<カーボンメガネ>登場!

突然ですがカーボンと聞いて、皆様は何を思い浮かべますか?
聞いたことはあるけど、あまりピンとこない方もいらっしゃると思います。
カーボンは

航空機
宇宙開発の分野
レーシングカー
スキーの板
自転車のフレーム
ゴルフのシャフト
釣竿

などに用いられている事があり、意外と身近な所でお世話になっている事もあります。
そんなカーボンの特徴は、

とにかく軽くて高強度、高剛性で熱にも強いこと

そんな様々な分野に使われているカーボン
そんな万能素材は、メガネにも使われています。

 現在在庫はありませんが、AZにもカーボンフレームがありました。

詳細はコチラ

AZからカーボンフレームが無くなってしまい、暫くたちましたが
久々にAZにカーボンフレームが帰ってきました!!
今回入荷してきたのは前回入荷していたJAPONISMのカーボンではなく
三光光学がリリースするブランド

“dun ドゥアン”

のカーボンフレームです。

DUN-LC-012

IMG_6391

ドゥアンの中でも、
ラグジュアリーコレクションというシリーズに属する特別な一本
テンプルにコンポジットカーボンを使い、カーボン独特の質感を出しつつ
ドゥアンらしい、軽いかけ心地を実現しています。

IMG_6393

フロント形状は、ドゥアンらしく厚みのあるチタン製
フロントの前面だけカラーを変えているのがニクイです

IMG_6398

シンプルで力強い印象の立体的なブロウになっています。
スッキリしているのに、ちょっとしたゴツさも残しています。
どんな状況にも合わせやすいデザイン

IMG_6412

このフレームの最大のポイントである

“カーボンテンプル”

これぞカーボン!的な柄がカッコいいです

IMG_6401

チタンにカーボンを貼っているのではなく
カーボンを重ね合わせて厚みをだした

<正真正銘のカーボンテンプル>

この厚みになるまでカーボンを何層も重ねて作り上げられる
見た目にも、強度的にも申し分ないテンプルです。

IMG_6404

カーボン刻印!

IMG_6410

 dunらしく、シンプルさの中に立体感のあるフレームに
特別な一本です。
ちなみにコチラのフレーム

第22回メガネ大賞
メンズ部門グランプリ受賞メガネ

になっています。
毎年秋に開催される、メガネ業界最大の展示会<IOFT>にて行われる
メガネ大賞は、国内外より今秋冬発表の新フレーム・サングラス
の中からデザイン・機能が最も優れている製品に贈られる
業界屈指のデザインアワード。
審査・選考は、日本メガネ大賞審査委員によって行われます

業界の人間なら誰でも注目する賞のグランプリを獲った
特別なフレームになります。

IMG_6407

デザイン・機能全てを兼ね備えた男心をくすぐるメガネです!
気になる方は是非、実物を見に来てくださいませ

影郎デザインワークス・カラーチャート編

今回のブログは普段とは少し違った観点からメガネをご紹介します。
似合う色は人それぞれ違い、生まれ持った肌・瞳・髪の色によって決まります。
それらをまとめたものが、

「あなたに似合う色」
パーソナルカラー

パーソナルカラーを身に着けると、美肌に見えたり、あか抜けて見え
イメージアップします。
また、ファッションやメイクの色選びの幅が広がるなど、
嬉しい効果が期待できるのがパーソナルカラーです
パーソナルカラーを身に着けると

・肌に透明感が出て美肌に見える

・若々しく健康に見える

・フェイスラインがすっきりして小顔に見える

・上品であか抜けた印象に見える

などの効果があります

そんなパーソナルカラーは大きく

「2つのベースタイプ」

に分かれます。
※青みがかった色が似合う

《ブルーベースタイプ》

※黄みを含んだ色が似合う

《イエローベースタイプ》

この「2つのベースタイプ」を更に「色の明るさ」に分類し
4種類に分類分け出来ます。これらは四季に例えられ

<スプリング>
<サマー>
<オータム>
<ウィンター>

と呼ばれています。
ご自身のパーソナルカラーが、どの季節に属するかを知るだけでも
メガネ選びにおいていい判断材料になります。

今回パーソナルカラーのブログを書くきっかけになったのが、

【影郎デザインワークス】

から、カラーチャートが送られてこられた事がきっかけです

IMG_6360

ご自身のパーソナルカラーが、どのベースなのかを確認できる
簡易チャートも付属してきました。

IMG_6362

送られてきた、パーソナルカラーチャートがコチラ
今回は、このカラーチャート表をフルに活用してみたいと思います。

 スプリング(イエローベース)

