カテゴリー別アーカイブ: ic!berlin

【SUNGLASS JAM】7/31(土)までの開催です

現在開催中のAZ20周年祭

MEGANE JAM

にて開催中のサングラスイベント

SUNGLASS JAM

sunglassjam-0701

約3週間に渡り開催されました
SUNGLASS JAM

いよいよ明日7/31(土)でイベント最終日です!

IMG_5642

これだけの数のサングラスを見る事が出来るのは

一年の中でもイベント期間中だけです!

IMG_5636

今回のイベントで初登場したブラント

723_tesio

テシオや

IMG_5627

今回最も多い本数で、デザインも豊富な

【ic!berlin】

IMG_5639

ジャパニーズトラッドスタイルを提案する
普段AZには置いていないブランド

【BOSTONCLUB】

IMG_6045

 ファッションのスパイスとして
持つだけで心地よくなる、着替える、楽しむ、をコンセプトとした

【BCPC】

など様々なブランドを見て頂けます
最終日も【SUNGLASS JAM】を盛り上げていきます!

【SUNGLASS JAM】<ic!berlin>part,2

現在開催中のAZ20周年祭

MEGANE JAM

にて開催中のサングラスイベント

SUNGLASS JAM

sunglassjam-0701

約一か月間に渡って開催しました
SUNGLASS JAM
は今週の土曜日までとなっております

最後になってしまいましたが
今回は

ic!berlin

をピックアップしていきます
かなりの数がありますので、普段AZに入らない
珍しいic!berlinをピックアップしてみました

Warm Braw  Col,Chrome

IMG_6284

柔らかい雰囲気で掛けて頂ける
ウェリントンデザイン

IMG_6289

丸みを帯びたデザインは
サングラスで出てしまいがちな
<怖くなってしまう・きつく見えてしまう>
という側面を

ソフトな印象にしてくれます

IMG_6294

ちなみにこちらのic!berlin

普通のic!berlinとは
<少し違った造り>
になっています

どこが違うかお分かりでしょうか?
ヒントはヒンジ部分です

IMG_6297

こちらのフレームはic!berlinの中でも
スリムなシリーズで

【silk collection】

と呼ばれる、ic!berlinのコレクションの中で
最も細いフレームになっています

次世代のスクリューレスヒンジによって作られる
より上品で繊細なコレクション

として生まれたコレクションですIMG_6301

<テンプルの幅はわずか3mm>

北欧デザインにインスパイアされた
無駄の無い洗練されたミニマルなデザインが特徴です
クラシックコレクションの<0.5mm>よりも厚い

<0.6mm>のステンレスシートメタル
を採用しています

その事で細いフレームながら
コシのあるしっかりとした掛け心地を実現しています

IMG_6309

シルクコレクションと
<8mmのヒンジ>を比べてみました

こうして比べてみると、明らかにシルクのヒンジが
細いという事が分かります

IMG_6299

<工具を一切使わずに外す事の出来るテンプル>

という点はシルクコレクションでも同じです
スリムでスッキリしたフォルムは
どんな状況でも使って頂きやすいです

IMG_6304日常使いは勿論ですが、
ちょっとしたスポーツでも使って頂ける
汎用性の高いサングラスです

Reese col,Lemon Tree

IMG_6310

先ほどのシルクコレクションのスリムさとは
打って変わって

かなりスポーティなデザインの
<Reese>

ic!berlinとしては珍しい
スポーツ感の強いサングラスになっています

IMG_6312

先ほどまでのサングラスは、フラットなタイプでしたが

Reeseは
8カーブ仕様になっています

顔をしっかり覆いかぶさる程のカーブで
側方視野の広さはかなりのものです

しっかり視野を確保できますのでスポーツでも
ic!berlinを使いたい!
という方にオススメ出来るサングラスです

IMG_6315

安定感のある<10mmのテンプル>は
程良い弾力性とホールド感がありますので
しっかりした掛け心地になります

IMG_6316

チラッと見えていましたが内側のカラーは
レモンイエロー系の明るいカラーになっています

カラーリングもスポーティな軽やかなサングラスです

IMG_6317

カーブしているのに加え
テンプルも薄いので

自転車やバイクなどヘルメットを被る状況でも
邪魔にならず使える強みもあります

スポーティなic!berlinという

Bloc Pool grey/Pearl

IMG_6319

ラバーを纏わせたデザイン

シートメタルのイメージの強いic!berlinですが
こういったちょっと変わった素材もリリースしています

鮮やかなブルーカラーが特徴の
ラバー素材にブルーミラーコートのレンズ
カラーの一体感がカッコいいサングラス

IMG_6321ラバー素材は
耐熱性に優れている、ポリウレタン系熱可塑性エラストマーで
ゴムアレルギーの方も着用可能な素材になっています

IMG_6323

ラバー自体にもしっかり柔軟性があり
シートメタルのしなやかさを損なわない掛け心地です

ラバー部分は貼り付けではなく

インジェクションによる
