カテゴリー別アーカイブ: FACTORY 900

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-400番台のフレーム】

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-400番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FA-400番台のフレームは、他のフレームと比べ新しく
2020年にFA-400番台が新しく登場しました
では早速ご案内します

FA-402 No.848: clear gray/red black (クリアグレー/赤黒)

IMG_6847

<FA-200番台の再構築>
がテーマとなっているフレームデザイン

大き目のオーバルデザインは柔らかい印象で
FACTORY900らしいボリュームはありますが
顔なじみは良く使って頂けます

「FA-402」は2006年に発表された「FA-202」
2014年に発表された「FA-202A」をブラッシュアップしたデザインになっております

IMG_6487

上の画像がFA-202Aです

このモデルをブラッシュアップしています

IMG_6852

フレームとレンズの空間がキレイな
独自のフローティングスタイルです

フレームフロントはしっかりカーブしていますが
造形面を柔らかくすることで、優しい印象に仕上げています。

IMG_6862
”今”の感覚で描かれた
ベーシックでありながら未来的な造形です

IMG_6871

スポーティな印象で使って頂く事も出来ますので
軽いウォーキングから、自転車に使ったり
ちょっとアクティブなイメージで使って頂く事も出来ます

FA-404 No.040: black/barafu (黒/バラフ)

IMG_6877

<FA-200番台の再構築>
がテーマとなっているフレームデザイン

「FA-404」は歴代のベストセラーモデル「FA-204」
をブラッシュアップさせてたモデルとなります

IMG_6470

「FA-402」同様FACTORY900
フローティングスタイルになっています

エッジの効いたシャープなスクエア型の「FA-204」に対し
オーバルシェイプの「FA-404」

ご覧のように2つのモデルを正面から比較してみると
その違いが非常に分かりやすいかと思います

なめらかなラインを描きつつ、フレームに厚みを持たせ、ゴーグルを彷彿とさせるFACTORY900らしい造形です。

FA-440 No.170: light brown sasa (薄茶ササ)

IMG_6915

デザイナーが、かねてからFACTORY900のユーザーであった

芸人・宮川大輔さんとコラボしたモデル

打ち合わせを重ね、宮川大輔さんの意見も取り入れながら
デザインされました

IMG_6916

吊り目なレンズシェイプと
それを強調するブローラインが特徴的です

FACTORY900の中のフレームでも
かなり<ゴーグル感のあるデザイン>になっています

ダイナミックなデザインで
並んでいる所を見ると、掛けられるのか?
と思う程のインパクトです

IMG_6924

FACTORY900は流線系の造形美が特徴です
FA-440は、あえて全体のバランスを崩し
流線的になり過ぎないよう意識的に平面を残し
そのなかで

<厚みの強弱>
によってさらに立体感を表現しているそうです

IMG_6927
厚みと立体感のある<三角形のテンプル>に繋がる
ダイナミックなラインが力強さを感じさせます

IMG_6930

バネ性のあるヒンジを採用していますので
掛け心地の良さはいう事ナシです

宮川大輔さんの様なゴーグル感のある
メガネを探していらっしゃる方にはドンピシャなフレームです

 FA-441 No.579: olive green (オリーブグリーン)

IMG_6939

FA-440の玉型違いのモデル
2005年に発売され、今もファンから根強い人気のある

FA-160をベースにデザイナーが
“今”の感性で描き下ろしたモデル

IMG_5566

コチラがFA-160です
今見ても、非常にカッコいいFA-160

IMG_6941

FA-160よりも
更に重厚感のあるゴーグル形状

FA-440よりも吊り目に見えるレンズシェイプと
それを強調するブローラインが特徴的です

IMG_6943

智元から繋がる
三角形のテンプルが力強さを感じさせます

IMG_6948

バイカーズゴーグルをイメージした
FA-160をリデザインしなおした
FA-160を持っているユーザー様も納得頂ける

存在感・説得力を持ちます

IMG_6952

FA-441 (左) FA-440 (右)

二つを比べてみると、こんな感じの違いになっています
レンズの上下幅はFA-440もFA-441もそこまで変わりませんが
FA-440の方が、ブロー部分が厚いので
全体のバランスが大きくなっていますIMG_6958

バイク乗りの方や、自転車乗りの方にオススメしたい
ゴーグルみたいな・・
というよりも、ゴーグルの様に使って頂きたいフレームです

さて、いかがでしょうか?FA-400番台のフレーム
まだ400番台はリリースされているフレームも少なく
これから様々なフレームがリリースされると思います
どんなデザインで我々を楽しませてくれるのか
今から楽しみで仕方ありません!!

