カテゴリー別アーカイブ: 歩

【マコト眼鏡 歩】Lシリーズ L-1017 L-1028

歩のLシリーズを【徹底解剖】していきたいと思います

Lシリーズは
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ

プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く
品質を保ちながら薄くできるのが特長です
重さを感じさせない眼鏡に仕上がっています

ayumi L1017 col,0930 (クリアグレー) ¥32,500-(税抜)

IMG_1510

Lシリーズのみならず、歩の中でも定番の使いやすさを誇るモデルです
四角過ぎない、程よいスクウェアシェイプです

柔らかい印象のイメージや
お仕事用のキッチリしたようなイメージ

IMG_1511

クリアグレーのカラーは程よく落ち着き
抜けの色がキレイです

クリアになり過ぎてしまうとオモチャっぽくなってしまうのですが
クリアグレーの落ち着いた風合いが高級感のあるツヤを生んでくれます

IMG_1513

セルロイド生地特有のキレイなツヤ
高級感のある、品の良いツヤ感に仕上がっています

職人が丁寧に磨き上げています
さり気ないですが、匠の技が詰まっています

IMG_1515

テンプルに使用されている芯は<βチタン製>です
薄くてスリムな生地なので、βチタンの柔らかさがしっかり感じられます

包み込まれるようなかけ心地は、掛けて頂いて初めて分かります

※ちなみに歩はLシリーズ以外のシリーズでも
βチタン製のテンプルを使用しています
かけ心地へのこだわりです

IMG_1516

削り出しで作られているノーズ部分も、非常に滑らかな造りになっています
日本人の鼻にピッタリあうパッドは流石の一言です

指で触っていただいても段差のない
とても滑らかな仕上がりです

IMG_1518

サイズ・デザインは男性でも女性でも
カジュアルでもフォーマルでも、どんな条件でも合わせやすいメガネです

ayumi L1028 col,5339/9146 (マーブルレッド/マーブルブラック) ¥30,500-(税抜)

IMG_1527

このモデルは、シャープなイメージで仕上げています
歩ブランドの中でもトップクラスのスリムなデザインです

フロントカラーのマーブルレッドの色の抜けがキレイです

IMG_1532
小さめのサイズ感で
お顔の小さい方や学生さんにもおススメ出来るフレームです

IMG_1535

フロントのマーブルレッド(赤茶系)のカラーに合わせてあるのは
マーブルブラックというブラックカラー
ぱっと見は黒系の色ですが、

マーブルという名の通り
大理石のような風合いのブラックカラーです

IMG_1536大理石のような質感で重すぎないので
レッドとブラックとハッキリしたメリハリのカラーでも
印象が強くなり過ぎる事がありません

カッコいいイメージですが、カジュアル使いでもいけちゃいます

IMG_1538

テンプル側から見るとクールな印象

IMG_1539

細くシャープなフレームでも、パッド部分は削り出しの
高めのパッドになっています

IMG_1541少しフェミニンなイメージの
カッコよくキレイに使っていただける

そんな歩です

定番のLシリーズと、歩の中でも細いフレームを今回はご案内しました
一つのブランドでもコンセプトの違うシリーズによって
随分と印象が変わってきます
色々な歩を体感して頂きたいです

【マコト眼鏡 歩 Collection コレクション シリーズ】C-312

今回は、歩のコレクションの中でもレアなシリーズ

<Collection コレクション シリーズ>

Collection コレクションシリーズは
その時世に注目されているトレンドを取り入れながら
『歩』AYUMI らしさを表現したシリーズです

このシリーズの特徴は、

3年に1度しか発表しない!

という中々思い切ったコンセプトで更に
1度限りの製造という

<完全数量限定品>

になっています。
歩のシリーズの中でも、特にレア度の高いモノになっています。

では早速コレクションシリーズの【徹底解剖】を始めます

歩 C-312 col,0907 アユミブラック¥36,000-(税抜)  

IMG_1553

デザインはウェリントン型

シンプルなウェリントンデザインです

IMG_1554

智元の厚みがセルロイド生地のキレイなツヤを強調してくれます

普通のウェリントンの様に見えますが
色々な技がこのフレームには隠されています

IMG_1559

歩のメガネは丸みがあり、柔らかい印象で作られているフレームが多いですが
こちらのC-312は

<エッジの効いたカッティング>

として仕上げています。

IMG_1557

エッジが効いていても、キツイ印象になるほどのカッティングではない

この絶妙なバランス感が歩らしい所
アユミブラックの質感とツヤは、歩ファンも納得の出来です。

IMG_1564

装飾も、柄も何もないシンプルなブラックフレーム
潔さも感じるカラーです

シンプルなブラックですが、高級感を感じます

セルロイド生地ならではのツヤの出方がとても綺麗です。

IMG_1565

エッジの効いた部分もありますが、柔らかく丸くなっている部分もあります

ぷっくりした箇所エッジの効いた箇所

そのメリハリが特徴でもあります

歩 C-312 col,5122 アユミブルー¥36,000-(税抜)  