シートメタルとの一体成型

ラバーが剥がれるリスクが少なく
ご使用頂く事が出来ます
IMG_6325

Reeseとは違った部分で
スポーティな雰囲気を持ったサングラスです

IMG_6327

サイドから見てみると
こんな感じで仕上げられています

IMG_6328

内側のラバーはカラーを変えています
カラーを変える事で、奥行きが出てくれます

IMG_6333

レジャー感の強い、いい意味で
チャラさを感じる一本です

ic!berlin=シートメタル
というイメージが強いですが
最近では、様々な素材を使ってメガネ・サングラスを作っています
新しい技術や素材を使いながら
ブランドのアイデンティティともいえる

特許を取得した
ネジを使用しないスクリューレスヒンジシステム

を変えることなく、シンプルで工具が必要ない
壊れにくいメガネをリリースし続けています

今回ご紹介した

【silk collection】

など、新しいヒンジシステムも登場したり
25周年を迎えても尚、進化を続けるブランドです

IMG_6213

<SUNGLASS JAM>は今月末までの開催なので
まだ間に合いますよ!

【SUNGLASS JAM】<ic!berlin>part,1

現在開催中のAZ20周年祭

MEGANE JAM

にて開催中のサングラスイベント

SUNGLASS JAM

sunglassjam-0701

約一か月間に渡って開催しました
SUNGLASS JAM
は今週の土曜日までとなっております

最後になってしまいましたが
今回は

ic!berlin

をピックアップしていきます
かなりの数がありますので、普段AZに入らない

<珍しいic!berlin>
をピックアップしてみました

 ic!berlin angelina t. col,gunmetal

IMG_6222

ビッグサイズのスクウェアサングラス

ここまで大きいレンズは、最近ではかなり珍しいです
エレガントな雰囲気漂うゴージャスなサングラス

IMG_6223

ただレンズサイズを大きくしているだけではありません

ブリッジ幅を狭くしてサイズ感を調整したり
顔に掛けた時のバランスを加味して
ヒンジ部分を少し下部分につけたり

計算されつくした
ビッグサイズサングラスです

IMG_6226

ビッグサイズシェイプは
眉毛までも覆う事が出来
しっかりお顔をカバーできるサングラスです

フェミニンな雰囲気ですが
性別関係なくオシャレ感を出して使って頂けます

IMG_6228

ic!berlinの中でも変わったテンプルになっています

緩やかにカーブを描くテンプルは
ゴージャスな雰囲気のサングラスに
POPで可愛いテイストを組み込んでくれます

IMG_6234

パッドは
調整の出来るタイプになっています

IMG_6236

普段使いサングラスとしてもですが
レジャーやバカンスで真価を発揮しそうなデザインです

Tegeler See col,Matt Gold

IMG_6240

ブロー部分が個性的な
縦幅の広いウェリントン系のデザイン

上部のブロー部分のリムが太く
下部のリム部分は細く、フレームが無い様に見えます
ナイロールフレームの様なスッキリした見た目です

IMG_6244

Tegeler Seeのレンズは
<一風変わった加工>がしてあります

良く見て頂くと、

レンズ上部がマットな質感になっています
光の当たり方で、表情が変わる
ちょっと変わったレンズです

IMG_6253

<ハイブリッジのブロータイプ>

普段掛けしやすいスッキリしたデザインですが
オシャレ感がアップするアイテムです

IMG_6255

ic!berlinらしい
スリムでシンプルなテンプルです
テンプルエンドは掛け心地の良いテンプルチップを採用

IMG_6263

普段掛けしやすいデザインですが
個性を出す部分はしっかり出している
さり気なくオシャレ感を出せる一本です

先ほどのangelina t.と、どの位大きさが違うか
比較してみました

IMG_6265

これだけ大きさが違います
いかにangelina t.のサイズ感がゆったりしているのか分かります
参考にしてみて下さいませ

Herzberge col,Chrome Grid

IMG_6267

真っすぐのブローラインがクールなサングラス

目を惹くのは<斜め格子状>の表面デザイン

シートメタルそのままの状態の多いic!berlinでは珍しく
表面処理を行っています

IMG_6272

幾何学的な斜め格子柄
とても新鮮に見えます

IMG_6275

斜め格子状のデザインになる事で
光が当たった時のフレームが様々な表情になってくれます

IMG_6277フロントだけではなく
テンプルも格子状デザインになっています

IMG_6279裏側は、格子状ではなく
まっさらなデザインです

掛けてしまえば見えない部分ではありますが

表と裏で質感が違う
さり気ない拘りがいいですね

IMG_6281

格子状のデザインと真っすぐのブローラインが
特徴的なサングラス

ギラっとしたカッコよさがありますので
ちょい悪な雰囲気を出したい方にはオススメ出来るカラー&デザインです

 part,1は以上になります
メガネとはまた違った雰囲気のi!berlinのサングラス
他の人と違ったサングラスを探している方は
是非ic!berlinのサングラスをご検討下さいませ

<AZ20周年祭>明日7/10(土)~スタート!

