カテゴリー別アーカイブ: VioRou

<本日最終日>【AZ 19th Anniversary】トランクショー第四弾・歩 -AYUMI- & VioRou

《トランクショー第四弾》

プレゼンテーション15

歩-AYUMI-

VioRou

一か月間開催していた
トランクショー第四弾も本日で最終日となります

AYUMI_logo_gold

IMG_5787

ダウンロード

IMG_5809

IMG_5819

ここまでの数を見比べてみて頂ける機会は
トンランクショー開催中だけです!

トランクショー第四弾の最終日も盛り上げていきますので
よろしくお願いいたします

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第四弾 歩 -AYUMI- & VioRou開催中】VioRou limited model

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

ダウンロード

リミテッドエディション for 5th anniversary

<今年viorouはデビュー5周年を迎えました>
5周年にあたり、小野寺氏は一つの実験をしてみたく
それを5周年の記念モデルとしてリリースしました

今回はそんな5周年の記念モデルを【徹底解剖】していきたいと思います

毎シーズン、新作を企画・デザインする際にはカテゴリーごと
またはモデルそのもののイメージを決めて製品化しています
5周年記念モデルは

「セルフカバーをアイウェアでやってみた」

というテーマを掲げてリリースされています
数量限定のこれらのモデルには、特別に

<5th>と刻印されたケース
メガネ拭きが付いてきます

IMG_6495

IMG_5406

corrie 5th limited Light brown and pare pink

IMG_6434

ベーシックシリーズのコリーの
5周年リミテッドバージョン

コリーはVioRouの提案する

“目の周りを強調し、矯正によって変化する目を補正する”

というコンセプトを具現化したモデルです

リミテッドバージョンは従来のコリーよりも
更に上品な雰囲気になっています

IMG_6435

リミテッドモデルではテーマを

<ナチュラルで軽快な魅せ方>

というテーマにしており
そのテーマに合ったナチュラルな雰囲気を感じるカラーになっています

レギュラーモデルのコリーと全く同じという訳ではなく
少しだけ変化している部分があります

IMG_6438

レギュラーモデルよりも

アセテートパーツを薄くし
裏側の淡いクリアカラーのポイントと共に
軽快感を強調しています

レギュラーモデルは表側に
しっかりアセテートの主張が出るようになっていました

IMG_6450

左がリミテッドモデル
右がレギュラーモデル

リミテッドモデルはアセテートパーツの主張が控えめで
レギュラーモデルはしっかり主張します

IMG_6452

モデルによってアセテートパーツのせり出し方が変わっています

リミテッドモデルはアセテートパーツの
せり出している部分が

<リムの裏側>になっています

対して

レギュラーモデルは
せり出している部分が
<リムのフロント側>になっています

アセテートパーツも全体的にスリムになっていますので
軽快な印象を出す事が出来ます

IMG_6445アセテートパーツの造りが薄くなり
スッキリした感じで使う事が出来るリミテッドモデル

IMG_6446

スッキリしたリミテッドモデル
アセテートの主張がしっかりしているレギュラーモデル

皆様はどちらがお好きですか?

james 5th limited limited-1 Dark brown and aqua
IMG_6456

5周年リミテッドモデルのジェームス
先ほどのコリーとはデザイン違いで
同じ造りになっています

IMG_6458
スリムになったアセテートパーツ

爽やかなアクアカラー

はコンセプトである軽快さを
際立たせてくれます

IMG_6460

アセテートパーツの主張がしっかりしていた
レギュラーラインと比べると
スクウェアのデザインが柔らかい雰囲気になります

しっかりした主張をしたい場合はレギュラーモデル

少しライトなリミテッドモデル

そういった選び方をするのもいいかもしれません

IMG_6464

同じフレームでも、少しコンセプトを変えるだけで
イメージが変わるというのが面白いです

ただ単純にカラーを変えているだけでなく
細部の造りも少しづつ変えています

IMG_6477

右上がレギュラーモデル
左下がリミテッドモデル

比べてみるとレギュラーモデルは
しっかりアセテートパーツの主張があり
リミテッドモデルはスッキリした感じになります

どちらの james もそれぞれ個性がありますので
是非かけ比べてみてその違いを感じてみてくださいませ

次のリミテッドモデルはcolin
コリンは少し前のブログで
レギュラーモデル&リミテッドモデル
全て紹介しましたので、サラッと簡単にご案内します

コリンをもっと楽しく軽快でカラフル
なカラーバリエーションにしたリミテッドカラー

col: 000/406P Black/Chalk white

IMG_5379

マットなブラックに
マットなホワイトブローパーツを合わせた
これぞブラック×ホワイト!
というハッキリしたカラーリング

IMG_5380

IMG_5383

オセロやチェスみたいな雰囲気のある
面白さも感じるしっかり目立ってくれるカラーです

コリンのブログリンクを以下に張っておきます
よろしければご覧下さいませ

コリンリンク

リミテッドモデル最後を飾るのは
サングラスシリーズからの登場です

hiromi limited-2 washed clear brown

IMG_6516

オクタゴン(八角形)デザインのサングラス

VioRouではお馴染みのセルワッパを組み合わせた

アバンギャルドな雰囲気のデザインです

少し大き目のオクタゴンは
大きすぎる事がなく、日常使いがしやすいサイズ感になっています

IMG_6517

少し大き目のオクタゴンに合わせられたセルワッパ
リミテッドモデルはこの

セルワッパが<特別仕様>になっています

では、ここでレギュラーモデルを見て頂きましょう

IMG_6497

レギュラーモデルはこんな感じです
どこが違うのか分かりますか?

