カテゴリー別アーカイブ: FACTORY 900

【FACTORY900】大文字のFACTORYを彷彿させる RF-043

rogo

FACTORY900 RETROから新作が入荷しております
レトロシリーズとしては
少し珍しい感じの雰囲気に仕上がっている新作になっています

RF-043 col,001 black (黒) ¥44,000-(税込)

IMG_4863

レトロシリーズとしては
天地幅が浅めのデザインであるRF-043

横長のデザインは、大文字のFACTORY900を彷彿させます
肉厚で、立体感あふれるブローラインが特徴です

IMG_4865

レトロシリーズとしてはクラシックさが抑えられており
レトロシリーズを掛けた事のない方も
掛けて頂きやすいデザインではないでしょうか?

IMG_4868

フロントからテンプルにかけて

【捻り】

を加えているかの様なデザインが施されています

この立体感的な捻りは
FACTORY900でしか表現できない造りです

IMG_4874

分厚いリムは、横から見てみるとその分厚さを
十二分に感じて頂けます

IMG_4875

テンプルには

”カシメ鋲”

を採用しています
FACTORY900でカシメ鋲を使うスタイルは珍しいです
ポイントでクラシックなスタイルを演出しています

IMG_4880

バネ性のあるヒンジもカシメ鋲で留められています
分厚いフレームの掛け心地を良くしてくれます

IMG_4890
カシメ鋲を使ったクラシックなテイストの
レトロフューチャーなフレーム

通常ラインのFACTORY900のテイストも感じられる
新しい可能性を感じるレトロシリーズの新作です

他のカラーも入荷しております

RF-043 col,615 clear yellow (クリアイエロー)¥44,000-(税込)

IMG_4900

鮮やかなクリアイエロー

今回入荷してきたカラーの中でも
ひと際目立つ

<飴色>

の様なキレイなカラーです

IMG_4905

存在感を放つイエローは
分厚いフレームによく合います

IMG_4914

好き嫌いがハッキリ分かれそうなカラーですが
好きな方には堪らないのではないでしょうか

高級感を感じる質感も
とても魅力的です

RF-043 col,840 clear gray (クリアグレー) ¥44,000-(税込)

IMG_4919

クリア感の強いグレー

淡いグレーなので厚みも相まって

【クリスタル・水晶】
の様な雰囲気を出しています

IMG_4921

完全なクリアとは違い、クセのない使い方が出来る
爽やかさも醸し出せるカラーです

IMG_4924

今回入荷してきたカラーの中では
手を出しやすいカラーでは無いでしょうか?

カラーが主張しすぎないので
ファッションにも取り入れやすいです

IMG_4930

以上3色が入荷してきたRF-043です

クラシックなレトロシリーズでは少し珍しいデザインですが
これが新しいレトロシリーズになっていくのかもしれません
是非新たな風を感じるRF-043を体感してくださいませ

【FACTORY900】丸メガネ?RF-058

rogo

RF-058 col,001 black (黒) ¥46,200-(税込)

IMG_3797

一見なラウンドデザインですが実は
<11角形>のメタルコンビネーションモデル

多角形は角数を増やすことで、丸に近づいていくようにみえる
その錯覚を違和感として捉え、デザインに取り入れた

<丸のようで丸じゃない>

不思議な魅力を放っているフレームです

IMG_3799

11角形のデザインは
ラウンドデザインを<フリーハンド>で書いたような
質感に仕上がっています

フリーハンドの温かみ?
みたいな良さを感じます

IMG_3803

前回ご案内したFA-428もそうですが
デザイナーである青山氏は

『違和感』

を感じるデザインを作りたかったらしいのですが
その企みはまさに思惑通りになったのではないでしょうか

IMG_3807

『テレビジョンカット』

と呼ばれる、リムの外側から内側に向かって
生地をえぐり取ったような独特の形状を採用したリムになっています

その形状がブラウン管テレビの形状を彷彿させる事から
テレビジョンカットと名付けられた

『独特の立体感』のある造りです

IMG_3811

テレビジョンカットや独特の11角形が
見る角度によって、掛けた際の表情を様々な印象に変えてくれます

IMG_3817

普通の丸メガネではなく
どこか違和感を感じながら楽しんで頂ける
RF-058

さり気なく遊んでいるので
丸メガネとしても使いやすい仕上がりなので
コーディネートもしやすく、楽しんで頂けます

col,121 gray red-purple two-tone (グレー赤紫ツートン)