<トランクショー開催中 FACTORY900>FACTORY900 RETRO

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

FACTORY900には今までご案内した
FACTORY900・factory900 labo
に加え、もう一つコレクションがあります
そのコレクションが

FACTORY900 RETRO
ファクトリー900レトロ

MORE FUTURISTIC NEW VINTAGE
″半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する”

という発想からデザインされたコレクションで
2014年に登場した、FACTORY900のクラシックなコレクションです

クラシックをベースにしながら
未来の形を追求するという姿勢が
凄くFACTORY900らしいアプローチだと思います

そんなFACTORY900 RETRO のコレクションから
いくつかピックアップしていきたいと思います

RF-033 col.447 clear blue (クリアブルー)¥38,500-(税込)

IMG_4600

2つの異なる厚みを持たせることで、
重厚感を感じさせつつも
軽量でスリムな印象を与える多角形フレーム

クリアブルーは
グレーよりのカラーなので抜けの色が綺麗で
お顔に乗せた時に馴染みよく、クールに映えます

IMG_4604

多角形のリムデザイン

リム部がクラウンパントらしさを出しつつ
レンズはボストンシェイプらしくもあり
多彩な表情を持ったデザインです

IMG_4607

見る角度によって<厚みの変化>が楽しめます
厚みはありながら、ゴツ過ぎる事がありません

IMG_4611

かなりのボリュームなので
重くて掛けにくいんじゃないの?
と思われるかもしれません・・・

IMG_4616

ですがご安心くださいませ
これだけボリュームがあっても掛け心地はとても良いです

FACTORY900オリジナルのバネ丁番

を仕込んでいます
このバネ丁番が程よくしなり、掛け心地を良いものにしてくれます

IMG_4634

内側から見るとこんな感じです

IMG_4630

RERTOの世界観を更に追求し
「洗練性」「革新性」「重厚感」

のバランスを意識して造られたモデルです

ボリュームがあり、厚みもありますが
全体的にはバランスがとれており
ビジネスでも使って頂けると思います

IMG_4644

FACTORY900でしか表現できない
多彩な表情を醸し出すフレームです

IMG_4604

普通のクラシックはいらない
個性的だけど、ビジネスでも使いたい

そんな要望に応えてくれる一本です!

RF-041 No.276: pink barafu (ピンクバラフ)

IMG_4674

肉厚のあるフォルムからカタチ作られた
無骨さを感じられるRF-041

肉厚感とボリューム感が
FACTORY900らしさをしっかり表現しています

現在リリースされているRF品番の中でも
厚みという点では一番分厚いフレームかもしれません

IMG_4695

ピンクバラフカラーは
フレームの様々な場所にピンクを散りばめています

ピンクが程よく抜けてくれるので
重くなり過ぎず、良いアクセントになってくれます

カメラで撮ると、ピンクがくっきり出ますが
実際に顔に乗せると馴染んでくれます
あまりピンクが強く出ないので、お仕事などでも使って頂けます

IMG_4690

上から覗いてみました
どうでしょうか?この厚みを分かって頂けますか?

IMG_4696

立体造形の技術を盛り込み、重厚感のあるフレームに

『FACTORY900初の立体的飾り鋲を採用』

正面からだけでなく、サイドから見た時も
飾り鋲が見えるようになっています

厚みのあるフレームにワンポイント与えてくれます

IMG_4704

テンプルも<肉厚>
シンプルですが、かなりの存在感です IMG_4705

これだけ分厚く、ボリュームがありますが

FACTORY900オリジナルヒンジを採用していますので
掛け心地はとても気持ちいいです

IMG_4710
厚みに目が行ってしまいますが
実は良く見てみるとクセのないデザインなので
思っている以上に使いやすいフレームになっています

FACTORY900らしさは出しながら
デザインは落ち着きのあるフレームを求めている方には
まさにオススメの一本です

RF-055 No.478: blue (青)

