カテゴリー別アーカイブ: LABYLINTH by 影郎デザインワークス

『ピンクカラーメガネ特集』

もう少し経つと、ひな祭りですね
ひな祭り=桃の節句という事で
今回は明るいカラーのフレーム

【ピンクカラーフレーム】

をいくつかピックアップしてみました

VioRou Keizo-CB col,4069Light clear pink  ¥39,000-(税抜)

IMG_0685

<keizo>

という、VioRouのモデルに
アセテートワッパを組み合わせたモデルです
Keizo-CBのCBは

ComBination
コンビネーション

コンビネーションの
<CとB>から取られています

IMG_0688

イタリアのアセテート老舗生地メーカー

MAZZUCCHELLI マツケリ
のピンクカラーの生地を使っています

ライトクリアピンクという柔らかい雰囲気の
ツートンカラーになっています
クリアの入っているツートンカラーなので肌馴染みも良いです

IMG_0691

全体的にしっかりピンクカラーですが
甘い雰囲気になり過ぎず使って頂けます

リムカラーはマットな質感のピンクゴールド
ゴールドカラーですが、柔らかい印象で使える
アセテート生地とマッチしているリムカラーです

IMG_0695

Keizo-CBのフロントには
ニットチタンリムが使用されています

ニットチタンリムは
<細いチタンを三つ編み>にして作られる
バネ性のある柔らかいリムです

IMG_0703

アセテート生地越しにも分かる
三つ編みのニットチタンリムが程良い可愛さを演出します

アセテートパーツが内側に入る事により
Keizoと比べ1サイズ小さくなり
レンズの厚みが軽減されますので
<強度近視の方>にもオススメしやすいデザインです

LABYRINTY by 影郎デザインワークス PORNO col,130 ¥25,000-(税抜)

IMG_0732

影郎デザインワークスからは

<PORNO>

少しツンとしたイメージですが
レンズシェイプは柔らかいオーバルデザインなので

目元はキリッと魅せながら
優しい雰囲気にもなってくれる一本です

こちらのPORNOがリリースされたのは<2012年>
リリースされてから9年程経っていますが
未だに人気の<超ロングヒット>の作品です

IMG_0734

ピンクのアセテートの上に
薄い黒のアセテートを貼りあわせ、ドリルで掘削
下のピンクの生地を見せるという技法を用いたフロント

ちょっと濃いめのピンクのカラーは
肌馴染みは良く、お顔を明るくする効果があります
一見奇抜に見えますが、実際に掛けてみると
不思議と溶け込んでくれるデザインとカラーです

様々な派生版を生み出した作品でもあり

・左右非対称を逆にしたデザイン「裏ポルノ」
・削り出しのデザインを変えた「ニューポルノ」
・削り出しをせずに生地を楽しんでもらう為に作られた「ポルノDX」

などなど様々なバージョンがリリースされています

IMG_0738

ドリルの切削痕が残っているのがお分かりでしょうか?

一本一本、職人さんが手作業で作っていく工程を考えると
職人さんって凄いんだなと改めて感じます

IMG_0739

黒い生地が
前面に薄く張られているのが良く分かります

IMG_0741

セクシーなニュアンスのピンクカラー

黒の生地との組み合わせがカッコよさを醸し出してくれます
ちょっとだけトゲのあるピンクです

KameManNen 139 col,SP/RG ¥43,000-(税抜)

IMG_0762カメマンネンのピンクカラー
カメマンネンらしく、落ち着いています

レンズシェイプはボストンタイプ
ラウンドシェイプまで個性的になり過ぎない
使い勝手の良いデザインになっています

IMG_0764

ピンクゴールドカラーに組み合わせられている
インナーのアセテート生地は

乳白色のアセテートカラーに
フレームのピンクゴールドのカラーが映り込んで
優しい雰囲気に仕上がっています

アンティークなカラーの多いカメマンネンでは
珍しいカラーリングになっています

IMG_0766

カメマンネンと言えば、ブランドロゴにもなっている
甲羅マークをフレームに刻印しています
※全てのフレームに甲羅マークがある訳ではございません

甲羅マークは
フロントリムに刻印されています

IMG_0774

テンプルのピンクゴールドも凄く大人の雰囲気です

全体的に優しい雰囲気のカラーなので
女性の方も手に取っていただきやすいクラシックフレームです

テンプルエンドにも甲羅マークがあります

IMG_0777

柔らかいピンク系なので
一番初めにご案内したVioRouのKeizo-CB
と雰囲気が似ていますが、こちらのフレームの方が
アンティークな雰囲気を強く出せます

TAYLOR WITH RESPECT pulural col,05 ¥38,000-(税抜)

IMG_0711

ピンクフレーム最後のご案内となるフレームは
TAYLOR WITH RESPECTのプルーラル

厳密にいえばワインカラーですが
ピックアップしてしまいました・・・

IMG_0715

TAYLOR WITH RESPECTならではの
グラデーションカラーが光るクールなカラー

ゴールドカラーのフレームにワインレッドのグラデーションは
煌びやかな雰囲気を出してくれます
プルーラルのカラーラインナップの中でも
柔らかい印象で使えるカラーになっています

