男のメガネ【マサキマツシマ】入荷!後編

前編に引き続き、マサキマツシマの後編です。
後編では2本のマサキマツシマを【徹底解剖】していきます。早速いきましょう!

MF-1220 col,ホワイトゴールド/ホワイトゴールド・ブラウンデミ

IMG_2040

新作の中では落ち着いたデザインです。
(マサキマツシマの中では)

エッジが効きすぎない、使いやすいレンズデザインです。

使いやすいとはいえ、そこはマサキマツシマ。
落ち着きの中に“らしさ”をしっかり出しています。

IMG_2041

そこまで尖った感じもしない、サイドからのショット。
ではどこにマサキマツシマらしさがあるのか?

その答えは上から見るとわかります。

IMG_2043

フロントから流れるように繋がった智元。そのパーツを曲げて作っています。
ゴツさと立体感は抑えめですが、しっかりボリュームは出てくれます。
ゴツ過ぎない、マサキマツシマといった感じでしょうか

IMG_2046

テンプル周りも結構あっさりしたデザインになっています。
デミカラーの組み合わせがキレイです。
シンプル系のマサキマツシマも中々いいです。

col,3 ガンメタル・シルバー/ガンメタル・シルバー・ブラックデミ

IMG_2047

フロントは落ち着きのある

ガンメタルカラー

IMG_2048

サイドもしっかりガンメタルです。
ガンメタルでまとめた渋いカラーリングになっています。

IMG_2051

先セルはマサキマツシマのガンメタルには珍しい系統の

ブラックデミカラーを合わせています。

べっ甲系の黒は少しクラシカルな印象を出してくれます。
マサキマツシマのエッジの効いたイメージにも不思議と合ってくれます。

col,4 ホワイトパール/ホワイトパール・ホワイト

IMG_2035

今回の新作は、ホワイトパール祭りなのか?

と思う位、ホワイトパールカラーがリリースされています。

IMG_2037

一昔前は、パールホワイト系のカラーは勿論のこと、
白系統のメガネ自体がかなり少なかったです。
その事を考えるとかなり増えたカラーリングのメガネです。

ホワイト系の爽やかさと
マサキマツシマの立体感

この二つが合わさるとこんなイメージのメガネが出来上がるのです。

IMG_2039

爽やかだけど、ゴツイ。
ゴツイんだけど、なんだか爽やかな感じ。

相反する感じのイメージがコラボしたカラーの一本です。

MF-1221 col,1 シルバー/クリア・ホワイトパール

IMG_2012

今回の新作で唯一のフルリムタイプのメガネ。
(フルリムとはレンズ周りに全てフレームがあるタイプのフレーム)
ボリュームのあるブリッジとヨロイが特徴のフルリムモデル

2色の生地を貼り合わせた
存在感のある樹脂テンプルがアクセントです。

IMG_2013

ナイロール系のフレームと比べて、メガネのラインが出てくれます。
メガネを掛けているという印象がしっかり出ます。

IMG_2015

テンプルはクリアとホワイトを合わせたテンプルになっています。

白い大理石をモチーフ?

にしたようなイメージです。
この目立つけど目立ちすぎない、丁度いい塩梅のテンプルになっています。

IMG_2017

テンプルも

<バネ性を持たせるような構造>

掛具合にもキチンと配慮しているのがマサキマツシマなのです!

MF-1221 col,2 グレー/ホワイト・ブルーパール

IMG_2026

フロントのグレーカラーが無骨です。
一切媚びのない男らしいフロントとカラーです。

IMG_2028

智元周りはこんな感じ。
テンプルカラーのホワイト・ブルーパールの色味がいいです。

IMG_2030

ブルーの色がテンプルのカラーを 引き締めてくれます。

白のメガネは難しいと言われがちですが
テンプルにさりげなく使う位だと、結構違和感なく使えてしまいます。

そんな白初心者にもおススメな一本になっています。

MF-1221 col,4 ガンメタル/クリア・ブラックデミ

IMG_2031

ガンメタルバージョン

IMG_2032

このカラーは

全体的にダークな印象です。

フロント周りがしっかり濃いめなので、渋くカッコよく使えます。

IMG_2034

テンプルは、クリアにブラックデミを合わせてたテンプル。
フロントの濃さを少し中和してくれます。

クリアのテンプルの爽やかな感じがいい具合にマッチしてくれます!

以上が今回のマサキマツシマの新作です。
ヨロイの様なゴツさと日本刀の様なシャープな感じ。マサキらしいです。

と、書いている間にもちょこちょこ売れて行っています。
気になる方はお早めに!

『Le papillon est venu de France』

フランスから蝶がやってきた。フランス流のタイトルにしてみました。
翻訳サイトで訳したので間違っている可能性があります。
フランス語が堪能な方で、間違いに気が付いたら教えてくださいませ(笑)

フランスブランド

『BOZ』

から蝶々をモチーフにした新作達が入荷してまいりました。
蝶々を含め、新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

BOZ GOLD col,8070

IMG_1775

BOZ流の
『逆ナイロールフレーム』

最近のBOZのフレームにしては、少し細目なデザインになっています。
こちらの「GOLD」は、アジアンフィッテイングモデルになっています。

【各色限定25本】

の超限定モノになっています。
この「GOLD」のモチーフは

silhouette_ageha001

テンプルに蝶々をあしらったアンダーリムモデル
(逆ナイロールとも呼ばれます)

蝶の可愛さと
大人のかっこ良さが共存しているフレームです。

IMG_1778

可愛い感じの蝶々です。

ダウンロード

見る人によって、リボンにも蝶にも見える可愛いパーツです。

IMG_1777

アジアンフィッティングになっていますので
日本人の顔にしっかり馴染むデザインになっています。
ローズ系のパープルは、カラーとしてはかなり目立つカラーですが、

<そこがBOZらしい部分でもあります>

しっかりカラーを前面に出して遊んでみてはいかがでしょう。

IMG_1779

一見派手に思えますが
デザイン自体は普通の逆ナイロールフレームです。

IMG_1772

先セルの生地の柄も
中々変わった生地になっています。

0001

ペルシャ絨毯?

