カテゴリー別アーカイブ: 増永眼鏡

『since 1905 増永イズム』を感じよう!

前回のG.M.Sに続き、増永眼鏡のリリースするシリーズを紹介したいと思います。
今回紹介するのは、

【since 1905】

since 1905は、増永眼鏡のシリーズの中でも洗練されたデザイン
今現在は、チタンフレームのクラシックデザインで統一されています。
増永眼鏡の中でも、モダンなテイスト溢れる【since 1905】
【徹底解剖】していきたいと思います。

VAN ALEN

IMG_9952

VAN ALENは、フレームパーツすべてが

チタンで統一されています

IMG_9958

フロントの、フレームとブロー部分は

別々のチタンパーツを、
溶接なしで組み合わせています。

IMG_0122

見事にチタンのパーツが組み合わさっています。
VAN ALENはチタンの持つ

【上質さと重厚感】

【耐久性と軽量性】

が前面に押し出されています。

オールチタンフレームは意外なのですが、
金属特有の肌に触れた際の “ひやっ” とする冷たさはほとんど感じません。
これは、チタンの熱伝導率は小さいためです。

IMG_9959

さりげなさの中に、職人の技術がこれでもか!
と言わんばかりに入っています。
ブローパーツにある

“ツヤ”

この“ツヤ”には職人技が隠されています。
この“ツヤ”はブローパーツのエッジの部分を

【面取り加工】

して作られています。面取り加工なのでほぼ
<一発勝負の職人技!>
さりげなく光るツヤがたまらなくカッコいいです。

IMG_9956

さりげなく、テンプルエンドも【面取り加工】がされています。
このさりげなさもいい感じです。

COCO

IMG_9968

ほどよいラウンド感を持たせた、ボストンのレンズシェイプのCOCO

=女性が掛けると可愛らしさに上品さ=

=男性が掛けると知的でいて優しい印象=

性別関係なく使えます。
オールチタンのVAN ALENとはまた違って、
ブローパーツにアセテート生地を挟み込んでいます。

つなぎ目のない一枚のチタンシートから
多くの工程を経て作り出せるフロントパーツ。

IMG_9973
通常は、フレームの外側に
<覆いかぶさるよう付けられているブロウパーツ>
ですがCOCOは

<ブロウパーツをインナーに固定しています>

この技法を使うことで、重くなりがちなブロウが
軽いイメージになります。
IMG_9974

アセテートをアップにするとこんな感じです。

IMG_9975

さりげないボストンスタイルのレンズシェイプは
ほどよい知的さと、優しい印象を与えてくれます。

テンプルは掛け心地にも重要な役目を果たすため、
フロントのチタンとは異なるβ(ベータ)チタン製になっています。
このβチタンが、ほどよい弾力とホールド感を生み出します。

IMG_9971

オールチタンなので、クールな感じに見えがちですが、
このCOCOは、その辺りをうまく柔らかい印象にしています。
サイズ感も大きすぎず、小さすぎない良いサイズ感です。

IMG_9978

こちらのカラーはシルバーなので
柔らかさを出しつつ、クールなイメージで使えます。

IMG_9979

ELLA

IMG_9980

オーバル・スクエアシェイプのデザイン。
ELLAのフロントはCOCOと同じく、つなぎ目のない一枚のチタン
歪みや変形に非常に強く、ミニマルな美しさがあります。

IMG_9982

COCOよりもスクエアシェイプなので
お仕事で使って頂きやすい、クラシックフレームです。

IMG_0123

こちらのカラーはクラシック寄りのカラーリングです。
ブロウパーツの個性が強い一本です。
このELLAは since 1905の中でも、クセが少なく
掛けやすい一デザインです。

クラシック系を掛けてみたいけど、どんなものを掛けたらいいの?

と悩んでいる方にもおススメできます。

MET

IMG_9960

こちらのMETは

『クラウンパント型』

と呼ばれる、ヴィンテージな形を現代的にデザインしています。

『ボストン型』

『ウェリントン型』

などは聞いたことのある方が多くいらっしゃるかもしれません。
しかし、この『クラウンパント型』を知っている方は少ないのではないでしょうか?
この『クラウンパント型』歴史は古く

