カテゴリー別アーカイブ: 谷口眼鏡 TURNING

【アセテート・セルロイド】定番カラー・柄

前回ご紹介しました

<TURNINGの記事>

でご案内したカラー

『ハバナブラウン』

葉巻の生産地として有名な
キューバの首都から名づけられた柄です

IMG_0059

メガネの業界では割とポピュラーなカラーで
クラシックな雰囲気のフレームとのは相性抜群です

今回はハバナカラー以外で良く使われている

<定番カラー・柄>

についてご紹介してみたいと思います

光輝 067 col,#13 demi ¥25,000-(税抜)

IMG_0280

MASUNAGA 光輝の067
クラシカルなスクエア型のセルフレーム

光輝らしく、太めでがっちりした
厚みのある生地が特長です

IMG_0286

こちらの光輝に使われているカラーは

『デ

べっ甲を模して造られた柄になっています
べっ甲柄とも呼ばれる
クラシックフレームの定番色です

ウェリントンやボストンフレームとの相性が良く
それらのフレームのカラーラインナップには
殆ど入っているといっても過言ではないほど
超定番のカラーです

IMG_0289

厚みのあるアセテートのデミ柄が
高級感を生んでくれます

濃いブラウンと少しイエローの入ったカラーは
大人の色気が出ます

IMG_0296

柄の出方が生地によって変わりますので

同じデミ柄でも
一本一本表情が変わってきます

IMG_0292

光輝067は

<堅硬な造りの7枚蝶番>

を使用しています
光輝伝統の蝶番です

IMG_0308

横長のスタイルなので
光輝のフレームの中でも
お仕事などで使って頂きやすいデザインです

BCPC BP-3156 col,005 demi brown ¥24,000-(税抜)

IMG_0312

デミ柄もブランドが変わると雰囲気が変わってきます
こちらのフレームは
BCPC StyleシリーズのBP-3156です

光輝のデミカラーはブラウンが濃かったですが

BCPCのデミブラウンは、イエローが強めの
明るいデミカラーになっています

IMG_0324

“BCPC Style(ベセペセ スタイル)は

「女性が肩の力を抜いて楽しめるスタンダードとナチュラル」

を意識しているシリーズです
このスタイルシリーズは
肌触りやフレームのツヤ感が特に綺麗な

“セルロイド素材”

が用いられています

堅い素材のセルロイド生地は
薄くてスリムに仕上げても型崩れが起きにくいです

IMG_0330

スタイルシリーズはテンプルの内側に
『style』の刻印が入っています

IMG_0328

イエローの強いデミは可愛さと
クラシックな雰囲気の両方を出す事が出来ます

少し話が変わりますが
実際にこれが本物のべっ甲だと、かなりのお値段になります
一般的にべっ甲の金額は
黄色の部分が多いと金額が高くなります

実際のべっ甲は黄色の部分は希少価値が高く
特にその中でも高級なものが

『白甲』

と呼ばれています
黄色みがかった透明感のあるカラーです

BP-3156の黄色部分のカラーは白甲の様な高級感のある
クリアなイエローカラーです

IMG_0332
フレーム・テンプルとも
オールセルロイドで細身で軽く
長時間使用でも負担が少なく掛けて頂くことができます

IMG_0338

べっ甲の中でも希少価値の高い
『白甲』に近い雰囲気を持っている
<デミブラウンカラー>

セルロイド生地の持つしっとりとした質感に
周りの方は本物?と思ってしまうかもしれません

JAPONISM sense JS-140 col,002 brown sasa¥37,000-(税抜)