IMG_3820

カラー違いも入荷しております

グレーレッドパープルツートン
を合わせた落ち着いたトーンのツートンカラー

IMG_3822

抜けのカラーがとても綺麗な
ツートンカラーに仕上がっています

col,577 pale green (ペールグリーン)

IMG_3823

殆どグレーに見えますが

ほんの少しグリーンがかったカラー
IMG_3824

地味になり過ぎる訳でなく
程良く主張もしてくれます

col,304 dark brown sasa (こげ茶ササ)

IMG_3827

まだらな模様が特徴のダークブラウンササ

発色がキレイで落ち着きはありながら
そこそこにインパクトのあるカラーです

IMG_3828

インパクトを出しながらも
どこかクールさを感じるカラーに仕上がっています

IMG_3831

どのカラーも魅力が詰まっています
サングラス仕様にするのもオススメです

丸メガネに見せながら、実は多角形デザインという
面白いデザインのRF-058を是非楽しんでくださいませ

【FACTORY900】極厚ブロー FA-428

rogo

お待たせいたしました!

FACTORY900 2021 A/W Collection

が入荷してまいりました

A/W Collectionの中で
大文字のFACTORY900リリースはこの一本のみ
一本だけの大文字ですが、ファンの方のみならず
満足いただけるデザインに仕上がっています

FA-428 col,128 barafu バラフ ¥49,500-(税込)

IMG_4807

丸みを感じる緩やかなブローラインと
力強いFACTORY900らしい太目のブロー

造形の力強さは目元を引き締め
ボリュームはありながら、面白おかしくならない
キレイなバランスに仕上げています

極厚なブローにデザイン
として意図的に

『違和感』
を感じるように仕掛けをしています

IMG_4811

『違和感』を感じる様にデザインされている部分が
このFA-428の最大の特徴です
その『違和感』とは

ブローラインに沿って
<スリット>を施しています

IMG_4817

厚みのあるブローラインに沿って入る

1本のスリットが
<視覚的な錯覚と違和感>を与えます

この”違和感”がデザイナーである青山氏が
表現したかった部分

IMG_4822

横から見ても、ブローの終わりにスリットが入っていますので
正面だけでなく

サイドからも<違和感>を楽しんで頂けます

IMG_4829

本来は、そこにあるはずもない1本のスリットは

【騙し絵】のような錯覚を与えます

フレームカラーによってスリットの見え方にも変化が生じ
その印象も異なるものになります

IMG_4835

鼻パッドにかけての形状も
デザインが途切れずに流れるように繋がっていきます

一体型のパッドですが、高めに造られていますので
しっかり鼻にフィットしてズレて落ちてきにくいです

IMG_4836

バネ性の効いた構造の丁番なので
かけ外しの際に負担がかかりにくく、柔らかい掛け心地でお使い頂けます

IMG_4837

この圧倒的なボリューム感と立体感は

『FACTORY900らしさをしっかり感じる造形美』

IMG_4839

この一本のスリットが何気ない空間
FACTORY900としての領域に引き込みます

青山眼鏡独自の技術を用いてカタチになった
「FA-428」

製造工程における難易度も非常に高く、完成まで多くの時間と手間を要します
ようやく発売開始となった新たなブローフレームを是非店頭でお試しください

FA-428 col,425 gray グレー ¥49,500-(税込)

IMG_4841

 カラー違いも入荷しています
抜け感のあるグレーカラーです

先程のバラフカラーよりも
スリットの入り方がハッキリ分かります

IMG_4845

カラーが変わる事で
スリットの表情が変わってくれますのも面白いです

IMG_4846

クリアグレーカラーは
ブロー部の力強さは感じながら、抜け感がうまい具合に
お顔に馴染んでくれます

ブローナイロールフレームという点も
重い印象になり過ぎずつかって頂けるポイントです

IMG_4853

ボリュームさを感じながらも
スッキリした部分もあります

IMG_4854

ボリュームを出しながら
デザインの『違和感』を楽しめるFA-428

ナイロールフレームなので、FACTORY900としては
割と手を出しやすいデザインではないかと思います
今までにない、新しい自分に出会ってみませんか

【factory900 lab】fa-1160 ヴィヴィッドカラー

前回に引き続きfa-1160のご案内です

≪factory900 lab≫

大文字のFACTORY900は
3Dモデリングで立体的にデザインされたアイウェアコレクション

FACTORY900RETROは
″半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する”
という発想からデザインされたコレクション

