カテゴリー別アーカイブ: LABYLINTH by 影郎デザインワークス

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショーは11/29(日)まで!

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーも

<明日11/29 () で終了です>

【lafont】

IMG_6958

lafontでは

<日本限定モデル・日本限定カラー>

などを含め、レアなモデルや懐かしいモデルを見て頂けます

【Labyrinth by 影郎デザインワークス】

IMG_7409

影郎デザインワークスでは

AZ未入荷だったモデルや、初上陸のカラーなど

いつもは見る事が出来ないモデルが沢山あります

最終日も盛り上げて参りますのでよろしくお願いいたします!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】影郎丸メガネ編

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です

今回は影郎デザインワークスの

『ラウンド=丸メガネ』

について【徹底解剖】していきたいと思います
クラシックの要素が強くなるラウンドですが
どの作品も、ちゃんと影郎テイストを感じて頂けるモノになっています

adrenalin2 col,空自

IMG_7423

アドレナリン2は

<影郎流丸メガネ>

の要素がふんだんに詰まった丸メガネです

アドレナリン2は
かなりエッジの効いた攻撃的なデザインになっています

柔らかい印象のイメージになる丸メガネですが
アドレナリン2は全く反対の印象になってくれます

こちらのアドレナリン2は
2008年にリリースされた、影郎初の丸メガネ

「アドレナリン」

のニューバージョンになっています

IMG_0811

コチラのカラーは空自という変わったカラー名になっています
このカラーは、影郎氏が航空自衛隊の航空ショーで

F-15J戦闘機(別名イーグル)

を見てイメージしたカラーリング
白っぽい、グレーっぽい独特なカラーは
かなり苦労したそうです

パット見は白だけど
良く見るとグレーでもある、まさしくイーグルのカラーリング

IMG_7432
燃え盛る炎の様な、ゆらぎのある
独特なデザインのフロントサイド

このデザインに影郎らしさを感じます

IMG_0812

テンプルはシンプルな影郎テンプルです

IMG_7425初代アドレナリンのテーマ?である

『空間をどう埋めるか』

を更に突き詰めて仕上げてあるブリッジ

ブリッジ幅は結構長めですが
そう感じさせないデザインになっています

IMG_7437
クラシックなラウンドではなく
個性的な丸メガネが欲しい、という方の希望を
しっかり満たしてくれる一本です

adrenalin2 col,ブラック

IMG_7441

ブラックカラーもトランクショーでご覧頂く事が出来ます

ブラックカラーは空自カラーと比べ
更に攻撃的に、カッコいい雰囲気に仕上がっています

空自もそうですが、元々薄いレンズカラーが入っていますので

そのまま薄いサングラスとしてお使い頂いても
しっかり濃いサングラスにしてもいいと思います

IMG_7446

艶消しのブラックは
落ち着いた雰囲気でお使いいただけます

艶消しのブラックですが、マットカラーという訳ではない
存在感のあるブラックとなっています

IMG_7451

メガネとしても、サングラスとしても
どちらの表情でもカッコよく使って頂けます

IMG_7453

ミリタリーの要素を感じる空自カラー
ブラックのカッコよさを詰め込んだブラックカラー

皆様はどちらがお好きですか?

WAO col, M2 エスニックブラウン¥36,000-(税抜)

IMG_7455

先ほどのアドレナリン2と比べ
少し大き目な丸メガネ
ほんの少しだけ横長の、楕円の形状になっています

<THE・丸メガネ>

という雰囲気はありながら、掛けてみると
丸メガネ感は出ながらも、不思議な馴染み感を生み出します

IMG_7457エスニックブラウンと呼ばれる
アジアンテイストを感じるブラウンカラー

※赤みを帯びたブラウンで
少しクラシックなカラーになっています

良く見ていただくと、

ブリッジは左右非対称になっています

さり気ないですが、影郎イズムを感じる造りです

IMG_7458

智元にデザインされたお花?の様なモチーフ
さり気なくデザインを引き締めてくれます

IMG_7463

少し攻撃的なアドレナリン2と比べ
全体的に落ち着きはありつつ、影郎感をしっかり感じられます

そんなフレームがこのWAOです

IMG_7464

テンプルはPORNO2.PORNO3でも使用されている
チタンを層の様に重ねたような

影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

IMG_7471

クラシックとしての雰囲気と、影郎らしさの融合したフレーム
初めて影郎のメガネを掛けるという方にも
オススメ出来るデザインです
カラーレンズを入れてサングラス仕様にするのも面白そうです

Melty O col,pink

IMG_7490

メルティーオーと読むこのフレームは

影郎の中の丸メガネの中でも
小さめサイズです

皆様がイメージされる丸メガネサイズに最も近いのではないでしょうか?
こちらも左右非対称のデザインになっています

カラーはピンクカラー
ちょっと甘めのピンクカラーと影郎デザインのフレームが
非常にマッチしています

影郎だからこそ映えるピンクカラーではないでしょうか?

