カテゴリー別アーカイブ: 増永眼鏡

『MASUNAGA since 1905』人気モデルが再入荷♪

Masunaga_2016-21999ok1-690x517[1]

☆MASUNAGA since  1905 COCO ¥48,000(税別)

こんにちは
『MASUNAGA since 1905』シリーズの
『COCO』が再入荷しております
『MASUNAGA since 1905』は
過去・現在を未来へつなぐべく新たな上質を表現したシリーズ
これからの未来へとつながっていくコレクションです

その1モデルである『COCO』は
とてもきれいで品のあるボストンシェイプ
女性がかけるとキュートななかに上品な印象があり
男性がかけると柔らさのなかに知的さが漂う印象で
男性・女性問わず人気の高いモデル

フロントのブロー部分にアセテートを使用しているほかは
鼻パッドまでチタンというオールチタン製で
隠しきれない高級感が漂う上質なモデルに仕上がっております

IMG_8460

☆ COCO  #15

IMG_8461 IMG_8463

ブロータイプって割とフロントが強い印象になりますが
このモデルはプラスチックのパーツを内側から挟み込んだ構造で
まとまりのある軽やかな印象

一体感がありとてもきれいにまとまったモデルです

人気モデルですので気になる方はお早目のチェックを

『GMS 196TC』 渋いラウンドモデル 

IMG_8475

☆GMS 196TC #24C ¥36,000(税別)

こんにちは
『MASUNAGSA GMS』からNEWモデルが入荷しました
クラシックの王道ラウンドに近いオーバル型の
『GMS  196TC 』

チタンフロントにプラスチックを巻いた『セル巻き』というデザインで
と~ってもシンプルで渋いモデルです

IMG_8454

セル巻きのフロントが独特の雰囲気を醸し出します

IMG_8466

フロントを繋ぐブリッジは独特のアーチをえがいていて
クラシカルな雰囲気をさらに引き立てます

IMG_8468

鼻パッドからテンプル(つる)にまでオールチタンで
装飾は一切ないどこまでもシンプルなデザイン
今トレンドのクラシカルなデザインですがとても高級感があり上品です

形はラウンドとはいってもオーバルよりですので
癖がなく男性女性問わず使いやすいデザイン
ビジネスでもプライベートでも幅広くお使いいただけます
GMSらしい高品質のシンプルモデル
セル巻きがさりげなく個性を演出してくれますよ

GMSのあのモデルが・・!!

こんにちは
今日はとってもスペシャルな情報をお届けいたします

先日のブログで紹介したあの写真

IMG_7465

そうそうこの時にこの上の方に写っているいるのは・・・

IMG_7465 - コピー

これですよこれ!!

何気な~く写っているこのモデルはなんとあの・・
ワンスターシリーズの『GMS 31』

IMG_7475

IMG_7476

☆GMS 31 #23 ¥37,000(税別)

10金の星型マークがアイコンのこのワンスターシリーズ
なかでもこの『GMS 31』はクラシックでも
上品でどこか現代風の洗練された雰囲気のサーモントモデルです

以前のブログでご紹介したように
廃盤となってしまったあの超人気モデルなんです

それがなんとなんと・・・本当に1本だけ手に入りました~

1933年、昭和天皇へ献上されたことで知られ
現代の技術や素材を駆使してリプロダクトされたGMSシリーズ
歴史とモノづくりのシンボルである★マークが輝く逸品です

本当に最後の入荷です

きになる方はお早めに

 

MASUNAGA 光輝 000 名作再入荷!

