【VioRou Nao】少し不思議?なラウンドフレーム

新年一発目の【徹底解剖】ブログは、去年のVioRouに
掲載するのをすっかり忘れたVioRouの

<Nao ナオ>

Nao ナオ col: 2006 Turquoise and brown/Rose gold

IMG_5809

キレイな生地を使った、ラウンドのメガネです。
一見すると普通のラウンドですが、実はちょっとした
デザインの秘密が隠されています。
その辺りを含めて【徹底解剖】してきたいと思います。

IMG_5810

金属リム、にアセテートを挟み込んだ
個性が強めな一本です。
業界的に

【セルわっぱ】

などとも呼ばれるデザインです。

IMG_5811

アセテート生地に溝を掘ってあり、その隙間にリムを埋め込んでいます。
この何とも言えないボリュームの出方が、
可愛さとクールさを両立してくれます。

IMG_5812

フロントにかぶせてある、アセテートを正面から見ると

<少しはみ出しています>

言われて気が付く、小さなデザイン部分ですが

《目元をリフトアップさせる効果があります》

ちょっとだけボリュームを感じる仕様になっています。

IMG_5813

裏側から見るとこんな感じになっています。

IMG_5814

テンプルは

<オールチタンになっています>

フロントの可愛らしさと、オールチタンテンプルのクールな感じが
お互いを引き立ててくれます。
程よい硬さと軽さで、掛具合はとても良いです。

col: 2009 Red and brown/Antique silver

IMG_5907

カラー違いも入荷しています。
先ほどの少し可愛らしいカラーと比べると
落ち着きのある使い方ができそうです。

IMG_5897

こちらは、レッドブラウンのクリア生地を使っています
はみ出している感じも、先ほどのカラーよりも
ちょっとだけ分かりやすいような気がします。

IMG_5898

全体的に落ち着きのある
大人なカラーリングに仕上がっています

IMG_5902

チタン部分は「アンティークシルバー」
アンティークゴールドと比べて、少しクールな印象をだせるカラーです。
レトロ、クラシックというイメージになり過ぎないのがいいです。

IMG_5909

ギラギラしすぎず、かといって落ち着きすぎない

<なんとも絶妙なカラーリングです>

IMG_5912

サイドから見るとこんな感じ。
サンドされた部分など、形状的に
レンズの厚みが目立ちにくいようになっています。

強度近視の方にもおススメ出来るフレームになります

丸メガネのクラシックさと、VioRouならではの
キレイな色彩のアセテート生地の融合を果たしたデザイン
楽しさや、個性的な部分を引き出せるアイテム
他の人にはない、自分らしさを出すのであれば
ぜひ、この「Nao」をおススメします。

AZの2019年スタート!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします

タイトル通り、本日1月3日から

<2019年初売り>

がスタートします。
新年一発目のチラシは

IMG_5895

こんな感じに仕上がっています。
よく見ていただくと、イノシシが隠れているのですが
分かりますか?

ちなみに本日の営業時間は

<短縮営業で18時まで>

の営業になっています。
お間違えないよう、お気を付けくださいませ。

【VioRou】「Giulli ジュリ」と「Reina レイナ」

viorouロゴ

VioRou(ヴィオルー)の新作が入荷してきています。
AZでもお馴染み、のブランド

ダウンロード

カムロで長年デザイナーを務めた

<小野寺慎吾氏>

が立ち上げたブランドです。
新作の【徹底解剖】を始める前に、ブランドの紹介をしていきたいと思います。

ブランド名の「VioRou」は

“VioRou”の語源は“Du violet au rouge”
フランス語で“紫から赤へ”

人が目にすることができる<可視光線>の“七色”の意味を持たせた造語です。

様々なアプローチから
デザインを提案していくアイウェアコレクション
それが“VioRou”です

そんなヴィオルーの新作は、クラシックでありつつ
個性的でもあり、シックでもある
ヴィオルーにしか表現出来ないデザインになっています。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います!

col: 412P/AO Gray/Antique orange brown

IMG_5771

VioRouの中でもスタンダートなシリーズを展開する

S(“S”tandard)シリーズ

の新作です。
デザイン的には、ボストンタイプとウェリントンタイプを合わせた

《ボスリントン》

と呼ばれるデザインに近くなっています。

IMG_5771

写真で説明するとこんな感じです。
それぞれのデザインの良い所を入れ込んだデザイン。

見すると難しそうなデザインっぽく見えますが
ボストンの柔らかいイメージと、ウェリントンの無骨なイメージが合わさって
思った以上に顔に馴染んでくれるフレームでもあります。

IMG_5774

フロントとテンプルの繋ぎも
<デザインと構造を両立させてあります>

IMG_5775

テンプルは、チタンを編み込んである

<三つ編みテンプル>

になっています。デザインは勿論ですが、バネ性も兼ね備えた
個性的なテンプルになっています。

チタンですが
縄の様な不思議な雰囲気のあるテンプル

IMG_5780

先セル=モダン と呼ばれるパーツも可愛く仕上げてあります。

col: 476P/PKG Brown/Pink gold

IMG_5792

ここからはカラー違いをご紹介していきます。
フロントは、ほんの少しピンク気味のブラウンカラー。
ぱっと見は普通のブラウンに見えますが、良く観察してみると
すこーしピンクっぽい?
と思える、絶妙なカラーになっています。