IMG_0721

ボストンシェイプの
使い勝手のいいデザインです

オールチタンで出来たシンプルなフレームは
洗練されたオーラを纏っています

装飾や、華美なデザインにしないで
ここまでキレイにまとめ上げてくるのが
【TAYLOR WITH RESPECT】です

IMG_0722

フロントと同様、テンプルも極めてシンプルです

日本人の顔の形にフィットするように計算された
細しなやかなカーブを描くSラインのテンプルです

IMG_0730

数あるTAYLOR WITH RESPECTのフレームカラーの中でも
明るく、可愛さを感じるカラーになっています

以上、ピンクカラーのメガネ特集でした
元気になる明るいカラーで、これから暖かくなるシーズンに
まさにピッタリなカラーです

【Labyrinth by 影郎デザインワークス】 セクシーなアシンメトリーフレーム PandoraⅡ

影郎デザインワークスの新作

『pandoraⅡ』

が入荷しています。
早速【徹底解剖】していきたいと思います

pandoraⅡ col,96 黒 ¥36,000-(税抜)

IMG_0485

前身であるpandoraを元に
生産されたpandoraⅡ

約10年前に発表されたモデルですが
影郎デザインワークスの中でも人気作だったpandora
廃盤になってしまっていましたが、今回

ブラッシュアップされ復活しました

pandoraは、影郎デザインワークスのフレーム

<POISON>の遺伝子を感じる
毒気?のあるセクシーなデザインになっています

左右非対称デザインのツンとしているシェイプは
影郎デザインワークスらしさをしっかり感じます

IMG_0518

前身のpandoraから
変わった部分をご紹介したいと思います

IMG_0513

レンズデザインは変わらないですが

レンズの縦幅が少しだけ大きくなっています

縦幅が大きくなりましたので<遠近両用のレンズ>にも
しっかり対応できるサイズになりました

IMG_0521

大きく変わった部分はテンプルです

pandoraⅡでは、影郎デザインワークスの代名詞?
とも言えるテンプルが使用されています

セクシーなラインが綺麗なテンプルです
ちなみに、前身のpandoraで使用されていたテンプルは

IMG_3784画像の様な

うねりの強いテンプルを使用していました

※pandoraの画像が見つかりませんでしたので
同じテンプルを使用しているMoRAの画像になっています

スッキリしたテンプルになった事で
フロントのデザインとメリハリが生まれます

IMG_0516

pandoraⅡのデザインの中で
ひと際主張をしているパーツは、デザインだけではなく

隠された【役割・目的】

があります。その役割は

<お顔の輪郭の補正>

頬骨の出っ張りを抑え、エラを目立たない様に整え
あごのラインを鋭角にする
小顔効果を生み出してくれるパーツです

小顔効果を生み出すフレームが多い
影郎デザインワークスならでは心遣いです

IMG_0525

影郎のメガネでは珍しい、ツヤのある黒は

『ピアノブラックの様な光沢のある深い黒』

になっています

IMG_0531

所々ポイントとしてつけられている

【七宝】

もpandoraの魅力の一つです

黒に合わせられた、ツヤのあるラベンダー色は
妖艶な雰囲気を出す事が出来ます

トゲトゲしい部分もありながらも
怖い印象にならず
セクシーな使い方が出来る一本に仕上がっています

pandoraⅡ col,11 赤 ¥36,000-(税抜)

IMG_0532

「今回の赤はちょっと自信ある」

とデザイナーの影郎氏が語る赤は
今までの影郎デザインワークスには無い

独特のカラーリングです

IMG_0535

マットでは無いですが、ツヤカラーでもない
メタリックさを感じる赤です
コンセプトにしたカラーは

<iPhone7の赤>

絶妙なカラーリングで、お顔を明るくしてくれる
影郎デザインワークスのフレームにピッタリのカラーリングです

IMG_0537

フレームに光の当たった時カラーは
過去の影郎デザインワークス作品の
どのカラーにも属さない、新しい表情を演出してくれます

IMG_0536

iphone7 red に合わせられた七宝はシックな黒

赤と
コントラストが素晴らしいです

ポイントで使われている七宝が
フレームの印象を引き締めてくれます

IMG_0540

コチラのカラーを掛ける際には

『黒マスクを合わせてください』

と影郎氏はオススメしています
黒マスクと赤のフレームのコントラストは相性が良さそうです

IMG_0545

さらに影郎氏は

【着物】

を着られるときにオススメしています
和の装いにも合わせてもしっかり映えるメガネになっています

セクシーなラインで、女性用のメガネと思われることも多いですが
女性特有のモチーフは使っていないので
男性にも掛けて頂きたいと影郎氏は語っています

固定概念を捨てて、影郎ワールドに踏み入れてみませんか?