IMG_0342

JAPONISM JS-140
セルロイド×チタンのウェリントン型コンビネーションフレーム
こちらの柄は

『ササ柄』

と呼ばれる柄になっています
この“ササ柄”の由来はその名の通り

『笹』

から名づけられています
笹の葉の柄に似た柄が特長です

IMG_0348

JS-140で使用されているカラーは

<ブラウンササ>

JAPONISMらしく、落ち着きのある少し濃いめのブラウンに
クリア系のカラーが、ササの葉の様に入れてあります

シンプルなウェリントン型のセルロイドフロントに
チタンテンプルのコンビネーションに
ヨロイ部分に段差をつけることによって

<奥行き>

が出ます

IMG_0355

真横から見てみるとこんな感じです

笹の葉の和柄感が強い
日本らしい柄です

IMG_0353

「ササ柄」

という表現はメガネ業界での用語で
他の業界では、殆ど使う事のない表現です

IMG_0366

セルロイド生地なので
スリムでも型崩れが起きにくく
セルロイドの独特のツヤもキレイです

今回はプラスチックフレームで良く使われるカラー・柄で
特にクラシックなフレームに使われる事の多い
3パターンをピックアップしました

IMG_0377
各ブランドが良く使うカラー・柄などもありますので
機会がありましたら、各ブランドが良く使うカラーなども
ピックアップ出来たらと思います

【寄り添うメガネ TURNING】メガネ大賞2021 受賞製品

谷口眼鏡がリリースするブランド

news003-768x392

【TURNING ターニング】

今回はそんなターニングの新作を
【徹底解剖】していきたいと思います

TURNING T-190 col,1 クロ size52

IMG_9978

スクウェア要素の強いウエリントン

ウェリントンを
<TURNING流>にアレンジしています

IMG_9980

リムに丸みがあり
柔らかい印象になってくれます

ウェリントンはデザイン的に、少し無骨な
ガチっとしたイメージになってしまいますが
T-190は硬い印象にならずに使えます

IMG_9983

リムのボリュームを絞った
シルエットがとても綺麗です

テンプルの構造は掛け心地の良いパーツを採用しています

IMG_9986

板バネ式
「5形状芯金」

と呼ばれるバネ性のあるヒンジ構造になっています

IMG_9994

<板バネ構造>になっていますので
掛けた時の負担も和らぎ、力も逃げてくれますので
かけ外しの際にフレームも広がりにくいです

IMG_0003

ノーズパーツも調整可能な

「R形クリングス」

と呼ばれるオリジナルパーツを使っています
快適な掛け心地を追い求めたフレームになっています

IMG_9992

TURNINGのテンプルには
掛け心地の良くなる秘密が隠されています

テンプルの内側、顔に触れる部分は平らではなく
さり気なく凹凸がつけられています

日本人の顔の輪郭に合わせてつけられた
さり気ないけど、重要な匠の技を感じる造りです

IMG_0005
掛け心地まで徹底的にこだわった
フレームです

さて、タイトルにもなっていますが
こちらのT-190は

<日本メガネ大賞を受賞したモデル>

になっております
日本メガネ大賞とは

<国際メガネ展 IOFT>

の中で行われる、その年に発表される新作の中から
最も優れたアイウェアに贈られる賞です

TURNING T-190 col,2 デミ size52

IMG_0010
日本メガネ大賞を受賞したカラー
<デミカラー>

IMG_0015

<飴細工>
の様なツヤが凄くキレイで

大人の色香が漂うカラーです

IMG_0019

【審査講評】では
谷口眼鏡らしいフレームの美しさに加え
掛け心地が最高値まで高められている所が
スタンダートなデザインを一層高いレベルに引き上げている

IMG_0082

と称され
大賞に選ばれています

IMG_0021

見た目の美しさと
機能美を兼ね備えています

TURNING T-190 col,3 グレーササ size52

IMG_0041

落ち着いた雰囲気の

<グレーササカラー>

も入荷しています

IMG_0047

 落ち着きのあるカラーで
グレーササの抜け感がカッコいいです

IMG_0051

渋めなカラーですが、渋くなり過ぎない
絶妙なバランスのカラーです

IMG_0085

谷口眼鏡らしさを存分に感じるフレームです
是非この掛け心地と、存在感を体感してみて下さいませ

秋っぽい?カラーのメガネ

暦の上では冬ですが、今回はタイトルにある通り

秋っぽいカラー

のメガネをピックアップしていきたいと思います。

LABYLINTH by 影郎デザインワークス PHEROMONE col,112  日暮れ¥25,000-(税抜) IMG_9377

スリムでセクシーな印象のフレームです。
この細さの、シャープデザインのメガネは最近では珍しいです。

<日暮れ>

と名付けられた暖色系の秋っぽいカラーです

IMG_9380

発色のキレイな、イタリア製の有名アセテート生地メーカーである

【マツケリ社】

の生地を使っています。
ワンロットだけの生産になっていた筈なので、数も少ないレアものです。

IMG_9382

秋の紅葉の様なイメージです。
ブラウンとオレンジのバランスが良い感じ
どちらかといえば、オレンジが強い感じですね

IMG_9385

AZにあるラストのフェロモンになります。
気になる方はお早めに!

lafont GAUFRETTE col,550 ¥45,000-(税抜)

IMG_9403

こちらはラフォンのゴーフレット
ラフォンらしい、フェミニンでセクシーなフロント
フロントの下部には栗?みたいな柄のアセテートを合わせています。

IMG_9406

お得意のエッチング加工を施してあるフロントとテンプル

何となく感じるパリの雰囲気

がいいです。
エッフェル塔の様なイメージを感じます。

IMG_9410

派手過ぎないけど、主張をしてくれるテンプルデザイン

IMG_9412

大人のかっこ良さを引き立ててくれるデザインに仕上げてあります。

KAMURO orgel オルヘル col,71701 ¥40,000-(税抜)

IMG_9413

カムロからはコチラのオルヘル

フロントデザインは王道のオーバル型

柔らかい優しいイメージで使えるフレームになっています。

IMG_9414

泡をモチーフにしたカムロが得意とする

<七宝&ラインストーン>

の組み合わせです。

IMG_9416

 ゴージャスすぎず、カジュアルになり過ぎない
大人なメガネです

IMG_9418

溝を彫ってあるアセテート生地に
チタンフレームを挟み込むという技法で作られているオルヘル

軽さは勿論ですが、かけ心地もすごくいいです。

JAPONIASM 554 col,005 ¥40,000-(税抜)

IMG_9422

JAPONISMの秋を感じる一本はコチラ
紅葉を感じる、オレンジブラウンのフレームカラーです。

IMG_9426

JN-554 の特徴は、何といっても立体感とボリューム

【油圧プレス】

の技法で作られていて、その姿はまるでゴーグルを彷彿させます

IMG_9427

ここまでの立体感のあるメガネも中々ありません。
このフレームが

一枚の生地から仕上がっているとは思えないほどの立体感

IMG_9431

見れば見るほど、どうやって作ったんだろう?
と疑問に思う程立体的に仕上がっています。

IMG_9433

 存在感抜群のフレームなので
好きな方はとことん好きなデザインではないでしょうか

TURNING T-180 ¥32,000-(税抜)

IMG_9388

谷口眼鏡のターニングからは

スクウェアで少しウェリントン

こちらのT-180です。

IMG_9390

ブリッジデザインもシンプルな形状です
目立ちすぎる事無く使えるデザインになっています

IMG_9392

ウェリントン系のクラシック感はありつつ
スクウェアのシンプルさもある、服装や場所を選ばないフレームです

IMG_9395

とはいいながら、明るめの生地ではありますので
没個性になりすぎない主張をしてくれます

IMG_9402

谷口眼鏡といえば!という日本地図

も刻印されています。

以上が秋っぽい?カラーのメガネです。
皆様それぞれの秋らしさを感じていただければと思います。

【谷口眼鏡 TURNING】定番や個性派な新作が到着です

谷口眼鏡のブランド

【TURNING】

ターニングの新作が入荷してきています。
早速【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはターニングのスタンダートシリーズである

<ターニング>

の新作から紹介です

TURNING T-184 col.01 クロ¥32,000-(税抜)
IMG_7162

ウエリントンデザインで、リム周りは太めな程良い存在感の一本
肉厚ですが、決して目立ちすぎる事も無い厚みになっています。

IMG_7165フロントは、厚みのある無骨さと
カシメの〇模様が良いアクセントになってくれます。

IMG_7166

好きな方にはとことん

“刺さる”

デザインだと思います。
黒のツヤがとても綺麗です。太めのフレームと黒の渋さがカッコいい
王道太めセルフレームです。
カラーレンズやミラーレンズをいれて、サングラス仕様にするのもカッコいいです

TURNING T-184 col.03 ブルーホーン¥32,000-(税抜)

