カテゴリー別アーカイブ: メガネ徹底解剖

【KAMURO&theo】ボストン・オーバル

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回は二つのブランドのリリースする

ボストン型&オーバル型

をピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

両ブランドとも、ブランドらしい
ボストン型とオーバル型をリリースしています
是非“らしさ”を感じて頂けたらと思います

KAMURO rizo col,31000

IMG_4914

まずは、カムロのボストン型からご紹介

rizo リソ

一見するとシンプルなボストン型ですが
カムロらしい部分もしっかり盛り込まれたフレームになっています

IMG_4921

カムロのフレームらしく

<七宝加工を施してあるフロント目尻部分>

にはアイメイク効果がありますので
目元をパッチリ見せることが出来ます

シンプルなボストン型にカムロらしい七宝が入ることで
少し可愛さが加わりますので
クラシックっぽくなりすぎず使う事が出来ます

七宝のカラーが
レモンイエローカラーというのもPOPで可愛いです

IMG_4928フレームの造りとしては

チタンパーツに
樹脂パーツがはめ込まれている構造になっています

樹脂パーツを外すと
七宝塗装が良くご覧いただけます

フロントのチタンはブリッジを含め、<一体成型>になっていますので
強度は勿論のこと、スリムなチタンなので
バネ性もしっかりある優れものです

IMG_4920

フレーム名である

『リソ』とは
スペイン語でさざ波の意味です

さざ波を表現する様に
以前リリースされていたカムロのフレーム

【peplum】ペプラム

で使用されていた

チタンウェーブテンプル

を使用しています

IMG_4925
うねうねした特徴的なテンプルが
<さざ波>のイメージにあっています

同じパーツでも、デザインの組み合わせによって
ずいぶんと印象が変わってきます
軽くて可愛らしいカムロ流のボストンここにあり

次はtheoのボストンをご案内いたします

theo move  ムーブ350

IMG_4950

theoがリリースするボストンは
theoらしさをしっかり感じられるデザインになっています

パッと見た所あまり変わった所がない様に見えますが
よく見てみると

フレームの半分が
左右にスライドしたようなデザイン

の変形ボストン型フレームになっています

IMG_4951こうして近づいてみると
ズレているのが良く分かります
ズレた事で生まれた

鼻側の隙間とテンプル側の隙間

がtheoらしさを出してくれます

IMG_4954

ラベンダーの様なパープルカラー

マットな質感で、細かいラメが散りばめられた様な
綺麗な表面処理で仕上げられています

IMG_4957

テンプルもスリムで落ち着いています
ですが、そこで終わらないのがtheoです

moveの先セルはフロントと同じく

スライドしてズレています

さり気ないけど、こういった部分に
ニヤッとしてしまう方も多いと思います

こうした遊び心をしっかり入れてくる所がいいです

IMG_4960

ズレてます

IMG_4965

theoの中のフレームでは
意外と抵抗なく掛けられるモデルになっています

性別年齢関係なく、皆様が楽しんでいただける
そんなボストン型です

ブランドを感じられるボストン型
王道のボストンもカッコよくクールですが
ブランドの特色をしっかり出した
個性を感じるボストンもいいものです

estrella col,16B

IMG_4931

カムロはオーバルのデザインが多いですが
その中でも特にカムロらしい一本をチョイスしてみました

estrella エストレラ

フレーム名のエストレラとは
スペイン語で『星』を意味します

ラインストーンを散りばめて、星空をイメージしているフロントです

IMG_4933

耳側のリムは少し太目のリムになっています

オーバルの優しいイメージと、太いリムで引き締まった感じ
優しさと、キリッとした印象のバランスの取れた形状です

リムにインパクトがありますので、レンズが厚くなってしまう方でも
レンズの厚さを隠してくれる効果もあります

IMG_4937

フロントのリムやテンプルに
沢山散りばめられたラインストーンはまるで星空の様です
ラインストーンのカラーは
色とりどりのラインストーンを使用しています

星の輝きを
ラインストーンの多彩なカラーで表現しています

IMG_4938

テンプルデザインは
サークル状のデザインを組み合わせたデザイン

サークル状のデザインが全体的にゴージャス感?漂うフレームに
少し遊んだ雰囲気をプラスしてくれます

すこし可愛い感じと
ゴージャスなイメージがミックスされたテンプル
IMG_4943

サークル状になっているデザインに
寄り添うようにつけられているストーンは
アクセサリーの様にテンプルを飾ってくれます

少しゴージャスなイメージのオーバル
普段使いにも使いやすく、ドレスコードなどで使っても
とても映えるメガネです

obligation オブリゲーション 407

IMG_4968

最後を飾るのはtheoのオーバル型です

柔らかく滑らかでありながら
強弱のあるシルエットです

オーバル型で優しいイメージにtheoらしいデザインを加えた

オーバルだけど、普通のオーバルにはならない

そんなデザインです

IMG_4970

レンズのデザインはキレイなこれぞオーバル
といった具合のレンズ
そこにtheoらしい、楽しいアートの様な要素を加えています

オーバルシェイプの柔らかいデザインですが
目尻の部分が最後、キュッと上がっているのが特徴です

この絶妙なメリハリがオーバルなのに
ちょっと個性的な雰囲気を出せます

IMG_4972

moveと同じく、ラメの感じが綺麗なフレーム
オーバルのレンズとフレームのスリットがいい感じですIMG_4976

裏側のカラーはフロントカラーと変えています
ブルーのカラーを引き立てる様に

明るいベージュ系のカラーを合わせています

IMG_4974

フロントと裏側のカラーを変える事で
フレームにメリハリが生まれます

個性的なブランドのtheoの中では
掛けやすいデザインです

カムロ流・theo流の
ボストン・オーバルはいかがでしたでしょうか?
ブランドカラーをしっかり感じられるデザインです

流行のボストンか
定番のオーバルか

是非かけ比べてみてくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【KAMURO】トランクショー開催中!色褪せない名作