【アニマル柄&白黒】メガネをピックアップ

2021年の干支

<牛>

202101-1牛といえば白と黒の牛柄です
という事で

白と黒のコントラストが綺麗なメガネ

アニマル柄

のメガネをピックアップして今回はお届けしたいと思います

 LABYRINTH by 影郎デザインワークス PORNO col,90

IMG_9291

白と黒のコントラストがハッキリした
影郎デザインワークスのPORNO

オーバルデザインの使いやすいデザインになっています

影郎デザインワークスの中でもすぐに完売してしまう
今や影郎デザインワークスを代表するフレーム
といっても過言ではないデザインです

IMG_9296

ブラックのアセテート生地に
薄くホワイトのアセテート生地を重ねています

薄く張った生地を切削して
ブラックの生地を出しています

PORNOのカラーの中でも
かなりハッキリしたカラーになっています
ホワイトがしっかり出ますので、馴染ませて使う
というよりも、しっかり主張してカラーを楽しんで使って頂きたいです

IMG_9300

どちらかといえば、女性ユーザー様の多いPORNOですが
こちらのカラーは男性ユーザー様もカッコよく
クールに使って頂けると思います

JAPONISM JN-572 col,005

IMG_9308

JAPONISMらしい横長のスクエアシェイプ
シャープな雰囲気で使って頂けます

IMG_9311エッジの効いた
【チタン製】のブローです

ブローは眉が濃くなり過ぎない様に
絶妙な濃さと太さになっています

知的な雰囲気になりますので
ビジネスでクールに使って頂けます

IMG_9319

フロントからテンプルにかけ
頭を優しく包み込むジャポニスム独自の

<ブロー可動構造>

を採用しています

フロントのブロー部分から可動しますので
柔らかく、フワッとした掛け心地になってくれます

IMG_9332ブリッジの立体感に
JAPONISMらしさを感じます

ブリッジがパールホワイトというのがニクイです
凄く高級感のあるカラーに仕上がっています

KAMURO コキーユ col,000/888H

IMG_9335

KAMUROのコキーユ
スクウェアデザインのシンプルなカムロです

少しキリッとしたデザインは
リフトアップ効果もあります

IMG_9338

フロントはブラックでテンプルがホワイト
ブラック×ホワイトの組み合わせ

セクシーでクールなカムロデザインです

IMG_9339

コキーユというフレーム名は

<フランス語で貝殻の意味>

テンプルの独特な形状は
二枚貝を彷彿させるデザインです
テンプルについているパールは
まるでアコヤガイの中に入っている真珠のようです

見る角度によって、真珠が見えたり
隠れたり色々な表情を見せてくれます

IMG_9341

ハッキリしたカラーなのに
そこまで主張しすぎないです
普段使いでもしっかり対応できます

ここまでは牛イメージ?のブラック×ホワイトのフレームでしたが
お次はアニマル柄をモチーフにしたフレームをご案内します

J.F.REY 2611 col,4913

IMG_9354

J.F.REYのアンダーリムフレーム

ステンレスの表面をレーザーで加工し
動物の皮膚の様に独特な雰囲気に仕上げてあります

サラッとした印象のデザインですが
この独特な質感がフレームを引き締めてくれます

IMG_9357

フロントからの流れはとても綺麗で
一般的なアンダーリムフレームと比べても
テンプルの出方がググっと下から伸びています

IMG_9358

曲線を描いた
特徴的なテンプルになっています

IMG_9360

表面処理されたテンプルの柄は
トカゲの様な、爬虫類を彷彿させる柄になっています

エメラルドグリーンのカラーと相まって
凄くトカゲ感があります

IMG_9363

内側のカラーは
シルバーカラーになっています

内側のカラーなんて見えないんじゃない?
と思われるかもしれませんが
掛けていると、実はチラッと見えます
このチラ見せのシルバーがとても綺麗なのです

IMG_9367

そこまで奇抜なデザインでは無いですが
ちゃんとJ.F.REYを感じるフレームです

BOZ ZOO col,7072

IMG_9369

BOZからはZOOという
かなりワイルドな雰囲気のフレームをご案内します
フレーム名もZOOと
動物園の名前がついています

フォックスシェイプのキリッとした
セクシーさを感じるデザインです

IMG_9370

パープルのフレームカラーに合わせてある

<ヒョウ柄>

がとても目を惹きます

IMG_9375

セクシーでクールなカッコよさを表現できる
インパクトのあるフレームです

ヨロイ部分の太さも印象的ですね
レンズサイズは少し大きめなので
サングラスにしてもカッコいいです

IMG_9376

テンプルはヨロイからの流れで
太いテンプルになっています

装飾やデザインをしていない
シンプルなテンプルです

 IMG_9385

BOZ専用ケースにはヒョウ柄のケースがあります
ヒョウ柄ケースを選んでいただければ
メガネもケースもヒョウ柄でそろえる事が出来ます

今回は、ブラック×ホワイトのフレームと
アニマル柄のメガネをピックアップしてみました
普段中々チャレンジ出来ない
個性的なカラーや柄にチャレンジしてみませんか?

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショーは11/29(日)まで!