春のお花畑を思わせる、明るくクリアな色がお似合いになります。
スプリングタイプの方は、可愛らしい雰囲気で、
実年齢より若く見える人が多いのが特徴です。

IMG_6365スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《VANILLA》

SPRING系のパーソナルカラーの方に合わせて
馴染みつつ、キレイに色が出てくれます。

サマータイプ(ブルーベース)

初夏を思わせる、淡いブルーが入った明るい色や、
グレイッシュな色がお似合いになります。
サマータイプの方は、爽やかな中にも、
上品でエレガントな印象をお持ちの方が多いのが特徴です。

IMG_6382

スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《POISON》

影郎デザインワークスのイメージを具現化したような?
ブランドを代表するフレームです。
名前は毒々しい名前ですが、実際に顔に乗せるとそうでもないデザイン
そんなポイズンもパーソナルカラーに合わせて使ってあげると
馴染みつつ、デザインを目立たせることが出来ます。

オータム(イエローベース)

秋の紅葉をイメージさせる、深みのあるこっくりした色や
スモーキーな色が似合います。
オータムタイプの方は、知的で、
大人っぽい雰囲気をもたれている人が多いのが特徴です。

IMG_6383

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

フレーム名の通り、蟹をモチーフにしたデザインです。
AUTUMの落ち着いたベースに少し明るいカラーを合わせています。
フレームカラーは結構明るめに見えますが
カラーチャートに乗せても違和感がないのはさすがです。

ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の澄んだ空気に映える、はっきりした色や暗い色がお似合いになります。
ウィンタータイプの方は、クールでシャープな雰囲気で、
独特の存在感を持つ人が多いのが特徴です

IMG_6414

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

落ち着いた濃いカラーですが、WINTERのチャートに乗せても
フレームのカラーが重いとか、そんな印象もなく自然な色合いになっています。

カラーチャートにそれぞれ同じ系統のカラーを乗せたものが以上になります。
やはりフレームがベースカラーを考慮したカラーになっていますので
カラーチャートに乗せてもかなり馴染みます。

IMG_6416

WINTERのチャートに、バニラのSPRINGカラーと
KANIのWINTERカラーを乗せました。

 上のフレームがバニラで、下のフレームがKANI
SPRINGカラーのバニラは少し色味が浮いている様にみえます。
チャートに合わせたKANIのWINTERカラーは、色味が馴染んでいます。

色の合わせ方で、相手に与える印象はグッと変わります。
ご自身のカラーが、どの系統のベースなのかを知ることで
どんなカラーがご自身に似合うのか?一つの判断材料になると思います。

チャートはお店に置いてありますので
簡易的にご自身のパーソナルカラーチェックはしていただけます。
気になる方は是非お試しくださいませ

【BOSTON CLUB 】ボストンクラブについて掘り下げます part,2

前回から引き続き、ボストンクラブを掘り下げていきます。
今回は、女性ユーザー様向けのブランドである

【BCPC】

「 モードで楽しむ 」

JAPONISMから遅れる事2年
1998年にBCPCはスタートします。

ブランドネームのままに、面白いと感じたアイディアを形にしています。
味気のない視力矯正の道具としてのデザインではなく、

ファッションのスパイスになるように、また、あるだけで生活が
「こころよい」「楽しく」なるように、「着替える」「楽しむこと」
をコンセプトとしたフレームです。

日本人に似合うカラー(色目)の選出・創造を心がけ
シェイプは基本的に主張しすぎないものとし、睫毛が当たらないオリジナルパッドなどパーツ・構造に配慮し、メイドインジャパンの気持ちの良い掛け心地を実現しました。

