カテゴリー別アーカイブ: VioRou

【18周年祭開催中】トランクショーでしか見られない!VioRou編 part,2

今回もトランクショーでしか見ることの出来ない

e0c0ec59dfeb98c5a052d7919526030a

をご紹介していきたいと思います。

VioRou kenji col: 1453/711 Clear blue/Demi blue

IMG_7781

ヴィオルーの中でもかなりPOPな

<オモチャの様なメガネ>

まるでレゴブロックを彷彿させるフレームです。

IMG_7782

フロントは、3枚の生地を貼り合わせて作られています。
真ん中の生地は、あえて上にせり出ている仕様になっています。

IMG_7786

こちらのフレームは、ブロックを組み合わせたような製法で作られています。
この製法はデザイナーであり代表である小野寺氏が
KAMURO在籍時に製作した

【TOYシリーズ Yuki Toshiki】

IMG_3685

で使われた

バラバラのアセテート生地を組み合わせて作る製法

を使って作られたフレームです

b0170134_163844801-263x300

業界でも珍しい、面白い製法で作られています

テンプルの丁番部分は

IMG_7791

某有名フランスブランドでも使われている
バネ丁番を使っています。
しっかりバネが効くと・・・

IMG_7790

こんな感じです。某アランミクリでも使われる理由が分かるバネ性です

自分のブランドでバネ丁番を使うなら、このバネ丁番だ!
と小野寺氏が思い採用したらしいです。

 IMG_7792パッドも高めのパッドがついています。
カラーはブリッジのカラーと揃えています。

VioRou kenji col: 1458/1291 Green/Chocolate

IMG_7795

POPな色遣いもあります。
グリーンカラーとチョコレートカラーを組み合わせた
ちょっと?いや、かなり個性的に色が出てくれるカラーです。

IMG_7797

抜け感がキレイな生地です。

IMG_7799

こちらも鼻パッドはブリッジと同じ生地で仕上げてあります。
全体的に可愛いカラー感

VioRou kenji col: 1452/2411 Clear pink/Purple

IMG_7800

こちらは落ち着いた印象のクリアピンクカラー
ピンクですが、きつい印象はなく柔らかいピンクなので
実際に掛けてみると結構馴染んでくれるカラーになっています。

IMG_7801

馴染みはいいですが、馴染みすぎるわけではありませんので
地味だとか、普通っぽいだとかそういった印象にはならないです。

IMG_7802

ゆる~く可愛い印象のメガネを探していらっしゃる方には
まさにぴったりなイメージのメガネではないでしょうか

VioRou kenji col: 1460/716 Black/Demi pink

IMG_7805

濃いめでカッコいい感じのカラーリングもあります。
しっかりフレームのラインが出てくれるので
男性でも女性でもカッコいいイメージで使えると思います。

IMG_7807

普通になりすぎては面白くないので
ピンク系の生地でメリハリをだしています。

IMG_7809

テンプルに掛けてのラインはこんなイメージです。

AZには初上陸のkenji

中々個性的ですが、一度トライしてみてはいかがでしょうか?

【18周年祭開催中】トランクショーでしか見られない!VioRou編 part,1

絶賛開催中の

【周年祭】

メインイベントのトランクショー第一弾では前回ブログでも触れたとおり

<VioRou & theo>

のトランクショーを行っています。
AZ未入荷のカラーやモデルが見ることが出来るチャンスになっています
今回は、今回のトランクショーで
AZに初登場のフレームをピックアップします!

 e0c0ec59dfeb98c5a052d7919526030a

をご紹介していきたいと思います。

VioRou sakura-CB col: 0036 Pale gray/Gold

IMG_7767

フロントは、細いチタンを三つ編みにしてプレスしたデザイン
リムの内側に

“セルわっぱ”

をはめ込んでいます
今年の春展で発表されたデザインですが、AZには未入荷だったモデルです。

同時にリリースされた sakura は入荷していましたが
入荷すると同時にお嫁に行ってしまいました。
その sakura にセルわっぱを組み合わせた一本
IMG_7768