HPバナーや各SNSで告知させて頂いていますが
明日7/10(土)から

AZ20周年祭
“MEGANE JAM”

 

20jam

が始まります

様々なイベントを用意し、皆様をお迎えさせて頂きます
イベントの詳しい情報は、イベント情報をまとめた
ブログを後日アップさせて頂きます
今回のブログは、明日から始まる

“MEGANE JAM”

仕様になったAZ店内をチラッとお見せしたいと思います

 7/10(土)から始まるイベントは
サングラスに特化したイベント

SUNGLASS JAM
サングラスジャム

sunglassjam-0701

様々なブランドのサングラスを集めた
サングラス特化したトランクショーです

ic!berlin・BCPC・BOSTON CLUB

各ブランドからサングラスをお借りしています

そして今回、
<谷口眼鏡>が手掛けるサングラス専門ブランド

723_tesio

テシオ

が新規参戦します

IMG_5643

一つのテーブルがマルっと
サングラスコーナーになっております

IMG_5629

ic!berlinのサングラスは
かなりの数見て頂けます

IMG_5637

新ブランドの tesio も
全ての型を見て頂く事が出来ます

tesioのブランド紹介は、後日アップさせて頂く予定です

IMG_5638

ボストンクラブとBCPCのサングラスも揃っています

梅雨が明ければ夏本番
サングラスを欲する時期に突入します

そのままご購入する事も出来ますし
度付き対応も可能です
是非お気軽にお問い合わせくださいませ

【ic!berlin】『RUN THE CITY ASIA』

1996年にドイツのベルリンで誕生した

【ic!berlin】

医療工業用の0.5mmシートメタルを使用したメガネを
世界で初めて発明したブランドです

ステンレスの丈夫さと柔軟さ
約10gというフレームの軽さ
ブランドロゴにもなっている独創的な蝶番

などで注目を浴び、世界中にファンを抱えています

100% handmade in berlinというこだわりの品質
無駄のない機能的なデザイン
最高の掛け心地

で世界中にファンを抱えるブランドです

ビジネスで映えるシャープなモデルも多いですが
最近のクラシックブームに合わせて
ラウンドやボストンなどのモデルもリリースされています

今回はクラシックなic!berlinと
ic!berlinのメガネの構造を【徹底解剖】していきたいと思います

Seonjin col,rosegold

IMG_3328

アジア向けに作られたアイウェアコレクション

『RUN THE CITY ASIA』

の一つとしてリリースされたモデルです
サイズ感も丁度よく、大きすぎず小さすぎず
日本人の顔に合わせやすいです

IMG_3340

シンプルな雰囲気とレトロさのバランスがカッコいい
掛けやすいボストン型の「Seonjin」
クセのないボストンタイプなので

「ラウンドやボストンを使ってみたいけど、中々一歩が踏み出せない」

という方にオススメ出来るモデルです

今回はこちらのモデル「Seonjin」を使って
ic!berlinのメガネの造り・構造について掘り下げていきたいと思います

冒頭でも書きました通りic!berlinのメガネは
医療工業用の0.5mmシートメタルを使用しています

0.5mmの薄く軽い、柔軟性のある素材なので
掛け心地の柔らかさと軽さは抜群です

そして最大の特徴が

≪ネジを使わない蝶番≫

IMG_3354

そのヒンジは

≪スクリューレスヒンジ≫

とも呼ばれる蝶番は
ic!berlinの全ての製品に共通して使われています

IMG_3355
ネジを使わないのでネジゆるみが無いです
強い衝撃が加わるとテンプルが外れてくれる仕様になっています
この

“外れてくれる”