IMG_7170

<ブルーホーン>

名前にもある通り、

青のフレームの中に骨っぽい柄が入っている
中々見ないアセテート生地を使っています。

IMG_7173

ブルーと言っても青々している訳ではなく
実際に顔に乗せてみると、ブラウンっぽくも使えます。

IMG_7178

今までのターニングと比べても、エッジが立っています。
フレームのフチが丸くないので
柔らかい印象というよりも、無骨な印象を出すことが出来ます。

 IMG_7179二つを並べるとこんな感じ。

TURNING T-185 col.01 クロ¥32,000-(税抜)

IMG_7181先ほどのT-184と同じく、エッジが効いています。

デザインは王道にボストンシェイプ
レンズデザインも丸過ぎないので、キリッとした印象も出てくれます。

IMG_7182

クラシックフレームのブリッジデザインと言えばこの

《キーホールブリッジ》

さり気ないブリッジデザインなのですが、これがあるだけで
デザインにメリハリが出てくれます。
IMG_7185
王道なデザインを凝縮したフレーム

IMG_7187

フロントからテンプルに掛けてのエッジがキレイです。
実際に触っていただくと、カドがしっかり立っているのが分かります。

TURNING T-185 col.02 デミ¥32,000-(税抜)

IMG_7190

こちらのカラーも

ボストンの王道《デミ》カラー

しっかりカラーが主張してくれる黒とは違う
合わせやすく、個性的にも使えるデミカラーです。

IMG_7191

黒が王道なら、デミは定番って感じでしょうか?
どちらも無くてはならないカラーになっています。

IMG_7197

王道と定番を並べてみました。
カッコよさと渋さが堪りません。
デザイン的にも大きさ的にも、性別関係なく使えてしまいます!

お次はターニングのセルロイドシリーズからのご案内です

TURNING CELLULOID 殿上 col.01 クロ¥34,000-(税抜)

IMG_7147

セルロイド生地は、ボリューミーな8ミリ厚
ごつめですが、落ち着いた大人なイメージで使えます

セルロイド生地独特の重厚でツヤのあるメガネ
生地の磨き具合はさすが「ターニング」です

IMG_7158

カドは無く、丸みがあります。
この雰囲気が分厚い生地の無骨さをやわらげます。
威厳はあるけど威張り散らさない、そんなイメージ

IMG_7148

手間をかけて磨かれた生地の質感は、大量生産品のメガネとは違います。

カシメのパーツは中々珍しい□のカシメパーツです。

IMG_7150

〇のカシメと違って無骨な印象を受けます。
ちょっとしたパーツの形状の違いで全体のバランスも変わります。
IMG_7157

黒い生地なので見えませんが、テンプルの芯にはチタン製の芯を使っています。
チタンの芯は丁度いい、しなりを生んでくれます。
見えない部分も、掛具合を含め職人技が詰まっています。

最後は

TURNING Plama P-2211 col.03 ランコウ¥22,000-(税抜)

IMG_7140

<TURNING Plama>

というスタンダードなフォルムとライトなフィット感
アセテートの多彩な表情をお楽しみいただけるシリーズの新作

小ぶりでコロンとしたオーバルシェイプ
TURNING初期モデルのリデザイン版になっています。

IMG_7142

これぞまさしくオーバル(楕円型)のデザインといった感じです。
最近ではあまり見かけなくなってきたけど、
好きな方はとことん好きなオーバル型

IMG_7143

定番のオーバルですが、カラーはかなり個性的なカラーになっています。

クリアイエロー系のランコウというカラー
キャラクター的な個性を出すことが出来ます。
笑福亭笑瓶師匠を彷彿させます。

IMG_7144

テンプルはデミカラーを使っています。
全てイエローではないので、意外と馴染んでくれるかも?しれません

サイズ的に小ぶりですので、小顔の方は勿論
強度近視の方にもおススメだったりします。

TURNING Plama P-2211 col.02 ハバナブラウン¥22,000-(税抜)

IMG_7130

使いやすいカラーのブラウンもあります。
先ほどのカラーと違い、落ち着いた柔らかい優しい印象が出てくれます。

IMG_7133

普通っぽいカラーで、デザインですが
安っぽく感じないのは、谷口眼鏡の造りの良さを物語っています。

IMG_7136

柄の入ったテンプル芯が透けています。
このさり気なさが良いですね。

以上が今回入荷してきたターニングです。
定番モノから懐かしい感じのデザインまで揃っています!
谷口眼鏡の神髄を感じてみてくださいませ

【谷口眼鏡】TURNING新作到着!

【クラシック特集】で借りていた

images

そのリピート品と、AZには初めて入って来たモデルなど、様々入荷してきています。
それらを一気にご紹介したいと思います!
では早速行ってみましょう

TURNING Step TP-323 ¥29,000(税別)
col.04 ネイビー・ブラウンササ

IMG_3349

ターニングのコレクションの中で、トレンドと軽やかさを取り入れた

【ターニングステップ】

ゆとりのある48 □サイズのボストンフォルムが
お洒落で優しい表情を演出してくれます。
デザインは、定番のボストンタイプになっています。
掛ける場所や服装を選ぶことなく使えると思います。

IMG_3350

ブリッジはチタン製のブリッジで、フロントのアセテートとの
素材感の違いがしっかり出るようになっています。

IMG_3353

ブリッジが金属のタイプは、テンプルも金属テンプルが多かったりしますが
このTP-323は、テンプルがアセテートになっています。
金属を使っている部分はブリッジだけですが
一か所だけ素材感が違うのもまた味があっていいです。

IMG_3355

どうでしょう?
フロントからテンプルに掛けてのライン、とても綺麗じゃないですか?

IMG_3356

カラーは、ブラウンっぽく見えますが
実はフロントのカラーは、“ネイビー”になっています。
裏のブラウンササ柄とのバランスで全体的に茶色っぽいですが
よくよく見るとちゃんとネイビー。
奥行きのあるカラーなのですが、うまく写真に収められませんので
気になる方は、是非実物を見にいらしてくださいませ!

