんなカメマンネンの新作が入荷してきましたので
【徹底解剖】していきたいと思います。

その前に、少しだけカメマンネンのブランドについて
サラッとご紹介したいと思います。

ブランドロゴにも表記のある通り

<1917年>

から流行に流されることなく
鯖江で生産している眼鏡ブランドの1つとして生き続けています。

ブランドの名前にもなっていますが、コンセプトは
末永く使える丈夫な眼鏡であってほしいという思いで
ことわざである「鶴は千年 亀は万年」
から抜粋し「カメマンネン」と命名されています。

KameManNen 11 11 (111) CB/RG (RG) ¥46,000-(税抜)

IMG_7510

《ボストン型とキャットアイ型を合わせたような》
上品さを感じさせるレンズデザイン

になっています。
フロントのプラスチックのカラーは独特で
マットな質感なのに透け感のあるマットカラーです。

IMG_7511

目尻が上がってくれるデザインなので
目力がアップしてくれます。
きつくなり過ぎる印象もなく使えます。

IMG_7512

チタン製のブリッジにはブランドアイコンである

【亀の甲羅】

を施しています。

IMG_7513

細かい部分の造りが非常に丁寧なのが、カメマンネン
ブリッジとリム(フレーム部分)の接合部分も滑らかで綺麗です。
こういった細かい部分の仕上げ方一つで
細いフレームなどでは印象を変える要因の一つになります。

IMG_7519

アセテート生地に溝を掘り
チタンのリムを周りに巻き付けています。

IMG_7523

テンプルとフロントを繋ぐ、智元部分をカクっと鋭角に曲げて巻き付けています。

IMG_7516

テンプルはチタンオンリーの柔らかく、かなりバネ性の効くテンプルです。
フロントのスリムな印象そのまま、かなりシンプルなデザイン
少しフェミニンなイメージなので、こういった感じを探されている方は是非

KameManNen 11 10 (110) GR/AS (AS) ¥46,000-(税抜)

IMG_7529

こちらは先ほどの11 11 と同じ造りですが、デザインは

《ラウンド》丸眼鏡

フロントは、しっかり主張してくれる太さのアセテートになっていますので
少しメガネを目立たせて使いたい、といった方にはおススメなデザインです。

IMG_7531

智の位置を落としたデザインなので、柔らかい印象で使えるラウンドです

丸眼鏡でありがちな、キャラクターみたいになっちゃう・・・

といった状況になりにくいデザインです。

IMG_7538

細部の造りは11 11 と同じです。
華奢な部分もあるけど、頑丈な部分はしっかり頑丈にできています。

IMG_7537マットだけど、透けのあるグレイと、
アンティークシルバーの細いテンプルがまさしく

《カメマンネン》

らしい組み合わせです。
キャットアイ風の11 11 とは違い、渋めな印象を出すことが出来るデザインです。

KameManNen 11 10 (110) HAV/AG (AG) ¥46,000-(税抜)

IMG_7539

 カラー違いはコチラ
ブラウン系のハバナカラーです。丸メガネ系の王道カラーです。

IMG_7542

クラシックメガネと言えばこのカラー
と言わんばかりの王道さ加減

アンティークゴールドのチタン部分が拍車をかけてくれます。

IMG_7547

リム周りの甲羅は、見えない様でいて実はちょこちょこ見えます。
この模様があるかないかで、フレームのメリハリがだいぶ変わってきます。
IMG_7549

兄弟品番を並べてみました。
同じように見えて、カラーを変えるだけでも随分印象が変わってきますね

KameManNen 10 00 (100) AG (ATG) ¥46,000-(税抜)

IMG_7550

まさしく丸メガネ!という風合いのフロントのオールチタンフレーム
アンティークゴールドの質感が、カメマンネンらしいです。
IMG_7551

リム周りには甲羅マーク、ブリッジの繋ぎの付け方もかなりキレイです。
シンプルでスリムなフレームですが、インパクトは中々のモノ

派手さは無いけど、要所要所に渋さを感じます

アンティークだけど、オールチタン製のモダンなイメージ
カメマンネンならではの表現です。

IMG_7555

智元からテンプル周り
智元の堅甲なイメージから、スリムになっていくテンプルがいいです。

IMG_7558

先セルもチタンになっています。
亀の甲羅マークもキチンと刻印されています。

 まだ新作はありますが、続きはpart,2で【徹底解剖】していきます。

フランスからやって来た、クールな奴ら

J.F.REYから、かなり攻めたデザインのメガネが入荷してきました。
万人受けはしないけど、好きな方はとことん好きだと思います。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います。

J.F.REY MEMENTO col.1919 ¥52,000-(税抜)

IMG_7425

説明の必要があるのか?
という程、何からインスピレーションを受けたのか分かるフレームです
ブリッジを髑髏で繋いでいるかなりクールなフレームです。
ただでさえパンチのあるデザインの上、これまた個性の出る

《ツーブリッジ》仕様

スカルが好きな方には涎モノの一本ではないでしょうか?