そして今回入荷してきた

factory900 labは
アセテートというとても繊細な素材の
可能性を追求するコレクション

今回入荷してきたのはサングラス

~サングラスをデイリーに~

をコンセプトに、眼鏡ライター 伊藤 美玲氏
ヘアメイクアーティスト 市場 朱実氏監修の女性向けサングラスです

fa-1160 col,715: light brown/green two-tone
(薄茶/グリーン ツートン 可視光線透過率:50%)

IMG_2858

オーソドックスなウェリントンスタイルの
fa-1160

今回ご案内するカラーは

【ヴィヴィッド】

にカテゴリ分けされます

鮮やかな差し色で躍動感ある表情に
ポジティブなカラーを効かせた、遊び心あるツートンカラー

IMG_2862

薄茶/グリーン ツートン

ツートンカラーのメガネは
フレーム上部を濃く・下部を薄くするモノが多いですが
【ヴィヴィッド】カラーでは逆転させています

少し変わったカラーの使い方に
FACTORY900の遊び心を感じます

IMG_2863

レンズカラーは

『薄サングラス』

として使って頂ける濃さになっています
目元が暗くなり過ぎず、日常使いしやすいグレーレンズです

IMG_2864

テンプルは
<べっ甲柄>を採用

フロント上部下部・テンプルと
それぞれカラーが違うので見る角度によって表情を変えてくれます

IMG_2869

ヴィヴィッドなカラーですが
派手にはならないラインでまとめています

前回ご案内した【ナチュラル】とは違った発色で楽しんで頂けます

fa-1160 col,714: kihaku/orange two-tone
(キハク/オレンジ ツートン 可視光線透過率:51%)

IMG_2870

キハクオレンジツートン

コチラのカラーもフレーム上部が淡く
下部に明るいカラーを持ってきたパターン

全体的に暖色にまとめていますので
柔らかい雰囲気でお使い頂けるカラーになっています

IMG_2873

レンズカラーは暖色のフレームに合わせて
ブラウンレンズを採用しています

ブラウンレンズはコントラストを高めてくれますので
車の運転など、道を見るときなどに効果的なレンズです

目元が暗くなり過ぎないのもポイント

IMG_2875

淡いけど、薄い訳ではない
絶妙なカラー

コンセプトである

~サングラスをデイリーに~

をまさに体現しています

IMG_2881

ヴィヴィッドなカラーの組み合わせですが
派手になり過ぎず、良いアクセントとして使って頂ける
そんなカラーになっています

IMG_2888

【ナチュラル】【ヴィヴィッド】

二つのカテゴリどちらも魅力的なサングラスです
サングラスを初めて使ってみようかな?
という方には是非オススメしたいです

【factory900 lab】fa-1160 ナチュラルカラー

FACTORY900からサングラスが入荷しております
早速ご案内していきたいと思います
今回入荷したのは

≪factory900 lab≫

大文字のFACTORY900は
3Dモデリングで立体的にデザインされたアイウェアコレクション

FACTORY900RETROは
″半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する”
という発想からデザインされたコレクション

そして今回入荷してきた

factory900 labは
アセテートというとても繊細な素材の
可能性を追求するコレクション

今回入荷してきたのはサングラス

~サングラスをデイリーに~

をコンセプトに、眼鏡ライター 伊藤 美玲氏
ヘアメイクアーティスト 市場 朱実氏監修の女性向けサングラスです

fa-1160 col,712: kihaku/pink two-tone 
(キハク/ピンク ツートン 可視光線透過率:76%) 

IMG_2829

デザインはオーソドックスなウェリントン型

FACTORY900のリリースするフレームとしては

かなりシンプルなサイズ感と立体感なので
幅広いシーンや着こなしで使って頂きやすいです

IMG_2831

アセテート生地は≪オリジナル≫の
クリア系ツートンカラーを採用しています

アセテート生地は、青山眼鏡 (FACTORY900の工場) で張り合わせた
オリジナルカラーになっています

キハクとピンクを合わせる事で、淡さの中に可愛さを感じます

IMG_2834

フレームに合わせたレンズカラーにも拘っており

※眼鏡ライター 伊藤 美玲氏
※ヘアメイクアーティスト 市場 朱実氏

の意見を取り入れ、どうすれば女性ユーザー様が
デイリーユースして頂きやすいかを追求しています

IMG_2839

テンプルはフロント上部の
キハクカラーを採用

IMG_2838

クリングスタイプのパッドを採用

掛け心地の調整は勿論、パッド交換も出来ます
このあたりの細かい気遣いも嬉しいですIMG_2898

パッドは、FACTORY900オリジナルの

『ファ』の刻印入り

IMG_2843

キハクカラーは

【ナチュラル】

とカテゴリ分けされています

表情に溶け込む淡色のツートーンで
目元にほんのり彩りを添える配色が、柔らかな雰囲気で使えます

IMG_2845
自然な表情を生かす薄めのレンズカラーは
着こなしやシーンを選ばず気軽に掛けられる
室内の眩しさ対策にもなります

FACTORY900としては
珍しいアプローチのサングラスです

カラー違いも入荷しています

fa-1160 col,713: clear gray / kihaku two-tone
(クリアグレー/キハク ツートン 可視光線透過率:76%)