のような、柄に柄を合わせたなんだか不思議な生地になっています。
渋いような可愛いような、なんとも言えない生地になっています。

BOZ GOLD col,4050

IMG_1784
カラーは、エメラルド寄りのグリーンです。
先ほどのローズパープルよりも、更にカラーの主張が強い一本になっています。

IMG_1786

蝶のカラーは『ゴールドカラー』になっています。
グリーン系ゴールドのカラーになりますので
メリハリもかなり効いて、しっかり目立ってくれます。

IMG_1788

サイドから見るとこんな感じになっています。
カラーの出方が独特です。

派手ではありますが、イヤらしい感じまではいかない
非常に計算されたデザインである「GOLD」

アジアンフィッティング用にカスタムされた
カラー&デザインになっています

一見派手に見えますが(派手なのですが)
意外とかけてみるといけちゃう?そう思わせてくれるメガネです。

IMG_1789

バナナっぽいテンプルエンド

banana-1504956_640

緑のカラーと相まって、南国感が凄いです。

02237002910

限定カラーだからこそ、遊んだカラーにしているのでしょう。
その感覚がBOZらしいです。

GLORY col,5070 turquoise/gold/plum

IMG_1756
メガネ展示会で好評だった
“らしい”モデル「GLORY」
ブローラインの装飾とテンプルの模様が特徴です。

brooch

ブローラインは葉っぱのイメージ?
さりげない感じがいいです。

<ややフォックス気味のレンズシェイプ>

フォックスデザインは
口角が上がって見えて、『リフトアップ効果』もありGOODです!

IMG_1757

フロントは3色仕様になっています。
単色ではない、奥行きのあるカラーリングです。

IMG_1761

テンプルのデザインが、葉っぱの組み合わせの様に見えてきます。

IMG_1762

うーん・・・

リーフパイにもみえます。

IMG_4669

とりあえず言えることは、可愛いテンプルには違いないという事です。

col,6020 copper/gold/blue

IMG_1742

こちらはブルーブラウンの組み合わせ。
ちょっと大人なカラーになります。

IMG_1745

リム部分にさりげなく使われている、ゴールドが中々いい味を出しています。
色の組み合わせが、少しメンズな表情になります。

IMG_1749

メンズっぽいカラーとは言え、やっぱり可愛らしい表情を出してくれます。
先ほどのカラーより、カラーの主張は抑えめになっています。

IMG_1752

フロント周りが落ち着いたカラーに対し、

かなりビビットなカラーの先セル

髪の短い方であればチラ見せ出来ます。
注意してみないと分からない部分ではありますが、その部分も可愛く仕上げてくる。
BOZらしさを感じます!

以上が、今回入荷してきたBOZの新作です。
BOZらしさ満載のフレームばかりです。

掛けて見なければ、似合うかどうかはわからない

苦手意識や、派手かも・・・
と思うより前に掛けてしましょう!
案外行けてしまうものですよ。

男のメガネ【マサキマツシマ】入荷!前編

ゴツさと立体感、ギラギラ感がたまらない、まさしく

男のメガネ
【マサキマツシマ】

立体感とボリュームが人気の、男らしい無骨なブランド。

「ちょっと悪そう」感が特徴です。

0550114070493221

車やバイクが好きな方だったら、きっと好きなメガネではないでしょうか?
そんなマサキマツシマの最新モデルが大量に入荷してきました。
数も多いので、前後編として紹介していきたいと思います。
前編では3本【徹底解剖】していきます。

MF-1217 col,4 ブラック・グレー

IMG_1999
フロントは、滑らかなブローラインの多角形シェイプになっています。
多角形のキリッとしたクールなレンズデザインです。

IMG_2000
智元と呼ばれる、サイドの部分のデザインは
立体的な空間デザインを意識したフォルムになっています。
立体的なデザインですが、ボリュームがありすぎる事もなく
フロントからの繋がりも綺麗に仕上げています。

20180104-00000002-wordleaf-03ac95ea167e2e05e81b50ea19357743c

色とデザインが何となくですが、エンジンっぽさをだしていますね
(あくまで個人的なイメージです)

IMG_2002
テンプルは、面カットを施したフォルムです。
窪んでいる部分がテンプルに立体感を与えてくれます。

IMG_2003

普通っぽいけど、立体感とゴツさを兼ね備えてた一本になっています。
ブラックグレーを合わせたカラー。
それぞれを引き立てるカラーの組み合わせなので
メガネのメリハリもしっかり出てくれます。

では、他のカラーもご紹介します。

col,2 ライトグレー

IMG_2004

マサキマツシマといえば、ギラっとしたカラーが特徴です。
ライトグレーというカラーですが、フロントはツヤありのシルバーです。

IMG_2005

テンプルはライトグレーになっています。
シルバーと同系のカラーになっていますので、
一体感のあるカラーリングになっています。

IMG_2006

一体感のあるカラーですので、立体感はありつつ落ち着いた印象を出せます。

マサキマツシマのシルバーはピンと張りつめた緊張感?
があって、さながら日本刀の様です。

jps01

刀らしい、凛としたイメージがあります。

col,1 シャンパン

IMG_2008

フロントはツヤありのゴールドになります。
ゴールド特有の、イカツイ感じがしっかり出てくれます。

IMG_2009

落ち着かせるつもりは全くない、潔さがいいです

クリアで使うのもいいですが、
少し色を入れて薄サングラス仕様にするのもいいです。

IMG_2010

サイド部分はライトグレーと同じく、同系のカラー。
ゴールドなのでしっかり目立ちます。

MF-1218 col,2 ブルーグレー・シルバー

IMG_1998

マサキマツシマ流カールトンタイプ

カールトンタイプとは
リムの上部とブリッジが一直線に繋がった形状のナイロールフレームの総称です。
IMG_1995
かなり特徴的なブローデザインです。

88d75ceb
ギザギザした感じが

『稲妻』

みたいです。

IMG_1997

最近では度のブランドでもあまり見かけない

<かなり攻撃的なデザインのメガネです>

IMG_1996

上から見ると凄いですが、サイドから見ると意外と落ち着いた印象になります。

ブルーグレーという
濃いネイビーのカラーになっています。

ブルーグレー自体は落ち着きのあるカラーですが、
シルバーが差し色の役目をしてくれますので、結構ヤンチャな感じのイメージです。

col,1  シルバー

IMG_1976

マサキマツシマでは定番の、ギラっとした単色のシルバー。

鏡面仕上げのようなピカピカなシルバーと
立体的なデザインが合わさって、これまた攻撃的な印象をだせます。

IMG_1977

好きな方にはたまらないギラギラ感。
これぞまさしくマサキマツシマ!という要素がふんだんに入っています。

col,4 ホワイトパール

IMG_1984

ホワイトですが、ラメっぽさのあるパール系のカラーになっています。
のっぺりしたホワイトではないので、意外と浮きすぎることなく使えます。
とはいえ、やっぱりホワイトなのでしっかり主張はします。