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーも

<明日11/29 () で終了です>

【lafont】

IMG_6958

lafontでは

<日本限定モデル・日本限定カラー>

などを含め、レアなモデルや懐かしいモデルを見て頂けます

【Labyrinth by 影郎デザインワークス】

IMG_7409

影郎デザインワークスでは

AZ未入荷だったモデルや、初上陸のカラーなど

いつもは見る事が出来ないモデルが沢山あります

最終日も盛り上げて参りますのでよろしくお願いいたします!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】影郎丸メガネ編

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です

今回は影郎デザインワークスの

『ラウンド=丸メガネ』

について【徹底解剖】していきたいと思います
クラシックの要素が強くなるラウンドですが
どの作品も、ちゃんと影郎テイストを感じて頂けるモノになっています

adrenalin2 col,空自

IMG_7423

アドレナリン2は

<影郎流丸メガネ>

の要素がふんだんに詰まった丸メガネです

アドレナリン2は
かなりエッジの効いた攻撃的なデザインになっています

柔らかい印象のイメージになる丸メガネですが
アドレナリン2は全く反対の印象になってくれます

こちらのアドレナリン2は
2008年にリリースされた、影郎初の丸メガネ

「アドレナリン」

のニューバージョンになっています

IMG_0811

コチラのカラーは空自という変わったカラー名になっています
このカラーは、影郎氏が航空自衛隊の航空ショーで

F-15J戦闘機(別名イーグル)

を見てイメージしたカラーリング
白っぽい、グレーっぽい独特なカラーは
かなり苦労したそうです

パット見は白だけど
良く見るとグレーでもある、まさしくイーグルのカラーリング

IMG_7432
燃え盛る炎の様な、ゆらぎのある
独特なデザインのフロントサイド

このデザインに影郎らしさを感じます

IMG_0812

テンプルはシンプルな影郎テンプルです

IMG_7425初代アドレナリンのテーマ?である

『空間をどう埋めるか』

を更に突き詰めて仕上げてあるブリッジ

ブリッジ幅は結構長めですが
そう感じさせないデザインになっています

IMG_7437
クラシックなラウンドではなく
個性的な丸メガネが欲しい、という方の希望を
しっかり満たしてくれる一本です

adrenalin2 col,ブラック

IMG_7441

ブラックカラーもトランクショーでご覧頂く事が出来ます

ブラックカラーは空自カラーと比べ
更に攻撃的に、カッコいい雰囲気に仕上がっています

空自もそうですが、元々薄いレンズカラーが入っていますので

そのまま薄いサングラスとしてお使い頂いても
しっかり濃いサングラスにしてもいいと思います

IMG_7446

艶消しのブラックは
落ち着いた雰囲気でお使いいただけます

艶消しのブラックですが、マットカラーという訳ではない
存在感のあるブラックとなっています

IMG_7451

メガネとしても、サングラスとしても
どちらの表情でもカッコよく使って頂けます

IMG_7453

ミリタリーの要素を感じる空自カラー
ブラックのカッコよさを詰め込んだブラックカラー

皆様はどちらがお好きですか?

WAO col, M2 エスニックブラウン¥36,000-(税抜)

IMG_7455

先ほどのアドレナリン2と比べ
少し大き目な丸メガネ
ほんの少しだけ横長の、楕円の形状になっています

<THE・丸メガネ>

という雰囲気はありながら、掛けてみると
丸メガネ感は出ながらも、不思議な馴染み感を生み出します

IMG_7457エスニックブラウンと呼ばれる
アジアンテイストを感じるブラウンカラー

※赤みを帯びたブラウンで
少しクラシックなカラーになっています

良く見ていただくと、

ブリッジは左右非対称になっています

さり気ないですが、影郎イズムを感じる造りです

IMG_7458

智元にデザインされたお花?の様なモチーフ
さり気なくデザインを引き締めてくれます

IMG_7463

少し攻撃的なアドレナリン2と比べ
全体的に落ち着きはありつつ、影郎感をしっかり感じられます

そんなフレームがこのWAOです

IMG_7464

テンプルはPORNO2.PORNO3でも使用されている
チタンを層の様に重ねたような

影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

IMG_7471

クラシックとしての雰囲気と、影郎らしさの融合したフレーム
初めて影郎のメガネを掛けるという方にも
オススメ出来るデザインです
カラーレンズを入れてサングラス仕様にするのも面白そうです

Melty O col,pink

IMG_7490

メルティーオーと読むこのフレームは

影郎の中の丸メガネの中でも
小さめサイズです

皆様がイメージされる丸メガネサイズに最も近いのではないでしょうか?
こちらも左右非対称のデザインになっています

カラーはピンクカラー
ちょっと甘めのピンクカラーと影郎デザインのフレームが
非常にマッチしています

影郎だからこそ映えるピンクカラーではないでしょうか?