IMG_6521

答えは、

【セルワッパに表面加工がされているという点】

ちょっと変わった表面加工がしてあります
ざらっとした、ひび割れた様な質感です

これは3D印刷を使用した表面加工です
デザイナーはこの3D印刷で

<洗いざらしのTシャツのシワ>

を表現したそうです
確かにそう言われてみてみると、洗濯したTシャツ感があります

IMG_6524

リミテッドモデルでは、クリアな生地を使用し
そこに3D印刷を施すことによって

清涼感高級感

その両方にフォーカスしたサングラスになっています

IMG_6508

智元、テンプル部分には特殊プレスで仕上げられた
ダイヤモンドカットも採用しています

VioRouで使われている技術をしっかり詰め込んだ
欲張りサングラスです

IMG_6535

レギュラーのhiromiはしっかりセルのインパクトが強く
リミテッドのhiromiはセルの主張はありつつ
全体的に軽い印象になっています

是非かけ比べて悩んでくださいませ

という事で

VioRou 5周年記念モデル

をピックアップしました
同じフレームでもコンセプトを変えると
新しい見え方、魅せ方が出来るのだなと思いました

トランクショーは今週末までやっていますので
是非豊富なカラーをかけ比べて頂けたらと思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第四弾 歩 -AYUMI- & VioRou開催中】VioRou “B”シリーズ

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

ダウンロード

VioRouには4つのシリーズがありますが
今回はその中でも

“B”asic series

ベーシックシリーズを
【徹底解剖】していきたいと思います
ベーシックシリーズはVioRouの中でも

<楽しさの表現をコンセプト>

にしたシリーズになります
スタンダートシリーズとも雰囲気の違う
カラフルで楽しいフレームが多いことも特徴のシリーズです

nami col: 3002 Rose and beige/Matte rose gold

IMG_6356

namiは多角形のデザインでも珍しい七角形

ヘプタゴンシェイプの
あまりメガネでは見ない形です
七角形は目元をキリッとさせる形になっています

IMG_6358

VioRouではお馴染みのインナーセルタイプのフレーム
フレームの中にアセテート生地を挟み込んでいます
インナーのアセテートリムには昨秋発表の

<イタリア・マツケリ社製の新色>

を使っています

マツケリ社といえば、アセテート生地メーカーの中で
業界最大のメーカーです
独創的なアセテート生地などをリリースしており
そのデザインはプラスチックフレームの流行を左右されるとも言われる
アセテート生地メーカーの中でも
影響力のある生地メーカーです