<1930年にはすでに存在していた>みたいです。

昨今のヴィンテージメガネブームに乗って、
注目を浴びたデザインです。

クラウンパントは

【クラウン】=王冠

【パント】=ボストン型

という意味合いを持つそうです。
基本的な形は、

<丸みを帯びたボストン型>

そしてフレーム上側に、

<印象的な直線>

を引いています。

毎日王冠

ヴィンテージな印象ですが、オールメタルで仕上げてあるので

『洗練された、精悍なイメージで使えます』

METは、ビジネスで使っていただけるようにデザインされています。

IMG_9961

リムが太いと、“ひょうきん”に見えてしまいがちなヴィンテージデザイン
ですがリムを細目にしてあげると、不思議と個性は残しつつ
ビジネスでもいけちゃうメガネになってくれます。

IMG_9963

フロントとテンプルの繋ぎも非常にキレイに仕上げています。
ヘアライン仕上げでギラギラしない上品なイメージ。
(ヘアラインとは、金属素材に一方向の線状傷を無数に付けることに
よって仕上げる方法。光の当り方で異なる表情を持ちます)

IMG_9964

別のカラーはもっとシンプルに使っていただけます。

ですが!

普通に終わらせないのが since 1905

IMG_9966

普通っぽく見えますが、普通ではない加工がされています。

前述したヘアライン仕上げのリムですが、

こちらのカラーは側面に掛けて
『光沢』
になっています

グラデーションの様にさりげなく仕上げています。
このさりげなさのなかに、職人技が詰まっています。

機械では出来ない技術なので
職人の手作業の加工になっています。

言われてみなければ気づかない。
でも気が付くと、ドンドン引き込まれていく

【since 1905】

増永イズムをこれでもか!という程体現したシリーズになっています。
気が付くと、いつの間にかなくなっている ので
気になるフレーム・カラーがありましたらお早目に!

では今回はこのあたりで失礼します。

『GMS 増永イズム』を感じよう!

突然ですが、「増永」という性は、業界人なら必ず知っている性になります。
福井県が

【メガネの聖地】

と呼ばれるようになったのも、「増永」が大きくかかわっています。
増永五左ヱ門が1905年(明治38年)に創業した

<増永眼鏡>

業界で初めて、【帳場制】と呼ばれる制度をつくり
たがいの技術を磨きあい、品質の良いめがねを提供しつづけてきました。
(帳場制とは簡単に言えば、メガネの分業です)

それが今日まで続く、メガネの産業の始まりともいえます。
その増永眼鏡がリリースするシリーズのひとつ

『G.M.S』

今回はこのG.M.Sを【徹底解剖】していきたいと思います。
G.M.S以外にも様々なシリーズがありますが、それはまた後日ご紹介しますね。

G.M.Sというブランド名は

【Gozaemon Masunaga Spectacles】
ござえもん ますなが スペクタクルズ

という文字から取られています。

【五左ヱ門スピリッツ】
をしっかり受け継ぐシリーズになっています。

G.M.Sのデザインは、増永眼鏡の創業当初の
明治、大正に作っていたメガネをベースに生み出されています。
今では国内にとどまらず、海外でも人気のシリーズになっています。
ではG.M.Sのメガネを紹介していきたいと思います。

G.M.S 32

IMG_9905

G.M.Sの中でもトップクラスに人気モデルなです。
販売されてからそれなりに年月が経っていますが、今だ人気の衰えないフレームです。

1933年(昭和8年)に昭和天皇に献上したメガネフレームにも施されていた
星のデザイン性と、味わい深さを再現しデザインされた

【ワンスターシリーズ】

の一本になります。
この【星の飾りカシメ】が非常に特徴的です。

IMG_9909

綺麗に星形になっています。
この星を綺麗に埋め込むのも、非常に難しい技術です。

IMG_9918

フロントだけでなく、テンプルにも星。
主張しすぎない、さりげなさがいいです。

IMG_9915

リムの下側には、一見模様に見えますが、

【GOZAEMON MASUNAGA SPECTACLES】

の文字が隠されています。
隠れミッキーならぬ、隠れ五左ヱ門になっています。
気を付けなければ見えないところまで作りこむ。
それが増永イズムなのでしょう。

G.M.S 800

IMG_9929

小ぶりなボストンシェイプのフレームです。
クラシックなテイストのフレームは、女性の間でも人気ですが、
サイズが大きすぎて、あきらめていた方などにもおすすめです。

IMG_9930

ブリッジは【カシメ】で留めてあります。
クラシカルな風合いが刻まれているのも特徴です。

IMG_9933

裏側はこういった感じです。

IMG_9934

そしてここがこのG.M.S 800の真骨頂ともいえる部分。
テンプルを繋ぐフロント部分を
【少し削り込んで、テンプルをカシメています】
細かい部分の造り込みがG.M.Sらしいです。