IMG_5797

ブリッジ&テンプル周りは

<ピンクゴールド>

フレームと同じく、落ち着いたピンクゴールドなので
使い勝手の良いカラーです。

 IMG_5799

肌馴染みはよく、少し明るめにしたい方におススメなカラーです。

col: 000/GS Black/Gold

IMG_5783

ブラックゴールド

のメリハリの効いた組み合わせのカラー
レイナのカラーの中で、しっかりフレームの形が前面に出てくる
カッコいいカラーになっています。

IMG_5790

カッコよく
セクシーな雰囲気を出すことが出来ます

IMG_5786

割とハードなカラーですが、好きな方には堪らない色合いです

col: 7526P/AP Light brown/Antique pink

IMG_5800

ライトブラウンという名の通り、明るめのブラウンです。
光の当たり方でカラーの出方は少し変わってきます。

IMG_5802
落ち着いたカラーでは面白くないけど、
奇抜すぎるカラーもちょっと・・・

そんな方にピッタリです。

IMG_5805

大人な感じのクールさと、少しポップなイメージを両方兼ね備えています。

今回、もう一色入荷していますが、そちらは
スタッフUが作りましたので、カラーと装用姿をご覧いただましょう

col: 2756P/AC Navy/Antique copper

IMG_5817

今回のreinaの中で、寒色系のクールなカラーリングです。
青ですが、濃いめの青なのでシチュエーションを気にせず
意外と、服などにも合わせやすいカラーになっています。

IMG_5821

青!というよりも藍色と言った方が近いかもしれません。

では早速こちらのカラーの持ち主
U氏に登場していただきましょう!

IMG_5822

顔に乗せると青がそこまできつくなく
キレイなフレームラインが出てくれます。

クラシックタイプのメガネ”初”
のU氏ですが、ばっちり掛けこなしています。

クラシックが似合わない・・・
そう思っている方も、一度試して頂きたい一本です。

オフショット

IMG_5824

あまり見せない貴重なショット

さてお次は

ヴィオルーでは初、オールチタンモデル

Giulli ジュリ

IMG_5826

ブランドの中の、フラッグシップモデルとしてリリースされた一本です。
ブランドの中でも、より特別感のあるモデルになっています。
フロントデザインの中に、ジュリの魅力が詰め込まれています。
順を追って【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはネーミング。

KAMURO時代の【TOYシリーズ】
を系譜にしたブランドであるVioRou

フレーム名が、人の名前にしてあるのが特徴でもありました。
今までは日本人の名前をベースに名付けられていましたが、
このジュリは国際的なネーミングになっています。

外車の好きなデザイナーは
イタリアメーカーであるアルファロメオの車

『ジュリア』

から名前を頂いたみたいです。

IMG_5827

さり気なく見えるデザインの中に

<2枚のシートチタンを組み合わせる>

というかなり高度な技術で使っています。
削り出しのチタンを
パズルのように隙間なく組み合わせています。

IMG_5833

裏側はこういった感じです。
技術力がなければ、かなり困難な製法で作ってあります。
組み合わせの部分のパーツの綺麗な仕上げは、実際に触ってほしいです。
かなり滑らかな仕上げになっています。

IMG_5834

テンプルは、オールチタン仕様。
テンプルエンド(先セル)も、今までの形状を模した形状になっています。
一体感が凄い、スッキリしたデザインのテンプル

IMG_5835

さり気ないけど、やっぱりこだわりたい部分。
そんな部分もしっかりデザインされています。

IMG_5828

フレームカラーは
一見シャーリング加工を施したような、マット風なカラーですが

IMG_5837

光を当ててみると、ツヤありになっています

この絶妙なカラーは実際に見ていただきたいです。
写真でうまく撮り切れませんので・・・

col: BL/AG Retro blue/Antique gold

IMG_5839

カラー違いの紹介です。

レトロブルーという、グレー系統のブルーのフロントカラー

ちょっと大人なカラーになっています。

IMG_5841

テンプルは、アンティークゴールドカラーを採用。
フロントのレトロブルーと相まって、ビジネスでもいけるのではないでしょうか。

IMG_5844

こちらのレトロブルーもツヤ感の使用になっています。
ツヤ感はありつつ、ちょっとマットっぽくも見える
何だか不思議なカラーです。

col: BR/PKG Shiny brown/Pink gold

IMG_5845

定番のブラウンカラーもあります。
柔らかい、可愛らしい感じで使えます。

IMG_5848

テンプル周りはピンクゴールドで
品の良い大人のイメージで使うことが出来ます。

IMG_5851

以上がviorouの新作、ジュリとレイナです。
サイズやデザイン的に、男性でも女性でもどちらでも使っていただける
デザインになっています!