IMG_1569

こちらはアユミブルー
アユミブルーはカラー名にもなっていますが、歩のオリジナルカラー
当ブログでも何度か登場していますが、

歩ブランドの中でも人気カラーのアユミブルーです

IMG_1572

ブルー系のカラーですが、ぱっと見のカラーはかなり濃い青色です。

光を当てると青のカラーに見え
遠くから見るとパッと見た感じは黒?
と勘違いしてしまう程濃い青です

「ブラックだと重い印象に感じる」
という場合にはコチラのアユミブルーがおススメです

IMG_1575

光が当たると、青い事が分かりやすいです
とはいえ、青くなり過ぎる事はありませんので
基本的には黒に近い感覚で使っていただけます

IMG_1579

光の当たる具合などで表情を変えてくれますので
様々な発見があると思います

歩 C-312 col,5265 トートイス¥36,000-(税抜)  

IMG_1585

トートイスというブラウンデミ系のカラー
ウェリントン系のフレーム相性抜群なカラーです

IMG_1586

光を当てた時のカラーがとても綺麗です
トートイスはそこまで濃いカラーではないので
重い印象になる事もないです
肌馴染みもいいので色んな場面で使いやすいカラーです

IMG_1593

エッジはこんな感じ
ブラックやアユミブルーと比べても、あまりキツイ印象が無いと
個人的には感じます。

IMG_1595

光を当てると
【飴色】
の様なカラーにもなってくれます

IMG_1598

王道のカラーの良さを存分に体感して頂けるカラーだと思います

ウェリントンのガチっとしたインパクトと
トートイスの抜けのカラーのバランスが
心をくすぐってくれる逸品

歩 C-312 col,3024/5265 キハク/トートイス¥36,000-(税抜)  

IMG_1600

今回入荷してきたコレクションシリーズの中でも
個性的なカラーである

キハク/トートイス

キハクカラーは前回ご紹介させていただきました
クリア生地でイエローがかった生地の色です

クリア程遊び過ぎる事もなく、見た目以上に顔なじみの良いカラーになっています

IMG_1601

Lシリーズでご紹介したキハクと比べると
生地の厚さが違いますので、少しイエローが強めに感じます

IMG_1471

こちらがLシリーズのキハクカラーになっています
どうでしょうか?
Lシリーズのキハクカラーの方がイエローが薄い気がしませんか?

IMG_1604

 丁番の埋め込み部分も非常にキレイです

IMG_1607

先程までのカラーと比べると、結構個性が強いですが
好きな方には間違いなく刺さる、少し攻めたカラー

クリアレンズを入れてもいいですが、薄いサングラスしようにしても
カッコいいのではないでしょうか?

ブラウン系を入れてもいいですし
グリーン系で、少しレイバン風にしても面白いかもしれません

IMG_1608

以上が歩のコレクションシリーズです
3年に一回しかリリースされず、しかも生産も一回きりという

歩ファンの方は「マスト」チェック

であるC-312です
歩の技術が詰まった逸品です

【マコト眼鏡 歩】Lシリーズ L-1032

セルロイド眼鏡をリリースするブランド

<歩 (AYUMI)>

ブランドの中で、職人の手仕事による究極の薄さを追求したシリーズ

『Lシリーズ』

プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いるので
形状変化に強く、品質を保ちながら薄くできるのが特長です

今回は【歩】のLシリーズのいくつかをピックアップして
【徹底解剖】していきたいと思います

ayumi L1032 col,3024/0907 ¥35,000-(税抜)

IMG_1471

ぱっと見はクリアカラーですがコチラのカラーは

<キハク>

と言う、透明にやや黄色を合わせたクリアカラーです
クリアカラーに黄色が入るだけで
少し落ち着いた印象になってくれます

IMG_1472

パッド部分は生地が重なっていますので
表から見ると、少し濃いクリアイエローになります
何となくグラデーションの様なイメージになっています

IMG_1473
スクウェアという程、四角でもなく
オーバルまで丸すぎる事の無い、絶妙なレンズデザイン

掛ける方を優しく、柔らかい印象にしてくれます

IMG_1474

フロントがキハクで、テンプルはブラックテンプル
メリハリのある組み合わせです

メリハリのあるフレームカラーですが
フロントのキハクが全体の印象を柔らかくしてくれます

IMG_1476

クリア生地なので、丁番の埋め込み部分が見えます
造りが非常に丁寧なので、埋め込み部分の造りはとても綺麗に仕上がっています

IMG_1483

歩の鼻パッドは削り出しで作られていますので
段がなく、とても滑らかな肌触りになっています

IMG_1491変わり種という程ではありませんが
少しだけ個性的なカラーです。

ayumi L1032 col,1235 (ミルキーグリーン)¥35,000-(税抜)