IMG_2848

クリアグレーキハクカラー
ツートンカラー

IMG_2850

ピンクキハクカラーに比べてみると
落ち着きのあるカラーIMG_2853

落ち着きのあるグレーカラーですが

お顔が暗くなりすぎない
絶妙なバランスのグレーです

キハクカラーがいい仕事をしています

 

IMG_2856

デイリーユースをしやすいカラーとデザイン
日常に溶け込むように使って頂けるサングラスだと思います

今までのFACTORY900のイメージを覆す
サングラスコレクションに仕上がっています

ゴツイだけでなく、奇抜な訳でもなく
でもやっぱりFACTORY900のメガネを感じます

今回はナチュラルカラーをご案内しましたが
他のカテゴリのカラーも入荷しております
そちらは次回ご案内していきたいと思います

【入荷速報】FACTORY900 RETRO RF-017

FACTORY900の中のクラシックシリーズ

FACTORY900 RETRO

から新作が入荷しております
しっかり“らしさ”を感じるフレームです
早速ご案内していきたいと思います

FACTORY900 RETRO RF-017 col,084: black/clear gray two-tone ¥39,600-(税込)

IMG_0784

FACTORY900流
クラウンパント

もはやクラシックデザインの定番といっても過言ではない
クラウンパントを<FACTORY900流>に表現しています

ブラックとクリアグレーのツートンカラーは
重い印象になり過ぎずクラシックなイメージを出す事が出来ます

IMG_0794

RF-017は2014年に誕生した
<RF-001のブラッシュアップモデル>

IMG_7191

RF-001は三次元立体造形の技術を用い
クラウンパントという特徴的なレンズシェイプを

“近未来的なクラシックフレーム”

という形で落とし込んだモデル

レトロシリーズ始まりであるRF-001をベースに
機能性をアップデートしたモデルになっております

IMG_0799

フロントリムは斜めに削り出しおり
太いリムに更に立体感を持たせています

奥行きを感じる立体感に仕上がっています

IMG_0805

RF-001は一体型のパッドでしたが

RF-017はクリングスタイプ
更にチタンパッドを採用
安定感のある掛け心地を提供します

この部分が
Rf-001とRF-017の大きな違いかもしれません

IMG_0809

もう一つ大きな点は
テンプルがRF-001と比べ、かなり薄くなっております

テンプルを薄くする事で
メガネの軽量化も図り
掛け心地の良さもアップしています

IMG_0807

RF-001の無骨さは残しながら

軽量化・掛け心地のアップデートを行った
レトロシリーズの原点を感じるフレームです

カラー違いもご案内していきたいと思います

FACTORY900 RETRO RF-017 col,127: barafu two-tone ¥39,600-(税込)

IMG_0826

べっ甲色の様なバラフカラークリアカラー
ツートーンカラー

単色ではないので、フレーム上部と下部で
表情が変わってくれます
先程のブラックと同じく、あまり重い印象にならず
フレームを掛けて頂けます

IMG_0833

べっ甲感が強いので
クラシックな雰囲気がしっかり出てくれます

存在感のある太い枠バラフカラーは
FACTORY900でしか表現できないのではないでしょうか?

IMG_0837

テンプルは全体がバラフカラーになっています
程良く抜け感のある生地になっていますので
バラフがお顔にいい具合に馴染んでくれます

IMG_0847

ゴツさとクラシックな雰囲気を楽しむなら
バラフカラーをオススメします

FACTORY900 RETRO RF-017 col,893  clear brown ¥39,600-(税込)

IMG_0851

先程のツートンカラーの2本と違い
フルカラーになっています

カラーはクリアブラウン

クリア感がキレイなカラーです

IMG_0854

 

先程の2本よりカラーの主張がありませんので

太さの個性を出しながら
RF-017の中では、軽い印象で使って頂けます

IMG_0859

クリアブラウンはちょっとした
<爽やかさ>を感じます

IMG_0860

光が当たった時の表情がキレイで
角度によって様々な顔を見せてくれます

それぞれのカラーに特徴がありますので
是非かけ比べて頂き、違いを感じて下さいませ

【入荷速報】FACTORY900 FA-301

rogo

FACTORY900の中でも人気のモデルが
AZに初入荷して来ました!