さてそんなこんなで、今回のブログが今年ラストのブログになります。
一年間お世話になりました。
来年も新作の【徹底解剖】を進めていきたいと思います。

スナップ写真や
メガネのコーディネートは<AZギャラリー>をご覧くださいませ。
同じメガネでも視点を変えると見える部分が変わってくるはずです。

では、新年のブログでお会いしましょう!

《年末年始・営業時間のお知らせ》

2018年の営業も残す所、数日となりました。
今年もお世話になりました。

AZの年末年始の営業時間は以下のようになります。

12月29日(土) 通常営業

12月30日(日) 最終日・短縮営業 10:00~18:00

12月31日(月) 店休日

1月1日(火) 店休日

1月2日(水) 店休日

1月3日(木) 新年初売り・短縮営業 10:00~18:00

1月4日(金) 通常営業

短縮営業と店休日にお気を付けくださいませ。

これは本当に JAPONISM?スリムフレーム 【JN-648&JN-649】登場!

JAPONISMの新作

<JN-648&JN-649>

が到着しました。
タイトルにもある通り、このフレームはJAPONISMなのか?
と思う位細く、スリムなフレームになっています。
ですが、よくよく観察してみるとやっぱりJAPONISMなデザインと造り込み

そんな、歴代でも最もスリムであろうJAPONISMを【徹底解剖】していきます!

JN-648 col,02 Navy ¥40,000-(税抜)
IMG_5607

かなりスリムでスッキリしたフロントデザイン
フレーム上部の「リム部分」がほぼ見えないくらい細くなっています。

一見するとフチなしフレームに見えるほど

IMG_5609

角度を変えるとキチンとフレームがある事が分かります。
ナイロール糸の様な細いリムです。

ここまで細いリムはJAPONISMのフレームでは
“初”ではないでしょうか

IMG_5610

色付きのナイロン糸?

と、信じてしまいそうな位細いリムです

IMG_5611

かなりスリムなデザインですが、ブリッジには

《JAPONISM》らしさを残しています

細めのフレームになっても、ちゃんとJAPONISMしています。

極限までスリムなフレームは、ジャポニスムが新しく作り出したコンセプト

“バタフライフィット”

というコンセプトから生まれました。

軽やかに宙を舞い、優しく草木に止まり羽を休める
美しい蝶から着想を得ています。

不要なデザインとパーツを一切省くことで極限まで軽く、
負荷を感じにくいかけ心地を実現しています。
通常リムの約1/5の体積しかないβチタン製ワイヤーを用いたフロント
その厚み、実に

<0.7㎜>

ここまで薄くできるのか?という程薄くなっています。

IMG_5614

体積と形状を、緻密に計算されたテンプル
こちらも、かなりスリムに仕上げています。

IMG_5613

スリムに仕上げたテンプルは、バネ性と軽さは勿論
強度部分においても、しっかり造りこまれています。

細いフレームは過去にも↓の

IMG_5971

<JN-581>

などリリースされていましたが
今回の JN-648&JN-649 は、更にスリムで細くしてあります。

JN-648 col,03 Mat Black & Silver  ¥40,000-(税抜)

IMG_5598

こちらはマットブラックバージョン

IMG_5602

細いですが、マットの質感はちゃんと分かります。

IMG_5599

スリムなフォルムとマットな質感
ツヤがあってギラっとするのもいいですが、落ち着いたマットも
スリムなデザインにマッチします

JN-649 col,01 Star Gold  ¥40,000-(税抜)

IMG_5582

先ほどのJN-649 のレンズデザインが違うバージョン。

レンズデザインが大き目になっています

IMG_5593

レンズが大きめになっても、しっかりシャープでスリムなデザインは健在

IMG_5589

ツヤのあるゴールドカラーですが
スリムデザインのお陰か、きつい印象にならないゴールドとして使えます。

IMG_5592

<薄すぎるフレーム、やっぱりナイロール糸なんじゃないか?>

と思う程細いです

IMG_5593

スリムで、レンズデザインもゆったりなので
大人なイメージのフレームだと思います。

IMG_5621

JAPONISMの新しい風を感じる新作。
スリムなJAPONISMを是非体感しにいらしてくださいませ。

「OAKLEY」度付きカラーレンズ・ラインナップ追加!

スポーツ用のサングラスと言えば
オークリーと言っても過言ではありません。

ダウンロード

少し前からですが、OAKLEY(オークリー)の
純正RX度付きレンズに、ご要望の多かった

<PRIZMレンズ>

のバリエーションを一気に拡大!