IMG_1493
ミルキーグリーンと呼ばれる
ヒスイの様な風合いのカラーバージョン

先程のキハクと比べてみるとかなり印象が変わります

マコト眼鏡さんのブログの説明が載っていましたので
以下に転載しておきます

「翡翠(ひすい)のような色味」
自然が長年の月日をかけて作り出す宝石という傑作と、見間違えそうなほどのこの色。
そしてこの色の魅力を増している このなめらかさは職人の感覚だけで作られています。
5次元のマシンをも遥かに越える職人の手仕事です。

転載終了

IMG_1495

独特のミルキーさも相まって
大人の雰囲気を感じるカラーになっています。
Lシリーズならではの薄いフレームなので、光がうまい具合に抜けて
セルロイドのカラーがとても綺麗に発色してくれます。

IMG_1498

翡翠の様な生地を熟練の職人が削り出し
丁寧に磨き上げ仕上がる高級感のあるカラーです

IMG_1500

模様の出方が、バッファローホーンを彷彿させます
スリムで薄いフレームでもちゃんとカラーと模様が出てくれます

IMG_1504

これだけスリムなフレームなのに
高級感のあるツヤが出るのはやはりセルロイドならではです

IMG_1501

ノーズパッド部分の生地の合わせ方も流石です
柄が違和感なく途切れない様になっています

IMG_1509

こうして並べてみるとかなり印象が違います
キハクの様に、少し遊んだテイストにしてみるのも良いですし
ミルキーグリーンの様に落ち着いた雰囲気にしてみるのもいいと思います

今回は少し変わったカラーのL-1032を【徹底解剖】しました
次回も続いてLシリーズをピックアップしてみたいと思います。

【歩 Lシリーズに大き目サイズ登場!】L-1033

前回に続き、歩の新作を【徹底解剖】していきます。

L 1033 ¥35,000-(税抜) col,0907/0473 アユミブラック/ローストブラウン

IMG_8979

Lシリーズでは珍しいラージサイズになっています。
レンズサイズはゆったりサイズの

56サイズ

Lシリーズはスリムなサイズ感のものが多いですが
今回のL-1033はスリムなイメージを一新しました

IMG_8981

ウェリントンデザインで
ヨーロピアンスタイルのシャープさを意識しています

リムの正面からサイドに掛けて立ち上がるようなカットを施すことで
“サイズオーバー”というイメージにならないように工夫しています。

IMG_8984

フロントのカットが非常にキレイです
フロント上部には、カットがさりげなく施されています。

IMG_8985

最近の歩では珍しい、フロントとテンプルのカラーを変えている

コンビネーションカラー仕様になっています。

テンプルの太さも太目ですが、Lシリーズなのでスリムになっています。

IMG_9021

L1017と並べてみるとこの位のサイズ感です。
横も大きければ、縦の幅も大きめです。

大き目サイズのLシリーズが欲しいと思っていた方の琴線に
がっつり触れること間違いなしの一本です。

col,5265 トートイス

IMG_8991

ブラウンデミカラー系のトートイス
ブラウンですが、赤みが強いのが特長でしょうか?

IMG_8992

ブラックのフロントよりも、削りのカット面が分かりやすく見えます。
抜けの色もキレイで、品の良い印象を出せます

IMG_8995

べっこう飴の様なレイなツヤ
この<ツヤ>が歩らしさとも言えます。

セルロイドならではのツヤは実際に手に取って分かる良さです。

IMG_8996

フロントとテンプルカラーが一緒のカラーは
統一感があってキレイです。

IMG_8998

丁番の埋め込み部分もキレイに仕上げています。
細くスリムな生地なので、細かい部分の造り込みが甘いと目立ってしまいます。
そういった部分が目立たない様に仕上げるのが歩です。

col,5122 アユミブルー

IMG_9003

丁度ブログを書いている間に売れてしまったので
サラッと写真だけ載せておきます。

IMG_9004

IMG_9006

IMG_9008

よくよく見ないと分からないくらいの、絶妙なブルーカラーです。
アユミブルーと呼ばれるこのカラーは
歩でしか使えない、歩オリジナルカラーになっています。

IMG_9013

歩のオリジナルケースは、サングラスにしかついてきません。
しかし、AZには過去にも少し触れたことがありますが

【桐の歩ケース】

があります。

旧ロゴタイプのレアモノです

IMG_9015

ケースの中には歩をリリースしている”マコト眼鏡”の社長夫人

“ユミコさん特性ちりめん生地クッション”

がついてきます。

IMG_9016

こちらの桐ケースは販売価格¥5,000-(税抜)
で販売しております。

現品限りで、おそらく在庫もないです。
気になる方は是非!

【1017-L】歩人気モデル・サイズ追加!