BCPC BP-3130

IMG_6027

BCPCのメガネのイメージと言えば
細長いオーバルシェイプのイメージの方も多いと思います。

BCPCの新作は
その時代のトレンドを意識したメガネをリリースすることが多いです。
スタッフWは、BCPCを知った時期が
オーバルの綺麗なアセテート生地のデザインを多く出していましたので
BCPCといえば、オーバルのイメージだったりします。

いつ頃BCPCを知ったかによって
ブランドのイメージも少しづつ違うかもしれません。
そういった意味でも面白いブランドです。

IMG_6028

フルーツをイメージしたフレームカラーで
オーバルシェイプの優しい表情を魅せてくれます。
デザインとしてはシンプルですが、カラーの出し方がBCPCらしいです。

IMG_6029

裏の生地を派手目にして、チラッと魅せて個性を出せるようにしています。
なんだか、学ランの裏刺繍みたいです。
シンプルなメガネだけど、普通過ぎないキレイなカラー
使いやすいけど個性的なイメージで使えます

BCPC BP-3243

IMG_6033

最近のトレンドを意識した

<BCPC STYLE>

スタイルシリーズは、大人の女性が肩の力を抜いて
スタンダート・ナチュラルをコンセプトに作られたシリーズです。

最近は、スタンダートのシリーズでもクラシカルなイメージの強いBCPCですが
このスタイルシリーズは、よりクラシカルな部分を前面にだしています。

IMG_6036

フロントにはチタンシートを使用し、断面に丸みが出るようなカットを施しました。
メタルでありながら、プラスチックフレームのような甲丸感と重厚感が特徴のモデル

IMG_6038

スタイルシリーズにはこのマークが刻印されています。
ナチュラル感を表す・・・木でしょうか?
気負わず、使いやすいクラシックなシリーズです。
ノーマルのシリーズよりも細めのフレームが多いのも
スタイルシリーズの特徴です。

BK-013

IMG_5990

「大人がかけているオシャレなめがねを
お子様でもかけたい かけさせてあげたい」

というコンセプトでスタートした、BCPCのキッズシリーズ
キッズフレームといえば、ピンクブルーといった
カラフルで可愛いデザインが多い状況です。
昨今、お子様のファッションも多様化し
大人と同じようにトレンドを取り入れたものも多いです。

トレンドに合わせてキッズのフレームも、
シンプルなデザインとカラーリングにすることで
お洋服に合わせるように、選択の幅をもっと広げたい
ファッショングラスとして大人っぽくかけたい、かけさせてあげたい
というお子様、親御様に向けて生まれました。

「ポジティブなイメージ」

フレームがチャームポイントとなり
魅力をさらに引き出してくれるような メガネをデザインすることで
多くの方がメガネに対して持ちがちな
「ネガティブなイメージ」
を変えていきたいと考えています。

IMG_6016

ブランドイメージも可愛い感じに仕上げています。
ブランドのイメージに双子のモデル

“りんな&あんな”

を起用しています。同年代のファッションリーダーとして人気のお二人。
彼女たちのお陰もあって、キッズフレームもクラシックブームが来ています。

IMG_5998

お子様のアクティブな動きにも耐えれるよう、デザインだけでなく
掛け心地や、壊れにくいパーツ・構造に配慮しつくられています。

IMG_6015

キッズフレームはオシャレじゃない!
というイメージを覆してくれるシリーズになっています

ボストンクラブがリリースするブランドは他にも

大人の女性をターゲットにした
《MUGET ミュウゲ》

約30年前の金型や図面を利用した復刻デザイン
《BOSTON CLUB ボストンクラブ》

などがありますが、AZでは扱っておりませんので割愛させていただきます。

キャプチャbosuton

ボストンクラブは、最近本社の隣のビルをリノベーションしています。
1Fは直営店
2Fには20周年を迎えたジャポニスムミュージアムとミーティングスペース
3Fにはメガネの新素材や機構を開発するラボ
4Fはイベント等も行えるフリースペース

今までは、東京銀座にある直営店しかありませんでしたが
遂に鯖江の本社近くに直営店が出来ました。
勢いを感じるボストンクラブの今後に益々期待します。

【BOSTON CLUB 】ボストンクラブについて掘り下げます

AZでも人気あるブランドである、JAPONISMやBCPCをリリースしている
<ボストンクラブ>
そのボストンクラブが雑誌に掲載されています。

【+act プラスアクト】

IMG_6051

と呼ばれる、映画やドラマ、俳優好きな方のための雑誌です。
その雑誌の中で、俳優の三浦春馬さんが連載をしている

IMG_6000
各県の

“日本製”

