カテゴリー別アーカイブ: メガネ徹底解剖

【新ブランド】徹底解剖!『Y concept』編

今回【徹底解剖】するブランドは、AZにやって来た

新ブランド

Y concept ワイコンセプト

y-concept-logo

今回はY conceptについて【徹底解剖】したいと思います。
今回もブランドについてから始めたいと思います。

Y conceptは2013年

イタリアミラノの展示会MIDO展にてデビュー

ネジを使わず、フロント上部のバーとレンズが分離している構造の

超軽量フレーム

としてデビューしました。
このY conceptは、10年前から日本で販売されていたブランドである

CONCEPT 「Y」コンセプトワイ

をベースにしています。
コンセプトワイを海外に輸出することを、
2012年の夏、海外出展を決めたことがきっかけで始まったブランドです。

素材は軽量でバネ性のあるベータチタンを使用しています。

ロー離れのリスクを減らすべく
コンセプトワイと比べて、ブリッジのデザインを変更しています。

何といっても、このブランドは【強度近視】の方におススメです。
レンズは小さ目であり、一見奇抜のデザインに見えますが
細目のフレームで、実際掛けていただくと、とても馴染みます
そんなY conceptを【徹底解剖】していきたいと思います。

 YC01

IMG_9364こちらのモデルは、Y conceptの定番フレームです。
レンズデザインは少しスクウェア型の非常に使い勝手のいいデザインです。
男性も女性もクールに使える万能なレンズシェイプ。

レンズを留めている部分と、テンプルが直接つながっていないので
かけ外しの際、レンズに負担がかかりにくい構造になっています。

IMG_9366

ブロー部分も、細く柔軟性があります。

IMG_9369

ネジを使わない
特殊なディスクヒンジになっています

ディスクヒンジは樹脂製のパーツで

強い衝撃などを受けると外れるようになっています。

外れても簡単にはめることが出来るので安心です。

IMG_9373

取れそうな状態から・・・

IMG_9371

ポコッと取れた状態!

IMG_9372

外れてしまったら、ディスクの溝に合わせてフロントを嵌め込みます。
簡単な構造ですが、通常使用では

余程外れませんのでご安心を!

YC02

IMG_9375

Y conceptの中でも、強度近視の方におススメのモデルがこのYC02です。
このモデルはレンズサイズがかなり小さいです。
レンズが小さいだけだと、顔に載せた時におかしくなってしまうので、
ブリッジを工夫したり、ブロー部分を工夫してデザインしています。
そのお陰で、ちょうど良い位置に目が来ます。
デザイン的にも機能的にも申し分ない出来となっています。
細目なフレームですが、意外と存在感はあるモデルです。

IMG_9376

色々な工夫を凝らしているのがわかる一本です。

V302W

IMG_9377

V Series
ビンテージを意識したカラーリングやレンズシェイプのシリーズ。

インナーリムがメタルのフレームにソフトな印象を加え且つ個性を添えます。
アセテート生地に溝をつけて挟み込んでいる、レトロ感が強いシリーズになります。

IMG_9379

挟み込みの部分もキレイに仕上げてあります。
Y conceptの中では主張するタイプですね!

Y conceptは、デカテーブルのコーナーの一角にブランドを展開しています。

IMG_9383

新店になっての導入にも関わらず、非常に好評を頂いておりまして
中々の勢いでお嫁に行っております。
まだまだ揃っていますので、気になる方は是非お早目にお越しくださいませ。
持った感じ、かけた具合に驚いてもらえると思います!

簡潔ではありますが、Y conceptはこのあたりで締めくくりたいと思います!
では次回のブランドをお楽しみくださいませ。

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』メガネフレーム編

サングラスのイメージが強いRayBanですが、メガネのフレームも出しています。
サングラスもそうですが、遊びすぎずない

“RayBan”らしい

デザインのフレームが多いです。
プラスチックフレームやコンビネーションフレーム、チタンフレームなど
お仕事から、カジュアルに使えるモデルまで様々です。
今回はそんなレイバンのフレームを【徹底解剖】していきたいと思います。

RB5154

IMG_9294

このモデルどこかで見たことありませんか?
前々回のレイバン【徹底解剖】で出てきた超定番モデル

CLUBMASTER クラブマスター

に似ていませんか?
それもそのはず、この【RB5154】はクラブマスターのフレームバージョンなのです!

サングラスは下の写真です。

IMG_9231

サングラスと比べると
少し上下の幅がスッキリしたデザインになっています。

メガネとしてスッキリ使えるように、少しデザインを見直した

フレームバージョンの“クラブマスター”

IMG_9295

フロントとテンプルを繋ぐ丁番も“カシメ留め”されています。
クラシカルな雰囲気がクラブマスターに合っています。

IMG_9297

クラシカルな雰囲気は鼻パッドにも施されています。
鼻パッドの留め方が少し変わっています。
大体はネジでパッドを留めるのですが、このクラブマスターは

“ダキ足”

と呼ばれるパッドを使っています。
ダキ足とは、2本の足で抱え込んで留める珍しいパッドです。
風合いが独特なので、クラシカルなフレームに使われることもあります。

このクラブマスターのメガネは、芸能人でも愛用者が多くその中でも

0

俳優の“井浦新”さん

がこよなく愛しているみたいです。
プライベート愛用しているみたいで、とても綺麗にかけこなしています。
クラシックなフレームですが、スーツなどに合わせてもカッコいいですよ!