歩の2019秋 新モデルが到着しました。

images

今回入荷してきたモデルは2型
二つともLシリーズに属するモデルです。
では早速【徹底解剖】していきたいと思います。

L 1017-L col,0907 アユミブラック ¥32,500-(税抜)

IMG_8909

1017って前にも出ていなかった?と感づかれた方は相当な歩フリーク

歩のLシリーズの中でも人気の高いモデルである
<1017>
その1017のサイズアップバージョンになります。

サイズは「52サイズ」➡ 「54サイズ」
になっています。

元の1017も男女年齢問わずに掛けていただけるサイズ感でしたが

「雰囲気はそのままで、掛けてゆとりを感じるタイプが欲しい」

とのリクエストも多く寄せられた事で誕生した一本です。

カラーは1017と同じカラー展開で5色展開になっています。

col,0907 アユミブラック

IMG_8907

定番の歩ブラック

サイズは大きくなっても雰囲気はそのままです。
ウェリントンの系統ですが、スクウェア系統でもあるデザイン
クラシカルな印象は出しつつ、仕事でも行ける
歩の中でもかなり使いやすいデザイン

IMG_8910

シンプルなデザインです
ツヤが本当にキレイです。セルロイドならではのツヤは
実際に見ていただきたいです。
私の写真の腕ではお伝えしきれないのです・・・

IMG_8912

こうして良く観察してみると、レンズデザインは
ウェリントン系の要素が強く出ています。

IMG_8915

歩といえば、合口部分の造り込みの丁寧さです

IMG_8916

隙間なく

“ピタッ”

とフロントとテンプルの合口部分があってくれます。
繋ぎの部分を触っても、しっかり造りこまれていますので
全くといっていい程、凹凸がないです

IMG_8920

歩といえばこちらも忘れてはいけません。
鼻パッド部分の造り込み
プラスチックフレームの鼻のパーツは
元々あるパーツを張り付けて作る事が一般的です。
その辺りの細かい説明は是非↓のリンクにある
【徹底解剖】ブログをご覧いただければと思います

<歩>

IMG_8921

フレーム情報がテンプルに刻み込まれています。

素材・品番・カラー・サイズ

全ての情報が分かります

IMG_8922

サイズアップした1017-L
サングラスにしてもカッコいいかもしれません

col,0473 ローストブラウン

IMG_8923

ローストブラウンというデミ系カラー

IMG_8928

馴染むカラーですが、地味という訳ではない
絶妙なブラウンな感じがいいです。

IMG_8930

抜けのあるクリアなブラウン

IMG_8932

マーブルカラーな感じもあります

col,0674 アユミパープル

IMG_8935こちらはパープルカラー

【アユミパープル】

と呼ばれる歩オリジナルカラーです。

IMG_8939濃いめのパープルカラーなので
性別関係なく使っていただけます。

IMG_8941綺麗なパープル
濃すぎず、薄すぎず、クリアになりすぎず
丁度いいカラーになっています。

col,5122 アユミブルー

IMG_8945

こちらのアユミブルーも歩オリジナルカラーです。
個人的にかなり好きなカラーです

IMG_8948

一見すると青になりすぎないカラーで、濃いめの綺麗なブルーです。

大人なイメージのブルーです

IMG_8949

AZでも入荷すると、すぐに出て行ってしまう人気カラー

col,6052 クリアマロン

IMG_8956

ブラウンですが、少し甘いイメージのカラーです。

IMG_8959

優しいイメージで使う事が出来るカラーです。

IMG_8961

以上が1017-Lです
サイズが合わず、泣く泣く選べなかった方にもおススメ出来る様になりました。

さて、1017の話になりましたので少しレアなカラーのご紹介を

col,6293 (グリーンバジル)

IMG_8971

バジルの様なカラーリングになっているカラーです。
今では作られていないレアモノです。

IMG_8972

抜けのあるグリーンで、ササ柄がカッコいいです。

歩ロゴは<旧タイプ>のバージョンです

IMG_8973

テンプルの刻印も今違い、シンプルなタイプになっています。

IMG_8975

中々個性的なカラーですが、案外顔に乗せてみると
馴染んでくれるというのも歩らしいです。

サイズのラインナップが増え、色々な方におススメ出来る様になった【1017】
今なら全てのカラーラインナップが見られます。
気になる方は是非お越しくださいませ。

【歩】の20周年記念モデルに携わる?

セルロイドフレームといったら

images

という程。セルロイドフレームに精通したブランドである歩
そんな歩のメガネの製作に携わることが出来る企画がスタートします。
その企画とは

『歩』“AYUMI” 20周年 特別企画
AYUMI 新製品の企画共創ワークショップ

2000年に誕生した『歩』“AYUMI” は、来年2020年で

【20周年】

を迎えます。その記念企画として
『歩』ユーザーのお客様と新しいめがねを創るという企画を計画しています。
ユーザーの皆様で20周年モデルをどんなものにしていくかという
歩ユーザーにとってはたまらない機会になっています。

10487825216020

 『歩』 (製造元 マコト眼鏡) の代表である増永昇司 ・ 由美子
さらに『歩』デザイナーの市村正巳と直接話しながら
『歩』の20周年モデルの企画に携わることができます
ワークショップ参加後も継続して20周年モデルの製品企画に
オンラインで携わることができます

