カテゴリー別アーカイブ: LABYLINTH by 影郎デザインワークス

【LABYRINTH by 影郎デザインワークス】クラシック影郎・サングラス

前回に引き続き、影郎デザインワークス流のクラシックフレームを
【徹底解剖】していきたいと思います

POISON6 col,8 ¥32,000-(税抜)

IMG_1888

クラシックというカテゴリに属するのか悩みますが
やはりクラシックのフレームには違いない
不思議なオーラを放つPOISON6

は、前回ピックアップしたフレーム

【メサイア】

と似ている構造であるポイズン6
細めのリムで、軽さと柔らかさは
影郎の中でもトップクラスです

IMG_1893

レンズデザインは影郎らしく、リフトアップ効果のある
少しツンとしたオーバル系のレンズデザインです

独特な形状のアシンメトリーフレームデザイン

この独特な形状は、デザイナーの影郎氏曰く

最近のクラシックデザインに一石を投じる
影郎流クラシックを作った

との事です。
シンプルなデザインなのに、クラシックな雰囲気があり
更に、影郎ブランドのメガネという事が分かるデザインに仕上がっています

IMG_1903

アシンメトリーになってるパーツには
なぜこの形になったのか、誕生秘話があります

IMG_1901

一山ブリッジのは高さがあるので、そのまま作ってしまうと
フロントとブリッジの距離が出てしまい、凹凸が生まれ
デザインとしてかっこ悪くなってしまうという点

IMG_1900

どの様にしてこの問題を解消するのか?
を考え生まれたのが

ツーブリッジを斜めに渡すこのデザイン

フロントにブリッジを斜めに渡すことによって
一山ブリッジが奥に行ってしまっても
凹凸が気にならない様にできます

IMG_1897

POISON6の一山の高さは、一山としては珍しい高さの

<1㎝>

の高さを出しています。
日本人の鼻の形状に合わせた、高さのある一山のかけ心地は
ピッタリ鼻に乗りますので、凄く気持ちが良いです

IMG_1896

テンプルはメサイアと同じく
細い形状のスリムなテンプル

IMG_1901

マットなホワイトで目立ちそうですが
リム部分が細いのできつくカラーが出すぎる事はありません

IMG_1899

これから暑くなっていく季節にピッタリな
涼し気な雰囲気のカラーです

こんなクラシックフレーム見た事ない
と思っていただけるデザイン・カラーです

IMG_1905

前回【徹底解剖】したメサイアと一緒に並べてみました

MODERNTIMES col,132 (シェルホワイト)¥25,000-(税抜)

IMG_1907

影郎流ウェリントンであるモダンタイムス
少しツンとしたウェリントン型

ブリッジはお馴染み
キーホールブリッジを採用しています

鍵穴型にすることで
フレーム全体に引き締まった効果が生まれます

IMG_1908

ブリッジの形状の小さな違いで雰囲気が随分変わります
メガネのデザインは奥が深いです

IMG_1912

ホワイトシェルという
貝殻をモチーフにした生地

アセテート生地がキレイなので
そのキレイな生地を最大限にいかすデザインです
角度によって生地が様々な表情を出してくれます

白ベースの生地ですが、貝殻の様な柄と色合いが
キツイ白になりすぎない表情で使っていただけます。

IMG_1915

テンプルは少し太目テンプルです
ホワイトシェルの柄がしっかり分かるようになっています

IMG_1917モダンタイムスというフレーム名の元になったのは

チャールズ・チャップリン監督作
【モダンタイムス】

という映画からだそうです
フレーム名にも色々な物語が隠されています

IMG_1920

光の当たり方で、貝殻の様なラメっぽさというか
キラッとした感じが出てくれます
そのツヤと生地の柄がとても綺麗です

IMG_1923

サングラスとして使うのもいいかもしれません

ミラー仕様のギラギラしたサングラス

薄サングラス

どんな方法でもカッコよく使えると思います。
生地の色も目立たせる感じなら薄サングラスがおススメです

Catwalk col,131 ¥27,000-(税抜)

IMG_1929

ツンとしたフォックスシェイプのサングラスです
セクシーでカッコいいイメージ

IMG_1931

海外ブランドがリリースしていそうな
かなりキリッとしたデザインのフォックスです

ここまでのフォックスラインは国産ブランドでは中々無いと思います
国産なので、ちゃんと日本人に似合う様にデザインされ
掛け具合もしっかりしていますので
フォックスデザインを探しているのに、海外製だと
掛具合がちょっと・・・

という方にはかなりおススメです!

IMG_1936

ブラックカラーがシンプルでカッコいいです
実は全てブラックという訳ではありません

チラッと見えていますが
後ろの生地のカラーを変えています

IMG_1943

裏側はこんな感じの生地になっています

先程のモダンタイムスの様な
シェル系のブラウンカラーの生地を組み合わせています

裏に違う生地を合わせる事で、ブラックカラーですが
印象が重くならないで使う事が出来ます。

IMG_1938

テンプルはフロントから先セルに向けて細くなっていく
影郎のフレームでは珍しい形状のフレームになっています

フロントに負けないようなインパクトは残しつつ
重い印象にならない様、先に行くにつれスリムにしています

IMG_1944

鼻パッドは高めのパッドが付いています
ほっぺたや、まつげにも当たらない様に設計しています

IMG_1947

生地の張り合わせ部分を撮ってみました

実は表のブラックカラーの生地は薄く
裏のブラウンカラーの生地の部分の方が
生地の厚みがあるという事が分かります

この辺りの生地の張り合わせの配分も
職人やデザイナーの試行錯誤による結果だと思います

 以上が、影郎流クラシック&サングラスです
クラシックでもブランドのイメージはしっかり感じられるようになっています
ブランドの世界観を、是非体感して頂きたいです。

【LABYRINTH by 影郎デザインワークス】影郎流・クラシック

今回は

LABYRINTH by 影郎デザインワークス

がリリースするクラシックメガネを【徹底解剖】していきます

影郎デザインワークスは、時代や流行に左右されない
独自の世界観を持つブランド

そんなブランドがクラシックメガネを作るとどうなるのか?
やはり一般的なクラシックとは一線を画したデザインに仕上がりました

WAO col,M3 ¥36,000-(税抜)

IMG_1845

影郎デザインワークスの提案する

ラウンドメガネ=丸メガネ

影郎らしく、少し攻撃的な要素をいれていますが
間違いなくそのデザインはラウンド型
丸メガネは柔らかい、優しい雰囲気というイメージを全く覆す
個性的なラウンドデザイン