IMG_7427

《スカル》

凄いです・・・
柄ではなく、髑髏そのものをブリッジにしてしまう思い切り
いい意味でぶっ飛んだデザインです

ネーミングの
<メメント>
メメントモリという言葉は耳にしたことはありますが
言葉を知っているだけで、あまりよく知りませんでしたので調べてみました。

メメントモリとはラテン語で「自分が(いつか)死ぬことを忘れるな」
「死を忘るなかれ」という意味らしいです。

そんな壮大な意味の込められた?MEMENTO

IMG_7433

テンプル周りも

<骨>

どこの部分の骨なのかは分かりませんが、想像するに
腕周りの骨?なのではないでしょうか?
テンプルは<腕>とも表現しますし

IMG_7434

どうしても骨の部分に注目してしまいますが、
フレームのマットな質感もカッコいいです。

IMG_7438
リム自体はかなり厚めの仕様になっています。
レンズが厚くなっても大丈夫な造りです。
レコードの様な溝が特徴的

IMG_7442

MEMENTOには、特別メガネ拭きが付いてきます。

スカルモチーフのフレームという事で
メガネ拭きの柄もスカル仕様になっています。

様々な動物の骨が、所狭しと並んでいます。
かなりクールなメガネ拭きなので
このメガネ拭き単体で欲しい方もいるのではないでしょうか?

IMG_7441

ケースもオリジナルのソフトケースが付いています。
大き目サイズもゆったり入るケースサイズです。
メガネ拭きまで含め、個性の塊のようなフレーム
スカルが好きなロックな方に是非掛けていただきたいです。

J.F.REY JF2840 col.3530 ¥44,000-(税抜)

IMG_7444

アジアンフィッテイングモデル
<各色限定50本>

日本人の使いやすい、立体感のある横長シェイプのデザイン
真正面から見た時には、そこまで尖った印象は受けませんが・・・

IMG_7448

テンプルには

「龍」

が彫られています
龍の口には
<宝珠をイメージしたスワロフスキー>
を埋め込んであります。

IMG_7449

龍が宝珠を咥えていますがこの龍、まさかの

<スカル仕様>

先ほどのMEMENTOと共に、今回は骨推しなのでしょうか?
分かりやすいスカル柄でなく、よく観察しないと分からない
さりげないスカルの感じがたまらなくカッコいいです

IMG_7454中々の立体感を持つデザインです。
立体的ですが、凄くゴツイ!という訳ではないので
見た時のインパクトよりもずっと掛けやすいです

IMG_7452

上から見るとこんな感じになっています。
フロントの立体感がとても印象的な事が分かります。

カラーもアンティーク系のレッドなので、色が出すぎることもなく
見た目よりもずっと馴染みの良いカラーになっています。

J.F.REY JF2840 col.0000 ¥44,000-(税抜)

IMG_7456

もう一色カラー違いも入荷しています。
ブラックをメインにしてあるクールな印象のカラーリングです。

IMG_7459

テンプルの龍はイエローで彫られています
龍が目立ってくれるカラーはコチラだと思います。

IMG_7462

ブラックで立体感がありますので、メリハリの効いた
メガネが主張してくれるカラーになっています。

IMG_7466

入荷してきた二本を並べてみるとこんな感じ。
お好きなカラーはどちらでしょうか?

以上がフランスからやって来た、かなりヤンチャなフレーム。
万人受けするフレームとは言えませんが

好きな方にはこれでもか!

と心に刺さるフレームかと思います。
恐らくリピートがかかる事は無いであろうフレームなので
気になる方は是非実物を見にいらしてくださいませ。

《SNS》やってます!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
気が付けば、ほぼ土曜日更新になってきているブログ
そんなブログよりも、まめに更新しているのが

<SNS>

一応メインどころのSNSには手を出させていただいていて

<Twitter>

<Instagram>

<Facebook>

の3つを更新しています。
SNS関係の記事は、連動させてありますので、基本的に内容は同じになっています。
皆様の閲覧しやすい媒体でご覧くださいませ。

新しいメガネの入荷情報などは、SNSが早いです。
基本的に、SNS関係を担当している
スタッフWがいる時に更新しています。

Instagramに紐づけされているので
Instagramで見ていただくのが一番見やすいかもしれません。
ブログとは違ったAZも是非ご覧くださいませ。

<ブランドディスプレイ>

前回のブログでディスプレイの話が出ましたので
今回は各社のオリジナルディスプレイをご紹介したいと思います。
POPやディスプレイも、各社様々な種類をだしています。
変わり種から正統派まで、AZにあるものの中からいくつかピックアップしていきます。