 お次のフレームは

RB5228

IMG_9302

『THE TIMELESS』

太目のプラスチックフレームで存在感が抜群な一本です。
レイバンのフレームの中でも人気作でカラーも豊富です。
AZには定番のブラックとブラウンがあります。

IMG_9303

先ほどのクラブマスターはクラシカルな雰囲気
こちらのTIMELESSは少し上下幅はありますが
オーソドックスなプラスチックフレームです。
男性はピッタリサイズで使っていただき
女性は少し大き目に使っていただけるといいかもです!

IMG_9304

ビジネスで使っていただきやすい、ナイロールチタンフレームもあります。
上の2本と比べてもスッキリしたデザインでクセもないデザインです。

IMG_9305

掛具合がいいようにテンプルに

バネ性

をもたせています。

IMG_9311

これが

IMG_9310

こうなります
かけた時の負担や、こめかみにかかる負担が軽減して柔かいかけ心地になります

同じチタンフレームでも少しメリハリが欲しい方にはこんなものもあります

IMG_9313

フレームが太目なチタンフレーム
ボリュームはありますが、ゴツさはないのでこちらもビジネスシーンでいけます

IMG_9314

レイバンらしさがしっかりあるプラスチックフレーム

レイバンらしさは残しつつ細目でスッキリなチタンフレーム

様々な顔を持つレイバンフレームを是非見にいらしてくださいませ!

次回のブログはなるべく早めに上げたいと思います~

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』レンズ編

レイバンのサングラスはまだまだありますが、今回は少しサングラスから離れ

レンズ

について【徹底解剖】してみたいと思います。

レイバンを知っている方はご存知かもしれませんが、レイバンのレンズは

ガラス製レンズ

が使用されているモデルが多くあります。
そのレンズカラーが非常に人気が高く

レイバンのサングラス=ガラスレンズ

というイメージにしたほどです。
しかし、RayBanには、ガラスレンズ以外にも様々なレンズがあります。
最近では、ガラス以外にも機能的なレンズが登場してきています。

今回はそんなレンズを【徹底解剖】したいと思います。

 まずはレイバンのレンズと言ったらコレ!というほどのレンズ

G-15

IMG_9222

IMG_9275

IMG_9231

定番サングラスにも使用されている、 このG-15は

グリーンのレンズカラーはレイバンのレンズ

というイメージを作ったといっても過言ではない、レイバンのレンズカラーでも
一番人気と言ってもいいレンズカラーです。

G-15のGは

GREEN LENS(グリーンレンズ)

のGで、15というのは可視光線透過率が15%なので15という数字を表記しています。

可視光線透過率は、0%から100%で表されて
レンズがどれだけ光を通すのかを表しています。
この数字が高ければそれだけ明るく、数字が低ければ暗くなります。

G-15は85%の可視光線を吸収し、ほぼすべてのブルーライトを遮断することで、
クリアな視界とカラーコントラストを実現し、「ナチュラルな視界」を提供します。

レイバンのガラスレンズには、高純度光学ガラスを使用しています。
精巧なメガネレンズと同じ精度で研削・研磨をほどこすため
視力に影響するような濁りやレンズ内の不純物がなく
長時間の使用でも不快感や疲労感を感じることがありません。
ガラスレンズではありますが

【特殊強化処理されたガラスレンズ】

でハードな基準を大幅にクリアしています。G-15にもこの技術は採用されています。

見え方もグレイに近いグリーンなので、見え方のクセもなく
非常に使い勝手のいいカラーになっています。
コントラストは高まりますが、色調は変えないパフォーマンスの高いレンズです。

お次のレンズはG-15と人気を争うレンズ

B-15

IMG_9279

B-15は、G-15のブラウン版と思っていただければいいです。
ガラス製の、可視光線透過率15%のレンズになります。

G-15と同じく濃いめのレンズですが、コントラスト効果が非常に高く
可視光線透過率の割に、ご自身からの見え方は明るく見えます。
コントラスト効果が高まるので、道が見やすく
車の運転などにもってこいなレンズカラーです。
サングラスは使いたいけれど、暗くなりすぎるのもイヤだな・・・
そういった方はこのB-15をおススメします。

お次のレンズは、レイバンでも新しいレンズカラーである

【CRHOMANCE LENS クロマンスレンズ】

IMG_9256

最先端のレンズ技術を駆使した「クロマンス レンズ」は、
最先端の反射防止処理、偏光フィルターによる、独自構造が特徴の
特殊なレンズカラーになります。
コントラスト・カラー・形状をはっきりさせる効果に加え、まぶしさを軽減します
今までのレンズカラーよりも、本来の色彩を見ることができるカラーになります。

さらに、水をはじく特殊なコーティングと
カラーグラデーションのミラーレンズ加工により、レンズ性能を強化しています。

IMG_9257

偏光レンズの証明である

“P”

の文字もしっかり入っています。

IMG_9284

レンズのベースのカラーがグリーン系のカラーで、コントラストが高まります。
他社のレンズカラーになりますが、

【オークリーのプリズムレンズ】

に似たような効果があるレンズカラーです。
プリズムレンズと違うのは、偏光レンズが装備されていることです。

レンズカラーの効果をPC上で疑似体験の出来るサイトもレイバンにあります。

コチラ

で体験出来ますので、よろしければお試しくださいませ。

【クロマンスレンズ】には、ベーシックなグレイ系のレンズもあります。

IMG_9285

レンズのベースもグレイ系なので、色調変化も少ないです。

IMG_9287

グレイ系のレンズなのに、コントラストが高まる。
中々不思議なカラーになります。

 定番のレンズカラーである、【G-15】【B-15】
最新カラーである【クロマンスレンズ】など、様々なレンズカラーがあります。
ドライブ用から、日常使いまでレイバンのレンズカラーは使えます。

デザインだけではなくレンズもこだわってみませんか?