IMG_1848

カラーはグラデーション仕様になっている
アンティークブラウン

真鍮色の様な渋めなカラーです
デザインは個性的ですが

王道のクラシックカラーになっています

良く見ていただくと、ブリッジは左右非対称になっています
さり気ないですが、影郎イズムを感じる造りです

IMG_1849

智元にデザインされた花?のモチーフ
さり気ないですがデザインを引き締めてくれます

IMG_1850

カラーは、重くなることはないですが
重厚感はあるカラーなのでしっかり主張してくれます
グラデーションなので、肌に馴染みつつ主張はしてくれます

他のブランドのアンティークカラーと比べると
少しマットなテイストなので
そういったカラーの使い方も影郎らしさを感じる部分だと思います。

IMG_1854

テンプルはチタンを層の様に重ねたような
影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

骨の様な、化石の様な

何だか不思議な雰囲気のテンプルです

IMG_1855

丸メガネをいかに影郎デザインワークスらしく作るのかを考え
採用したテンプルだと感じます

IMG_7099影郎のメガネのテンプルは
上の画像のテンプルを使用することが多いです
シンプルでカッコいいのですが

WAOとの組み合わせは
物足りなく感じてしまうので
チタン層のテンプルを採用したのではないでしょうか?

IMG_1856

上から見ると層が三層構造だと分かります
チタンを三枚張り合わせてつくられている立体感を感じるテンプル

ボリュームはありますが、チタン製なので見た目の印象ほど重くなく
むしろフレームとしては軽い部類に入ります

IMG_1860

影郎デザインワークス流の丸メガネ
クラシックとしての雰囲気と影郎らしさの融合したフレーム
カラーレンズを入れてサングラス仕様にするのも面白そうです

Messiah col,103 ¥32,000-(税抜)

IMG_1863

コチラもクラシックな影郎フレーム
スリムなフレームですが、そのデザインや造りには
色々な要素がもの凄く詰まっています
一つ一つ紐解いていきたいと思います

メサイアの最大の特徴と言ってもいい

【スリーブリッジ】

ブリッジとは、メガネのリムを繋ぐパーツの名称です
ツーブリッジと呼ばれるメガネは下の画像の様に

鼻のブリッジ以外にもう一本
フレーム上部に橋を渡すようになっている構造のモノを指します

IMG_1927

こういったタイプをツーブリッジと呼びます

その名の通り2本ブリッジがある造りです
ツーブリッジデザインはクラシカルな雰囲気なってくれます
世界的にも流行っているデザインです

そんなツーブリッジの上をいく
スリーブリッジフレームであるメサイア

IMG_1864

①ノーマルのブリッジ

②その上に渡してあるツーブリッジ

③そして三本目のブリッジが斜めに渡してあります

IMG_1865

少し角度を変えてみると
斜めのブリッジはこんな感じに見えます

スリムなフレームですが、インパクトがあり
スリーブリッジの斜めに渡してあるデザインや
アシンメトリーになっているのも影郎らしいデザインといえます

IMG_1866

カラーもかなり独特なカラーです
マットな質感のパープル

かなり目立つカラーなので

顔に馴染ませるという使い方は難しいと思います

とことんカラーを楽しんで、派手に使ってください
万人受けするカラーではないですが
好きな方は絶対に気に入っていただける攻めたカラーです

IMG_1868
テンプルはかなりスリムでシンプルな造りです
軽くて、いい具合にしなりも出てくれますので
かけ心地はかなり気持ちいいかけ心地になります

IMG_1870

パッド部分は一山タイプ
一山の一体感のあるデザイン

鼻にピタッと乗ってくれる一山は一度掛けたら
戻れない方もいらっしゃる程気持ちいいです

IMG_1874

細くてスリムですが、かなりインパクトのあるフレームです
業界でもあまり見ないスリーブリッジフレームを
是非体感して頂きたいです

Messiah col,50 ¥32,000-(税抜)

IMG_1875

先程のカラーと比べると落ち着きのあるカラーで
アンティークな風合いのスチームパンクカラー

カラーが変わると、ここまで印象が変わるのだな
と思わずにいられない程、先ほどのパープルからすると
イメージが違ってきます

IMG_1877

真鍮の様なカラーで、スリムなフレームなので
個性的なスリーブリッジ部分も奇抜になり過ぎないです

IMG_1878

落ち着いた雰囲気を出せる大人なカラーです
大人の方が少し遊んだ感じを出して使っていただけると思います
まさしくアンティークな雰囲気で使えます

IMG_1882

スリーブリッジ部分の細さとカラーもカッコいいです
男性っぽいカラーですが、女性の方もカッコよく使えます

IMG_1885

カラーも相まって、サイドのスリムさとシンプルさが
際立ってくれます
ある意味、影郎らしくないといってもいい位シンプルな風合いです

IMG_1886

攻めた使い方が出来るパープル

落ち着きがあり渋めなスチームパンク

皆様はどちらのカラーがお好きですか?

【メガネフレーム・様々なデザインモチーフ編】

今回はメガネをピックアップしていきます

LABYRINTH by 影郎デザインワークス BASARA col,122 エスニックブラウン

IMG_0903

アンダーリムの攻撃的なデザインのサングラス
カラーレンズが入っていますが、クリアレンズをいれて
メガネ仕様にするのもカッコいいです。

こちらのデザインは
フレーム名がデザインモチーフを表しています

IMG_0905

奈良の新薬師寺にある塑像

国宝
「伐折羅 バサラ」

そのバサラ像をヒントに作られたデザインのサングラス
逆ナイロールのサングラスは中々珍しいのではないでしょうか?