⚫開催概要
【東京】
日時:10/13(日)10:30-12:30
会場:aeru meguro (品川区上大崎3-10-50)

 【京都】
日時:11/3(日)10:30-12:30
会場:aeru gojo (京都市下京区松原通室町東入玉津島町298)

 【福井(鯖江)】
日時:12/1(日)10:30-12:30
会場:マコト眼鏡 (鯖江市丸山町2-5-16)

 ※各回先着10名まで
※各回とも内容は同様
※鯖江のみ、希望者には前日に『歩』特別工場見学を実施

⚫参加条件
『歩』の眼鏡またはサングラスをご利用いただいているみなさま
※参加無料
※製品企画やデザインなどのご経験は一切不要

10487825212194

残念ながら愛知県では開催されませんが、京都で開催されます。
東京や大阪まで遠くなく行ける距離になっています。
本丸である、鯖江に行くというのもアリかもしれませんね。

 IMG_9635業界でも珍しい、ユーザー様参加型のイベントです。

ご自身のデザインや意見が
20周年記念モデルになってしまうかも!

こういった類のイベントは業界でもかなり珍しいのではないでしょうか?
興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

『メガネの流行ってどんなの?』ボストン編

しばらくぶりですが、前回の【丸メガネ編】に引き続き
今現在、最も流行していると言っても過言ではない

<ボストン型>

【徹底解剖】していきたいと思います。

そんなボストンシェイプは

オシャレっぽい

そんなイメージを簡単に出すことが出来ます。
ジャンルとしてはクラシック系ですが、
同じクラシック系の丸メガネよりも、抵抗感なく掛けられると思います。
結構クセはある風に見えて、万能なメガネなのです。

ですが、選び方を間違えると似合わなくなってしまいます。
全てのメガネに言えることではありますが、
ポイントを抑えたメガネ選びをしてあげることで、キチンと似合うメガネになります。

そんなボストンの選び方を今回はお教えします。
ボストンを掛けこなすポイントの前に、ボストンメガネについて
【徹底解剖】していきたいと思います。

IMG_0058

ボストン型は、丸い逆三角形で、おむすびを逆さまにした様な形です。

『ボストン』

という名前の由来は1950年代、
アメリカの都市ボストンで流行したことからこの名前が付けられました。

boston_harvard_square_11 (1)

(1950年代のアメリカのイメージ画像)

ボストンのデザインは、レトロ感もありつつ知的で、
ビジネスシーンでも使われる事もあるフレームです
丸みのある独特なレンズ形状は、メガネを掛ける人の印象を
柔らかく親しみのある感じにしてくれます。
レンズの上下幅も十分にあり視野もしっかり確保できます
顔の輪郭を選ばず、万人受けするフレームでもあります。

最近では、オールプラで作られているものはもちろん、

※ブリッジだけ金属にしているデザイン

※オールチタンで作られている、シャープな印象のモデル

など、様々な素材で遊んだ造りのボストンがリリースされています。
ボストンを似合う様に選ぶポイントは、前回の

【丸メガネ編】

でも解説しました

“レンズに対しての目の位置”

を抑えるといいです。
レンズの中心よりも、少し内側に黒目が来るように選んでください
そうするとクールにカッコよくボストンを掛けこなせます。

更にボストンを掛けこなす為に気にしていただきたいポイントは

カラーと素材感

ごくごく当たり前みたいな話ですが、他のフレームデザインと比べても
フレームカラーと素材感のインパクトが強く出るデザインです
(スタッフWの主観)

フレーム素材のバリエーションがかなり増えてきていますので
シチュエーションにあったモデルを探していきましょう。
素材感やカラーの特徴を少しまとめて紹介していきます。

これぞ『ボストンメガネ』というデザインと素材感の

歩 1021 col,0907

IMG_1467

オールプラスチックで、カラーも無骨に単色の黒】でまとめてあります。
これぞボストン!な要素をふんだんに盛り込んだ一本になっています。
単色の黒ですので、デザインと色が際立ってくれます。
お顔に乗せた時のメガネの印象もしっかり主張してくれます。

20111225111517590

歩 1021 は現在主流のプラスチック素材である

“アセテート”ではなく
“セルロイド”生地を使っています。

プラスチック素材の生地の説明については

【コチラ】

をご覧くださいませ。

IMG_1469

セルロイドフレームの『ツヤ感』と色の出方がとてもキレイです。

ボストン型の、レトロの感を出すのであれば

【デミカラー】

と呼ばれる、べっ甲系のカラーがいいです

TURNING Step TP-321 col.02 デミ

IMG_0553
ブリッジを金属パーツにしたタイプのボストンになります。
テンプルも金属のタイプでいわゆる

コンビネーションフレーム

と呼ばれるタイプのフレームです。
コンビネーションは、プラ素材と金属の素材の違いでメリハリが効きます。
この素材の違いが『味』になってきます。
ブラウンデミのカラーの出方も主張しすぎることがないので
使いやすいカラーリングといえます。