IMG_4767

メタルとのコンビネーションフレーム

多角形デザインでシャープなデザインです
無機質な印象になりがちなメタルのフロントに

<テレビジョンカット>

を施したアセテートを組み合わせエッジを効かせています

IMG_4770

“テレビジョンカット”
と呼ばれる造りのリム

フレームの外側から内側に向かってえぐれた独特なカット
そのデザインがブラウン管テレビをイメージさせることから名づけられた
カッティング方法です

IMG_4774

独特の立体感を感じるテレビジョンカットは
<多角形クラシックデザインを引き立てます>

内側に向かってえぐれている部分は正に
ブラウン管のテレビを彷彿させますね

IMG_4771

テレビジョンカットを採用したフロントが印象的ですが

全体のバランスを見てみると、シャープでスリム
繊細さも感じて頂けるデザインになっています

FACTORY900はボリューム感と立体感
というイメージがあると思いますが
こういったスリムで繊細さのあるフレームもキレイです

IMG_4778

サイドから見るとこんな感じです
先ほどのRF-040と比べてみてみると、本当に同じブランドなのか?
と思ってしまう程のスリムさです

IMG_4779

テンプルデザインもとてもシンプル
全体のバランスがとても綺麗です

IMG_4782

ノーズ部分はクリングスタイプになっており
調整が出来るようになっております
パッドもオリジナルパッドが付いており

『ファ』

FACTORY900の“ファ”を刻印してあるパッドを採用しています
英語でFAとか数字で900 とかではなく
カタカナで“ファ”という刻印にする所が何だかお茶目ですね

という事でFACTORY900のクラシックなスタイル
FACTORY900 RETROのフレームをピックアップしてみました
FACTORY900流のクラシックスタイルは
他のクラシックスタイルとは一線を画します
流行を追いながらも、自分らしさを出せるコレクションになっています

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-300番台のフレーム】part,2

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-300番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FA-360 No.223: bordeaux/red pattern (ボルドー/赤柄)

IMG_6769

極厚ブロータイプの
ナイロールフレーム

モータースポーツに特化した
新たなるスタイルの提案

として生み出されたFACTORY900の中でも

“スポーティ”なコンセプトのフレームです

IMG_6770

サイドの快適な視界を確保できるように
ブロータイプナイロールタイプになっております

FACTORY900のフレームとしては
スマートな印象のブローフレームの様に見えますが
しっかり厚みと立体感は出しています

IMG_6772

上から覗いた時の立体感はかなりのものです
ナイロールフレームでフレーム下部が抜けているので
よりブロー部分の厚みが目立ちますね

IMG_6776

無駄を省き、すっきりとした正面と対比し
フレームの奥行き(厚み)は十分な強度を持たせています
且つ、計算されたフレームカーブにより
しっかりとお顔をホールドしてくれます

IMG_6778

自転車やバイクなどにもオススメできる
FACTORY900流スポーティモデルです

FA-370 No.429: blue pattern/gray (青柄/グレー)

IMG_6782

FA-360と同じく
ブロータイプのナイロールフレーム
かなり独特なブロー部分のデザインは

【兜】

からインスパイアされています

IMG_6784

兜・甲冑を彷彿させる
力強さを感じるブローフレーム

掛けるだけで戦国武将気分になれます

IMG_6785
ブロー部分は曲線と面のカットが
上手く絡み合い、兜感が非常に高く表現されています

エッジの効いたブローに合わせてある
レンズのデザインも個性的なエッジの効いたデザインです

IMG_6793

兜をモチーフにしているという事で
ナイロールフレームでも、かなり存在感の強いフレームです
FACTORY900の中でも個性の強い一本ですが
ハマる方は間違いなくハマって頂けます!

IMG_6796

カラーは

『染織物や日本の伝統色』

をイメージさせる、深みがあり繊細な色を使用した
未来的でありながら日本古来の美を追求したモデルです

FA-375 No.378: blue violet gradation (青紫グラデーション)

IMG_6799

多面体で構成したアンダーリム

アンダーリムは細目のフレームが多いですが
FACTORY900らしく
しっかり厚みと存在感のあるデザインに仕上げています

IMG_6804

ブリッジからテンプルエンドまで
綺麗なラインでつなげるのではなく面や線に

”たまり”や不規則な動き

をつけることで、まるで顔の上に
“ポリゴン”
を合わせた様なスタイルに仕上げています

フロントは濃度の高い青紫を上下に配置し
引き締まりながらも「魅せる」カラーリングです

IMG_6807

テンプルはクリアピンククリアブルー
張り合わせ、バイオレットカラーに見える仕上がりにしています

IMG_6818

ブリッジ部分は900のモデルの中では
比較的フラットな形状になっています
ブリッジに立体感を出しすぎず、立体感はありながら
サラッと掛けて頂けるデザインになっています

FA-380 No.096: black meisai (黒迷彩)

IMG_6819

時代を感じ、時代を創る

1980年代を彷彿させる
テクノミュージックや当時の最先端の”未来的”を

今だからこそできる技術を使い
さらに先の“未来”を想像したモデル

かける人、かける場所…ルールなど何もない
当時の時代感を今の最先端の技術を駆使して表現した
サングラス

IMG_6822
三角形のソリッドなデザインは
FACTORY900の中でも、個性派レンズシェイプ

FACTORY900らしい
フローティングデザインは健在です

IMG_6824

サイドの空間・エッジの効いたデザイン

IMG_6828

ブリッジ部分の厚み

などなど、細目に見えるデザインの中にも
FACTORY900の持つ強みを詰め込んでいます

IMG_6833

1980年代のテクノサウンドを彷彿させる
攻めたデザインです

ハッキリ好みが分かれそうなフレームですが
刺さる方には、ドンピシャなデザインです!