を取り上げるコラム
今回の連載では、鯖江のメガネの技術・継承・未来について
インタビューを受けています。その際舞台になったのが

【BOSTON CLUB ボストンクラブ】

ボストンクラブの社長である、小松原一身氏と対談もしています。
お店に雑誌がございますので、気になる方はご覧にいらしてくださいませ。
という訳で、雑誌でも特集されましたので今回はボストンクラブについて
ご紹介したいと思います。

ボストンクラブは1984年
メガネフレームのデザイン企画会社としてスタートしました。
BOSTON CLUBフレーム・サングラスの企画販売や
他社ブランドのデザイン・企画・OEM生産を中心にしていましたが
1996年にオリジナルブランド

【JAPONISM】

をスタートしました。
そこから今日に至るまで様々なコレクションを発表しています。
ボストンクラブの中でも、メインコレクションであるJAPONISM

AZの中でも男性人気ナンバーワンと言っても過言ではないです。

 JAPONISMはブログでも再三にわたり登場している
AZになくてはならないブランドです。
JAPONISMの中にもいくつかラインが分かれています。

メインである
<JAPONISM>

クラシカルな
<JAPONISM SENSE>

ネジを使わないシンプルな
<JAPONISM PROJECTION>

など、JAPNISMの中でもデザインやコンセプトを分けています。
まずはメインのJAPONISMからいきたいと思います。

JN-587

IMG_6003JAPONISMと言えば、シャープでキリッとしたデザイン

というイメージの方も多いと思います。
立体感はあるけど、ゴツ過ぎないのも人気の秘密だと思います。

IMG_6008

こちらのJN-587はリムを二股っぽくしています。
デザイン的なかっこ良さ、造りの頑丈さも相まって
非常にクールなかっこ良さを出してくれます。

IMG_6010
キレイなアセテート生地を使っています。
落ち着きのあるトーンだけど、複雑な模様になっているのも
JAPONISMが使用するアセテート生地の特徴でもあります。
JAPONISMがオリジナルで製作したアセテート生地もあります。

【スパイダー】

IMG_6320

とも呼ばれる、柄を

<蜘蛛の巣のように張り巡らせたアセテート>

完全オリジナルなので、他のブランドは使うことが出来ません。
こういったこだわりを持っているのも、JAPONISMらしさです。

次はクラシカルなイメージのメガネをリリースする

JAPONISM SENSE

JAPONISM JS-004

IMG_6041

センスシリーズはJAPONISMの中でも、クラシカルなイメージ
トレンドを抑えながらも、肩の力を抜いて掛けられる

そんなシリーズです。
そんなシリーズからリリースされるサングラスは
渋さの中にJAPONISMらしさを残したデザインにまとめています。

IMG_6047

JAPONISMらしい立体感とトレンドであるクラシカルを
上手くデザインしています。
ちなみにコチラのサングラスは

【跳ね上げ】

できます。トンネルや急に暗くなった時などに対応できるようになっています。
JAPONISMらしさとJAPONISMっぽくない部分があります。
クラシックなメガネを掛けてみたいけど、ちょっと難しそう・・・
そう思われている方におススメしやすいのが、センスシリーズです。

お次はネジを使わないシンプルなラインである

JAPONISM PROJECTION

JP-030

IMG_6017

「良いものと長く付き合うことで得られる心の豊さ」

をコンセプトとして考案されたシリーズであるプロジェクションシリーズ

IMG_6022

プロジェクションシリーズの心臓部である、独自のネジなし丁番

「ラダーヒンジ」

ジュラコン樹脂の一体削り出しパーツが、滑らかなあがきを

10万回以上維持する事が出来ます。

10万回開閉する事など早々ありませんので
実質緩まないといっても過言ではないです。
万が一緩んだとしても、パーツを変えること解消できます。

IMG_6024

長く使えて、パーツも変えられる
レギュラーシリーズのJAPONISMと、対極をなす

<無駄をそぎ落としたシンプルなデザイン>

長く使っていただける要素を盛り込んだシリーズになっています。

今回はボストンクラブのJAPONISM編
次回は、ボストンクラブの女性ユーザー様向けブランドを紹介です!