素材の違いや、ブリッジの印象から難しそうに見えますが
意外と普通っぽく使えてしまいます。

最近では、こういったコンビネーションのフレームが
ボストンデザインの定番として、多く見かける気がします。

お次は、ここ最近メガネ業界で多くなってきた

オールチタンのフレーム
IMG_0557

そのオールチタンのボストンバージョン。
チタンを使用していますので、プラスチックのフレームよりも主張しすぎず
洗練されたイメージのボストンとして使うことが出来ます。
ボストンを仕事で使いたいといった場合
このようなオールチタンのボストンを選ぶといいかもしれません。

IMG_0558

サイドから見た時も、スッキリします。
リム(フレーム)が細いので、のメリハリが効くカラーでも
キツイ、怖い印象にならずに使うことが出来ます。

コンビネーションのいかにもボストン!

といったフレームもいいですが、細目のチタンで作られたボストンもいいです。
さらに細いチタンのボストンもあります。

IMG_1475

AZの中にあるボストンの中でも小ぶりなサイズ感です。
ボストンをかなりシンプルに仕上げた一本になっています。
小さめなので、ボストンの感じが出すぎないので

初めてボストンに挑戦してみたい!

といった方にもおすすめなのが、小さめサイズ
カラーも落ち着いたシルバーやゴールド系がいいです。

IMG_1476

オールチタンの洗練されたデザインがいいです。
一見するとボストンっぽくないデザインもいいのかもしれません。

<顔に対して、フレームがどのくらいの割合を占めるのか?>

そこがかなり重要になってきます。
ただし、このサイズ感は非常に難しく、大きくても似合っちゃう場合もあれば
小さめでも似合っちゃう場合もあります。
これはフレームとお顔のバランス、眉や、目幅の状況によって変わってきます。
どういったメガネが似合うのか。
いわゆるセオリーみたいなものは存在しますが
やっぱり顔に乗せなければ分かりません。

なぜ似合うのか?

こうしたらもっと似合う様になる

というお手伝いをさせていただけますので
お気軽にご相談くださいませ。

爽やかなクリアウェリントン!『歩 AYUMI C-306』

こんにちは
2月ももう明日で終わり!早いですね
まだまだ寒さが続いておりますが
日中の気温や風の冷たさの中にも
なんとなく春めいてきたように感じるこの頃です

さて!本日はとてもキレイなクリアメガネをご紹介

IMG_8299

IMG_8305

☆ 歩 AYUMI  C-306 6050 ¥31,000(税別)

このとっても爽やかなメガネは『歩 AYUMI C-306』
メガネ徹底解剖でも紹介されました
メガネの産地福井県のなかでもセルロイドを知り尽くした
『マコト眼鏡』で作られたセルロイドフレームです

この『歩 AYUMI』のモデルには
R(レギュラー)シリーズ
L(ライト)シリーズ
C(コレクション)シリーズ
S(サングラス)シリーズ

この4つのシリーズがありまして
この『C-308』はその中のコレクションシリーズの1モデル
コレクションシリーズは時代の流れを『歩』らしく反映させ
徹底的にデザイナーと職人のこだわりを突き詰めたフォルムで
個性溢れる独創的なデザインが特徴のシリーズ

C-306はトレンドのクラシックをふまえた
歩流のウェリントンという感じがします

見た目にはボリュームを感じさせますが
生地は薄く実はかなり軽く仕上がっております

そして最大の特徴はここ!

IMG_8295

テンプル(つる)に施されたこのギザギザの細やかな段差加工

しかもしかも・・よ~く見てください

IMG_8296

IMG_8285

IMG_8306

わかりますか?
ギザギザの上と下で何かが違っているのが・・
上はツヤをおさえたマット、そして下はピカピカのツヤありと
あえて仕様をかえて光と影を演出しているんです

(わかりにくいですが撮影技術が・・必死に撮ったんですこれでも・・)

写真の腕はともかくこのようにとっても凝った加工がされた
コレクションシリーズにふさわしいモデルなのです

クリアというカラーも素敵で
クリアでも色がついたものはよくありますが
なかなかここまでのクリアって珍しいものです

かけてみるとすごく目立つというわけでもなく
でもクリアのツヤと透明感で存在感をだしてくれます

透明のレンズはもちろん
あえて薄くカラーの付いたレンズで楽しむのも
おススメです

爽やかなクリアの『歩 AYUMI C-306』
涼し気でも温かみがあって素敵ですよ

メガネ徹底解剖!【KAMURO】編 Part.3

KAMUROはサングラスも可愛いのです!