というのがポイントで、テンプルが外れる事で
蝶番が破損せず、ご使用いただけます

ic!berlinのフレームは
工具などを一切使わず全てのパーツを
手で分解・組み立てる事が出来ます

慣れているic!berlinユーザーだと
外れたテンプルをご自身ではめて頂く方もいらっしゃいます


IMG_3356

最新のic!berlin には金属の足のある
S字型のパッドアームにシリコンノーズパッドを組み合わせた

「custom fit カスタムフィット」

を採用しています
差し込み式のタイプでは出来なかった
細かい調整が可能になりました

IMG_3358

柔らかく、肌当たりも気持ちのいいパッドです

痛んできたら交換する事も出来ますので
衛生的にも安心です

IMG_3360

<エラストマー樹脂>

という素材で出来ているテンプルチップ

シリコンなどと比べると
アレルギーなどが起きにく、体に優しい素材です
テンプルチップも交換する事が可能です

IMG_3379

チップをしっかり持ち、引っ張ることで
工具を使うことなく、外す事が出来ます
スルッと抜ける事はなく、通常使用でチップが抜ける事は殆どありません

テンプルが曲げやすい形状になっていますので
キチンとフィッティングする事が出来ます

ic!berlinのメガネはネジを使わないメガネです
レンズ留めもネジを使わず、工具を用いずに解体できます

IMG_3366

レンズを留める部分はチップを使っています
こちらがチップがハマった状態

IMG_3368

こちらがチップを外した状態です
チップをはめる事で、レンズを留める効果と
フロントとテンプルを繋ぐ箇所にもなるとても重要なパーツです

IMG_3342

全て手で分解してみました

IMG_3381

フレームやテンプル
工具を一切使わずここまで分解できます
ほぼ全て交換できるパーツなので
長く使って頂く事が出来ます

シンプルな構造だからこそ壊れにくく
シンプルなデザインなので使いやすいです

『RUN THE CITY ASIA』からもう一本ご紹介します

Junhee J col,Black

IMG_3386

「Junhee J.」はオーバルデザイン

ic! berlinのデザインチームが
日本でのメガネデザインのニーズをリサーチし
<日本人ユーザーのために>デザインしています

オーバルのデザインは優しい印象で
柔らかいイメージで使えます
オーバルはどちらかと言えば、女性向けのデザインが多い様に思いますが

「Junhee J.」は男性もシンプルにカッコよく使って頂ける
そんなオーバルに仕上がっています

IMG_3387

少し小さめのサイズ感
シンプルを突き詰めたクセのない一本です

かなりスリムなフレームなので
掛け心地も軽く、印象も軽く使って頂けます

IMG_3391

クラシックブームだったり
個性的なメガネを使う方が増えてきた今だからこそ
逆に他の方とは違った雰囲気で掛けて頂けそうです

デザインを極めてシンプルに
最小限で最大のパフォーマンスを得られるように
丁寧作られたミニマリズムを感じます

IMG_3397

<シンプルイズベスト>

という言葉をそのままメガネにした様なメガネです

このシンプルなフレームにカラーレンズを入れて
サングラス仕様にするのもクールだと思います
他の方が羨むような、シンプルなサングラスとして使って頂けます

さて、ic!berlinといえば

ネジ式のケース

が今までのケースでした

ネジを使わないフレームなので、ケースはネジ式
というセンスのあるチョイスのケースでした

IMG_3400

そんなケースが順次新しいケースに切り替わっていきます

IMG_3413

こちらが新しいケースです
今までのネジ式ケースが無くなっていくのは
何とも寂しい気もしますが

新しいケースも高級感があってカッコいいです!

IMG_3418ケースの中にはic!berlinのロゴが押してある
メガネ拭きと巾着も入っています

IMG_3420

全てのケースが新しいケースになっている訳ではなく
フレームによっては以前のネジ式ケースの場合もあります
モデルによって変わりますので
気になる方はお問い合わせくださいませ

以上、ic!berlin 『RUN THE CITY ASIA』でした

【ブランドロゴ】特集

ブランドを象徴するもの

【ブランドロゴ】

今回はメガネではなく、ロゴについて特集します
ブランドの世界観を表す大切な部分です
ブランドによって

デモレンズに刻印されていたり

テンプルに刻印されていたり

様々です

ほとんどの場合、テンプルに刻印されている事が多いです。
そんなブランドロゴ
ここ数年で幾つかのブランドのロゴが新しくなりました

今回はそんな<新ロゴ>になった ブランドの

<旧ロゴ><新ロゴ>

を比べながらご紹介します。

【歩】 IMG_8972

まずは、マコト眼鏡のリリースするブランドである
【歩】からご紹介していきたいと思います。

上の画像のロゴは<旧ロゴ>です
このロゴにはモチーフがあり

将棋の駒の<歩>をイメージしているロゴ

という、中々渋いイメージのロゴに仕上がっています。

IMG_8956

<新ロゴ>
【歩】の囲いが丸くなり
<AYUMI>表記が大きくなりました

旧ロゴは将棋のイメージのカッチリした【和】のイメージ

新ロゴはグローバルなイメージ

といった違いを感じます(個人的に)