次回は、サングラスだけじゃない?
レイバンのメガネを【徹底解剖】したいと思います。

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』ウェイファーラー編

今回はレイバンの定番サングラスの中でも
特に人気のあるモデルを【徹底解剖】していきたいと思います。

そのモデルは、

『ウェイファーラー』

IMG_9250

1952年に誕生してからロックミュージシャンやアーティストが

”自由と個性のアイコン”

”ロックの象徴”

”反体制の象徴”

として多くの音楽ファンや映画ファン、に愛される伝説的なモデルです。

【ボブ・ディラン】

c53a1e7c5a65c5a7b947c69139d1c7b278fd3de8.69.2.9.2

ドラゴンアッシュの【KJ】

kj

サッカー選手の【デビット・ベッカム】

bekkamu

映画では「ブルース・ブラザース」

41XdDPycnVL-283x400
など、アーティストたちが選ぶサングラスとして絶大な人気です。
幅広い世代に愛される、レイバンでおそらく一番の知名度を誇る
ウェイファーラーを【徹底解剖】していきます!

実は、ウェイファーラーと一言で言っても様々な種類があるんです。
AZに入荷しているモデルでも、何種類かのウェイファーラーがあるので
写真と一緒に説明します。

IMG_9272

こちらが、定番のウェイファーラーになります。
AZにあるウェイファーラーは、日本人に合わせた

“アジア仕様”

アジアンフィッティング仕様は品番の末尾に

“F”

という文字が付いてきます。

IMG_9274

アジアンフィッティングは

658704f54b339c992c09e6bf60d86168画像のように、日本人の顔に合わせた形状になっています。
オークリーなどのブランドもそうですが、最近は海外ブランドでも
アジアンモデルが出てきていますので、

“頬に当たる・幅が狭い”

などのストレスも無く使っていただけます。
アジアンフィッティングでも、サイズやデザインは変わりませんので
ちゃんとウェイファーラーしてくれます

IMG_9273

蝶番もゴツめで、テンプルも太い。
荒々しい、しっかりしたボリュームがいいです!

お次のウェイファーラーは

IMG_9275

”ニューウェイファーラー”

ウェイファーラーシリーズの中で、

主張が強くない角がとれたようなデザイン

全体的にやや細いのが特徴です。
立幅も細めなので、小顔の男性もですが、女性でも使っていただけるモデルです。

IMG_9277

テンプルにもキチンと

“NEW”の刻印

通常のウェイファーラーよりも、日本人に合ったデザインではないでしょうか?
ちょっとしたデザインの違いで、イメージがかなり変わってきます。
実際に顔にかけた時の印象も

お次のウェイファーラーは

“ウェイファーラーフォールディング”

IMG_9237

変わらないじゃない!と思いますよね
でもこいつには凄いギミックが隠されています。

後ろに回り込んでみましょう。

IMG_9241

ブリッジ部分に謎のパーツが。

IMG_9242

テンプルの裏側にも謎の蝶番。
勘のいい方はもうピンと来ているかもしれません。

このパーツはなんと・・・

IMG_9243

こうなります。

IMG_9246

さらにこうなって。

IMG_9248

最終的にはここまでにもなります。

そうです!このウェイファーラーは

折り畳み式でした

一つのモデルでここまでの種類があるサングラスも珍しいのではないでしょうか?

様々な世代から愛されるフェイファーラー
今なら入荷したすべてのウェイファーラーが見られます。
レイバンの中でも人気の高いサングラス!

夏本番に向けて新調しちゃいましょう!

ウェイファーラー編はこのあたりで締めくくりたいと思います。
次もレイバン解剖をしていきたいと思います。
お楽しみに!

【新ブランド】徹底解剖!『RayBan』アビエイター&クラブマスター編

中々ブログが更新出来ずに申し訳ございません。
新ブランドも続々入荷し、旅立って行っています。
ブログを書く時間が、新作をようやく作れましたので今回は新ブランドを紹介!

タイトルにある通り、今回【徹底解剖】するブランドは

『RayBan』

サングラスブランドといえばRayBanと言われるほど
サングラスの知名度とかっこ良さは、他のブランドを寄せ付けないです!
まずは、そんなRayBanのブランドについて解剖していきます!

RayBanは、1937年にアメリカ空軍の委託でアメリカの
<ボシュロム社>が創立しました。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」

という基本コンセプトで、

「紫外線100%カット」

をはじめとする機能性重視のモデルが多いです。

1986年には、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会から

【The World’s Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)】

の称号を得ています。

世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつです。
そのRayBanには“超”が付くほど定番で、人気のモデルがいくつかあります。
そのモデルを写真とともに【徹底解剖】します!