FA-381 No.853: white (白)IMG_6836

ブロータイプのラウンドデザイン

ブロータイプでありながら、ラウンドデザイン
ここまで太く、立体感のあるラウンドブローは
探しても中々ありません

IMG_6837

先ほどのFA-380と同じく、かなり個性的なサングラスになってます
ラウンドデザインの上にあるブローデザイン
その特徴的なブローラインが他のフレームには無い“味”を出してくれます

IMG_6839

ブロー部分と、フード部分は
繋がっており、一体成型になっております

二つのパーツを独立させず、一つのパーツで表現する造形美に
FACTORY900の技が詰まっています

IMG_6843

サイドから見た時の
フード・ブローの立体感がたまりません

フードの形状になっていますので、お顔に乗せた時に
しっかり目をカバーしてくれます

IMG_6846

FA-381のレンズカラーは全て

<ミラーレンズ>

を採用しています
ギラっとしたゴーグルスタイルとして、ファッショナブルに使ってみませんか?

FA-300番台のフレームpart,2でした
横長で立体感のあるフレームの多い
FA-200番台のフレームと比べ、ブロータイプや二股のフレームなど
バラエティに富んだフレームデザインが多いFA-300番台
メガネの楽しさを再認識頂けるフレームデザインだと思います

<イベント告知 本日!8/21(土)> FACTORY900 デザイナー青山嘉道氏 来店!

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

<遂に本日!8/21(土)>

FACTORY900のデザイナーである
青山嘉道氏がAZに来店します!

FACTORY900は
2013年に、メガネ界のアカデミー賞といわれる

Silmo d’Or (シルモドール)
をサングラス部門で受賞

その後再び2015年

Silmo d’Orにて
「サングラス枠では収まりきれない」
という評価を得て審査員満場一致による

審査員特別賞
(Special Reward Category-Jury Special Prize)

を受賞

国内のみならず、海外でもデザインが評価される
デザインを生み出す青山氏に会う事の出来る大変貴重な機会です

IMG_6442

フレーム誕生の話やFACTORY900の裏話なども
もしかしたら聞けるかも!?

8/21(土) メガネお買い上げの方には

IMG_7256

AZ20thロゴ入り
コレクションボックスをプレゼント!!

更に


コレクションボックスに
デザイナー青山氏のサイン

更に更に!

コレクションボックスに
メガネのイラストを直接描いてくるかも!?

というFACTORY900ファンにはたまらない特典付きです

IMG_7268

オリジナルコレクションボックスは
意外と高さがありますので、FACTORY900のフレームも
問題なく収まってくれます

IMG_7270

立体感のあるFACTORY900も
問題なく入ります

トランクショーは8/29(日)まで開催しておりますが
デザイナーに会える機会は8/21(土)のみです!
青山氏と共に皆様のご来店お待ちしております

<イベント告知>【8/21(土) FACTORY900 デザイナー青山嘉道氏 来店!!】

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

遂に8/21(土) FACTORY900のデザイナーである
青山嘉道氏がAZに来店します!

FACTORY900は
2013年に、メガネ界のアカデミー賞といわれる

Silmo d’Or (シルモドール)
をサングラス部門で受賞

その後再び2015年

Silmo d’Orにて
「サングラス枠では収まりきれない」
という評価を得て審査員満場一致による

審査員特別賞
(Special Reward Category-Jury Special Prize)

を受賞

国内のみならず、海外でもデザインが評価される
デザインを生み出す青山氏に会う事の出来る大変貴重な機会です

IMG_6442

フレーム誕生の話やFACTORY900の裏話なども
もしかしたら聞けるかも!?

8/21(土) メガネお買い上げの方には

IMG_7256

AZ20thロゴ入り
コレクションボックスをプレゼント!!

更に


コレクションボックスに
デザイナー青山氏のサイン

更に更に!

コレクションボックスに
メガネのイラストを直接描いてくるかも!?