カラーはエスニックブラウン
オリエンタルなイメージのマットなブラウンカラーです

フロントの表側だけ、エスニックブラウンが
グラデーションになっています
IMG_0919

デザイナーである影郎氏は、このサングラスを作る際

<威嚇の形>

をメガネのデザインにしたかったんだそうです

IMG_0909
テンプルにはバサラ像の

【髪】

のような、なびいたデザインが特徴的です
仏像の持つ曲線美をメガネに取り込んでいます

炎のような、髪のような不思議なテンプル
アンティークブロンズカラーが、仏像感を醸し出しています

IMG_0911

阿修羅2というフレームにも使用されていたテンプルは
刃物のような鋭さを感じます
このテンプルをデザインした際

刃物でできているモニュメントを参考に
このテンプルをデザインしたみたいです

IMG_0913

左右非対称に仕上げてあるメガネが多い影郎のメガネ
一見するとこの BASARA は左右対称に見えますが

実はブリッジ部分がさりげなく
左右非対称になっています

影郎デザインワークスらしさが詰まっています

IMG_0922

カーブフレームなので、しっかり顔をカバーしてくれます
カーブフレームとしての役割も勿論
カーブフレームのカッコ良さもちゃんと出てくれます

かなり攻撃的な印象ですが、実際に掛けてみると
攻撃的になり過ぎない絶妙なバランスで掛けることが出来ます

こういった表情に出来るのが、影郎マジックです
バサラ像の力強さを身にまといたい方におススメです

TAYROR WITH RESPECT dig col,02

IMG_0880

TAYLOR WITH RESPECT のdig
ボストン型とラウンド(丸)を合わせた様なデザインです

上下の幅が深すぎず
ラウンド型の丸メガネ!というインパクトが出すぎない

ハイブリットなデザインに仕上げています
IMG_0881

フレーム名は

「掘る」

という意味になります。
さて、「掘る」というフレーム名が付いたコチラのフレーム
デザインモチーフは何だかお分かりになりますか?

IMG_0886

ヒントはこの太いリムです
コチラの「Dig= 掘る」のモチーフは

『レコード』

をモチーフにしたデザインになっています。
レコードのイメージを落とし込んだ

【レコードリム】

と呼ばれるリム

IMG_0888

レコードの溝のようにデザインされた幅のあるリム線で
厚みのあるレンズを隠すことが出来る効果もあります

フレーム名の「Dig= 掘る」の由来は
レコードショップなどで、沢山のレコードの中から
レコードを探す行為が、掘り起こしている様に見える事から

『ディグる』

と呼ばれています。
そんなディグる行為からフレーム名は取られています

IMG_0894

チタンパッドが新しいチタンパッドに変わっています
新パッドは

【クラウドパッド】

という名称になります。
より軽く、肌へのフィット感も増している新パッドです

IMG_9718

今までは鼻に触れる面に【T】のマークがありましたが
今回の新パッドには見当たりません・・・
しかしちゃんと【T】のマークはパッドに施しています。

それはどこなのかというと

IMG_0899

表側になりました
これにより、外から見た時に【T】マークが見える様になりました
気が付きにくい部分ですが、このさり気ない遊び心がカッコいいです

MJY 7000 col,1

IMG_0923

Mastering Japan Years

の頭文字をとって

『M.J.Y』というブランド

ボリュームのある、少しハード目なフレームデザインです
ブロー部分が濃いめで主張してくれます

IMG_0925

「3D NC加工」

生地から模様が浮かび上がるように切削加工をして、
立体感のある彫刻のようなデザインを浮かび上がらせるというこだわりの技
最新の技が詰め込まれています

IMG_0929

 そんな独自の技法で彫られているのは

『鳳凰』

切削の技術が高いからこそ作る事の出来る技です

鳳凰の羽もテンプルの立体感も
全て切削で作られています

IMG_0937

 手作業では、中々ここまでの細かい掘り込みは難しいです

【和】

を感じます

IMG_0931

鳳凰部分だけではなく、ブロー部分からの立体感も
このフレームの特徴です

ブローの太さとテンプルの太さが同じな
最近だと割と珍しい、太目のボリュームのあるテンプル

IMG_0934

かけ心地のいい構造の

板バネ構造

を採用しています。これだけボリュームがあっても
かけ心地はしっかり柔らかく掛けられます

IMG_0939

和なイメージで、立体感をしっかり押し出しているフレームです

今回ピックアップしたフレームは
渋めなデザインモチーフのフレームでした。
改めてデザイナーさんって凄いな!と感じます

次回も何か変わったデザインモチーフのメガネを
ピックアップしていきたいと思います。

秋っぽい?カラーのメガネ

暦の上では冬ですが、今回はタイトルにある通り

秋っぽいカラー

のメガネをピックアップしていきたいと思います。

LABYLINTH by 影郎デザインワークス PHEROMONE col,112  日暮れ¥25,000-(税抜) IMG_9377

スリムでセクシーな印象のフレームです。
この細さの、シャープデザインのメガネは最近では珍しいです。

<日暮れ>

と名付けられた暖色系の秋っぽいカラーです

IMG_9380

発色のキレイな、イタリア製の有名アセテート生地メーカーである

【マツケリ社】

の生地を使っています。
ワンロットだけの生産になっていた筈なので、数も少ないレアものです。

IMG_9382

秋の紅葉の様なイメージです。
ブラウンとオレンジのバランスが良い感じ
どちらかといえば、オレンジが強い感じですね

IMG_9385

AZにあるラストのフェロモンになります。
気になる方はお早めに!

lafont GAUFRETTE col,550 ¥45,000-(税抜)

IMG_9403

こちらはラフォンのゴーフレット
ラフォンらしい、フェミニンでセクシーなフロント
フロントの下部には栗?みたいな柄のアセテートを合わせています。

IMG_9406

お得意のエッチング加工を施してあるフロントとテンプル

何となく感じるパリの雰囲気

がいいです。
エッフェル塔の様なイメージを感じます。

IMG_9410

派手過ぎないけど、主張をしてくれるテンプルデザイン

IMG_9412

大人のかっこ良さを引き立ててくれるデザインに仕上げてあります。

KAMURO orgel オルヘル col,71701 ¥40,000-(税抜)

IMG_9413

カムロからはコチラのオルヘル

フロントデザインは王道のオーバル型

柔らかい優しいイメージで使えるフレームになっています。

IMG_9414

泡をモチーフにしたカムロが得意とする

<七宝&ラインストーン>

の組み合わせです。

IMG_9416

 ゴージャスすぎず、カジュアルになり過ぎない
大人なメガネです

IMG_9418

溝を彫ってあるアセテート生地に
チタンフレームを挟み込むという技法で作られているオルヘル

軽さは勿論ですが、かけ心地もすごくいいです。

JAPONIASM 554 col,005 ¥40,000-(税抜)

IMG_9422

JAPONISMの秋を感じる一本はコチラ
紅葉を感じる、オレンジブラウンのフレームカラーです。

IMG_9426

JN-554 の特徴は、何といっても立体感とボリューム

【油圧プレス】

の技法で作られていて、その姿はまるでゴーグルを彷彿させます

IMG_9427

ここまでの立体感のあるメガネも中々ありません。
このフレームが

一枚の生地から仕上がっているとは思えないほどの立体感

IMG_9431

見れば見るほど、どうやって作ったんだろう?
と疑問に思う程立体的に仕上がっています。

IMG_9433

 存在感抜群のフレームなので
好きな方はとことん好きなデザインではないでしょうか

TURNING T-180 ¥32,000-(税抜)