【オークリー×横浜ベイスターズ】到着!

少し遅れましたが、到着しました!

<ベイスターズコラボモデル>

早速ですが、【徹底解剖】していきます。

IMG_5976

レンズは他の2球団コラボと同じく、視認性を上げるレンズであるPRIZMを使用

【PRIZM SAPPHIRE】

ミラーはブルー系ですが、ベースカラーはブラウン系のカラーです。

IMG_5981

ポリッシュドホワイトのフレーム
アイコンのポリッシュドゴールドが程よく目立ってくれます。

IMG_5979

レンズにはコラボモデル限定である、チームロゴを刻印しています。

IMG_5982

ベイスターズらしいカラーでまとめてあります。
今回のコラボモデルの中でも爽やかなイメージです。

IMG_5985

マイクロバッグはベイスターズのロゴになっています。
ユニフォームを模したデザインです。

IMG_5987

裏面はオークリーのロゴがドドン!
とブルーベースでまとめ上げています。
かなり鮮やかなブルーなので、目立ってくれること間違いなしです。

IMG_5972

オフィシャルグッズの認証マーク

IMG_5989

コラボモデルは次はいつ出るのか分かりません!
気になる方はお早めに!!

【NPBコラボサングラス】Radar lock登場!

オークリーが、日本プロ野球チームとのコラボモデルをリリースしました。
今回は3球団とコラボしています。

【阪神タイガース】

IMG_5890

【横浜ベイスターズ】

(すみません・・・ベイスターズだけまだ入荷していません・・・)

【日本ハムファイターズ】

IMG_5878

今回は、RADARLOCKモデルが各球団カラーで登場されます。

オークリーとウェア契約を結んでいる
【日本ハムファイターズ】

オフィシャル・アイウェア・パートナーを結んでいる
【横浜ベイスターズ】

アイウェア契約選手が所属する
【阪神タイガース】
(鳥谷選手/藤波選手)

オークリーとルーツの深い球団を対象にした

《コラボサングラス》

になっています。プロ野球選手にも非常に支持の多い
<Radarlock>を、球団カラーをイメージしたカラーリングにしています。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_5863

まずは日本ハムファイターズモデルからいきます
実は、日ハムとオークリーは、チームアウターおよびトレーニングウエアを提供する

<チームアウターサプライヤー契約>

を締結しています。
オークリーブランドにおける、チームレベルでのサプライヤー契約は

日本プロ野球界では”初”です!

それほどまでに、オークリーとの関係が濃い
日ハムモデルのレイダーロックが↓のサングラスです。

IMG_5862

レンズカラーはコントラストを高めるレンズ

【PRIZM SAPPHIRE  プリズムサファイア】

が採用されています。
野球をプレイする際、ボールとフィールドのコントラストを上げてくれるカラー
ミラーはブルー系のミラーになっていますが
ベースのカラーはブラウン系のレンズになっています。

裸眼と比べて、格段に視認性が上がります

IMG_5867

テンプル周りは、こんな感じ。
日ハムのユニフォームのイメージがしっかり出ています。

IMG_5870

コラボモデル限定のレーザー刻印

球団ロゴをそのままレーザー刻印しています。
コラボモデルにしか許されていない特権です。

IMG_5914

ちなみにサングラスの外箱も、日ハム仕様になっています。
左下にあるシールがその証拠
少し近づいて見て見ましょう!

IMG_5916

日ハムオフィシャルグッズの承認シール
オークリーファンにも、日ハムファンに”刺さる”のではないでしょうか?