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回はカムロの初期の作品を
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

ranma  ランマcol,7

IMG_4860

オーバル型の優しいイメージと
チタンリムの厚みが個性的なフロントです

スリムで細めのオーバルは
初期のカムロのデザインで多いです

ラベンダーカラーの様なマットなカラーが
初期のPOPなカムロらしく可愛いです

IMG_4864

フレーム名のランマの由来となった部分は
テンプルにあります

IMG_4866

ランマという名の通り
コチラのフレームは

<欄間(らんま)>

をモチーフにしています

欄間は、日本の建築様式にみられる建具の一種です
採光、通風、装飾といった目的のために
天井と鴨居との間に設けられます

IMG_4867

そんな欄間をイメージにしたテンプル
欄間のデザインは色々ありますが
カムロのランマは

<草木や鳥>

カムロテイストが
しっかり盛り込まれたデザインになっています

IMG_4865

欄間の立体感を表現すべく、厚めのテンプルを使用
厚めのテンプルを削り、欄間を模したデザインにしています

平面的でなく、立体的になっていますので
より欄間の雰囲気がしっかり感じられます

IMG_4876

フロントはシンプルで
テンプルは装飾やデザインが施されているのは
初期のカムロからの伝統です

Arlene アーリーン col,94B16B

IMG_4844

初期のカムロらしく
細めのデザインのフロントになっています
細めのスクウェアは今となっては少し珍しいです

IMG_4845

フレームカラーはマットなモスグリーン

落ち着きのあるグリーンは
クールな印象として使って頂けます

IMG_4847

さて、アーリーンの最大の特徴は
なんといってもテンプルに仕込まれた

<七宝>

グリーンの七宝はまるで

ステンドグラス

の様な雰囲気をもっています
IMG_4851

光を当てた時の抜けの色は
非常に綺麗な仕上がりです

顔に乗せた時に、いい具合に発色してくれます
派手になりすぎないけど、普通のメガネにはない
独特のカッコよさがあります

IMG_4859

ステンドグラスを模した七宝は
同じ大きさではないという所がまたいいです

細目のスクウェアデザインと
グリーンでまとめられたカラーはカッコよく使って頂けます

Curly カーリー col,3167

IMG_4831

少しつんとしたデザインのオーバルタイプ

フロントの生地は独特なデミ柄です
ブラウンとホワイトが混ざったキレイな生地です

先の2本と同じく、こちらも
レンズは細めのサイズ感です
IMG_4834

フレーム名になっているカーリーは
このメガネのデザイナーの髪型が当時

<カーリーヘアー>

だったので、そのカーリーヘアーから名づけられています

テンプルがカーリーヘアーの様に
うねりのある形状のテンプルになっています

IMG_4836

面白い形状ですが
そこまで遊んだ雰囲気になりすぎないです

カラーも割と落ち着いたカラーなので
普段使いで、どんな服装や場面でも使って頂けると思います

IMG_4838

カーリーヘアーの様な?
テンプルはPOPさを演出してくれます

hanavi ハナビ col,wasavi

IMG_4808

オーバルタイプのフレーム
やっぱり細めなレンズシェイプ
この頃のカムロデザインはレンズの縦幅が細目です
クールな印象で使えるのが細目レンズデザインのいい所ですね

フレーム名のハナビはそのまま

<花火>

をモチーフにしています
花火らしさはフロントではなく、テンプルに詰め込まれています

IMG_4814

フレームカラーは限定カラー
ワサビ

あの山葵のカラーそのものとなっています
山葵の何とも言えない質感をマットで再現?
しています

マットなライトグリーンといった感じですが
山葵カラーというカラーが、正にドンピシャな色合い

IMG_4816

テンプルには花火がたくさん詰め込まれています

ラインストーンと七宝で作られた花火

IMG_4822

打ち上げタイプではなく、線香花火をイメージしている
とデザイナーから聞いた覚えがあります

先セルを持って下に向けると
まるで線香花火をしているような雰囲気です

線香花火の火の玉をラインストーン

花火部分を七宝

この二つで表現された綺麗な一本です

IMG_4828

ワサビと線香花火の夢の?コラボです

ちなみにフレーム名は正確には

wasavi 

 なのでワサビ、ではなくワサヴィカラーという事になります
ちなみにフレーム名も

hanavi

ハナビではなく、ハナヴィが正しいです

fino フィーノ col,080

IMG_4877

レンズサイズは少し大き目の
カムロらしいオーバル型

先ほどまでのフレームとは違い、ゆったりしたサイズ感です
カムロのフレームの中でもサイズ的には大き目サイズです
サングラスとして使って頂く事も出来るサイズ

フレーム名である

fino フィーノ
イタリア語で細い、薄いの意味を持ちます

その名の通り薄く、非常に軽いかけ心地になっています

IMG_4880

生地に柄が入っている様に見えますが
実はこの柄は、転写や生地の模様などではありません

実は薄いシートメタルを
レーザーカットでレース状に模様を施し、そのシートメタルを

プラスチックフレームに挟み込んでいます

IMG_4882
この薄い生地をサンドする製法は

<浜本テクニカル>

というメーカー独自の技術で仕上げています
フィーノは、カムロと浜本テクニカルのコラボメガネで

IMG_4890

テンプルには

KAMURO×HAMAMOTO

の刻印がしっかりと入っています

特殊な技法で作られた世界最薄のプラスチックフレームだから。
日本の技術力とデザイン力が凝縮されたモデルです

IMG_4887

どれだけ薄いか、カーリーと比較してみました
その薄さは一目瞭然
ここまで薄いのか!と驚いてしまいます

IMG_4884

経年変化によって、生地からシートメタルがズレたり
抜けてしまったりしない様に
丁番部分にカシメで固定されています

こうする事で、長年使っても不具合が出にくいように仕上げています

以上がカムロの初期のメガネです
時代に流されないデザインになっていますので
今見ても新鮮で、可愛いモデルばかりです
今現在リリースされているカムロの流れを作った名作達