『アビエイター』(Aviator)

IMG_9221

レイバンを代表する超がつくほどの定番モデル。
レイバン設立時からアメリカ空軍に採用された古参モデルです。
アビエイターの歴史は古く
米国空軍のパイロット用として採用され、1937年に誕生しました。
人間の目の動きと同じ広い範囲をカバーし、最大の視野を確保できるとされます。
このアビエイターは、1986年のアメリカ映画

『トップガン』

21709


【トム・クルーズ】
が着用し、映画の世界的ヒットでアビエイター人気が高まりました

他にも
【ダグラス・マッカーサー】
が厚木基地に上陸した際に着用していたモデルとして有名です。

マッカーサーのサングラス

といえば大体の人はピンとくるのではないでしょうか。

mig

また特撮ドラマ

「西部警察」【渡哲也】が着用したモデルとしても有名です。
いわゆる『大門サングラス』というやつです。
ずいぶん前のドラマですが、いまだにアビエイターのイメージで挙がる大門さん・・・
凄いカリスマ力です。

yjimageLYBP40W2

そんなこんなで、様々な世代や世界中で愛されるアビエイター
人気の秘密はやはり、不朽のデザインでしょう。
時代に適したカラーやトレンドを組み入れながら、ぶれる事がないデザイン性。
奇抜すぎず、シンプルすぎることがないデザインにあると思います。
時代、場所に捕らわれていないことが不朽のデザインとして
今なお人気のモデルになっていると思われます。

IMG_9222

細身のフレームですが、キチンと存在感を主張してくれます。

IMG_9226

レンズを繋ぐ『ブリッジ』が二つあり、橋の様に渡されているツーブリッジ仕様
デザインと機能性を持たせたアビエイターの肝部分です。

サングラスと聞いて、アビエイターの形を連想される方も多いのではないでしょうか
それほどまでに完成されたデザインのサングラスです。

さて、レイバンには他にも定番サングラスが存在します。
お次に【解剖】するのは、

『クラブマスター』CLUBMASTER

IMG_9231

50年代のブローラインデザインから、インスピレーションを受けたデザインです。
テンプルとブローバーはアセテート、フレームにはメタルを施したコンビネーション

映画「マルコムX」(1992)で、デンゼル・ワシントンが使用して人気のモデルです。

マルコムX

不朽のファッションや、成功としてのシ ンボルとして演出されています
50年代、60年代のスタイルから編み出したシンプルなデザインです。

IMG_9233

フロントからテンプルにかけてのラインもキレイです。

IMG_9236

フロントとテンプルは【カシメ留め】されています。
細かい部分のこだわりもたまりません!

このクラブマスターはアビエイターよりも、年齢や性別に関係なく使っていただける
サングラスになっています。
若い方から、デンゼル・ワシントンに憧れて使っていただいた世代の方まで
様々な方に使っていただけるデザインです。

まだまだ定番サングラスの種類はあるのですが、今回はこの2本にしておきます。
次回は、日本の芸能界でも人気のあのサングラスを【徹底解剖】してみようと思います
お楽しみに!

メガネ徹底解剖!【TURNING】編 part,3

今回は!TURNING part.3です!

今回のパートでは前回紹介しきれなかったモデルやTURNING情報などを
【徹底解剖していきたいと思います!

クラシカルなメガネが多いTURNINGですが
女性モノのシリーズもあります。

【TURNING 椿 つばき】

TURNING椿は、シンプルなデザインに豊富な色柄と、
綺麗な生地のアセテートを合わせています。
軽さとしなやかさを兼ね備えたレディースモデルです。

 TURNING椿 TS-717

IMG_9165

シンプルなフロントデザインですが、
このシンプルさの中に、日本の女性に似合う工夫がされています。
勿論個人差はありますが、日本人の顔に似合う

「仕掛け」

がこのデザインには集約されています。
では、その仕掛けとは・・・

眉毛とフロントシェイプを似せる事

眉毛のラインとフロントデザインのラインを合わせてあげるとはどういう事?
という方のためにイラストを用意しておきました。
ブログでは、物凄く久しぶりに登場の

ショーン&ヒデキ

男性のイラストなのは、お許しください・・・

まゆ

日本人の眉は上がり眉の方が多いです。
その上がり眉に、並行なラインのメガネを掛けてあげると自然に馴染みます。

「きつく見えるメガネは嫌だから、真っ直ぐなメガネの方がいいな」

そういうお客様もいらっしゃいますが、

実は少し上がっているシェイプの方が
日本人にはお顔に馴染み、きつく見えない事が多いのです。

メガネを掛けた二人をご覧いただきましょう。
掛けているメガネはTURNING椿ではありませんが・・・
イ・イメージですから・・・

図2

画像を見て頂くとお分かりですよね。
ショーンの方は、眉毛とフロントのシェイプがおおよそ並行になっています。
POISON4というメガネを掛けていますが、デザインだけで見ると
少しキツイ印象かな?と思いますが、実際に掛けて見ると
キツイイメージにはなりません。顔に良く馴染んでいます。

一方ヒデキの方は、眉とフロントシェイプのラインが並行になっていません。
似合っていない訳でもないのですが、少しフレームのインパクトが出てしまいます。
馴染ませないで、目だたせる使い方であればこういう使い方もOKだと思います。

改めて、椿のフロントシェイプを見て頂きましょう。

IMG_9165

日本人の眉に合わせた、さりげなく上がったフロントシェイプ。
キツくなりすぎないようにした、絶妙なデザインです。
さらに目元を飾る、チラッと入っている智元パーツの装飾