IMG_1985

メガネをしっかり主張して使うのであれば、このカラーがいいです。

IMG_1989

ハードな印象のフレームですが、バネ性を持たせたテンプルになっていますので
かけ心地は柔らかく掛けられます。

適度なバネ性なので、
「掛具合がゆるゆるする」なんて事もありません。

MF-1219 col,1 シャンパン

IMG_1970

エッジの効いたシャープなスクエアシェイプのナイロールモデル
フロントデザインは、意外と落ち着いた印象です。

IMG_1972

サイドはこういった感じです。
今回のデザインの中では、ごつすぎる感じもなくスッキリ目に掛けられます。

IMG_1974

このフレームの最大の特徴であるサイドのパーツは、

マサキマツシマの頭文字“M”

になっています。

言われてみないと気が付きにくいけど
言われてみるとそうにしか見えない、絶妙なデザインです。

IMG_1975

テンプルもよく見なければ分からない技を使っています。

テンプルは、2色メッキになっていて
真ん中と上下でメッキを変えています。

この2色メッキの陰影で、テンプルに深みを持たせています。

 col,4 ネイビー・グレーIMG_1966同系色だったシャンパンとは違い、
お互いを引き立てあう<2色使い>になっています。

IMG_1963

ネイビーとグレーのコントラストがしっかり効いています。
IMG_1960テンプルの色の出方もしっかり主張してくれます。
真ん中のグレイのラインの出方が非常に目を引きます。
ギラギラする感じは抑えめですが、カラーが特徴的です。

col,3 ガンメタル・シルバー

IMG_1966

メガネ業界で多く使われるカラー

『ガンメタル』

よく聞くけど実際はどんな色?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので
サラッとガンメタルについてお話しておきます。

Beretta-M92FS-R-s

ガンメタルとは、砲金(銅合金の一種)のことです。
ここからカラーで紫がかった暗い灰色の事を指すことが多いです。
ガンメタルで作られた、光沢のある暗い灰色の素材のことを言うこともあります。
拳銃などにも使われることも多く、ガンメタと略されることが多いカラーです。

IMG_1969

ネイビー・グレーのカラーと似ているようなイメージですが
ガンメタ・シルバーのカラーの方が濃く、ハッキリします。

前編はこんな感じです。今回の記事で度々、

『マサキマツシマらしい』

と書いていますが、後編でも引き続きそういった言い回しをすると思います。
人にもよって、マサキマツシマらしさは変わるとは思いますが
広義で言えば、「悪っぽさ」ではないでしょうか。
ちょっとヤンチャなイメージでカッコいい。
それがマサキマツシマなのではないでしょうか?

では後編もお楽しみに!

KAMUROの新作『hinmmel ヒンメル』

毎回テーマが決められている
KAMUROの新作、2018SSのメインテーマは

”two persons”

2person.jpg

掛ける人が変わると印象も変わります。
選ぶ色でも変わります。
一つのデザインで二通りのバリエーションが楽しめる今回のコレクション。
(↑KAMUROさんのブログから引用)

では早速今回入荷した 【himmelヒンメル】【徹底解剖】していこうと思います。

himmelヒンメル col.9017(グリーンツートン)

IMG_1725

グリーンツートンというカラーの通り、ツートンカラーになっています。
ですが、単純にツートンカラーではないのです。
フレームの上下のカラーがツートンでグラデーションになっています。

淡いクリアグリーン系のカラーから

クリアグレイ系に変わっていきます。

それだけではありません。
裏の生地にクリアピンクを合わせています。
この生地の合わせ方が、顔に乗せた時に良い色合いとして映えてきます。

ちなみに、ヒンメルというネーミングは

「天」

という意味。モビールの宙に浮かぶ意味を込めてつけたらしいです。
スタッフW、モビールを知らなかったので調べました。

Mobile_(sculpture)_in_the_style_of_Alexander_Calder

モビールは↑の画像らしいです。
オシャレなカフェにぶら下がっている奴ですね。

IMG_1720

言われてみると、サイドがモビール感があります。
どうです?モービル感ありませんか?

ヒンメルは、サイズ感が特徴的なフレーム。
なんとこのヒンメル、

大人と子どもの兼用モデルという位置づけで作られています。

IMG_1723

大人の方は勿論、キッズサイズで使う事も出来ます。
サイズ感が絶妙で、大人が掛けても小さくなく
子どもが掛けても、大きすぎる事のないサイズになっています。

IMG_1717

レンズシェイプはオーソドックスなオーバル(楕円)シェイプ
オーソドックスなオーバルに、少しの

『KAMUROテイスト』

を加えています。さらにフレームデザインを少しアレンジしています。
フレームの上部のデザインを少しだけ『カクっと』させています。
このアレンジが日本人の眉に合うようになっています。

IMG_1722

『キッズサイズとして使う時にはテンプルの長さが長い』

そんな時はテンプルを

『カット』

出来ます。テンプルをカットしても、ちゃんと余裕がある構造になっています。
そこもキチンと考えられています。

着用イメージで久々にスタッフUに登場してもらいました。

IMG_1877

肌馴染みがいいけど、カラーはそこそこ目立ってくれます。
冒険しすぎない、いいカラーとデザインです。

col.9018パープルツートン

IMG_1708

パープルツートンのカラーも入荷しています。

コチラは乳白色系のパープルから

クリアグレイのカラーに変わっていきます。

裏の生地も変えており、クリアのパープルの生地を合わせています。
カラーの使い方は、淡いけど可愛いです。

「今までのKAMUROっぽくない」

と言われそうですが、ヒンメルは

KAMUROっぽくなさがとてもいいアクセント
味になっています。

IMG_1709

モビール感も健在。
パープルピンクのアクセントがしっかり効いています。

IMG_1711

サイドのテンプルはこんな感じです。
ぴょんとしたテンプルと色遣いがキレイです。

IMG_1715

フレームをのぞき込んでみました。
上から見ると、生地の境目が結構はっきり見えます。

IMG_1713

テンプルエンド(先セル)には今回のテーマである

”two persons”