IMG_9388

谷口眼鏡のターニングからは

スクウェアで少しウェリントン

こちらのT-180です。

IMG_9390

ブリッジデザインもシンプルな形状です
目立ちすぎる事無く使えるデザインになっています

IMG_9392

ウェリントン系のクラシック感はありつつ
スクウェアのシンプルさもある、服装や場所を選ばないフレームです

IMG_9395

とはいいながら、明るめの生地ではありますので
没個性になりすぎない主張をしてくれます

IMG_9402

谷口眼鏡といえば!という日本地図

も刻印されています。

以上が秋っぽい?カラーのメガネです。
皆様それぞれの秋らしさを感じていただければと思います。

<ブランドディスプレイ>

前回のブログでディスプレイの話が出ましたので
今回は各社のオリジナルディスプレイをご紹介したいと思います。
POPやディスプレイも、各社様々な種類をだしています。
変わり種から正統派まで、AZにあるものの中からいくつかピックアップしていきます。

【KAMURO】

「美・観・楽・遊」というコンセプトのブランド
アクセサリーの様なメガネを出すブランドのディスプレイは
世界観を表現するように、
落ち着きはありつつ、可愛さも表現できるディスプレイになっています

タペストリーや金属製のPOP立てもKAMURO感満載です。

IMG_6934

シンプルなバージョンと
テンプルを埋め込んだ?ちょっと変わり種のディスプレイです。

IMG_6930

KAMUROらしく、ロゴを七宝のカラーで埋めています。
花や葉っぱモチーフの柄になっています。
ブランドイメージがディスプレイに集約されています。

IMG_7391

春の展示会でお目見えした新作ディスプレイ
メガネのテンプルにPOPを挟み込むこともできる
<機能性も持たせてあるディスプレイです>

【LABYLINTH BY 影郎デザインワークス】

影郎デザインワークス
のディスプレイは
《一癖も二癖もあります》

IMG_7395

デザイナー完全手作りの

《謎のディスプレイ》

モチーフが何かとか、謎の多いディスプレイですが
ブランドイメージと完全にマッチしています

IMG_7397

一筋縄ではいかない、個性的なフレームが多い影郎コーナー
そんなコーナーの雰囲気を更にアップさせてくれるディスプレイになっています。

【JAPONISM】

JAPONISMのディスプレイはブランドイメージを具現化したような
クールな印象のディスプレイです。IMG_7404

ドライバーセットをディスプレイにするあたりが
何だかJAPONISMらしいです。
ドライバーはJAPONISMのロゴ入りで、持ち手まで金属で仕上げています。

IMG_7402

3本セットではない、1本バージョンも存在します。

《10th ANNIVERSARY》

と刻印のある通り、
10周年の際に作られたディスプレイです。

《20周年記念》
オリジナルロゴメガネ拭き

IMG_9828

がリリースされたのが3年前の2016年
ドライバーはもう10年以上前のディスプレイ
という事になります。
こうして振り返ってみると歴史を感じますね。

【ic!berlin】 IMG_7406

(何か写り込んでいますが、気にしないでくださいませ・・・)
ic!berlinのディスプレイは、ブランドのアイデンティティ

《ネジを使わない》

構造を取り入れたデザインになっています。
実際にメガネに使われている素材をそのまま使っています。
素材だけでなく、製造方法も同じです。
違うのはメガネの形ではないという事のみ。

IMG_7411

といいつつ、実はメガネ型もあったりします。
これだけでブランドに興味を持ってもらえるような
インパクトのあるディスプレイです。

 【G4 OLD&NEW 】

IMG_6634

G4はメガネの分解図をディスプレイにしています。
意外とメガネに使われているパーツって多いんだな、と思います。
クラシカルなG4らしい、渋いディスプレイです。

 ディスプレイはブランドのイメージを伝えるのに最適なアイテムです
メガネを見るついでに、少し気にして見て見るのも面白いですよ

【影郎デザインワークス】PORNOⅤ登場

新作の展示会から戻ってきて間もなく
影郎デザインワークスの新作が到着しました。
早速【徹底解剖】してみたいと思います。

PORNOⅤ(ファイブ)

IMG_7112

今回入荷したモデルは、シンプルながら影郎イズムを感じる
使い勝手はいいけど決して普通過ぎないデザインで
プラスチックフレームの初代

「PORNO」

のメタルバージョンとして誕生した一本です。
カラー展開はパーソナルカラーに沿った4色と
アンティークなカラーであるスチームパンクカラーの全5色展開になっています。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SPR ¥40,000-(税抜)

IMG_7059

PORNOのメタルバージョンというコンセプトですので
フロントデザインはPORNOのイメージそのままで使うことが出来ます。
左右非対称になっているデザインも、そのまま引き継ぎで作られています。
しかし、初代PORNOをただ単純にメタルバージョンにしただけではありません!

IMG_7122

上のフレームは、プラバージョンPORNOですが
プラバージョンのPORNOは、特徴的な柄の部分をドリルで切削して
そのままドリル痕を残している仕様でした。

今回のPORNOVも、同じように柄の部分はドリルで切削しています。
ただ、Vの場合はそのドリル痕をとある手法で埋めています。

IMG_7068

《七宝》

をドリルで切削した部分に流し込み、プラバージョンではあえて残してあった
切削痕を埋めています。

<切削痕が残る少し無骨なプラバージョン>

<七宝を埋め込んで綺麗に仕上げてあるメタルバージョン>

といった使い分けが出来そうです。

IMG_7064

フロントが特徴的なメガネなので、
テンプル周りはシンプル目にまとめています。

IMG_7067

七宝部分はこんな感じのツヤ感
ぷっくりとして可愛いです

IMG_7115

パーソナルカラーを取り入れたカラー展開なので
前に貰った、カラーチャートに乗せてみました。
春のカラーチャートに馴染むフレームカラーになっています。

このSPRカラーは、<キュート>がテーマです。
元気で可愛らしく小粋なイメージで作られています

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,SUM ¥40,000-(税抜)

IMG_7070

 こちらはサマーカラー
今回のカラー展開の中でもキレイなカラーリングです。

SUMのテーマは<エレガント>
デリケートな優しい雰囲気のイメージで作られています

IMG_7072

ネイビーカラーにピンクの七宝を合わせた
可愛いイメージで使えます

IMG_7075

ネイビーとピンクのコントラストがはっきり出ています。

IMG_7118

サマーのカラーチャートに乗せるとこんな感じです。

ブルーベースでマット系な方にはこのカラーが最適です

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col,AUT ¥40,000-(税抜)

IMG_7076

オータムカラーはグリーン系です。

AUTカラーのテーマは<ゴージャス>
大人っぽく豪華で優雅なムードを演出してくれるイメージです

IMG_7078

落ち着きもありつつ、優雅さも感じるカラーです。
グリーンの七宝のさりげなさと、主張する感じが絶妙です。
目立ちすぎないけど、ちょっと個性的な感じが良いです

IMG_7082

 キラキラした、ストーンや七宝をしている訳ではないけど
どこか品の良い感じのオーラを出してくれるカラーではないでしょうか?