IMG_9167

近づいてようやく分かる程のさりげなさ。
でも掛けて見ると不思議と分かる存在感。何とも計算された装飾です。

IMG_9169

テンプルもキレイな生地を使用しています。
フロントはやりすぎないデザイン、色でまとめておいて
テンプルは少し変わった生地を使う。なんともニクイ合わせ方です。

さりげない中に、似合う仕掛けがされているTURNING椿
是非実物を手に取って見て頂きたいです。

東京で年一回行われる展示会

「国際メガネ展 IOFT」

そこではフレーム・サングラスの中から、デザイン・機能に優れる製品を表彰する

「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」

が毎年開催されています。

「メンズ部門」

「レディース部門」

「キッズ部門」

「サングラス部門」

「機能・技術部門」

の5部門があり
谷口眼鏡はこの「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」のメンズ部門で

二度グランプリを取っています

ノミネートされるのは各部門おおよそ3本。ノミネートされるだけでも凄いのですが
グランプリを二度もぎ取っています。

前回のTURNINGでも登場した

T-166 col.04 ブルーホーン

IMG_9086

王道なウェリントン型を丁寧に仕上げた一本。
色も少し変わったブルーブラウンの組み合わせ。
2013年のリリースなので、発売から4年近く経ちますが
未だに人気は衰え知らずで、入荷するとすぐにお嫁に行ってしまいます。
良いデザインは時間が経ってもあせないのです!

もう一本のグランプリ受賞は

TURNING Step TP-308

collection_tp_308_header_img01

TURNING Stepからの受賞です。
細身で小ぶりなプラフレームに、メタルブリッジやチタン製テンプルを配した
知的な雰囲気が魅力の一本です。
コンビネーションボストンの王道の様なデザイン。
少し高めのブリッジや、レンズシェイプ、テンプルに彫り込まれたデザインなど
抑える所をきちんと押さえた一本です。

惜しくもグランプリは逃しましたが、
メンズ部門にノミネートされたデザインもあります。

TURNING Step / TP-315

collection_tp_315_header_img01

レトロ感が強くなりがちなソフトリムを優しいクラシックテイストに絶妙にアレンジ。
テンプルにはカモフラ柄の生地を使っています。
なかなかメガネの生地では見かけないカモフラ柄。
「アイウェア・オブ・ザ・イヤー 」にノミネートされた2015年以降
色々なブランドで見かける様になりました。
生地も様々なデザインがあるのだと感心した一本でもあります。

さて、このあたりでTURNING編を締めくくろうと思います。
色々なシリーズがありますので、好みの一本が見つかるはず!
王道だけど少しモダンさを感じるTURNING
どのブランドでも言っていますが
実物を触って頂ければ良さがダイレクトに伝わります。
職人技を肌で感じてみて下さいませ!

では、次回の【徹底解剖】もお楽しみに

メガネ徹底解剖!【TURNING】編 part,2

気が付けば一週間間隔になっている【徹底解剖】・・・
なるべく更新スピードを上げられるように頑張ります!
インスタグラム・フェイスブックはまめに更新していますので、
よろしければそちらもご覧頂けると嬉しいです。

では!TURNING part.2です!
今回のパートでは前回紹介した、

ノーマルシリーズ

セルロイドシリーズ

以外にスポットをあて【徹底解剖】して行こうと思います。

【TURNING 枯淡 こたん】

15年以上ゆっくりと寝かせた、本物のヴィンテージセルロイドを使用した

王道クラシックシリーズ

寝かせた長い時間が、より深い

【艶】

【堅さ】

に現れます。そのヴィンテージセルロイドを
熟練の職人が丹精こめて作り上げた上質な逸品です。

今回はその中の一本である

【文殊 もんじゅ】

【徹底解剖】していきます。

IMG_9995

 ヴィンテージセルロイドを使った本格的レトロな

一山(イチヤマ)仕様

のラウンドタイプ。
メタルで一山タイプのメガネはありますが
セルフレームでの一山は、かなり珍しいのではないでしょうか。

IMG_9996

かなりのボリューム感です

IMG_9997

上から見ると、よりボリュームが分かりますね。

IMG_9999厚みのある、セルロイド特有の艶感!
なんだかこの艶感、飴細工の様な綺麗さがありませんか?

20150608032651
似ていません?
飴細工の、何だか奥行きのある艶っぽい感じ。
プラスチックの艶ではない、キレイな艶感が良いですね

そんな艶感を出すヴィンテージセルロイド生地は

茶1998年製

でほぼ20年前の生地を使用しています。
その生地を丁寧に加工し、磨くことで作られるシリーズがこの枯淡なのです。
磨きを丁寧にしているお陰で、肌触りもとってもいいです。

厚みと重厚感はあるけど、滑らかで掛け心地が気持ちいい

文殊は少し攻めたデザインですが
他の枯淡シリーズはまさに王道!なデザインです。
今撮影できるモデルがAZにないので

コチラ

をご覧くださいませ。
枯淡はサイズ感も絶妙なので、男性でも女性でも掛けられますよ~。

TURNING STEP

TURNINGに注ぐ技と思いはそのままに、

トレンドと軽やかさを取り入れたシリーズです。

クラシック系のモデルの多い、TURNINGのシリーズの中でも
落ち着きのあるシンプル系なモデルが多いので
クラシック系を掛けて見たいけど、少し勇気がいるかも・・・
という方にオススメなシリーズです。
他のシリーズよりも手を出しやすいお値段なのもグッドなのです!