IMG_7506

☆ MASUNAGA 光輝 000

こんにちは
MASUNAGA 光輝の『光輝 000』が再入荷しました
1970年の大阪万博でタイムカプセルの中に入れられたメガネというのが
『増永眼鏡 カスタム72』
なんとこの増永眼鏡のメガネがタイムカプセルに入っているんですが
この『光輝000』はその後継モデル
時代を超え今も皆様に愛され続けている不朽の名作なのです

AZでも入荷するとすぐにお嫁入りしてしまい
なかなかお目にかかるタイミングが難しいこのモデルが再入荷です

IMG_7521 IMG_7522

☆ 光輝 000 #19 ブラック ¥25,000(税別)

IMG_7517 IMG_7518

☆ 光輝 000 #59 ブラックデミ ¥25,000(税別)

40年以上たった今でも支持され続けるのは
増永眼鏡の常に品質と技術の向上に努めている精神だからこそ
モノづくりに対する誇りがありそれが伝わるからこそです

厚みのあるプラスチック生地にウェリントンシェイプ
ここまでのボリュームのあるものってなかなかありません
存在感・重厚感のあるどっしりとしたモデル

しっかり太めが好きって方にはたまりませんよね

そしてさらにさらに朗報

増永眼鏡110周年記念に特別発売されたコチラも入荷しております

IMG_7523 IMG_7527 IMG_7528

IMG_7531

☆ 光輝 000 Limited Edition #S1 ¥30,000(税別)

マットブラックのフレームににミラーレンズが入った
『光輝 000 Limited Edition』
コチラも入荷とともにあっという間に完売してしまった
スペシャルサングラス

太さのある艶消しブラックの質感とミラーレンズという組み合わせは
光輝のモデルでも他にはない特別なサングラス

1本のみの入荷です

これは見逃せませんよ~
気になる方はお早目に

『GMS』 女優もかけているあのモデル♪

IMG_7467

『MASUNAGA GMS』 

こんにちは
『MASUNAGA GMS』から素敵なモデルが入荷しています
絶妙な丸がたまらない『GMS818』

すっきりした細身のデザインがとっても上品で
キレイなラウンド型を引き立てています
丸って太くなると強い印象になり個性的になりすぎますし
なかなかバランスが難しいのですが
このモデルはその細さと丸型のバランスが絶妙なんです

実はこのモデルアロマ〇ッチのコマーシャルで
あの〇咲コウさんもかけているメガネなんです

入荷カラーは

IMG_7470

☆ GMS 818 #23 ¥37,000(税別)

IMG_7468

☆ GMS  818  #13

IMG_7484

〇咲コウさんではありませんが実際にかけるとこんな雰囲気

やや小ぶりのサイズですので女性におススメです
全体的に細身ですので軽やかな印象
可愛さと上品さを持ち合わせているデザインですので
お仕事でもプライベートでも何気なくオシャレな感じでかけられます

IMG_7473 IMG_7474

すっきりさんのモデルですがブリッジの金属には模様が施され
また鼻パッドはチタン製という
細部にいたるまで気を抜かないデザインがたまりませんね

クラシックモデルに挑戦したいけど
なかなか手が出せない方にもおススメです
さりげないクラシック感でとっても使いやすいですよ

是非チャレンジしてみてくださいませ

『MASUNAGA since 1905 COCO』 気品漂うボストン

過去・現在を未来へつなぐべく新たな上質を表現するシリーズ
『MASUNAGA sincce 1905』

Masunaga_2016-21999ok1-690x517[1]

今年111周年を迎える老舗メガネメーカー増永眼鏡の
『MASUNSGA since 1905』シリーズから
モデルさんがかけているNEWモデルが入荷しております

先日ご紹介した『NY LIFE』 『VAN ALEN』のメタルサーモント
と同じようにチタン素材をベースにした知的なモデルです

IMG_6418

☆ MASUNAGA since 1905  COCO

ボストンのサーモント風のような
チタンフロントにアセテートの眉を挟み込んだ『COCO』

このアセテートの眉の部分って
リムに上から乗せてはめ込むのが一般的なんですが
このモデルはちょっと違っていて

IMG_6414

このように眉の部分そのものに切り込みをいれて
下からはめ込んでいます

IMG_6412

そうすることによってボリュームがでがちなフロントも
とてもすっきりと軽快な印象になるんです
このモデルの特徴はそこだけではありません
さらに色にもポイントがありまして・・