IMG_7119

カラーチャートはこんな感じ。
イエローベース肌でマット系な方にはまってくれるカラーです。

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, WIN¥40,000-(税抜)

IMG_7085

濃いネイビーと、アイボリー系の七宝がキレイなカラー

こちらのテーマは<クール>
ブルーベースでコントラスト高めの人にピッタリです。

IMG_7087

カッコよさとクールさを感じるフロントカラー

IMG_7091

クールとは言っても、冷たい印象ではなく
七宝のツヤも相まって、どこか優しさも感じます。

IMG_7120

カラーチャートに乗せるとこんなイメージ

LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNOⅤ col, スチームパンク¥40,000-(税抜)

IMG_7094

パーソナルカラーの4色とは違い
七宝も使わない無骨なスチームパンクカラーもリリースしています。

アンティークなイメージで
真鍮の様な質感を持つカラーです。

IMG_7098

アンティークショップから出てきたような
お宝感あふれるカラーになっています。

IMG_7101

七宝バージョンだと隠れるドリルの切削痕をあえて残す
プラバージョンのPORNOの様なフレーム。

ある意味、このスチームパンクカラーが
PORNOのチタンバージョンの真の姿かもしれません。

IMG_7102

カッコよさと渋さ、それでいてシンプルさも持っている
そんなカラーの一本です

ちなみに今回納入分から

IMG_7107

newケースになっていました。
今までの丸みのあるケースから、細長い四角ケースになりました。
ブランドロゴ周りも少し変わっています

IMG_7109

以上が今回入荷してきたPORNOVになります。
使いやすいデザインの中に、キチンと影郎感を感じるデザインになっています。
是非実際に掛けてみて、カラーの綺麗さを感じてみてくださいませ。

影郎デザインワークス・カラーチャート編

今回のブログは普段とは少し違った観点からメガネをご紹介します。
似合う色は人それぞれ違い、生まれ持った肌・瞳・髪の色によって決まります。
それらをまとめたものが、

「あなたに似合う色」
パーソナルカラー

パーソナルカラーを身に着けると、美肌に見えたり、あか抜けて見え
イメージアップします。
また、ファッションやメイクの色選びの幅が広がるなど、
嬉しい効果が期待できるのがパーソナルカラーです
パーソナルカラーを身に着けると

・肌に透明感が出て美肌に見える

・若々しく健康に見える

・フェイスラインがすっきりして小顔に見える

・上品であか抜けた印象に見える

などの効果があります

そんなパーソナルカラーは大きく

「2つのベースタイプ」

に分かれます。
※青みがかった色が似合う

《ブルーベースタイプ》

※黄みを含んだ色が似合う

《イエローベースタイプ》

この「2つのベースタイプ」を更に「色の明るさ」に分類し
4種類に分類分け出来ます。これらは四季に例えられ

<スプリング>
<サマー>
<オータム>
<ウィンター>

と呼ばれています。
ご自身のパーソナルカラーが、どの季節に属するかを知るだけでも
メガネ選びにおいていい判断材料になります。

今回パーソナルカラーのブログを書くきっかけになったのが、

【影郎デザインワークス】

から、カラーチャートが送られてこられた事がきっかけです

IMG_6360

ご自身のパーソナルカラーが、どのベースなのかを確認できる
簡易チャートも付属してきました。

IMG_6362

送られてきた、パーソナルカラーチャートがコチラ
今回は、このカラーチャート表をフルに活用してみたいと思います。

 スプリング(イエローベース)

春のお花畑を思わせる、明るくクリアな色がお似合いになります。
スプリングタイプの方は、可愛らしい雰囲気で、
実年齢より若く見える人が多いのが特徴です。

IMG_6365スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《VANILLA》

SPRING系のパーソナルカラーの方に合わせて
馴染みつつ、キレイに色が出てくれます。

サマータイプ(ブルーベース)

初夏を思わせる、淡いブルーが入った明るい色や、
グレイッシュな色がお似合いになります。
サマータイプの方は、爽やかな中にも、
上品でエレガントな印象をお持ちの方が多いのが特徴です。

IMG_6382

スプリングのチャート表に乗せているのは
影郎デザインワークスの

《POISON》

影郎デザインワークスのイメージを具現化したような?
ブランドを代表するフレームです。
名前は毒々しい名前ですが、実際に顔に乗せるとそうでもないデザイン
そんなポイズンもパーソナルカラーに合わせて使ってあげると
馴染みつつ、デザインを目立たせることが出来ます。

オータム(イエローベース)

秋の紅葉をイメージさせる、深みのあるこっくりした色や
スモーキーな色が似合います。
オータムタイプの方は、知的で、
大人っぽい雰囲気をもたれている人が多いのが特徴です。

IMG_6383

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

フレーム名の通り、蟹をモチーフにしたデザインです。
AUTUMの落ち着いたベースに少し明るいカラーを合わせています。
フレームカラーは結構明るめに見えますが
カラーチャートに乗せても違和感がないのはさすがです。

ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の澄んだ空気に映える、はっきりした色や暗い色がお似合いになります。
ウィンタータイプの方は、クールでシャープな雰囲気で、
独特の存在感を持つ人が多いのが特徴です

IMG_6414

スプリングのチャート表に乗せているのは

《KANI》

落ち着いた濃いカラーですが、WINTERのチャートに乗せても
フレームのカラーが重いとか、そんな印象もなく自然な色合いになっています。

カラーチャートにそれぞれ同じ系統のカラーを乗せたものが以上になります。
やはりフレームがベースカラーを考慮したカラーになっていますので
カラーチャートに乗せてもかなり馴染みます。

IMG_6416

WINTERのチャートに、バニラのSPRINGカラーと
KANIのWINTERカラーを乗せました。

 上のフレームがバニラで、下のフレームがKANI
SPRINGカラーのバニラは少し色味が浮いている様にみえます。
チャートに合わせたKANIのWINTERカラーは、色味が馴染んでいます。

色の合わせ方で、相手に与える印象はグッと変わります。
ご自身のカラーが、どの系統のベースなのかを知ることで
どんなカラーがご自身に似合うのか?一つの判断材料になると思います。

チャートはお店に置いてありますので
簡易的にご自身のパーソナルカラーチェックはしていただけます。
気になる方は是非お試しくださいませ

影郎デザインワークス新作【Adrenalin2】到着!