【KAMURO】

「美・観・楽・遊」というコンセプトのブランド
アクセサリーの様なメガネを出すブランドのディスプレイは
世界観を表現するように、
落ち着きはありつつ、可愛さも表現できるディスプレイになっています

タペストリーや金属製のPOP立てもKAMURO感満載です。

IMG_6934

シンプルなバージョンと
テンプルを埋め込んだ?ちょっと変わり種のディスプレイです。

IMG_6930

KAMUROらしく、ロゴを七宝のカラーで埋めています。
花や葉っぱモチーフの柄になっています。
ブランドイメージがディスプレイに集約されています。

IMG_7391

春の展示会でお目見えした新作ディスプレイ
メガネのテンプルにPOPを挟み込むこともできる
<機能性も持たせてあるディスプレイです>

【LABYLINTH BY 影郎デザインワークス】

影郎デザインワークス
のディスプレイは
《一癖も二癖もあります》

IMG_7395

デザイナー完全手作りの

《謎のディスプレイ》

モチーフが何かとか、謎の多いディスプレイですが
ブランドイメージと完全にマッチしています

IMG_7397

一筋縄ではいかない、個性的なフレームが多い影郎コーナー
そんなコーナーの雰囲気を更にアップさせてくれるディスプレイになっています。

【JAPONISM】

JAPONISMのディスプレイはブランドイメージを具現化したような
クールな印象のディスプレイです。IMG_7404

ドライバーセットをディスプレイにするあたりが
何だかJAPONISMらしいです。
ドライバーはJAPONISMのロゴ入りで、持ち手まで金属で仕上げています。

IMG_7402

3本セットではない、1本バージョンも存在します。

《10th ANNIVERSARY》

と刻印のある通り、
10周年の際に作られたディスプレイです。

《20周年記念》
オリジナルロゴメガネ拭き

IMG_9828

がリリースされたのが3年前の2016年
ドライバーはもう10年以上前のディスプレイ
という事になります。
こうして振り返ってみると歴史を感じますね。

【ic!berlin】 IMG_7406

(何か写り込んでいますが、気にしないでくださいませ・・・)
ic!berlinのディスプレイは、ブランドのアイデンティティ

《ネジを使わない》

構造を取り入れたデザインになっています。
実際にメガネに使われている素材をそのまま使っています。
素材だけでなく、製造方法も同じです。
違うのはメガネの形ではないという事のみ。

IMG_7411

といいつつ、実はメガネ型もあったりします。
これだけでブランドに興味を持ってもらえるような
インパクトのあるディスプレイです。

 【G4 OLD&NEW 】

IMG_6634

G4はメガネの分解図をディスプレイにしています。
意外とメガネに使われているパーツって多いんだな、と思います。
クラシカルなG4らしい、渋いディスプレイです。

 ディスプレイはブランドのイメージを伝えるのに最適なアイテムです
メガネを見るついでに、少し気にして見て見るのも面白いですよ

【TAYLOR WITH RESPECT】番外編 ケース&ディスプレイ

前回のテイラーブログはリピート入荷分を紹介しました。
今回は番外編として

<ケースやディスプレイ>

をご紹介したいと思います。
まずはケースから行きたいと思います。

2017年AWに発表したオリジナルアイウェアブランドの

《TAYLOR WITH RESPECT》

オリジナルケースが付いてくるのですが
このオリジナルケースが早くも3代目に突入しています。
AZには初代を含め、TAYLOR WITH RESPECTのケースが全て揃っています。
初代ケースからご紹介していきます。

IMG_7371

初代ケースは、四角いネイビーケースです。
触り心地の気持ちいいハードケース

IMG_7373

中はこんな感じです。
《TAYLOR WITH RESPECT》の刻印がいい味を出してくれます。

2台目はネイビーからブラックにカラーが変わっています

IMG_7378

いかにもメガネケース!といったシンプルなケースです

IMG_7377

中の刻印は、高級感のあるゴールドで仕上げてあります。
テイラーのメガネを引き立ててくれる影の立役者です

そして今回新たに3代目のケースが登場しました!