FA-301 col,001 black ¥41,800-(税込)

IMG_0875

大ぶりなサイズ感の
FA-301

ダイナミックなサイズ感が特徴のフレーム

IMG_0877
フレーム全体を

<丸みのある造形面>

で構成したことにより

“量感”や“重厚感”

を最大級に感じられるデザインになっています

IMG_0882

これぞFACTORY900!
というボリューム感

重厚感はありながらも、丸みのあるフォルムなので
柔らかい雰囲気を出しながら
立体感をしっかり出しています

しっかりFACTORY900らしさを出しながら
ゴツイ印象になり過ぎないのもポイントです

IMG_0881

フロントからテンプルにつながる曲面は
一本一本手作業で仕上げています

丸みのある湾曲したパーツはボリューム感を出しながら
柔らかいお顔になってくれます

「立体と空間」

を表現した
<フローティングスタイル>です

IMG_0883

上から見てみると
これだけの立体感を持っています

FACTORY900の曲線美を堪能して頂ける
フレームデザイン

FACTORY900のフレームの中でも
人気の高いFA-301
FACTORY900でも曲線の美しいフォルムが
高い人気を保っている理由の一つではないでしょうか

IMG_0886

<丸みと厚み>がある
テンプル

IMG_0888

テンプルはバネ性のある丁番で作られていますので
掛け心地は柔らかく掛け心地が良いです

IMG_0901

FACTORY900の<立体的造形感>を
しっかり感じます

大き目のサイズなので
サングラスとして使って頂いてもキレイにお使い頂けると思います

エッジの効いたフォルムもカッコいいですが
曲線の美しさを押し出したFA-301のカッコよさも
また魅力的ですね

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-400番台のフレーム】

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-400番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FA-400番台のフレームは、他のフレームと比べ新しく
2020年にFA-400番台が新しく登場しました
では早速ご案内します

FA-402 No.848: clear gray/red black (クリアグレー/赤黒)

IMG_6847

<FA-200番台の再構築>
がテーマとなっているフレームデザイン

大き目のオーバルデザインは柔らかい印象で
FACTORY900らしいボリュームはありますが
顔なじみは良く使って頂けます

「FA-402」は2006年に発表された「FA-202」
2014年に発表された「FA-202A」をブラッシュアップしたデザインになっております

IMG_6487

上の画像がFA-202Aです

このモデルをブラッシュアップしています

IMG_6852

フレームとレンズの空間がキレイな
独自のフローティングスタイルです

フレームフロントはしっかりカーブしていますが
造形面を柔らかくすることで、優しい印象に仕上げています。

IMG_6862
”今”の感覚で描かれた
ベーシックでありながら未来的な造形です

IMG_6871

スポーティな印象で使って頂く事も出来ますので
軽いウォーキングから、自転車に使ったり
ちょっとアクティブなイメージで使って頂く事も出来ます

FA-404 No.040: black/barafu (黒/バラフ)

IMG_6877

<FA-200番台の再構築>
がテーマとなっているフレームデザイン

「FA-404」は歴代のベストセラーモデル「FA-204」
をブラッシュアップさせてたモデルとなります

IMG_6470

「FA-402」同様FACTORY900
フローティングスタイルになっています

エッジの効いたシャープなスクエア型の「FA-204」に対し
オーバルシェイプの「FA-404」

ご覧のように2つのモデルを正面から比較してみると
その違いが非常に分かりやすいかと思います

なめらかなラインを描きつつ、フレームに厚みを持たせ、ゴーグルを彷彿とさせるFACTORY900らしい造形です。

FA-440 No.170: light brown sasa (薄茶ササ)