懐かしい方には懐かしく
新鮮に感じる方は新鮮に感じるフレームです

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【KAMURO】トランクショー開催中!サングラス編

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回はサングラスを
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

日差しは和らいでいきますが
日が低くなってくる時期になってきます

秋から冬にかけてもサングラスは必需品です

是非今回のトランクショーでサングラスを見つけてみてください

Enchante 2874 ベージュ

IMG_4618

フランス語で
「はじめまして」

という意味を持つアンシャンテ
デザインテーマが

“コントラスト”

という事で、金属のパーツとアセテート生地の
コントラストがキレイなフレームです

IMG_4625

フロント上部には金属パーツが埋め込まれています
丸く大き目なレンズが目を惹くフロントに
ポイントとして、いい具合に目立ってくれます

IMG_4632

テンプルにつけられている金属パーツも可愛いです
フロントのパーツと違い
丸いパーツになっています

IMG_4627

“コントラスト”というデザインテーマと一緒に

60’s ファッション

というテーマも一緒にデザインとして取り込んでいます

<オードリーヘップバーン>

をイメージした女性らしい色です

IMG_8390-1024x683
日本ブランドのサングラスとしては珍しい

フラットなブリッジになっています

海外ブランドのデザインの装いです
レンズサイズも大きめなので

<独特な雰囲気>

で使って頂けます

IMG_4634

デザインは海外風ですが
掛け心地の良さは、ちゃんと計算されています

鼻パッドの大きさや高さ、傾斜角やレンズカーブも
日本の女性用に設計してあります

なので、安心して掛けていただけます

IMG_4635

歴代のカムロのサングラスの中でも
異色のオーラを放っています

かといって、個性的過ぎて使いにくいという事は全くなく
お顔をしっかりカバーできるサイズ感や
独特の雰囲気を持っているので、好きな方も多いと思います

chillin 20213

IMG_4644
丸みのあるボストンとウェリントンを組み合わせたような
独特の形状

<ボスリントン>

なデザイン
柔らかいイメージの中にエレガントな雰囲気も出ています

IMG_4645

フロントカラーは

ピンクブラウンのデミカラー

派手になりすぎず、デミカラーの独特の柄が個性的に出てくれるキレイなカラー

クラシック系のフレームではお馴染みの

キーホールブリッジ

さり気ないですが、この鍵穴の様なデザインが
フレームの印象を引き締めてくれます

IMG_4650

テンプルはカムロのフレームで
以前使用されていたテンプルを生かし使用しています
IMG_0391-1024x683

<コキーユ>

というフレームのテンプルで
テンプルにモチーフがありそのモチーフは

貝をイメージ

しています

デザイナー曰く

『このメガネは角度によって巻貝にも、二枚貝のようにもなり表情が変わります。
時にはパールが見えなくなることも』

というテンプル

真珠が生まれるアコヤガイをモチーフにしているのでしょうか?

IMG_4649

確かに、言われてみれば、『チラッ』と見えたり
しっかり見えたりする、面白いデザインのテンプルです

IMG_4655フロントは幾層かに重なり合っています

表はピンクデミなカラーですが、
裏側は、ラメの入った生地になっています
見えるか見えないか、分からない絶妙な生地の使い方が綺麗です

IMG_4664レンズカラーは

【薄サングラスとして使って頂けるカラー】

目が透けるくらいの薄さなので
サングラスを掛けた時の威圧感や
キツイイメージほとんど出ないといってもいいです

薄めのレンズカラーなので、買い物などに行った時でも
そのままお買い物できちゃいます

クラシックですが、クラシックになり過ぎない
そんなサングラスに仕上がっています

humming 0013

IMG_4665

レンズシェイプはボストンとオーバルを掛け合わせたかの様な

柔らかいイメージのレンズシェイプ

大きすぎないサイズ感なので
使える場所や、服装も含め凄く使い勝手のいいデザインになっています

IMG_4666

レンズカラーも濃すぎないので
使い勝手もいいです

IMG_4669

カムロのフレーム

“foglia”フォリア

のテンプルを使用したサングラスになっています
フォリアの

葉っぱと朝露をモチーフ

フォリアのお姉さん?妹?な一本です

IMG_4674

特徴的なテンプルは葉っぱデザインのテンプルと

七宝で表現された朝露

朝の草木に滴る朝露のぷっくりした感じが
とても上手く表現されています

IMG_4678

フレーム名のhumming ハミングは

思わず鼻唄を口ずさみたくなるような
ルンとした気分になれる

というイメージでつけられています

楽しく、気分の上がるサングラスです

tone-sun limited

IMG_4679

サングラス編最後を飾る

tone-sun トーンサン

tone-sunは、英語の

color tone(色調)