TP-312

IMG_9111

スタンダードなスクエアフォルムです。
フロント、テンプルとも鋲止め蝶番で仕上げ
さりげないレトロ感をだしたモデルです。

鋲止め蝶番とはこういうものです。

kasime_hinge

この蝶番にピンを打ち付けカシメます。

IMG_9113

シンプルに作られていますが、それは手を抜いて作っているという事ではありません
シンプルだからこそ、手を抜いたら粗が見えてしまいます。
細かい部分まで丁寧に作り込まれています。

IMG_9121
テンプルエンドもスッキリ。
日本地図はステップシリーズでは採用していません。
シンプルを極めています。

IMG_9124
フロントとテンプルを繋ぐ【合口】の接合部分もピッタリ!
気持ちがいい位ピッタリです。

IMG_9127
マニアックな部分ですが、テンプル側の

合口の仕上げが非常にキレイなんです。

この部分がどれだけキレイに仕上がっているかで
ピッタリとフロントと合わさるか決まります。

お財布に優しい価格なのに
ここまで仕上げてくれるステップシリーズ

職人さんって凄いな。と心から思います。

もう少し語りたいことはあるのですが、今回はこのあたりで締めたいと思います。
次回は、谷口眼鏡の番外編と、part,1とpart,2の補足をしようと思います。
では次回もお楽しみに。

メガネ徹底解剖!【TURNING】編 part,1

メガネ徹底解剖のお時間がやって参りました!
今回のお相手は

鯖江の職人が作るこだわりのメガネ

logo

TURNING ターニング

シンプルなデザインの、アセテートフレームが多いブランドです。
王道なデザインを、非常に堅実に作っています。

「クラシック路線に手を出したいけど、少し不安・・・」

といった方にもオススメしやすいブランドです。
そんなTURNINGは谷口眼鏡が製造するブランドです。
1996年に自社オリジナルブランド
「TURNING(ターニング)」を立ち上げました。

豊富な色柄と美しい艶、
そして温かみのある質感をいかにフレームに仕立てるか

をテーマに製造されています。
そんな谷口眼鏡の動画を見つけましたので載せておきます。
谷口眼鏡の職人の想いが生の声で聞けます!

TURNINGと一言で言っても、色々なシリーズがあります
ブランドの中でシリーズを作る事で、様々なデザインのモノを作る事ができます。
各シリーズ別に解剖していきたいと思います。

TURNING

ブランド発足から続くメインシリーズです。
職人が丁寧に作り上げる

「体温の伝わる眼鏡」

“掛け心地”にこだわった谷口眼鏡が自信を持ってお届けする眼鏡。
その中の一本をチョイスして【解剖】します

T-166

IMG_9086

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2013
メンズ部門グランプリ受賞モデル

アイウェア・オブ・ザ・イヤーとは、
簡単に言えばメガネ業界のアカデミー賞みたいなものです。

ウェリントンシェイプをアレンジし、色遊びを加えることで
モダンクラシックなスタイルを演出したモデルです。
この独特の生地がまたいい味を出してくれるのです!

ブルーブラウンの混じった変わった色なのですが
実際に顔に乗せて見ると不思議と馴染むカラーなのです

IMG_9087

ブチ模様がとても綺麗です。
生地の色だけでなく、太さのメリハリをつけたテンプルも良いです。

そんな「TURNING」のテンプルはバネ性と加工性を考えた

純チタンとβチタンのジョイント芯を使用しております。

どういう事だ?と思われると思います。
これがどれだけ凄い事なのか、少し説明させてもらいますね。

コメカミに当たる部分は、柔軟性があるβチタンでつくっています。
そして耳にかかる部分を純チタンにしてあります。

何故素材を変える必要があるのか?

※それは耳の部分もβチタンにすると、細かい調整がしにくいからなのです。

βチタンのテンプル特性はバネ性があるという事。
柔らかさがある反面、耳部分を曲げる際、純チタンと比べると
曲げ方が思うように行かない事もあります。
βチタンでもフィッティングは出来ますが、純チタンの方が細かい調整がやりやすい
という事でTURNINGではこのハイブリットのチタン芯を採用しています。

IMG_9090

遊び心満載のテンプルエンド。

日本地図の模様を施しています

ただ印刷しているのではなく、日本地図を彫り込んだあと、
塗料を流して固めています
印刷だけだと取れてしまうので、わざわざ手間を掛けて彫っています。
こうした細かい部分の造り込みがたまらないです!

IMG_9097

フロントは埋め込みではなく、カシメで留められています。
蝶番もチタン製なので劣化しにくく、動きが非常に滑らかです。

IMG_9099

扁平顔の多い日本人に合うように、ノーズパッドの工夫をし
フィット性の高いパットを製作しています。
このパッドは職人たちの手でヤスリをかけるからこそ出来る形状です。

パッドの接合部の段が無く、凄く滑らかな当たりです。

シンプルで王道なデザインに込められた職人の技。
そんな思いを感じる事が出来る、TURNINGのメインシリーズ
普通のメガネでも、サングラスでも、遠近両用でも
どんな使い方でも行けちゃうキャパの広さがあります。

お次のシリーズはセルロイド生地を使ったシリーズ

TURNING CELLULOID ターニングセルロイド

スタッズや印字など細部にまでこだわったセルロイドを使用したシリーズ。
職人の手仕事が伝わるレトロすぎないネオクラシックなフレームです。

セルロイドって何?
という方もいらっしゃると思いますので少しご説明させていただきます。
セルロイドとは、現在主流のプラスチック生地
《アセテート》よりも前に作られた元祖プラスチック生地です。
アセテートの登場でセルロイドの使用は減りましたが今でも、