IMG_9937

少し画像を加工してみました。
テンプルを付けている部分だけ【段】になっているのが分かりますでしょうか?
ちょっとした工程なのですが、この工程で
フロントとテンプルの付き方がより頑丈になります。
こういった妥協をしない姿勢、凄いです。

G.M.S 104

IMG_9920

ワンブリッジデザインの一本。【一山タイプ】とも呼ばれます。
ブリッジが特徴的で、
セルと金属を組み合わせた変わったブリッジです。

IMG_9924鼻部分は、セルを継ぎ合わせ【一山タイプ】にしています
これが、掛けた際に程よい個性を残してくれます。

IMG_9927

リム周りには細かく彫金が施され、高級感ある仕上がりとなっています。
G.M.Sの中でも細目でシャープな一本です。

G.M.S 009

IMG_9939

フロントはメタル+アセテート、柔らかさを感じる四角いシェイプになっています。

IMG_9941

このフレームの最大の特徴であるテンプル、モチーフが

【竹】

50064b40e1ca4f409eddb496bf2f6491

になっています。テンプルは

【竹の節】

をイメージしています。

IMG_9942

フロントとテンプルの流れも綺麗です。
四角のフロントだけど、丸みもあり柔らかいイメージで使えます。

ブランド名にもある通り、五左ヱ門をリスペクトしています。
【増永イズム】をしっかり感じられるブランド。

次回も増永眼鏡をピックアップしたいと思います。
次回は増永眼鏡の中でも、高級感あふれるシリーズを特集します。
では今回はこのあたりで。

『MASUNAGA since 1905』人気モデルが再入荷♪

Masunaga_2016-21999ok1-690x517[1]

☆MASUNAGA since  1905 COCO ¥48,000(税別)

こんにちは
『MASUNAGA since 1905』シリーズの
『COCO』が再入荷しております
『MASUNAGA since 1905』は
過去・現在を未来へつなぐべく新たな上質を表現したシリーズ
これからの未来へとつながっていくコレクションです

その1モデルである『COCO』は
とてもきれいで品のあるボストンシェイプ
女性がかけるとキュートななかに上品な印象があり
男性がかけると柔らさのなかに知的さが漂う印象で
男性・女性問わず人気の高いモデル

フロントのブロー部分にアセテートを使用しているほかは
鼻パッドまでチタンというオールチタン製で
隠しきれない高級感が漂う上質なモデルに仕上がっております

IMG_8460

☆ COCO  #15

IMG_8461 IMG_8463

ブロータイプって割とフロントが強い印象になりますが
このモデルはプラスチックのパーツを内側から挟み込んだ構造で
まとまりのある軽やかな印象

一体感がありとてもきれいにまとまったモデルです

人気モデルですので気になる方はお早目のチェックを

『GMS 196TC』 渋いラウンドモデル 

IMG_8475

☆GMS 196TC #24C ¥36,000(税別)

こんにちは
『MASUNAGSA GMS』からNEWモデルが入荷しました
クラシックの王道ラウンドに近いオーバル型の
『GMS  196TC 』

チタンフロントにプラスチックを巻いた『セル巻き』というデザインで
と~ってもシンプルで渋いモデルです

IMG_8454

セル巻きのフロントが独特の雰囲気を醸し出します

IMG_8466

フロントを繋ぐブリッジは独特のアーチをえがいていて
クラシカルな雰囲気をさらに引き立てます

IMG_8468

鼻パッドからテンプル(つる)にまでオールチタンで
装飾は一切ないどこまでもシンプルなデザイン
今トレンドのクラシカルなデザインですがとても高級感があり上品です

形はラウンドとはいってもオーバルよりですので
癖がなく男性女性問わず使いやすいデザイン
ビジネスでもプライベートでも幅広くお使いいただけます
GMSらしい高品質のシンプルモデル
セル巻きがさりげなく個性を演出してくれますよ

GMSのあのモデルが・・!!

こんにちは
今日はとってもスペシャルな情報をお届けいたします

先日のブログで紹介したあの写真

IMG_7465

そうそうこの時にこの上の方に写っているいるのは・・・

IMG_7465 - コピー

これですよこれ!!