TURNING Step TP-323 ¥29,000(税別)col.03 キハク

IMG_3357

かなり特徴的な

『キハク』カラー

同じTP-323とは思えない程、印象がしっかり変わってきます。
クリア生地ならではのスッキリ感と爽やかさがしっかり出せるカラーです。

IMG_3360

テンプルはブラウンデミのカラーになっています。
クリアのフロントに対して、結構しっかり色の主張をしてくれる
コンビネーションカラーになっています。

IMG_3358

フロントからサイドはこんな感じになっています。

メガネを真正面から見る機会というのは実はあまり無いんです。

掛けた時に自分が見る姿と、実際に人から見られている姿は
少しイメージが違ったりしています。
実際に人から見られているのは、「斜め」からが圧倒的に多いのです。

IMG_3361

ですので、掛けてみると思ったより

「クリア生地独特の派手さ」は少ないです。

とはいえ、やっぱり正面からのカラーの出方はかなり独特ではあります。
ちょっとだけ冒険したい方、他の人とメガネを被らせたくない。
そんな方にはピッタリな一本です。

TURNING T-181 48☐ ¥32,000(税別)col.02 デミ

IMG_3381

丸みのあるボストンシェイプと
柔らかな甲丸カットが、表情に優しさと個性をプラスしています。
今までのターニングの中でも、エッジが極めて少なく

「ぷっくり」

した、丸みと厚みのあるフレームに仕上げています。

IMG_3386

近くで撮影すると、<丸くぷっくり>しているのが分かります。
ブラウンのツヤ感も堪らないです。

IMG_3383

カドやエッジも少ないので、男性でも女性でも掛けられます。
ボストンフレーム自体が優しい印象のフレームですが
丸みを帯びたフレームなので、より優しい感じが強まってくれます。

IMG_3387

片方のテンプルエンドにだけ刻印された

『日本列島』

見えない部分にさりげなく《技》を入れ込む感じがたまりません。
この隠れ方・・・
まるで、隠れ〇ッキーみたいですね

TURNING T-181 48☐ ¥32,000(税別)col.03 グレーササグラデ

IMG_3370

グレイのツートンカラーバージョンです。
上下でカラーが変わっていますので、レトロな雰囲気が強く感じるかもしれません。

IMG_3372

ツートンカラーですが
徐々にカラー変化するグラデーションになっています。

実は、このグラデーションに見える技法。
かなりの

“技”

が入っています。

IMG_3377
生地の入れ方が特徴的で

濃いグレイの生地を《斜め》に張り合わせている
技で作られたフロントです。

斜めに生地を貼ることで、グラデーションが自然にかつ綺麗に出てくれます。

IMG_3376

フレームデザインの優しい感じと、濃いグレイのキリッと感。
グラデーションの独特のカラーの出方など
メガネ好きのツボを押さえています。

TURNING T-181 46☐ ¥32,000(税別)col.01 ピアノブラック・ハバナ

IMG_3389

同じデザインですが、先ほどの48サイズと違い、2㎜小さい

【46サイズ】

ピアノブラック と呼ばれる重厚感のあるツヤのあるブラック。
そのブラックカラーの裏にハバナカラーを合わせています。

<ハバナカラーって何?>
という方に少しご説明を。

キューバの首都ハバナにはとても有名な葉巻、ハバナ葉巻というものがあります。
キューバは葉巻大国で、高級ブランドが多く存在しています。

05

そんな質の高いハバナ葉巻の色に似た
高級感のただようブラウンカラーにちなんで

<ハバナ>

と名付けられたのです。そんな高級感のあるハバナカラーを、
高級感のあるピアノブラックに合わせたカラーリングになっています。

IMG_3392

上から覗くように見ると、生地の変わり目が見えます。
裏側の生地を少し変えることで、メガネに奥行きが出ます。

 IMG_3397

裏から見るとこんな感じ。
フロントのピアノブラックの重厚な感じを、ハバナの明るい生地が中和してくれます。

全体的な印象は重厚感はあるけど、重すぎる感じがない
高級感のあるイメージとして使う事の出来るカラーリングになっています。

TURNING T-181 46☐ ¥32,000(税別)col.03 グレーササ

IMG_3400

一見すると白っぽいですが、カラーが示す通り印象としては
やっぱりグレーな感じです

IMG_3401

T-181の中でも、結構しっかりカラーで遊ぶ一本です。
白のフレーム程主張はしませんが、カラーの出方はかなり特徴的です。

クラシックは使いたいんだけど
定番系のカラーには飽きちゃった。

そんなお悩みをお持ちの方におススメできます。

TURNING Plama P-2209¥27,000(税別)col.3 F:カーキ T:シャーリングゴールド

IMG_3405

スタンダードなフォルムとライトなフィット感。
アセテートの多彩な表情をお楽しみいただけるシリーズ

【TURNING Plama ターニングプラマ】

スマートに掛けられる小振りなモデルです。
きつい印象にならない、スクウェア系のフレームです。

IMG_3407

フロントとテンプルの素材が違う
<コンビネーションフレーム>
になっています。

フロントは少し抜け感のある、クリア系のカーキ色。
落ち着いた印象のカラーですが、
テンプルが明るめの金属テンプルになっていますので
落ち着きと、キラッと明るい感じのバランスが綺麗に出てくれます。

IMG_3410

金属のテンプルは“鎚目”という技法で作られています。
鎚目の技法はメガネ以外では

imagestutime

リングなどでも使用されていいます。「鎚目」は
加工材に、金鎚を連続的に打ちつけることによって得られる打痕の事です。
打ちつけられる金鎚の面は「鏡」と呼ばれ、その形状や表面状態、
打つ際の力の強弱によって様々な模様が生まれます。

そんな鎚目の風合いが、しっかり出ているテンプルになっています。

IMG_3412

コンビネーションフレーム特有の素材感の違いや
鎚目の風合いは特徴として出ますが、デザインとしては
王道系のスクウェアデザインです。
意外と使いどころも選ばないカラーなのもいいです。

遊びでも、仕事でもどちらでもいけちゃう
谷口眼鏡のメガネを是非体感してください!