そんなマツケリ社の新色は、

<ボーダーカラー>

になっております
ローズカラーベージュが織り交ざった
大人の雰囲気漂う新カラー

IMG_6363
そのカラーは多角形のデザインと相まって

製品自体の美しさと個性を引き立てています

IMG_6365

ベーシックシリーズの智元部分は特徴的なデザインです

智元が飛び出たような立体的なデザインです

智元が張り出すことで、お顔に立体感を与えて
平面的な日本人の顔立ちにメリハリをつけるデザイン

になっています

IMG_6366

真横から見てみると
智元が前にせり出ているのが分かります

IMG_6370

テンプルはチタンテンプルで
スッキリシンプルになっています

IMG_6373

やや鼻幅も狭めなので
小顔の方にもピッタリのサイズ感です

フロントアセテートパーツが
レンズの厚みを目立たなくしてくれる効果もありますので
レンズの度数がお強い方でもオススメできます

Kenji-2 col: 1455/018 Light clear brown/Demi yellow

IMG_6374

丸みのあるボストンシェイプは

アセテート生地を
<ブロック>の様に組み合わせて作られた

VioRouの中でもPOPで可愛いさを感じる
プラスチックフレーム

レンズデザインはボストンですが
フレームの形状はクラウンパントデザイン

IMG_6377
ライトブラウンのクリアで抜け感のある生地と
デミカラーのイエローを組み合わせた
何とも個性的な雰囲気を出す事の出来るデザインになっています

智元やブリッジは
イエローデミカラーをブロックを張り付ける様に造られています

パズルみたいですね

IMG_6379

アセテート生地がリムの上部にピョコっと飛び出たような
独特な形状になっています

このブローデザインがレンズがボストンでも
フレームがクラウンパントに見える部分にもなっています

IMG_6487フロントは3色の生地を張り合わせて
削り出しで段差を着けて造られています

異なる3色の層になったフロントリムは

<段落とし加工>

で真ん中の生地だけ高さを残して
その部分にだけ<マット加工>を施しています

IMG_77811-1024x683

コチラが前作の kenji
フルモデルチェンジをしたわけでなく
マイナーチェンジをしたkenji-2

IMG_6396

アセテート作られていたノーズパッドを
調整が可能なチタン製に変更しています

チタンパッドを取り付けるにあたってリム全体が少し太くなっています

IMG_6392

かけ心地の良い
<スプリング内蔵の丁番>は継続して採用されています
柔らかすぎないバネ貯番の掛け心地はとても心地よいです

IMG_6399

Bシリーズの中でも個性的なアセテートのフレームです
オモチャの様な可愛さの中に
技術がしっかり詰まっています

Corrie col: 1161 Turquoise sasa/Antique orange

IMG_6403

ボストンの様な、ラウンドの様な
丸みのある逆三角形のようなカタチです

アセテート生地を挟み込んだスタイルは
VioRouでは鉄板のスタイルですね

IMG_6408

ブリッジは立体的になりすぎず
サラッとした印象で使って頂けます

IMG_6413

先ほどのブリッジとテンプルは

一度特殊プレス加工し
ダイヤモンドカットの様な凹凸をつけています

ダイヤモンドカットを施したテンプルやブリッジは
独特の高級感が出てくれます

アセテート生地の組み合わせは可愛さに加え
ラグジュアリーな風合いも出てくれます

IMG_6414

このカットもテンプル全体に施されている訳ではなく
智元とテンプルの途中までというカットのつけ方にしています

IMG_6416

ターコイズササカラーの少し変わった生地のカラー
アンティークオレンジの組み合わせは
クールなイメージで使って頂けます
IMG_6417

カッコよさと可愛さのバランスが
VioRouらしい一本です

james col 1164 Pink sasa/Antiaue brown

IMG_6420
ぷっくりしたスクウェアで正方形に近い
個性的なデザインになっています

※コリーのデザイン違いで
細部のダイヤモンドカットなどの造りは同じになっています

IMG_6421

ピンクササカラーはとても綺麗な発色をしてくれます
あまりきつくカラーが出すぎる事もなく
地味な印象にもならないお顔を明るく彩ってくれるカラー

IMG_6425

横長のスクウェアはありますが
jamesの様なデザインのスクウェアは珍しいです

プラスチックフレームのスクウェアは数多くありますが
このサイズ感のスクウェアは探しても中々ありません

「そうそう!こんな感じが欲しかったんだよ!」

という方はきっといらっしゃったのではないでしょうか?
小さめのスクウェアを探してらっしゃる方は
是非このjamesをオススメします

IMG_6426

コリーと造りやカラー展開の同じ
兄弟?姉妹?品番です

コリーとジェームス
どちらがお好みですが?

という事でVioRouのBシリーズをご紹介しました
メガネを掛ける事が楽しくなるよな
そんなシリーズになっています
メガネを選ぶときも楽しんで、メガネを使うときも楽しい
そんなVioRouのトランクショーは今週末までです!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第四弾 歩 -AYUMI- & VioRou開催中】VioRou “S”シリーズ

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

ダウンロード

 

VioRouには4つのシリーズがありますが
今回はその中でも

S”tandard “スタンダート

スタンダートシリーズを
【徹底解剖】していきたいと思います

スタンダート(標準)という名前の付いている通り
VioRouの中でも標準的なシリーズで
個性的になりすぎる事のないデザインが所属しています

新作のスタンダートシリーズには
新たな部品を開発・投入しています

スタンダートシリーズはViorouが考える

“コンフォータブル”
掛け心地や快適さ

をシリーズコンセプトに
軽さとしなやかさを表現すべく、3本のβチタンを編んで加工する

“ニットチタン”

をメインに展開しています

全体をスリムに仕上げたいモデルには
<リム>にニットチタンを使用

IMG_7257-1024x683

ボリューム感を表現したいモデルには
<テンプル>にニットチタンを使用しています

IMG_5775-1024x683

以前から

「すべてをニットチタンで作り、このシリーズの完成形にしたい」

と考えていたデザイナーである小野寺氏
しかし全てが“ニット”の場合
しなやかになり過ぎてしまい
メガネとしてのしっかりした安定感に欠ける事から
製品化に至りませんでした

しっかりした掛け心地の
“芯”
が欲しいと考え編み出された技法が

“編んで見える部品を作る”

という事でした

“編んでいるように見えるが、実は一つの素材から出来ている”

という方向性を見出し、リムメーカーと1年かけて

“ニット模様が刻まれた純チタン製リム”

を完成させました
テンプルには従来のニットチタンテンプルを使用して
全体的にニットチタンの佇まいを持たせました

そんなデザイナーの思いが詰まったフレームを早速ご紹介します

Tomoyuki-2 col: 512/LB Olive/Light beige

IMG_6297

元々Basicシリーズに属していたtomoyuki
今回フルモデルチェンジし
スタンダートシリーズのモデルになりました

デザインは八角形のオクタゴンシェイプ

先ほどお話させていただいた
ニットパターンを使用したモデルです

IMG_6300

横長のオクタゴンシェイプは
個性的ですが、掛けてみると
意外と顔なじみのいいレンズデザインです

IMG_6302

チタンを編んだ様に見える
ニット模様が刻まれたリムです
しっかり編み込んだ質感を感じます

リムはオリーブカラーで
落ち着きがあり肌馴染みのいいカラーになっています

IMG_6305

ニットチタンテンプルと比べると
少しだけスリムなリムです
このスリムな質感がお顔に乗せた時
程よく丁度いい主張をしてくれます

IMG_6307チタン編み込みテンプルは
実際に3本のチタンを編み込んであるので、そのボリュームと
三つ編みの質感はしっかり出てくれます
質感とかけ心地の両立を果たしています

IMG_6310

フルモデルチェンジにあたりサイズを見直し

多くのViorouユーザーである
女性ユーザーへお勧めしやすい様になっています

同時に天地幅も変更し、遠近両用メガネなどにも
対応しやすいサイズ感になっています

IMG_6315

八角形で個性的なデザインに
VioRouらしいチタンの編み込みを組み合わせた一本です
女性ユーザー様にアプローチしたフレームですが
男性でも使っていただけるサイズやデザインになっています

taigo-2 col: 2756P/AO Navy/Antique orange

IMG_6321

tomoyuki-2と同じくtaigo-2も
Basicシリーズからフルモデルチェンジをして
StandardシリーズのTaigo-2としてリリースされました

絶妙なデザインのオーバル型

丸くなり過ぎない楕円形は
クラシカルにもカジュアルにもどちらの表情にもなってくれます

IMG_6323

レンズサイズが前作に比べ少し大きくなり

少し可愛さもあった前作からすると
大人な雰囲気になっています

編み込みチタン風のフロントが
デザインと相まって大人っぽくなります

IMG_6324

リムカラーは AO Navy と呼ばれる
少しマットな質感のブルーカラーです

顔なじみも良く、落ち着きのある使い方が出来ます

IMG_6328

オーバルデザインで
個性的なデザインになりすぎないですが
テンプルの編み込みや、編み込み風フロントなど
シンプルさとVioRouらしい個性のバランスが取れています