セル部分は薄く仕上げられていますので、内側の三つ編み部分が透けて見えます。
さり気ない透け具合が<VioRou>らしさとも言えます。

IMG_7769

裏から見るとこんな感じでございます
三つ編みになっているチタンのさりげなさがいいです。
カラー違いでは

VioRou sakura-CB col: 189 Pale pink/Rose gold

IMG_7772

落ち着いたローズゴールドや

IMG_7773

VioRou sakura-CB col: 2489 Olive/Antique gold

IMG_7774

渋めなカラーのアンティークゴールド

IMG_7776

VioRou sakura-CB col: 840 Pale brown/Matte sepiaIMG_7777

アンティークゴールド感はありますが、少し渋めなマットセピアも

IMG_7778

ピックアップしたカラーはこんな感じです。
一見似たようなカラーですが、並べてみるとイメージが違うのが分かります。

IMG_7780

こういった淡い感じのカラーは、掛け比べて印象の違いを感じて欲しいです。
まだまだフレームがありますので、いくつかのパートに分けて
ブログ更新していきたいと思います

【VioRou ヴィオルー】sakura

新作のヴィオルーが入荷してきました。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

sakura col: AG Antique gold ¥38,000-(税抜)

IMG_7255

“sakura”

と呼ばれる新作
ヴィオルーではすっかりお馴染みになった

“三つ編みチタン”

を使ったフロントデザインです。
細いチタンを三つ編みにして、デザイン性と柔らかさを両立させています

IMG_7257

レンズデザインは性別関係なく使っていただける
ウェリントン風なデザインです。

IMG_7259

三つ編みのリム部分は細いですが
質感や風合いが独特で、意外と目立ってくれます。
よく見ないと気が付かないけど、実はこだわっている部分もあります

IMG_7261

三つ編みの部分とヨロイという部分を繋ぐ接合部分

この部分だけツヤの加工をしています。
よく気を付けて見ないとわかりませんが
このツヤがフレームにメリハリを与えてくれます。

IMG_7265

《チタンパッド》を使っています。
高級感はさることながら、抗菌作用にも優れるパッドです。
ヒンヤリして気持ちいいです。

sakura col: 000/PT Black/Platinum ¥38,000-(税抜)

IMG_7267

リムカラーがブラックのバージョンも入荷しています。
先ほどのアンティークカラーと比べて
リムのカラーとブリッジ・テンプルのカラーを変えています。

IMG_7270

ブリッジ形状もヴィオルーらしい
ツンと出ている可愛さがあるブリッジです。
IMG_7273テンプルは、丸いチタンの芯を使っています。
シンプルながら、高級感あふれるテンプルです。

凄く柔らかいという訳ではないですが、軽くちょうどいい硬さなので
掛具合はとてもいいです。

IMG_7275

ヴィオルーのシリーズはいくつかシリーズがあるのですがこのsakuraは

“S”tandard series

に属します。
ヴィオルーの中でもスタンダートなデザインがこのSシリーズになります。

IMG_7272

ヴィオルーの中ではスタンダートなデザインですが
メガネ単体として見ると、そこまで落ち着き過ぎている訳でもありません。
攻めすぎているわけでもなく、普通過ぎるわけでもない
それがヴィオルーの良さでもあります。

IMG_7285

ヴィオルー専用ケース
中々目を引く、黄色と茶色のツートンカラー仕様です。
ケースだけでもインパクトがあります。

IMG_7291

フレームと並べてみました

ちなみに今回のsakuraは、以前出ていたモデル

“takashi”

IMG_7292

とデザインが近いです。
似た部分もあり、違う部分もありそれぞれが良いデザインです。

IMG_7297

sakuraの方がレンズサイズが大きく
takashiの方は少し小ぶりです。
サイズ感をゆったり使いたい方はsakuraをおススメします。

IMG_7301

レンズサイズはsakuraの方が大きいですが、
ヨロイ部分の長さはtakashiの方が長いです。
一見すると分かりにくい部分ですが、この少しの違いでも顔に乗せると
表情の違い、デザインの違いが出てきてくれます。

以上が今回入荷してきたsakuraです。
新作のヴィオルーは、まだこれから入荷してきます
そちらは入荷次第、SNS含めアップしていきますのでお楽しみに!