新ロゴに変わったタイミングで
テンプルの刻印も変えています

IMG_8974

IMG_8973

旧バージョンは↑の感じ
刻印は品番、サイズ・カラーなどシンプルにしています

ここから↓は新バージョン

IMG_8977 IMG_8978

品番以外に、<セルロイド>の刻印を施しています。

PROUDLY HANDCRAFTED
<ハンドクラフトに誇りを持っています>

訳があっているかどうかは分かりませんが
でもきっとこんな感じだと思います。

より洗練された雰囲気に仕上げてあります
マコト眼鏡の刻印もついており、フレームに対する自信を感じます

職人のハンドメイドで仕上げられているブランド
形だけトレースして、マネする事は出来たとしても

その魂、造りはマネすることは出来ません

images

お次の新ロゴは

【Kame Man Nen カメマンネン】

IMG_0241

末永く使える丈夫な眼鏡であってほしいという思いから
名付けられたブランド

ことわざの
「鶴は千年 亀は万年」から
「カメマンネン」

と命名された、国産のブランドでも最古参のブランド

そんなカメマンネンも、ロゴを変えています

IMG_0242

今までは

筆記体の様な渋いロゴ

対して、新ロゴは

logo1

こんなロゴになりました。
今までのロゴと比べ、

グローバルな印象のロゴになっています。
IMG_0235

ロゴが変わり、今までには無いパターンのフレームも
リリースされるようになってきました。
クラシックでアンティークなデザインもリリースしながら

今までにはないカラーリングの
海外も見据えたデザイン?も出てきています

オールチタンフレームやインナー枠のフレームなど
今までのカメマンネンにはないテイストのフレームも出てきました。

IMG_0236

新ロゴは
テンプルに刻印されています

IMG_0258

渋い旧ロゴとモダンな新ロゴ
どちらもカッコいいです

【BOZ】

IMG_0260

次のブランドは

フランスブランドである
【BOZ】ボズ

過去のロゴを使用したモデルが残っていましたので
ここでご紹介させて頂きます

上の画像が現在使用されているBOZのロゴ
このロゴ以外思いつかない程、現在のロゴが長く使用されています

そして下の画像が

旧ロゴになります

IMG_0262

BOZの文字の太さが細く
BとOの文字も離れています

IMG_0265

二つのロゴを並べてみました。
どちらもカッコいいロゴですね
新しい方は力強い感じのロゴで
旧バージョンは繊細なイメージのロゴの様なイメージです

【ic!berlin】

IMG_0266

最後はこのブログを書こうと思ったきっかけである

【ic!berlin アイシーベルリン】

icberlin_logo_2012

創業時から使われてきたロゴを一新しました

unnamed

新しいロゴは

ブロックの様なロゴに変わりました

IMG_0269

ic!berlin といえば

テンプルに刻印されている様々なメッセージ

が特徴です。その刻印がこのタイミングで一新されました。
上の画像は旧ロゴバージョンの右テンプル

ロゴに加え、電話番号など様々な情報を載せています。
電話番号は、ic!berlin の創設者であり社長である
ラルフアンダール氏の携帯電話の番号が載せてあります

ic!の事で聞きたいことがあれば、いつでも何でも答えるよ
という自信の表れでしょう

IMG_0271

左側にはフレーム名とサイズなど、フレーム情報が刻印されています。

新ロゴになってからはこの刻印も少し変わってきています
新ロゴバージョンの右側テンプルは

IMG_0272

かなりシンプルになっています
旧ロゴバージョンの右テンプルには様々な情報が載せてありましたが、
新ロゴバージョンは至ってシンプル

ロゴとMade in germany の刻印のみです

IMG_0273

左側のテンプルにはフレーム名とサイズ
そして電話番号が刻印されています。

以前のバージョンでは社長のラルフの番号でしたが