カラートーンからフレーム名をとっています
少しキリッとしたレンズデザイン

こちらはリミテッド仕様の限定カラー

IMG_4681

クリアグリーンのフレームカラー

段をつけてそこに
<FC塗装>を施したデザインです

フラット加工とも言われる技法で
職人が注射器で直接塗装し
厚みのでないフラットな仕上がりが特徴の塗装です

IMG_4683

クリアグリーンのフレームにポイントで
ピンクイエローのビビットなカラーが入ります

少し個性的なカラーとして楽しめるサングラス

段をつけてカラーをつけたりしていますが
デザインとしてはシンプル目なので
どんな状況でも使いやすいです

IMG_4686

テンプルも段をつけて
カラーを変えています

シンプルに見えるけど、部分的にこだわりを感じます

以上カムロサングラス特集でした
カムロのサングラスは入荷と同時に売れてしまったり
中々店頭にいる期間も少ないので
こうして様々なモデルを見比べて頂く事も
希少な機会になっています

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【KAMURO】トランクショー開催中!part,2

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回もKAMUROのフレームを
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

vaccinium2 col,3701

IMG_4575

カムロの中でも人気のフレーム

Vaccinium ヴァシニウム

そんなヴァシニウムの後継版がこちらの

Vaccinium 2

ヴァシニウム感はそのまま
要所要所にアップデートを加えたニューバージョンです

1よりもレンズの上下サイズが大きくなり
オーバルシェイプが強くなりました

サイズが大きくなりましたので
遠近両用なども問題なく使って頂けるサイズ感になりました

IMG_4577

ヴァシニウムのモチーフは

ブルーベリーの蔦

七宝でブルーベリーの実と葉っぱを表現しています
カムロらしい可愛いテンプルです

IMG_4579

ぷっくりとした可愛さが七宝の強みです

ツタと実と葉っぱの七宝の質感が
メガネのインパクトも高めてくれます

IMG_4581
七宝は、平面的でなく
立体的にぷっくりしています
この絶妙な立体感とぷっくり感が最大の魅力になっております

甘すぎる可愛さではなく、大人らしい可愛さなので
さり気ないオシャレな感じで使って頂けます

IMG_4583

厚さのある鼻パッドを採用しています

元々のヴァシニウムの鼻パッドは
かなりスリムなパッドでしたが
今回のパッドは大きめなので鼻にあたる面積も広く
鼻への乗りも非常にいいです

IMG_4585

ブルーベリーの実は
フロントの表側にピョコっと出てきます

IMG_4586

畳むとブルーベリーの実はフロントから外れます
掛けるときにだけ現れるというのがニクイです

ツタをイメージしたテンプルは
βチタン素材

βチタンの柔らかさと軽さは
とてもかけ心地がいいです

色々なファッションに合わせて使って頂きたい
そんなフレームに仕上がっています

galallio col,476p

IMG_4587

ちょっとだけハードなイメージの

<ギャラリオ>

オーバルデザインですが、少しだけフォックス寄りの
ツンとしたカッコいいレンズシェイプになっています

とは言え、そこまでキツイ印象にはなりすぎないので
日常使いでもしっかりお顔を彩ってくれます

IMG_4588

フロントは厚めで、ボリュームを出しています
立体感のあるフロントで、フレームの上部と下部で
チタンの厚みが変わっています

フレーム下部はチタンの厚みがしっかり出ます

IMG_4597

テンプルは、カムロお得意の七宝加工を施してあります
あまり派手になりすぎない
シンプル目な七宝加工になっていますIMG_4601

ターコイズブルーの七宝とラインストーン

カムロらしい組み合わせになっています

IMG_4596

七宝とラインストーンを使っているのは
フレームの上部分だけなので
真横から見ると、結構シンプルな感じです

見る角度を変えると
フレームの表情が変ります

IMG_4602

カムロとしては少し立体感のある
チタンの厚みを感じるカッコよさを感じる一本です

part,2のラストを締めくくるのは

flottant フロットン

IMG_4319

フレーム名である flottant フロットンとは

フランス語で
<ひらひら>
という意味

蝶のヒラヒラした様子から連想して作られたデザインです

パット見た感じ、フォックス系のイメージですが
レンズデザインはボストン系の柔らかい印象の玉型になっています

IMG_4327

目元をキリッとさせてくれるデザイン

チタンパーツの独特の形状は
目をパッチリ見える効果があります

ブラックベースのアセテート生地ですが

少しクリアで抜け感のある柄なので
フレームカラーが黒くても、重い印象にならないで使って頂けます

IMG_4328

アセテートの生地とチタンの重なっている部分が
軽やかな蝶のイメージを表しています

フレーム自体もスリムで薄いので
より<ひらひら>したイメージが出てくれます

IMG_4337

薄いアセテート生地に、チタンリムが挟まれている形状です
テンプルは蝶の羽の様な柄をイメージしているのでしょうか?
軽やかさとデザインが目立ちすぎず主張してくれます

IMG_4333

毎年変わる、カムロの先セルデザイン
2020年の先セルデザインは
カムロ15周年という事で

<15th>

の刻印入りの先セルデザインになっています
カムロらしい女性らしさと、軽やかでスリムなデザインです

こちらのフロットンはカラー展開も豊富で

col.limited パステルピンク

IMG_4347

リミテッドカラーの
中々個性的なパステルピンク

col,2489 カーキ

IMG_4357

落ち着いた印象のカーキ

col,171 デミ

IMG_4367クラシックカラー定番のデミカラー

という展開になっています
ここで終わりではなく、コチラのフロットン

サングラス仕様になっているものもあります

col,1601 クリアブルー

IMG_4382

クリアブルーの生地に
ブラウン系のレンズカラーをはめ込んだ
サングラス仕様

col,6121 クリアピンク

IMG_4370

クリアピンクの生地に
グリーン系のレンズをはめ込んだサングラス

col,8140 クリアオレンジ

IMG_4395

クリアオレンジの生地に
グレー系のレンズをはめ込んだサングラス

フロットンは以上の

<7色展開>

その内3色はサングラスとしてリリースされています
サングラス仕様になっているものに
クリアレンズを入れて頂く事も可能ですし
その逆もOKです

フロットンの<全色>を見比べられる機会というのは
今回のトランクショーだけ?かもです!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【KAMURO】トランクショー開催中!part,1

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です!