IMG_6333

前作のtaigoもそうでしたが
レンズサイズが小さいで

強度近視の方が
レンズの厚さを薄く仕上げる事が出来ます

VioRouらしさを感じる事の出来るデザインで
服装などにも合わせやすいので

VioRouデビューにもオススメ出来る
そんな一本です

Fernando col: 2016 Brown and red/Green gold

IMG_6336

ニットパターンリムとニットテンプルに
アセテートを組み合わせた、コンビネーションモデル

ボストンに少しフォックステイストをプラスしたデザイン
丸みがあるのにキリッとした表情になってくれます

IMG_6338

ブラウンレッドという
抜けの色が綺麗なアセテート生地を組み合わせています
アセテートのインパクトがしっかり出てくれます

サイズは少しゆったりサイズ
そのままメガネで掛けて頂いてもいいですし
レンズにカラーを入れて、サングラス仕様にしてしまうのもいいです

IMG_6341

メタル部分はグリーンゴールドというカラーで
アンティークゴールドとは違った
光沢のある深い色合いになっています

<オリーブカラー>

というニュアンスが一番近いかもしれません

IMG_6344

ニットパターンリムが
アセテートでサンドされています

IMG_6345テンプルは編み込みチタンテンプルです
掛け心地の柔らかさとバネ性は
皆様にご満足いただけるものになっています

IMG_6347

透け感のあるアセテート生地なので
中のニットパターンが少し透けて見えます

この絶妙な透け感とニットパターンのチラ見せが
とてもいい感じです

IMG_6354

しなやかで掛け心地の良いかけ心地です
VioRouの中でもゆったりサイズの
個性的な一本です

以上、Sシリーズをいくつかピックアップしてみました
VioRouの中でも“スタンダート”なシリーズ
VioRouが提案するスタンダートを使ってみませんか?

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第四弾 歩 -AYUMI- & VioRou開催中】VioRou “F”lagship series フラッグシップシリーズ

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

ダウンロード

前回のColin に引き続き
フラッグシップシリーズを【徹底解剖】していきたいと思います

Bungo ブンゴ size 45-23-140

IMG_5515

ボストンとウェリントンが合体した
ボスリントン系のデザイン

様々な要素を詰め込んだデザインになっていますので
順を追って解剖していきたいと思います

IMG_5517

メタルフレームをベースに

フロント裏側から特徴的なプラスチックパーツを
はめ込んだコンビネーションフレーム

このプラスチックパーツが
このフレーム最大の特徴です

IMG_5519

ナミナミしたデザインの
プラスチックパーツをはめ込んでいます

IMG_5526

メタルフレームとアセテートパーツは裏で留めてあります

ブリッジと智元の4点で留めてありますので
グラつきもなく使って頂けます

IMG_5523

横から見てみると、かなりナミナミ
うねうねした形状になっています

扇の様なデザイン

この特徴的なアセテートパーツは
アセテート生地をプレスして扇の様な形状をつくっています

金属と違い、プラスチック生地をプレスするのは
かなりの技術が必要です

難度の高い技術で作られたパーツは
程よい立体感をフレームに与えてくれます

IMG_5521

独特の立体感はしっかり出しつつ
テンプルはスリムでシンプルなので
絶妙にバランスが取れているデザインになっています

IMG_5529

金属のリム部分はゴールドカラー
ヘアライン加工をしてありますので
ゴールドでも落ち着きがあり、渋く使って頂けます

アセテート生地のブルーとの相性も抜群です

膨らむようにして大きく弧を描いたボスリントン型のメタル枠に
セルのフロントを組み合わせたコンビネーションフレーム

IMG_5536

少しゆったりしたサイズなので
男性も使って頂けるサイズになっています

Maiko マイコ size 45-21-135

IMG_5420

先ほどのBungoと同じ造りになっています
デザインは少し丸みが強く横幅も短めなので

Bungoの妹分的なデザインでしょうか

IMG_5425

ラウンド(丸形)に近いボストン型

アセテートパーツの個性は出しつつ
優しく、柔らかいイメージで使う事が出来ます

IMG_5428

プレスされてなみなみしたアセテートパーツは
斜めの角度や、横から見てみると
その個性を遺憾なく発揮してくれます
ブラウンデミカラーもいい感じにカラーとして主張してくれます

IMG_5432

この辺りの造りは Bungoと同じです

改めて凄いデザインのパーツだな、と思います

IMG_5434

Bungoのテンプルはあっさりした
丸い芯のチタンテンプルでしたが
Maikoは

ロープの様な縄の様な
模様のついたテンプルになっています

IMG_5435

少し優しい雰囲気のフロントを
少し無骨に引き締めてくれる効果があります

IMG_5440

Bungoは個性が少し強めかな?
と感じる方はこちらのMaikoがいいかもしれません

しっかりメガネのデザインは出ますが
柔らかい雰囲気も出せます
ちょっと冒険してみたい方にオススメしたい一本です

Giulli ジュリ size 45-21-140

IMG_5614

フラッグシップシリーズ最後を飾るのはコチラのGiulli

VioRouのフレーム名はVioRouと関わりのある
【人物の名前】
をつけていました

今までは人の名前をベースに名付けられていましたが
コチラのGiulliは
外車の好きなデザイナーが

イタリアメーカーであるアルファロメオの車
『ジュリア』

から名前をとったみたいです

IMG_5616

少しツンとした小ぶりなボストン型
といった感じのデザインになっています

こちらのフレームは前回のブログで取り上げた
Colinよりも前にリリースされており

<2つのチタンを組み合わせる>

製法で作られたフレームです

Colinと同じく

ピッタリと隙間なく組み合わせています

IMG_5623

レトロレッドとアンティークシルバーの組み合わせ
深みのあるレッドとアンティークシルバーは
落ち着いたオトナの雰囲気を出せます
アルファロメオを彷彿させるレトロレッドです