IMG_7492

向かって右側のデザインはこんな感じで

IMG_7493

向かって左側はこんな感じです

IMG_7495

左右のフロントサイドが非対称で
更にブリッジも左右非対称になっています

これだけ右と左でデザインが違うのですが、顔に乗せると
この非対称のデザインが気にならなくなるのが
このフレームの魅力でもあります

IMG_7497

トランクショーでご覧いただけるピンクカラーは正直
かなり個性的なカラーです

しかし、この攻めたカラーを掛けてみた時に
<新しい発見>があるかもしれません

好きな方は絶対に好きなピンクだと思います
万人受けするカラーではないですが
そんなカラーだからこそ影郎らしいとも言えます

IMG_7499

ピンクカラーのテンプルはいつも以上に
セクシーに感じます

IMG_7502
影郎の丸メガネはクラシック要素は抑えつつ
影郎デザインワークスのメガネという事が分かるデザインになっています

影郎のメガネだからこそ出来る
丸メガネデザインを存分に楽しんでいただければと思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】11/22(日)デザイナー影郎氏 来店決定!!

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です

IMG_7408

タイトルにもある通り

デザイナーである<影郎氏>の来店が
決定致しました!

来店日時は

11/22() 11:00~17:00

デザイナーである影郎氏に会える数少ない機会です
なんでも、影郎氏がメガネ屋の店頭に立つのは

<10ヶ月ぶり>

だそうです

この日は、トランクショーで並んでいるメガネに加え
影郎氏が滞在中の時間には、影郎ギャラリーにある

超貴重な【非売品】

も持ってこられるそうです
かなりレアなモノである事は間違いなさそうです
私も非常に気になりますが全く詳細は分かりません・・・
当日までのお楽しみという事ですね

デザイナーが店頭に立つ機会なので
デザイナー自らが、皆様に似合うメガネを選んでくれます
直接コーディネートしてもらう、貴重なイベントです
新しい発見があるかもしれませんよ!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】pornoシリーズ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

今回は影郎デザインワークスの
PORNOシリーズについて【徹底解剖】していきたいと思います

<PORNOは現在、5作品リリースされています>

一番最初にPORNOを発表した時には
こんな作品は絶対売れないだろう
と思っていたので攻めたネーミングにしたそうです

そんなPORNOは影郎氏の思惑を飛び越え
影郎デザインワークスの中でなくてはならない
代表作品となりました
そんなPORNOシリーズは開催中のトランクショーで見て頂く事が出来ます
今回はトランクショーで見て頂く事の可能なPORNOシリーズを
ピックアップしていきます

PORNO col,132

IMG_7284

PORNOはオーバル系のプラスチックフレーム
少しだけフォックスのデザインも入っている

<ソフトフォックス>

といった所でしょうか

アイライン効果があり
お顔に乗せるとアイメイク効果と
リフトアップ効果を得る事の出来るフレーム

その独特な存在感は世代を超えて支持されています

左右のデザインも非対称で
独特な存在感が出てくれます

IMG_7287

この独特のデザインは

表に薄い生地を張って、その表の生地をドリルで切削し
裏の生地を浮き上がらせるという技法

で造られています

このドリルで切削する作業は、一つ一つ手作業で削っています
よく見てみるとドリルで切削した部分には、切削痕が残っています

IMG_7298

波打ったドリル痕は

<石庭>

を彷彿させるような模様になっています

IMG_7297

<掛ける人を選ばない>

というと大袈裟かもしれませんが
それほどまでに、いろいろな方に似合うフレームです
オーバルというデザインもPORNOが支持され続けられている
理由かもしれません

IMG_7371

オーバルの柔らかいイメージもありながら
左右非対称デザインなど
影郎らしいセクシーな雰囲気も出てくれます

IMG_7377

初代PORNOの発売から【8年】経っていますが
影郎デザインワークスの代表作であるPORNO

流行に左右されず、長く愛されるフレームです

PORNO2 col-B2

IMG_7307

ソフトフォックスデザインのPORNO2

PORNOのデザインをチタンフレームにして
幾何学模様の様なリムデザインにしています

PORNOと比べると、デザインが強く出て
個性的な雰囲気になります

IMG_7309

PORNO2は

<ワイヤーカット>

という技法で造られています

ワイヤーカットは
熱したワイヤーを<一筆書き>の要領でカットしていく
という技術です

厚みのあるチタンは、レーザーでカットが出来ないので
こうしたワイヤーカットの技術を使って
フレームを作っていきます

IMG_7312

複雑に見える模様も、<一筆書き>で抜かれています
一筆書きの要領でデザインに
<切れ目がない>のがお分かり頂けますでしょうか?