視認性のあがる<PRIZMレンズ>の新色を中心に
今回は【徹底解剖】していきたいと思います。

レンズのカラーサンプルが

IMG_5574

この中に入っています。
重厚感あふれる、観音開きの中身は・・・

IMG_5576

こんな感じで追加のカラーレンズ、主に

PRIZMレンズ

POLARIZED (偏光) レンズ

がキレイに並んでいます。

PRIZMレンズは、スポーツに特化したレンズとしてスタートしました。

新しいPRIZMレンズは、スポーツだけでなく街中で使っていただく時に
視認性を上げることが出来るようなレンズになっています。
スポーツだけでなく、普段使いでも様々なモノを良く見えるように
チューンナップされたレンズです。

今回はそんなPRIZMレンズの新色やおススメカラーを
【徹底解剖】していきたいと思います

PRIZM FIELD
プリズムフィールド 透過率 15%

IMG_5552

<野球用レンズ>

ダウンロード
プリズムフィールドは、<野球用>としてチューンナップしたレンズです。

飛んでくるフライボールや、ゴロボールなど

遠くからはっきりと視認できるようになっています。
野球をプレイする際に必要な“見え方”を最大限に生かせるカラーです。

RIZM DARKGOLF
プリズムダークゴルフ 透過率 22%

IMG_5559

<ゴルフ専用レンズ>

ダウンロード (1)プリズムダークゴルフは<ゴルフ用>にチューンナップしてあるレンズです。
コースの起伏や奥行き、芝の状態を認識しやすいよう
コントラストが強化されています。
先にリリースされていた、PRIZM GOLFより
色が濃く日中のプレーに最適です。

PRIZM Ruby Polarized Polarized
プリズムルビー偏光 透過率 17%

IMG_5564

<ランニングなど>

98587c8493959d41c154f7489976316a_t

プリズムルビーは、<スポーツ全般>において使いやすいカラーになっています。
イエローやオレンジ系の景色の時、コントラストがはっきりします。
ベースカラーがグリーンイエロー系の明るいカラーになっていますので
明るい視界になっています。
陸上競技や、ランニングなどで使われるお客様が多いイメージです。

PRIZM Jade Polarized
プリズムジェイド偏光 透過率 15%

IMG_5554

<街中&スポーツ>

roa0007-009

色の変化が少なく、晴天、曇天の時でも掛け続けることが出来る
汎用性のあるレンズです。
中々個性的なグリーンミラーイリジウムを施しています。
グレーベースに少しローズが入ったレンズになっていて
色変化が少ない割に、コントラストを高めるレンズになっています。

意外とスポーティな感じは出すぎないので、
普段使いで使えるカラーになっています。

PRIZM Black Polarized
プリズムブラック偏光 透過率 11%

IMG_5555

<しっかり眩しさをカット>

6f396da08cc67ea9c208071d1b640966_t
オークリーのカラーの中でも、濃いレンズ
しっかり眩しさをカットしてくれますので、キャンプや雪山、海など
アクティブに活動される方におススメのカラー

定番のブラックイリジウムが、PRIZMレンズとして
輪郭をくっきりさせるレンズとしてパワーアップしています。
グレーのレンズの中に少し赤みのあるベースカラーになっていますので
同色に見えるブラックイリジウムとも差別化を図れています。

尖った性能では無いので
PRIZMレンズの中でも、使い勝手の良いカラーなのでは?と思っています。

PRIZM DeepWater Polarized
プリズムディープウォーター偏光 透過率 12%

IMG_5568

<釣り>

602a1c74eee2b7ee528feca2d454375d_t
海でのフィッシングに対応したPRIZM偏光レンズ。
水面から発生する、乱反射の光を防ぎます。
晴天時の海などの青い水面に囲まれた環境でのフィッシングに適したレンズです。

PRIZMレンズを特集してみましたが、いかがだったでしょうか。
ざっとレンズの性能をご紹介しましたが
実際の見え方の好みや、微妙なレンズカラーのニュアンスの違いは
実物を見て見ないと中々分かりづらい部分も多いです。
PRIZMレンズの性能や効果を体感しにいらしてくださいませ!

【JAPONISM】JAPONISM流ウェリントン到着!

JAPONISMの新作が入荷しています!
今回は新作と、少しレア?なJAPONISMも合わせて
【徹底解剖】していきたいと思います。

JAPONISM 650 col,2 ¥46,000- (税抜)

IMG_5336
シンプルですが、無骨な力強さと佇まいを感じるデザイン

JAPONISM流のウェリントンです

IMG_5340

フロント正面に施された段差加工が、
平面的な中にさりげなく主張する存在感や個性を出してくれます。

よく観察しないと分からない加工ですが
このさりげない加工があるかないかで、立体感や影の出方が変わります。

IMG_5342

最大8mm~最小4.5mm
のメリハリある厚み設計

ブリッジと一体のチタンパーツがフロントの強度と質感を同時に高めます。

IMG_5343

テンプルは幅広で存在感が抜群なチタンテンプル。

IMG_5345

幅広ですが、テンプルの厚さは薄いので重さは思っている以上に軽いです。

かけ心地を柔らかくする為の構造にもなっています。
一見すると堅そうなフレームですが、実際のかけ心地は軽く掛けやすいです。

IMG_5351

パッドはチタンパッドを使用しています。
クラシカルなフレームにチタンパッドを合わせると、
高級感や存在感がより増してくれます。

IMG_5356

プラスチックのカジュアルさと、チタンパーツが持つラグジュアリーさをプラス
落ち着いた印象だけど、どこかカッコいい
そんなフレームになっています。

JN-651 col,3 Dark Gray&ToramokuBlue  
IMG_5360

先ほどのJN-650の細目バージョンです。
浅めのレンズ天地幅は、ビジネスシーンでも使いやすいデザインです。

IMG_5363

こちらのフレームは、スクウェア系のレンズデザインになっています。
段加工もJN-650と同じく施してあります。

IMG_5365

フレームの下部には
JAPONISMのアセテート生地の中でも人気がある

ToramokuBlue (トラモクブルー)