IMG_6413

アセテートの眉部分
この部分は表と裏でカラーや模様の入れ方をかえていて
見た目にも変化をつけています

いうまでもなく

IMG_6420

鼻パッドはもちろんテンプルエンドにいたるまですべて
オールチタン素材です

IMG_6404

☆MASUNAGA since 1905 COCO 15#

ゴールドにブラウンの眉がとっても知的
クラシック感が強くでがちなボストンですが
ここまで上品な雰囲気を出せるのは
細かなところにまで手を抜かないにデザインと
チタン素材のなせる技でしょう

なんだか『品のいいできる人』な雰囲気出てませんか
(あ・・あくまで雰囲気ですよ・・

IMG_6410

IMG_6416

☆ MASUNAGA since 1905 COCO 49#

ツヤを抑えたグレーはややカジュアルですがとてもシックな雰囲気
落ち着いた深みのあるフロントに
模様のある眉がいいアクセントになっています

カラーが違うだけでぐっと印象もかわります
そこがまたメガネの楽しさでもありますよね

上質で上品な本物志向のモデル『COCO』

女性はもちろん男性にもおススメです

『MASUNAGA since1905』 こだわりのメタルサーモント♪

こんにちは
先日のブログにてチラリとご紹介しました
『MASUNAGA since1905』より
高級感あふれるNEWモデルが入荷しております

IMG_6382

☆MASUNAGA  VAN  ALEN   

(手前 12カラー   奥 29カラー)

全てをチタン素材で構成されたメタルサーモント『VAN ALEN』

MASUNAGA

フロントからモダン(耳にかかる部分)鼻パッドにまで
すべてチタン素材を使っています
部分的に光沢仕上げにしてあったり角度によって色々な表情になり
質感を楽しめるモデルです
細部にいたるまで細やかな作りこみが光る逸品です

サーモントタイプって眉の部分がプラスチックのものがお馴染みですが
メタルになるとぐっと高級感が増します

一般的なサーモントはクラシックな印象になりますが
メタルになることですっきりとした印象になり
ビジネスでもスマートにお使いいただけます

IMG_6383

☆ MASUNAGA NY LIFE 

(手前 39カラー   奥 49カラー)

こちらもオールチタンの『NY LIFE』
『VAN ALEN』とレンズシェイプをかえてあり
横幅を出し、上下幅を狭くしてよりスクエアに近い形にしてあります

かなりすっきりとした印象です

IMG_6400

MASUNAGA2

写真だとメタルブローの部分が濃くみえますが
実際はもっとグレーよりの色ででそれほど強い印象はありません
お顔にも上品になじんでくれますよ

テンプルエンドのカッティングの仕上げの感じなど
個人的にグッとくる部分が随所に見られたまりません

スーツはもちろんシンプルな着こなしにさりげなく合わせていただける
上質なメタルサーモント

是非店頭にてお試しください

王道『GMS』のボストン

こんにちは
先日ブログで話題にしていたボストンメガネ
そんな話をしていたからでしょうか
なんとNEWボストンが入荷しました

IMG_5117

☆ GMS 104

これぞ王道の『ザ・クラシック』というべき
『GMS 104』
もちろんレンズ形状はボストンで・・

IMG_5127いわゆる『一山タイプ』というノーズパットが一体になったタイプですが
こちらはアセテート素材のパットがついています
これがまたいい雰囲気を出しているんです