影郎のメガネの中でも、未だに根強いファンがいる

「アドレナリン」

今から遡ること10年前の2008年にリリースされた

<影郎流丸メガネ>

2色リリースされましたが、AZでも早々にお嫁入りしてしまった一本。
レンズがサングラス仕様になっており、サングラスとしても使えるものでした。
今現在も、たまに問い合わせのあるこのメガネ
なんと今回

『2』として復活です!

まずは「アドレナリン」の誕生から【徹底解剖】していきたいと思います。

色々書きたいことはありますが、デザイナーブログに
そのまま紹介したい事が載っていましたので、そのまま転載させて頂きます。

当時アイデア帳に落書きした想像図

日本人顔向けの丸メガネがないことでこの作品を作った。
外人さんでも掛けられる丸メガネであれば
日本人が掛けると目が耳寄りに引っ張られるからね。

しかし日本人にあうように2つの円の距離を離すと
ブリッジ部分やヨロイ部分が間延びしてしまう。
その空間をどう埋めるかで苦労した作品だ。

どうせなら可愛いイメージで作るのではなく松田優作が掛けてもおかしくないほどの
攻撃力をふくんだ丸メガネを目指してデザインしたんだ。

この作品が出来た当時は私の髪はすごかった。
残念ながらギャラリーでも1本の在庫すら残ってない。
写真は自分の私物だ。

この作品だけはどうしても再生産したかった作品。
時代の流れもあり若干ではあるが円のサイズ大きくし装飾も過激になって
3月ごろにアドレナリン2を発表する。

以上転載終わり

影郎丸メガネのスタートを飾った「アドレナリン」
影郎イズムを落とし込んだ、ハードなんだけれど何だかキツすぎない
らしさ全開の丸メガネ。
そんなアドレナリンの意思を継ぐ新作

「アドレナリン2」

早速です、主役の【徹底解剖】を始めていきたいと思います。

IMG_0799

作品「アドレナリン2」col,60 陸自

今回も、レンズが色の薄いサングラス仕様になっています。
(もちろんクリアレンズでの使用も可能です)
カラー名が独特なカラーになっており

『陸自』

デザイナー曰く、このカラーは<陸上自衛隊>でよく見掛けるカラーとの事。
実際のカラーとしては、『オリーブドラブ』と言われるものみたいです。
『オリーブドラブ』と言われてもあまりピンとこないですよね。
探してみました

c01ec79d7537c9b236c069904ca610d2

これが『オリーブドラブ』らしいです。
確かに陸上自衛隊で使われているものという感じです。

IMG_0801

実物のカラーの出方は、グリーンマットなイメージです。
グリーンの中に少し、グレーっぽい印象もあります。

IMG_0802

『特徴的なブリッジデザイン』
アドレナリンの方でも苦労してデザインされた

『空間をどう埋めるか』

を更に突き詰めて仕上げてあるブリッジ。

IMG_0804

テンプルは、シンプルタイプの影郎テンプルになっています。
フロントのデザインを引き立ててくれる程度に留めてあります。

IMG_0808

デザイン的には丸メガネのジャンルですが、今回の『アドレナリン2』

少しオーバル風のラウンドになっています。

『アドレナリン1』よりも少し横長の印象になっています。

面白いカラーっぽく見えて、案外馴染んでしまうカラーの陸自

色付きのバージョンじゃない方も見たい!

という声も想定して、レンズを外した写真も撮ってあります。

IMG_0828

カラーがなくなる分、少し印象として柔らかくなります。
眉がきゅっとあがるデザインになっていますので、そこまで甘くなりすぎません
一般的な丸メガネのイメージとは全くちがう
そんな丸メガネがこの『アドレナリン2』だと思います。

まったくクリアにしてしまうより、少しだけカラーを入れるという方法が
このフレームには合っているんじゃないかな?と思います。

さて他のカラーも個性的なカラーになっています。

IMG_0809

作品「アドレナリン2」col,70 空自

陸自カラーと兄弟カラーな空自

デザイナーが航空自衛隊の航空ショーでF-15J戦闘機(別名イーグル)
を見てイメージしたカラー。

14

白っぽい、グレーっぽい独特なカラーを再現することは苦労したみたいです。

IMG_0811

写真では白っぽくみえますが、実際は少しグレーが強いカラー
でも、近くで見ると白っぽく見える・・・
なんだか不思議なカラーです。

IMG_0815

光を当ててあげると白っぽくなります。

IMG_0812

写真の撮り方だけではないのですが、色をお伝えするのが非常に難しいです。
とりあえずお伝えが出来るのは、
こういったカラーは業界でも珍しいという事です。

さて、AZに入荷した最後の一本です。

IMG_0816

作品「アドレナリン2」col,50 スチームパンク

 スチームパンクをモチーフにした錆風カラー

新品なのに、すでに味のある風合いになっています。
このスチームパンクの色に関しては、前のブログに掲載してあります
リンクを貼っておきますので、是非ご覧くださいませ。

コチラ

エッジ部分が、光の当たり方によって様々な表情を出してくれます。

IMG_0827

まさしくレトロな風合いで、媚びた感じの一切しない
無骨なカラーになっています。

IMG_0819

アンティークゴールドの様でそうでもない。
独特な色の出方をしてくれます。
細いテンプルでもしっかり色が主張してくれます。

IMG_0822

ワイヤーカットの影郎らしさが出ています。
一筆書きの要領で作られる、ワイヤーカットならではのデザインです。

馴染む

だとか

意外と似合う

だとか

そういったものを超越しているメガネだとおもいます。

掛けたいから掛ける。好きだから掛ける。誰に何も言わせない。
そんなメガネがこの『アドレナリン』にはあると思います。

でも、やっぱり掛けて意外と似合っちゃう。
という事も十分あり得ますので、まずは掛けてみてほしいです。
新しい発見があるかもしれません。

完全に早い者勝ちです。
気になる方はお急ぎくださいませ!