今回のケースは今までの形状とは違います。
今まではハードケースでしたが、今回は持ち運びに便利な

『ソフトケース』

IMG_7382

ソフトケースで柔らかいですが、芯材が中に入っていますので
カバンの中に入れ持ち運びをしても潰れにくい仕様になっています。

IMG_7383

TAYLOR WITH RESPECT

の刻印は、ケースを開くと現れます

IMG_7385

ケースの真ん中には出っ張りがあります。
ブリッジを乗せて安定させることが出来る機構になっています。

IMG_7388

今までのケースを並べてみました。
それぞれ特徴があって面白いです。

そして今回、新たなディスプレイが登場します。

IMG_7364

木製のディスプレイが新登場
素材は東北地方の栗の木を使用しています
軽く、堅い、触り心地の良いディスプレイです

IMG_7367

<ファニチャーホリック製>
ファニチャーホリックは福井県にて、オーダーメイド家具や小物の製作をしています
ガイアの夜明けにも取り上げられた事のある家具メーカー

IMG_7369

同じ福井県で作られた TAYLOR WITH RESPECT との相性は抜群

《仕立てる》

というテイラーのコンセプトも含め、木のディスプレイは映えます。

テイラー番外編でした。
メガネフレームだけでなく、ケースや世界観を表現するディスプレイも
ブランドイメージを構成する重要な要素の一つです。
様々なブランドが様々なディスプレイ・ケースなどを用意しています。
AZに並べてあるディスプレイもブランドによって様々。
よろしければ、ちょっとだけ気にして見ていただくと嬉しいです。

【TAYLOR WITH RESPECT】リピートフレーム続々入荷!

slider-bg_tl

すっかり店頭のフレームも少なくなってしまっていた
【TAYLOR WITH RESPECT】
春の展示会でのリピート品がしっかり入荷してきました!

union ユニオン Col.05 smoke¥38,000-(税抜)

IMG_7304

unionが、新たなパーツになり再登場です。

さて、どこが新しいパーツになっているのかわかりますか?
↓の画像は以前のunionです。

IMG_0068
どうでしょうか?お分かりになりますか?
今まではブリッジ部分の留め部分が、ネジ一本で留められていました。
ネジ一本で留められていますので、
条件によっては、グラつきが出てしまう事がありました。

IMG_7309

今回はグラつきを無くすためにブリッジを改良し、新しい留め方にしています。

ネジを2本使って留めますので
緩むことはほぼなくなります

実はこの新しいブリッジは、新作の為に作られたブリッジを使っています。
その辺りの詳しい話は、新作の記事でお伝えしたいと思います。

IMG_7315

新色のスモーク は

業界初の表現方法である
クリアスモークに砂打ちによるグラデーションマット

とても難しい技術ですが、腕の立つ一人の職人に依頼し、成功したカラーです。
グラデーションを成功させるために、
目見当で一つ一つを加工し、熟練の技術によって商品化が可能となりました。

IMG_7316

マット部分は滑らかなマット感で、質感はザラザラしているというより
サラサラしたシルキーな触り心地です。
そんなマットな部分がグラデーションでツヤに変わっていきます。
独特なマットの風合いがとても綺麗です。

 union ユニオン Col.04 Brown Demi¥38,000-(税抜)IMG_7318

クラシカルな風合いのブラウンデミも入荷しております。
王道で使い勝手の良いカラーです。

 sole ソル 07. Black & Damaged Gold ¥38,000-(税抜)IMG_7325

入荷すると、すぐお嫁入りしてしまうと噂の<ソル>も入荷しています。
ウェリントンタイプの、使いやすいデザインが評判のいい一本です。

IMG_7328

フレーム裏のダメージカラーがいい味を出しています。

IMG_7326

フロントのブラックの部分は、職人が色を塗っています。

15df912d-3d49-419f-927e-10d08c3cd20d

上の画像の様に、手で丁寧に染色剤を塗ります
長年の経験と技術、選び抜かれた道具により、
最善の技術が編み出され、品質の高い商品が生まれます

sole ソル 04. Navy & Silver Gradation ¥38,000-(税抜)

IMG_7331

ネイビーからシルバーに変化するグラデーションカラー

IMG_7334

青の質感がたまらなくカッコいいです。
グラデーションカラーは機械ではなく、人の手で染められます

15356bea-c24a-4ff7-be3d-f0a6c1eb88e6

フレーム自体を染色剤へ漬け込む作業です。
人の手で、目で見てグラデーションカラーを作っていきます。

IMG_7339

様々な技を使ってテイラーらしいカラーは仕上げられます。

hati ハティ 04. Mat Black ¥38,000-(税抜)

IMG_7340

テイラーのフレームの中で
唯一のハーフリムナイロールタイプ

デザインは《ソル》がナイロールになったような感じ

IMG_7344

左がソルで、右がハティ
こうして比べてみると、レンズデザインも似ているのですが
ぱっと見では全く違うようなデザインに見える不思議

IMG_7342

ハーフリムなので、柔らかく優しい印象で使えます。

hati ハティ 01. Damaged Silver ¥38,000-(税抜)

IMG_7348

テイラーいえば!なダメージシルバーカラーも再入荷しています!