IMG_5627

アンティークシルバーのテンプルは
ヘアライン加工で、少しマットな質感なので
その感じがまたクールでカッコいいです

IMG_5626

この質感とカラーがVioRouらしいです
少し遊びのテイストも入っており
落ち着きもちゃんと感じられます

IMG_5630

<カットリム>と呼ばれる
名前の通り、チタンをカットして作られる技法で作られています

Colinと同じくこのGiulliも

<パーツを分解してみました>

IMG_5664

これがGiulliを構成するパーツです
(パッドだけ取り忘れていますが気にしないでください)
フレームカラーが変わっていますが
こちらも気にしないでください・・・

IMG_5665

ブローパーツと

IMG_5671

ベースパーツの凹凸を組み合わせ
Giullliのフロントは完成されます

IMG_5663

寸分の狂いもなく
ピッタリ気持ちよくハマってくれます

厚みのあるパーツなので、見た感じ少し重そうに見えますが
実際に持ってみると、すごく軽いです

重厚感はありながらも実際は凄く軽いという
高級感のある質感と存在感を放っています

IMG_5657

Giulliのカラー展開は5色です
きっと皆様に気に入っていただけるカラーがあります!

という感じでVioRouの
フラッグシップシリーズをピックアップしてみました
高級路線という訳ではないのですが
VioRouの中では特別な、ハイエンドシリーズです

是非VioRouが詰め込まれた
フラッグシップシリーズを体感してみてくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【VioRou】“F”lagship series フラッグシップシリーズ Colin コリン編

“七色のアイウェア”
がブランドコンセプト

 

ダウンロード

そんなVioRou には現在4つのシリーズがあります

“B”asic “ベーシック

S”tandard “スタンダート

F”lagship “フラッグシップ

S”un”G”lasses サングラス

と4つのシリーズがあり、シリーズによって
それぞれコンセプトを変えています

今回は、フラッグシップシリーズを
【徹底解剖】していきたいと思います

※フラッグシップとは
メーカーの商品群で特に性能、価格、機能などの最高級品を指します

Colin コリン col: 2756P/DAO Navy/Dark antique orange

IMG_5264

コリンはシリーズの中でも

<質感の表現>

をメインに考えられたモデルです

デザインは

VioRou流のクラウンパントスタイル
フレーム上部のデザインがカクっとなって
下は丸みを帯びたデザイン

王冠をモチーフにしたクラウンパントデザイン
このフレームで注目していただきたいのは

<冠部分>

IMG_5267

冠部分は縁取りされている塗装の様に見えますが
実はこの部分、塗装などではなく

別にブローパーツを作成し
内側からはめ込んでいます

ブローパーツの解剖は後程行います

カラーは少しラメ感のある
マットなネイビーカラー
そこに、ダークアンティークオレンジのブローパーツを合わせています

IMG_5270

ヨロイ部分に近づいてみるとこんな感じです
色の違うパーツを組み合わせていますので
質感の違いとフロントにメリハリを与える効果があります

IMG_5278少しユニークに感じますが、全体的に見てみると

顔なじみが良く
奇抜になりすぎない個性的なクラウンパント

として使って頂けます

ガチっとした部分もありつつ
可愛さを感じるところがVioRouのセンスだと感じます

さて、ここからは
ブローパーツについて解剖していきたいと思います
ブローパーツは裏側からはめ込まれています

IMG_5280
ブローパーツは
一枚のチタンパーツを削り出しで作られたパーツです
パーツはネジで留められています

ではこのパーツを外してしまいましょう!

IMG_5835

<ブロー外しちゃいました>

IMG_5836

ブローパーツを外してみると
あっさりしたクラウンパントデザインといった感じです
このスタイルもキレイで好きです

IMG_5839

ブローパーツには凹凸がつけられています

IMG_5844
フロントパーツにも凹凸がつけられています
その凹凸部分に先ほどのブローパーツをはめ込むと

IMG_5853

綺麗にはまってくれます

技術力が高さが可能とする技です
ネジで留めると、誤差もなくピッタリハマってくれます
このピッタリさは気持ちよさも感じる程です

技術的な話が多くなってしまいましたが
デザインとしても、クールさとキュートさを併せ持つ
メガネに仕上げっています

IMG_5282

性別・年齢関係なく
皆様に楽しんでいただけるメガネです

以下、カラー違いをサラッと紹介します

col: 000S/IV Piano black/Silky Ivory

IMG_5301

ピアノブラックにシルキーアイボリーを合わせた
まさしくピアノの様な重厚感のあるカラーリング

IMG_5302

IMG_5305
アイボリーですが、白すぎるという感じはなく
ベージュ系統の白なので
柔らかい印象でも使って頂けるカラーになっています

col: 476P/PKG Brown/Pink gold

IMG_5294

肌馴染みのいい、ラメの入ったブラウンピンクゴールド
ブローパーツの組み合わせ

IMG_5295

IMG_5300ブラウンは肌馴染みが良く、ブローパーツのピンクは
キチンと主張はしてくれるので
地味にならずお顔を彩ってくれます
今回のコリンの中でも手に取りやすいカラーになっています