最近の影郎作品では、メガネを掛ける方の
『ベースカラー』を考慮したカラーを多くリリースしていますが

このPORNO2ではベースカラーを取り入れた
最初期の作品です

IMG_7313

チタンを層の様に重ねたような
影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

フロントのデザインと相まって
非常に力強いフレームデザインです

IMG_7384

PORNOシリーズの中でも
フロントデザインの個性がしっかり出てくれる
PORNO2

影郎デザインワークスらしく?
左右非対称になっているのも魅力です

PORNO3 col,Y-2

IMG_7323

PORNO2と同時期にリリースされたフレーム
レンズはPORNOシリーズならではの
オーバルタイプです

PORNO3のコンセプトが

『朽ちる』

というコンセプトで造られています
『朽ちる』というコンセプトを表現するため

フレームが割れた感・破れた感

をイメージして造られています

IMG_7325

<破れた感>
を表現したブリッジ

紙を破いたような質感を
見事にチタンフレームで表現しています

PORNO3の製造方法もPORNO2と同じく

ワイヤーカットで造られています
一筆書きの要領で造られるデザインは健在です

IMG_7328

<割れた感>
を表現したフロントサイド

ブリッジの破れた感じとは違い
こちらは確かにフレームが『割れた』雰囲気になっています

左右のフロントサイドで割れ方が違います
左右非対称になっているのも影郎らしいです

IMG_7336

どの様な人工物でも<朽ちる>という事からは逃れられず
その際には自然の力が働きます

自然が生み出す、偶然の朽ちをあえて
デザインとして表現しているPORNO3

新品で綺麗な状態なのに
デザインは<朽ち>を表現しています
そんな<朽ち>のデザインは
インパクトはありながらも自然に使えます

IMG_7339

ちなみにテンプルは朽ちていません(笑)

IMG_7391

アンティーク塗装や、クラシックなカラーなどは
様々なブランドでリリースされていますが

<朽ちる>というコンセプトで造られたフレームは
そこまで多くないと思います

他のブランドにはない独特の質感
雰囲気を是非このPORNO3で感じてくださいませ

PORNO5 col,78

IMG_7347

PORNO5は

PORNOのメタルフレームバージョンです

<全く同じデザインのメタルフレームが造りたい>

という影郎氏の思いから生まれたPORNO5

同じデザインとは言え
素材が変わっていますので、質感や雰囲気は
PORNOとは似て非なるものになっています

ターコイズカラーを主体にしたカラーは
爽やかなイメージで使って頂けるカラーです

IMG_7348

PORNO5はドリルで切削した部分に

<七宝加工>

を施しています
この部分が素材の違い以外で、大きく違う点です
PORONO5では切削した部分に
七宝をしていますので

ドリル痕が残っているPORNOとは違い
無骨な印象は少し抑えられています

IMG_7354

同じデザインでも、素材が変わると随分印象が違って見えます
チタン素材になるだけで
落ち着きのある雰囲気になります

IMG_7356

POISONなど、数々の影郎作品で使われているテンプル
影郎作品の多くに使われている

<影の立役者>

このテンプルには、あるものをイメージしてデザインされたそうですが
何をデザインしたのかお分かりになりますか?

IMG_7356

画像をこうすると、分かりやすいかもしれません
どうでしょうか?
何となく女性のシルエットの様な感じがしませんか?

この隠されたセクシーな?
部分が影郎デザインワークスの持つ魅力かもしれません

IMG_7396

ターコイズはカラーの出方が派手に思われるかもしれませんが
意外と日本人の肌の色と相性が良いです
男性でも掛けて頂く事の出来るカラーになっています

IMG_7366

PORNO(右)とPORNO5(左)

二つを並べてみました。
こうして並べてみると、やはりデザインは全く同じですね
同じデザインでも、こうして比べてみると
素材の違いがしっかり出ています
掛けてみると、更に素材の違いを感じて頂けると思います

簡単でしたが、開催中のトランクショーで見て頂ける
PORNOシリーズをピックアップしてみました
世代を問わず使って頂けるデザインのPORNOシリーズ

影郎デビューにもオススメ出来るシリーズです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】ZORRO ゾロ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

前回はステンドグラスの様な

<PaRNO>
パルノ

をご紹介しましたが、今回も影郎デザインワークスの中でも
インパクトの強いフレームをピックアップしていきたいと思います

ZORRO col,134 ブルーシェル

IMG_6615

なんだこれは?

と思うのは当然かと思います
前回のPaRNOは、PORNOという基礎があっての遊び心
といったフレームでしたが、こちらのZORRO ゾロは

<今まで見たことない形>

というファーストインパクトだと思います

レンズにはカラーレンズが付いていて
サングラスとして使って頂けますが、メガネフレームとしても
お使い頂く事も可能です

IMG_6617

フロントは左右非対称の
独特な形状になっています
IMG_6618

左右非対称で、ブリッジ部分の“スパっ”と斬られたような
スリットの様なデザインもかなり目を惹きます

レンズデザインは影郎らしい、ツンとしたレンズデザイン
性別問わずこのメガネを掛けた方のセクシーさを上げてくれます

IMG_6621

フレーム名になっている 【ZORRO ゾロ】 は
デザイナー影郎氏が

昔みた映画のヒーローが顔に付けていた
布のマスクをイメージしてデザインされたそうです

ネーミング的に、快〇ゾロモチーフだとは思います
〇傑ゾロが掛けている布マスクを
まさかメガネ・サングラスとしてデザインしてしまう
というのは驚きです

 IMG_6620

カラーはかなり大胆なカラーになっています
影郎作品では、一度PORNOで使用された

“ブルーシェル”