ギターのピック

41QW69J72WL__SL500_AA200_

ピンポン玉

618k6SRoiyL__SY355_

などでセルロイドは使用されています。
堅く、加工が難しいのでノウハウがないと作る事が出来ない素材でもあります。
加工は難しいですが、アセテートにはないツヤ感があり、
生地を薄くしたフレームでも堅く丈夫なので型崩れが起きにくい。
などセルロイドならではの味があります。
そういったセルロイドを使ったレトロすぎないシリーズです。

桑山

IMG_9100

このセルロイドシリーズには

6mm厚の生地から作られる軽くてライトテイストなもの

8mm厚の生地から作られる重厚で存在感のあるもの

の二つが存在しています。
この桑山は6㎜厚の生地を使った軽めの印象を出せる一本です。

IMG_9103

ノーマルのシリーズよりも少しクラシカルな四角のカシメパーツ
レトロ感を醸し出してくれます。

IMG_9106

カラー番号も渋く、/茶笹
わかり易いです。

IMG_9110

お馴染みの日本地図

桑山は6㎜生地なので、男性女性問わずスッキリした使い方が出来ます。

「プラスチック素材を使ってみたいけど、重い印象になっちゃう・・・」
「プラスチック素材は重いんじゃない?」

といった方に是非一度かけていただきたいです。
いい意味で裏切ってくれるはずです。

8㎜生地のほうはボリューム感はスゴイので、
そういうメガネを求めている方にピッタリです。
8㎜生地の方はpart,2で載せたいと思います。

まだシリーズはあるのですが、長くなりそうなので今回はこのあたりで。
プラスチックをリリースしているブランドの中でも
細かい造り、色使い、掛け心地の良さはぴか一なブランドです。
ブログや写真では伝えきれない良さが詰まっています。
手に取って、何かインスピレーションを感じて頂けるものだと思います。
メガネ全般に言える事ですが、
TURNINGはその感覚が他のブランドよりも強い気がします。
個人的に、好きなブランドであるというのもあるかも・・・

そんなTURNING、part.2も是非お楽しみに!

メガネ徹底解剖!【BCPC】キッズメガネ編

メガネ徹底解剖のお時間がやって参りました!
前回から

かなり・・・

時間が経ってしまいました・・・
お待たせを致しました!久々にBCPCを徹底解剖します!

今回メインにするのは
インスタで人気の双子モデルも使用している

BCPC kids

【徹底解剖】していきます。

キッズフレームは時代と共に変わっていきます。
少し前のキッズフレームは、可愛い色や可愛い動物が付いたものが主流でした。
ですが、時代の変化と共にキッズフレームも変化してきています。

今現在、流行なキッズフレームは

クラシックなフレーム

大人のフレームでもクラシックは来ていきますが、
キッズフレームにも、クラシックフレームの波が来ています。

その変革の一端をになったのが、

インスタグラム等で人気な双子モデル

uploaded

「りんか&あんな」
通称 りんあんちゃん

この子達が使用しているメガネが“可愛い”と話題になり
キッズメガネにクラシックブームが到来しました。

しかし、クラシックフレームのキッズは市場にかなり少ない状況。
そんな状況にBCPCが立ち上がりました。

「大人がかけているオシャレなめがねをお子様でもかけたい、かけさせてあげたい」

という思いを形にしてくれました。

ちなみに昨今は、お子様のファッションも多様化し、
大人と同じようにトレンドを取り入れたものも多く見られるようになりました。
しかし、お子様のめがねは、どうしてもオシャレな観点からみると

物足りなく感じてしまう・・・

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ベセペセキッズのフレームは、シンプルなデザインとカラーリングにすることで
お洋服に合わせるように、選択の幅をもっと広げたい
ファッショングラスとして大人っぽくかけたい。かけさせてあげたい
というお子様、親御様に向けて生まれました。
めがねがその子のチャームポイントとなり、
魅力をさらに引き出してくれるような めがねをデザインすることで
多くの方がめがねに対して持ちがちな

「ネガティブなイメージ」を変えていきたい

メガネの構造も、お子様のアクティブな動きにも耐えれるよう
デザインのみに捉われず、メイドインジャパンの気持ちの良い掛け心地を目指し、
日本人に似合うカラー、パーツ・構造に配慮してつくられています。

デザインはプラスチックのモデルから、
クラシック感満載のコンビネーションフレームまで様々です。

その中からこちらのフレームを【徹底解剖】します!

BK-013

IMG_9060

これぞボストンシェイプだ!

と主張してくるボストンフレームです。
キッズフレームだからといって、“なんちゃって”なデザインではありません。

シンプルなデザインとカラーリングをコンセプトとし
大人用の眼鏡をそのまま小さくしたようなモデルです。
さりげないデザインですが、随所にこだわりが隠されています。

IMG_9061

キーホールブリッジ

と呼ばれるブリッジ(フロントの鼻部分辺り)デザイン。
鍵穴をイメージしているデザインになっています。
ブリッジを鍵穴状にデザインすることで、鼻筋の始まりにポイントが出来上がり、
掛ける人の鼻筋を長くシャープ見せ、顔の印象を大きく変える事が出来ます。
少しのポイントだけでもかなり印象を変えることが出来ます。

IMG_9065

飾りカシメ

ちょっとしたポイントを出してくれます。
ワンポイント入るだけでかなり印象が引き締まります。

IMG_9068

裏側の生地の色を表と違う色にして遊んでいます。

「後ろの生地の色を変えても、見えないじゃん」

と思いますよね。それが掛けて見ると顔の明るさが変わってくるのですよ。
実は、横からや、後ろから見るとチラッと見えてはいるのです。
さりげなさの中にも計算されたカラーなのです。