IMG_5918

ケースは既存のケースですが、コラボモデルには

“限定マイクロバッグ”

が付いてきます。
ファイターズのロゴ入りのサングラス拭きにもなる巾着袋です。

日ハムカラーを前面に押し出した、
ファンにはたまらない仕様に仕上がっているのではないでしょうか。

さて次の球団は

IMG_5879

阪神タイガースとのコラボモデルです。
タイガースらしく、黄色系統でまとめたカラーになっています。
レンズは視認性を上げるプリズムレンズ

【PRIZM RUBY プリズムルビー】

が入っています。コチラのプリズムルビーも、視認性の上がるレンズカラー。
かなり明るめのミラーですが、ベースカラーは
落ち着いたブラウンカラーになっています。
眩しさは抑えつつ、しっかりコントラストを高めた視野を確保できます。

IMG_5888

タイガース感?のあるテンプル。
主張のあるカラーリングになっていますので
サングラスの主張もしっかり出てくれます。

IMG_5884

チームロゴもしっかり刻印されています。
何度も言いますが

コラボモデルでしか使う事の許されないレーザー刻印です

IMG_5920

外箱には“承認マーク”

IMG_5921

タイガースモデルのマイクロバッグはコレです。

これぞタイガース!

といった柄です。ちなみにコチラのタイガースのマイクロバッグは
表裏で柄が違います。
もう一方の柄が

IMG_5924

こちらになります。
ユニフォームをイメージした柄です。
一度で二度おいしい、ファンの心をくすぐる柄になっています。

いかがでしたでしょうか?プロ野球チームコラボレイダーロック。
未だ入荷していないベイスターズモデルは
入荷次第すぐ追記生地を書くか、別のブログで書きたいと思います。

各1本しか入荷していませんので、完全に早いもの勝ちです。
各球団のファンの方、レイダーロックユーザーの方
是非お早目にいらしてくださいませ!

【VioRou Nao】少し不思議?なラウンドフレーム

新年一発目の【徹底解剖】ブログは、去年のVioRouに
掲載するのをすっかり忘れたVioRouの

<Nao ナオ>

Nao ナオ col: 2006 Turquoise and brown/Rose gold

IMG_5809

キレイな生地を使った、ラウンドのメガネです。
一見すると普通のラウンドですが、実はちょっとした
デザインの秘密が隠されています。
その辺りを含めて【徹底解剖】してきたいと思います。

IMG_5810

金属リム、にアセテートを挟み込んだ
個性が強めな一本です。
業界的に

【セルわっぱ】

などとも呼ばれるデザインです。

IMG_5811

アセテート生地に溝を掘ってあり、その隙間にリムを埋め込んでいます。
この何とも言えないボリュームの出方が、
可愛さとクールさを両立してくれます。

IMG_5812

フロントにかぶせてある、アセテートを正面から見ると

<少しはみ出しています>

言われて気が付く、小さなデザイン部分ですが

《目元をリフトアップさせる効果があります》

ちょっとだけボリュームを感じる仕様になっています。

IMG_5813

裏側から見るとこんな感じになっています。

IMG_5814

テンプルは

<オールチタンになっています>

フロントの可愛らしさと、オールチタンテンプルのクールな感じが
お互いを引き立ててくれます。
程よい硬さと軽さで、掛具合はとても良いです。

col: 2009 Red and brown/Antique silver

IMG_5907

カラー違いも入荷しています。
先ほどの少し可愛らしいカラーと比べると
落ち着きのある使い方ができそうです。

IMG_5897

こちらは、レッドブラウンのクリア生地を使っています
はみ出している感じも、先ほどのカラーよりも
ちょっとだけ分かりやすいような気がします。

IMG_5898

全体的に落ち着きのある
大人なカラーリングに仕上がっています

IMG_5902

チタン部分は「アンティークシルバー」
アンティークゴールドと比べて、少しクールな印象をだせるカラーです。
レトロ、クラシックというイメージになり過ぎないのがいいです。

IMG_5909

ギラギラしすぎず、かといって落ち着きすぎない

<なんとも絶妙なカラーリングです>

IMG_5912

サイドから見るとこんな感じ。
サンドされた部分など、形状的に
レンズの厚みが目立ちにくいようになっています。

強度近視の方にもおススメ出来るフレームになります

丸メガネのクラシックさと、VioRouならではの
キレイな色彩のアセテート生地の融合を果たしたデザイン
楽しさや、個性的な部分を引き出せるアイテム
他の人にはない、自分らしさを出すのであれば
ぜひ、この「Nao」をおススメします。

AZの2019年スタート!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします

タイトル通り、本日1月3日から

<2019年初売り>

がスタートします。
新年一発目のチラシは

IMG_5895

こんな感じに仕上がっています。
よく見ていただくと、イノシシが隠れているのですが
分かりますか?

