タイトル
レンズメニュー

眼内レンズ装用者向け遠近両用レンズ

眩しい光から瞳を守る、眼内レンズ装用者向けのレンズ。

白内障の手術をされると眼内レンズに人工水晶体が装着されます。
これが元々ある水晶体の代わりになるのですが、水晶体は元来、ウランブラウン (薄い茶褐色)の色素を持っています。
しかし人工水晶体にはそういった着色の無いものがほとんどで、術後、光を眩しく感じられる方が非常に多くいらっしゃいます。
こういったご不便を解消するべく新開発されたレンズです。
また人工水晶体は眼の調節力(ピント合わせ能力)まで補助するものではありませんので、
ご覧になる距離や生活スタイルに合わせて、タイプをお選び頂ける様に なっております。
メーカーサイトはこちら

調光レンズ

ページトップへ

背景