col: 412P/DAP Gray/Dark antique pink

IMG_5323

グレーベースのカラーにアンティークピンクを合わせた
<少し攻めたカラー>
グレーのフロントに合わせたアンティークピンクが
個性的なインパクトを強めてくれます

IMG_5325IMG_5328

個性的ではありますが、ショッキングピンク
という程強くなく、落ち着きのあるピンクです
色の使い方のバランスが非常に綺麗です

col: RE/MSE Retro red/Matte sepia

IMG_5309

レトロレッドという、濃いワインレッドの様なカラー
セピア系のブローパーツの組み合わせは
カラーを楽しみたい方にオススメです

IMG_5311

IMG_5316

落ち着きのあるレッドは、普段使いでも
ドレスコードでもどちらも掛ける人を彩ってくれます

以上が通常カラーになります

IMG_5335
さて、コリンには

《リミテッドカラー》

という

コリンをもっと楽しく軽快でカラフル
なカラーバリエーションが存在します

まだまだ続くコリンのカラーをお楽しみください

col: 000/406P Black/Chalk white

IMG_5379

マットなブラックに
マットなホワイトブローパーツを合わせた
これぞブラック×ホワイト!
というハッキリしたカラーリング

IMG_5380

IMG_5383

オセロやチェスみたいな雰囲気のある
面白さも感じるしっかり目立ってくれるカラーです

col: 476P/7496P  Brown/Yellow green

IMG_5338

ブラウンに、グリーンのブローパーツを合わせています
落ち着きのあるブラウンがブローパーツで
しっかりPOPで可愛い印象になるのが魅力的です

IMG_5340

IMG_5343

玩具の様な可愛い感じですが
大人の方が掛けて可愛い、大人可愛い感が出る
VioRouらしいカラーです

col: 1468F/5493P Denim blue/Aqua

IMG_5369

デニムブルーと名の付く通り、デニム的なカラーに
スカイブルーの様なアクアというカラーをブローパーツで合わせた
爽やかなカラーリング

IMG_5371

IMG_5373

ブルーが強いカラーですが
原色の青!という感じではないので、意外と見た時と
掛けた時の印象が違い
思っているよりも掛けやすいカラーリングになっています

col: 412P/500P Gray/Pink

IMG_5350

落ち着いた雰囲気のグレーに
ピンクのブローパーツが合わさっています
ピンクのカラーがアクセントになって可愛いイメージを出してくれます

IMG_5352

IMG_5355

ピンクカラーが目元を華やかにしてくれます
アイメイクをした様な効果だせるカラーリングです

col: 7526P/4685P Light brown/Ivory

IMG_5359

ライトブラウンにアイボリーのブローパーツ
カラーの感じが何となく
シナモンロールに見えるのは私だけ?でしょうか

IMG_5360

IMG_5361

一見落ち着いた感じに見えますが
意外と色の主張はあり、掛けると個性的な感じになります
アイボリーのカラーがいい感じに目立ってくれます

IMG_5394

少し長くなってしまいましたが
コリンのカラーをリミテッドカラーを含め紹介しました

リミテッドカラーを含めると
カラー展開は10色

落ち着きはありつつ、少しだけ個性的なノーマルカラーか

カラフルで楽しいリミテッドカラーでいくか

それぞれの良さが詰め込まれていますので
迷われたら10色全てかけ比べて下さいませ
思いもよらない発見が待っているかもしれません

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【AZ 19th Anniversary】トランクショー第四弾・歩 -AYUMI- & VioRou

トランクショー第三弾も終わり
次なるトランクショーは

《トランクショー第四弾》

プレゼンテーション15

歩-AYUMI-

VioRou

のトランクショーが始まります

第四弾のスケジュールは

9/28(月)~10/25()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて簡単に解説していきたいと思います

AYUMI_logo_gold

まずは『歩』からいきたいと思います

2000年に誕生した
『歩』

マコト眼鏡というメガネメーカーが
リリースするオリジナルブランド

 「毎日使うからこそ、かけやすさにこだわりたい。」

といった、掛けやすさへのこだわりから生まれた『歩』

≪マコト眼鏡≫

は福井県鯖江にあるメガネメーカーです

今や<メガネの聖地>と呼ばれる福井県
その福井県にメガネの産業を根付かせた人物が

増永五左衛門
“ますながござえもん”

そんな増永五左衛門
のお孫さんが興したのが≪マコト眼鏡≫

マコト眼鏡は
増永五左衛門のスピリッツを受け継ぐ職人集団です

『歩』のフレームは

全て形状変化に強いセルロイドを採用

丁寧な造りとセルロイドの質感が『歩』といえます
IMG_3033

セル枠の持ち味は、磨きが決め手

セルロイド独特の輝きを生み出すため、一枚一枚丁寧に
『歩』が放つ存在感を出すように磨き上げていきます

簡単そうに見えて
熟練された技が必要になっています

経年変化に強いセルロイドに、金属パーツはチタンを使用しています

良いものを長く使ってもらえるように
老若男女問わず掛けてもらえるように

丁寧にメガネを作り続けています

IMG_5787

そんな歩のトランクショーがコチラ
定番モデルを含め、実はAZでは“初”の上陸になる

“歩サングラス”

もトランクショーで見る事が出来ます
シンプルな歩らしいサングラスになっています
サングラスの紹介は近いうちにブログで更新いたしますので
お楽しみに!

お次は

ダウンロード

VioRou ヴィオルーは

七色

がブランドコンセプト

ブランド名である“VioRou”は

“Du violet au rouge”

フランス語で
からへ”

とう意味になっています
人が目にすることができる、可視光線の“七色”
の意味を持たせた造語をブランド名にしています

フランス語からの造語をブランド名にしていますが
日本のブランドです

IMG_5771-1024x683

クラシック系のフレームを
少しだけ可愛くしながら、落ち着きを持たせ
そこに個性的な印象のカラーリングを組み合わせ仕上げています

デザイナーである小野寺慎吾氏は

人にはいろいろな顔があり、同じ人であれ表情、ときに顔にメイクをするように何かの色を加えることによりその人自身の顔も変化します
“色”によって、人はイメージが変わっていくのです
そのデザインコンセプトに則り、様々なアプローチからのデザインを提案していく
アイウェアコレクション、それが“VioRou”です

と語っています

メガネを掛ける人がその変化を楽しんで
新しい発見を喜んでいただけるような事を思いながらデザインをしています

IMG_5809

そんなVioRouの数は

<今年のトランクショーで一番多く並んでいます>

圧倒的VioRouの圧を是非感じてくださいませ

IMG_5819

現在までリリースされたVioRouのフレーム
そのほとんどを見られるといっても
過言ではないほどの量があります!