今回からこの番号は
ic!berlin のカスタマーの電話番号になります

ブランドイメージを決める大事な要素でもあるロゴ
ブランドイメージが一目で分かるように
作られているロゴ

メガネを選ぶ時にも、掛けている時も
あまり気にすることのないロゴですが
ご自身の使っているメガネのロゴが
どういったものなのか?
調べてみるのも楽しいですよ

ブランド専用ケースをお持ちでしたら
そこにロゴが書かれている事も多いですので
よろしければ確認してみて下さいませ

【ic!berlin 新作】日本メガネ大賞 メンズグランプリモデル入荷

ic! berlin

の新作が入荷してきました
早速【徹底解剖】していきたいと思います

ic!berlin Ricky Y col,SkyGrey HD/GunMetal

IMG_9572

スクウェア型の落ち着いたデザイン

クラシカルな雰囲気もありながら、洗練された
現代風なスタイルに仕上げています

最近のic!berlinは
この様なクラシックなスタイルも多くリリースしてきています

IMG_9576

Ricky Y の最大の特徴は

シートメタルと透明感のあるアセテートを合わせた
ハイブリッド構造

ブロー部分のパーツは
ic!berlinでは珍しい、アセテートを使用しています

爽やかなクリア生地を使っています
クリア生地を使う事で、中の金属のラインが見えます
中々にクールです

IMG_9581

クラシカルな雰囲気は持っていますが
ic!berlinらしく
ビジネスで使って頂きやすい仕上がりになっています

クリア生地なので、印象も重たくなりません

IMG_9586

イヤーソックも
<新型パーツ>がつけられています

今までのパーツよりも更に耳のフィット感がいい
柔らかいパーツになっています

こちらのRicky Y はic!berlinの

IMG_9618

「the Lone wolf」

をベースに作られているそうです
レンズの縦幅など、微妙な違いはありますが
非常に近いデザインになっています

IMG_9623

二つを並べてみました

the Lone wolf のブローのイメージを
Ricky Y のアセテートをうまく表現しています

IMG_9624the Lone wolf は
レンズシェイプが柔らかく

Ricky Y は
スクウェアな要素が強いです

あまり変わらない様にも見える小さな差が
メガネを掛けた時の表情には大きく作用します
どの位印象が変わるのかは、掛けてからのお楽しみです

こちらのRicky Yは

2020年
日本メガネ大賞メンズグランプリモデル

IMG_9598

日本メガネ大賞とは

<国際メガネ展 IOFT>

の中で行われる、その年に発表される新作の中から
最も優れたアイウェアに贈られる賞です

そんなメガネ大賞のグランプリを受賞した
Ricky Y 審査では

 トータルファッションで見た時に「行き過ぎてもいけない」バランス感も絶妙です
上げの良さがシンプルなデザインでこそフォーカスされ
より製品の価値が高まった一品だと感じました。
シンプルなモノを高める難しさを超えた商品でした

と称されています
シンプルでありながら、ファッショナブルで
バランス感も備わったフレームです

ic!berlin Ellner O col,SkyGrey/GunMetal

IMG_9527

Ricky Yと似た雰囲気を持つ Ellner O
少し横長のシンプルなスクエアウェリントン

時代に流されない、長く愛して頂ける
シンプルでベーシックなデザインです

IMG_9529

シンプルではありますが
ic!berlinらしさをしっかり生かした造りになっています

ステンレスのシートメタルフレームに
レンプラスチックのリムパーツを組み合わせてる

<インナーセル>

とも呼ばれるスタイルです
シンプルになりがちなic!berlinですが、インナーセルが
良いアクセントになってくれます
※インナーリム・内ワッパなどとも呼ばれています