を使用しています。
質感やカラーはかなり独特な風合いのアセテート生地です。

IMG_5366

ゴツさを抑えて、少し丸みのあるデザインにしてあります。

IMG_5367

テンプルの太さはJN-650 と変わらない、極太な仕様になっています。
細めのフロントに対して、しっかり太目のテンプルなので
JAPONISMらしいボリュームもしっかり感じられます。

IMG_5374

こうして並べてみると、フレームデザインの違いも分かります。

幅広で、ゆったりしたJN-650

細目で少しシャープなJN-651

似ているようで、やっぱり違う兄弟品番です。

新作として入荷してきたのは以上のフレームになります。
これだけでは少し寂しいので

<少しレアなJAPONISM>

を今回はピックアップしていきたいと思います。

JN-554 col,05 redbrown sasa

IMG_5377

 圧倒的なインパクトを放つJN-554

“油圧プレス”

で製造したフロントは“圧倒的存在感”のあるオールプラスチックフレーム。
油圧技法でしか表現出来ないダイナミックなフォルム

「ダブルループ」

は、今までの眼鏡の固定観念を大きくかけ離れ、
今後のデザインの更なる可能性を感じさせます。
テンプル部分は、もちろん掛け心地の良いβチタンの板バネを内蔵。
独特な世界観を構築しているジャポニスムらしいモデルです。

IMG_5378

造り方を知っていたとしても、どうやって作るのか分からないです。

IMG_5379

一枚のアセテート生地が、こんな風になるなんて圧巻です。

57987335a8212820146df31e_DSC_2983

ではここで、

「油圧プレス」

についてご紹介します。本来「油圧プレス」とは、
メガネ生産だけに使われている技工名ではなく、
一般的な加工技法のことなのですが、ジャポニスムではこの技巧によるフレームを、

「油圧」や「油圧プレス」

などと呼び、2002年頃から発表しています。この技法は、

アセテート生地を機械にセットした金型にはさみ

何トンもの圧をかけながら材料を押しだす事で、金型と同じ形状を作り出す

時間と力加減をコントロールすることにより、
独特の造形を形成することが可能であります。
油圧プレスの特徴は、メリハリのある立体的なデザインを

<一枚のアセテート生地から作り出せること>

通常は2~3枚のアセテート生地を張り合わせ、
余分なところは削って形成していきますが、この油圧プレスを使えば、

つなぎ目のない一つの素材から形成できます
アセテート生地の柄をそのまま活かしたデザインが可能になります。

油圧プレスができる工場は鯖江にいくつかありますが、
ここまでの立体感を表現できるのは

《日本でたった一つの工場だけ》

ジャポニスムの歴代の油圧フレームは、この貴重な技術を使い作られています。
しかし門外不出の技術のため、デザイナーも現場には立ち会った事がないらしいです。
そういった非常に難しい技術を使い、製作される「油圧プレス」のフレーム

IMG_5383

こんな立体感を作ることが出来るのも「油圧プレス」ならでは

IMG_5388

JAPONISMらしい一本です。
少し前のフレームですが、今見ても色あせない素晴らしいデザインだと思います。
ラスト一本になっていますので、気になる方はお早めに!

【KAMURO 2018 collection】

KAMUROの新作が届いています!
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

2018AW表紙s.jpg

毎回テーマを決めて作られているKAMUROのメガネですが、今回のテーマは

“two persons”

一つのモデルでも

大人・子供・ドレッシー・カジュアルなど

異なる二人の人物像を想定して、ひとつのデザインで
<二通りのバリエーション>
を楽しめるコレクションとなっております

turip チュリップ col,8001 ¥38,000- (税抜)