というFACTORY900ファンにはたまらない特典付きです

IMG_7268

オリジナルコレクションボックスは
意外と高さがありますので、FACTORY900のフレームも
問題なく収まってくれます

IMG_7270

立体感のあるFACTORY900も
問題なく入ります

トランクショーは8/29(日)まで開催しておりますが
デザイナーに会える機会は8/21(土)のみです!
青山氏と共に皆様のご来店お待ちしております

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-300番台のフレーム】part,1

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-300番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FA-301 No.137: light demi (ライトデミ)

IMG_6699

大ぶりで縦幅がしっかりあるダイナミックなデザインです

エッジのあるカットではなく
丸みのある柔らかいラインで構成されています

立体感や重厚感

はありながら、柔らかく柔和な雰囲気もあります

IMG_6702

斜めから見て頂くと更に滑らかで
丸みのあるデザインが良く分かります

丸みがありながら、立体的で流動的なデザインは
FACTORY900でしか表現できないです

IMG_6704

滑らかで触り心地の気持ちの良い
フロント・ヨロイ部分

磨きも丁寧に行われており
その手触りの心地よさは、職人技の成す所です
クリアブラウン系の、軽やかさを出せるカラーもキレイです
IMG_6715

サングラスを思わせるかの様な、大振りなレンズシェイプは
レンズにカラーを入れて、サングラス仕様にするのもオススメです

FA-340 No.096: black meisai (黒迷彩)

IMG_6718

新しい<ダブルヒンジ>
をテーマに仕上げられたモデル

大きく開いた
フロント両サイドが特徴的なデザインです

IMG_6719

二股に分かれたフロントから繋がっていく
テンプルのラインがとても美しいです

カラーの使い方もかなり個性的で
ブラックとホワイトの迷彩柄です

一瞬だけ、牛?
と思ったのは内緒です・・・

IMG_6721

二股になったテンプルが目を惹きますが
全体的なラインは割とシンプルにしています

厚みや、太さはFACTORY900としては落ち着きがありますが
細部のディテールを見てみると
間違いなくFACTORY900と分かります

細身ではありますが、見る角度によって
様々な表情を出してくれます

IMG_6728

ダブルヒンジは、バネ丁番ではありませんが
二股で、細身のテンプルは、程よく柔らかく
心地よい掛け心地になります

IMG_6729

FACTORY900の中では細身のフレームですが
しっかり主張しつつ
掛け心地の良いフレームです

FA-341No.307: red black pattern (赤黒柄)

IMG_6731

FA-340の兄弟品番であるFA-341
縦幅が深めでプレーンなデザインだったFA-340と比べ

やや個性派な
<フォックスデザイン>

になっています

IMG_6734
縦幅の狭いレンズシェイプも相まって

キリっとした印象を作り出すデザインは
女性のユーザー様にも掛けて頂きたいです

IMG_6736

二股になったフロントとテンプルのデザイン
FA-340と比べ、スマートになったFA-341

<錦鯉の様なカラーも特徴的です>

IMG_6742

せっかくなので、大きさを比較してみました
左がFA-341で右がFA-340です

※シャープな雰囲気が出せる FA-341
※少しゆったりした FA-340

皆様の顔に実際に乗せてみて違いを感じてくださいませ

IMG_6747

どちらもいい表情で使って頂けますよ

FA-320 No.276: pink barafu (ピンクバラフ)IMG_6748

これまたゴーグル感の強いFA-320
2014年に発表され、そのデザインは

FACTORY900に新たな可能性をもたらした
次世代の革新的なモデル
といっても過言ではないモデルです

IMG_6753

あまりの立体感とボリュームで

<別パーツを組み合わせて作られている様に見えるフロント>
は全て一体成型で作られています

本当に別パーツを組み合わせていないの?
と疑ってしまう程の立体感と造形です

IMG_6756グッとせり出た、ブリッジやサイドの空間
フロントが全て一体成型とは、やっぱり思えない程です

流動的なデザインと立体感は
勢いのあるフォルムを演出しています

IMG_6755

力強くダイナミックなフォルム
ただ分厚く、ボリューミーなだけではなく
流れる様なデザインになっています

IMG_6766

バイカーの方が使用される
フード付きのメガネの様な厚みのあるリムなので
それこそバイクや自転車に乗る時に使って頂くのもいいかもしれません

デザイナーが”装備するメガネ”
と表現したフレーム

皆様も是非、装備してみてはいかがでしょうか?

FA-300番台のフレームpart,1は以上になります
どれもFACTORY900らしさ満載のフレームデザインになっています!