ちなみに本日の営業時間は

<短縮営業で18時まで>

の営業になっています。
お間違えないよう、お気を付けくださいませ。

【VioRou】「Giulli ジュリ」と「Reina レイナ」

viorouロゴ

VioRou(ヴィオルー)の新作が入荷してきています。
AZでもお馴染み、のブランド

ダウンロード

カムロで長年デザイナーを務めた

<小野寺慎吾氏>

が立ち上げたブランドです。
新作の【徹底解剖】を始める前に、ブランドの紹介をしていきたいと思います。

ブランド名の「VioRou」は

“VioRou”の語源は“Du violet au rouge”
フランス語で“紫から赤へ”

人が目にすることができる<可視光線>の“七色”の意味を持たせた造語です。

様々なアプローチから
デザインを提案していくアイウェアコレクション
それが“VioRou”です

そんなヴィオルーの新作は、クラシックでありつつ
個性的でもあり、シックでもある
ヴィオルーにしか表現出来ないデザインになっています。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います!

col: 412P/AO Gray/Antique orange brown

IMG_5771

VioRouの中でもスタンダートなシリーズを展開する

S(“S”tandard)シリーズ

の新作です。
デザイン的には、ボストンタイプとウェリントンタイプを合わせた

《ボスリントン》

と呼ばれるデザインに近くなっています。

IMG_5771

写真で説明するとこんな感じです。
それぞれのデザインの良い所を入れ込んだデザイン。

見すると難しそうなデザインっぽく見えますが
ボストンの柔らかいイメージと、ウェリントンの無骨なイメージが合わさって
思った以上に顔に馴染んでくれるフレームでもあります。

IMG_5774

フロントとテンプルの繋ぎも
<デザインと構造を両立させてあります>

IMG_5775

テンプルは、チタンを編み込んである

<三つ編みテンプル>

になっています。デザインは勿論ですが、バネ性も兼ね備えた
個性的なテンプルになっています。

チタンですが
縄の様な不思議な雰囲気のあるテンプル

IMG_5780

先セル=モダン と呼ばれるパーツも可愛く仕上げてあります。

col: 476P/PKG Brown/Pink gold

IMG_5792

ここからはカラー違いをご紹介していきます。
フロントは、ほんの少しピンク気味のブラウンカラー。
ぱっと見は普通のブラウンに見えますが、良く観察してみると
すこーしピンクっぽい?
と思える、絶妙なカラーになっています。

IMG_5797

ブリッジ&テンプル周りは

<ピンクゴールド>

フレームと同じく、落ち着いたピンクゴールドなので
使い勝手の良いカラーです。

 IMG_5799

肌馴染みはよく、少し明るめにしたい方におススメなカラーです。

col: 000/GS Black/Gold

IMG_5783

ブラックゴールド

のメリハリの効いた組み合わせのカラー
レイナのカラーの中で、しっかりフレームの形が前面に出てくる
カッコいいカラーになっています。

IMG_5790

カッコよく
セクシーな雰囲気を出すことが出来ます

IMG_5786

割とハードなカラーですが、好きな方には堪らない色合いです

col: 7526P/AP Light brown/Antique pink

IMG_5800

ライトブラウンという名の通り、明るめのブラウンです。
光の当たり方でカラーの出方は少し変わってきます。

IMG_5802
落ち着いたカラーでは面白くないけど、
奇抜すぎるカラーもちょっと・・・

そんな方にピッタリです。

IMG_5805

大人な感じのクールさと、少しポップなイメージを両方兼ね備えています。

今回、もう一色入荷していますが、そちらは
スタッフUが作りましたので、カラーと装用姿をご覧いただましょう

col: 2756P/AC Navy/Antique copper

IMG_5817

今回のreinaの中で、寒色系のクールなカラーリングです。
青ですが、濃いめの青なのでシチュエーションを気にせず
意外と、服などにも合わせやすいカラーになっています。

IMG_5821

青!というよりも藍色と言った方が近いかもしれません。

では早速こちらのカラーの持ち主
U氏に登場していただきましょう!