IMG_5119

フレーム名にもある通り、このフレームは

ce91bfa85640e229f5d1a0199d92f862_t

【チューリップ】

をモチーフにしたデザイン!
チューリップの持つ花びらの重なり具合や、
曲線の美しさを意識してデザインしています。

IMG_5122

フロントは、柔らかいシェイプのオーバル型
フレーム名の由来でもある、チューリップはテンプルに仕込まれています。

IMG_5124

チューリップのぷっくりした花の部分を、KAMUROお得意の

《七宝》

で表現しています。

IMG_5127

フロントはシンプルなデザインでまとめ
テンプルを徹底的に可愛く仕上げています。

ちなみに、チューリップモチーフですが
もう一つ、モチーフになったデザインソースがあります。
それは

<トルコタイル>

12945834

トルコタイルでは、桔梗など花の絵柄が多く使用されています。
そのタイルのイメージもデザインに取り入れたそうです。

col,4840

IMG_5144

いわゆる<チューリップ>なカラーです。

IMG_5148

テンプルのチューリップは白いチューリップになっています。
フロントとテンプルカラーのメリハリが
しっかり出ますので、テンプルラインが綺麗に映えてくれます

IMG_5149

テンプルの全体はこんな感じになっています。

真っすぐなテンプルではなく、曲線のラインが
本物のチューリップの茎のようで可愛いです。

flower-back1535

テンプルの、茎と葉っぱを含めたデザインがやり過ぎないけど
ちゃんと可愛さをアピールしてくれます

IMG_5154

光を当てずに撮影してみると、こんな感じのカラーです。
日常で使う時のカラーは、この写真のイメージが一番近いかもしれません。

col,32123

IMG_5134

フロントはブラウンデミカラー

IMG_5141

チューリップの七宝はどのカラーよりも、

チューリップ”らしい”

 七宝カラーになっています。

IMG_5143

チューリップの茎?の部分であるテンプルは
爽やかなスカイブルー系統のカラーにしています。

IMG_5156

今回AZに入荷してきたチュリップ達
馴染みやすいカラーから、目立たせるカラーまで
それぞれ個性のあるカラーが揃っています。

次の新作は、KAMUROユーザー様なら“ピン“とくるかもしれないフレーム

flap col,14025B ¥38,000- (税抜)

IMG_5161

 KAMUROではかなり久々に登場の

《逆ナイロール》

この「フラップ」はとあるフレームをベースにしているのですが
その辺りの話は後ほど。

かなり特徴的なフロントになっています。
フロントの正面から見ても分かる、

ナミナミした形状

IMG_5169

横から見ると、よりハッキリわかります。
この特徴的な形状、まるで

e49m_5598

<扇子>

の様ですよね。
蛇腹の様な変わった形状の造りになっています。
このさり気ない立体感がとても印象的なデザインのフレーム!

 IMG_5166

しかし、この扇子みたいな形状の造り
KAMUROユーザーさんなら、何となく見覚えのある方もいるのではないでしょうか?

IMG_5213

「フラップ」は
frill (フリル)と呼ばれるフレームの逆ナイロールバージョンになっています。

IMG_5218

二つを並べてみました。
フレームの上部が抜けているので、随分と印象が変わりますが
レンズデザインもほぼ同じなのです。

IMG_5168

フリルと同じく、テンプルは丸みのあるチタンテンプルになっています。
肌に当たる部分が丸くなっていますので
ソフトなかけ心地としてご使用いただけます。

col,0303B

IMG_5170

KAMUROらしい、ブラウングリーンをベースにしたカラー

IMG_5172先ほどのレッドと比べても
自然な印象で、目立ちすぎないで掛ける事が出来ます。

 col,5125PIMG_5175

フロントが濃いめのパープルバージョン
KAMUROのパープルは日本人が使いやすいカラーリングです。
お顔の表情が明るくなりつつ、肌馴染みのパープル

IMG_5177

少しマットな感じな風合いもグッドです!
少し色で遊びたい方には、こちらのカラーがおススメです

さて、お次のカラーは

《コラボカラー》

KAMUROとかかわりの深い、
とある方々とのコラボカラーになっています。
IMG_5183パールホワイトカラーのこちらのフレーム
コラボしたのは
くぼみねプロフ

こちらのお二人

久保ミツロウさん (写真左)

能町みね子さん (写真右)

KAMUROとコラボした経緯は後ほど、その前にお二人の簡単なプロフィールを

久保ミツロウさんは漫画家。
森山未來さん主演の

「モテキ」

はドラマ化、映画化され大ヒットとなりました。
2016年脚本原案・ネーム・キャラクター原案を担当し注目を集めたテレビアニメ

「ユーリ!!! on ICE」

21186_1_1

も大ヒットし勢いに乗る漫画家です。

能町みね子さんはエッセイ、コラム、漫画など幅広く執筆。
2006年「オカマだけどOLやってます。」
でデビュー。相撲好きとして知られ、NHKニュース
「シブ5時」にも出演されています。
著書「雑誌の人格」「お家賃ですけど」「逃北」などなど。
ワイドショーのコメンテーターとしても活躍されています。