『メガネの流行ってどんなの?』ボストン編

しばらくぶりですが、前回の【丸メガネ編】に引き続き
今現在、最も流行していると言っても過言ではない

<ボストン型>

【徹底解剖】していきたいと思います。

そんなボストンシェイプは

オシャレっぽい

そんなイメージを簡単に出すことが出来ます。
ジャンルとしてはクラシック系ですが、
同じクラシック系の丸メガネよりも、抵抗感なく掛けられると思います。
結構クセはある風に見えて、万能なメガネなのです。

ですが、選び方を間違えると似合わなくなってしまいます。
全てのメガネに言えることではありますが、
ポイントを抑えたメガネ選びをしてあげることで、キチンと似合うメガネになります。

そんなボストンの選び方を今回はお教えします。
ボストンを掛けこなすポイントの前に、ボストンメガネについて
【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_0058

ボストン型は、丸い逆三角形で、おむすびを逆さまにした様な形です。

『ボストン』

という名前の由来は1950年代、
アメリカの都市ボストンで流行したことからこの名前が付けられました。

boston_harvard_square_11 (1)

(1950年代のアメリカのイメージ画像)

ボストンのデザインは、レトロ感もありつつ知的で、
ビジネスシーンでも使われる事もあるフレームです
丸みのある独特なレンズ形状は、メガネを掛ける人の印象を
柔らかく親しみのある感じにしてくれます。
レンズの上下幅も十分にあり視野もしっかり確保できます
顔の輪郭を選ばず、万人受けするフレームでもあります。

最近では、オールプラで作られているものはもちろん、

※ブリッジだけ金属にしているデザイン

※オールチタンで作られている、シャープな印象のモデル

など、様々な素材で遊んだ造りのボストンがリリースされています。
ボストンを似合う様に選ぶポイントは、前回の

【丸メガネ編】

でも解説しました

“レンズに対しての目の位置”

を抑えるといいです。
レンズの中心よりも、少し内側に黒目が来るように選んでください
そうするとクールにカッコよくボストンを掛けこなせます。

更にボストンを掛けこなす為に気にしていただきたいポイントは

カラーと素材感

ごくごく当たり前みたいな話ですが、他のフレームデザインと比べても
フレームカラーと素材感のインパクトが強く出るデザインです
(スタッフWの主観)

フレーム素材のバリエーションがかなり増えてきていますので
シチュエーションにあったモデルを探していきましょう。
素材感やカラーの特徴を少しまとめて紹介していきます。

これぞ『ボストンメガネ』というデザインと素材感の

歩 1021 col,0907

IMG_1467

オールプラスチックで、カラーも無骨に単色の黒】でまとめてあります。
これぞボストン!な要素をふんだんに盛り込んだ一本になっています。
単色の黒ですので、デザインと色が際立ってくれます。
お顔に乗せた時のメガネの印象もしっかり主張してくれます。

20111225111517590

歩 1021 は現在主流のプラスチック素材である

“アセテート”ではなく
“セルロイド”生地を使っています。

プラスチック素材の生地の説明については

【コチラ】

をご覧くださいませ。

IMG_1469

セルロイドフレームの『ツヤ感』と色の出方がとてもキレイです。

ボストン型の、レトロの感を出すのであれば

【デミカラー】

と呼ばれる、べっ甲系のカラーがいいです

TURNING Step TP-321 col.02 デミ

IMG_0553
ブリッジを金属パーツにしたタイプのボストンになります。
テンプルも金属のタイプでいわゆる

コンビネーションフレーム

と呼ばれるタイプのフレームです。
コンビネーションは、プラ素材と金属の素材の違いでメリハリが効きます。
この素材の違いが『味』になってきます。
ブラウンデミのカラーの出方も主張しすぎることがないので
使いやすいカラーリングといえます。

素材の違いや、ブリッジの印象から難しそうに見えますが
意外と普通っぽく使えてしまいます。

最近では、こういったコンビネーションのフレームが
ボストンデザインの定番として、多く見かける気がします。

お次は、ここ最近メガネ業界で多くなってきた

オールチタンのフレーム
IMG_0557

そのオールチタンのボストンバージョン。
チタンを使用していますので、プラスチックのフレームよりも主張しすぎず
洗練されたイメージのボストンとして使うことが出来ます。
ボストンを仕事で使いたいといった場合
このようなオールチタンのボストンを選ぶといいかもしれません。

IMG_0558

サイドから見た時も、スッキリします。
リム(フレーム)が細いので、のメリハリが効くカラーでも
キツイ、怖い印象にならずに使うことが出来ます。

コンビネーションのいかにもボストン!

といったフレームもいいですが、細目のチタンで作られたボストンもいいです。
さらに細いチタンのボストンもあります。

IMG_1475

AZの中にあるボストンの中でも小ぶりなサイズ感です。
ボストンをかなりシンプルに仕上げた一本になっています。
小さめなので、ボストンの感じが出すぎないので

初めてボストンに挑戦してみたい!

といった方にもおすすめなのが、小さめサイズ
カラーも落ち着いたシルバーやゴールド系がいいです。

IMG_1476

オールチタンの洗練されたデザインがいいです。
一見するとボストンっぽくないデザインもいいのかもしれません。

<顔に対して、フレームがどのくらいの割合を占めるのか?>

そこがかなり重要になってきます。
ただし、このサイズ感は非常に難しく、大きくても似合っちゃう場合もあれば
小さめでも似合っちゃう場合もあります。
これはフレームとお顔のバランス、眉や、目幅の状況によって変わってきます。
どういったメガネが似合うのか。
いわゆるセオリーみたいなものは存在しますが
やっぱり顔に乗せなければ分かりません。

なぜ似合うのか?

こうしたらもっと似合う様になる

というお手伝いをさせていただけますので
お気軽にご相談くださいませ。

【AZ DINOSAUR CAMPAIGN】スタート!!3大キャンペーン紹介編 part,1

AZが東刈谷店と合体し、

新店舗に移ってから【1周年】
AZが誕生してからは【17周年】

という事で、今年もやります!夏の周年祭!
足を運んでみようかな。と思っていただけるような企画を開催します。

今年の周年祭は【コンセプト】があります。
17周年のコンセプトは

【恐竜】

恐竜-600x430

Instagramを見ていただいている方は、ここでなるほど!
と思っていただけたかと思います。
ちょこちょこ登場していた『恐竜グッズはこの周年祭の為のものでした

7月7日から本格的に始まるキャンペーン

以上、前回ブログから引用

今回は17周年キャンペーンの内容を掘り下げていきたいと思います。
今回の周年祭は

『AZ DINOSAUR CAMPAIGN』
AZダイナソーキャンペーン

というキャンペーン名になりました。
店内もダイナソーキャンペーン仕様に変わっています。

IMG_2565

恐竜が至る所に散りばめられたAZ

IMG_2561

テーブルレイアウトも変わり
真ん中にはティラノサウルスの巨大バルーンが堂々浮いています。

IMG_2564

入口からすぐの場所にありますので、迫力は中々です。

さて、今回のキャンペーンは大きく分けて

<3つのイベント>

で皆様をお迎えします。

まずは7/7(土)からスタートしている

①『クラシック特集』

とAZの周年祭と言ったらこのイベント!である

②『大抽選会』

そして少し時期をずらして8/4(土)からスタートする

③『KIDS特集』

以上のイベントを開催します。

最近流行のクラシックフレームを、メーカーさんのフレームもお借りして
通常の在庫よりも

100本多く展示!