が刻印されています。
このテンプルエンドの刻印の「遊び心」も歴史が重なってきました。

こちらのカラーの着用イメージも、スタッフUに頼んで掛けてもらいました。

IMG_1875

馴染むカラーですが、色の主張はそれなりにしっかりでます。
テンプル周りは結構メリハリが効きますので
さり気ないけどオシャレなメガネ、として使えます。

おまけピンナップ

IMG_1878

写真を撮っていたら、カウンター裏で
『決め顔』を披露していたスタッフMがいましたので
ついついシャッターをきってしまいました。

さて、今回のヒンメル。いかがでしたか?
いい意味で、今までのKAMUROらしくないフレームになっています。

【ラグジュアリーなイメージのKAMURO】

【POPなイメージのKAMURO】

とは違う

“新しいKAMUROを切り開いたフレーム!”

新作は、これで残り一作となりました。
ラグジュアリーシリーズが入荷したら、すぐにブログアップします!
そちらも是非楽しみにお待ちくださいませ!

『BCPC 3234』可愛い・キレイ・カッコいい

BCPCから新作の

【BCPC 3234】

が入荷してきました!
タイトルにある通り、新作は

可愛いキレイカッコいい

といった印象でございます。

「ニュアンスが全部違うじゃ無いか!」

と言われてしまいそうですが、
実際に見て、掛けてみると
可愛くもあり、カッコよくもあり、キレイなフレームです。

早速写真と共に【徹底解剖】していきたいと思います。

BCPC 3234

IMG_1694

細めの可愛いフレームです。
ぱっと見のデザインとしてはボストン型なのですが、
よくよく見て見ると実は違うのです。

実はこのデザイン

“クラウンパント”

019_star (1)

と呼ばれる、王冠をモチーフとした形になっています。

IMG_1694

どこの部分が王冠をモチーフにしているのか分かりやすいようにしてみます。

丸で囲った部分が少しカドっぽくなっています。
この形が王冠の様な形になっている、という事で
“クラウンパント”と呼ばれるようになっています。

IMG_1695

このBCPC 3234 はクラシカルな印象を出せる要素
これでもか!という程詰め込んでいます。
写真を見て、ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
クラシカルな印象を出せる

“キーホールブリッジ”

になっています。
鍵穴の様なデザインにする事で、ブリッジにメリハリが効いて
奥行きのあるイメージになります。

IMG_1696

フロントとブリッジを繋ぐ部分も、

“カシメ”

で留めてあります。

IMG_1699

“カシメ”はネジで留めるよりも、スッキリキレイなデザインになります。
裏から見てもキレイに仕上げてあります。

IMG_1700

サイドから見ると、フレーム上部の“クラウンパント感”が良く分かります。
フロントとテンプルを繋ぐチタンがいい味になってくれます。

色違いも入荷しています。
今回の新作は

『BCPC誕生20周年特別カラー』

という限定カラーを、リリースしています。
今回リリースされたモデル、全て違う色にしてある特別カラー
コンセプトがしっかり決めてあり

ナチュラルカラー

で統一されています。
このBCPC 3234 の特別カラーは
乳白クリアピンク系のカラーになります。

IMG_1682
最近ではあまり見かけない、フレームカラーです。
肌馴染みの良いカラーになっています。

IMG_1683

サイドからはこんな感じ。
光が当たると、生地の乳白色がキレイに出てくれます。

IMG_1685

智元と呼ばれるパーツのデザインもさり気ないです。
主張しすぎるわけでもなく、色とデザインが出てくれます。

IMG_1686

カシメ部分周り、仕上げ方が丁寧です。
ネジ締めタイプよりも、アンティーク感が出ます。

IMG_1689

よくよく観察してみると、単色ではなくすこしマーブルっぽくなっています。
さり気ないカラーの使い方がBCPCらしいです。

一見難しそうに思われるデザインである“クラシック系”のメガネ
世間のイメージですと

※オシャレっぽくなりすぎちゃう

※なんだか背伸びしている感じがして、自分には合わないかも・・・

というイメージが未だにあると思います。

ですが、似合う選び方、フレームを探してあげると
思っている以上に使えてしまいます。

そんな一本になってくれそうなメガネです。

IMG_1701

苦手意識がある方も、ちょっとかけてみようかな?
位の感覚で見に来てくださいませ。

【AZ NewProject 】『CHAOS ROOM』

さり気なく、SNSを含めて色々と更新しているAZ。
そんな中、新たにスタートしたのが

“GALLERY”

メガネ工房AZから

新たな試みでギャラリーサイトをオープン致しました

通常のブログでは掘り下げれない部分や、服との合わせ方など
通常のブログとは違った切り口でメガネを紹介しています。

ギャラリーを含めて、現在AZがやっているブログ関係を
改めてご紹介したいと思います。

ギャラリーサイトは、AZのトップページを開いた時にある
上のメニュー内の『GALLERY』をクリック

キャプチャ1111

または

『一番下にスクロール』

して頂くと現れます。

キャプチャ6

今まではこの様な感じでした。そのページが今

キャプチャ17

こんな感じになっています。
ギャラリーサイトを少し覗いてみましょう。

キャプチャ112

ギャラリーの名前は

『CHAOS ROOM』

さて、ご案内はここまでです。
ギャラリーの中身は皆様ご自身でご確認くださいませ。

ギャラリーとは別に、通常のブログも更新しています。
通常のブログは、『土曜日』に更新される事が多いです。
ブログは、トップページから少しスクロールすると出てきます。
ブログタイトルと画像がありますので、そちらからご覧くださいませ。