今回はKAMUROのフレームを
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

show col.0037B

IMG_4531

デザインのイメージになったものは

「夜空に輝いている星」

何とも素敵なモチーフのメガネです
細めのリムに、星をイメージしたラインストーンが埋め込まれています。
このラインストーンは

<星座などをモチーフにしています>

左右で表している星が違うのですが、何座かわかりますか?

IMG_4535

右側は

「カシオペア座」

IMG_4534

左側には

「北斗七星」

星座のイメージをフロントに落とし込んだフレームです。
ラインストーンを使い、可愛いすぎず
地味にもならないバランスになっています。

IMG_4539

<流れ星をイメージしたテンプル>

天の川モチーフのボリュームのあるデザイン

IMG_4541

横から見ると、流れ星の軌跡の様なテンプルです

<流星群の様なラインストーン>

が目を惹きます

perla col,2756p/re

IMG_4548

オーバルシェイプのペルラは
柔らかい印象で掛けることが出来ます
優しい印象のメガネとして使って頂けます

フロントはシンプルなオーバル
全体としても、シンプルなデザインになっています

フロント名の

“perla”(ぺルラ)とは

「真珠」

という意味です

IMG_4554

フレーム名の元になったパールは
ヨロイの部分に使用しています

真珠の奥ゆかしい輝きと、派手すぎず
程よく目立ってくれる上品なモデルです

フロントカラーはマットなネイビーブルー
カラーラインナップの中でも
カラーの主張がしっかり出てくれます

IMG_4556

テンプルはシンプルですが
生地のカラーが明るくキレイなカラーなので
派手になりすぎず、お顔を彩ってくれます

ワインレッドブルーなど
様々なカラーが組み合わさったキレイな生地です

IMG_4557

シンプルなデザインですが
レンズデザインや大きさ、テンプルのカラーなど
全ての要素がうまく重なり合いペルラは仕上がっています

カムロデザインとしては、少しシンプルなデザインなので

カムロを初めて使ってみよう
という方にもオススメ出来ます

シンプルでもカムロらしさはしっかり感じる
そんなフレームに仕上がっています

kanopi col,6760

IMG_4562

カムロのフレームの中でも
少しゆったりサイズの

kanopi(カノピ)

フロントは柔らかいイメージのオーバル型です

IMG_4565

ブラウンデミカラーのフロントは
オーバルデザインの柔らかさを、更に優しい印象にしてくれます

IMG_4566

フロントは

アセテートとβチタンの
コンビネーションにしています

アセテートフロントの程いいボリュームと
βチタンの柔らかさが融合したフレームです

IMG_4570βチタンはフロントのブリッジで固定されています
裏側から見るとこんな感じ

バネ性の強いβチタンは
お顔を包み込むような掛け心地になります

締め付け感も殆どなく、ストレスを感じにくい
軽いかけ心地が特徴です

IMG_4568

フレーム名のカノピとは

マレー語で
「草冠」

という意味です
βチタンにはフレーム名にもなった
草冠や花などのデザインを施しています

IMG_4569

デザイン性と機能性を兼ね備えたテンプルになっています
ラインストーンや七宝などを使っていませんが
しっかりKAMUROらしさを感じます

IMG_4571

フロントがアセテート生地なので
お度数が強い方でも厚みを気にすることなく
使用していただけるという点もグッド!

ゆったりしたサイズ感なので
サングラスにしてもいいと思います

普通のサイズのサングラスだと大きすぎる

とお悩みの方はこのカノピを
サングラス仕様にしてもいいですよ

今回紹介するフレームは以上になります
カムロらしいモデルや、シンプル目のカムロなど
同じブランドでも様々なフレームで楽しませてくれます
次回もお楽しみに!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ピカピカの限定コレクション