logo_JFR-4

J.F.REYからは、J.F.REYのクラシックシリーズである
1985シリーズを含め、かなりの数を借りています。

IMG_2583

IMG_2581

IMG_2587

テーブルの半分が J.F.REYで埋まっています。
AZには入荷してこなかったモデル・カラーなどなど盛りだくさんです。

IMG_2597

かなりモードな印象の“ハイブリッジフレーム”
も観ることが出来ます。ここまでの数の“1985シリーズ”を見る機会は
我々スタッフでも、展示会以外ではありません。

BCPC-トップブランド一覧

BCPCのクラシックも、しっかり借りています。

IMG_2588

BCPCのクラシックは“少し可愛いクラシック”として使うことが出来ます。

IMG_2594

コーナーとして出しているのはこれだけですが、
出し切れていないフレームもまだまだあります。
お声がけいただければ、仕舞ってあるフレームもお出ししますので
お気軽にお問い合わせください。

IMG_2576

丸眼鏡展も同時開催中!

IMG_2579

スピルバーグ監督も愛用している丸メガネ。

クラシックメガネ好きな方
初めてクラシックメガネを掛けてみようかな?

皆様のご期待に添えるようなラインナップになっていると思います。

part,1は以上になります。
part,2は【KIDS】【大抽選会】の紹介したいと思います。
お楽しみに!

『谷口眼鏡 TURNING』新作到着! plama&椿

今回入荷したターニングはこれだけではございません。
ターニングの他のシリーズは次回にします。
お楽しみに!

と書きましたが、なんとブログを更新している間に

あれよあれよと、お嫁に行ってしまいました・・・

ブログを仕上げる前に少なくなってしまうという事態になってしまいました・・・

少なくなってしまいましたが、ターニングの新作と再入荷分を
【徹底解剖】していきたいと思います。

まずはメインシリーズよりもカジュアルなイメージで使うことの出来るシリース

【TURNING Plama 】ターニングプラマ

ターニングプラマはスタンダードなフォルムとライトなフィット感。
アセテートの多彩な表情をお楽しみいただけるシリーズです。
ターニングの中でもシンプルなシリーズで
小顔の男性や、女性にもおススメできます。

 Plama / P-2209 col.4 F:レッド T:シャーリングゴールド
¥27,000(税別)
IMG_0829

スマートに掛けられる、小振りなスクウェアウェリントン系モデル
フロントはアセテートで、テンプルはチタンと
コンビネーションフレームになっています。

IMG_0831

クセのないスクウェアと、深すぎないウェリントンシェイプなので
どんな服装などでも行けちゃいます。

IMG_0832

テンプルのチタンは少し厚めになっています。
ボリューム感が良い感じです。

【鎚目のテンプル】

になっていますので、あっさりしすぎない印象で使えます。

IMG_0838

しっかりインパクトがある鎚目
鎚目は、主にリングなどで使われる技術。

612x460_wlimited

【鎚目の無骨な風合い】
クラシックフレームとマッチします!

IMG_0846

ブリッジ周りは、あくまでシンプルに。
キーホールブリッジなどの、デザインされたブリッジではなく
メガネを掛けた時に、スッキリ感じるようにデザインされています。

IMG_0847

鼻パッドはクリングス付きの金属製になっています。
セルフレームの一体型のパッドが苦手な方にも安心です。
「TNG」ターニングの刻印付きのオリジナルパッド。

もう一色入荷していましたが、そちらはお嫁入りしてしまいました・・・
ですが、色がキレイなので写真だけ載せておきます。
AZの入荷分は売れてしまいましたが、在庫があれば取り寄せも出来ます。

 Plama / P-2209 col.2 F:ハバナブラウン T:シャーリングゴールド

IMG_0848

クラシック定番カラーである、ハバナカラー。
ハバナとは、キューバの首都。
キューバでは、べっ甲のタイマイがよく獲れることから、べっ甲をハバナと呼びます

IMG_0850

やりすぎないクラシックといった風合いのフレームです。

Plama / P-2208 col.2 F:ブラウンササ  T:シャーリングゴールド
¥27,000(税別)

IMG_0860

P-2209のボストンタイプ。

テンプルの使用もチタン鎚目タイプになっています。
ボストンタイプになっていますので、個性的な印象が強くなります。

IMG_0862

ブリッジはキーホールブリッジになっています。
この少しのデザインで相手に与える印象も随分変わってきます。

IMG_0864

このモデルも鎚目仕様になっています。
ボストンシェイプに合わせると、クラシック感が増した感じになります!

IMG_0867

フロントから見ると普通っぽい感じですが、実はフロントはアセテート生地を

「層」

にしてあります。
間に、ちょっと個性の出るピンクの生地を挟み込んでいます。
生地自体はかなり細いので、色が変に出すぎることはありません。

IMG_0870

裏から見てもキレイなのです!