キャプチャ113

こんな感じになっています。
もしよかったら、バックナンバーも含めてご覧いただけたら嬉しいです。

ブログよりも頻繁に更新しているのがSNS関係です。
具体的には

<Twitter>

<Instagram>

<Facebook>

の3つを更新しています。
SNSは全て連動されていますので、基本的に内容は同じになっています。
閲覧しやすい媒体でご覧くださいませ。

SNSはブログと違い、基本的にはスタッフW(SNS&ブログ担当)がいるときには
更新しています。ですので週に4回から5回ほど更新されます。
新作の到着情報など、新着の情報はSNSが早いです。

ブログ・ギャラリー・SNSを更新して

まだAZに入ったことがない

お店が移転してからまだ行ってないから久々に行ってみようかな

といった方には、AZがどんなお店なのかお伝え出来たらと思います。

AZブログを普段ご覧いただいてる方には

新しい情報やメガネの裏話
などもお届けできたらと思います。

メガネ屋のブログやSNSは、

「メガネやサングラスを買おうかな?」

という時くらいしかチェックすることはないかもしれません。
それが普通だと思います。
ですが、そんな普段あまり見ることのない

メガネ屋のブログ・ギャラリー・SNS

もしよかったら、お気に入りのサイト巡りの一つに加えてみませんか?
新しい出会いや、思いがけない発見があるかもしれません。
そんなお手伝いを出来たらと思います!

(色々書いていますが、見てくれる人がいないと寂しいだけです・・・笑)

CMで見るけど、ハズキルーペってどんなの?

最近CMでもよく流れている

topmain_img

【ハズキルーペ】

テレビや、雑誌などで紹介はされているけど

一体どういったものなの?

といった問い合わせも増えてきています。
ですので今回は、ハズキルーペの事について【徹底解剖】していきたいと思います。

簡単に言ってしまうと、ハズキルーペは

【虫眼鏡=拡大鏡=ルーペ】

なのです。
メガネの形をしていますので、度付きのメガネと思われるかもしれませんが
ハズキ“ルーペ”と名の付く通りルーペです。

虫眼鏡・拡大鏡・ルーペと呼び方は様々ありますが
モノを大きくする効果のあるアイテムになります。

IMG_1528
メガネの形をしているの勘違いしやすいですが

モノを大きく見る為の拡大鏡が
ハズキ

“ピント”を合わせる効果があるものが
メガネ

として使ってください。
ハズキはメガネ型の拡大鏡ですので、通常の拡大鏡の様に片手が塞がることなく
両手が使えます。ハズキルーペの強みの一つでもあります。

ハズキルーペラージ

IMG_1529

現在リリースされているハズキの中で、一番サイズの大きいハズキが
このハズキルーペラージになります。

上下の幅が深いので、かなり視野が広く使うことが出来ます。
目線をどこに向けても途切れることがないくらいの大きさ。

細かい作業で、満遍なく広く視野を獲りたい方にはこの
『ハズキルーペラージ』がおススメです。

IMG_1530

写真のカラーはラメ感のあるレッド。
ハズキのカラーラインナップの中で、一番カラーとしての印象が出ます。
カラーがはっきりしていて目立ちます。
目立つので、どこに置いた?みたいな事も少ないはずです!

オーナーにモデルになってもらい、
ハズキルーペラージ使用イメージを撮影してみました

IMG_1553

新聞を見ていますが、資料などの小さい文字も見やすくなります。
株式欄などの小さめの文字も見えます。
レンズサイズが大きめなので、新聞も読みやすいです。

メガネの上からハズキを掛けるという方法もあります。
メガネの上から掛けると、両眼のバランスを合わせた状態になっています。
乱視なども補正されていますので、メガネを掛けている方は
メガネの上からハズキを掛けることをおススメします。

ハズキルーペコンパクト

IMG_1537

ラージよりも、小さめになったコンパクトサイズです。
コンパクトになった分、持ち運びが便利になりました。
コンパクトという名前がついていますが、サイズ感は少し大き目のメガネ
といったサイズ感なので、普通に使うには十分なサイズです。

IMG_1538

AZでは一番多く出ていくサイズ&カラー。
ラメパープルがキレイです。

IMG_1540

男性でも女性でも、どちらでもカラーとして使いやすいというのが
AZでの一番人気に繋がっているのではないでしょうか?

最後は新作のハズキとしてリリースされた

ハズキクール

IMG_1542

ハズキクールは

かなり細めのサイズ

になっています。長時間使用するではなく、

※ちょっと出先などで使いたい

※持ち運びが多くなりそう

という使い方が多い方に、このクールがおススメです。

IMG_1543

カラーは、新色として登場した【チタンカラー】
プラスチックをチタンのイメージっぽく仕上げています。
クリアグレイのラメの感じが細めのレンズサイズにマッチしています。

ケースも本体と同じく、小さめのサイズになっています。

IMG_1561

カバンに入れても嵩張らない、絶妙なサイズ感になっています。
ケースもハードケースなので、潰れることなく使えます。

IMG_1545

小さくても、造りはしっかりしています。
鼻のパッドも高さもしっかりありますので、フィット感は申し分ないです。

IMG_1548

クールをオーナーに使ってもらいました。
サイズ感は小さめですが、ちゃんと視野は確保できます。

サイズ感を比較してみました。

IMG_1562

上から

<クール>

<コンパクト>

<ラージ>

となっています。
用途に応じてサイズを選んで頂けたらと思います。

カラーラインナップは上のカラーの他に、

ブラック・ホワイト・パール

があります。

ブラックは

IMG_1673

こういったカラーになっています。
ブラックもラメ感のあるブラックになっています。

IMG_1675

黒ですが、ラメの入っている黒なので重すぎる感じがなく使えます。

ホワイトとパールはお嫁入りしてしまったので写真がありません。
気になる方は下にリンクを貼っておきますので、そちらをご覧くださいませ。

ハズキルーペリンク

CMや雑誌などでも露出の増えてきたハズキルーペ。
実際に見ていただき、メガネとは違う

【拡大効果】

を体感してくださいませ!
AZにはサンプル品を用意しておりますので、お気軽にご相談くださいませ!

工場見学へ行こう!