かなりの物量なので
きっと皆様に気に入っていただけるフレームがあると思います

 といった感じで簡単にではありますが
各ブランドの紹介をさせて頂きました
これから一か月、メイドインジャパンのメガネがAZを盛り上げます

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【Vio Rou keizo-CB】

前回に引き続き、VioRou の新作です。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います。

keizo-CB col: 4069 Light clear pinkIMG_0526

keizo

という、元々リリースされていたデザインに

アセテートのワッパを組み合わせた新作です

テンプルやリムなどのカラーは、少しピンクの入ったゴールド
ピンクのワッパとの相性も抜群です

IMG_0563

こちらが keizo です

keizo は少しオーバル気味のラウンドデザイン

フロントのリム部分は、チタンを編み込んだリムになっています
細めのフレームですが、編み込みのデザインが
存在感を出してくれるフレームです

IMG_0528

そんな keizo に、アセテート生地のワッパを組み合わせてパワーアップさせています
アセテートの輪を組み合わせるだけで、かなり印象が変わります。

パッと見る限り、まったく同じフレームとは思えない程です

ワッパは、ライトクリアピンクカラーのツートンバージョン

keizo自体が、少し無骨な印象なので
ピンクツートンの生地がフレームに組み合わさるだけでも
かなり印象が変わります。

IMG_0536

ワッパは、抜けのあるクリア生地を使用していますので
三つ編み部分もしっかり見える様になっています

三つ編み部分もそれなりにインパクトがあり
ワッパもインパクトがありますが、不思議とクドイ感じはありません。

IMG_0529

立体的になり過ぎないブリッジです
ハードな印象になり過ぎない様に計算されています

IMG_0531

横から見て見ると、こういった感じです

IMG_0539

 テンプルはチタンテンプル製です
大人なイメージとかっこ良さがあります

こちらのクリアピンクカラーは、今回AZに入荷してきたカラーの中で
一番キュートなイメージのカラーです

keizo-CB col: 4068 Light clear brown
IMG_0540

先程のピンクと比べると落ち着くカラー
少し渋さを感じるカラーリングです

VioRouのフレームに内包されている、品の良さを感じます
リムとテンプルカラーは少し濃いめのゴールドカラーです

IMG_0541

グレー系のブラウンなので
肌馴染みも良く、掛けてみると不思議と顔に馴染んでくれます

並んでいる状態で見ると、似合うのかな?
と思うカラーですが、掛けてみると・・・
あれ?馴染むな

と思う、ヴィオルーマジックを感じていただけると思います

IMG_0542

渋可愛い?

そんな言葉を勝手に作ってしまいたくなるような
渋さと可愛さがミックスされたフレーム

IMG_0545

智元からテンプルのチタンは、ツヤを抑えた

『ヘアライン加工』

で仕上げてあります。

IMG_0547

先程のピンクカラーは、男性が掛けるには少し可愛くなり過ぎちゃいますが
こちらのカラーは男性でも少し甘い、優しい感じで掛けられます。

keizo-CB col: 4072 Light clear turquoise

IMG_0549

ターコイズカラーバージョン

かっこいい、少し男性的なカラーリングになります
リム、テンプルは少しシルバー寄りのゴールドカラーです

IMG_0551

 AZ入荷分のkeizo-CB の中ではクールなカラー
かっこ良さを出したい方におススメなカラーです

IMG_0553

三つ編みのチタンリムは↑の画像の様に収まっています
可愛さとクールな感じのバランスがまさしくヴィオルーなイメージ
アセテートとチタンの組み合わせならではの質感

IMG_0557

オモチャの様な可愛さと
ドレスコードでも使えそうな品の良い雰囲気を持っています

近くでも遠くでも、どこから見てもヴィオルーのフレームと分からせる力があります。

IMG_0560

以上が今回AZに入荷してきた keizo-CB になります

IMG_0562

クラシックフレームっぽいイメージだけど
掛けてみるとクラシックになり過ぎない、少し個性的に使っていただける
そんなデザインになっています

【Vio Rou Hoseok 】

viorou の新作が入荷してきました。
今回の新作も、viorou らしい
クラシック?だけど何となく大人っぽい雰囲気
そんなメガネになっています
では早速【徹底解剖】していきたいと思います。

Hoseok col: MBR/MG Brown 2/Matte gold¥35,000-(税抜)

IMG_0485

“Hoseok”はVioRou Besicシリーズの新作

レンズデザインはオクタゴンシェイプ(八角形)

一般的なオクタゴンの様に角張らせずに
<ボストンシェイプ>の様な柔らかいイメージに仕上げています。

IMG_0488

カクカクしすぎないオクタゴンシェイプで

ラウンド=丸メガネの様な印象も感じる
上品さと面白さの両方の側面を持つデザインです

フレームカラーはマットブラウンカラーマットゴールド
組み合わせ的に渋いイメージに感じますが
意外と掛けてみると、あれ?渋いけど可愛い?と思えるカラーです。

IMG_0490
スッキリと上品で大人のクラシックメガネといった雰囲気です
ヴィオルーの特徴であるブリッジ部分の形状も
フレームデザインを引き締めてくれるポイントになってくれます