あくまでシンプルに、カジュアルに使う事の出来る

『Plama』プラマシリーズ

値段がそこまで高くないのも良いところ。
シンプルで質の良い、手に取りやすいフレームです。
トレンドを抑えつつ、時代に流されないデザインのもいいです。

さて、そんな『プラマ』に続いて紹介するのは

『椿』

シンプルなデザインに、豊富な色柄と美しいアセテートが華やぐ。
軽さとしなやかさを兼ね備えたレディースモデル。
ターニングの中では唯一であるレディースに特化したシリーズになっています。
AZでも何度かリピートを掛けているフレームが再入荷してきました。

TURNING 椿 / TS-717 col.65 F:ネイビー/T:ブルーネイビー
¥26,000(税別)

IMG_0923

綺麗な色と美しい輝きが明るい表情にしてくれます。
軽くしなやかな掛け心地でシンプルなデザイン。
クセのないフロントなので、掛ける場所や服装を選びません。

IMG_0924

とはいいつつ、少しだけポイントを出すのがターニング流。
智元と呼ばれるパーツを少しだけ飾っています。
主張しすぎる事のないいい具合でパールっぽさを表しています。

IMG_0926

アセテート生地は横顔を彩ってくれるよう、明るめのブルーになっています。
このやりすぎないバランスがターニング流だと思います。

このカラーはブルーが強いので、髪の色はブラウン系の方よりも
少し黒髪系の方の方が合わせやすいかもしれません

IMG_0927

青い大理石の様な変わった生地になっています。

depositphotos_118356180-stock-photo-texture-background-blue-marble-sky

柄の入り方もうるさくありませんので、お顔にもスッキリ使えます。

IMG_0928

鼻パッドは『椿』オリジナルパッドになっています。
シリーズ別にパッドの刻印が変わっています。
見えない所まで作りこむ、ターニングイズム満載でございます。

TURNING 椿 / TS-717 col.45 F:オレンジ/T:ブラウンピンク
¥26,000(税別)

IMG_0930

オレンジブラウン系のカラーリング。

コチラのカラーは、髪色がブラウン系の方が似合われると思います。
とはいえ、キツイオレンジブラウンではないので
意外とどんな髪の色の方でもいけちゃうかもです。

IMG_0932

こちらも智元にパール感を出しています。
オレンジ系のコチラのカラーはカジュアル感の出るイメージになってきます。

IMG_0933

テンプルカラーは、
ブラウンとピンクの入ったアセテートになっています。

光を当てて撮影するとこのように、抜けのカラーが綺麗にでますが、
実際にお顔に乗せた時は、いい具合に馴染んでくれます。
ピンク感もそこまで出すぎません。
良いアクセントになってくれます。

IMG_0934

全体を見るとこんな感じです。

以上が谷口眼鏡らしい、シンプルな新作&再入荷です。

 

数ある鯖江メーカーの中でも、アセテートを綺麗に仕上げる谷口眼鏡。
肌触りと、質感を体感してくださいませ!

『谷口眼鏡 TURNING』新作到着!

谷口眼鏡のリリースするブランド

images
「豊富な色柄と美しい艶、そして温かみのある質感をいかにフレームに仕立てるか」

がテーマのターニング。
シンプルなデザインを、谷口流でまとめ上げています。
そんな新作を早速【徹底解剖】していきたいと思います。

ターニングの中にもいくつかシリーズがあります。
まずは、メインのシリーズから行きたいと思います。

T-179 col.01 ブラックササ

IMG_0877

丸みのあるオーバル系のデザインです。
丸みのあるデザインを引き立てるように、マシン切削だけでは出せない。
職人による、手ヤスリの技が光る甲丸感が魅力の一本になっています。

IMG_0881

カドばった部分がないフロントは柔らかい印象で使うことが出来ます。
ブラックササの色の出方が非常にキレイです。
笹感が中々出ています。

IMG_0880

ツヤ感と丸みのあるデザインなので、ブラックの濃いカラーでも
フレームが強く印象として出ることは少ないです。

IMG_0888

【合口】と呼ばれるテンプルとフロントを繋ぐ部分
削りが非常にキレイに仕上げてありますので、ピッタリあいます。

IMG_0889

職人技ここに極まる!

といった感じです。

IMG_0891

テンプルエンドには、ターニングの十八番の日本地図が刻印されています。
印刷ではなく、掘って塗料を流して固めています。
そこまでする?という所まで徹底しています。

T-179 col.04 カーキブラウンササⅡ

IMG_0872

カーキブラウンササのツートンカラーバージョン。
珍しいカラーの入れ方です。
ブラウンは日本人の顔に馴染むカラーではありますが
このツートンは目立ちます。

IMG_0873

クリーム色のカラーが印象的です。

IMG_0875

丸みのあるフレームに合ったカラーの入り方です。

IMG_0876

ブラックササよりもクラシックなイメージで使えます。
インパクトはありますが、そこまで遊びすぎる感じもないです。
ちょっと遊び心のあるセルフレームをお探しの方にピッタリですよ。

T-180 52☐ col.02 デミ

IMG_0914

スクウェアシェイプのシンプルなデザイン。
少しだけウェリントンの風合いもありますので、

ウェリントンに行きたいけど、少し勇気が足りない。
そんな方におススメ出来る一本です。

このT-180はデザインは同じで、サイズが2種類あります。
この52サイズは一般的なスクウェアサイズになっています。
小さいわけでも大きいわけでもない、ちょうどいいサイズ感になっています。

IMG_0915

デミカラーはプラスチックフレームの王道カラーです。
T-180のシンプルなイメージに合います。

IMG_0916

合口周りもキレイです。

IMG_0917

日本地図もあります。

シンプルなのに、触ったり掛けてみると高級感があります。
そういった造り手の想いが詰まった一本になっています。

T-180 52☐col.03 ブルーササ・カーキササ

IMG_0907

ブルーとついていますが、実際の色の出方は濃いネイビーカラーです。
正面から見ると単色に見えますが、実は3層の生地を重ねています。

IMG_0910

フロントのブルーに、白の生地とカーキササの生地を合わせています。
薄くある白の生地が意外とメリハリを利かせてくれて
いいアクセントになってくれます。
裏のカーキササがクリア系なので、濃いブルーのフロントを中和してくれます。

IMG_0909

斜めから見ると、さり気なく白とカーキが見えます。
このさりげなさがいいんです。

IMG_0911

カラーの入り方が、クラシック感をそこまで出さないので
デミカラーよりも、クラシックデビューには最適化かもしれません。

T-180 54☐col.02 ブラウンササ・グレーササ

IMG_0902

大きめサイズの54サイズバージョン

デザインを損なうことなくサイズを大きくしています。

IMG_0922

大きさを比較してみました。
比べてみると、結構大きさが違います。

ゆったりサイズで使いたい方には54サイズで

すっきりサイズで使いたい方には52サイズで

といった具合におススメ出来ます。

IMG_0903

カラー名にブラウンササ・グレーササとあるように
生地を貼り合わせて作られています。
表にブラウンササ、真ん中に白の生地を、裏にクリア系のグレーカラー。

IMG_0904

顔に乗せた時に、ちょうど抜け感のある色になっています。
AZに入荷してきたカラーの中では一番落ち着きのあるカラーではないでしょうか?