【FACTORY900】コラボモデル特集

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

FACTORY900は同業種とのコラボや他業種のコラボ
著名人とのコラボなど様々なコラボモデルを出しています
今回はイベント期間にご覧いただける

『コラボモデル』

をピックアップしてお届けしていきたいと思います

FA-440 No.492: deep blue (藍色)

IMG_7059

デザイナーが、かねてからFACTORY900のユーザーであった

芸人・宮川大輔さんとコラボしたモデル

打ち合わせを重ね、宮川大輔さんの意見も取り入れながら
デザインされました

宮川さんは太くて大きいデザインを掛けている事が多く
そんな宮川さんにピッタリの太く、大きい
ボリューミーなデザインになっています

IMG_7062

吊り目なレンズシェイプと
それを強調するブローラインが特徴的です

FACTORY900の中のフレームでも
かなり<ゴーグル感のあるデザイン>になっています

ダイナミックなデザインで
並んでいる所を見ると、掛けられるのか?
と思う程のインパクトです

IMG_7064

FACTORY900は流線系の造形美が特徴です
FA-440は、あえて全体のバランスを崩し
流線的になり過ぎないよう意識的に平面を残し
そのなかで

<厚みの強弱>
によってさらに立体感を表現しているそうです

IMG_7075厚みと立体感のある<三角形のテンプル>に繋がる
ダイナミックなラインが力強さを感じさせます

三角形テンプルの持つ力強さを、より感じて頂けると思います

IMG_7100

FACTORY900でしか表現できない要素が
これでもか!という程詰まったフレームです

IMG_7082

バネ性のあるヒンジを採用していますので
掛け心地の良さはいう事ナシです

IMG_7094

宮川大輔さんの様なゴーグル感のある
メガネを探していらっしゃる方にはドンピシャなフレームです

RF-130 No.024M: black-demi two-tone matt (黒・デミツートンマット)

IMG_7101

デザイナー高塚佳樹氏が手がけるアパレルブランド

「A.F ARTEFACT」

FACTORY900のコラボモデルで
ストリートモードを意識したスクウェアデザイン

IMG_7104

デザイナー高橋佳樹氏手掛ける

「 A.F ARTEFACT 」は
“デザイン性と主観的現実によるリアルクローズ”

を コンセプトに着心地のいいリラックスした素材を使ったファッションを提案
モノトーンを基調とし絶妙なバランス感覚で着る人の
個性を最大限引きだせる服作りを心掛けている

IMG_7107

FACTORY900 RETROからリリースされた
サングラススタイル

サングラスとしてそのまま使って頂く事も出来ますし
クリアレンズを入れてメガネとして使っても頂けます

IMG_7111

“テレビジョンカット”

と呼ばれる造りのリムは
フレームの外側から内側に向かってえぐれた独特なカット
そのデザインがブラウン管テレビをイメージさせることから名づけられた
カッティング方法です

IMG_7108

そんなテレビジョンカットで作られたフレームは
ツヤとマットのコントラストもキレイです

フレーム全体はマット仕様なのですが
テレビジョンカットを施したフロント部分だけ
ツヤを出しています

IMG_7116

見る角度によって、マットとツヤの質感が変わる
コントラストを感じるカラー使いです

ブラックとデミのツートンカラーはちょっぴり渋めで
大人なイメージで使えそうです

IMG_7134

テレビジョンカットという特徴的なデザインにしながら
全体的には割とシンプルに仕上げたフレームです
サングラスとして、モードな雰囲気を出す事の出来る一本です

FACTORY900×VioRou Ai Col.121 Dark Gray and Red Gradation

IMG_71402021 S/S の展示会で突如発表された

FACTORY900 by VioRou

様々な企業やアパレル、著名人とコラボしてきた
FACTORY900がメガネブランドVioRouとコラボしました

少し前に
VioRou by FACTORY900の方はブログで紹介しました
そのブログは“コチラ”からご覧いただければ幸いです

今回ご案内するのはFACTORY900が先に来る
FACTORY900 by VioRou です

IMG_7147

Ai のデザインはスクウェア
角が丸く、柔和な印象なので堅苦しくなく使って頂けます

FACTORY900のフレームはその立体感・サイズ感から
男性ユーザーが多いですが、コラボモデルは性別問わず使って頂ける
絶妙なサイズ感になっています

IMG_7163

何と言っても最大の特徴は

VioRouのフレームの
<U字構造の智元を再現>
しているという点です

IMG_2397

VioRouの
丸いチタン芯を曲げて作られている

<特徴的な智元構造>

そんな独特の構造を、青山眼鏡のもつ技術力で
見事に再現をしています

IMG_7162

デザインの再現をする事だけでなく
適度な柔軟性を持っていますので
掛け心地も柔らかく使って頂けます

IMG_7164

FACTORY900の青山氏デザインは
VioRouの小野寺氏とも違いつつ

コラボしたVioRouらしさを
しっかり感じる絶妙な仕上がりです

FACTORY900×VioRou Yu

IMG_7168

FACTORY900 by VioRou
からはもう一型リリースしています

多角形シェイプのYu

先ほどのAiと比べ、多角形フォルムの主張がハッキリします

IMG_7170

ブリッジデザインは

“キーホールブリッジ”