【VioRou Nao】少し不思議?なラウンドフレーム

新年一発目の【徹底解剖】ブログは、去年のVioRouに
掲載するのをすっかり忘れたVioRouの

<Nao ナオ>

Nao ナオ col: 2006 Turquoise and brown/Rose gold

IMG_5809

キレイな生地を使った、ラウンドのメガネです。
一見すると普通のラウンドですが、実はちょっとした
デザインの秘密が隠されています。
その辺りを含めて【徹底解剖】してきたいと思います。

IMG_5810

金属リム、にアセテートを挟み込んだ
個性が強めな一本です。
業界的に

【セルわっぱ】

などとも呼ばれるデザインです。

IMG_5811

アセテート生地に溝を掘ってあり、その隙間にリムを埋め込んでいます。
この何とも言えないボリュームの出方が、
可愛さとクールさを両立してくれます。

IMG_5812

フロントにかぶせてある、アセテートを正面から見ると

<少しはみ出しています>

言われて気が付く、小さなデザイン部分ですが

《目元をリフトアップさせる効果があります》

ちょっとだけボリュームを感じる仕様になっています。

IMG_5813

裏側から見るとこんな感じになっています。

IMG_5814

テンプルは

<オールチタンになっています>

フロントの可愛らしさと、オールチタンテンプルのクールな感じが
お互いを引き立ててくれます。
程よい硬さと軽さで、掛具合はとても良いです。

col: 2009 Red and brown/Antique silver

IMG_5907

カラー違いも入荷しています。
先ほどの少し可愛らしいカラーと比べると
落ち着きのある使い方ができそうです。

IMG_5897

こちらは、レッドブラウンのクリア生地を使っています
はみ出している感じも、先ほどのカラーよりも
ちょっとだけ分かりやすいような気がします。

IMG_5898

全体的に落ち着きのある
大人なカラーリングに仕上がっています

IMG_5902

チタン部分は「アンティークシルバー」
アンティークゴールドと比べて、少しクールな印象をだせるカラーです。
レトロ、クラシックというイメージになり過ぎないのがいいです。

IMG_5909

ギラギラしすぎず、かといって落ち着きすぎない

<なんとも絶妙なカラーリングです>

IMG_5912

サイドから見るとこんな感じ。
サンドされた部分など、形状的に
レンズの厚みが目立ちにくいようになっています。

強度近視の方にもおススメ出来るフレームになります

丸メガネのクラシックさと、VioRouならではの
キレイな色彩のアセテート生地の融合を果たしたデザイン
楽しさや、個性的な部分を引き出せるアイテム
他の人にはない、自分らしさを出すのであれば
ぜひ、この「Nao」をおススメします。

【VioRou】「Giulli ジュリ」と「Reina レイナ」

viorouロゴ

VioRou(ヴィオルー)の新作が入荷してきています。
AZでもお馴染み、のブランド

ダウンロード

カムロで長年デザイナーを務めた

<小野寺慎吾氏>

が立ち上げたブランドです。
新作の【徹底解剖】を始める前に、ブランドの紹介をしていきたいと思います。

ブランド名の「VioRou」は

“VioRou”の語源は“Du violet au rouge”
フランス語で“紫から赤へ”

人が目にすることができる<可視光線>の“七色”の意味を持たせた造語です。

様々なアプローチから
デザインを提案していくアイウェアコレクション
それが“VioRou”です

そんなヴィオルーの新作は、クラシックでありつつ
個性的でもあり、シックでもある
ヴィオルーにしか表現出来ないデザインになっています。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います!

col: 412P/AO Gray/Antique orange brown

IMG_5771

VioRouの中でもスタンダートなシリーズを展開する

S(“S”tandard)シリーズ

の新作です。
デザイン的には、ボストンタイプとウェリントンタイプを合わせた

《ボスリントン》

と呼ばれるデザインに近くなっています。

IMG_5771

写真で説明するとこんな感じです。
それぞれのデザインの良い所を入れ込んだデザイン。

見すると難しそうなデザインっぽく見えますが
ボストンの柔らかいイメージと、ウェリントンの無骨なイメージが合わさって
思った以上に顔に馴染んでくれるフレームでもあります。