T-180  col.03 グレーササ・ブラウンササ

IMG_0895

先ほどのカラーを逆にしたカラー。
グレーとはいいつつ、少しだけ青っぽさのあるカラーになっています。

IMG_0897

白とブラウンササのカラーがグレーを引き立てます。

IMG_0898

上から見て見ました。
上から見ると、白の入り方は本当にさりげないです。

IMG_0899

落ち着きの中に少しだけ遊び心の入っているカラーになっています。

今回入荷したターニングはこれだけではございません。
ターニングの他のシリーズは次回にします。
お楽しみに!

メガネ徹底解剖!【TURNING】編 part,3

今回は!TURNING part.3です!

今回のパートでは前回紹介しきれなかったモデルやTURNING情報などを
【徹底解剖していきたいと思います!

クラシカルなメガネが多いTURNINGですが
女性モノのシリーズもあります。

【TURNING 椿 つばき】

TURNING椿は、シンプルなデザインに豊富な色柄と、
綺麗な生地のアセテートを合わせています。
軽さとしなやかさを兼ね備えたレディースモデルです。

 TURNING椿 TS-717

IMG_9165

シンプルなフロントデザインですが、
このシンプルさの中に、日本の女性に似合う工夫がされています。
勿論個人差はありますが、日本人の顔に似合う

「仕掛け」

がこのデザインには集約されています。
では、その仕掛けとは・・・

眉毛とフロントシェイプを似せる事

眉毛のラインとフロントデザインのラインを合わせてあげるとはどういう事?
という方のためにイラストを用意しておきました。
ブログでは、物凄く久しぶりに登場の

ショーン&ヒデキ

男性のイラストなのは、お許しください・・・

まゆ

日本人の眉は上がり眉の方が多いです。
その上がり眉に、並行なラインのメガネを掛けてあげると自然に馴染みます。

「きつく見えるメガネは嫌だから、真っ直ぐなメガネの方がいいな」

そういうお客様もいらっしゃいますが、

実は少し上がっているシェイプの方が
日本人にはお顔に馴染み、きつく見えない事が多いのです。

メガネを掛けた二人をご覧いただきましょう。
掛けているメガネはTURNING椿ではありませんが・・・
イ・イメージですから・・・

図2

画像を見て頂くとお分かりですよね。
ショーンの方は、眉毛とフロントのシェイプがおおよそ並行になっています。
POISON4というメガネを掛けていますが、デザインだけで見ると
少しキツイ印象かな?と思いますが、実際に掛けて見ると
キツイイメージにはなりません。顔に良く馴染んでいます。

一方ヒデキの方は、眉とフロントシェイプのラインが並行になっていません。
似合っていない訳でもないのですが、少しフレームのインパクトが出てしまいます。
馴染ませないで、目だたせる使い方であればこういう使い方もOKだと思います。

改めて、椿のフロントシェイプを見て頂きましょう。

IMG_9165

日本人の眉に合わせた、さりげなく上がったフロントシェイプ。
キツくなりすぎないようにした、絶妙なデザインです。
さらに目元を飾る、チラッと入っている智元パーツの装飾

IMG_9167

近づいてようやく分かる程のさりげなさ。
でも掛けて見ると不思議と分かる存在感。何とも計算された装飾です。

IMG_9169

テンプルもキレイな生地を使用しています。
フロントはやりすぎないデザイン、色でまとめておいて
テンプルは少し変わった生地を使う。なんともニクイ合わせ方です。

さりげない中に、似合う仕掛けがされているTURNING椿
是非実物を手に取って見て頂きたいです。

東京で年一回行われる展示会

「国際メガネ展 IOFT」

そこではフレーム・サングラスの中から、デザイン・機能に優れる製品を表彰する

「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」

が毎年開催されています。

「メンズ部門」

「レディース部門」

「キッズ部門」

「サングラス部門」

「機能・技術部門」

の5部門があり
谷口眼鏡はこの「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」のメンズ部門で

二度グランプリを取っています

ノミネートされるのは各部門おおよそ3本。ノミネートされるだけでも凄いのですが
グランプリを二度もぎ取っています。

前回のTURNINGでも登場した

T-166 col.04 ブルーホーン

IMG_9086

王道なウェリントン型を丁寧に仕上げた一本。
色も少し変わったブルーブラウンの組み合わせ。
2013年のリリースなので、発売から4年近く経ちますが
未だに人気は衰え知らずで、入荷するとすぐにお嫁に行ってしまいます。
良いデザインは時間が経ってもあせないのです!

もう一本のグランプリ受賞は

TURNING Step TP-308

collection_tp_308_header_img01

TURNING Stepからの受賞です。
細身で小ぶりなプラフレームに、メタルブリッジやチタン製テンプルを配した
知的な雰囲気が魅力の一本です。
コンビネーションボストンの王道の様なデザイン。
少し高めのブリッジや、レンズシェイプ、テンプルに彫り込まれたデザインなど
抑える所をきちんと押さえた一本です。

惜しくもグランプリは逃しましたが、
メンズ部門にノミネートされたデザインもあります。

TURNING Step / TP-315

collection_tp_315_header_img01

レトロ感が強くなりがちなソフトリムを優しいクラシックテイストに絶妙にアレンジ。
テンプルにはカモフラ柄の生地を使っています。
なかなかメガネの生地では見かけないカモフラ柄。
「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」にノミネートされた2015年以降
色々なブランドで見かける様になりました。
生地も様々なデザインがあるのだと感心した一本でもあります。

さて、このあたりでTURNING編を締めくくろうと思います。
色々なシリーズがありますので、好みの一本が見つかるはず!
王道だけど少しモダンさを感じるTURNING
どのブランドでも言っていますが
実物を触って頂ければ良さがダイレクトに伝わります。
職人技を肌で感じてみて下さいませ!

では、次回の【徹底解剖】もお楽しみに