になっています
細目のフレームにメリハリを与える効果があります

IMG_7173

Aiと同じく、角は立っておらず
柔らかい柔和なフォルムなので見た目よりも
ずっとお顔なじみ良く掛けて頂けます

IMG_7178

男性ユーザー様も使って頂きやすい
Yu

FACTORY900らしさとVioRouらしさを入れ込んである
コラボしたデザインの良さが全て入っているフレームです

IMG_7186

AiとYu、それぞれの良さがありますので
是非かけ比べて見て下さいませ

FACTORY900の様々なコラボモデルをご案内しました
それぞれの良さが出てくるコラボモデルです
これからどんなコラボモデルが出てくるかも楽しみです!

『FACTORY900』FACTORY900人気モデル FA-240

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回ご案内するのはFA-240
FA-200番台のフレームを、前回ピックアップしましたが
このモデルだけは単体でご案内していきたいと思います

FA-240 No.176: purple barafu (紫バラフ)

IMG_6621

FACTORY900を代表する人気アイテム

ゴーグルの様なボリューム感を持つ
<FA-240>

ブリッジからブロー、ヨロイ、テンプルまで
均整のとれたラインが繋がる洗練されたデザインです

IMG_6624

サイドの鋭角なカッティングは
FACTORY900でしか表現できないボリュームです

サイドのカットはボリュームがあるフレームを
重い印象にならないようにする意味もあります

IMG_6629

太目でインパクトのある
<三角形テンプル>を採用しています

 

IMG_6641

三角形テンプルは、どこから見ても
立体感がありフロントに負けないボリュームがありますIMG_6639

青山眼鏡の持つ造形技術によって生み出された
フレームの造形美

一度見れば忘れる事の出来ない立体感です

IMG_6631

かなりのボリュームを持つフレームですが
掛け心地も良くなるような工夫がされています

独自の板バネ構造による
バネ丁番を採用しています

見た目のボリュームも感じさせない、滑らかな掛け心地を実現するパーツです

程良いしなりを生んでくれる
板バネ丁番

極太のテンプルを、包み込む様な掛け心地にしてくれます

IMG_6635

FACTORY900を代表するモデルで

<ハイグレードシリーズ>

発売から10年経った今でも、その完成されたデザインで
ユーザーを魅了するフレームになっております!

これぞFACTORY900!
と言っても過言ではないFA-240
実物のボリュームを是非感じて頂きたいです

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-200番台のフレーム】part,2

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回もFACTORY900の

【FA-200番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

part,1ではFACTORY900らしさもありながら
どこかスッキリしたフォルムで使いやすいデザインが多かったですが
今回ご案内するフレームからは

攻めたデザイン
FACTORY900の神髄を感じて頂けるデザイン

が登場します

FA-208 No.575: khaki/marble (カーキ/マーブル)

IMG_6520

厚さ8mmのアセテート生地を採用した

ブローラインにかなりのボリュームがある
ナイロールフレームです

IMG_6524
とにかく分厚いとブローライン
エッジを効かせた立体的なヨロイ

ブローからヨロイにかけてのラインが
かなり分厚いブローですが、ナイロールタイプなので
ボリュームがあってもフレーム下部はスッキリしますので

ゴツさと軽やかさのバランスがとても綺麗です

IMG_6526

角度を変えて見てみると
かなりのボリュームです

これだけのボリュームを持ったブロータイプは
FACTORY900位しかないのでは?

IMG_6535

 極厚のブローフレームは
FACTORY900では少し珍しい、ハーフリムタイプです

FA-232 No.147: brown sass

IMG_6541

エッジの効いたデザインで
レンズの縦幅は細目です

FA-230最大の魅力は
突き出たブロウバーとブリッジです

IMG_6547

レンズと独立させたブローラインを
大きく前面に押し出したダイナミックなデザイン

IMG_6553

上部リムが前面にせり出ている
デザインです

IMG_6555上から見てみると

リムのせり出し具合が良く分かります

IMG_6559
ブリッジの立体感とバランスが特徴的ですが
細目のレンズサイズと相まって、掛けてみると不思議と
馴染んでくれるフレームになっています

FA-234 No.565: green/brown (グリーン/茶)

IMG_6567

FACTORY900らしい
エッジの効いたレンズシェイプで

サイドの空いた、フローティングスタイル
王道のカッコよさを出せるデザインです

レンズサイズは<53mm>
FACTORY900としては少し小振りのサイズ感です
普通のFACTORY900では少し大きいと感じる方も
使って頂けます

IMG_6571太目でインパクトのある
三角形テンプルを採用しています

滑らかな曲線と曲面から構成された
美しさを感じさせる仕上がりも魅力的です

IMG_6593

フロントの立体感・厚みも相当の厚みです

FACTORY900では細身ですが
一般的なメガネとしては、かなりのボリューム
凛とした表情を出す事の出来るフレームです

IMG_6592

王道のFACTORY900らしい風合いの
【FA-234】
小顔の方も使って頂けるFACTORY900です

FA-235 No.239: red/blue pattern (赤青柄)