IMG_5128

テンプル(つる)はメタルとアセテートのコンビネーション
このバランスも絶妙です

IMG_5114

☆ GMS 104 #49 ゴールド×ブラックマット

IMG_5115

☆ GMS 104 #39 ブラック

IMG_5116

☆ GMS 104 #13 アンティークゴールド×デミ

IMG_5122

細やかな模様が彫刻されたフロントリム
し・・・渋い

しなるような柔らかな弾力性も魅力です
かけ心地も軽くてフィット感も抜群
老舗MASUNAGAがつくる王道クラシックメガネ『GMS 104』

とっても雰囲気のあるボストンです

『GMS』のリミテッドサングラス

こんにちは
『MASUNAGA』110周年記念サングラスが入荷しております

IMG_4842

☆GMS 804SP

IMG_4846 IMG_4843

ご覧ください
ピッカピカのゴールドにマットブラックのアセテート

そして超フラットなレンズ

メタル部分にはフロントにもテンプル(つる)にも模様が施されていて

どうですかいい雰囲気でしょう

110周年らしい存在感、特別感のあるサングラスです

2本注文したにもかかわらず
1つは早くもお客様のもとへと旅立って行きました

お早目のチェックをどうぞ

そして大人気のあのモデルも再入荷しました

IMG_4854

☆ GMS 31

昭和天皇献上用に記されていたという『ワンスターシリーズ』

IMG_4851

味わい深いサーモントはザ・クラシック
暖かみもあり、きりりとした印象もある
レトロで落ち着いた雰囲気
たくさんのファンがいるのも納得のモデルです

実はこのモデルもう生産されなくなってしますんです
入手困難・・というかもう入手不可になってしまう逸品なのです

こちらもお早目のチェックを

縄手スタイルのメガネ

皆さま、こんにちは。

12月に突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか
最近、寒さが身にしみるようになりましたネ
今秋に買ったニット帽を、フル活用しようと意気込んでいる私です。
ニット帽にメガネ、ちょうど今が旬のトレンドコーデなんですよ

DSCF1751

line_autumn4


さて。
今回のブログは、メガネの歴史を調べると、ちょくちょく出てくるワード
「縄手(なわて)」についてご紹介したいと思います

初見の方もいらっしゃるかと思われますので、
まずは写真をご覧下さい。

2
※ 雰囲気を出すため、哀愁漂う写真編集でお送りいたしております

こちらが、「縄手」スタイルのメガネです

くにょっとカーブを描いているモダンが特徴的ですね
昔から、メガネをよく掛けてこられた方でしたら、
非常に馴染みのある形かもしれません

縄手とは、メガネを掛けたときに、
テンプルのモダン部分が、耳を取り巻くようにして
引っかかるパーツのことをいいます。

3

その見た目などから、「ケーブルテンプル」「巻きつる」
などと呼ばれることもあります

縄手は元々、乗馬のときにメガネがズレたり落とさないよう開発され、
今日ではスポーツ用のメガネにも使用されたりしています。

耳の裏側から耳たぶあたりまで、ぐるっと巻きつく形になるので、
確かに普通のタイプより装着感がありそうですネ

8

そもそも、明治時代以降、日本やヨーロッパの国々で、
古来金属製メガネによく見られた先セルのタイプだったのだそうです。

昨今では、わざわざぐるっと耳に巻きつかなくても、
テンプルのバネ製が発展してきて、メガネのズレが起きにくかったり、
縄手部分の作りがかなり高度で手間のかかることから・・・

縄手スタイルのメガネが、少なくなってきているんです

これまで、どうでしょう・・・
眼鏡屋で縄手のメガネを見た方、少ないんじゃないでしょうか
普通の量販店さんには、まず置いていないようです。

でも、安心してください

10

当店はございますよ


かなり数は少ないものの、本店、東刈谷店、両店ともに
数本お取り扱いをしております。

縄手をお求めの方々は皆、口を揃えて
「独特なオーラがあって、こういうものを以前から探していた」
「なんだか、懐かしい空気を感じた」

と、おっしゃるんだとか。

人を寄せ付ける、何か「トクベツな雰囲気」があるんでしょうね
人とは違うものを、という方にもオススメです。

6

Kame ManNen 95c

7

G.M.S. 32n

どちらも、福井県鯖江にある古参のメガネブランドです。
すっきりと掛けやすいボストンタイプと、目元にアクセントのブロウタイプ、
どちらがお好みですか?

5

一昔前の懐かしさ溢れる縄手スタイルのメガネ、
是非、味わってみてください。
レトロなメガネを掛けるブームが来ている今だからこそ、
きっと、お気に召していただけると思いますよ