【theo】

AZにあるtheoの中でも
珍しいメガネを今回はピックアップします

IMG_4525

ゴールドシルバー
の主張が激しい
レアなコレクション

人気のmilleシリーズなどtheoの人気フレームを

ゴールドシルバー

でまとめたコレクションです

今回はコチラのトレイの中から
一本ピックアップしていきたいと思います

mille+24 パラジウム

IMG_4495

シルバーカラーは

<パラジウム>

がコーティングされています

パラジウムとは
採掘量がかなり少ないレアメタル

パラジウムのアクセサリーなども人気で
その特性はプラチナより軽く、耐久性もしっかりあることから
アクセサリーなどで使用されることも多い金属です

IMG_4499

mille+24は

これぞ、丸メガネといったデザインの
ラウンドタイプ

ラウンドの上部はヘアライン加工で
下部はピカピカのパラジウム仕様になっています

この辺のバランス感覚がtheoらしいです

IMG_4505

とにかく目立つカラーですので
メガネを楽しんで使って頂けます
顔に馴染ませる、日常使いしやすい
といった使い方とは全く違う

メガネをとにかく個性的に
目立たせる使い方が出来るカラーリング

デザインになっています
そこに加え、パラジウムの高級感が加わってくる感じ
theoファンならずともたまらないです

IMG_4510

フレームの裏側は凹凸のある
ドット仕様になっています

掛けている人は分かるけど、相手からはかなり見えにくい
けど、もしかしたら斜め後ろから見えると
ひょっとしたら見えるかも?
という絶妙なドットです

mille+24 ゴールド

IMG_4473

さてお次は同じくmille+24
こちらはゴールドカラーになっています

こちらのゴールドは、

24Kの金を厚くメッキしているという
かなりの豪華仕様になっています

24Kの鮮やかなゴールドカラーは奥行きがあり
上品なゴールドです

IMG_4480

パラジウムカラーと同じく
フレームの上下で
ヘアライン加工とツヤありとツートン仕様になっています

IMG_4483

24Kの上質な輝きと
ラウンドのクラシカルなフォルム

個性的なイメージ&独特な高級感を持っているので
theoらしさとクラシカルさを兼ね備えている逸品です

IMG_4487

ゴールドバージョンのフレーム裏も
凹凸のドットになっています

IMG_4519

似合う、似合わない
というよりも、好きだから掛けるといった部分が大きい
そんなフレームだと思います

一度ハマったら抜け出せなくなる
という言葉がまさにしっくりくるようなデザイン・カラーの
特別シリーズになっています

さていかがだったでしょうか?
ゴールド&シルバーの豪華仕様のフレーム
今回ピックアップしたmille24以外にも

ウェリントンモデルの
mille+23

ちょっと変わったクラウンパント?の
anthem

も豪華仕様になっております

theoらしさが爆発した芸術品になっています

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo 】milleシリーズ

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です

今回はmile

【mille】シリーズ

について少し解説していきたいと思います。

ミルと読みますが、このミルシリーズは
クラシカルなデザインをメインにしているシリーズです
テオ流のクラシックシリーズという位置づけかもしれません

このシリーズのフレームは

【mille+】

というフレーム名の後に数字が入ります

ちなみにミルというシリーズは
ミレニアム世代を意識したシリーズらしいです。
※ミレニアム世代は、1970年代後半から1990年代前半生まれの世代らしいです

では早速そんなミルシリーズを今回は【徹底解剖】していきたいと思います。

mille+12 col,031

IMG_2021

ウェリントンとフォックスを合わせた様な
クラシックな風合いとカッコいいセクシーなイメージが合体したデザイン

フォックス系のフレームはどことなくヨーロッパな雰囲気です

IMG_2022

カラーはブラック
表面は、ヘアライン加工で仕上げてあるので
マットな独特な質感になっています

IMG_2026

表面処理のヘアライン加工は
正面とテンプル部分だけに施してあります
フレームの上部やサイド部分は
ベースである、ブラックのツヤありカラーになっています。

全体にヘアラインをするのではなく

場所によってツヤありの部分と、そうでない部分をつくって
見る角度などによって表情を変える様に作られています。

IMG_2029

こうして見ると、ハッキリ境目が分かります
光が当たるとかなり表情が変わってくれます

の様な質感がたまらないです

IMG_2035

ヘアライン加工をアップで撮ってみました
近づいて見て見ると

<木の様な質感>

高級感を感じる質感です
マット加工とはまた違った質感になっています

IMG_2038

テンプルも同じく、ヘアライン加工でしあげてあります

先セルには、違うカラーの生地を入れて
その部分だけ色を変えています
テオのちょっとした遊び心です

IMG_2041

フレームの厚さはしっかり主張してくれる太さ
太さがありますので、メガネの主張はしっかり出ます

智元の一番厚い部分で
<10㎜の厚み>
があります

ボリューム感、ヘアライン加工とツヤの出方がカッコいい一本です

 mille+22 col,394

IMG_2082

少しだけ細目のシンプルなウェリントンシェイプ

フロントカラーはマットブラウン
メタルウェリントンのクセのないフレーム

IMG_2085

上下幅が深すぎないメタルウェリントンは
使いやすく、クセがありません
服装や場所も気にしないで、どんな使い方をしても大丈夫です

そんな使いやすいフレームですが
キチンとテオらしい部分はしっかり表現しています

IMG_2087

チラッと見えていましたが、フレームのエッジ部分に
蛍光のイエローカラーを付けています

1㎜の厚さしかないメタルパーツの側面を着色するだけで、急に

普通のウェリントンではなく
テオのウェリントン

になってくれます

フロントとテンプルの上部分がイエローで引き締めてくれます
シンプルなウエリントンフレームですが

ちょっとしたカラーの差し色でテオらしい
面白いフレームになってくれます。

IMG_2089

先セルが少し厚めではありますが
シンプルなテンプルです

IMG_2091

実は隠された遊び心が裏側に施してあります

裏側は凹みのあるドット仕様

表面からは全く見えないので
掛けている人にしか分からない遊び心になっています

mille+

theoの中でも人気のシリーズであるmilleシリーズ
今回ピックアップした2本は、theoの中ではそこまで奇抜なデザインではないので
theoデビューするにはうってつけのフレームです

ここからtheoマジックにはまってしまうかも!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ベルギーブランドのアートなメガネ part,2