【工場見学】

へ行ってきました!
レンズメーカーの【HOYA】さんのご厚意で、
レンズ工場見学が実現しました。

行先は、長野県にある

【HOYA松島工場】

へ行ってきました。
名古屋からはバスで3時間・・・(ちょっと遠かったです)

20180509_090032

名古屋駅から、同じように招待されたメガネ屋さんと共に工場へ向かいます。

予定通り3時間ジャストで、松島工場に到着!
松島工場は

<HOYA唯一の国内生産拠点>

ということで、大きな工場を想像していました。
ですが実際の工場は、2階建てと意外と小さかったです。

工場外観

20180509_160613この中で、皆様にお渡しするレンズが作られています。

早速工場見学!

の前に用意されたお弁当を頂きます。

20180509_114501

『おもてなし』
を受けています。

さてお昼もすませ、いよいよここから見学スタートです!
まずは会議室で、HOYAのレンズ生産体制の説明や松島工場の説明を受けます

20180509_122815

一通りHOYAの生産体制や世界へのマーケティングの話を受けました。
説明を受けた後、

色差識別カラーテスト

を受けることになりました。
ゲーム感覚で、色をグラデーションに並べていくテスト

20180509_124746


上の写真の様な、

少しずつ色が違うコマをグラデーションになるよう並べ替えていく

というものです。
制限時間の2分以内にグラデーションにするのですが、
これがやってみると意外と難しいのです。

並べ終わって、答え合わせ。

20180509_124651

ひっくり返すとコマに番号が振ってあります。その番号が順番になっていれば正解。
ですが、これが中々ピッタリ合わないのです。
2回チャレンジしたのですが、少しづつ間違ったりしています。
(上の写真は並べる前の写真なので番号はバラバラです)
2分という時間は短く、中々焦ります。

工場の従業員は様々な適性検査を受け、
短い時間でこのグラデーションを合わせることが出来る方は
色調の才能アリという事で、工場でのレンズ染色部門に配属されるそうです。

色差識別カラーテストを終え、いよいよレンズの製作工程の見学です!

20180509_122840

ですが工場内は撮影禁止
ですので、記憶とイメージ画像と共に
レンズが仕上がっていく工程をご紹介していきます。


材料出し
「材料出し」はオンラインで発注されたオーダーに基づいて
レンズの元となる素材を取り出す工程

材料出しの部屋には、10万枚以上のレンズの素材』が置いてあります。
素材は丸いレンズの形になっています。

main_4

ほとんどこの時点で丸レンズの状態になっています。

素材出しの部屋では
5分毎に全国からのオーダーがプリンタで紙にプリントされ
オーダーごとの指示書に指定された素材を

「人力」でピックするのが材料出し

機械ではなく、人力で全てピックアップしていきます。
amazon なども人力でピックアップしているらしいですが、素材出しの部屋は
まさにそんなイメージです。

article-0-0EEE44E500000578-804 (1)

きちっと並べられた棚に、収められた大量に並べられた素材。
素材出しの担当は、どこに何があるというのは完全に頭に入っているらしいです。
そこからピックアップされた素材が2階の素材出し部屋から
1階の加工工場へエレベーターで送られていきます。

研磨工程
ピックアップされた素材を切削、研磨して、処方に応じた度数にする工程

工場へ移動した素材。
保管庫の様なイメージの素材出しの部屋とは違い、ここからは完全に工場。
様々な大きさの機械が並び作業をしています。

素材を切削していくのですが、
その際、荒削り、中削り、仕上げを一つの機械の中で行います。
切削後パッドで磨きをかければこの工程は終了です。

染色工程
レンズに色を付ける工程


レンズにカラーを入れる際にはこの工程でレンズにカラーを入れて行きます。

レンズを染色するには、染料で一定時間煮ることで染め上げます。
釜の中に染料を入れて、レンズを煮てカラーを入れて行きます。

工場の気温や湿度などの環境、素材の状況によって色の入り方が異なってくるため

機械による自動化が難しいため、
人の感覚が一番要求される工程です。

色差識別カラーテストで適正アリと判断された人が配属されるそうです。

レンズが高屈折(薄型レンズ)になるにつれて
レンズに色を浸透させる時間が変わります。
早いものでは『数分』で終わる染色ですが、
高屈折レンズは『何時間単位』で時間がかかってしまいます

20180425a

その為、高屈折レンズは、

【圧力鍋のような装置の中で圧力をかけること】

で色を染めています。
最後に退色を防ぐために熱を加えて焼き付けます。
カラー染色は、機械をほとんど使わず人の手で染められています。
カラーの確認や、染め方の工程を見ていくと
この染色工程は、

工場見学の中でも、
最もアナログな場所だったかもしれません。

ハードコート 
柔らかいプラスティックレンズに、傷から守るハードコートをする工程

ハードコートを行う前に【徹底的】にレンズを洗浄していきます。
巨大な洗浄機に入れアルカリ液、純水による洗浄が何度も行われます。
何層にも分かれた巨大洗浄機の中を通って、徹底的に洗浄されたレンズを
特殊シリコン液に浸して加熱硬化させてハードコート膜を形成します。

5メートルほどある長い釜で、時間を掛けてコートを焼き付けていきます。


反射防止コート蒸着
反射防止コート等をレンズに蒸着させる過程

ハードコートを施したレンズを
巨大な金属製の傘のようなもの

vac_2

に並べて大きな【真空の釜】の中に入れます。
宇宙空間に匹敵する真空状態にしているそうです。(HOYA担当者談)

その釜の中で、蒸着原料を電子ビームで飛ばし蒸着させることを数回繰り返します。

sc20-2


最後に撥水コートを熱で焼き付けて完成です。
反射防止のコートや、キズの付きにくいコート
ブルーカットコートなどもこのタイミングで施していきます。

そういった、付
加価値を付与したコートは、原料の種類や回数を変えているみたいです

検査工程
コーティングが施されれば、ほぼレンズは完成です。
あとは最終工程であり、重要な工程、検査です。
機械の検査、目視による検査を行います。
ほんの少しもレンズにキズが入っていていてはいけません。
厳しいチェックを潜り抜け、ようやくレンズは完成です。

2時間強で工場見学は終了。
細かい部分を省いて2時間強の見学でしたが、
実際にレンズが出来る所を肌で感じることが出来てよかったです。

機械でオートメーション化している部分も多々ありましたが、
思っている以上に人の数が多く、アナログな部分も多かったです。
やはり機械だけでは補えない部分を人の目でチェックを入れ
より良い状態でレンズを作ることが出来るようにしている。そんなイメージでした。

写真では撮ることが出来ませんでしたが、しっかり目に焼き付けてきましたので

「レンズ工場の話を聞きたい!」

という方は是非スタッフまでお尋ねくださいませ!