IMG_7350

渋くカッコいいです

IMG_7354

SKOLL スコル 05. Black & Damaged Gold¥39,000-(税抜)

IMG_7355

内わっぱにプラスチックを用いるところを
メタルに置き換えたフレーム

細いですが、内わっぱの主張はかなり出てくれます。
黒と金の派手めな配色ですが、全体的にスリムなので
高圧的な印象にはならず使うことが出来ます。

IMG_7357

内わっぱが、メリハリを生んでくれます

IMG_7363

デザインはソルに近いイメージです。
左がソルで、右がスコル
内わっぱがある分、スコルの方がフレームの主張がしっかり出ています。

以上がテイラーの再入荷分です。
どれも人気モデル・人気カラーなのですぐ無くなってしまうかも・・・
気になる方はお早めに!!

【VioRou ヴィオルー】sakura

新作のヴィオルーが入荷してきました。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

sakura col: AG Antique gold ¥38,000-(税抜)

IMG_7255

“sakura”

と呼ばれる新作
ヴィオルーではすっかりお馴染みになった

“三つ編みチタン”

を使ったフロントデザインです。
細いチタンを三つ編みにして、デザイン性と柔らかさを両立させています

IMG_7257

レンズデザインは性別関係なく使っていただける
ウェリントン風なデザインです。

IMG_7259

三つ編みのリム部分は細いですが
質感や風合いが独特で、意外と目立ってくれます。
よく見ないと気が付かないけど、実はこだわっている部分もあります

IMG_7261

三つ編みの部分とヨロイという部分を繋ぐ接合部分

この部分だけツヤの加工をしています。
よく気を付けて見ないとわかりませんが
このツヤがフレームにメリハリを与えてくれます。

IMG_7265

《チタンパッド》を使っています。
高級感はさることながら、抗菌作用にも優れるパッドです。
ヒンヤリして気持ちいいです。

sakura col: 000/PT Black/Platinum ¥38,000-(税抜)

IMG_7267

リムカラーがブラックのバージョンも入荷しています。
先ほどのアンティークカラーと比べて
リムのカラーとブリッジ・テンプルのカラーを変えています。

IMG_7270

ブリッジ形状もヴィオルーらしい
ツンと出ている可愛さがあるブリッジです。
IMG_7273テンプルは、丸いチタンの芯を使っています。
シンプルながら、高級感あふれるテンプルです。

凄く柔らかいという訳ではないですが、軽くちょうどいい硬さなので
掛具合はとてもいいです。

IMG_7275

ヴィオルーのシリーズはいくつかシリーズがあるのですがこのsakuraは

“S”tandard series

に属します。
ヴィオルーの中でもスタンダートなデザインがこのSシリーズになります。

IMG_7272

ヴィオルーの中ではスタンダートなデザインですが
メガネ単体として見ると、そこまで落ち着き過ぎている訳でもありません。
攻めすぎているわけでもなく、普通過ぎるわけでもない
それがヴィオルーの良さでもあります。

IMG_7285

ヴィオルー専用ケース
中々目を引く、黄色と茶色のツートンカラー仕様です。
ケースだけでもインパクトがあります。

IMG_7291

フレームと並べてみました

ちなみに今回のsakuraは、以前出ていたモデル

“takashi”

IMG_7292

とデザインが近いです。
似た部分もあり、違う部分もありそれぞれが良いデザインです。

IMG_7297

sakuraの方がレンズサイズが大きく
takashiの方は少し小ぶりです。
サイズ感をゆったり使いたい方はsakuraをおススメします。

IMG_7301

レンズサイズはsakuraの方が大きいですが、
ヨロイ部分の長さはtakashiの方が長いです。
一見すると分かりにくい部分ですが、この少しの違いでも顔に乗せると
表情の違い、デザインの違いが出てきてくれます。

以上が今回入荷してきたsakuraです。
新作のヴィオルーは、まだこれから入荷してきます
そちらは入荷次第、SNS含めアップしていきますのでお楽しみに!

《KAMURO》名作カムバック

展示会が終わり早や数週間
早速、KAMUROの注文分が入荷してきました。
今回入荷してきたモデルは、過去に人気だった

《serta》《disco》

のレンズサイズを大きくしたモデルが入荷しています。
では早速入荷モデルを【徹底解剖】していきたいと思います。

KAMURO serta2 col,508 デミ

IMG_7212

セルタと比べ、縦の幅が少し大きくなっています。
最近のトレンドに合わせて、ゆったり使えるサイズ感です。
縦幅は大きくなったとは言え、大きすぎる事もない絶妙なサイズ!
sertaはラテン語で