と呼ばれる青い貝殻の様な風合いを持つ生地で
造られた非常に綺麗なアセテート生地になっています
この生地は、見る角度によってかなり表情の変わります

IMG_6645

フレームを傾けて
光の当たる角度を変えていくと・・・

IMG_6643

赤紫の様なカラーの出方になります

ホログラムの様な色の変化を楽しんでいただける
そんな綺麗な色のカラーになっています

IMG_6629

凄まじく個性的なZORRO
サングラス仕様になっていますが

“メガネ仕様”
で使って頂く事ももちろん可能でございます

ZORROのカラーは他に3色ありますので
一気に3色ご案内しますね

 ZORRRO col,133

IMG_6647

ブルーシェルと同じコンセプトの貝殻の様な

“レッドシェルカラー”

コチラはレッドベースのカラーになっています

IMG_6653

レッドシェルも、かなり個性的な柄・カラーになっており
見る人の視線を釘付けにしてくれるでしょう

IMG_6663

光の当たり方によって表情を変えてくれます

赤紫系のカラーですが、角度を変えると

IMG_6661

オレンジ系のカラーが出てきます

ここまで綺麗な生地ですので、デザイナーの影郎氏は

メガネの形に細く削っちゃうのは罪悪感を感じる
出来るだけ美しさを損なわないデザインにという理由でこういう形になっちゃった

とも語っています
このアセテート生地に出会ったから
このZORROが誕生したのかもしれません

IMG_6666

フレームデザインの圧倒的個性と
美しい生地が融合した、掛けている人がいたら
忘れる事の出来ないインパクトを残せるフレームです

次の2本はまさしくゾロ感あふれるカラーになっています

 ZORRRO col,1 ブラック

IMG_6673

ツヤのあるブラック生地

柄がなく、シンプルなカラーになると
よりフレームのマスク感が出てくれます

IMG_6676

とにかく掛けてみてください
そういうしかないです・・・

IMG_6680

フレームがとにかく主張しますので
ツヤ部分もかなり綺麗に出てくれます

 ZORRRO col,2 マットブラック

IMG_6685

<マットブラック>

マットの質感が<布>っぽいので

ゾロになりたい方は
コチラのマットカラーを使ってください

IMG_6689

似合う似合わない
という次元を超えた、好きだから掛ける

というメガネではないでしょうか?
そもそも、フレームが好きな方はきっと掛けこなせてしまいそうですが

IMG_6694

これだけパンチがあるフレームですが
掛けてみると意外と・・・

IMG_6699

人と違うフレームを掛けたい
とにかくインパクトが欲しい

という方にはこれしかないでしょ!
とオススメ出来るゾロです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】『PaRNO』

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です!

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

今回は影郎デザインワークスの中でも

<特にインパクトの強いフレーム>

をピックアップしていきたいと思います

PaRNO col,AOGUMI

IMG_6552

なんだこれは!と驚きを隠せない
かなり個性的なメガネです
板の状態そのままの様な、かなり攻めたデザインになっています

鮮やかなステンドグラスの様なカラーは
アセテートを掘った部分に

“七宝”

を施しています

IMG_6554

金属フレームに七宝を組み合わせたものは多いですが

アセテート生地に七宝を施しているものは
かなり珍しいです

アセテートに七宝をしているモデルは
このPaRNO以外では見たことがありません
業界としても珍しかったらしく
この作品が仕上がった時に七宝職人さんから

「この作品で特許を取得したらどう?」

とお話があったそうです
そんな珍しい技法で造られたフレームです

IMG_6558

とにかく目立ちます

<影郎のフレームの中でも一二を争う存在感>

どなたでも似合う、顔なじみがいい
という事を全く度外視し

影郎氏がつくりたいもの

を形にしています
好きな方には堪らない一本になっています

IMG_6564

こちらのカラーは

AOGUMI

というカラーになっており
その名の通り、青色を主体にしたカラーになっています

青ベースのカラーになっているAOGUMIは
爽やかさを感じるカラーリングです

IMG_6572

クリアホワイト系のカラーのアセテートに
薄い黒アセテート生地を張り合わせ
裏の生地が露出するように削っています

IMG_6568

フロントのインパクトがとんでもないので
テンプルは落ち着いたテンプルになっています

2カラー展開で、AOGUMIともう一つ
カラーがあります

AKAGUMI

IMG_6575

AKAGUMIはその名の通り
赤色ベースのカラーになっています

青組と比べ、温かみのあるカラーになっています

IMG_6582

AOGUMIと比べて
また違った印象になります

もしかしたら気が付いている方もいらっしゃるかもしれませんが
この作品 PaRNOは
IMG_6737

影郎の人気フレーム

「PORNO」

図面をそのまま使っています

IMG_6587

二つを並べてみると、この様な感じになります

左がPORNO  右がPaRNO です

こうして比べてみると

PaRNOの中に
PORNOのデザインが入っている事が分かります

IMG_6607

PaRNOはPORNOの派生バージョンという事になります
作品が生まれたきっかけも

PORNOの図面をそのまま使い
“羽根付きたい焼き風”なメガネを作りたい

という所から作品が誕生しました

IMG_6598

そう言われれると、PORNOの羽根付きバージョン
にしか見えなくなってきます

PORNOは影郎のフレームの中でも
個性的だけれど、使いやすい

という部分が人気のフレームですが

そんなPORNOが少しコンセプトを変えると
こんな感じになっちゃいます

IMG_6600

かなり変貌を遂げたPORNOなので
正直、一般受けはしないと思いますが

好きな方はこれじゃなきゃダメ!