IMG_7492

向かって右側のデザインはこんな感じで

IMG_7493

向かって左側はこんな感じです

IMG_7495

左右のフロントサイドが非対称で
更にブリッジも左右非対称になっています

これだけ右と左でデザインが違うのですが、顔に乗せると
この非対称のデザインが気にならなくなるのが
このフレームの魅力でもあります

IMG_7497

トランクショーでご覧いただけるピンクカラーは正直
かなり個性的なカラーです

しかし、この攻めたカラーを掛けてみた時に
<新しい発見>があるかもしれません

好きな方は絶対に好きなピンクだと思います
万人受けするカラーではないですが
そんなカラーだからこそ影郎らしいとも言えます

IMG_7499

ピンクカラーのテンプルはいつも以上に
セクシーに感じます

IMG_7502
影郎の丸メガネはクラシック要素は抑えつつ
影郎デザインワークスのメガネという事が分かるデザインになっています

影郎のメガネだからこそ出来る
丸メガネデザインを存分に楽しんでいただければと思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】11/22(日)デザイナー影郎氏 来店決定!!

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です

IMG_7408

タイトルにもある通り

デザイナーである<影郎氏>の来店が
決定致しました!

来店日時は

11/22() 11:00~17:00

デザイナーである影郎氏に会える数少ない機会です
なんでも、影郎氏がメガネ屋の店頭に立つのは

<10ヶ月ぶり>

だそうです

この日は、トランクショーで並んでいるメガネに加え
影郎氏が滞在中の時間には、影郎ギャラリーにある

超貴重な【非売品】

も持ってこられるそうです
かなりレアなモノである事は間違いなさそうです
私も非常に気になりますが全く詳細は分かりません・・・
当日までのお楽しみという事ですね

デザイナーが店頭に立つ機会なので
デザイナー自らが、皆様に似合うメガネを選んでくれます
直接コーディネートしてもらう、貴重なイベントです
新しい発見があるかもしれませんよ!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】pornoシリーズ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

今回は影郎デザインワークスの
PORNOシリーズについて【徹底解剖】していきたいと思います

<PORNOは現在、5作品リリースされています>

一番最初にPORNOを発表した時には
こんな作品は絶対売れないだろう
と思っていたので攻めたネーミングにしたそうです

そんなPORNOは影郎氏の思惑を飛び越え
影郎デザインワークスの中でなくてはならない
代表作品となりました
そんなPORNOシリーズは開催中のトランクショーで見て頂く事が出来ます
今回はトランクショーで見て頂く事の可能なPORNOシリーズを
ピックアップしていきます

PORNO col,132

IMG_7284

PORNOはオーバル系のプラスチックフレーム
少しだけフォックスのデザインも入っている

<ソフトフォックス>

といった所でしょうか

アイライン効果があり
お顔に乗せるとアイメイク効果と
リフトアップ効果を得る事の出来るフレーム

その独特な存在感は世代を超えて支持されています

左右のデザインも非対称で
独特な存在感が出てくれます

IMG_7287

この独特のデザインは

表に薄い生地を張って、その表の生地をドリルで切削し
裏の生地を浮き上がらせるという技法

で造られています

このドリルで切削する作業は、一つ一つ手作業で削っています
よく見てみるとドリルで切削した部分には、切削痕が残っています

IMG_7298

波打ったドリル痕は

<石庭>

を彷彿させるような模様になっています

IMG_7297

<掛ける人を選ばない>

というと大袈裟かもしれませんが
それほどまでに、いろいろな方に似合うフレームです
オーバルというデザインもPORNOが支持され続けられている
理由かもしれません

IMG_7371

オーバルの柔らかいイメージもありながら
左右非対称デザインなど
影郎らしいセクシーな雰囲気も出てくれます

IMG_7377

初代PORNOの発売から【8年】経っていますが
影郎デザインワークスの代表作であるPORNO

流行に左右されず、長く愛されるフレームです

PORNO2 col-B2

IMG_7307

ソフトフォックスデザインのPORNO2

PORNOのデザインをチタンフレームにして
幾何学模様の様なリムデザインにしています

PORNOと比べると、デザインが強く出て
個性的な雰囲気になります

IMG_7309

PORNO2は

<ワイヤーカット>

という技法で造られています

ワイヤーカットは
熱したワイヤーを<一筆書き>の要領でカットしていく
という技術です

厚みのあるチタンは、レーザーでカットが出来ないので
こうしたワイヤーカットの技術を使って
フレームを作っていきます

IMG_7312

複雑に見える模様も、<一筆書き>で抜かれています
一筆書きの要領でデザインに
<切れ目がない>のがお分かり頂けますでしょうか?