「花輪」

花や葉っぱをモチーフに、ラインストーンや七宝で飾ったフレームです。

IMG_7214

レンズサイズは大きいですが、間違いなくセルタです。
今までのセルタだと、少し細いかな・・・
と思われた方でも満足される事間違いなしです

 IMG_7215

フロントはそこそこおとなしいセルタ2ですが、
その本質はテンプル周りに集約してあります。

IMG_7217

花や葉っぱのイメージを、KAMUROお得意の

《七宝&ラインストーン》

で仕上げています。
フロントはそこまでキラキラ感も強すぎず、テンプルはしっかり派手めに
このメリハリがセルタらしいです。

IMG_7220

七宝やラインストーンの埋め込みは、完全に人の手で行われています。
一本のテンプルを作るのに、結構な時間をかけて仕上がる
豪華なテンプルになります。
アクセサリーの様な風合いで、カッコよさと可愛さの両方を兼ね備えています。

KAMURO serta2 col,8001 ブラウン

IMG_7199

フロントはデミカラーよりも抜けのあるブラウンカラーです。
裏の生地にターコイズブルー系の生地を合わせてあります。
立体感とカラーの出方がキレイです。

IMG_7201

ターコイズ系のカラーをメインで使っていますので
爽やかな印象を出すことができます。
クールになり過ぎない可愛さといった感じでしょうか

IMG_7204

ブルーの感じが意外と派手かな?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
顔に乗せてみると、綺麗に横顔を彩ってくれます

IMG_7210

近づいてみると、こんな感じです。

KAMUROでしか表現できない
七宝とラインストーンのコラボレーション

IMG_7223

フロントは少し濃いめですが、全体的に馴染みやすいデミ
フロントは馴染みやすいですが、テンプルは割と個性的なカラーのブラウン

好みの表情はどちらでしょうか?
ぜひ掛け比べてみていただきたいです。

 次はdisco2です。

kamuro disco2 col.K60E(シャイニーブラック)

IMG_7242

ディスコにある、ミラーボールのモチーフの一本

金属製のボールにラインストーンを散りばめ、ミラーボールを表現しています。
そのディスコのレンズサイズが大きくなったバージョン

IMG_7245

セルタ2と同じく、立幅が大きくなっても
大きくなり過ぎることもなく、野暮ったいイメージもなく使えます。

IMG_7247

デザインモチーフになったミラーボールは、派手なイメージの方も多いと思います
ですがこのディスコは丁度いいアクセントとして主張してくれます

ミラーボールに埋め込まれている、ラインストーンは
ランダムな配置になっています

左右のミラーボールでも色の入り方は違います。
ちょっとした遊び心が面白いです
IMG_7238テンプルの形状はかなり独特な形状になっています。
ギザギザで凸凹な少し変わっている感じ
個性的だけど、実際に掛けてみるとそこまで突飛になりすぎないテンプルです

kamuro disco2 col.14025B/COP(シャイニーレッド)IMG_7231カラー違いはコチラ
カムロがお得意なシャイニーレッドをベースにしたカラー
派手に見えて案外そうでもないカラーです

IMG_7234

レンズの縦幅はしっかりありますので、レンズ縦幅が必要な
中近レンズを入れていただく事も可能です。

IMG_7237

ミラーボールのラインストーンは

ピンクオレンジのラインストーンが規則正しく並べてあります

ランダムに並べられたストーンとは、また違った良さがあります。
IMG_7241横からの形状はこんな感じ
特殊な形状ですが、掛具合は掛けやすいチタン製のテンプルです。
IMG_7253左はディスコ、右がディスコ2
こうして比べてみると、ディスコ2のレンズの縦幅が大きい事が分かります。

細目で使うのであればディスコ
少しゆったり大き目サイズでつかうのであればディスコ2

そういった使い分けをしてもいいかもしれません

以上が、名作のバージョン違いです。
同じフレームでもサイズ感が違えば、印象も変わってきます。
セルタは2と比べていただく事はできませんが
ディスコは一本だけありますので2と比べてみていただく事が可能です。
是非バージョンの違いを実際に確認してくださいませ。

【谷口眼鏡 TURNING】定番や個性派な新作が到着です

谷口眼鏡のブランド

【TURNING】

ターニングの新作が入荷してきています。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはターニングのスタンダートシリーズである

<ターニング>

の新作から紹介です

TURNING T-184 col.01 クロ¥32,000-(税抜)
IMG_7162

ウエリントンデザインで、リム周りは太めな程良い存在感の一本
肉厚ですが、決して目立ちすぎる事も無い厚みになっています。

IMG_7165フロントは、厚みのある無骨さと
カシメの〇模様が良いアクセントになってくれます。

IMG_7166

好きな方にはとことん

“刺さる”

デザインだと思います。
黒のツヤがとても綺麗です。太めのフレームと黒の渋さがカッコいい
王道太めセルフレームです。
カラーレンズやミラーレンズをいれて、サングラス仕様にするのもカッコいいです

TURNING T-184 col.03 ブルーホーン¥32,000-(税抜)