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です

今回もベルギーブランド
theoをピックアップしていきたいと思います

vulcano 376

IMG_4256

ヴォルカーノは
イタリアの<ティレニワ海に浮かぶ島>が由来の
ユニークなフレームです

IMG_4258

ラウンド型のレンズシェイプの下部分を
真っすぐパツンと切り落とした様な
独特なレンズシェイプになっています

かまぼこの様な、かまくらの様な

なんとも可愛いフォルムです

丸メガネの様だけど、実際に掛けてみると
丸メガネとは違った個性的な雰囲気になります

ナイロールフレームなので
全部枠があるフルリムフレームと比べ
顔に馴染みやすいというのも特徴です

IMG_4260

ブリッジデザインはかなりインパクトがあります
海外ブランドとしては珍しい

立体的に前面に出ているブリッジ

ブリッジが立体的になることで
メガネを掛けた際、お顔に立体感が出てくれます

IMG_4262

サイドから見てみると、ブリッジの立体感は一目瞭然

ブリッジ部分がかなりせり出ています

この凹凸が平坦気味の日本人の顔を
掘り深い顔の印象にしてくれます

IMG_4263

カクっと折れ曲がったヨロイ部分

テンプルの上部をブラウンカラーにして
フロント部分をネオンオレンジにしている
バイカラー仕様にしています

このバイカラーがtheoらしいカラーとも言えます

IMG_4267

コロンとした可愛いフォルムと
theoらしい、明るく元気なカラーが組み合わさった
年齢や性別関係なく使って頂きたい一本です

puree 323

IMG_4270

二本のフレームが
重なったようなデザイン

シンプルなようで、少し個性的な
個性的だけど、そこまで強すぎない
ちょっと変わったボストン型のフレームです

IMG_4273

独特な立体感がクールです
正面から見るとスッキリしていますが

角度を変えて覗いてみると
面白いデザインになっていますIMG_4274カクっと曲がった
変わった構造のヨロイ部分

色の使い方も相まって、POPな印象も出ています

IMG_4277

丁番はバネ丁番を使用しています
デザインとしてのバネと、機能的なバネと
両方の側面を持っています

かけ外しの時のメガネの開閉をスムーズにしてくれたり
フロントにかかる負荷も逃がしてくれます

IMG_4284

機能性とデザインを両立させた
theoでは珍しい、バネ丁番

IMG_4286

ブラックのリム部分は
レッドのリムの部分にロー付けされています

なので、レンズを留めているナイロール部分は
開閉の時に力が直接加わることはありませんので
レンズが緩んだりするリスクが非常に低いです

IMG_4294

普通のボストン型よりも、もう少し面白いデザインを探している方に
このpureeをオススメしたいです

shape 449

IMG_4295

落ち着いたtheo が続きましたので
この辺で、

しっかりtheoらしいPOPで遊んだ雰囲気のフレームを
ピックアップしていきます

<アウトライン>

というtheoの新しいシリーズからリリースされた

shape

アウトラインシリーズのコンセプトは
レンズデザインを最初にデザインして
そこからフレームのアウトラインをデザインする

という
少し変わったフレームデザイン方法になっています

IMG_4297

カラーの異なるリムが
組み合わさったPOPな楽しいフレーム

まずこのレンズデザインから作ったというのが
theo らしいです

メガネデザインのセオリーがあるのか?どうかは分かりませんが
自由な発想で楽しくメガネをデザインしていると感じます

IMG_4298

ブリッジのデザインや、重なり合ったような
独特なデザインもPOPで遊び心があります

カラーやデザインは、万人受けするものではありませんが
こういったPOPで楽しいメガネは
掛けているだけで、気分も上がります

IMG_4300

顔に馴染ませる、自然な雰囲気で使う
ではなく、とことんメガネを主張して、目立たせてしまいましょう
そうすると、最初は派手で個性的だったメガネが
不思議とその人のキャラクターにあったメガネになってくれるはずです

IMG_4301

見れば見るほど
POPで個性的なフレームです

 IMG_4416

theoトランクショーではきっと
皆様にぴったりのtheoが見つかるはずです!

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!

【theo】ベルギーのアートなメガネ part,1

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

開催中です。これから1か月を盛り上げるのは
カムロとテオです

今回はテオのフレームを
いくつかピックアップして【徹底解剖】していきたいと思います

テオのブランドについては

コチラ

をご覧いただけると嬉しいです

mille+22  199

IMG_4200

theoのメガネにはシリーズがいくつか存在します
theoのシリーズの中でも人気が高く
数も多くリリースされている

mille+シリーズ

少しクラシカルな雰囲気のメガネが多く
テオのクラシカルシリーズに位置づけされていると思います

フレーム名も非常にシンプルで【mille+】
というフレーム名の後に数字が入ります

今現在、mille+の最新メガネは+84までリリースされています
mille+シリーズだけでも84モデルも出ている事になります
これだけで人気の高さが伺えます

mille+シリーズでピックアップしたのは
mille+22

IMG_4203
細めのウェリントン型で
クラシックになりすぎないデザインです

IMG_4204

少し横長のウェリントンは使い勝手も良く
フォーマルでもカジュアルでもどちらでも使えてしまう

そんな仕上がりになっています
theoの中でこういったシンプルなフレームは
珍しいかもしれません

theoを初めて使ってみようかな?
と思われる方にオススメできる一本になっています

IMG_4206

全体的にスリムでシンプルなデザインですが

ちゃんとtheoらしい部分が存在します

IMG_4208

mille+22の裏側は、

<ドットになっています>

このドットは柄ではなく
凹凸のあるドットです

掛けてしまうと見えない部分ですが
theo らしく面白く・楽しいメガネとして
使って頂けます

IMG_4209

斜め後ろから見ると、もしかしたらメガネを掛けていても
中のドットが見えるかも・・

こういった遊び心がtheoらしくていいです

eyewitness VD 391

IMG_4215

さて、どんどん行きます!
こちらは

<eyewitness アイウィットネス>

というシリーズ

左右非対称のモデルがリリースされるシリーズ
かなり個性が強く、theoらしさがしっかりつまっています

IMG_4216

左右非対称どころか、フレームがずれている様なデザイン

<だまし絵の様なアートなデザイン>

ズレているフレームのカラーを変えているのがまたいい感じです

IMG_4219
フレームは段が付いており、グリーンカラーになっている
リム部分が前に少し出ています

このさりげない段差が奥行きや立体感を生み出してくれます

IMG_4221
ズルッとズレた様なデザインを思いついて
実際に形にしてしまうというところがtheoらしいです

IMG_4222

フロントデザインにインパクトがありますので
テンプルはあっさりしています
とはいえ、ツートンカラーの色がしっかり主張してくれますので
地味という事はまったくありません