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス 】あの名作POISONの最新作が到着!

年の瀬に、影郎の新作が入ってきました。
すでに

【Twitter】

【Instagram】

では入荷案内をしていましたが、ようやくブログでご紹介できます。
では早速、影郎の新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

POISON6

col,50 スチームパンク

IMG_0346

今までの影郎らしさは残しつつ、まったく新しい影郎の感じもあるデザインです。

いわば、影郎流
クラシックフレームといった感じでしょうか。

左右非対称のデザインは健在です。

IMG_0352

斜めに渡されたブロウパーツ

これがこのフレームの神髄でしょう。
細めのパーツなので、思ったほどインパクトも強く出すぎず
さりげなく、でもよく見ると変わっているという絶妙なバランスになっています。
パーツの仕上げ方も、カクカクっと無骨な感じで仕上げてあります。

IMG_0358

鼻は、【一山タイプ】の鼻パッドになっています。
他のメーカーよりも、鼻の高さが高く作られていますので、
日本人の顔によりフィットするように計算されて作られています。
一山タイプのメガネは、一度使うとやみつきになりますよ。

IMG_0354

スチームパンクカラーはデザイナー自身も相当気に入っている模様です。
真鍮っぽさがたまらない、いい色です。
ちなみにカラー名の【スチームパンク】はSFの1ジャンルとして定着しています。

イメージとしては【蒸気機関が広く使われている設定】
イギリスのヴィクトリア朝やエドワード朝の雰囲気がベースとなっている世界観です。
イギリス以外の国も概ねそれと重なる時代

<アメリカでいえば西部開拓時代>

<日本でいえば、文明開化から大正ロマンの雰囲気>

といったような代世界観です。

そんなスチームパンクをイメージしたカラー。
アンティークゴールドとも違った独特なカラーになっています。

col,8 ホワイト

IMG_0359

 

こちらはハッキリしたカラーリング。
マットホワイトカラーになります。
先ほどのスチームパンクと比べると、同じフレームなの?
と思ってしまう程イメージが変わります。
スチームパンクはクラシック感をだせますが、
こちらのホワイトは色を前面に押し出してくれます。

IMG_0361

派手です。

IMG_0363

これでもか!という程ホワイトです。

ホワイトは目立ちますが、フレームが細いのでいう程
目立ちすぎることなく使えます。

『白を初めて使いたい』

といった方へもおススメします。

IMG_0362

サイドのホワイトさも綺麗です。

col,16 シルバー&ゴールド

IMG_0364

このPOISON6のデザインは元々、
サンプラチナという素材で作りたいというのが始まりでした。

職人の老齢化で、サンプラチナで製作不可能だったという事態を乗り越え
仕上がったのがPOISON6
その初期構想の名残のあるカラーである、

シルバー&ゴールド

IMG_0365

ピカピカのシルバーフロントですが、細めなので攻撃的な印象にならず
知的な印象を出すことが出来ます。

IMG_0366

性別は関係ないフレームですが、このカラーはどちらかと言えば
<男性向けのカラーになっています>
ギラっとした印象が出せますので、仕事用にもおススメです。

IMG_0424

ゴールドはテンプルに使用されています。
シルバー&ゴールドという、ギラギラ感が強くなる事を約束されたような
カラーですが、それらのカラーをうまくまとめ上げています。

POISON6はこんな感じです。
新しい影郎デザインワークスの幕開けといったデザインです。

入荷したのはPOISON6だけではありません。こちらは新作ではないのですが
AZには初入荷の一本

CHIMERA-NEO

col,46 アンティックレッド

IMG_0378

影郎のメガネの中でも、使いやすくシンプル目なデザインの

『CHIMERA キメラ』

そのキメラの大きさをデザインし直し、再リリースされたモデルです。

キメラのデザインについてデザイナー本人の想いが
ブログに載っていましたので、下に転載しておきます。

私の作品はお子様を除く老若男女様々な世代に対応するデザインを心掛けている。

「老若男女」という表現をすれば解りやすいからそう書いただけで実はもっと細分化をさせなければならないから厄介なんだ。

 それは「メガネを乗ってるかメガネに乗っけられてるか」

メガネのデザインに打ち勝つオーラを備えている人と備えていない人に分類される。それは男女年齢関係なくだ。

 メガネのデザインに打ち勝つオーラを備えている人は実は極わずかである。
その極わずか一部の人のためにデザインも奇抜な方向へどんどんエスカレートさせる事もあるが私の本当の狙いは実はそこではない。オーラを持たない大多数の人にオーラを纏ってもらうのが目的なんだ。マニアックなデザインを上級と表現するのが適切かどうかは解らないが大多数の人を置き去りにして一部のメガネマニアだけを喜ばすデザインを考えても一時のブログネタになるだけの話でオーラを持たない人にとっては蚊帳の外の話に過ぎない。初めてオーラを放つ人のための初心者向けのデザインの重要性を感じるんだ。