IMG_7170

<ブルーホーン>

名前にもある通り、

青のフレームの中に骨っぽい柄が入っている
中々見ないアセテート生地を使っています。

IMG_7173

ブルーと言っても青々している訳ではなく
実際に顔に乗せてみると、ブラウンっぽくも使えます。

IMG_7178

今までのターニングと比べても、エッジが立っています。
フレームのフチが丸くないので
柔らかい印象というよりも、無骨な印象を出すことが出来ます。

 IMG_7179二つを並べるとこんな感じ。

TURNING T-185 col.01 クロ¥32,000-(税抜)

IMG_7181先ほどのT-184と同じく、エッジが効いています。

デザインは王道にボストンシェイプ
レンズデザインも丸過ぎないので、キリッとした印象も出てくれます。

IMG_7182

クラシックフレームのブリッジデザインと言えばこの

《キーホールブリッジ》

さり気ないブリッジデザインなのですが、これがあるだけで
デザインにメリハリが出てくれます。
IMG_7185
王道なデザインを凝縮したフレーム

IMG_7187

フロントからテンプルに掛けてのエッジがキレイです。
実際に触っていただくと、カドがしっかり立っているのが分かります。

TURNING T-185 col.02 デミ¥32,000-(税抜)

IMG_7190

こちらのカラーも

ボストンの王道《デミ》カラー

しっかりカラーが主張してくれる黒とは違う
合わせやすく、個性的にも使えるデミカラーです。

IMG_7191

黒が王道なら、デミは定番って感じでしょうか?
どちらも無くてはならないカラーになっています。

IMG_7197

王道と定番を並べてみました。
カッコよさと渋さが堪りません。
デザイン的にも大きさ的にも、性別関係なく使えてしまいます!

お次はターニングのセルロイドシリーズからのご案内です

TURNING CELLULOID 殿上 col.01 クロ¥34,000-(税抜)

IMG_7147

セルロイド生地は、ボリューミーな8ミリ厚
ごつめですが、落ち着いた大人なイメージで使えます

セルロイド生地独特の重厚でツヤのあるメガネ
生地の磨き具合はさすが「ターニング」です

IMG_7158

カドは無く、丸みがあります。
この雰囲気が分厚い生地の無骨さをやわらげます。
威厳はあるけど威張り散らさない、そんなイメージ

IMG_7148

手間をかけて磨かれた生地の質感は、大量生産品のメガネとは違います。

カシメのパーツは中々珍しい□のカシメパーツです。

IMG_7150

〇のカシメと違って無骨な印象を受けます。
ちょっとしたパーツの形状の違いで全体のバランスも変わります。
IMG_7157

黒い生地なので見えませんが、テンプルの芯にはチタン製の芯を使っています。
チタンの芯は丁度いい、しなりを生んでくれます。
見えない部分も、掛具合を含め職人技が詰まっています。

最後は

TURNING Plama P-2211 col.03 ランコウ¥22,000-(税抜)

IMG_7140

<TURNING Plama>

というスタンダードなフォルムとライトなフィット感
アセテートの多彩な表情をお楽しみいただけるシリーズの新作

小ぶりでコロンとしたオーバルシェイプ
TURNING初期モデルのリデザイン版になっています。

IMG_7142

これぞまさしくオーバル(楕円型)のデザインといった感じです。
最近ではあまり見かけなくなってきたけど、
好きな方はとことん好きなオーバル型

IMG_7143

定番のオーバルですが、カラーはかなり個性的なカラーになっています。

クリアイエロー系のランコウというカラー
キャラクター的な個性を出すことが出来ます。
笑福亭笑瓶師匠を彷彿させます。

IMG_7144

テンプルはデミカラーを使っています。
全てイエローではないので、意外と馴染んでくれるかも?しれません

サイズ的に小ぶりですので、小顔の方は勿論
強度近視の方にもおススメだったりします。

TURNING Plama P-2211 col.02 ハバナブラウン¥22,000-(税抜)

IMG_7130

使いやすいカラーのブラウンもあります。
先ほどのカラーと違い、落ち着いた柔らかい優しい印象が出てくれます。

IMG_7133

普通っぽいカラーで、デザインですが
安っぽく感じないのは、谷口眼鏡の造りの良さを物語っています。

IMG_7136

柄の入ったテンプル芯が透けています。
このさり気なさが良いですね。

以上が今回入荷してきたターニングです。
定番モノから懐かしい感じのデザインまで揃っています!
谷口眼鏡の神髄を感じてみてくださいませ

【影郎デザインワークス】PORNOⅤ登場

新作の展示会から戻ってきて間もなく
影郎デザインワークスの新作が到着しました。
早速【徹底解剖】してみたいと思います。

PORNOⅤ(ファイブ)

IMG_7112

今回入荷したモデルは、シンプルながら影郎イズムを感じる
使い勝手はいいけど決して普通過ぎないデザインで
プラスチックフレームの初代

「PORNO」

のメタルバージョンとして誕生した一本です。
カラー展開はパーソナルカラーに沿った4色と
アンティークなカラーであるスチームパンクカラーの全5色展開になっています。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SPR ¥40,000-(税抜)

IMG_7059

PORNOのメタルバージョンというコンセプトですので
フロントデザインはPORNOのイメージそのままで使うことが出来ます。
左右非対称になっているデザインも、そのまま引き継ぎで作られています。
しかし、初代PORNOをただ単純にメタルバージョンにしただけではありません!