IMG_9534

爽やかな雰囲気のクリア生地
全体がクリアだと、奇抜な雰囲気になってしまいがちですが

ベースのシートメタルが、ガンメタルカラーなので
凄くカッコよく、クールなイメージで使って頂けます
IMG_9537

サイドから見てみると

アセテート生地がシートメタルに
サンドされているのが良く分かります

インナーセルがどの様にしてハマっているのか?
気になりませんか?
という事で、インナーセルを外してみました

IMG_9561

テンプルを外し

IMG_9565

フロントとテンプルを繋ぐクリップを取ります
そうすると、もうインナーセルを外せます

IMG_9566インナーセルを外しました

簡単な構造で作られていますので
壊れにくいのも特徴です

全てバラバラにする事が出来ますので
各パーツをお掃除する事も出来ます

IMG_9551

ノーズパーツも<新仕様>に変わっています
今までよりも、更に調整がしやすく改良されています

IMG_9560

ビジネスで使いたいけど
シンプルすぎるのはちょっとなぁ・・・
派手な感じになるのも・・・

という方は是非こちらのフレームをオススメします

IMG_9611

どちらのスタイルもカッコよくクールなので
是非お顔に乗せて頂き、見比べて下さいませ

【AZ 19th Anniversary】トランクショー・ic!berlin 編

トランクショー第一弾

78692eb8438a92f7e11a516981ad7fad-1024x576

ラインアート&アイシーベルリン

普段見ることの出来ないメガネもありますので
今回は、AZに初登場のic!berlinのメガネを
ピックアップしていきたいと思います。

five-o col,black terrazzo/black

IMG_2892

シートメタルのメガネをリリースしている ic!berlin ですが
こちらの five-o は少し雰囲気が違います

こちらのフレームは、

<フロントにラバー素材を使用しています>

これにより、ステンレスにはない質感と存在感を出す事が出来ます

IMG_2345

ラバーの柄はカモフラージュ柄
かなりインパクトの強い仕上がりになっています

ラバーの質感に加え、柄も個性的です
シンプルデザインのイメージの強いic!ですが
こういった攻めたモノもリリースしています

IMG_2346
デザインは、シンプルなウェリントンシェイプ

ラバーが特徴的ですが、デザイン自体は
割と王道なデザインになっています

IMG_2348フロントにラバーを組み合わせていますが
テンプルはいつものic!なので

柔らかくホールドしてくれる
掛け心地はそのままです

IMG_2351

ホールド感と柔らかさのバランスがとても気持ちのいい
太目のテンプル

攻めたカラー以外にも
ラインナップがありますのでそちらもご紹介します

navy blue / pearl

IMG_2359

マットなネイビーブルーカラー

濃いめのネイビーカラーは
印象が重くなりすぎず使用できます

IMG_2362

テンプルのカラーがパールというマットなシルバーカラーなのでAZ
フロントとのカラーコントラストがとてもキレイです

black/black

IMG_2365

やはりブラックは外せません

ブラックカラーは王道にカッコいいです

IMG_2367

フロント・テンプル共にブラックでまとめています
カジュアルに使う事もできますし
トラッドな服装に合わせてもカッコいいカラーだと思います

ulbrich d. col,boulderdash

IMG_2917

ウェリントンとボストンを組み合わせたような
デザインのサングラス

カラーは

<boulderdash バルダーダッシュ>

と呼ばれる濃いめのマットグレーになっています
落ち着きはありつつ、少しPOPな感じもする面白いカラーです

IMG_2918

リムがしっかりしていますので
シートメタルで薄い素材ですが、主張はしっかりしてくれます

サングラスとして使うのもいいですし
ゆったりしたメガネとして使うのもいいかもしれません

IMG_2924

トレンドは追いつつ、流行に左右されない
長く使っていただけるサングラスです

IMG_2923

パッドも調整が出来る足つきのパッドになっています

josephine s. col,millenniplum

IMG_2926

ジョセフィーヌというしっかり大き目のサングラスです

レンズデザインはボストン系のデザインですが
フレームデザインがフォックス気味

カッコいいサングラスとして使っていただけます

IMG_2927

マットなプラム系のカラーは
濃すぎず、丁度肌に馴染んでくれるカラーになっています

IMG_2929

個性的ですが、普段使いでバンバン使って頂きたいです

意外と、どんな服装にも似合ってくれますので
レジャーや運転、軽いスポーツなどにも使って頂けます

IMG_2934

初めてのサングラスとしては結構個性的なデザインですが
いくつかサングラスをお持ちの方でしたら
こういったスタイルのサングラスを持つのもいいですよ

phil b. col,blue/pearl

IMG_2936

【 Rubber collection 】

ラバーコレクションと呼ばれるシリーズに属しています

シートメタルならではの機能性と質感と
優しく柔らかい質感のラバー素材を融合させています

IMG_2938

少し大きめのゆったりしたスタイルで
なんともic!らしいデザインになっています

スポーティな雰囲気もありますので
ビジネスだけでなく、スポーツに使う事もできます

IMG_2939

しっかりお顔をカバーできる大きさになっていますので
サングラスにするのもオススメです

IMG_2945

ラバーを合わせたic!もカッコいいです
何となく、ビジネス要素がイメージとして強いブランドでしたが
ラバーが入ることでスポーティな雰囲気になってくれます
こういったic!も新鮮でいいです

X-Berg col,Shiny CopperIMG_2386ic!berlin流ツーブリッジ

スリムなツーブリッジなので
ツーブリッジフレームを初めて使ってみたいという方でも
手を出しやすいデザインになっています

IMG_2390

丸メガネやボストンとは違った雰囲気で
クラシックな要素を持つツーブリッジフレーム

80年代から90年代にも流行していましたが
今現在もリバイバルで、流行しています
著名人が使用していることも多く

菅〇将暉さんやKing Gnuの井〇悟さんなども
ツーブリッジのフレームを掛けています

丸メガネやボストン型の次に来る
といわれているフレームがツーブリッジです

IMG_2395

全体的にスリムなフレームではありますが

フレームの線の強弱がありブリッジは少し太目で
レンズ周りのリムは細くなっています

このフレームの強弱が絶妙にカッコよく
渋いイメージを出してくれます

IMG_2397

ツーブリッジのメガネはおじさんみたい・・・
とはならない、洗練されたデザインになっています

さて、簡単ではありますがAZに初登場の
ic!berlinフレーム&サングラスをご紹介しました

第一弾トランクショーも残り少なくなってきました
ic!berlinが気になる方は、今がチャンスです!