IMG_9069

BCPCキッズのロゴはオリジナルのロゴになりました。

BcPc

大文字と小文字が入り混じった、可愛いロゴに変わっています。

IMG_9073

ケースも可愛いです!
ポンポンがついたソフトケースになっています。

IMG_9077

中は“起毛生地”が貼ってありますので
どんな向きでメガネを入れても傷が付きにくいです。

IMG_9079

思った以上に高さもありますので、しっかり耳の部分を曲げても収納できます。

流行に左右されにくいデザインですが、しっかり最先端なBK-013
メガネをファッションにするというのは大人だけでない
そう教えてくれるフレームです。

とは言ってもやっぱりクラシック系はちょっと苦手・・
やっぱり可愛いメガネがいい!

といった方には同じBCPCキッズでもこちらのフレームをオススメします

BK-009

IMG_9081

クラシックフレームとは違い、BCPCらしいカラフルなフロントです。
普通に見えるけど、やっぱり可愛い
BCPCならでは!といった感じです。IMG_9082

クリップみたいな少し変わった智元部分。
フロントの青とカラーリングを変えているのがニクイです。

IMG_9083

テンプルエンドには

ウサギ

が微笑んでいます。

“可愛い”

を詰め込んだキッズフレームになります。
可愛いけど、可愛くしすぎないのがBCPCらしさです。

BCPCキッズの中でも色々と選ぶ事が出来ます。
もちろんBCPC以外にもキッズメガネはありますので、色々試してもらい
長く愛用して頂ける、大切な一本を探していただきたいです。

流行に乗るのも、機能性を重視するのも
キッズメガネも、選ぶ楽しみがあります。
少しでもお手伝いが出来ればと思います。

ここらでキッズメガネ編は締めようと思います。
気が付けばpart,1から一か月・・・
長らくお待たせしましたが、どうにかキッズ編が締めくくれました。
次回の【徹底解剖】でまたお会いしましょう。

レンズ徹底解剖 偏光レンズ編

サングラス需要が高まるこれからのシーズン
サングラスと言えばフレームだけでなく

レンズカラー

もこだわりたい所です。

前回オークリーのプリズムカラーの【徹底解剖】
カラーによって、効果の違いが出てくる。と少しお話させていただきました。
今回はカラーはカラーでも、

偏光レンズ

を解剖してみたいと思います。しかし・・・

「偏光レンズって聞いたことあるけど良くわからない」

「そもそも聞いたこともない」

という方も多いと思います。
偏光レンズは思っているよりも凄いレンズなのですよ!
では、そんな偏光レンズを徹底解剖です!

偏光レンズはざっくりまとめると、

<乱反射を抑えるレンズ>

です。その説明は後ほどに回しますね。

偏光レンズは「へんこう」レンズと読みます。
しかしこの「へんこう」という言葉に惑わされる事も

【変更× ではなく 偏光○なのです】

紫外線によって、色が変わるレンズ

があるのですが、
それを“変更”レンズと思われている方が意外といらっしゃいます。
レンズのカラーが“”するのでそうイメージしてしまいますが、
紫外線でレンズカラー
が変わるものは

調光レンズといいます

調光レンズの話はまた機会があればその時にでも。

偏光レンズの解剖に戻りましょう。
AZでは様々なメーカーの偏光レンズの取扱いがあるのですが、
その中でも非常に評判のいい偏光レンズが

POLAWING ポラウイング

という偏光レンズになります。
従来の偏光レンズは

濃いカラーしか選べない状況

が多かったのですが、
このポラウイングは、薄めのカラーでも
偏光度が99%以上あるのが特徴なのです!

選べるレンズカラーも多く

17-spx-b

現在のポラウイングは、14種類のカラー展開。
濃いめのカラーから、少し薄めのカラーまで状況に合わせて選べます。

では、実際に偏光がどういった見え方をするのか、画像で見て頂きましょう!
偏光レンズの見え方を体感できる
オークリーの偏光レンズテスターに登場して頂きましょう。

まずは何も通していない状態
ロードバイクに乗った集団がいるのですが、乱反射があり見えづらいです。

IMG_9052

では偏光レンズを通した見え方を見て頂きましょう。

IMG_9053

反射のギラツキが抑えられて、ロードバイクの集団が見えますよね!
画像加工をしたのでは?と思う位見え方に差が出てきます。

なぜこんな効果がでるのか?

それは偏光フィルターのおかげなのです!

a03_ph_01

偏光フィルターをレンズに挟みこむ事によって
一定方向の光以外をカットする事で、乱反射を防ぎます。

スポーツやドライブで使いやすい偏光レンズ
その真価は

prize_photo03-04_b

釣り

で絶大な効果を発揮します
何故これらの条件で使いやすくなるのかを説明します

釣りでの効果が高いのは

水面のギラツキがなくなる!

この一点に全てが詰まっています。
画像だけだと分かりづらいと思いますので、
ポラウイングのサイトにあった動画を添付してみます。

どうでしょう?
画像よりもわかり易い偏光レンズの違いを感じて頂けたかと思います。
海釣り、磯、バス釣りなど、
条件に合わせてレンズカラーを変えるのをオススメします。
さらっと偏光レンズを紹介しましたが、実際に見て見ると本当に凄いです!
乱反射が取れた視界の凄さを体感しに来てくださいませ。