IMG_7122

上のフレームは、プラバージョンPORNOですが
プラバージョンのPORNOは、特徴的な柄の部分をドリルで切削して
そのままドリル痕を残している仕様でした。

今回のPORNOVも、同じように柄の部分はドリルで切削しています。
ただ、Vの場合はそのドリル痕をとある手法で埋めています。

IMG_7068

《七宝》

をドリルで切削した部分に流し込み、プラバージョンではあえて残してあった
切削痕を埋めています。

<切削痕が残る少し無骨なプラバージョン>

<七宝を埋め込んで綺麗に仕上げてあるメタルバージョン>

といった使い分けが出来そうです。

IMG_7064

フロントが特徴的なメガネなので、
テンプル周りはシンプル目にまとめています。

IMG_7067

七宝部分はこんな感じのツヤ感
ぷっくりとして可愛いです

IMG_7115

パーソナルカラーを取り入れたカラー展開なので
前に貰った、カラーチャートに乗せてみました。
春のカラーチャートに馴染むフレームカラーになっています。

このSPRカラーは、<キュート>がテーマです。
元気で可愛らしく小粋なイメージで作られています

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SUM ¥40,000-(税抜)

IMG_7070

 こちらはサマーカラー
今回のカラー展開の中でもキレイなカラーリングです。

SUMのテーマは<エレガント>
デリケートな優しい雰囲気のイメージで作られています

IMG_7072

ネイビーカラーにピンクの七宝を合わせた
可愛いイメージで使えます

IMG_7075

ネイビーとピンクのコントラストがはっきり出ています。

IMG_7118

サマーのカラーチャートに乗せるとこんな感じです。

ブルーベースでマット系な方にはこのカラーが最適です

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,AUT ¥40,000-(税抜)

IMG_7076

オータムカラーはグリーン系です。

AUTカラーのテーマは<ゴージャス>
大人っぽく豪華で優雅なムードを演出してくれるイメージです

IMG_7078

落ち着きもありつつ、優雅さも感じるカラーです。
グリーンの七宝のさりげなさと、主張する感じが絶妙です。
目立ちすぎないけど、ちょっと個性的な感じが良いです

IMG_7082

 キラキラした、ストーンや七宝をしている訳ではないけど
どこか品の良い感じのオーラを出してくれるカラーではないでしょうか?

IMG_7119

カラーチャートはこんな感じ。
イエローベース肌でマット系な方にはまってくれるカラーです。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, WIN¥40,000-(税抜)

IMG_7085

濃いネイビーと、アイボリー系の七宝がキレイなカラー

こちらのテーマは<クール>
ブルーベースでコントラスト高めの人にピッタリです。

IMG_7087

カッコよさとクールさを感じるフロントカラー

IMG_7091

クールとは言っても、冷たい印象ではなく
七宝のツヤも相まって、どこか優しさも感じます。

IMG_7120

カラーチャートに乗せるとこんなイメージ

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, スチームパンク¥40,000-(税抜)

IMG_7094

パーソナルカラーの4色とは違い
七宝も使わない無骨なスチームパンクカラーもリリースしています。

アンティークなイメージで
真鍮の様な質感を持つカラーです。

IMG_7098

アンティークショップから出てきたような
お宝感あふれるカラーになっています。

IMG_7101

七宝バージョンだと隠れるドリルの切削痕をあえて残す
プラバージョンのPORNOの様なフレーム。

ある意味、このスチームパンクカラーが
PORNOのチタンバージョンの真の姿かもしれません。

IMG_7102

カッコよさと渋さ、それでいてシンプルさも持っている
そんなカラーの一本です

ちなみに今回納入分から

IMG_7107

newケースになっていました。
今までの丸みのあるケースから、細長い四角ケースになりました。
ブランドロゴ周りも少し変わっています

IMG_7109

以上が今回入荷してきたPORNOVになります。
使いやすいデザインの中に、キチンと影郎感を感じるデザインになっています。
是非実際に掛けてみて、カラーの綺麗さを感じてみてくださいませ。

Just another サイト メガネ工房AZ 新着情報 site