最近の影郎作品では、メガネを掛ける方の
『ベースカラー』を考慮したカラーを多くリリースしていますが

このPORNO2ではベースカラーを取り入れた
最初期の作品です

IMG_7313

チタンを層の様に重ねたような
影郎のテンプルの中でも
立体感とデザイン性が強いものを使用しています

フロントのデザインと相まって
非常に力強いフレームデザインです

IMG_7384

PORNOシリーズの中でも
フロントデザインの個性がしっかり出てくれる
PORNO2

影郎デザインワークスらしく?
左右非対称になっているのも魅力です

PORNO3 col,Y-2

IMG_7323

PORNO2と同時期にリリースされたフレーム
レンズはPORNOシリーズならではの
オーバルタイプです

PORNO3のコンセプトが

『朽ちる』

というコンセプトで造られています
『朽ちる』というコンセプトを表現するため

フレームが割れた感・破れた感

をイメージして造られています

IMG_7325

<破れた感>
を表現したブリッジ

紙を破いたような質感を
見事にチタンフレームで表現しています

PORNO3の製造方法もPORNO2と同じく

ワイヤーカットで造られています
一筆書きの要領で造られるデザインは健在です

IMG_7328

<割れた感>
を表現したフロントサイド

ブリッジの破れた感じとは違い
こちらは確かにフレームが『割れた』雰囲気になっています

左右のフロントサイドで割れ方が違います
左右非対称になっているのも影郎らしいです

IMG_7336

どの様な人工物でも<朽ちる>という事からは逃れられず
その際には自然の力が働きます

自然が生み出す、偶然の朽ちをあえて
デザインとして表現しているPORNO3

新品で綺麗な状態なのに
デザインは<朽ち>を表現しています
そんな<朽ち>のデザインは
インパクトはありながらも自然に使えます

IMG_7339

ちなみにテンプルは朽ちていません(笑)

IMG_7391

アンティーク塗装や、クラシックなカラーなどは
様々なブランドでリリースされていますが

<朽ちる>というコンセプトで造られたフレームは
そこまで多くないと思います

他のブランドにはない独特の質感
雰囲気を是非このPORNO3で感じてくださいませ

PORNO5 col,78

IMG_7347

PORNO5は

PORNOのメタルフレームバージョンです

<全く同じデザインのメタルフレームが造りたい>

という影郎氏の思いから生まれたPORNO5

同じデザインとは言え
素材が変わっていますので、質感や雰囲気は
PORNOとは似て非なるものになっています

ターコイズカラーを主体にしたカラーは
爽やかなイメージで使って頂けるカラーです

IMG_7348

PORNO5はドリルで切削した部分に

<七宝加工>

を施しています
この部分が素材の違い以外で、大きく違う点です
PORONO5では切削した部分に
七宝をしていますので

ドリル痕が残っているPORNOとは違い
無骨な印象は少し抑えられています

IMG_7354

同じデザインでも、素材が変わると随分印象が違って見えます
チタン素材になるだけで
落ち着きのある雰囲気になります

IMG_7356

POISONなど、数々の影郎作品で使われているテンプル
影郎作品の多くに使われている

<影の立役者>

このテンプルには、あるものをイメージしてデザインされたそうですが
何をデザインしたのかお分かりになりますか?

IMG_7356

画像をこうすると、分かりやすいかもしれません
どうでしょうか?
何となく女性のシルエットの様な感じがしませんか?

この隠されたセクシーな?
部分が影郎デザインワークスの持つ魅力かもしれません

IMG_7396

ターコイズはカラーの出方が派手に思われるかもしれませんが
意外と日本人の肌の色と相性が良いです
男性でも掛けて頂く事の出来るカラーになっています

IMG_7366

PORNO(右)とPORNO5(左)

二つを並べてみました。
こうして並べてみると、やはりデザインは全く同じですね
同じデザインでも、こうして比べてみると
素材の違いがしっかり出ています
掛けてみると、更に素材の違いを感じて頂けると思います

簡単でしたが、開催中のトランクショーで見て頂ける
PORNOシリーズをピックアップしてみました
世代を問わず使って頂けるデザインのPORNOシリーズ

影郎デビューにもオススメ出来るシリーズです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】ZORRO ゾロ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

前回はステンドグラスの様な

<PaRNO>
パルノ

をご紹介しましたが、今回も影郎デザインワークスの中でも
インパクトの強いフレームをピックアップしていきたいと思います

ZORRO col,134 ブルーシェル

IMG_6615

なんだこれは?

と思うのは当然かと思います
前回のPaRNOは、PORNOという基礎があっての遊び心
といったフレームでしたが、こちらのZORRO ゾロは

<今まで見たことない形>

というファーストインパクトだと思います

レンズにはカラーレンズが付いていて
サングラスとして使って頂けますが、メガネフレームとしても
お使い頂く事も可能です

IMG_6617

フロントは左右非対称の
独特な形状になっています
IMG_6618

左右非対称で、ブリッジ部分の“スパっ”と斬られたような
スリットの様なデザインもかなり目を惹きます

レンズデザインは影郎らしい、ツンとしたレンズデザイン
性別問わずこのメガネを掛けた方のセクシーさを上げてくれます

IMG_6621

フレーム名になっている 【ZORRO ゾロ】 は
デザイナー影郎氏が

昔みた映画のヒーローが顔に付けていた
布のマスクをイメージしてデザインされたそうです

ネーミング的に、快〇ゾロモチーフだとは思います
〇傑ゾロが掛けている布マスクを
まさかメガネ・サングラスとしてデザインしてしまう
というのは驚きです

 IMG_6620

カラーはかなり大胆なカラーになっています
影郎作品では、一度PORNOで使用された

“ブルーシェル”