そして、今回はレア物も紹介していきますよ~

では早速

【サングラス】

【解剖】していきたいと思います。

KAMUROのサングラスは可愛く日常で使えるサングラスが多いです。
あまりサングラス感が強く出すぎず、自然に使えるようなモデルが多いです。

トーション

フランス語で「ねじれ」を意味するサングラス

モチーフは編み込みヘアです。

フロントはKAMUROらしいスッキリしたフロント。
大きすぎず、小さすぎずの素晴らしいサイズ感です。
そして肝心の「ねじれ」はテンプルにあるのです。
アセテートで「ねじれ」を表現しています。

IMG_8211
グレイグラデーションや

IMG_1242
KAMUROでは珍しいスカイブルーなカラー

IMG_8213
見事に「ねじれ」を表現しています。

IMG_1245
実際にアセテートを編み込む事は出来ませんので

金型を作って複雑な編み込みを表現しています。

「ねじれ」はメガネの天敵。そのねじれをデザインにしてしまう
KAMUROイズム着眼点が凄まじいです。

IMG_8216

裏の生地の色を変えてあるので

≪奥行くのある表情に≫

その上手いカラー合わせがKAMUROらしさです!

ルチュ

IMG_8217

IMG_8218

すこし上がったフロントシェイプの耳際の頂点から
テンプルへとつながるラインがとても美しいです。
サイドから見た時のテンプルのカラーとフロントの生地がとてもキレイです
フロント生地も馴染みやすく、キレイな発色をする生地。

日本人に似合うお手本のようなサングラスです。

【レア物 デルタシリーズ】

KAMUROの初期作で今はメーカーにも在庫のない

『クールザフ』

デルタシリーズと呼ばれる、POPな頃のKAMUROフレームです。

少し大きめのスクウェア型
今主流のクラシックとはまた違ったクラシカルさを感じます。

IMG_1260
フロントは男性でも女性でも掛けれられるサイズ

“可愛い”けどちょっと無骨な感じ

この無骨さの中に様々な技術が詰め込まれているのです。
そのうちのいくつかを紹介します。

IMG_1264
一見すると、ちょっと変わった装飾だけなのですが、

この□が並んだ“カシメ”が
とんでもない技術で出来ているのです。

このモデルはテンプルとテンプルの芯を“カシメ”ているのです。
多くの場合、丸いパーツでカシメるのですが
このモデルは

四角のパーツでカシメます

重要ポイント

e0092115_19313680

少し変わった先端の、テンプル芯と

e0092115_19382884

この四角頭のパーツ、をテンプル芯とカシメます。

そしてこのパーツが何と10K(10金)なのです。

金ですよ!金。高級感あふれる良い色なんです。

IMG_1259

 四角のパーツは少しのズレで

≪傾き≫

 

が出てしまいます。
それが出ないように慎重にカシメていきます。
何気ない、ちょっとしたデザインも全力で。
モノづくりに全力で取り組む姿勢は、初期も今も変わらないと感じます。

 【歩】

KAMUROの解剖なのに歩?
歩はマコト眼鏡が造るオリジナルブランド。何とKAMUROと歩がコラボして

≪KAMURO×

をリリースしていたのです!
ステラと呼ばれるモデルのフロントをセルロイドバージョンにしたフレームです。

ステラC

IMG_8150歩の極薄セルロイドシリーズ

《Lシリーズ》

の薄いフロントで造られています。
レンズシェイプはステラよりも小ぶりですが、セルロイドの持つ
力強さが掛けた時にインパクトを出してくれます。
歩とのコラボの影響か、少しだけクラシックなレンズシェイプになっています
クラシカルに寄せつつ可愛いというお互いの良さが出ている

まさにコラボな一本です。

IMG_8238
↑がステラ
ステラは使いやすい少し横長のレンズシェイプになっています。

IMG_8149

マコト眼鏡のセルロイドとKAMUROのラインストーンが合体!
歩フロントに、KAMUROテンプル
双方のファンも納得の出来です。

IMG_8155
もちろんパッドは一体成型
鼻にピタッと乗ってくれますので負担が少ないです。

IMG_8111

先セルの内側に歩の刻印が!

IMG_8112
どうだ!と言わんばかりの主張をしてくれます!
(そういう画像を作った私のせいですが・・・)

 そんなこんなでPart.3まで続けてきたKAMUROの解剖。
フレームそれぞれにドラマがあるKAMURO。
少しでもKAMUROの世界観が分かって頂けたら幸いです。
ではまた次回の徹底解剖でお会いしましょう!

メガネ徹底解剖!【歩】編

メガネ徹底解剖のお時間がやって参りました!
今回のお相手は

セルロイドフレームと言ったらこのブランド
鯖江の中でも屈指の職人集団

歩“あゆみ”

images

を徹底解剖していきます!
【解剖】の前に“歩”の生みの親である≪マコト眼鏡≫について少し触れておきます。

≪マコト眼鏡≫

≪マコト眼鏡≫は福井県鯖江にあるメガネメーカーです。
メガネの聖地と呼ばれる福井県。
その福井県にメガネの産業を根付かせ、今や小学校の教科書に掲載される人物

増永五左衛門 “ますながござえもん”

 

のお孫さんが興したのが≪マコト眼鏡≫です。
お孫さんと言ってもいまや社長職は退き、会長になられておりますが・・・
現場で今もガリガリヤスリ掛けして、メガネを製作しているそうです。
生涯現役!なのでしょう
マコト眼鏡は、そんな増永スピリッツが色濃く受け継がれた職人集団です。

さて、マコト眼鏡の説明が終わりましたので早速

【解剖】ですよ!