<そんなお二人とKAMUROの出会い>

もともと久保さんはKAMURO銀座本店のお客様だったらしいです。
あるとき久保さんが

「笑っていいとも!」

に出演することになり、その際、メガネの衣装協力をすることになったそうです。
その後、音楽家ヒャダインさんとの冠番組

「久保ヒャダこじらせナイト」

さらに能町さんが加わりレギュラースタートした

「久保みねヒャダこじらせナイト」

を中心に、久保さんと能町さんへメガネの衣装協力を本格的に開始。
そういった縁もあり、今回のコラボカラーが決定したみたいです。

IMG_5188

パールホワイトの独特なラメ感
一見派手に見えますが、実際にお顔に乗せると

「白!!」

と、なり過ぎないのがパールホワイトの強みです。
派手だけど、馴染んでくれる不思議なカラーです。

IMG_5190

テンプルは、

光沢のあるパープルカラー

になっています。
パールホワイトにパープルと中々攻めた配色です。
ですが、かけてみると不思議とこの配色がベストじゃない?
と思わせてくれる説得力があります。

IMG_5200

コラボモデルの証

《くぼみね》

のロゴも、先セルの内側に印字されています。
コラボモデルの遊び心はこれだけではありません。
KAMUROのメガネと言えば、先セル部分で遊ぶのが特徴
コラボモデル限定の印刷をしています。

IMG_5198

右側に“くぼ”

IMG_5199

左側には“みね”

が堂々存在しています。

IMG_5211

ケースとメガネ拭きは

<専用のコラボ品>

ケースは大人な感じのイメージの赤ケース

IMG_5208

コラボの刻印もキチンと入っています。

IMG_5212

メガネ拭きも専用品が入っています。
様々なパターンの“くぼみね”が印刷されています!

付属品まで特別仕様になっている
“くぼみねコラボ”

 一本しか入荷していませんので、気になる方はお早めに!
今回届いたKAMUROは以上です。
まだこれからやって来るKAMUROは、届き次第【徹底解剖】します!

【GMS&MASUNAGA since 1905 】part,2

store-collection-logo-masunaga

<増永眼鏡>

part,2では前回、ロゴだけ出した

store-collection-image-masunaga-01-active (1)

<since 1905>

の新作を含めた入荷分を【徹底解剖】していきたいと思います。

GMS-199TC #11 G(Dark Demi) ¥36,000-(税抜)

IMG_5067

小ぶりなウェリントン型のデザインです。
細めのウェリントンなので、スッキリした印象で
お仕事やフォーマルな場所でも使って頂けるフレームです。
IMG_5070
メタルリムに厚さわずか

<0.25㎜>のセルロイドを巻きつける製法

増永眼鏡さんの中でも、特に熟練の職人さんにしか作ることができないらしいです
IMG_5075
塗装などでは出すことのできない

《質感》

があるフレームになっています!
IMG_5076
セル生地を巻いてある部分が

ぷっくりしています

ゴールドとブラウンのセル生地のコントラスト
王道を貫くカラーリングになっています。
#24 TITAN(BK)
IMG_5078
ブラックバージョン 
IMG_5079

コチラのカラーは全体的に黒のイメージです。

かなり渋くまとめています。

IMG_5080
全体が黒っぽい中、チタンパッドだけは

ゴールドカラー

チラッと見えるのゴールドパッドが、いいアクセントになります。
IMG_5086
セル巻きのプラスチックとチタンのカラーが同系色なので
使い勝手の良いカラーです。
さて、ここでちょっとだけGMSのこぼれ話を。

GMSは、1933年に作製された

<昭和天皇献上品>

をルーツに作られています。
確かなものを、確かな品質で作るGMSはこうして生まれました。

DESKEY #45 DBL/GRY ¥38,000-(税抜)

IMG_5088

オールチタンで仕上げた多角形シェイプ

デザイン的にはクラシックですが、
ラウンドやボストンとは違い丸みのあるデザインではなく、
中々エッジのきいたデザインになっています。

このモデルが

Since 1905

のシリーズになっています。
このシリーズは、増永眼鏡の中でもハイエンドなシリーズで
基本的にオールチタン系のメガネが多いです

IMG_5096

一見するとシンプルなデザインですが、四角い要素が集まるところ
リムが細くなっているところなど
要所となる部分のデザインにはこだわっています。

IMG_5089

オールチタンという、シンプルな素材から

<艶の有無や丸と直線>

フレームを引き立たせる処理が適切になされているため
凛とした風合いが出てくれます

IMG_5093

テンプルの形状もクールです。
太くする部分と、細くしている部分のある
オールチタンですが、メリハリのあるテンプルになっています。

IMG_5091

細かい部分の造り込みは、さすが増永眼鏡!

ちょっと分かりにくいですが、リム(フレーム)の厚さが
鼻側よりも少し厚くしています。リムを厚くすることで
強度近視の方も、レンズの厚さをカモフラージュしやすくしています。