JAPONISM久々の逆ナイロール【JN-645】登場!

JAPONISMの新作であるJN-645が入荷しました。
この645は久々に登場する

【逆ナイロールフレーム】
逆ナイロール=アンダーリム

とも呼ばれる、

フレームの上部が抜けたデザインのフレームです。

あまり多くリリースされるデザインではありませんが
独特のデザインなので意外と探している方も多いデザインです。

そんな逆ナイロールのJAPONISM版

カッコいいに決まっています。
という事で、今回のブログはJN-645一本でいきたいと思います。

では早速【徹底解剖】!と行きたいところですが、
せっかくなのでJAPONISMからリリースされていた
逆ナイロールフレームを振り返りたいと思います。

「早く新作を紹介しろ!!」

という方は下にスクロールしてください・・・。
やっぱり飛ばさないで見てほしいです・・・

JAPONISMの逆ナイロールフレーム第一号が先ほども書きました。

【JN-432】

jn_432_main (1)

販売から既に10年以上経っていますが、未だにあせないデザインです。
今でも現役で使っている方も多く、JAPONISM初の逆ナイロールですが

最初の逆ナイロールデザインですでに完成されたデザインだと思います。

当時流行していた立幅が短い、かなりシャープなデザインも特徴です。

『JAPONISMが逆ナイロール作ったらこうなる』

とユーザーのイメージをそのまま形にしてくれた。
そんなイメージの一本だと思います。
人気作でしたので、リピートや追加カラーが発表されたり
JAPONISMの中でも長くカタログに載っていました。

ちょっと変わり種?の逆ナイロールもリリースされました。

【JN-499】

ダウンロード

一見するとJAPONISMらしくない?デザインです。
テンプルは中空構造の為、非常に軽量でフィット感に優れています。
SNPナイロンという素材を利用したサドルパッドは、通常のパッドとは違い
「面」でホールドする構造で、鼻への負担をより軽減します。
JAPONISMですが、サラッとしたデザインのフレームです。
素材感にこだわった一本。

【JN-506】

ダウンロード (1)

JAPONISM初の逆ナイロールプラスチック。
内厚12mmのボリューム感が凄いフレームデザインになっています。
サイドにカッティングを施し、ボリュームアップをさせています。
サイドからのボリューム感の凄さが印象的な一本です。

【JN-525】

 jn525_col04s

JN-432以来のメタルアンダーリムタイプ。
フロント強度を持たせる為にチタン製カットリムを使用しています。
レンズを入れることで一体感のあるデザインに仕上がります。

JN-432よりもレンズサイズが大きめなので、少しゆったりしたデザインになっています

さて、いよいよ新作である

【JN-645】
col,01  Mat Silver/Navy

IMG_1448

横長でシャープなデザインになっています。
JN-525よりも、最初に逆ナイロールとしてリリースされた
JN-432のデザインに近いです。

IMG_1449

流麗で立体的なデザインのアンダーリムフレーム

剛性が必要なブリッジと
レンズを固定するアンダーリム中央部分にはチタン

バネ性が不可欠なアンダーリムのサイド部分と
テンプルにはβチタンを使用。

素材を厳選し使い分け
一つのパーツの中で組み合わせることで、その機能性を最大限に引き出しています。

IMG_1451

フロントとテンプルのカラーが変えてありますので、
サイドから見るとツートンカラーになっています。
フロントからの流れでツヤなしのシルバー
テンプルは少しシャーリング仕様になっているネイビーカラー。
フロントのマットシルバーは印象的にクールな印象になるので
テンプルのネイビーでクールさを少し中和しています。

IMG_1452

サイドから見たテンプル周りの流れるようなデザイン。
カッコいいです。

IMG_1454

テンプルエンドや先セルなどと呼ばれる部分のカラーにもこだわっています。
col,1に使われている先セルは、グレイ系のササ柄。
耳にかかる部分ではありますが、チラッと見える部分でもあります。
見えない部分もこだわるのがJAPONISMです。

col,2 Metallic Gray

IMG_1456

フロントはメタリックグレイ。
JAPONISMらしい、落ち着いたガンメタル系のカラーになっています。
よくよく見ると、少しだけローズがかっているのですが、
肉眼で見ると何となくそう見える感じなのです。
その細かいニュアンスは是非手に取って確認してみてくださいませ。

IMG_1458

こうしてみると、ちょっとローズがかってみえますね。
テンプルはマットブラック?マットグレイ?
JN-645のカラーラインナップのなかだと落ち着いたイメージで使うことが出来ます。

IMG_1462

ツートンカラーなのですが、カラーが同系統のカラーなので
シンプルな使い方が出来ます。

IMG_1463

先セルは、赤みのつよいパープル
光を当てると赤っぽくなりますが、肌に乗せるといい具合に馴染んでくれます。

col,05 Mat Black

IMG_1428

JAPONISMのマットブラックは、マットと言っても
ザラザラな感じのマットではなく、シルキーなマットブラックです。

IMG_1432

テンプルはマットシルバーになっています。
JN-645のカラーバリエーションの中ではかなりインパクトのある色の使い方です

IMG_1435

先セルには最近復活した

『トラモクブルー』

と呼ばれる生地を使っています。木の模様である

『杢 もく』

をイメージした、アセテート生地になります。
独特の風合いが逆ナイロールフレームを引き立ててくれます。

全部で5色あるのですが、入荷した当日2本旅立ってしまいました。
JAPONISMの中でも珍しい逆ナイロールなので
気になる方はお早めに!

『薄サングラス』ブームが来る~!!