IMG_5822

顔に乗せると青がそこまできつくなく
キレイなフレームラインが出てくれます。

クラシックタイプのメガネ”初”
のU氏ですが、ばっちり掛けこなしています。

クラシックが似合わない・・・
そう思っている方も、一度試して頂きたい一本です。

オフショット

IMG_5824

あまり見せない貴重なショット

さてお次は

ヴィオルーでは初、オールチタンモデル

Giulli ジュリ

IMG_5826

ブランドの中の、フラッグシップモデルとしてリリースされた一本です。
ブランドの中でも、より特別感のあるモデルになっています。
フロントデザインの中に、ジュリの魅力が詰め込まれています。
順を追って【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはネーミング。

KAMURO時代の【TOYシリーズ】
を系譜にしたブランドであるVioRou

フレーム名が、人の名前にしてあるのが特徴でもありました。
今までは日本人の名前をベースに名付けられていましたが、
このジュリは国際的なネーミングになっています。

外車の好きなデザイナーは
イタリアメーカーであるアルファロメオの車

『ジュリア』

から名前を頂いたみたいです。

IMG_5827

さり気なく見えるデザインの中に

<2枚のシートチタンを組み合わせる>

というかなり高度な技術で使っています。
削り出しのチタンを
パズルのように隙間なく組み合わせています。

IMG_5833

裏側はこういった感じです。
技術力がなければ、かなり困難な製法で作ってあります。
組み合わせの部分のパーツの綺麗な仕上げは、実際に触ってほしいです。
かなり滑らかな仕上げになっています。

IMG_5834

テンプルは、オールチタン仕様。
テンプルエンド(先セル)も、今までの形状を模した形状になっています。
一体感が凄い、スッキリしたデザインのテンプル

IMG_5835

さり気ないけど、やっぱりこだわりたい部分。
そんな部分もしっかりデザインされています。

IMG_5828

フレームカラーは
一見シャーリング加工を施したような、マット風なカラーですが

IMG_5837

光を当ててみると、ツヤありになっています

この絶妙なカラーは実際に見ていただきたいです。
写真でうまく撮り切れませんので・・・

col: BL/AG Retro blue/Antique gold

IMG_5839

カラー違いの紹介です。

レトロブルーという、グレー系統のブルーのフロントカラー

ちょっと大人なカラーになっています。

IMG_5841

テンプルは、アンティークゴールドカラーを採用。
フロントのレトロブルーと相まって、ビジネスでもいけるのではないでしょうか。

IMG_5844

こちらのレトロブルーもツヤ感の使用になっています。
ツヤ感はありつつ、ちょっとマットっぽくも見える
何だか不思議なカラーです。

col: BR/PKG Shiny brown/Pink gold

IMG_5845

定番のブラウンカラーもあります。
柔らかい、可愛らしい感じで使えます。

IMG_5848

テンプル周りはピンクゴールドで
品の良い大人のイメージで使うことが出来ます。

IMG_5851

以上がviorouの新作、ジュリとレイナです。
サイズやデザイン的に、男性でも女性でもどちらでも使っていただける
デザインになっています!

さてそんなこんなで、今回のブログが今年ラストのブログになります。
一年間お世話になりました。
来年も新作の【徹底解剖】を進めていきたいと思います。

スナップ写真や
メガネのコーディネートは<AZギャラリー>をご覧くださいませ。
同じメガネでも視点を変えると見える部分が変わってくるはずです。

では、新年のブログでお会いしましょう!

《年末年始・営業時間のお知らせ》

2018年の営業も残す所、数日となりました。
今年もお世話になりました。

AZの年末年始の営業時間は以下のようになります。

12月29日(土) 通常営業

12月30日(日) 最終日・短縮営業 10:00~18:00

12月31日(月) 店休日

1月1日(火) 店休日

1月2日(水) 店休日

1月3日(木) 新年初売り・短縮営業 10:00~18:00

1月4日(金) 通常営業

短縮営業と店休日にお気を付けくださいませ。

Just another サイト メガネ工房AZ 新着情報 site