IMG_0492
フロントとテンプルを繋ぐヨロイ部分には

<槌目模様>が施されています

言われないと中々気が付かない所ではありますが
この鎚目加工が意外とポイントになってくれます。
鎚目の具合?もそこまで強すぎないので

サラッとしているけど、ポイントとしては出てくれる
絶妙なバランスの鎚目模様になっています

IMG_0495

裏側にも鎚目が施されています
この鎚目はブリッジからテンプルを繋ぐ
智元だけに施してあります。テンプル全体を鎚目にする訳ではなく
あくまでポイントとして鎚目を使っているのが良いです

IMG_0498

テンプルもチタン製です。

カチッとした心地の良い掛け具合で
丁度いい硬さがあるので、フワフワしすぎないかけ心地になります

IMG_0500

鼻パッドも、勿論チタン製です

チタンパッドは汚れにくく、変色もしません
医療機器にも使用される素材なので、肌にも優しい素材でもあります

IMG_0501

丸メガネの様でそうでない
ボストンシェイプっぽいけどボストンでもない
ヴィオルーらしいオクタゴンメガネです

Hoseok col: GG/SV Green gold/Silver ¥35,000-(税抜)

IMG_0507

こちらは、光沢のある深みのあるグリーンカラー
普通に掛けている状態だと、ブラックかブラウン?と感じますが
明るい場所や光を当てると、グリーンと分かるカラーになります

IMG_0509アンティークなイメージも感じつつ
モダンな印象もあるフレームカラーです

IMG_0511

光沢のあるカラーなので、クールなイメージが強くなります。
アンティークなイメージとクールなイメージを備えていますので
個性的だけど、仕事でも行けちゃうカラーだと思います。

IMG_0514

このカラーの鎚目は、少し無骨な感じ
可愛いというよりもカッコいい感じの使い方が似合いそうです。

IMG_0515

ヘアライン加工仕上げのシルバーテンプル

フロントにツヤのあるカラーなので
テンプルはヘアライン仕上げで少しマットな印象にしています。

IMG_0517

ヴィオルーはあまり性別にこだわらないブランドですが
この Hoseok は少し男性的な印象が強いデザインだと感じます。

<マニッシュでかっこよく上品に使えるデザイン>

そんなフレームです。カッコいい印象が強いですが
ちゃんと可愛さもある、男性も女性もどちらも使っていただきやすい
そんなデザインに仕上がっています。

IMG_0521

かっこ良さもあり、可愛さもあり
ヴィオルーなイメージもしっかりあるデザインになっています
是非実物を手に取っていただいて掛けていただきたいです

新作は、もう一型入荷しています
そちらは次回、【徹底解剖】していきたいと思います。

【18周年祭開催中】トランクショーでしか見られない!VioRou編 part,2

今回もトランクショーでしか見ることの出来ない

e0c0ec59dfeb98c5a052d7919526030a

をご紹介していきたいと思います。

VioRou kenji col: 1453/711 Clear blue/Demi blue

IMG_7781

ヴィオルーの中でもかなりPOPな

<オモチャの様なメガネ>

まるでレゴブロックを彷彿させるフレームです。

IMG_7782

フロントは、3枚の生地を貼り合わせて作られています。
真ん中の生地は、あえて上にせり出ている仕様になっています。

IMG_7786

こちらのフレームは、ブロックを組み合わせたような製法で作られています。
この製法はデザイナーであり代表である小野寺氏が
KAMURO在籍時に製作した

【TOYシリーズ Yuki Toshiki】

IMG_3685

で使われた

バラバラのアセテート生地を組み合わせて作る製法

を使って作られたフレームです

b0170134_163844801-263x300

業界でも珍しい、面白い製法で作られています

テンプルの丁番部分は

IMG_7791

某有名フランスブランドでも使われている
バネ丁番を使っています。
しっかりバネが効くと・・・

IMG_7790

こんな感じです。某アランミクリでも使われる理由が分かるバネ性です

自分のブランドでバネ丁番を使うなら、このバネ丁番だ!
と小野寺氏が思い採用したらしいです。

 IMG_7792パッドも高めのパッドがついています。
カラーはブリッジのカラーと揃えています。

VioRou kenji col: 1458/1291 Green/Chocolate

IMG_7795

POPな色遣いもあります。
グリーンカラーとチョコレートカラーを組み合わせた
ちょっと?いや、かなり個性的に色が出てくれるカラーです。

IMG_7797

抜け感がキレイな生地です。

IMG_7799

こちらも鼻パッドはブリッジと同じ生地で仕上げてあります。
全体的に可愛いカラー感

VioRou kenji col: 1452/2411 Clear pink/Purple

IMG_7800

こちらは落ち着いた印象のクリアピンクカラー
ピンクですが、きつい印象はなく柔らかいピンクなので
実際に掛けてみると結構馴染んでくれるカラーになっています。

IMG_7801

馴染みはいいですが、馴染みすぎるわけではありませんので
地味だとか、普通っぽいだとかそういった印象にはならないです。

IMG_7802

ゆる~く可愛い印象のメガネを探していらっしゃる方には
まさにぴったりなイメージのメガネではないでしょうか

VioRou kenji col: 1460/716 Black/Demi pink

IMG_7805

濃いめでカッコいい感じのカラーリングもあります。
しっかりフレームのラインが出てくれるので
男性でも女性でもカッコいいイメージで使えると思います。

IMG_7807

普通になりすぎては面白くないので
ピンク系の生地でメリハリをだしています。

IMG_7809

テンプルに掛けてのラインはこんなイメージです。

AZには初上陸のkenji

中々個性的ですが、一度トライしてみてはいかがでしょうか?