サングラスといえば、

濃いカラーでミラーが入っているもの】

【濃くないと意味がない】

などなど、イメージがあると思います。

濃いサングラスやミラー付きのサングラスはカッコいいですが

【印象がきつくなる、怖い感じになってしまう】

【見え方が暗い】

など、気軽に使えない場面もあります。
そんな時に便利で、同時に流行の兆しのあるものが

<薄サングラス>

最近では、若い俳優さんが薄いサングラスを掛けているのも良く見ます。
菅田将暉さんを筆頭に、流行を感じる一本です。
そんな薄サングラスの【徹底解剖】していきたいと思います。

【FLAIR】フレアー

item2012-14

からリリースされたメガネ。
レンズに薄目のサングラスカラーが入っています。
勿論、クリアのレンズにして普通のメガネ仕様でもいけます。

 海外ブランドのサングラスは大きいイメージがあると思います。
フレアーはドイツブランドですが、今回入荷してきた薄サングラス達は
日本人が掛けても絶妙に似合うサイズ感になっています!

では早速、薄サングラスを見ていただきましょう!

IMG_1172

クリア生地がとても爽やかな
少しツンとしたウェリントンシェイプ。

IMG_1174

フレアーのプラスチックフレームの特徴である

独特なフロントとテンプルの繋ぎ

ヒンジ部分はコイル状になっていて、バネ性があります。
ネジを使わない構造になっていますので、緩んでパタパタになる事もありません。

IMG_1173

レンズのカラーも、クリア生地に合わせ
クールな爽やかなイメージの薄いグレーブルー系のカラーを入れています。
一般的にサングラスカラーは
50%程のカラーが少し薄目とされていますが、このサングラスのカラーは

おおよそ25%~30%位の濃さになっています。
普段使いだと濃い?

と思う位の濃さです。
日よけ用のサングラスとしては薄いと思われますが、
車から、買い物で建物に入ったりする時には非常に便利な濃さです。
サングラスとメガネを掛けかえる必要がないのも強みです。

真夏のアウトドアには、少し心もとないですが
それ以外の状況だと、かなり強みのあるのが『薄サングラス』です。

IMG_1200

最近のトレンドであるクラシカルなフレームもあります。
レンズのシェイプとしては、【クラウンパント】と呼ばれるデザインです。

【クラウン】=王冠
【パント】=ボストン型

という意味合いを持つデザイン。基本的な形は丸みを帯びたボストン型。
ボストンよりも少しカッコいい表情に持っていけます。

IMG_1202

フレームカラーは明るいべっ甲カラー
かなりフレームのカラーが強く出ますので、よりクラシカルな印象を出せます。

IMG_1204

ドイツフレームですが、鼻パッドが高めに設定されていますので

鼻が乗らずに下がって来る!
なんて悩みもなく掛けられます。

IMG_1205

ブラックバージョンもあります。
ブラックバージョンはグリーングレイ系のレンズカラー。
上のふたつのフレームと比べても少しだけ濃いめです。

IMG_1208

黒のフレームカラーに、テンプルが金色。
黒×金の組み合わせはやっぱりカッコいいです。
フレームが太かったりすると、ちょっとイカつくなりがちな
黒×金ですが、テンプルが極細なのでこの組み合わせも
非常に品のカラーの出方になります。

IMG_1209

ちょっとだけ変わったツートンカラーもあります。
茶色グリーン系を合わせた、落ち着いてるけど

少し遊んでいるカラーです。

IMG_1210

レンズカラーは薄いブラウンカラー。

ブラウンのカラーの見え方は、意外と明るく見えます。

色が入ると暗くなるからちょっと苦手・・・
そんな方にもおススメ出来るカラーが薄いブラウンです。

IMG_1211

ヒンジは少し変わったカラーになっています。
コイル状になっている部分はシルバーですが、他の部分のカラーはワインレッド
普段使いとまではいけませんが、それに近い感じで使っていただけそうな
薄サングラスのクラウンパント。
クラシカルになり過ぎないサングラスをお探しの方におススメします。

IMG_1176

割とオーソドックスなデザインのサングラスも入荷しています。

今回入荷した薄サングラスの中では、大き目サイズです。

とは言っても、他のサングラスメーカーのサングラスと比べたら
小ぶりなサイズ感です

さり気ないデザインとして、ブリッジは

※キーホールブリッジを採用しています。

1280-300x300

鍵穴をイメージしたブリッジデザイン
になっています。

IMG_1186

レンズカラーは少しローズ寄りのグレーのレンズです。
グレー系のレンズは色味を変化させない効果がありますが、

少しだけローズ系の色が入っていますので、
コントラストを上げる効果も少しあります

IMG_1178

テンプルは少し主張してくれるチタンテンプルです。
上のサングラスの細いケーブルタイプのテンプルとは違い
テンプルが少しだけ主張してくれるテンプルになります。

IMG_1179

鼻パッドは、調整の出来る
クリングスタイプを使用しています。

パッド本体も交換できるようになっていますので、汚れたら交換しちゃいましょう!

IMG_1181

先セルにちょっとだけ遊び心を入れています。
フレアーの中の【ネイチャー】と呼ばれるシリーズのロゴを刻印しています。

IMG_1187

上部のブラックカラーからグラデーションでクリアになっていくタイプもあります。

IMG_1189

サングラスとして主張してくれるけど
個性的になりすぎない、いい塩梅のフレームカラーだと思います。

IMG_1191

チタンを傷風に加工した『シャーリング』のテンプルになっています
ツヤが出て、ビカビカする感じもないので落ち着いてるけど
シルバーのクールな感じは出てくれるテンプルになっています。

IMG_1195

定番のブラウンデミカラーもあります。
フレームは太くないので、ブラウンデミのカラーが主張しすぎる事がありません。

IMG_1197

テンプルもブラウンに合わせて、ゴールド系のテンプルになっています。
フレームのカラーやレンズカラーが、サングラスの定番でまとめられた一本です
男性でも女性でも、気負わずさりげなく使えるカラーになっています。

IMG_1198

一見するとブラウン単色に見えますが、実は裏の生地を変えています。
正面から見るとわかりにくいですが・・・

IMG_1199

角度を変えてみると、裏に張り合わせたイエローの生地がチラッと見えます。
裏に明るめの生地を合わせることで、フレームの印象を軽く見せることが出来ます。

ゴールデンウィークを迎え、
いよいよ日差しも強くなってくる気配があります。

サングラスは作りたいんだけれど、中々タイミングがなくて・・。

そんな悩みをお持ちの方、ぜひこの機会に薄サングラスで
サングラスデビューをしてみませんか?

Just another サイト メガネ工房AZ 新着情報 site