何気な~く写っているこのモデルはなんとあの・・
ワンスターシリーズの『GMS 31』

IMG_7475

IMG_7476

☆GMS 31 #23 ¥37,000(税別)

10金の星型マークがアイコンのこのワンスターシリーズ
なかでもこの『GMS 31』はクラシックでも
上品でどこか現代風の洗練された雰囲気のサーモントモデルです

以前のブログでご紹介したように
廃盤となってしまったあの超人気モデルなんです

それがなんとなんと・・・本当に1本だけ手に入りました~

1933年、昭和天皇へ献上されたことで知られ
現代の技術や素材を駆使してリプロダクトされたGMSシリーズ
歴史とモノづくりのシンボルである★マークが輝く逸品です

本当に最後の入荷です

きになる方はお早めに

 

MASUNAGA 光輝 000 名作再入荷!

IMG_7506

☆ MASUNAGA 光輝 000

こんにちは
MASUNAGA 光輝の『光輝 000』が再入荷しました
1970年の大阪万博でタイムカプセルの中に入れられたメガネというのが
『増永眼鏡 カスタム72』
なんとこの増永眼鏡のメガネがタイムカプセルに入っているんですが
この『光輝000』はその後継モデル
時代を超え今も皆様に愛され続けている不朽の名作なのです

AZでも入荷するとすぐにお嫁入りしてしまい
なかなかお目にかかるタイミングが難しいこのモデルが再入荷です

IMG_7521 IMG_7522

☆ 光輝 000 #19 ブラック ¥25,000(税別)

IMG_7517 IMG_7518

☆ 光輝 000 #59 ブラックデミ ¥25,000(税別)

40年以上たった今でも支持され続けるのは
増永眼鏡の常に品質と技術の向上に努めている精神だからこそ
モノづくりに対する誇りがありそれが伝わるからこそです

厚みのあるプラスチック生地にウェリントンシェイプ
ここまでのボリュームのあるものってなかなかありません
存在感・重厚感のあるどっしりとしたモデル

しっかり太めが好きって方にはたまりませんよね

そしてさらにさらに朗報

増永眼鏡110周年記念に特別発売されたコチラも入荷しております

IMG_7523 IMG_7527 IMG_7528

IMG_7531

☆ 光輝 000 Limited Edition #S1 ¥30,000(税別)

マットブラックのフレームににミラーレンズが入った
『光輝 000 Limited Edition』
コチラも入荷とともにあっという間に完売してしまった
スペシャルサングラス

太さのある艶消しブラックの質感とミラーレンズという組み合わせは
光輝のモデルでも他にはない特別なサングラス

1本のみの入荷です

これは見逃せませんよ~
気になる方はお早目に

『GMS』 女優もかけているあのモデル♪

IMG_7467

『MASUNAGA GMS』 

こんにちは
『MASUNAGA GMS』から素敵なモデルが入荷しています
絶妙な丸がたまらない『GMS818』

すっきりした細身のデザインがとっても上品で
キレイなラウンド型を引き立てています
丸って太くなると強い印象になり個性的になりすぎますし
なかなかバランスが難しいのですが
このモデルはその細さと丸型のバランスが絶妙なんです

実はこのモデルアロマ〇ッチのコマーシャルで
あの〇咲コウさんもかけているメガネなんです

入荷カラーは

IMG_7470

☆ GMS 818 #23 ¥37,000(税別)

IMG_7468

☆ GMS  818  #13

IMG_7484

〇咲コウさんではありませんが実際にかけるとこんな雰囲気

やや小ぶりのサイズですので女性におススメです
全体的に細身ですので軽やかな印象
可愛さと上品さを持ち合わせているデザインですので
お仕事でもプライベートでも何気なくオシャレな感じでかけられます

IMG_7473 IMG_7474

すっきりさんのモデルですがブリッジの金属には模様が施され
また鼻パッドはチタン製という
細部にいたるまで気を抜かないデザインがたまりませんね

クラシックモデルに挑戦したいけど
なかなか手が出せない方にもおススメです
さりげないクラシック感でとっても使いやすいですよ

是非チャレンジしてみてくださいませ

『MASUNAGA since 1905 COCO』 気品漂うボストン

過去・現在を未来へつなぐべく新たな上質を表現するシリーズ
『MASUNAGA sincce 1905』

Masunaga_2016-21999ok1-690x517[1]