IMG_7919

歩はセルロイド生地を使ったメガネです。
一般的に言われる「セルフレーム」のアセテート生地ではなく
昔ながらのプラスチック生地である≪セルロイド≫しか使いません。
セルロイド生地独特の艶感、フィット感は一度使うと虜になる事間違いないです!

≪セルロイド≫しか!!使いません。

セルロイドを知り尽くしたから出来る技術が詰まっています。

セルロイドとは、現在主流のプラスチック生地《アセテート》よりも前に作られた元祖プラスチック生地です。今でも、ギターのピックピンポン玉などでセルロイドは使用されています。アセテートと違い堅く、加工が難しいのでノウハウがないと中々作る事が出来ない素材です。加工は難しいですが、アセテートにはないツヤ感、極限まで薄くしたフレームでも堅く丈夫なので型崩れが起きにくい。などセルロイドならではの味があります。

【鼻パッド】

歩のメガネの最大の特徴と言っても良いであろう鼻パッド。
普通プラスチックフレームは
フロントに鼻パッドのパーツを接着する方法でパッドを作ります。

IMG_7917

↑一般的には、パッドのパーツをフロントにくっつけます。

しかし、歩の場合は違います!

なんと歩はパッドを一から削り上げていきますIMG_7925

この様にフロントに生地を張り付け、あとはひたすらパッド立てていきます。

IMG_7903

そうして出来上がったパッドがコチラです。

IMG_7904

フロントとパッドのつなぎ部分が分からない程滑らかに。
鼻へのあたりの良さは体感していただきたいほどです。

IMG_7875削りあげていく造りなので可能な、白いセルを挟みこんだパッド
=歩の中でも中々ないスペシャルなパッドです=
メガネとしての仕上がりの美しさも、フィット感の良さも全てを盛り込んだ造りです。

次の【解剖】

【合口】

メガネの合口とは、テンプルの先端部とフロントの合わせ部分の事
この合口一つとっても職人技と歩の想いが詰まっているのです!

IMG_7869

フロントとテンプルの継ぎ目が分からないくらいにピッタリです。
ここまでピッタリに合わせるには機械では無理です。
ヤスリがけしながら、目で見て触ってまた削って・・・
そうすると触っても分からない位の合口が出来上がるのです。

そして、これがまさに業界でも歩だけ?な造りである

先端部にフタをする!

IMG_7906

キレイにフタがしてありますね~。
良いフタっぷりです。

フタが分かりにくい?

分かりました!
フタをしていないメガネと比べて見ましょう。

IMG_7928

これがフタをしていないテンプルです。
どうですか?フタをしていないので金属がそのままむき出しですね。

歩のメガネはフタをする事で汗がテンプルの中に入らない様にする。
金属部に緑青(サビ)が出にくくするなどの造りになっています。
フタをするので手間がかかるのですが、それを惜しまずやるのが歩クオリティ。
そうすることで生まれる合口の美しさは流石!という出来です。

これが歩の思いやりです。

 

合わせの部分もキレイに収まります。

IMG_7911

これが

IMG_7910

ピタっ!と隙間なく・・・
何だか気持ちがいいですね

※金属が出ているメガネは造りが悪い。とかそういう事ではないですよ!!
マコト眼鏡はこの造りにこだわっているという事です。

まだまだ続いていきます。
お次は

【テンプル】

 

IMG_7893

セルロイドは堅いので、芯の入っていない「ノー芯」
と呼ばれる芯の入っていないテンプルを作る事が可能です。
実際に「ノー芯」のセルロイドメガネも市場にあります。

しかし歩はノー芯」は造りません。必ず芯が入っています。
歩のテンプルに使用されている金属はチタン芯が使用されています。
軽量で錆びにくいチタン芯が入る事で強度も、フィッティング力も助けてくれます。
改めて様々な思いが詰まっていることを再確認できます。

テンプル刻印にも歩らしさがあります。

IMG_7931

テンプルにある品番なども一見普通っぽいですが、ちゃんとコダワリがあるんです!
テンプルの情報は印刷で済ましてしまう事が多いのですが
歩は【レーザー】で彫った所に【七宝】を流し込んで固めています。
ここまでしているメガネは中々無いのでは?

【ロゴ】

歩のロゴは最近(といっても1年以上前なのですが)変わっています。

IMG_7897

この四角いロゴマークから

IMG_7899丸いロゴになりました。

四角いロゴは、歩のブランド名の由来である将棋の「歩」のイメージでしょうか?
丸いロゴの理由は・・・今度聞いてみます。

歩を【解剖】してきましたが、いかがでしたでしょう?
セルロイドフレームは他のブランドからも出ていますが
歩はそんなセルロイドフレームの中でも相当にこだわりのメガネではないでしょうか。