【AZ 19th Anniversary】トランクショー・LineArt & ic!berlin

AZ19周年祭スタートから早や一週間
全期間行われているイベントや期間限定のイベントなど
盛りだくさんの周年祭

今回はメインイベントでもあり
ブランド毎では一か月の期間限定の

《トランクショー第一弾》

 

プレゼンテーション1

のブランド概要についてのブログになります
どういったブランドなのかを少し掘り下げてご案内します

その軽さはまるで羽のようなかけ心地

『ラインアート』

福井のブランドであるシャルマンがリリースするブランド

ダウンロード

美しい、掛けごこち

と称されるラインアート シャルマンが表現する美しさ

ラインアートで使用されているチタンは
メガネフレームのために独自に開発した素材

「エクセレンスチタン」

about-content-image1

を使用しています。軽くてしなやかな素材で
そのかけ心地は掛けていることを忘れてしまうような心地よさです
ただ軽く、しなやかなだけでなく
メガネのパーツとして必要な要素を全て持っている
まさにメガネのためのチタンです

ラインアートにはレディース、メンズと合わせて
コンセプトに合わせたコレクションがあります

コレクションをまとめてみました

スライド1

レディースコレクションはこれだけの数があり

スライド2

メンズコレクションにはこれだけ数があります
これらのコレクション名は

<音楽にまつわるもの>

になっております

定番のモデルから、最新モデルまで
かなりの数を借りていますので
ラインアートのコレクションを色々掛け比べて頂ける機会になっています

ネジを使わない、ドイツらしい構造が特徴の

『ic!berlin』

2004_eye_07_800_600-667x500

シートメタル眼鏡の先駆者
1996年にドイツのベルリンで設立されたic! berlinは

医療工業用の0.5mmのシートメタルを使用したメガネを
世界で初めて発明したブランド

ステンレスの丈夫さと柔軟さ、フレームの軽さと独創的な蝶番で
一躍注目を浴びたブランドです
シートメタルを世界で初めて使用したのも革新的ですが
ic!berlinのアイデンティティは

<ネジを使わない>

という画期的な構造が特徴のブランドです
そんなトレードマークでもあるスクリューレスヒンジは
独自の蝶番によって、知恵の輪の様に

工具を一切使わずに
全てのパーツを手で分解・組み立てられます

IMG_9188

パーツをすべて取った写真ですが
この状態に持っていくまで、一切工具を使用していません
全て手でパーツをばらしています

鼻パッドのパーツや、レンズを留めるクリップ
テンプルのラバーパーツなど
全て交換する事が可能になっています

コツさえつかめば、万が一外れてしまった時にでも
ご自身でテンプルをつける事も出来ちゃいます
※やってみて難しそうな場合や、曲がりなどがひどい場合は
店頭にお持ちくださいませ

IMG_2295

いつもの店頭在庫に加え、お借りしたフレームもありますので

IMG_2292

一つのテーブルがそのまま

<ic!berlinコーナー>

となっています

IMG_2297

良質なプロダクトは品質に対するこだわりが根付く環境から生み出されます
アイシーベルリンのメガネもその土壌があるドイツ・ベルリンで
デザインから製造まで、全て手作業で行われています
ベルリンならではのウィットに富んだ
革新的なデザイン性とドイツの職人気質のクオリティが融合した
質実剛健なプロダクトです

 簡単にトランクショー開催中の二つのブランドを紹介しました
軽さと柔らかさ、かけ心地などはAZで取り扱っているブランドの中でも
トップクラスの2ブランド

7/19日までの開催ですので、まだ残り3週間あります
ご都合のよろしい時に、是非ご来店くださいませ

【ic!berlin】メガネ業界最高栄誉 SILMO D’OR(シルモドール)受賞モデル

【ic!berlin】

メガネ業界最高栄誉 SILMO D’OR(シルモドール)受賞モデル

ic!berlin urban

IMG_8321

ic! berlin 名作モデル「Urban」

かなり太いリムのラインによって構成されたそのデザインです
ここまで太いリムのデザインはic!ではこの“アーバン”位しか無いのでは?

IMG_8322
2008年にリリースされたアーバンは、
メガネ界で最も権威のある賞

<シルモドール金賞>

を受賞しています。

「黒×」&「黒×

のカラーリングが現在リリースされています。

IMG_8325

薄いフレームなのに、ボリュームがある
ic!らしくないけど、ic!らしい不思議なフレームです。

IMG_8327

どこから見ても、太くボリュームのあるフレームです。
黒と金のメリハリの効いたカラーと太さがたまらないです。

IMG_8329

裏は案外普通なのです。

IMG_8332

シルモドール受賞モデルという事で
シルモドールのトロフィーが刻印されています

この刻印は世界中どこを探してもない

日本限定の特別仕様になっています

IMG_8339

これだけの太さはあってもic!berlinですので、軽量なかけ心地です。
このデザインと使い勝手の塩梅が非常に上手いです。

黒×

IMG_8341

ブラックとパールの組み合わせの一本

IMG_8343

ic!の定番の組み合わせですが、なんだか太いフロントのイメージのお陰で
目新しい、新鮮な感じのイメージに見えます。

IMG_8344

サイドから見ればそこまで太さは感じず、いつものic!
といった様相です。

IMG_8347

ふたつ並べてみました。
この太さは、中々写真ではお伝え出来ない部分があります。
是非実物をご覧いただければと思います!