今年111周年を迎える老舗メガネメーカー増永眼鏡の
『MASUNSGA since 1905』シリーズから
モデルさんがかけているNEWモデルが入荷しております

先日ご紹介した『NY LIFE』 『VAN ALEN』のメタルサーモント
と同じようにチタン素材をベースにした知的なモデルです

IMG_6418

☆ MASUNAGA since 1905  COCO

ボストンのサーモント風のような
チタンフロントにアセテートの眉を挟み込んだ『COCO』

このアセテートの眉の部分って
リムに上から乗せてはめ込むのが一般的なんですが
このモデルはちょっと違っていて

IMG_6414

このように眉の部分そのものに切り込みをいれて
下からはめ込んでいます

IMG_6412

そうすることによってボリュームがでがちなフロントも
とてもすっきりと軽快な印象になるんです
このモデルの特徴はそこだけではありません
さらに色にもポイントがありまして・・

IMG_6413

アセテートの眉部分
この部分は表と裏でカラーや模様の入れ方をかえていて
見た目にも変化をつけています

いうまでもなく

IMG_6420

鼻パッドはもちろんテンプルエンドにいたるまですべて
オールチタン素材です

IMG_6404

☆MASUNAGA since 1905 COCO 15#

ゴールドにブラウンの眉がとっても知的
クラシック感が強くでがちなボストンですが
ここまで上品な雰囲気を出せるのは
細かなところにまで手を抜かないにデザインと
チタン素材のなせる技でしょう

なんだか『品のいいできる人』な雰囲気出てませんか
(あ・・あくまで雰囲気ですよ・・

IMG_6410

IMG_6416

☆ MASUNAGA since 1905 COCO 49#

ツヤを抑えたグレーはややカジュアルですがとてもシックな雰囲気
落ち着いた深みのあるフロントに
模様のある眉がいいアクセントになっています

カラーが違うだけでぐっと印象もかわります
そこがまたメガネの楽しさでもありますよね

上質で上品な本物志向のモデル『COCO』

女性はもちろん男性にもおススメです

『MASUNAGA since1905』 こだわりのメタルサーモント♪

こんにちは
先日のブログにてチラリとご紹介しました
『MASUNAGA since1905』より
高級感あふれるNEWモデルが入荷しております

IMG_6382

☆MASUNAGA  VAN  ALEN   

(手前 12カラー   奥 29カラー)

全てをチタン素材で構成されたメタルサーモント『VAN ALEN』

MASUNAGA

フロントからモダン(耳にかかる部分)鼻パッドにまで
すべてチタン素材を使っています
部分的に光沢仕上げにしてあったり角度によって色々な表情になり
質感を楽しめるモデルです
細部にいたるまで細やかな作りこみが光る逸品です

サーモントタイプって眉の部分がプラスチックのものがお馴染みですが
メタルになるとぐっと高級感が増します

一般的なサーモントはクラシックな印象になりますが
メタルになることですっきりとした印象になり
ビジネスでもスマートにお使いいただけます

IMG_6383

☆ MASUNAGA NY LIFE 

(手前 39カラー   奥 49カラー)

こちらもオールチタンの『NY LIFE』
『VAN ALEN』とレンズシェイプをかえてあり
横幅を出し、上下幅を狭くしてよりスクエアに近い形にしてあります

かなりすっきりとした印象です

IMG_6400

MASUNAGA2

写真だとメタルブローの部分が濃くみえますが
実際はもっとグレーよりの色ででそれほど強い印象はありません
お顔にも上品になじんでくれますよ

テンプルエンドのカッティングの仕上げの感じなど
個人的にグッとくる部分が随所に見られたまりません

スーツはもちろんシンプルな着こなしにさりげなく合わせていただける
上質なメタルサーモント

是非店頭にてお試しください

王道『GMS』のボストン

こんにちは
先日ブログで話題にしていたボストンメガネ
そんな話をしていたからでしょうか
なんとNEWボストンが入荷しました

IMG_5117

☆ GMS 104

これぞ王道の『ザ・クラシック』というべき
『GMS 104』
もちろんレンズ形状はボストンで・・

IMG_5127いわゆる『一山タイプ』というノーズパットが一体になったタイプですが
こちらはアセテート素材のパットがついています
これがまたいい雰囲気を出しているんです

IMG_5128

テンプル(つる)はメタルとアセテートのコンビネーション
このバランスも絶妙です

IMG_5114

☆ GMS 104 #49 ゴールド×ブラックマット

IMG_5115

☆ GMS 104 #39 ブラック

IMG_5116

☆ GMS 104 #13 アンティークゴールド×デミ

IMG_5122

細やかな模様が彫刻されたフロントリム
し・・・渋い

しなるような柔らかな弾力性も魅力です
かけ心地も軽くてフィット感も抜群
老舗MASUNAGAがつくる王道クラシックメガネ『GMS 104』

とっても雰囲気のあるボストンです