 私の作品でもFrustrationとCHIMERAの2種類はその位置づけにあった。

この2作品の特徴として掛けたその人に初めてオーラを纏う驚きを味わってもらえる。しかしそのオーラがどんどん増殖するとこの作品の運命は終わってしまうんだ。

ここ大事だよ。この作品の欠点を発売前から告白しておくぞ。

「最初はドキドキ、

 慣れたら定着、

 いつしか物足りない」という順序で廃れていくんだ。

もちろんメガネが変わっていくのではなく掛けた人のオーラが変わっていくんだね。

「ややメガネの持つオーラの方が勝ってるのを選ぶといい。

すくなくとも人間の方が勝ってるメガネを選ぶのだけは避けなければね」これ大切。

新作も作りたい反面、過去の作品も再生産したい作品が山ほどある。

POISON、POISON4、TRAUMA、VANILLA、MORA、PANDORA、NUDE4、、、、

それらの候補の中で真っ先に再作を願ったのがCHIMERAだったんだがその理由がお判りいただけたと思う。

一部の影郎マニアの方にはつまんないだろうがここでこの作品を出しておかないといけない理由をお話しした。

引用終わり。

影郎のメガネの中でも、重要な位置づけであるキメラ。
そのキメラのサイズを大きくしたのがこのNEOになります。

IMG_0379

微妙に左右非対称なブリッジも健在。

IMG_0382

影郎お得意のアンティックレッド
ツヤのあるグラデーションカラーは色の出方が綺麗なのです。
ぱっと見では赤っぽくないのに、やっぱり赤という

仕事でもカジュアルでもいけちゃうカラーになっています。

col,48 アンティックグレイ

IMG_0371

アンティックレッドはツヤありでしたが、こちらのグレイは

マットグラデーション

無骨な、荒々しさを感じるカラーになっています。

IMG_0372

いい具合にかすれたカラーになっています。

IMG_0376

サイドから見ると

アンティークシルバー感

IMG_0377

影郎テンプルのカラーも良い感じです。

どうだったでしょうか。影郎の新作達は。
年末ぎりぎりの更新になっていますが、
是非実物を見にいらしてくださいませ。

メガネ徹底解剖!【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】編 サングラスもありますの巻

影郎はサングラスも出しているのです!
今回は特別編【影郎サングラス】を解剖です

さて、サングラスと一言で言っても

スポーツ用

レジャー用

普段使い用

ファッション用

と様々な用途に分かれます。
影郎のサングラスはスポーツ以外ならカバーできちゃう、そんなサングラスが多いです

ちなみに、日本人はサングラスが似合わない
などと言われる事が多いです。それは何故か?

答えは目と眉毛の距離が離れてしまっていて
サングラスを掛けても眉毛が出てしまうという点。

(眉毛がでるから絶対似合わない。という事ではないのですが)

海外の方は眉が隠れるのでサングラスが似合う傾向にあります。
じゃあ眉毛隠せる大きいサングラス掛ければ似合うじゃん!
とはならないのが難しい所。
眉毛が隠れるほど大きいサングラスを掛けると大きすぎて似合わない
という事態に・・似合うサングラスを探すのは難しいのです。

影郎サングラスはそのあたりのデザインが絶妙なのです!
ちょっと個性は出てきますが・・・
そんな影郎サングラスをピックアップしていきますよ!

【Catwalk】

眉が隠れてくれるけど大きすぎない
キャットアイ型サングラス
名前の通り猫目の様な、妖艶さを出せる形です。
リフトアップ効果で、小顔に見せる事も出来ちゃいます。
サイズ感が絶妙で、小顔の女性が掛けてもいけちゃうんです。

IMG_8056
どうですか?猫感でてますね

IMG_8057
アセテート生地の色を、黒単色にしてしまうと重い印象になってしますので
裏に明るめの生地を合わせて、印象を暗くなり過ぎないようにしています。

「裏の生地なんて見えないじゃない」

と思われるかもしれませんが、これが不思議と印象が変わるのです。
写真では分かりづらいので、実際に手に取ってみて欲しい所です。

【BASARA】

新薬師寺にある国宝

国宝十二神将 伐折羅大将

¾¯Ä01

バサラ像に似合うサングラスを作ろう!

なノリでデザインされたサングラスです。

IMG_8058

影郎の作品に【阿修羅】というアセテート生地の作品があったのですが、
このBASARAは【阿修羅】の兄弟だと勝手に思ってます。
(阿修羅は恐らく皆様の想像通りです。阿修羅像モチーフの作品です)
バサラ像に似合う形をデザインした、というだけあって強い印象のサングラスです。

テンプルにはバサラ像の髪のような、なびいたデザインが特徴的です。
仏像の持つ曲線美をメガネに取り込んでいます。

IMG_8059
炎のような、髪のような不思議なテンプル。
アンティークブロンズカラーが、仏像感を醸し出しています。

ミラーを入れてクールに使うのもカッコいいです。
男性は勿論なのですが、女性でもカッコよくかけていただけます。
上で紹介したキャットウォークはセクシーで可愛いイメージ。
このBASARAはカッコいい女性を前面に出すことが出来ます。

バサラ像に似合うのがBASARA。
阿修羅像をモチーフにした阿修羅。そして阿修羅2.

仏像シリーズとして

弥勒をモチーフのMIROKU

金剛力士なKONGOU

とか出てほしいな・・・
こうして言うのは簡単ですが、デザインするのは大変でしょう(笑)

※注  MIROKU も KONGOU もAZの妄想です!!

【COBRA3】

影郎のサングラスの中でひと際オーラを放つ作品です。
まさに男のサングラス!な雰囲気を出す一本です。

影郎史上最大の作品で、顔全体をCOBRAしてくれます。
COBRAするってなんだ?って方は掛けると分かります・・・
とにかくCOBRAするんですよ。

とにかくそれほどインパクトの強いサングラスです。

IMG_8062

存在感が凄まじいです。

IMG_8063
フロントからテンプルにかけてのライン

IMG_8064
フレームカーブもしっかりあります。

さりげなく紹介していますが、このCOBRA3を生み出すにあたって
デザイン的な問題も数多く、影郎氏はそうとう悩みぬいたそうです。

※カーブの強いサングラスの問題である、鼻にパットが当る前に頬に当たる問題
(アジア人の様な扁平な顔で起こりがちな問題なのです)

※頬に当たらないようにカーブを浅くするとデザインが台無しになってしまう問題

※テンプルを折りたたんだときにレンズに当たらないかどうか問題

※見る角度によって似合うかどうか問題

※度付きに対応できるかどうか問題

※ケースに入るかどうか問題

※人に合わせてメガネの傾斜角を変えられるかどうか問題

これらすべての問題を一つ一つ解決し、デザインを練り直し出来上がったものが

COBRA3

なのです!

メガネを提案するときに、こういったバックボーンやデザイン秘話はあまり説明しないのですが、COBRA3に限って言えばこういった生みの苦労や、デザインの経緯を交えて提案する事が多いです。
それほどまでに特別感のあるサングラスなのです。
店にとっても、デザイナー影郎氏にとっても。
(実際に影郎氏に聞いたわけではないのでどうかは分かりませんが・・・)

そんなべた褒めしたCOBRA3ですが、ケースに入るのか問題の解決方法がユニークなので紹介します。
なんとCOBRA3のケースは茶筒なのです。

茶筒です!

IMG_8067
あまりにカーブ、高さがあるので普通のケースには入らなかった模様
なので製缶会社でコブラ缶を作ったそうです。
置いた時にも個性が押し寄せてきますね。

どうでしたでしょうか?
影郎サングラス編。フレームとはまた違う魅力が詰まっていますよね!
LABYLINTH(ラビリンス)というブランド名の様に抜け出せなくなる魅力があります。

そんな影郎作品を鑑賞しに来てみませんか?