IMG_4226
裏側はこんな感じです

IMG_4233

重ねたフレームをズラしている訳ではなく
初めからずらした様なデザインにしてあり

フロントのカラーを変える事で
ズレた感じをより強調しています

初めて見たときにはフレームが二重構造になっているのかな?
と思いましたが、実際は一枚の金属から作られています
フレームを重ねている訳ではないので、強度もちゃんとあります

他の人が使っていないような
個性的なメガネを探しているのなら、theoの中でも
このeyewitnessシリーズがいいかもしれません

obligation 284

IMG_4238

フレームデザインが少し独特なオブリゲーション
目尻はゆるやかに下がり
最後はキュッと上がったシェイプ

柔らかいイメージと、キリッとする部分はキリッとさせる
強弱のあるシルエットです

IMG_4240

レンズデザインはオーバル型で
優しい・柔らかいイメージで使える
女性人気の高いフレーム

カラーはブラウン系のパープルカラーです
落ち着きのあるカラーで日常使いしやすいカラー

IMG_4247

テンプルにはアクセントになる
スリットが入っています

ちょっとした遊び心です

IMG_4249

チラッと見えていましたが、オブリゲーションは
フロントと裏側のカラーを変えてある

<2色>
のカラーリングになっています

IMG_4253

斜めから見ると
裏のカラーがチラッと見えるのがニクイです!

IMG_4254

theoの中でも、奇抜になりすぎず
少し個性的な使い方が出来る、オブリゲーション

今現在AZにあるカラーは8カラー

IMG_4436

ピックアップしたパープルカラーを含めた
8カラーがトランクショーでご覧いただけます

攻めたカラーや、落ち着いたカラーなど

IMG_4442

様々なカラーが揃っています
並んでいると派手に見えるカラーでも、実際に顔に乗せてみると
似合ってしまう事も十分にありえます
新しい発見があるかもしれません

 part,1は以上になります
個性的なブランドではありますが
シンプルで使いやすいモデルも沢山あります
是非一度、ベルギーのアートなメガネをご堪能くださいませ

【AZ 19th Anniversary】トランクショー第二弾・KAMURO & theo

AZ19周年祭スタートから早や2か月
トランクショー第二弾も終わり
次なるトランクショーが新たに始まります

《トランクショー第三弾》

フローラル フローラッシュ

KAMURO

theo

のトランクショーが始まります

第三弾のスケジュールは

8/24(月)~9/27()

一か月間、AZを盛り上げてくれます

トランクショー開催にあたり
この二つのブランドについて解説していきたいと思います

unnamed

まずはKAMUROからいきたいと思います

≪KAMURO≫

ショップオーナーである禿 大悟(カムロ タイゴ)

のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンした眼鏡店からスタートします

「個性のある眼鏡達を”スタンダード”にして行く方法とは・・」

という思いを具現化するため

“楽しい眼鏡”

をイメージし、日本人の肌の色に合う色やトーン
骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事を始めました

デザインはスタッフが全員で行い
デザインのテイストは自由。

ショップスタッフとして眼鏡ユーザーと日々接しているスタッフが描くデザインは
行きすぎることのない、しかし確実に他人とは違う個性を出せます
眼鏡への意識を変えるユーザーをさらに増やしていきました

こうしてKAMUROのショップオリジナルメガネ
が誕生しました
そして、KAMUROは

自分たちの周りだけではなく日本中にアピールしたい!

となり2005年秋、東京で開かれた眼鏡の国際展示会(IOFT)
その直後にパリで開かれた国際展示会(SILMO)に於いて
最初のアイウェアコレクションを発表し

アイウェアブランド
「KAMURO」

としてスタートしました

IMG_4423

そんなカムロのメガネがドン!
と並んでいます。AZ初入荷のカラーなども並んでいます

IMG_4427

入荷するとすぐに無くなってしまう
KAMUROサングラスも入荷しています

KAMUROのメガネは

ラインストーンや七宝を使ったモデルが
カムロの得意技でもあります

アクセサリーの様に使って頂けるメガネは
お顔を彩ってくれます

七宝のカラフルさと、ラインストーンの煌びやかなイメージが
大人なカッコよさと可愛さを出してくれます

メガネを掛けることで
アイメイク効果や、リフトアップ効果が得られます

これだけのKAMUROを一度に見る機会は中々ありません
AZ未入荷のカラーやデザインを見るレアな機会です
是非ご活用くださいませ

ef1ec76708d32a057933e02fb8db4677

theo テオは

Wim Somers(ウィム・ソーメルス)
Patrick Hoet(パトリック・フート)

の二人が始めた

ベルギーのアイウェアブランドです

ブランドネーム 【theo テオ】というブランド名は
はパトリック・フートの

「Hoet」

を入れ替えたアナグラムをブランド名にしています

テオはレンズデザインを、小さくデザインする事も特徴の一つです
メガネは、顔を装飾するものとしてではなく
表情の一つとして使って頂くというのもテオの大事なコンセプト

©SiX_EWY-4b_theo

アートの様な、独特なフレームデザイン
ビビットなカラーの使い方など

一目で theo と分かるような
デザインが多いのも特徴です

IMG_4215

小ぶりなメガネデザインで
インパクトのあるデザインです

IMG_4402

theoのフレームも所狭しと並んでおります

IMG_4416

並んでいるとカラフルでかなり個性的なメガネですが
一度掛けてみると、その不思議な魔力に魅了されるはずです
試しに掛けてみるだけでもいいので
是非ベルギーのアートなメガネを体感してくださいませ

6d183dc1cf9e8e74f34af5aea9706da4

19周年祭

絶賛開催中です!