と呼ばれる青い貝殻の様な風合いを持つ生地で
造られた非常に綺麗なアセテート生地になっています
この生地は、見る角度によってかなり表情の変わります

IMG_6645

フレームを傾けて
光の当たる角度を変えていくと・・・

IMG_6643

赤紫の様なカラーの出方になります

ホログラムの様な色の変化を楽しんでいただける
そんな綺麗な色のカラーになっています

IMG_6629

凄まじく個性的なZORRO
サングラス仕様になっていますが

“メガネ仕様”
で使って頂く事ももちろん可能でございます

ZORROのカラーは他に3色ありますので
一気に3色ご案内しますね

 ZORRRO col,133

IMG_6647

ブルーシェルと同じコンセプトの貝殻の様な

“レッドシェルカラー”

コチラはレッドベースのカラーになっています

IMG_6653

レッドシェルも、かなり個性的な柄・カラーになっており
見る人の視線を釘付けにしてくれるでしょう

IMG_6663

光の当たり方によって表情を変えてくれます

赤紫系のカラーですが、角度を変えると

IMG_6661

オレンジ系のカラーが出てきます

ここまで綺麗な生地ですので、デザイナーの影郎氏は

メガネの形に細く削っちゃうのは罪悪感を感じる
出来るだけ美しさを損なわないデザインにという理由でこういう形になっちゃった

とも語っています
このアセテート生地に出会ったから
このZORROが誕生したのかもしれません

IMG_6666

フレームデザインの圧倒的個性と
美しい生地が融合した、掛けている人がいたら
忘れる事の出来ないインパクトを残せるフレームです

次の2本はまさしくゾロ感あふれるカラーになっています

 ZORRRO col,1 ブラック

IMG_6673

ツヤのあるブラック生地

柄がなく、シンプルなカラーになると
よりフレームのマスク感が出てくれます

IMG_6676

とにかく掛けてみてください
そういうしかないです・・・

IMG_6680

フレームがとにかく主張しますので
ツヤ部分もかなり綺麗に出てくれます

 ZORRRO col,2 マットブラック

IMG_6685

<マットブラック>

マットの質感が<布>っぽいので

ゾロになりたい方は
コチラのマットカラーを使ってください

IMG_6689

似合う似合わない
という次元を超えた、好きだから掛ける

というメガネではないでしょうか?
そもそも、フレームが好きな方はきっと掛けこなせてしまいそうですが

IMG_6694

これだけパンチがあるフレームですが
掛けてみると意外と・・・

IMG_6699

人と違うフレームを掛けたい
とにかくインパクトが欲しい

という方にはこれしかないでしょ!
とオススメ出来るゾロです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】『PaRNO』

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

開催中です!

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

今回は影郎デザインワークスの中でも

<特にインパクトの強いフレーム>

をピックアップしていきたいと思います

PaRNO col,AOGUMI

IMG_6552

なんだこれは!と驚きを隠せない
かなり個性的なメガネです
板の状態そのままの様な、かなり攻めたデザインになっています

鮮やかなステンドグラスの様なカラーは
アセテートを掘った部分に

“七宝”

を施しています

IMG_6554

金属フレームに七宝を組み合わせたものは多いですが

アセテート生地に七宝を施しているものは
かなり珍しいです

アセテートに七宝をしているモデルは
このPaRNO以外では見たことがありません
業界としても珍しかったらしく
この作品が仕上がった時に七宝職人さんから

「この作品で特許を取得したらどう?」

とお話があったそうです
そんな珍しい技法で造られたフレームです

IMG_6558

とにかく目立ちます

<影郎のフレームの中でも一二を争う存在感>

どなたでも似合う、顔なじみがいい
という事を全く度外視し

影郎氏がつくりたいもの

を形にしています
好きな方には堪らない一本になっています

IMG_6564

こちらのカラーは

AOGUMI

というカラーになっており
その名の通り、青色を主体にしたカラーになっています

青ベースのカラーになっているAOGUMIは
爽やかさを感じるカラーリングです

IMG_6572

クリアホワイト系のカラーのアセテートに
薄い黒アセテート生地を張り合わせ
裏の生地が露出するように削っています

IMG_6568

フロントのインパクトがとんでもないので
テンプルは落ち着いたテンプルになっています

2カラー展開で、AOGUMIともう一つ
カラーがあります

AKAGUMI

IMG_6575

AKAGUMIはその名の通り
赤色ベースのカラーになっています

青組と比べ、温かみのあるカラーになっています

IMG_6582

AOGUMIと比べて
また違った印象になります

もしかしたら気が付いている方もいらっしゃるかもしれませんが
この作品 PaRNOは
IMG_6737

影郎の人気フレーム

「PORNO」

図面をそのまま使っています

IMG_6587

二つを並べてみると、この様な感じになります

左がPORNO  右がPaRNO です

こうして比べてみると

PaRNOの中に
PORNOのデザインが入っている事が分かります

IMG_6607

PaRNOはPORNOの派生バージョンという事になります
作品が生まれたきっかけも

PORNOの図面をそのまま使い
“羽根付きたい焼き風”なメガネを作りたい

という所から作品が誕生しました

IMG_6598

そう言われれると、PORNOの羽根付きバージョン
にしか見えなくなってきます

PORNOは影郎のフレームの中でも
個性的だけれど、使いやすい

という部分が人気のフレームですが

そんなPORNOが少しコンセプトを変えると
こんな感じになっちゃいます

IMG_6600

かなり変貌を遂げたPORNOなので
正直、一般受けはしないと思いますが

好きな方はこれじゃなきゃダメ!