と言ってもらえるくらい中毒性のあるフレームです
影郎ファンの方や、個性的なメガネを探している方に
是非見て頂きたいです

影郎氏も
「たぶんだけどその羽根さえ付いていなければ
カラフルでもっとよく売れるのに・・・
と思ってる人も多いのじゃないかな。(私もそう思う)」

と語っている位、愛されている(笑)作品です

 他の人と被らないフレームを探している方や
強烈な個性を求めている方には
このPaRNOは堪らないと思います
一度掛けて頂くとその魔力に魅了されると思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショー開催!

トランクショー第四弾も終わり
次なるトランクショーは

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーが始まります
早いもので、第五弾のトランクショーとラストの第六弾
残す所二つになってきました
まだまだ盛り上げていきますのでよろしくお願いいたします

第五弾のスケジュールは

10/31()~11/29()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて簡単に解説していきたいと思います

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです

テキスタイルとは、服飾・インテリアにおける織物のデザインです
柄のデザインだけでなく、素材や加工方法、配色
見た目から機能など全てを行っているのが
テキスタイルデザイナーです

ここで一本、lafontらしいフレームをご紹介します

IMPERIALE col,331

IMG_0757-1024x683

lafontには、可愛いスタイルやカッコいいスタイルなど
様々なフレームがあります

こちらのIMPERIALEは
繊細なデザインと多彩な色使いによる
エレガントなスタイルです

IMG_0761-1024x683

アクセサリー感覚のフェミニンなディテールなどが特長で
メガネを掛けた姿がカッコいいイメージや
セクシーなイメージになってくれます

ラフォンのフレームで多いのが
レース模様や幾何学模様が施されたフレームです
ラフォンでよく使用されるレース模様は、

「エッチング」

と呼ばれるヨーロッパで昔から使われている
古典的な装飾技術を眼鏡に応用したものだそうです。
最近では数多くの眼鏡メーカーがこの技術を使用しています。

※エッチングとは
化学薬品などの腐食作用を利用した塑形ないし表面加工の技法です

そんなエッチング技法などで仕上げられる
ラフォンワールドは世界中のメガネ好きを虜にしています

カッコよくて少しセクシーな雰囲気の
パリを感じる?ブランドです
日本人に合うカラーやデザインも多いです
パリの風を感じに来てくださいませ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

IMG_7109-1024x683

影郎のメガネはパッと見た感じ

奇抜で、不思議な見た目に見えるメガネが多いです

IMG_7122-1024x683

デザインも左右非対称のモデルも多く
メガネという視力矯正の道具でありながら
芸術作品の様でもあります

「筆を持つのも芸術、楽器を持つのも芸術、手段は違っても目指すものが変わらないのが芸術」

という影郎氏の想いがメガネに芸術性を持たせています。
影郎氏はメガネを商品と呼ばずに【作品】と呼んでいます。

手掛けるデザインには4つの共通項があります

①【小顔に見える事】

②【顔に立体感が生まれる事】

③【目を大きく魅せること】

④【掛けた人がオーラを纏う事】

この4つの共通項で影郎のメガネはデザインされています

デザイナーの影郎氏いわく

私のメガネを掛けた人が
人生というドラマの主役のオーラを放っていただければ私の目的は達成します

とも語っています

IMG_8016

ブランドイメージを形にした什器も手作りで作っています。
こういった什器もデザイナーである影郎氏が作っています

独特の世界観を自らが表現しています

20201011_2422087

その独特なデザインの世界観に惚れられて
影郎のメガネしか買わない!

という方もいるとか・・・

AZに初上陸のモデルや
このモデルまだあったの!?

といったレアなメガネまで
皆様にご満足頂けるラインナップです

かなりの数を送ってきて頂きましたので
圧巻の品ぞろえで恐らくトランクショー開催中は

<日本一影郎作品が並んでいる店>

になるのではないでしょうか?

一か月間AZを盛り上げてくれます

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【LABYRINTH by 影郎デザインワークス】クラシック影郎・サングラス

前回に引き続き、影郎デザインワークス流のクラシックフレームを
【徹底解剖】していきたいと思います

POISON6 col,8 ¥32,000-(税抜)