IMG_6915

デザイナーが、かねてからFACTORY900のユーザーであった

芸人・宮川大輔さんとコラボしたモデル

打ち合わせを重ね、宮川大輔さんの意見も取り入れながら
デザインされました

IMG_6916

吊り目なレンズシェイプと
それを強調するブローラインが特徴的です

FACTORY900の中のフレームでも
かなり<ゴーグル感のあるデザイン>になっています

ダイナミックなデザインで
並んでいる所を見ると、掛けられるのか?
と思う程のインパクトです

IMG_6924

FACTORY900は流線系の造形美が特徴です
FA-440は、あえて全体のバランスを崩し
流線的になり過ぎないよう意識的に平面を残し
そのなかで

<厚みの強弱>
によってさらに立体感を表現しているそうです

IMG_6927
厚みと立体感のある<三角形のテンプル>に繋がる
ダイナミックなラインが力強さを感じさせます

IMG_6930

バネ性のあるヒンジを採用していますので
掛け心地の良さはいう事ナシです

宮川大輔さんの様なゴーグル感のある
メガネを探していらっしゃる方にはドンピシャなフレームです

 FA-441 No.579: olive green (オリーブグリーン)

IMG_6939

FA-440の玉型違いのモデル
2005年に発売され、今もファンから根強い人気のある

FA-160をベースにデザイナーが
“今”の感性で描き下ろしたモデル

IMG_5566

コチラがFA-160です
今見ても、非常にカッコいいFA-160

IMG_6941

FA-160よりも
更に重厚感のあるゴーグル形状

FA-440よりも吊り目に見えるレンズシェイプと
それを強調するブローラインが特徴的です

IMG_6943

智元から繋がる
三角形のテンプルが力強さを感じさせます

IMG_6948

バイカーズゴーグルをイメージした
FA-160をリデザインしなおした
FA-160を持っているユーザー様も納得頂ける

存在感・説得力を持ちます

IMG_6952

FA-441 (左) FA-440 (右)

二つを比べてみると、こんな感じの違いになっています
レンズの上下幅はFA-440もFA-441もそこまで変わりませんが
FA-440の方が、ブロー部分が厚いので
全体のバランスが大きくなっていますIMG_6958

バイク乗りの方や、自転車乗りの方にオススメしたい
ゴーグルみたいな・・
というよりも、ゴーグルの様に使って頂きたいフレームです

さて、いかがでしょうか?FA-400番台のフレーム
まだ400番台はリリースされているフレームも少なく
これから様々なフレームがリリースされると思います
どんなデザインで我々を楽しませてくれるのか
今から楽しみで仕方ありません!!

<トランクショー開催中 FACTORY900>FACTORY900 RETRO

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

FACTORY900には今までご案内した
FACTORY900・factory900 labo
に加え、もう一つコレクションがあります
そのコレクションが

FACTORY900 RETRO
ファクトリー900レトロ

MORE FUTURISTIC NEW VINTAGE
″半世紀タイムスリップして未来のメガネを追求する”

という発想からデザインされたコレクションで
2014年に登場した、FACTORY900のクラシックなコレクションです

クラシックをベースにしながら
未来の形を追求するという姿勢が
凄くFACTORY900らしいアプローチだと思います

そんなFACTORY900 RETRO のコレクションから
いくつかピックアップしていきたいと思います

RF-033 col.447 clear blue (クリアブルー)¥38,500-(税込)

IMG_4600

2つの異なる厚みを持たせることで、
重厚感を感じさせつつも
軽量でスリムな印象を与える多角形フレーム

クリアブルーは
グレーよりのカラーなので抜けの色が綺麗で
お顔に乗せた時に馴染みよく、クールに映えます

IMG_4604

多角形のリムデザイン

リム部がクラウンパントらしさを出しつつ
レンズはボストンシェイプらしくもあり
多彩な表情を持ったデザインです

IMG_4607

見る角度によって<厚みの変化>が楽しめます
厚みはありながら、ゴツ過ぎる事がありません

IMG_4611

かなりのボリュームなので
重くて掛けにくいんじゃないの?
と思われるかもしれません・・・

IMG_4616

ですがご安心くださいませ
これだけボリュームがあっても掛け心地はとても良いです

FACTORY900オリジナルのバネ丁番

を仕込んでいます
このバネ丁番が程よくしなり、掛け心地を良いものにしてくれます

IMG_4634

内側から見るとこんな感じです

IMG_4630

RERTOの世界観を更に追求し
「洗練性」「革新性」「重厚感」

のバランスを意識して造られたモデルです

ボリュームがあり、厚みもありますが
全体的にはバランスがとれており
ビジネスでも使って頂けると思います

IMG_4644

FACTORY900でしか表現できない
多彩な表情を醸し出すフレームです

IMG_4604

普通のクラシックはいらない
個性的だけど、ビジネスでも使いたい

そんな要望に応えてくれる一本です!