と言ってもらえるくらい中毒性のあるフレームです
影郎ファンの方や、個性的なメガネを探している方に
是非見て頂きたいです

影郎氏も
「たぶんだけどその羽根さえ付いていなければ
カラフルでもっとよく売れるのに・・・
と思ってる人も多いのじゃないかな。(私もそう思う)」

と語っている位、愛されている(笑)作品です

 他の人と被らないフレームを探している方や
強烈な個性を求めている方には
このPaRNOは堪らないと思います
一度掛けて頂くとその魔力に魅了されると思います

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【トランクショー第五弾 lafont&Labyrinth by 影郎デザインワークス 】トランクショー開催!

トランクショー第四弾も終わり
次なるトランクショーは

《トランクショー第五弾》

プレゼンテーション4

lafont

Labyrinth by 影郎デザインワークス

のトランクショーが始まります
早いもので、第五弾のトランクショーとラストの第六弾
残す所二つになってきました
まだまだ盛り上げていきますのでよろしくお願いいたします

第五弾のスケジュールは

10/31()~11/29()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて簡単に解説していきたいと思います

unnamed
ラフォンの始まりは
1923年創業者ルイ・ラフォンが始めたパリの眼鏡店

後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが
オリジナルのメガネコレクションを発表した事から
メガネブランドとしてスタートしていきます

テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは
世界中から瞬く間に高い評価を集めました

img01

ラフォンには<テキスタイル>をメガネに落とし込んだ
大人な雰囲気のデザインが多いです

テキスタイルとは、服飾・インテリアにおける織物のデザインです
柄のデザインだけでなく、素材や加工方法、配色
見た目から機能など全てを行っているのが
テキスタイルデザイナーです

ここで一本、lafontらしいフレームをご紹介します

IMPERIALE col,331

IMG_0757-1024x683

lafontには、可愛いスタイルやカッコいいスタイルなど
様々なフレームがあります

こちらのIMPERIALEは
繊細なデザインと多彩な色使いによる
エレガントなスタイルです

IMG_0761-1024x683

アクセサリー感覚のフェミニンなディテールなどが特長で
メガネを掛けた姿がカッコいいイメージや
セクシーなイメージになってくれます

ラフォンのフレームで多いのが
レース模様や幾何学模様が施されたフレームです
ラフォンでよく使用されるレース模様は、

「エッチング」

と呼ばれるヨーロッパで昔から使われている
古典的な装飾技術を眼鏡に応用したものだそうです。
最近では数多くの眼鏡メーカーがこの技術を使用しています。

※エッチングとは
化学薬品などの腐食作用を利用した塑形ないし表面加工の技法です

そんなエッチング技法などで仕上げられる
ラフォンワールドは世界中のメガネ好きを虜にしています

カッコよくて少しセクシーな雰囲気の
パリを感じる?ブランドです
日本人に合うカラーやデザインも多いです
パリの風を感じに来てくださいませ

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス】

デザイナーであり代表である、丸井洋氏は
名古屋の某セレクトショップメガネ店の店長を務めていた
1999年よりオリジナルフレームを手がけ
2003年末にメガネ店を退職後
自らのニックネームを冠したブランド

「影郎デザインワークス」を設立

IMG_7109-1024x683

影郎のメガネはパッと見た感じ

奇抜で、不思議な見た目に見えるメガネが多いです

IMG_7122-1024x683

デザインも左右非対称のモデルも多く
メガネという視力矯正の道具でありながら
芸術作品の様でもあります

「筆を持つのも芸術、楽器を持つのも芸術、手段は違っても目指すものが変わらないのが芸術」

という影郎氏の想いがメガネに芸術性を持たせています。
影郎氏はメガネを商品と呼ばずに【作品】と呼んでいます。

手掛けるデザインには4つの共通項があります

①【小顔に見える事】

②【顔に立体感が生まれる事】

③【目を大きく魅せること】

④【掛けた人がオーラを纏う事】

この4つの共通項で影郎のメガネはデザインされています

デザイナーの影郎氏いわく

私のメガネを掛けた人が
人生というドラマの主役のオーラを放っていただければ私の目的は達成します

とも語っています

IMG_8016

ブランドイメージを形にした什器も手作りで作っています。
こういった什器もデザイナーである影郎氏が作っています

独特の世界観を自らが表現しています

20201011_2422087

その独特なデザインの世界観に惚れられて
影郎のメガネしか買わない!

という方もいるとか・・・

AZに初上陸のモデルや
このモデルまだあったの!?

といったレアなメガネまで
皆様にご満足頂けるラインナップです

かなりの数を送ってきて頂きましたので
圧巻の品ぞろえで恐らくトランクショー開催中は

<日本一影郎作品が並んでいる店>

になるのではないでしょうか?

一か月間AZを盛り上げてくれます

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!