IMG_6594

メガネとは?を世間に問いかける
センセーショナルなデザイン

ブローラインを大きく下方に下げ
レンズ前面にかかる全く新しい

<アンダーブロースタイル>

攻めに攻めたデザインとなっています

IMG_6600

デザインするにあたりブローラインという概念を捨て

<あるべき所、あってはならない所>
という制限も一切排除し
新しいスタイルを生み出すことだけに専念した

停滞する業界に刃を向ける、チャレンジモデル

IMG_6609

ブロー部分が視界に入って邪魔になりそうと思われるかもしれませんが
実際に掛けてみると

<見えているけど、不思議とそこまで気にならない>

という絶妙なバランスになっています

IMG_6617

独特過ぎるデザインを
実際に形にしてしまう所や、商品として
リリースしてしまうという所がFACTORY900のチャレンジ精神を感じます

 イベント期間中にご覧いただけるFACTORY900の
FA-200番台のフレームをピックアップしてみました
AZに入荷していない、イベント期間中でしか見る事の出来ない
フレーム・カラーも沢山ありますので
是非色々かけ比べて頂きたいです

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-200番台のフレーム】part,1

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-200番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FACTORY900のフレームは
FA-〇〇〇というフレーム品番で区別されています
この品番は、順番につけられている訳ではありません
FA-〇〇〇の数字が大きければ大きいほど
新作という訳ではなく
コンセプトやデザインによって、番号を振り分けています

FA-201No.054: gray sasa (グレーササ)

IMG_6446

2006年に発表されたモデル
15年前に出たモデルですが、今なお人気の

FACTORY900のフレームの中でも
永く愛されているデザインです

面を作り込むことで洗練された美しいラインを生み出した

「フローティングスタイル」

IMG_6449

ブリッジは前に出し、ヨロイは窪ませることで
1本のフレームのなかで立体感の<強弱>を付けています

エッジを効かせすぎない柔らかな面で
個性的な造形に柔和なイメージをプラスしています

FACTORY900らしい美しい流線形のフォルムは
ブランドを語る上で欠かすことのできない品番となっています

IMG_6455

FACTORY900の
オリジナルバネ構造

掛け心地の良いバネ構造は
この「FA-201」からスタートしました

IMG_6466

FACTORY900らしい立体感をしっかり抑えつつ
細身のフレームに仕上げてあるFA-201は

FACTORY900を初めて使う方に
オススメしやすいです

FA-202A No.205: barafu (バラフ)

IMG_6486

ボリュームのあるスクウェアデザインは
厚さ8mmのアセテート生地を採用しています

IMG_6489FACTORY900のフレームの中でも
あまりゴツイ感じはなく、スッキリしたフォルムです

※あくまでFACTORY900の中では・・・です

IMG_6496
ブリッジは厚みがありながら、立体的になり過ぎず
フロントからヨロイまでのラインは
重さを感じさせない洗練されたデザインとなっています

FACTORY900としては細目の部類になりますので
お仕事など、フォーマルな場面でも使って頂けると思います

IMG_6499

とはいえ、そこはFACTORY900
畳んでおいた所を写真に撮ってみると
流石の立体感です

FACTORY900らしさと、スッキリしたフォルム
両方を一緒に堪能して頂けるフレームです

FA-204 No.114: gray/horn (グレー/ホーン)

IMG_6468

ラフスケッチを描いてから
ほぼ一発でデザインが決定したとされる

【FACTORY900 歴代ナンバー1のヒットモデル】

8mmのアセテート生地を採用し
フロントサイドにボリュームをもたせ
エッジを効かせることで軽い印象に仕上げています

IMG_6470
立体感やボリューム感、エッジなどの
バランスが秀逸な1本です

IMG_6477

FA-202と近いデザインですが
FA-202よりも更に厚みがあり

≪ゴーグルの様な立体感≫

まさしくFACTORY900らしいデザイン

IMG_6481

立体的でボリューミー
大胆さはありながら、やりすぎる事のない絶妙なフォルムが
発売から10年経った今でも尚人気の秘密だと思います

IMG_6485

FACTORY900の受注会でご覧いただける
ブランドを代表する、200番台のメガネをピックアップしてみました

次回も200番台のメガネをピックアップしていきますので
お楽しみに!