IMG_5094

万人受けするメガネとは言い難いですが
意外と掛けてみると

「あれ?結構似合うぞ?」

となってくれるフレームだと思います。

IMG_5087

ちなみに再入荷でセル巻きのラウンドバージョンも入荷してきています。
こちらは前にブログで紹介していますので

<コチラ>

でご覧くださいませ

日本のメガネ業界の歴史といっても過言ではない
<増永眼鏡>の技が詰まったメガネです。
是非体感しにいらしてくださいませ。

【GMS&MASUNAGA since 1905 】part,1

store-collection-logo-masunaga

今や、福井県と言えばメガネの聖地と呼ばれる程
一般的にもメガネの産地として浸透しています。
そんな福井県にメガネの産業を根付かせたのが

<増永眼鏡>

1905年(明治38年)に創業し
ギルド制にも似た

【帳場制】

と呼ばれる制度をつくり、たがいの技術を磨きあい
品質の良いめがねを提供し、今日のメガネ業界の礎を作った増永眼鏡

そんな増永眼鏡がリリースするラインナップである

store-collection-image-masunaga-01-active (1)

since 1905

store-collection-image-masunaga-02-active

G.M.S

新作や再入荷分がやってきましたので、
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

GMS-823 #B1 Black ¥45,000-(税抜)

IMG_4996

チタン素材のメタルパーツと、 アセテートを使った
ウェリントンシェイプのコンビネーションフレームになっています。

IMG_5002
構造にもこだわっており

プラスチックとメタルリムの
<サンドウィッチ構造>を採用

フロント上面や側面にちらりと見えるチタン部分が質感を高めます。
見る角度によって、表情を変えてくれるのも面白いです。

IMG_5006

丁番とテンプルをつなぐ<リベット>を立体的なデザインとするなど

細かいディティールにもこだわりが感じられます。

IMG_5007

裏側はこんな感じです。
細かい部分の仕上げが、本当にキレイに仕上げています。

IMG_5005
ノーズパットには【チタンパット】を使用。
通常のパッドと比べても、
チタンは劣化もなく、肌の弱い方にも安心してお使いいただけます。

IMG_5013

丁寧な作り込みの
正統派ウエリントン型

コンビネーションフレームです。
シンプルになりがちな、ウェリントン系デザインに
チラッと見えるメタルパーツがワンランク上の高級感を演出しております

#14 HAVANA
IMG_5021

こちらは、ハバナカラーバージョン

IMG_5024

少し抜けのあるブラウン系なので、肌馴染みはよく
あまり主張しすぎる事もないです。

IMG_5027

コチラのカラーは、テンプルとリベットのカラーが違います。

ゴールドカラーのリベットが良いアクセントになっています。

IMG_5028

フロントのハバナカラーテンプルのグレーのコントラストが綺麗です
馴染みつつ、少し渋めに使うならこちらのカラーがおススメです

IMG_5031

【G.M.S】 らしくボリューム感はそこそこに
ちゃんと存在感は感じられる

そんな一本だと思います。

GMS-115SG #S24 Clear Gry(GRY) ¥42,000- (税抜)

IMG_5032

こちらは、様々な《個性》を、詰め込み倒した

<よくばりサングラス>

様々な《個性》を一つ一つ紐解いていきましょう!

IMG_5034

<ツーブリッジ>

ツーブリッジとは通常のブリッジに加え
フレーム上部にもうひとつブリッジを付けたデザインのフレームです。
ツーブリッジにする事で、デザインにアクセントが加わり
他にはないインパクトを出すことができます。

どのサングラスよりも“渋さ”を前面に出すことが出来ます。

IMG_5033

<六角形=ヘキサゴン>

レンズデザインは、六角形のデザイン
六角形のレンズは

クラシカルで個性的な印象を出せます

GMS-115SGは、このヘキサゴンの形にすることで
個性的な風合いを全面的に押し出しています。

IMG_5039

<フレームの造り>

このサングラスも、先ほどの【GMS-823】と同じく

サンドイッチ方式のフレームになっています

IMG_5040

アセテートフレームをナイロール形式で釣り上げています。
クラシカルフレームで、最近多く見かけることの多くなった造りです。

IMG_5041

<GOZAEMON MASUNAGA SPECTACLES>

増永眼鏡の創業者である

増永五左衛門』を表した
飾り文字がリムに彫り込んであります

一見すると普通の模様にしか見えませんが、
よくよく観察してみるとわかる、隠れたこだわりポイントになっています。

IMG_5055

<裏面マルチコート>

光が横や、後ろから入って来た時
レンズの裏面が反射しない様にコーティングをしてあります。
このさり気ないコーティングをするだけでも
目に対するダメージがかなり軽減されます。

IMG_5053

表面のコートはサングラスカラーが綺麗に出るように
白っぽく反射するようになっています。

サングラスとしてカッコよく使えるように
サングラスとして機能性も高く

そんなユーザー目線のサングラスです。

#S13 Brown(GRY Half)

IMG_5058

ブラウンカラーバージョン
ブリッジのゴールドカラーがちょっとだけ
“イヤらしさ”を出すことが出来ます。

IMG_5061

レンズは、グレイのグラデーションカラー

IMG_5064

ブリッジ周りも渋いです。

IMG_5066

コチラのブラウンカラーは、先ほどのクリアグレーカラーよりも
個性的なイメージを出すことが出来ます

<普通のサングラスだと面白くない!>

そんな方にはこのカラーがおススメです

 part,2に続きます!

Just another サイト メガネ工房AZ 新着情報 site