IMG_5774

フロントとテンプルの繋ぎも
<デザインと構造を両立させてあります>

IMG_5775

テンプルは、チタンを編み込んである

<三つ編みテンプル>

になっています。デザインは勿論ですが、バネ性も兼ね備えた
個性的なテンプルになっています。

チタンですが
縄の様な不思議な雰囲気のあるテンプル

IMG_5780

先セル=モダン と呼ばれるパーツも可愛く仕上げてあります。

col: 476P/PKG Brown/Pink gold

IMG_5792

ここからはカラー違いをご紹介していきます。
フロントは、ほんの少しピンク気味のブラウンカラー。
ぱっと見は普通のブラウンに見えますが、良く観察してみると
すこーしピンクっぽい?
と思える、絶妙なカラーになっています。

IMG_5797

ブリッジ&テンプル周りは

<ピンクゴールド>

フレームと同じく、落ち着いたピンクゴールドなので
使い勝手の良いカラーです。

 IMG_5799

肌馴染みはよく、少し明るめにしたい方におススメなカラーです。

col: 000/GS Black/Gold

IMG_5783

ブラックゴールド

のメリハリの効いた組み合わせのカラー
レイナのカラーの中で、しっかりフレームの形が前面に出てくる
カッコいいカラーになっています。

IMG_5790

カッコよく
セクシーな雰囲気を出すことが出来ます

IMG_5786

割とハードなカラーですが、好きな方には堪らない色合いです

col: 7526P/AP Light brown/Antique pink

IMG_5800

ライトブラウンという名の通り、明るめのブラウンです。
光の当たり方でカラーの出方は少し変わってきます。

IMG_5802
落ち着いたカラーでは面白くないけど、
奇抜すぎるカラーもちょっと・・・

そんな方にピッタリです。

IMG_5805

大人な感じのクールさと、少しポップなイメージを両方兼ね備えています。

今回、もう一色入荷していますが、そちらは
スタッフUが作りましたので、カラーと装用姿をご覧いただましょう

col: 2756P/AC Navy/Antique copper

IMG_5817

今回のreinaの中で、寒色系のクールなカラーリングです。
青ですが、濃いめの青なのでシチュエーションを気にせず
意外と、服などにも合わせやすいカラーになっています。

IMG_5821

青!というよりも藍色と言った方が近いかもしれません。

では早速こちらのカラーの持ち主
U氏に登場していただきましょう!

IMG_5822

顔に乗せると青がそこまできつくなく
キレイなフレームラインが出てくれます。

クラシックタイプのメガネ”初”
のU氏ですが、ばっちり掛けこなしています。

クラシックが似合わない・・・
そう思っている方も、一度試して頂きたい一本です。

オフショット

IMG_5824

あまり見せない貴重なショット

さてお次は

ヴィオルーでは初、オールチタンモデル

Giulli ジュリ

IMG_5826

ブランドの中の、フラッグシップモデルとしてリリースされた一本です。
ブランドの中でも、より特別感のあるモデルになっています。
フロントデザインの中に、ジュリの魅力が詰め込まれています。
順を追って【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはネーミング。

KAMURO時代の【TOYシリーズ】
を系譜にしたブランドであるVioRou

フレーム名が、人の名前にしてあるのが特徴でもありました。
今までは日本人の名前をベースに名付けられていましたが、
このジュリは国際的なネーミングになっています。

外車の好きなデザイナーは
イタリアメーカーであるアルファロメオの車

『ジュリア』

から名前を頂いたみたいです。

IMG_5827

さり気なく見えるデザインの中に

<2枚のシートチタンを組み合わせる>

というかなり高度な技術で使っています。
削り出しのチタンを
パズルのように隙間なく組み合わせています。

IMG_5833

裏側はこういった感じです。
技術力がなければ、かなり困難な製法で作ってあります。
組み合わせの部分のパーツの綺麗な仕上げは、実際に触ってほしいです。
かなり滑らかな仕上げになっています。