RF-041 No.276: pink barafu (ピンクバラフ)

IMG_4674

肉厚のあるフォルムからカタチ作られた
無骨さを感じられるRF-041

肉厚感とボリューム感が
FACTORY900らしさをしっかり表現しています

現在リリースされているRF品番の中でも
厚みという点では一番分厚いフレームかもしれません

IMG_4695

ピンクバラフカラーは
フレームの様々な場所にピンクを散りばめています

ピンクが程よく抜けてくれるので
重くなり過ぎず、良いアクセントになってくれます

カメラで撮ると、ピンクがくっきり出ますが
実際に顔に乗せると馴染んでくれます
あまりピンクが強く出ないので、お仕事などでも使って頂けます

IMG_4690

上から覗いてみました
どうでしょうか?この厚みを分かって頂けますか?

IMG_4696

立体造形の技術を盛り込み、重厚感のあるフレームに

『FACTORY900初の立体的飾り鋲を採用』

正面からだけでなく、サイドから見た時も
飾り鋲が見えるようになっています

厚みのあるフレームにワンポイント与えてくれます

IMG_4704

テンプルも<肉厚>
シンプルですが、かなりの存在感です IMG_4705

これだけ分厚く、ボリュームがありますが

FACTORY900オリジナルヒンジを採用していますので
掛け心地はとても気持ちいいです

IMG_4710
厚みに目が行ってしまいますが
実は良く見てみるとクセのないデザインなので
思っている以上に使いやすいフレームになっています

FACTORY900らしさは出しながら
デザインは落ち着きのあるフレームを求めている方には
まさにオススメの一本です

RF-055 No.478: blue (青)

IMG_4767

メタルとのコンビネーションフレーム

多角形デザインでシャープなデザインです
無機質な印象になりがちなメタルのフロントに

<テレビジョンカット>

を施したアセテートを組み合わせエッジを効かせています

IMG_4770

“テレビジョンカット”
と呼ばれる造りのリム

フレームの外側から内側に向かってえぐれた独特なカット
そのデザインがブラウン管テレビをイメージさせることから名づけられた
カッティング方法です

IMG_4774

独特の立体感を感じるテレビジョンカットは
<多角形クラシックデザインを引き立てます>

内側に向かってえぐれている部分は正に
ブラウン管のテレビを彷彿させますね

IMG_4771

テレビジョンカットを採用したフロントが印象的ですが

全体のバランスを見てみると、シャープでスリム
繊細さも感じて頂けるデザインになっています

FACTORY900はボリューム感と立体感
というイメージがあると思いますが
こういったスリムで繊細さのあるフレームもキレイです

IMG_4778

サイドから見るとこんな感じです
先ほどのRF-040と比べてみてみると、本当に同じブランドなのか?
と思ってしまう程のスリムさです

IMG_4779

テンプルデザインもとてもシンプル
全体のバランスがとても綺麗です

IMG_4782

ノーズ部分はクリングスタイプになっており
調整が出来るようになっております
パッドもオリジナルパッドが付いており

『ファ』

FACTORY900の“ファ”を刻印してあるパッドを採用しています
英語でFAとか数字で900 とかではなく
カタカナで“ファ”という刻印にする所が何だかお茶目ですね

という事でFACTORY900のクラシックなスタイル
FACTORY900 RETROのフレームをピックアップしてみました
FACTORY900流のクラシックスタイルは
他のクラシックスタイルとは一線を画します
流行を追いながらも、自分らしさを出せるコレクションになっています

<トランクショー開催中 FACTORY900>【FACTORY900 FA-300番台のフレーム】part,2

FACTORY900
トランクショー

factory-0701

が開催中です

<FACTORY900>

” THE FUTURE’S EYEWEAR “
新しい造形、新しいスタイル、新しい価値、、、
常に新しい”何か”を追い求めるなかから生まれる、創造する眼鏡
3Dモデリング(三次元造形)で立体的にデザインされた
コレクション

今回はFACTORY900の

【FA-300番台のフレーム】

をピックアップしてお届けします

FA-360 No.223: bordeaux/red pattern (ボルドー/赤柄)

IMG_6769

極厚ブロータイプの
ナイロールフレーム

モータースポーツに特化した
新たなるスタイルの提案

として生み出されたFACTORY900の中でも

“スポーティ”なコンセプトのフレームです

IMG_6770

サイドの快適な視界を確保できるように
ブロータイプナイロールタイプになっております

FACTORY900のフレームとしては
スマートな印象のブローフレームの様に見えますが
しっかり厚みと立体感は出しています

IMG_6772

上から覗いた時の立体感はかなりのものです
ナイロールフレームでフレーム下部が抜けているので
よりブロー部分の厚みが目立ちますね

IMG_6776

無駄を省き、すっきりとした正面と対比し
フレームの奥行き(厚み)は十分な強度を持たせています
且つ、計算されたフレームカーブにより
しっかりとお顔をホールドしてくれます