IMG_1888

クラシックというカテゴリに属するのか悩みますが
やはりクラシックのフレームには違いない
不思議なオーラを放つPOISON6

は、前回ピックアップしたフレーム

【メサイア】

と似ている構造であるポイズン6
細めのリムで、軽さと柔らかさは
影郎の中でもトップクラスです

IMG_1893

レンズデザインは影郎らしく、リフトアップ効果のある
少しツンとしたオーバル系のレンズデザインです

独特な形状のアシンメトリーフレームデザイン

この独特な形状は、デザイナーの影郎氏曰く

最近のクラシックデザインに一石を投じる
影郎流クラシックを作った

との事です。
シンプルなデザインなのに、クラシックな雰囲気があり
更に、影郎ブランドのメガネという事が分かるデザインに仕上がっています

IMG_1903

アシンメトリーになってるパーツには
なぜこの形になったのか、誕生秘話があります

IMG_1901

一山ブリッジのは高さがあるので、そのまま作ってしまうと
フロントとブリッジの距離が出てしまい、凹凸が生まれ
デザインとしてかっこ悪くなってしまうという点

IMG_1900

どの様にしてこの問題を解消するのか?
を考え生まれたのが

ツーブリッジを斜めに渡すこのデザイン

フロントにブリッジを斜めに渡すことによって
一山ブリッジが奥に行ってしまっても
凹凸が気にならない様にできます

IMG_1897

POISON6の一山の高さは、一山としては珍しい高さの

<1㎝>

の高さを出しています。
日本人の鼻の形状に合わせた、高さのある一山のかけ心地は
ピッタリ鼻に乗りますので、凄く気持ちが良いです

IMG_1896

テンプルはメサイアと同じく
細い形状のスリムなテンプル

IMG_1901

マットなホワイトで目立ちそうですが
リム部分が細いのできつくカラーが出すぎる事はありません

IMG_1899

これから暑くなっていく季節にピッタリな
涼し気な雰囲気のカラーです

こんなクラシックフレーム見た事ない
と思っていただけるデザイン・カラーです

IMG_1905

前回【徹底解剖】したメサイアと一緒に並べてみました

MODERNTIMES col,132 (シェルホワイト)¥25,000-(税抜)

IMG_1907

影郎流ウェリントンであるモダンタイムス
少しツンとしたウェリントン型

ブリッジはお馴染み
キーホールブリッジを採用しています

鍵穴型にすることで
フレーム全体に引き締まった効果が生まれます

IMG_1908

ブリッジの形状の小さな違いで雰囲気が随分変わります
メガネのデザインは奥が深いです

IMG_1912

ホワイトシェルという
貝殻をモチーフにした生地

アセテート生地がキレイなので
そのキレイな生地を最大限にいかすデザインです
角度によって生地が様々な表情を出してくれます

白ベースの生地ですが、貝殻の様な柄と色合いが
キツイ白になりすぎない表情で使っていただけます。

IMG_1915

テンプルは少し太目テンプルです
ホワイトシェルの柄がしっかり分かるようになっています

IMG_1917モダンタイムスというフレーム名の元になったのは

チャールズ・チャップリン監督作
【モダンタイムス】

という映画からだそうです
フレーム名にも色々な物語が隠されています

IMG_1920

光の当たり方で、貝殻の様なラメっぽさというか
キラッとした感じが出てくれます
そのツヤと生地の柄がとても綺麗です

IMG_1923

サングラスとして使うのもいいかもしれません

ミラー仕様のギラギラしたサングラス

薄サングラス

どんな方法でもカッコよく使えると思います。
生地の色も目立たせる感じなら薄サングラスがおススメです

Catwalk col,131 ¥27,000-(税抜)

IMG_1929

ツンとしたフォックスシェイプのサングラスです
セクシーでカッコいいイメージ

IMG_1931

海外ブランドがリリースしていそうな
かなりキリッとしたデザインのフォックスです

ここまでのフォックスラインは国産ブランドでは中々無いと思います
国産なので、ちゃんと日本人に似合う様にデザインされ
掛け具合もしっかりしていますので
フォックスデザインを探しているのに、海外製だと
掛具合がちょっと・・・

という方にはかなりおススメです!

IMG_1936

ブラックカラーがシンプルでカッコいいです
実は全てブラックという訳ではありません

チラッと見えていますが
後ろの生地のカラーを変えています

IMG_1943

裏側はこんな感じの生地になっています

先程のモダンタイムスの様な
シェル系のブラウンカラーの生地を組み合わせています

裏に違う生地を合わせる事で、ブラックカラーですが
印象が重くならないで使う事が出来ます。

IMG_1938

テンプルはフロントから先セルに向けて細くなっていく
影郎のフレームでは珍しい形状のフレームになっています

フロントに負けないようなインパクトは残しつつ
重い印象にならない様、先に行くにつれスリムにしています

IMG_1944

鼻パッドは高めのパッドが付いています
ほっぺたや、まつげにも当たらない様に設計しています

IMG_1947

生地の張り合わせ部分を撮ってみました

実は表のブラックカラーの生地は薄く
裏のブラウンカラーの生地の部分の方が
生地の厚みがあるという事が分かります

この辺りの生地の張り合わせの配分も
職人やデザイナーの試行錯誤による結果だと思います

 以上が、影郎流クラシック&サングラスです
クラシックでもブランドのイメージはしっかり感じられるようになっています
ブランドの世界観を、是非体感して頂きたいです。

【LABYRINTH by 影郎デザインワークス】影郎流・クラシック

今回は

LABYRINTH by 影郎デザインワークス

がリリースするクラシックメガネを【徹底解剖】していきます

影郎デザインワークスは、時代や流行に左右されない
独自の世界観を持つブランド

そんなブランドがクラシックメガネを作るとどうなるのか?
やはり一般的なクラシックとは一線を画したデザインに仕上がりました

WAO col,M3 ¥36,000-(税抜)

IMG_1845

影郎デザインワークスの提案する

ラウンドメガネ=丸メガネ

影郎らしく、少し攻撃的な要素をいれていますが
間違いなくそのデザインはラウンド型
丸メガネは柔らかい、優しい雰囲気というイメージを全く覆す
個性的なラウンドデザイン