IMG_5834

テンプルは、オールチタン仕様。
テンプルエンド(先セル)も、今までの形状を模した形状になっています。
一体感が凄い、スッキリしたデザインのテンプル

IMG_5835

さり気ないけど、やっぱりこだわりたい部分。
そんな部分もしっかりデザインされています。

IMG_5828

フレームカラーは
一見シャーリング加工を施したような、マット風なカラーですが

IMG_5837

光を当ててみると、ツヤありになっています

この絶妙なカラーは実際に見ていただきたいです。
写真でうまく撮り切れませんので・・・

col: BL/AG Retro blue/Antique gold

IMG_5839

カラー違いの紹介です。

レトロブルーという、グレー系統のブルーのフロントカラー

ちょっと大人なカラーになっています。

IMG_5841

テンプルは、アンティークゴールドカラーを採用。
フロントのレトロブルーと相まって、ビジネスでもいけるのではないでしょうか。

IMG_5844

こちらのレトロブルーもツヤ感の使用になっています。
ツヤ感はありつつ、ちょっとマットっぽくも見える
何だか不思議なカラーです。

col: BR/PKG Shiny brown/Pink gold

IMG_5845

定番のブラウンカラーもあります。
柔らかい、可愛らしい感じで使えます。

IMG_5848

テンプル周りはピンクゴールドで
品の良い大人のイメージで使うことが出来ます。

IMG_5851

以上がviorouの新作、ジュリとレイナです。
サイズやデザイン的に、男性でも女性でもどちらでも使っていただける
デザインになっています!

さてそんなこんなで、今回のブログが今年ラストのブログになります。
一年間お世話になりました。
来年も新作の【徹底解剖】を進めていきたいと思います。

スナップ写真や
メガネのコーディネートは<AZギャラリー>をご覧くださいませ。
同じメガネでも視点を変えると見える部分が変わってくるはずです。

では、新年のブログでお会いしましょう!

『メガネの流行ってどんなの?』丸メガネ編

メガネ界の流行はまさに

【クラシックメガネブーム】

丸メガネを筆頭に、クラシック感のあるメガネが流行しています。
流行なクラシックメガネ。

今回はそんなクラシックメガネの中でも最も印象の強い

<丸メガネ>

【徹底解剖】していきたいと思います。
そんな流行のメガネの、一般的な印象は

丸メガネは面白メガネ

丸メガネは滝廉太郎っぽい

的な印象が強く

カッコいい、可愛いなどの印象ではなかった丸メガネ

流行っているけど、

掛けこなせるのか心配・・・難しそう

というイメージが少なからずあると思います。
そんな丸メガネも有名人が掛けてたり、実際に使っている人が増えてきたなどもあり
様々なデザインやカラーも出てきました。
そのおかげで、クラシック系を掛けても違和感のない風潮になってきました。

でも流行しているとはいっても、
実際に掛けるとすると、どんなものが似合うのかわからない。

と思われている方も多いと思います。
そこで今回は、

『似合う丸メガネの選び方』

を紹介していきたいと思います。

IMG_0546

似合うメガネの選び方の前に、少し丸メガネの事をお話させていただきます。
丸メガネは別の呼び方で

<ラウンドメガネ>

などとも呼ばれます。
丸メガネの歴史は古く、『メガネの原点』ともいわれています。
歴史も古く、有名人・著名人も掛けていることも多いです。
中でも、ジョンレノン氏は丸メガネのイメージが強いですね。

mig

昔のメガネは、現代のように枠にあわせてレンズを削るのではなく、
丸いレンズを削らずに、そのまま枠に入れるという方式でした

そういった理由から、フレーム枠は丸になったわけです。
昔のメガネは、丸しかない。というのは間違いではなく
正確には、丸か楕円しかフレームがなかったという事なのです。