IMG_6778

自転車やバイクなどにもオススメできる
FACTORY900流スポーティモデルです

FA-370 No.429: blue pattern/gray (青柄/グレー)

IMG_6782

FA-360と同じく
ブロータイプのナイロールフレーム
かなり独特なブロー部分のデザインは

【兜】

からインスパイアされています

IMG_6784

兜・甲冑を彷彿させる
力強さを感じるブローフレーム

掛けるだけで戦国武将気分になれます

IMG_6785
ブロー部分は曲線と面のカットが
上手く絡み合い、兜感が非常に高く表現されています

エッジの効いたブローに合わせてある
レンズのデザインも個性的なエッジの効いたデザインです

IMG_6793

兜をモチーフにしているという事で
ナイロールフレームでも、かなり存在感の強いフレームです
FACTORY900の中でも個性の強い一本ですが
ハマる方は間違いなくハマって頂けます!

IMG_6796

カラーは

『染織物や日本の伝統色』

をイメージさせる、深みがあり繊細な色を使用した
未来的でありながら日本古来の美を追求したモデルです

FA-375 No.378: blue violet gradation (青紫グラデーション)

IMG_6799

多面体で構成したアンダーリム

アンダーリムは細目のフレームが多いですが
FACTORY900らしく
しっかり厚みと存在感のあるデザインに仕上げています

IMG_6804

ブリッジからテンプルエンドまで
綺麗なラインでつなげるのではなく面や線に

”たまり”や不規則な動き

をつけることで、まるで顔の上に
“ポリゴン”
を合わせた様なスタイルに仕上げています

フロントは濃度の高い青紫を上下に配置し
引き締まりながらも「魅せる」カラーリングです

IMG_6807

テンプルはクリアピンククリアブルー
張り合わせ、バイオレットカラーに見える仕上がりにしています

IMG_6818

ブリッジ部分は900のモデルの中では
比較的フラットな形状になっています
ブリッジに立体感を出しすぎず、立体感はありながら
サラッと掛けて頂けるデザインになっています

FA-380 No.096: black meisai (黒迷彩)

IMG_6819

時代を感じ、時代を創る

1980年代を彷彿させる
テクノミュージックや当時の最先端の”未来的”を

今だからこそできる技術を使い
さらに先の“未来”を想像したモデル

かける人、かける場所…ルールなど何もない
当時の時代感を今の最先端の技術を駆使して表現した
サングラス

IMG_6822
三角形のソリッドなデザインは
FACTORY900の中でも、個性派レンズシェイプ

FACTORY900らしい
フローティングデザインは健在です

IMG_6824

サイドの空間・エッジの効いたデザイン

IMG_6828

ブリッジ部分の厚み

などなど、細目に見えるデザインの中にも
FACTORY900の持つ強みを詰め込んでいます

IMG_6833

1980年代のテクノサウンドを彷彿させる
攻めたデザインです

ハッキリ好みが分かれそうなフレームですが
刺さる方には、ドンピシャなデザインです!

FA-381 No.853: white (白)IMG_6836

ブロータイプのラウンドデザイン

ブロータイプでありながら、ラウンドデザイン
ここまで太く、立体感のあるラウンドブローは
探しても中々ありません

IMG_6837

先ほどのFA-380と同じく、かなり個性的なサングラスになってます
ラウンドデザインの上にあるブローデザイン
その特徴的なブローラインが他のフレームには無い“味”を出してくれます

IMG_6839

ブロー部分と、フード部分は
繋がっており、一体成型になっております

二つのパーツを独立させず、一つのパーツで表現する造形美に
FACTORY900の技が詰まっています

IMG_6843

サイドから見た時の
フード・ブローの立体感がたまりません

フードの形状になっていますので、お顔に乗せた時に
しっかり目をカバーしてくれます

IMG_6846

FA-381のレンズカラーは全て

<ミラーレンズ>

を採用しています
ギラっとしたゴーグルスタイルとして、ファッショナブルに使ってみませんか?

FA-300番台のフレームpart,2でした
横長で立体感のあるフレームの多い
FA-200番台のフレームと比べ、ブロータイプや二股のフレームなど
バラエティに富んだフレームデザインが多いFA-300番台
メガネの楽しさを再認識頂けるフレームデザインだと思います