IMG_1848

カラーはグラデーション仕様になっている
アンティークブラウン

真鍮色の様な渋めなカラーです
デザインは個性的ですが

王道のクラシックカラーになっています

良く見ていただくと、ブリッジは左右非対称になっています
さり気ないですが、影郎イズムを感じる造りです

IMG_1849

智元にデザインされた花?のモチーフ
さり気ないですがデザインを引き締めてくれます

IMG_1850

カラーは、重くなることはないですが
重厚感はあるカラーなのでしっかり主張してくれます
グラデーションなので、肌に馴染みつつ主張はしてくれます

他のブランドのアンティークカラーと比べると
少しマットなテイストなので
そういったカラーの使い方も影郎らしさを感じる部分だと思います。

IMG_1854

テンプルはチタンを層の様に重ねたような
影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

骨の様な、化石の様な

何だか不思議な雰囲気のテンプルです

IMG_1855

丸メガネをいかに影郎デザインワークスらしく作るのかを考え
採用したテンプルだと感じます

IMG_7099影郎のメガネのテンプルは
上の画像のテンプルを使用することが多いです
シンプルでカッコいいのですが

WAOとの組み合わせは
物足りなく感じてしまうので
チタン層のテンプルを採用したのではないでしょうか?

IMG_1856

上から見ると層が三層構造だと分かります
チタンを三枚張り合わせてつくられている立体感を感じるテンプル

ボリュームはありますが、チタン製なので見た目の印象ほど重くなく
むしろフレームとしては軽い部類に入ります

IMG_1860

影郎デザインワークス流の丸メガネ
クラシックとしての雰囲気と影郎らしさの融合したフレーム
カラーレンズを入れてサングラス仕様にするのも面白そうです

Messiah col,103 ¥32,000-(税抜)

IMG_1863

コチラもクラシックな影郎フレーム
スリムなフレームですが、そのデザインや造りには
色々な要素がもの凄く詰まっています
一つ一つ紐解いていきたいと思います

メサイアの最大の特徴と言ってもいい

【スリーブリッジ】

ブリッジとは、メガネのリムを繋ぐパーツの名称です
ツーブリッジと呼ばれるメガネは下の画像の様に

鼻のブリッジ以外にもう一本
フレーム上部に橋を渡すようになっている構造のモノを指します

IMG_1927

こういったタイプをツーブリッジと呼びます

その名の通り2本ブリッジがある造りです
ツーブリッジデザインはクラシカルな雰囲気なってくれます
世界的にも流行っているデザインです

そんなツーブリッジの上をいく
スリーブリッジフレームであるメサイア

IMG_1864

①ノーマルのブリッジ

②その上に渡してあるツーブリッジ

③そして三本目のブリッジが斜めに渡してあります

IMG_1865

少し角度を変えてみると
斜めのブリッジはこんな感じに見えます

スリムなフレームですが、インパクトがあり
スリーブリッジの斜めに渡してあるデザインや
アシンメトリーになっているのも影郎らしいデザインといえます

IMG_1866

カラーもかなり独特なカラーです
マットな質感のパープル

かなり目立つカラーなので

顔に馴染ませるという使い方は難しいと思います

とことんカラーを楽しんで、派手に使ってください
万人受けするカラーではないですが
好きな方は絶対に気に入っていただける攻めたカラーです

IMG_1868
テンプルはかなりスリムでシンプルな造りです
軽くて、いい具合にしなりも出てくれますので
かけ心地はかなり気持ちいいかけ心地になります

IMG_1870

パッド部分は一山タイプ
一山の一体感のあるデザイン

鼻にピタッと乗ってくれる一山は一度掛けたら
戻れない方もいらっしゃる程気持ちいいです

IMG_1874

細くてスリムですが、かなりインパクトのあるフレームです
業界でもあまり見ないスリーブリッジフレームを
是非体感して頂きたいです

Messiah col,50 ¥32,000-(税抜)

IMG_1875

先程のカラーと比べると落ち着きのあるカラーで
アンティークな風合いのスチームパンクカラー

カラーが変わると、ここまで印象が変わるのだな
と思わずにいられない程、先ほどのパープルからすると
イメージが違ってきます

IMG_1877

真鍮の様なカラーで、スリムなフレームなので
個性的なスリーブリッジ部分も奇抜になり過ぎないです

IMG_1878

落ち着いた雰囲気を出せる大人なカラーです
大人の方が少し遊んだ感じを出して使っていただけると思います
まさしくアンティークな雰囲気で使えます

IMG_1882

スリーブリッジ部分の細さとカラーもカッコいいです
男性っぽいカラーですが、女性の方もカッコよく使えます

IMG_1885

カラーも相まって、サイドのスリムさとシンプルさが
際立ってくれます
ある意味、影郎らしくないといってもいい位シンプルな風合いです

IMG_1886

攻めた使い方が出来るパープル

落ち着きがあり渋めなスチームパンク

皆様はどちらのカラーがお好きですか?