時代を経てレンズの加工が可能になり、
メガネも様々なデザインが作られるようになりました。
しかし、丸メガネは絶えず人気で出続けています。

掛ける人のトレードマークになる様なメガネなので

人の印象に残りやすいというメガネでもあります。

そういった部分が丸メガネのユーザーの心を掴んで離さないのではないでしょうか

さと、ちょっとした豆知識なのですが、実は丸メガネのレンズは

【真円ではないのです】

en
それは何故かというと、

レンズを真円にしてしまうと
目の錯覚で縦長に見えてしまうそうです。

なので、現在出ている丸メガネは

微妙に楕円のレンズシェイプになっています
実物を見る機会がありましたら、
ぱっと見ではわからない程なので、よくよく観察してみてください。

IMG_0547

さて、掛けこなすのが難しいと思われがちな丸メガネ。

丸メガネはインパクトが強すぎる。

キャラクターが強くなり過ぎる。

そんな不安も、サイズ感さえ間違えなければ大丈夫!
抑えておきたいポイントは大きく二つ!

①サイズ感

②レンズに対しての目の位置

この2点を抑えていただければ大丈夫です。
この2点だけ抑えればいい!という訳ではないですが、
丸メガネ選びでは、ほぼ大丈夫です

丸メガネは小さいから、顔に合わせて大き目サイズを探してしまう。
そうなると、実はお顔に対してサイズ感が大きくなり過ぎてしまいます。

wakuwaku

『大きめサイズの丸メガネをかけたらどうなるのかのイメージ by わくわくさん』

丸メガネを、キャラクターの様に目立たせるという部分でいうと
これ以上ないくらい目立ってくれます。

ですが、

<丸メガネをスッキリかっこよく掛けるという点>

という意味では目立ちすぎてしまいます。

ですので、キレイ目に掛けていただく際には、

レンズの大きさは大きくしすぎず
イメージ的には
少し小さめかな?

と思うくらいのサイズで大丈夫です。

f0126561_1856010

『キレイ目サイズで丸メガネをかけたらどうなるのかのイメージ by中尾彬さん』

 キレイ目サイズの丸メガネは

【前述の似合うポイント②を抑えています】

目の位置がレンズの、おおよそ真ん中あたりにきています。

レンズに対しての目の位置
この辺りの詳しい説明は別のブログに載せてありますので

コチラ

をご覧いただけると嬉しいです。

丸メガネをキレイ目に使うには、メガネのサイズを顔の幅で選ぶのではなく

レンズに対しての目の位置

を重要視して探してみてください。

難しそうに思える丸メガネですが、基本を抑えるとしっかり似合います。
しかし、選び方を間違えてしまうと、
途端に、似合わないメガネになってしまいます。
基本を抑えて、似合う丸メガネデビューしちゃいましょう。

最後に、AZにある丸メガネをササっと写真で紹介して締めたいと思います。

影郎デザインワークス

IMG_0784

VioRou

IMG_0790

theo

IMG_0792

ic!berlin

IMG_0795

Y concept

IMG_0796

個性的な丸も、シンプルな丸も様々あります。
AZは皆様の丸メガネデビューをお手伝いします!

VioRou(ヴィオルー)『Noriko』

IMG_8539

☆ VioRou Noriko ¥45,000(税別)

こんにちは
VioRouから『Noriko』という素敵なモデルが入荷しました

フロントのブローが存在感のあるこのモデルは
ブロー部分のカラーがとってもキレイです

形はややフォックスの美しいライン
男性はもちろん女性にも是非おススメのすっきりしたモデル
大人カジュアルな雰囲気で素敵です

IMG_8541 IMG_8542

☆ Noriko 6331

レッドとブルーの組み合わせ

IMG_8547 IMG_8544

☆ Noriko 6330

ブルーとゴールドの組み合わせ
高級感が漂います

IMG_8545 IMG_8546

☆ Noriko 0252

存在感のあるデミカラー

どれも個性的があって素敵ですね
デニムなどのカジュアルなスタイルとも相性抜群
POPなのにとっても大人な印象の『Noriko』

こんなブローモデルに挑戦してみてはいかがでしょうか

VioRou ヴィオルー 『Yutaka』

IMG_8077

☆ VioRou Yutaka ¥45,000(税別)

こんにちは
POPなブロータイプモデルが入荷しております
クラシックなブローモデルとはまったく異なる
新たなスタイルのモデル

IMG_8082 IMG_8083

このブロー部分の柄はなんと『プリント』なんです

最近のプリント技術ってすごいですね~

IMG_8074

☆ Yutaka 1178

ピンクゴールドとブラウンの組み合わせが
POPな印象のなかにも落ち着きがあり大人な印象
知的な雰囲気も感じさせます

IMG_8073

☆ Yutaka  537

コチラはなかなかパンチのあるチェック柄です
POP感がありますね~
普通はイヤって方!是非お試し下さい
個性が際立ちます

パッと見はなかなか手に取りづらいモデルにみえますが
かけるとその魅力にはまります

ブローというとクラシカルな感じを思い浮かべますが
まったくそういう雰囲気とは違う楽しいモデルです

是非かけてお試しくださいませ

『VioRou』 ヴィオルー  Izumi イズミ

IMG_7098

☆ Viorou ヴィオルー Izumi イズミ

こんにちは
『Viorou』から大人POPなモデルが入荷しております
チタン枠にプラスチックをはめ込んだモデル『Izumi』

レンズの形はボストンのようでもチタンの縁取りが8角形?
の見たことがない不思議な形

POPな印象ですがどことなく大人な雰囲気の漂う
大人カジュアルモデルです

プラスチックのリムはバイカラーで
上下で色が異なりキレイな配色となっております

IMG_7102

☆ Izumi 4045 ブラウン・ピンクゴールド

上品なピンクゴールド
ゴールドって聞くとピカピカの強い印象ですが
ピンクゴールドはとっても柔らかな印象でしかも高級感もあって
女性に是非おススメなカラー

IMG_7105

☆ Izumi 4049 ターコイズ・アンティークコパー

落ち着いたターコイズとブラウンのコンビ
なんという配色!
シックでカジュアルで・・でも何気なくオシャレ・・

IMG_7107どちらも派手すぎないリムカラーに
鼻パッドはチタンという
高級感漂う大人のカジュアルに仕上がっております

大人POPな『VioRou』
是非店頭にてお試しくださいませ

『Viorou』ヴィオルーのあの人がご来店♪

こんにちは
先日東京で開催された秋の展示会
AZもタイトなスケジュールの中たくさんのブースをまわりました

残念なことにスケジュールの都合上いけない所もあったんですが
本日『Viorou』ヴィオルーの小野寺氏が
わざわざAZに来てくださいました

IMG_6928

もちろん小野寺氏が手掛ける『Viorou』ヴィオルーのモデルも一緒です

今回のコレクションは『Eye wearing』がデザインコンセプト
メガネを『着る』ことをアピールするために『wear』としての要素を表現したそうです
布のような柔らかさや軽快さ、グラフィックのプリント、洗いたての爽やかさ・・
アイウェアを『着る』ことを提案しているのです
(Viorouのホームページより抜粋)

大人の遊び心がいっぱいのモデルたちを早速見せていただきました

IMG_6925

プラスチックの波波が個性的な『Maiko』

IMG_6921

これ!メタルとプラスチックのコンビのように見えるんですが
なんとメタルとメタルを組み合わせているんです

IMG_6922

コチラはまさにメタルとプラスチックのコンビネーションモデル
グラデーションのプラスチック生地がキレイ

IMG_6923

このモデル
ブロー部分が『くしゃっ』となったような特徴的な柄なんですが
なんとプリントなんですよ
最近のプリント技術ってすごいですね
アルミホイルをクシャっとしたあの感じを表現されたそう

IMG_6927

春の新作『Noriko』
かわいい

IMG_6929

ミスター『TOY』

他にもまだまだありましたが
小野寺さんとのつもるお話で写真がなくって
お許しくださいませ
入荷を楽しみにお待ちください

小野寺さん!ご来店ありがとうございました