【メガネフレーム・様々なデザインモチーフ編】

今回はメガネをピックアップしていきます

LABYRINTH by 影郎デザインワークス BASARA col,122 エスニックブラウン

IMG_0903

アンダーリムの攻撃的なデザインのサングラス
カラーレンズが入っていますが、クリアレンズをいれて
メガネ仕様にするのもカッコいいです。

こちらのデザインは
フレーム名がデザインモチーフを表しています

IMG_0905

奈良の新薬師寺にある塑像

国宝
「伐折羅 バサラ」

そのバサラ像をヒントに作られたデザインのサングラス
逆ナイロールのサングラスは中々珍しいのではないでしょうか?

カラーはエスニックブラウン
オリエンタルなイメージのマットなブラウンカラーです

フロントの表側だけ、エスニックブラウンが
グラデーションになっています
IMG_0919

デザイナーである影郎氏は、このサングラスを作る際

<威嚇の形>

をメガネのデザインにしたかったんだそうです

IMG_0909
テンプルにはバサラ像の

【髪】

のような、なびいたデザインが特徴的です
仏像の持つ曲線美をメガネに取り込んでいます

炎のような、髪のような不思議なテンプル
アンティークブロンズカラーが、仏像感を醸し出しています

IMG_0911

阿修羅2というフレームにも使用されていたテンプルは
刃物のような鋭さを感じます
このテンプルをデザインした際

刃物でできているモニュメントを参考に
このテンプルをデザインしたみたいです

IMG_0913

左右非対称に仕上げてあるメガネが多い影郎のメガネ
一見するとこの BASARA は左右対称に見えますが

実はブリッジ部分がさりげなく
左右非対称になっています

影郎デザインワークスらしさが詰まっています

IMG_0922

カーブフレームなので、しっかり顔をカバーしてくれます
カーブフレームとしての役割も勿論
カーブフレームのカッコ良さもちゃんと出てくれます

かなり攻撃的な印象ですが、実際に掛けてみると
攻撃的になり過ぎない絶妙なバランスで掛けることが出来ます

こういった表情に出来るのが、影郎マジックです
バサラ像の力強さを身にまといたい方におススメです

TAYROR WITH RESPECT dig col,02

IMG_0880

TAYLOR WITH RESPECT のdig
ボストン型とラウンド(丸)を合わせた様なデザインです

上下の幅が深すぎず
ラウンド型の丸メガネ!というインパクトが出すぎない

ハイブリットなデザインに仕上げています
IMG_0881

フレーム名は

「掘る」

という意味になります。
さて、「掘る」というフレーム名が付いたコチラのフレーム
デザインモチーフは何だかお分かりになりますか?

IMG_0886

ヒントはこの太いリムです
コチラの「Dig= 掘る」のモチーフは

『レコード』

をモチーフにしたデザインになっています。
レコードのイメージを落とし込んだ

【レコードリム】

と呼ばれるリム

IMG_0888

レコードの溝のようにデザインされた幅のあるリム線で
厚みのあるレンズを隠すことが出来る効果もあります

フレーム名の「Dig= 掘る」の由来は
レコードショップなどで、沢山のレコードの中から
レコードを探す行為が、掘り起こしている様に見える事から

『ディグる』

と呼ばれています。
そんなディグる行為からフレーム名は取られています

IMG_0894

チタンパッドが新しいチタンパッドに変わっています
新パッドは

【クラウドパッド】

という名称になります。
より軽く、肌へのフィット感も増している新パッドです

IMG_9718

今までは鼻に触れる面に【T】のマークがありましたが
今回の新パッドには見当たりません・・・
しかしちゃんと【T】のマークはパッドに施しています。

それはどこなのかというと

IMG_0899

表側になりました
これにより、外から見た時に【T】マークが見える様になりました
気が付きにくい部分ですが、このさり気ない遊び心がカッコいいです

MJY 7000 col,1

IMG_0923

Mastering Japan Years

の頭文字をとって

『M.J.Y』というブランド

ボリュームのある、少しハード目なフレームデザインです
ブロー部分が濃いめで主張してくれます

IMG_0925

「3D NC加工」

生地から模様が浮かび上がるように切削加工をして、
立体感のある彫刻のようなデザインを浮かび上がらせるというこだわりの技
最新の技が詰め込まれています

IMG_0929

 そんな独自の技法で彫られているのは

『鳳凰』

切削の技術が高いからこそ作る事の出来る技です

鳳凰の羽もテンプルの立体感も
全て切削で作られています

IMG_0937

 手作業では、中々ここまでの細かい掘り込みは難しいです

【和】

を感じます

IMG_0931

鳳凰部分だけではなく、ブロー部分からの立体感も
このフレームの特徴です

ブローの太さとテンプルの太さが同じな
最近だと割と珍しい、太目のボリュームのあるテンプル

IMG_0934

かけ心地のいい構造の

板バネ構造

を採用しています。これだけボリュームがあっても
かけ心地はしっかり柔らかく掛けられます

IMG_0939

和なイメージで、立体感をしっかり押し出しているフレームです

今回ピックアップしたフレームは
渋めなデザインモチーフのフレームでした。
改めてデザイナーさんって凄いな!と感じます

次回も何か変わったデザインモチーフのメガネを
ピックアップしていきたいと思います。